English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2005

Yochai Benkler: The new open-source economics

ヨハイ・ベンクラーの新しいオープンソース経済について

Filmed
Views 759,689

ヨハイ・ベンクラーが Wikipedia や Linux の様な共同プロジェクトがどのように未来の組織体のモデルになり得るのか説明します。

- Legal expert
Yochai Benkler has been called "the leading intellectual of the information age." He proposes that volunteer-based projects such as Wikipedia and Linux are the next stage of human organization and economic production. Full bio

One1 つ of the problems問題 of writing書き込み, and workingワーキング, and looking at the Internetインターネット
インターネットについて書き、作業し、注目するにあたっての問題点は
00:12
is thatそれ it'sそれは very非常に hardハード to separate別々の fashionファッション fromから deep深い change変化する.
ファッションと深い変化を見極めるのがとても難しいことです
00:15
And soそう, to start開始 helping助ける thatそれ, I want to take us backバック to 1835.
それをするにあたり、1835年に戻りたいと思います
00:22
In 1835, Jamesジェームス Gordonゴードン Bennettベネット founded設立 the first最初 mass-circulation大量流通 newspaper新聞
1835年、ジェイムズ・ゴードン・ベネットは初めて大衆向けの新聞をニューヨークで
00:26
in New新しい Yorkヨーク Cityシティ.
発行しました
00:33
And itそれ costコスト about 500 dollarsドル to start開始 itそれ,
始めるにあたり500ドルが必要で、
00:35
whichどの was about the equivalent同等 of 10,000 dollarsドル of today今日.
それは今日の10,000ドルに相当します
00:38
By 15 years later後で, by 1850, doing the same同じ thingもの
15年後、1850年には、同じ事
00:42
-- starting起動 what was experienced経験豊富な as a mass--circulation大衆循環 daily毎日 paper
-- 日刊新聞の大量流通を始める
00:46
-- would come to costコスト two and a halfハーフ million百万 dollarsドル.
-- をするのに250万ドルかかったでしょう
00:49
10,000, two and a halfハーフ million百万, 15 years.
10,000、250万、15年
00:53
That'sそれです the criticalクリティカルな change変化する thatそれ is beingであること inverted反転した by the Netネット.
これがネットによりひっくり返されている決定的な変化なのです
00:56
And that'sそれは what I want to talkトーク about today今日,
今日はそのことについて、そして
01:03
and howどうやって thatそれ relates関連する to the emergence出現 of socialソーシャル production製造.
それが社会的生産物の出現にどう関係するのか話そうと思います
01:06
Starting起動 with〜と newspapers新聞, what we我々 saw was high高い costコスト as an initial初期 requirement要件
新聞の例から我々が見たものは、情報、知識、そして文化のための
01:09
for making作る information情報, knowledge知識 and culture文化, whichどの led to a stark元気 bifurcation分岐
初期投資としての多額の費用で、それにより
01:17
betweenの間に producers生産者 -- who had to be ableできる to raise上げる financial金融 capital資本,
-- その他の産業組織と同じ様に --
01:23
justちょうど like anyどれか otherその他 industrial工業用 organization組織 --
資本を集める事ができる生産者と
01:27
and passive受動的 consumers消費者 thatそれ could choose選択する fromから a certainある setセット of
この産業モデルが生み出すもののセットから選ぶ事のできる
01:31
thingsもの thatそれ thisこの industrial工業用 modelモデル could produce作物.
受動的な消費者の間にできた大きな格差です
01:34
Now, the term期間 "information情報 society社会," "information情報 economy経済,"
さて、「情報社会」や「情報経済」といった用語は
01:39
for a very非常に long長いです time時間 has been used as the thingもの thatそれ comes来る after
産業革命の後に起こったものとして長い間
01:42
the industrial工業用 revolution革命. Butだがしかし in fact事実, for purposes目的 of understanding理解 what's何ですか happeningハプニング
使われてきました しかし実際は、今日起こっている事を理解するためには、
01:46
today今日, that'sそれは wrong違う. Becauseというのは for 150 years, we've私たちは had an information情報 economy経済.
これは間違いです なぜなら150年間にわたり、情報経済は存在していたのです
01:52
It'sそれは、します。 justちょうど been industrial工業用,
それは産業であり
01:58
whichどの means手段 thoseそれら who were producing生産する had to have a way of raising募集 moneyお金
つまり情報を生み出す側は、250万ドル
02:00
to pay支払う thoseそれら two and a halfハーフ million百万 dollarsドル, and later後で, moreもっと for the telegraph電信,
その後はそれ以上の資金を集め、電報や、
02:04
and the radio無線 transmitterトランスミッタ, and the televisionテレビ, and eventually最終的に the mainframeメインフレーム.
ラジオ、そしてテレビ、最終的にはメインフレームの費用をまかなわなければなりませんでした
02:08
And thatそれ meant意味した they彼ら were market市場 basedベース, orまたは they彼ら were government政府 owned所有している,
市場の資金によるものなのか、政府の資金によるものかは、
02:13
depending依存する on what kind種類 of systemシステム they彼ら were in. And thisこの characterized特徴付けられた and anchored固定された
組織の立場によって決定づけられました このことがその後150年にわたって
02:16
the way information情報 and knowledge知識 were produced生産された for the next 150 years.
情報と知識が生産される方法を特徴づけたのです
02:21
Now, let me telltell you君は a different異なる storyストーリー. Around周り June六月 2002,
さて、違う例を挙げましょう 2002年頃に、
02:28
the world世界 of supercomputersスーパーコンピュータ had a bombshell爆弾.
スーパーコンピュータの世界に事件が起きました
02:33
The Japanese日本語 had, for the first最初 time時間, created作成した the fastest最も速い supercomputerスーパーコンピュータ --
日本人が初めて最速のスーパーコンピュータ -- NEC 地球シミュレータ --
02:37
the NECNEC Earth地球 Simulatorシミュレータ -- taking取る the primary一次 fromから the U.S.,
を作り上げ、首位をアメリカから奪ったのです
02:41
and about two years later後で -- thisこの, by the way, is measuring測定する the trillion1兆 floating-point浮動小数点
そして2年後に -- ところでこれはコンピュータが1秒あたり何兆回の浮動小数点計算を
02:44
operationsオペレーション per〜ごと second二番 thatそれ the computer'sコンピュータの capable可能な of runningランニング --
行う事ができるかを示しています
02:48
sigh一息 of relief救済: IBMIBM [Blue Gene遺伝子] has justちょうど edged縁が尖った ahead前方に of the NECNEC Earth地球 Simulatorシミュレータ.
安堵のため息:IBM の Gene Blue は NEC の地球シミュレータを僅差で追い抜いたのです
02:52
Allすべての of thisこの completely完全に ignores無視する the fact事実 thatそれ throughout全体を通して thisこの period期間,
これらのことは全て、この期間中世界には他のスーパーコンピュータが
02:58
there'sそこに another別の supercomputerスーパーコンピュータ runningランニング in the world世界 -- SETISETI@home自宅.
あることを完全に無視しています -- SETI@Home
03:02
Four and a halfハーフ million百万 usersユーザー aroundまわり the world世界, contributing貢献する their彼らの
-- 世界中の450万人のユーザが、パソコンを使っていない間
03:06
leftover残された computerコンピューター cyclesサイクル, wheneverいつでも their彼らの computerコンピューター isn'tない workingワーキング,
余った能力を提供して、スクリーンセーバプログラムを走らせ、
03:10
by runningランニング a screen画面 saverセーバー, and together一緒に sharing共有 their彼らの resourcesリソース to create作成する
リソースを共有させることで巨大なスーパーコンピュータを作り上げました
03:14
a massive大規模 supercomputerスーパーコンピュータ thatそれ NASANASA harnessesハーネス to analyze分析する the dataデータ
NASA はこれを使って 電波望遠鏡から来るデータの
03:21
coming到来 fromから radio無線 telescopes望遠鏡.
分析を進めました
03:26
What thisこの picture画像 suggests提案する to us is thatそれ we've私たちは got a radicalラジカル change変化する in the way
この構図は、情報の生産と交換の資金確保の方法に
03:30
information情報 production製造 and exchange交換 is capitalized大文字. Notじゃない thatそれ it'sそれは become〜になる
根本的な変化があったことを示しています
03:37
lessもっと少なく capital資本 intensiveインテンシブ -- thatそれ there'sそこに lessもっと少なく moneyお金 that'sそれは required必須
費用がかからなくなったというのではありませんが
03:41
-- butだけど thatそれ the ownership所有 of thisこの capital資本, the way the capitalization大文字 happens起こる,
資本の持ち主、資金集めが、
03:44
is radically根本的に distributed配布された. Each of us, in theseこれら advanced高度な economies経済,
徹底的に分散されたのです 我々は皆、この高度な経済の中で、
03:49
has one1 of theseこれら, orまたは something何か ratherむしろ like itそれ -- a computerコンピューター.
このようなものを持っています -- コンピュータを
03:54
They're彼らは notない radically根本的に different異なる fromから routersルータ inside内部 the middle中間 of the networkネットワーク.
これらはネットワークの中枢にあるルーターと基本的には変わりません
03:59
And computation計算, storageストレージ and communicationsコミュニケーション capacity容量 are in the hands of
そして演算能力、ストレージ、そして情報通信能力というのは事実上
04:04
practically事実上 everyすべて connected接続された person -- and theseこれら are the basic基本的な physical物理的
繋がっている人の手の中にあるのです -- そしてこれは物理的な
04:09
capital資本 means手段 necessary必要 for producing生産する information情報, knowledge知識 and culture文化,
情報、知識や文化を生み出すのに必要な資本で、
04:15
in the hands of something何か like 600 million百万 to a billion people aroundまわり the planet惑星.
この惑星上の6億から10億の人間の手の中にあるのです
04:20
What thisこの means手段 is thatそれ for the first最初 time時間 since以来 the industrial工業用 revolution革命,
これはつまり産業革命が起こってから初めて、
04:26
the most最も important重要 means手段, the most最も important重要 componentsコンポーネント of the coreコア
最も重要な手段、最も進歩した経済活動の最も重要な部分が
04:32
economic経済的 activitiesアクティビティ -- remember思い出す, we我々 are in an information情報 economy経済
-- 我々が情報経済の中にいる事を忘れないで下さい --
04:38
-- of the most最も advanced高度な economies経済, and thereそこ moreもっと thanより anywhereどこでも elseelse,
最も多くの人々の手の中にあるということなのです
04:42
are in the hands of the population人口 at large. Thisこれ is completely完全に different異なる thanより what we've私たちは
これは産業革命が起こってから我々が見てきた事とは
04:47
seen見た since以来 the industrial工業用 revolution革命. Soだから we've私たちは got communicationsコミュニケーション and computation計算
全く異なるものです 情報伝達能力と計算能力を
04:51
capacity容量 in the hands of the entire全体 population人口,
全人口が持つ様になったのです
04:56
and we've私たちは got human人間 creativity創造性, human人間 wisdom知恵, human人間 experience経験
そして創造性、英知、経験といったものが
04:59
-- the otherその他 majorメジャー experience経験, the otherその他 majorメジャー input入力 --
別のインプットには必要なものです
05:04
whichどの unlike違う simple単純 labor労働 -- standスタンド hereここに turning旋回 thisこの leverレバー allすべて day long長いです --
単純労働の様な -- ここに立ってこのレバーを一日中ひいているような --
05:07
is notない something何か that'sそれは the same同じ orまたは fungible代替可能な among people.
取り替えが効くようなものではありません
05:12
Any任意 one1 of you君は who has taken撮影 someone誰か else's他の jobジョブ, orまたは tried試した to give yoursあなたの
誰かが他の人の仕事をやろうとしたり、他の人に仕事を引き継ぐ時、
05:15
to someone誰か elseelse, noいいえ matter問題 howどうやって detailed詳細な the manualマニュアル, you君は cannotできない transmit送信する
どんなにマニュアルが詳細に書かれていようと、あなたの知識そのものや
05:18
what you君は know知っている, what you君は will intuit直観 under a certainある setセット of circumstances状況.
ある条件のもとで感じる直感を伝える事はできません
05:24
In thatそれ we're私たちは uniqueユニークな, and each of us holds保持 thisこの criticalクリティカルな input入力
そう言う意味で我々はユニークで、このシステムの中では
05:29
into production製造 as we我々 holdホールド thisこの machine機械.
我々一人一人が重要なインプットになります
05:33
What's何の the effect効果 of thisこの? Soだから, the storyストーリー thatそれ most最も people know知っている
それは何に影響するのか? 殆どの人が知っている物語は
05:37
is the storyストーリー of free無料 orまたは open開いた sourceソース softwareソフトウェア.
フリー、もしくはオープンソースソフトウェアについてでしょう
05:42
Thisこれ is market市場 shareシェア of ApacheApache Webウェブ serverサーバ
これは Apache ウェブサーバの市場で、
05:46
-- one1 of the criticalクリティカルな applicationsアプリケーション in Web-basedWebベース communicationsコミュニケーション.
ウェブのコミュニケーションには必須のアプリケーションの1つです
05:49
In 1995, two groupsグループ of people said前記,
1995年に、2つのグループの人たちが言いました、
05:55
"Wowワオ, thisこの is really本当に important重要, the Webウェブ! We私たち need必要 a muchたくさん betterより良い Webウェブ serverサーバ!"
「ワォ、これは本当に重要だ、ウェブ! もっと良いウェブサーバが必要だ!」
05:59
One1 つ was a motley雑白 collectionコレクション of volunteersボランティア who justちょうど decided決定しました,
1つのグループは雑多なボランティアの集まりで、
06:03
you君は know知っている, we我々 really本当に need必要 thisこの, we我々 should write書きます one1,
これは本当に必要なものだ、作らなければならない、
06:07
and what are we我々 going to do with〜と what --
それでどうやってやるのか、
06:09
well, we're私たちは gonna行くつもり shareシェア itそれ! And otherその他 people will be ableできる to develop開発する itそれ.
そう、皆で共有しよう! それで他の人たちも開発する事ができるだろう
06:12
The otherその他 was Microsoftマイクロソフト.
もう1つがマイクロソフトでした
06:14
Now, ifif I told言った you君は thatそれ 10 years later後で, the motley雑白 crewクルー of people, who didn'tしなかった controlコントロール
さて、自分たちが生み出すものに対して支配力を持たない雑多な人たちが
06:16
anything何でも thatそれ they彼ら produced生産された, acquired獲得しました 20 percentパーセント of the market市場
10年後、赤い線で示される様に市場の20パーセントを持つようになると話していたら
06:21
and was the red lineライン, itそれ would be amazing素晴らしい! Right?
凄いことになっていたでしょう でしょう?
06:24
Think思う of itそれ in minivansミニバン. A groupグループ of automobile自動車
ミニバンで考えてみてください 自動車整備工の
06:27
engineersエンジニア on their彼らの weekends週末 are competing競合する with〜と Toyotaトヨタ. Right?
グループが週末を費やしてトヨタと競い合うようなものです
06:30
Butだがしかし, in fact事実, of courseコース, the storyストーリー is it'sそれは the 70 percentパーセント,
しかし実際には勿論、これは70パーセントで、
06:35
includingを含む the majorメジャー e-commerce電子商取引 siteサイト -- 70 percentパーセント of a criticalクリティカルな application応用
主要なe-commerceサイトを含むウェブでのコミュニケーションや
06:38
on whichどの Web-basedWebベース communicationsコミュニケーション and applicationsアプリケーション work is produced生産された in thisこの form, in
アプリケーションが動いている重要なウェブアプリケーションの70パーセントが
06:43
direct直接 competitionコンペ with〜と Microsoftマイクロソフト. Notじゃない in a side issue問題 --
マイクロソフトと競合しているのです、どうでも良い事などではなく
06:49
in a central中央 strategic戦略的 decision決定 to try to captureキャプチャー a component成分 of the Netネット.
ネットの構成要素を獲得するための重要な戦略として
06:53
Softwareソフトウェア has done完了 thisこの in a way that'sそれは been very非常に visible目に見える, becauseなぜなら
ソフトウェアはこれをとても分かりやすい形で示しました、なぜなら
07:00
it'sそれは measurable測定可能な. Butだがしかし the thingもの to see見る is thatそれ thisこの actually実際に happens起こる throughout全体を通して the Webウェブ.
それは計測可能だからです ここで見るべき事はこうした事がウェブの至る所で起こっているのです
07:05
Soだから, NASANASA, at some一部 pointポイント, did an experiment実験 whereどこで they彼ら took取った imagesイメージ of Mars火星
NASAはある時期にマッピングしていた火星の画像を取るという実験を
07:11
thatそれ they彼ら were mappingマッピング, and they彼ら said前記, instead代わりに of having持つ three orまたは four4つの
していました そこで、訓練された3、4人の博士に
07:17
fully完全に trained訓練された PhPh.D.s doing thisこの allすべて the time時間, let'sさあ breakブレーク itそれ upアップ into small小さい componentsコンポーネント,
その作業をやらせる代わりに、問題を小さな部分に分けて、
07:21
put itそれ upアップ on the Webウェブ, and see見る ifif people, usingを使用して a very非常に simple単純 interfaceインタフェース,
ウェブで公開し、人々がとても簡単なインターフェースを使って、
07:26
will actually実際に spend費やす five minutes hereここに,
こちらで5分 あちらで10分と
07:30
10 minutes thereそこ, clickingクリックする. After six6 months数ヶ月,
作業ができるようにしました 6ヶ月後、
07:32
85,000 people used thisこの to generate生成する mappingマッピング at a
85,000人がこれに加わりマップを作成しました
07:36
fasterもっと早く rateレート thanより the imagesイメージ were coming到来 in, whichどの was, quote見積もり,
画像が送られてくるよりも速いスピードで、それは平均すると
07:41
"practically事実上 indistinguishable区別できない fromから the markingsマーキング of a fully-trained十分に訓練された PhPh.D.,"
「訓練された PhD と実質区別できない程のもの」
07:45
once一度 you君は showed示した itそれ to a number of people and computed計算された the average平均.
と見た人に言わしめたほどです
07:49
Now, ifif you君は have a little少し girl女の子, and she彼女 goes行く and writes書き込み to
さて、あなたに小さな娘さんがいて、何かを書こうとしたとき、
07:56
-- well, notない soそう little少し, medium little少し -- tries試行する to do research研究 on Barbieバービー.
-- そこまで幼くはなく、既に物心ついた娘が -- バービーについて調査をしようとします
07:59
And she'llシェル come to Encartaエンカルタ, one1 of the mainメイン onlineオンライン encyclopedias百科事典.
彼女は「エンカルタ」を見るでしょう 主要なオンライン辞典の1つです
08:03
Thisこれ is what you'llあなたは find見つける outでる about Barbieバービー. Thisこれ is itそれ, there'sそこに nothing何も moreもっと to the definition定義,
これがバービーについて書かれているものです 定義以上のことは何も書かれていません、
08:07
includingを含む, "manufacturersメーカー" -- plural複数 -- "now moreもっと commonly一般的に produce作物
「製造業者たち」「今では民族の多様性を反映させた人形が当たり前で、
08:13
ethnically民族的に diverse多様 dolls人形, like thisこの black Barbieバービー." Whichどの is vastly大いに betterより良い
黒いバービーもいる」など もちろん encyclopedia.com の内容よりは
08:17
thanより what you'llあなたは find見つける in the encyclopedia百科事典.comcom,
遥かに優れた記述です、
08:21
whichどの is Barbieバービー, Klausクラウス. (Laughter笑い)
そこにはなんとバービー・クラウスの記事しかないのです (笑)
08:24
On the otherその他 handハンド, ifif they彼ら go to Wikipediaウィキペディア, they'll彼らは find見つける a genuine純正 article記事
一方で、Wikipedia ではより真実に近い内容が記述されています
08:28
-- and I won't〜されません talkトーク a lot about Wikipediaウィキペディア, becauseなぜなら Jimmyジミー Walesウェールズ is hereここに --
-- ジミー・ウェールズがいるのでここでは Wikipedia についてそれほど語りません --
08:33
butだけど roughly大まかに equivalent同等 to what you君は would find見つける in the Britannicaブリタニカ, differently異なって written書かれた,
しかし記述の仕方が違うだけで、ブリタニカ百科事典の内容とあまり変わりなく、
08:36
includingを含む the controversies論争 over body image画像 and commercialization商業化,
ボディーのイメージに対する議論や商業主義に関する記述、
08:42
the claims請求 about the way in whichどの she's彼女は a good良い role役割 modelモデル, etc.
彼女が良いお手本だという主張についてなどです
08:46
Anotherもう一つ portion部分 is notない onlyのみ howどうやって contentコンテンツ is produced生産された, butだけど howどうやって relevance関連性 is produced生産された.
コンテンツ以外にも、関連性がどのように作られたのかということもあります
08:54
The claim請求 to fame名声 of YahooYahoo! was, we我々 hire雇う people to look見える -- originally元々, notない anymoreもう
Yahoo! の評判は、見る人を雇うというものでした -- 今はそうではありません
08:58
-- we我々 hire雇う people to look見える at websitesウェブサイト and telltell you君は --
-- ウェブサイトを見て、それについて書く人を雇っています --
09:02
ifif they're彼らは in the index索引, they're彼らは good良い. Thisこれ, on the otherその他 handハンド, is what 60,000
インデックスにあるものであれば、良いものということです 一方でこれは、6万人の
09:07
passionate情熱的な volunteersボランティア produce作物 in the Open開いた Directoryディレクトリ Projectプロジェクト,
情熱を持ったボランティアが Open Directory プロジェクトで作るものです
09:11
each one1 willing喜んで to spend費やす an hour時間 orまたは two on something何か they彼ら really本当に careお手入れ about,
各人が自分が大事だと思う事について1、2時間費やすというもので、
09:15
to sayいう, thisこの is good良い. Soだから, thisこの is the Open開いた Directoryディレクトリ Projectプロジェクト, with〜と 60,000 volunteersボランティア,
つまり良いものということです これが6万人のボランティアを持つ Open Dictionary プロジェクトで、
09:20
each one1 spending支出 a little少し bitビット of time時間, as opposed反対 to a few少数 hundred
各々が少しずつ時間をかけるもので、数百人の給料を貰っている従業員の
09:26
fully完全に paid支払った employees従業員. No違います one1 owns所有する itそれ, noいいえ one1 owns所有する the output出力,
対極にあるものです 誰もそれを、そしてその成果物を所有してません
09:29
it'sそれは free無料 for anyone誰でも to useつかいます and it'sそれは the output出力 of people acting演技 outでる of socialソーシャル
利用者は誰でも無料で使うことができ、何か楽しい事をしたいという社会的ならびに
09:34
and psychological心理的 motivations動機 to do something何か interesting面白い.
心理的な動機付けのアウトプットなのです
09:39
Thisこれ is notない onlyのみ outside外側 of businessesビジネス. Whenいつ you君は think思う of what is the criticalクリティカルな innovation革新
これはビジネスの外だけで起こっていることではありません グーグルの決定的なイノベーションを
09:43
of GoogleGoogle, the criticalクリティカルな innovation革新 is outsourcingアウトソーシング the one1 most最も important重要 thingもの --
考えてみると、決定的なイノベーションとは、最も重要なこと
09:49
the decision決定 about what's何ですか relevant関連する -- to the communityコミュニティ of the Webウェブ as a whole全体,
-- 何が関係のあることなのかの判断を -- ウェブ全体のコミュニティーにアウトソースすることです
09:54
doing whateverなんでも they彼ら want to do: soそう, pageページ rankランク.
やりたい事をやらせるのです それがページランクです
10:01
The criticalクリティカルな innovation革新 hereここに is instead代わりに of our我々の engineersエンジニア, orまたは our我々の people saying言って
決定的なイノベーションというのは何が一番重要なのかということを自分たちの
10:04
whichどの is the most最も relevant関連する, we're私たちは going to go outでる and countカウント what you君は,
エンジニアなどに任せる代わりに、外に出てウェブにいる人たちが、
10:10
people outでる thereそこ on the Webウェブ, for whateverなんでも reason理由 -- vanity虚栄心, pleasure喜び --
-- うぬぼれや喜びなど-- どんな理由であれ、リンクを作成し、
10:13
produced生産された linksリンク, and tied結ばれた to each otherその他. We're我々 はしています。 going to countカウント thoseそれら, and countカウント themそれら upアップ.
自らを結びつけている数を数えるというものです 数を数えてそれらを合計する
10:17
And again再び, hereここに, you君は see見る Barbieバービー.comcom, butだけど alsoまた、, very非常に quickly早く,
そして Barbie.com もありますが、と同時に、
10:23
AdiosbarbieAdiosbarbie.comcom, the body image画像 for everyすべて sizeサイズ. A contested争った cultural文化的 objectオブジェクト,
Adiosbarbie.com、全てのサイズのボディーイメージも 文化的な論争の対象、
10:27
whichどの you君は won't〜されません find見つける anywhereどこでも soonすぐに on Overture序曲, whichどの is the classicクラシック
これらは伝統的なマーケットベースのメカニズムでできた Overture には
10:32
market-based市場ベース mechanism機構: whoever誰でも pays払う the most最も is highest最高 on the listリスト.
現れないでしょう お金を多く払う人がリストに載るのです
10:36
Soだから, allすべて of thatそれ is in the creation創造 of contentコンテンツ, of relevance関連性, basic基本的な human人間 expression表現.
これはすべてコンテンツ、関係性、表現の作成です
10:41
Butだがしかし remember思い出す, the computersコンピュータ were alsoまた、 physical物理的. Justちょうど physical物理的 materials材料
しかしコンピュータも物理的なものです 物理的な物質で --
10:46
-- our我々の PCsPC -- we我々 shareシェア themそれら together一緒に. We私たち alsoまた、 see見る thisこの in wireless無線.
パソコンも共有します 無線でも同じことです
10:50
Itそれ used to be wireless無線 was one1 person owned所有している the licenseライセンス, they彼ら transmitted送信された in an
過去には個人が無線のライセンスを所有し、ある場所で信号が送信されると、
10:54
areaエリア, and itそれ had to be decided決定しました whetherかどうか they彼ら would be licensedライセンスを受けた orまたは basedベース on propertyプロパティ.
それが所有もしくはライセンスされたものか決定しなければなりませんでした
11:00
What we're私たちは seeing見る now is thatそれ computersコンピュータ and radiosラジオ are becoming〜になる soそう sophisticated洗練された
最近ではコンピュータと無線通信が非常に洗練されたので
11:05
thatそれ we're私たちは developing現像 algorithmsアルゴリズム to let people own自分の machines機械, like Wi-FiWi-Fi devicesデバイス,
アルゴリズムが開発されて 人々は WiFi デバイスなど装置を所有したまま、
11:10
and overlayオーバーレイ themそれら with〜と a sharing共有 protocolプロトコル thatそれ would allow許す a communityコミュニティ like thisこの
その上層に覆いかぶせた共有のプロトコルを使って
11:16
to buildビルドする itsその own自分の wireless無線 broadbandブロードバンド networkネットワーク simply単に fromから the simple単純 principle原理:
以下の様に簡単な法則で独自のブロードバンドネットワークが作成できるようになりました:
11:21
Whenいつ I'm私は listening聞いている, whenいつ I'm私は notない usingを使用して, I can help助けて you君は transfer転送 yourきみの messagesメッセージ;
私が待ち受け状態か、使用していない時、私はあなたのメッセージの橋渡しをします
11:27
and whenいつ you'reあなたは notない usingを使用して, you'llあなたは help助けて me transfer転送 yoursあなたの.
それであなたが使用していないとき、橋渡しをお願いします
11:33
And thisこの is notない an idealized理想化された versionバージョン. Theseこれら are workingワーキング modelsモデル thatそれ at least少なくとも in some一部
これはまだ定まったバージョンではありません 活動中のモデルが少なくとも米国の
11:36
places場所 in the Unitedユナイテッド States are beingであること implemented実装された, at least少なくとも for publicパブリック securityセキュリティ.
いくつかの場所で試されています、少なくとも公共の安全のために
11:41
Ifもし in 1999 I told言った you君は, let'sさあ buildビルドする a dataデータ storageストレージ and retrieval検索 systemシステム.
1999年にこんなことを話すとしましょう、データストレージとデータ検索システムを作ろうと
11:48
It'sそれは、します。 got to store格納 terabytesテラバイト. It'sそれは、します。 got to be available利用可能な 24 hours時間 a day,
テラバイトのストレージを持ち、いつでも利用できる、
11:54
sevenセブン days日々 a week週間. It'sそれは、します。 got to be available利用可能な fromから anywhereどこでも in the world世界.
世界のどこからでもアクセスする事ができて
11:57
Itそれ has to supportサポート over 100 million百万 usersユーザー at anyどれか given与えられた moment瞬間. It'sそれは、します。 got to
いつでも1億人以上のユーザをサポートすることができ
12:00
be robustロバストな to attack攻撃, includingを含む closing閉鎖 the mainメイン index索引, injecting注射する malicious悪意のある filesファイル,
インデックスを消したり、悪意のあるファイルを埋め込んだり、
12:04
armed武装した seizure発作 of some一部 majorメジャー nodesノード. You'dあなたは sayいう thatそれ would take years.
主要なノードの占拠といった攻撃にも耐えることができる ものすごい期間がかかり
12:09
Itそれ would take millions何百万. Butだがしかし of courseコース, what I'm私は describing記述 is P2P fileファイル sharing共有.
とんでもない費用が必要だと言われていたでしょう しかし勿論これはP2Pファイル交換のことです
12:14
Right? We私たち always常に think思う of itそれ as stealing窃盗 music音楽, butだけど fundamentally根本的に,
そうでしょう? 我々はいつも音楽のダウンロードを考えますが、根本的には
12:21
it'sそれは a distributed配布された dataデータ storageストレージ and retrieval検索 systemシステム, whereどこで people,
これは分散されたストレージならびに検索システムで、人々が
12:24
for very非常に obvious明らか reasons理由, are willing喜んで to shareシェア their彼らの bandwidth帯域幅 and their彼らの
あるとても明確な理由のために、彼らの帯域とストレージを共有させて
12:28
storageストレージ to create作成する something何か.
何かを創り上げているのです
12:32
Soだから, essentially基本的に what we're私たちは seeing見る is the emergence出現 of a fourth第4 transactionalトランザクション
そして本質的に我々が目撃しているのは4番目のフレームワークの
12:35
frameworkフレームワーク. Itそれ used to be thatそれ thereそこ were two primary一次 dimensionsディメンション along一緒に whichどの
出現です 過去には物事を切り分けるための2つの軸が
12:39
you君は could divide分ける thingsもの. They彼らが could be market市場 basedベース, orまたは non-market非市場 basedベース;
存在しました マーケットベースか、非マーケットベース;
12:45
they彼ら could be decentralized分権化された, orまたは centralized集中化された.
分散されているか、集中管理されているか
12:48
The price価格 systemシステム was a market-based市場ベース and decentralized分権化された systemシステム.
価格制度(Price System)はマーケットベースで分散されているシステムです
12:50
Ifもし thingsもの worked働いた betterより良い becauseなぜなら you君は actually実際に had somebody誰か organizing整理する themそれら,
誰かが管理する事で物事が効率化するようであれば、
12:53
you君は had firms企業, ifif you君は wanted to be in the market市場 -- orまたは you君は had governments政府
市場であれば会社が -- 非市場であれば政府や
12:57
orまたは sometimes時々 larger大きい non-profits非営利団体 in the non-market非市場.
時には大きな非営利組織が現れます
13:00
Itそれ was too expensive高価な to have decentralized分権化された socialソーシャル production製造,
分散された社会的生産物は高価すぎたのです
13:03
to have decentralized分権化された actionアクション in society社会. Thatそれ was notない about society社会 itself自体.
社会で分散された行動を持つ事も -- それは社会についての問題ではなく
13:08
Thatそれ was, in fact事実, economic経済的.
経済的な問題でした
13:15
Butだがしかし what we're私たちは seeing見る now is the emergence出現 of thisこの fourth第4 systemシステム
しかし我々が今目撃しているのは社会的共有と交換による
13:17
of socialソーシャル sharing共有 and exchange交換.
第4のシステムの出現です
13:21
Notじゃない thatそれ it'sそれは the first最初 time時間 thatそれ we我々 do niceいい thingsもの to each otherその他, orまたは for each otherその他,
社会的な生き物として我々がお互いに初めて良い事をするというのではありません
13:22
as socialソーシャル beings存在. We私たち do itそれ allすべて the time時間.
そういうことはいつも行っています
13:27
It'sそれは、します。 thatそれ it'sそれは the first最初 time時間 thatそれ it'sそれは having持つ majorメジャー economic経済的 impact影響.
初めてそれが経済的な影響を持ったというととなのです
13:31
What characterizes特徴付ける themそれら is decentralized分権化された authority権限.
分散化された権限がその特徴です
13:35
Youあなたが don'tしない have to ask尋ねる permission許可, as you君は do in a property-basedプロパティベース systemシステム.
所有されているシステムで行う様に、許可を求める必要はありません
13:40
May5月 I do thisこの? It'sそれは、します。 open開いた for anyone誰でも to create作成する and innovate革新的 and shareシェア,
これをしてよいですか? それは誰に対してもオープンで、望むのであれば、
13:43
ifif they彼ら want to, by themselves自分自身 orまたは with〜と othersその他,
自分か誰かと一緒に作成、革新、共有できます
13:49
becauseなぜなら propertyプロパティ is one1 mechanism機構 of coordination調整.
所有と言うのは調整機能の1つだからです
13:53
Butだがしかし it'sそれは notない the onlyのみ one1.
しかし(調整機能は)それだけではありません
13:55
Instead代わりに, what we我々 see見る are socialソーシャル frameworksフレームワーク for allすべて of the criticalクリティカルな thingsもの thatそれ we我々 useつかいます
代わりに、我々が見ているのは市場での所有と契約を使っている重要な物事のための
13:57
propertyプロパティ and contract契約する in the market市場: information情報 flows流れ to decide決めます what are
社会的なフレームワークです 興味深い問題は何かを知るための
14:02
interesting面白い problems問題; who'sだれの available利用可能な and good良い for something何か;
情報の流れ、誰が可能で適しているのか、
14:05
motivation動機 structures構造 -- remember思い出す, moneyお金 isn'tない always常に the bestベスト motivatorモチベーター.
動機付けの組み立て -- お金は常に最善の動機ではありません
14:09
Ifもし you君は leave離れる a $50 checkチェック after dinnerディナー with〜と friends友達,
50ドルの小切手を友人との食事の後に残したとしても、
14:13
you君は don'tしない increase増加する the probability確率 of beingであること invited招待された backバック.
逆に招待されるという可能性を高めている訳ではありません
14:17
And ifif dinnerディナー isn'tない entirely完全に obvious明らか, think思う of sexセックス. (Laughter笑い)
食事では分かりにくいというのであれば、セックスを考えてください(笑)
14:21
Itそれ alsoまた、 requires要求する certainある new新しい organizational組織的 approachesアプローチ.
それもなんらかの新しい組織的なアプローチが必要になります
14:27
And in particular特に, what we've私たちは seen見た is task仕事 organization組織.
特に、我々が見たのは作業の組織化です
14:30
Youあなたが have to hire雇う people who know知っている what they're彼らは doing.
自分の仕事が分かっている人たちを雇わなければなりません
14:34
Youあなたが have to hire雇う themそれら to spend費やす a lot of time時間.
雇った人たちに多くの時間を費やしてもらわなければなりません
14:36
Now, take the same同じ problem問題,
さて、同じ問題を
14:39
chunkチャンク itそれ into little少し modulesモジュール, and motivations動機 become〜になる trivial自明.
小さなモジュールに切り分けてしうと、動機付けは問題でなくなります
14:41
Five minutes, instead代わりに of watching見ている TVテレビ?
テレビを見る代わりに5分間?
14:45
Five minutes I'll spend費やす justちょうど becauseなぜなら it'sそれは interesting面白い. Justちょうど becauseなぜなら it'sそれは fun楽しい.
面白そうだから5分間やってみよう 楽しいですから
14:47
Justちょうど becauseなぜなら itそれ gives与える me a certainある senseセンス of meaning意味, orまたは, in places場所 thatそれ are moreもっと
何か意味のある事の様に思えるから、またはより複雑な関係を伴なう
14:51
involved関係する, like Wikipediaウィキペディア, gives与える me a certainある setセット of socialソーシャル relations関係.
Wikipedia のようなものであれば、社会的な関係を持つことができます
14:55
Soだから, a new新しい socialソーシャル phenomenon現象 is emerging新興.
それで新しい社会現象が起こっています
15:01
It'sそれは、します。 creating作成, and it'sそれは most最も visible目に見える whenいつ we我々 see見る itそれ as a new新しい form of competitionコンペ.
競争が作り出され、その中でも新しい形の競争が目に付きます
15:05
Peer-to-peerピアツーピア networksネットワーク assaulting暴行 the recording録音 industry業界;
P2Pネットワークは音楽業界を猛攻撃していますし;
15:10
free無料 and open開いた sourceソース softwareソフトウェア taking取る market市場 shareシェア fromから Microsoftマイクロソフト;
フリー、オープンソースソフトウェアはマイクロソフトからシェアを奪っています;
15:13
SkypeSkype potentially潜在的 threatening脅かす traditional伝統的な telecomsテレコム;
Skype は潜在的に従来の電話会社を脅かしていますし;
15:17
Wikipediaウィキペディア competing競合する with〜と onlineオンライン encyclopedias百科事典.
Wikipedia はオンライン辞書と張り合っています
15:21
Butだがしかし it'sそれは alsoまた、 a new新しい sourceソース of opportunities機会 for businessesビジネス.
しかしそれは新しいビジネスチャンスの源でもあります
15:24
As you君は see見る a new新しい setセット of socialソーシャル relations関係 and behaviors行動 emerging新興,
新しい社会的な関係性と振る舞いが出現するに従って、
15:27
you君は have new新しい opportunities機会. Someいくつか of themそれら are toolmakersツールメーカー.
新しいチャンスも生まれています 例えばツールの作成です
15:33
Instead代わりに of building建物 well-behavedよく振る舞う appliances家電
前もってどのようなことをするのか分かっている
15:37
-- thingsもの thatそれ you君は know知っている what they'll彼らは do in advance前進 --
行儀の良いアプリケーションを作る代わりに
15:40
you君は beginベギン to buildビルドする moreもっと open開いた toolsツール. There'sあります。 a new新しい setセット of values,
もっとオープンなツールを作るのです 新しい価値観、
15:42
a new新しい setセット of thingsもの people value.
人々が新しく価値を置くものがあります
15:45
Youあなたが buildビルドする platformsプラットフォーム for self-expression自己表現 and collaborationコラボレーション.
自己表現や共同作業のためのプラットホームを作る事もできます
15:48
Like Wikipediaウィキペディア, like the Open開いた Directoryディレクトリ Projectプロジェクト,
Wikipedia のような、Open Directory プロジェクトの様な
15:52
you'reあなたは beginning始まり to buildビルドする platformsプラットフォーム, and you君は see見る thatそれ as a modelモデル.
プラットホームを作るのであれば、それをモデルと見る事ができるでしょう
15:56
And you君は see見る surfersサーファー, people who see見る thisこの happeningハプニング, and in some一部 senseセンス
そしてサーファー達がいます、ことの目撃者で、これらを
15:59
buildビルドする itそれ into a supply供給 chain, whichどの is a very非常に curious好奇心 one1. Right?
消費者のネットワークに広めていくのです 興味深い事です
16:03
Youあなたが have a belief信念: stuffもの will flowフロー outでる of connected接続された human人間 beings存在.
信念と言えるでしょう: ネットワーク化された人の中から 新しいものが生み出されます
16:08
That'llそれはよ give me something何か I can useつかいます, and I'm私は going to contract契約する with〜と someone誰か.
私が使える何かが提供されたら 私はそれをツールとして使って
16:11
I will deliver配信する something何か basedベース on what happens起こる. It'sそれは、します。 very非常に scary怖い
さらに他の人に何かを提供します 恐るべきことです
16:14
-- that'sそれは what GoogleGoogle does, essentially基本的に.
-- そういうことを Google は基本的に行っています
16:18
That'sそれです what IBMIBM does in softwareソフトウェア servicesサービス, and they've彼らは done完了 reasonably合理的に well.
そういうことを IBM はソフトウェアサービスで行っていて、彼らはなかなか良くやっています
16:20
Soだから, socialソーシャル production製造 is a realリアル fact事実, notない a fad流行.
社会的生産物は実際にあるものであり、ブームではありません
16:24
Itそれ is the criticalクリティカルな long-term長期 shiftシフト caused原因 by the Internetインターネット.
それはインターネットにより始まった長い変化なのです
16:28
Socialソーシャル relations関係 and exchange交換 become〜になる significantly有意に moreもっと important重要 thanより they彼ら everこれまで
社会的な関係と交換は経済的な現象として今までに無かった以上に
16:32
were as an economic経済的 phenomenon現象. In some一部 contexts文脈, it'sそれは even moreもっと efficient効率的な
重要になっています 状況によっては、より効率的でさえあります
16:39
becauseなぜなら of the quality品質 of the information情報, the ability能力 to find見つける the bestベスト person,
情報の量と、最高の人材を見つける能力、
16:43
the lower低い transactionトランザクション costsコスト. It'sそれは、します。 sustainable持続可能な and growing成長する fast速い.
低い取引費用などが原因です 持続的であり急速に成長しています
16:48
Butだがしかし -- and thisこの is the darkダーク lining裏地 -- itそれ is threatened脅された by
しかし -- これが暗い部分なのですが -- それは
16:52
-- in the same同じ way thatそれ itそれ threatens脅迫する -- the incumbent現職 industrial工業用 systemsシステム.
-- それ自身が脅かしている様に -- 従来の産業システムに脅かされています
16:58
Soだから next time時間 you君は open開いた the paper, and you君は see見る an intellectual知的 propertyプロパティ decision決定,
次に新聞を開いて、知的財産に関する決定や、
17:02
a telecomsテレコム decision決定, it'sそれは notない about something何か small小さい and technicalテクニカル.
電話会社の決定について読むことがあれば、それは小さなことや技術的なことがらではありません
17:07
Itそれ is about the future未来 of the freedom自由 to be as socialソーシャル beings存在 with〜と each otherその他,
それは将来お互いが社会的な存在となれるかどうかに関わることで、
17:13
and the way information情報, knowledge知識 and culture文化 will be produced生産された.
情報、知識、そして文化が生産される方法についてなのです
17:19
Becauseというのは itそれ is in thisこの contextコンテキスト thatそれ we我々 see見る a battle戦い over howどうやって easy簡単 orまたは hardハード itそれ will be
今の状況で我々が目にしているのは、産業の情報経済が
17:24
for the industrial工業用 information情報 economy経済 to simply単に go on as itそれ goes行く,
何らかの形でこれからも続いていくのか、
17:31
orまたは for the new新しい modelモデル of production製造 to beginベギン to develop開発する alongside一緒に thatそれ industrial工業用 modelモデル,
または新しい生産モデルが既存の産業と一緒に発展し、
17:35
and change変化する the way we我々 beginベギン to see見る the world世界 and report報告する what itそれ is thatそれ we我々 see見る.
我々の世界の見方、見ているものを伝える方法が変わっていくということなのです
17:41
Thankありがとうございます you君は.
ありがとう
17:46
Translated by Akira KAKINOHANA
Reviewed by Natsuhiko Mizutani

▲Back to top

About the speaker:

Yochai Benkler - Legal expert
Yochai Benkler has been called "the leading intellectual of the information age." He proposes that volunteer-based projects such as Wikipedia and Linux are the next stage of human organization and economic production.

Why you should listen

Larry Lessig calls law professor Yochai Benkler "the leading intellectual of the information age." He studies the commons -- including such shareable spaces as the radio spectrum, as well as our shared bodies of knowledge and how we access and change them.

His most recent writings (such as his 2006 book The Wealth of Networks) discuss the effects of net-based information production on our lives and minds and laws. He has gained admirers far beyond the academy, so much so that when he released his book online with a Creative Commons license, it was mixed and remixed online by fans. (Texts can be found at benkler.org; and check out this web-based seminar on The Wealth of Networks.) He was awarded EFF's Pioneer Award in 2007.

He's the Berkman Professor of Entrepreneurial Legal Studies at Harvard, and faculty co-director of the Berkman Center for Internet and Society (home to many of TED's favorite people).

More profile about the speaker
Yochai Benkler | Speaker | TED.com