ティナ・シーリグ: 運を良くするための少しのリスク

TED Salon Brightline Initiative

ティナ・シーリグ: 運を良くするための少しのリスク

1,016,070 views

Readability: 3.4


ほとんどの場合、運は落雷のような例外的で劇的なものではありません。どちらかというと、常に吹いている風のようなものです。運気をもっと取り込むのは難しくはありませんが、分かりにくいものです。この洞察力にあふれたトークでは、スタンフォード大学工学部教授であるティナ・シーリグが、運が良くなり、チャンスを見付けて掴み取る力を高められる意外な3つの方法を教えてくれます。

ウィル・マーシャル: 地表の検索可能なデータベースを作るミッション

TED2018

ウィル・マーシャル: 地表の検索可能なデータベースを作るミッション

815,021 views

Readability: 4.5


インターネットを検索するように、地表の検索ができらたどうでしょう? Planet社のウィル・マーシャルのチームは、世界最大の衛星群を使い、毎日地球の全表面の写真を撮影しています。そして彼らは新たなプロジェクトに取り組んでいます。AIを使い、日々地上にある物体すべてに索引を付け、船や木や家やその他何でもGoogleのように検索できるようにしようというのです。このデータベースが地上で起きている膨大な変化の生きた記録になるというビジョンをマーシャルが示します。「見えないものは直せません。変化を見えるようにし、行動を取れるようにするツールを私達は提供したいのです」と彼は言います。

スパソーン・スワジャナコーン: 実在の人物の偽映像の作り方と、その見分け方

TED2018

スパソーン・スワジャナコーン: 実在の人物の偽映像の作り方と、その見分け方

697,632 views

Readability: 4.6


有名人が実際には言っていないことを言っているように見せかけた偽映像を、あなたはうまく見分けられますか? この驚くべき講演とデモで、それがどのように作られるのかをご覧ください。コンピューター科学者スパソーン・スワジャナコーンは、大学院での研究として、AIと3次元モデリングを使い、本物にしか見えないような音声と同期した人物の映像を作りました。この技術の倫理的問題と創造的可能性、そしてその悪用への対策として行われていることについて学びましょう。

ルーシー・マーシル: 医者が待合室で納税申告の手続きを無料で支援する理由

TED2018

ルーシー・マーシル: 医者が待合室で納税申告の手続きを無料で支援する理由

729,763 views

Readability: 4


90パーセント以上のアメリカの子どもが1年に1回は必ず医者にかかり、親は待合室で時間を限りなく無駄にしています。その時間をお金の節約のような、生産的なことに使えるとしたら? 小児科医でTEDフェローのルーシー・マーシルが率いる団体 StreetCred は、通院の際に何ができるかを考え直し、まさにその待合室で納税申告の手続きを無料で支援し、多くの家族を貧困から救い出しています。無料の納税申告書類作成支援や助言がどうしてアメリカの貧困への最善の処方箋になり得るのか、詳しく聞いてみましょう。

ダニエル・ギブソン: DNAを人工的に作りインターネットで送る方法

TED2018

ダニエル・ギブソン: DNAを人工的に作りインターネットで送る方法

743,464 views

Readability: 5.9


生物学者のダニエル・ギブソンはDNAを編集し、さらにはプログラマーがコンピューターのプログラムを書くようにDNAのプログラミングをしますが、ここでの「プログラム」は、生命を作り出し、デジタル化された情報からタンパク質やワクチンといった生物学的物質を作る力を科学者に与えるものです。彼が現在進めている次なるプロジェクトは「生物学的瞬間移動」で、これは新薬をインターネットに乗せて世界中に瞬間的に届けられるようにしようというものです。この技術によっていかに突発する疫病への対応が変わり、個人に合った処方薬を家庭でダウンロードできるようになるかを学びましょう。

マックス・テグマーク: AIに圧倒されるのではなく、AIから力を得る方法

TED2018

マックス・テグマーク: AIに圧倒されるのではなく、AIから力を得る方法

887,727 views

Readability: 5


多くのAI研究者は、数十年以内にあらゆるタスクや職業でAIが人間の能力を超えると予測しています。それにより人間の知能の制約を受けず、物理法則だけが制約となる未来が到来すると言うのです。MITの物理学者でありAIの研究者であるマックス・テグマークは現実のチャンスや脅威を、誤った通念と区別し、AIを人類にとって最悪ではなく最高の存在にするために、今我々がとるべき具体的な段階を説明します。

ポピー・クラム: 人の感情を読むテクノロジー

TED2018

ポピー・クラム: 人の感情を読むテクノロジー

1,006,839 views

Readability: 4.5


テクノロジーが私達のことを私達自身よりもよく知るようになったらどうなるでしょう? 感情が外面にどう現れるかを研究しているポピー・クラムは、ポーカーフェイスはもう終わりだと言います。新技術によって私達の感情を示す兆候が容易に検出できるようになっているためです。彼女は講演とデモを通し、「共感のテクノロジー」を使って、体温や呼気の成分といった肉体的な兆候から感情を読み取れることを示します。良くも悪くも、「技術によって共感能力者となることの効力を認めるなら、感情的、認知的な分断をテクノロジーで橋渡しできる可能性が生まれる」のだと彼女は言います。

ヘレン・ジレット: 『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』

TEDWomen 2017

ヘレン・ジレット: 『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』

344,460 views

Readability: 4.7


チェリストかつシンガーのヘレン・ジレットは、クラシックの素養をニューオーリンズに端を発するジャズや自由な即興技術と組み合わせて、様々な要素の混ざり合ったオリジナルの音楽を奏でます。力強くもメロディ豊かなパフォーマンスで、彼女は自作の曲『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』を演奏します。

エミリー・ナゴスキ: 不随意の性的興奮についての真実

TED2018

エミリー・ナゴスキ: 不随意の性的興奮についての真実

1,453,917 views

Readability: 3.9


性教育者のエミリー・ナゴスキが、セックスに関する最も危険な通説の1つについて解説し、「興奮の不一致」の裏側にある科学的要因を教えてくれます。「興奮の不一致」とは、身体反応と快感や欲求との間に断絶がある場合のことを言います。こうした親密かつ個人的な事柄は、居心地が悪く話しにくいことかもしれません。しかし、この率直なトークを通じてナゴスキは、この非常に重要な情報を判事、弁護士、パートナー、子供たちなどに伝えるようにと強く促します。「勇気を持って対話を持つたびに、この世界をほんの少し住みやすい場所にすることができるのです」と、ナゴスキは言います。(このトークには成人向けの内容が含まれています)

イングリッド・フェテル・リー: 喜びはどこに隠れ、どう見付けるか

TED2018

イングリッド・フェテル・リー: 喜びはどこに隠れ、どう見付けるか

1,494,428 views

Readability: 3.8


桜や虹やシャボン玉や動眼—ある種のものが普遍的な喜びを生み出すように見えるのは、なぜなのでしょう? この心を捉える講演で、イングリッド・フェテル・リーは驚くほど実際的な喜びの起原を明らかにし、どうすれば身の回りにもっと多くの喜びを見つけ、作り出せるのかを示します。

シモーン・イェッツ: 役立たずなものを作る理由

TED2018

シモーン・イェッツ: 役立たずなものを作る理由

2,073,196 views

Readability: 3.1


素晴らしく突飛な創作品が披露されるこの心温まる楽しい講演で、シモーン・イェッツは役立たずな装置を作ることについて語ります。彼女の発明品は、野菜切り機にせよ、散髪マシーンや口紅装置にせよ、上手くいくことは(あったとしても)めったにありませんが、そこにこそ意味があります。彼女は言います。「役立たずなものを作ることが素晴らしいのは、最善の答えが何か必ずしも分かっていないと認める点にあります。世界がどうなっているのか分かっているという頭の中の声を切るんです。歯磨きヘルメットは答えではないかもしれませんが、少なくとも疑問を呈してはいるのです」

スティーブン・ピンカー: データで見ると、世界は良くなっているのか、悪くなっているのか?

TED2018

スティーブン・ピンカー: データで見ると、世界は良くなっているのか、悪くなっているのか?

1,728,244 views

Readability: 5


誰かがそう信じさせようとしているように、2017年は本当に「最悪の年」だったのでしょうか? 心理学者のスティーブン・ピンカーは、殺人、戦争、貧困、汚染その他に関する最近の統計データを分析することで、今の世の中は30年前に比べ、そのいずれにおいても改善していることを見出しました。しかし、進歩というのは必然的に起きるものではなく、また常にすべてがあらゆる人にとって良くなるわけではないと彼は言います。進歩とは問題解決であり、気候変動や核戦争といったものは待ち受けている終焉としてではなく、解決すべき問題と捉えるべきなのだと。「完全な世界というものは存在しないし、そんなものを求めることは危険でさえある。しかし人類の繁栄のために知識を応用し続ければ、我々に実現できる改善に限りはない」と彼は述べています。

ディラン・マロン: オンラインの嫌がらせコメントから、オフラインの建設的な対話を生む方法

TED2018

ディラン・マロン: オンラインの嫌がらせコメントから、オフラインの建設的な対話を生む方法

1,226,249 views

Readability: 3.9


デジタル・クリエイターのディラン・マロンは『Every Single Word(すべての台詞)』や『Sitting in Bathrooms With Trans People(トランスの皆さんとトイレで座り込み)』といったプロジェクトで数百万の視聴回数を集めています。ところが、ネット上での成功の裏側には、嫌がらせがあることに気づきました。彼は次第に、予想外の対処法を身に付けていきます。つまり、彼に対して心無いコメントを残した人々に電話をかけ、「なぜそんな書き込みをしたのか?」とシンプルに質問をするのです。ネット上での人付き合いについて深く考えさせられるこのトークで、彼はこう説明します。「自分ができる最も革命的なことは、対立する相手と実際に対話することであって暴言を吐くことではない」と。

グウィン・ショットウェル: 30分で地球を半周するSpaceXの旅行プラン

TED2018

グウィン・ショットウェル: 30分で地球を半周するSpaceXの旅行プラン

1,781,578 views

Readability: 4.4


SpaceXでは何をやっているのでしょう? エンジニアのグウィン・ショットウェル は、イーロン・マスクの先駆的航空宇宙会社の7番目の社員で、現在社長をしています。TEDのキュレーターであるクリス・アンダーソンとの対談で、彼女はSpaceXが取り組む有人ロケットの開発競争や、次の大プロジェクトBFR(それが何かは彼女の話を聞いてください)について語ります。人類を火星へと送るべく巨大ロケットが新たに設計されていますが、それには地球人向けの宇宙旅行という別の可能性もあります。

トレイシー・エリス・ロス: 1人の女性の怒りには何世代分もの知恵がある

TED2018

トレイシー・エリス・ロス: 1人の女性の怒りには何世代分もの知恵がある

1,150,583 views

Readability: 3.6


世界中の女性たちが経験してきたことは、もはや無視できない状態まで達している、と役者であり活動家のトレイシー・エリス・ロスは言います。この率直で堂々としたトークで、彼女はより良い未来を構築しよう、と男性と女性の両方に呼びかけます。

ダイアン・ウォルク=ロジャーズ: パークランドの高校教師からみんなへの宿題

TED2018

ダイアン・ウォルク=ロジャーズ: パークランドの高校教師からみんなへの宿題

1,049,610 views

Readability: 4


ダイアン・ウォルク=ロジャーズは、2018年のバレンタインの日に恐ろしい銃乱射事件が起きたフロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で歴史を教えています。あのような理不尽な暴力は、どうすれば終わらせることができるのでしょう? この強く心に訴える講演で、ウォルク=ロジャーズは、アメリカが銃についての安全と責任という面で前進するための3つの方法をを提示し、みんなにも自分の答えを考えるように勧めます。そして何よりも、彼女の学校の活動家であり、事件の生存者であり、その活動によって何百万という人々を行動へと動かしている生徒達に見習うようにと。ウォルク=ロジャーズは言います。「本当はあの子達が自分でしなきゃいけないことではないんです。あの子達が私たちみんなに加わるよう呼びかけています」

エリック・バーリッジ: テクノロジー企業に人文系が必要な理由

TED@IBM

エリック・バーリッジ: テクノロジー企業に人文系が必要な理由

899,467 views

Readability: 4.6


創造力に富む問題解決者のチームを作りたいなら、科学と同じくらい人文にも価値を置くべきだと、起業家のエリック・バーリッジは言います。テクノロジー企業は科学技術分野の人ばかり採用すべきではなく、芸術や人文分野の人がいかに技術系の職場に創造性やひらめきをもたらすかを説明します。

メナット・エル・ガリド: 菌類は侵す植物をいかに見付けるのか

TEDGlobal 2017

メナット・エル・ガリド: 菌類は侵す植物をいかに見付けるのか

973,112 views

Readability: 7


植物にとって最も破壊的な病原体である菌類のため、毎年5億人を食べさせられるくらいの農作物が失われています。菌類学者でTEDフェローのメナット・エル・ガリドが、菌類が植物を攻撃するのに使う分子的なシグナルの理解が大きく進んだ経緯についてお話しします。

エリカ・ストーン: 公的資金による学術研究の成果を自由に見られないのはなぜか?

TEDxMileHighWomen

エリカ・ストーン: 公的資金による学術研究の成果を自由に見られないのはなぜか?

863,172 views

Readability: 5.3


アメリカでは皆さんが納めた税金が、公立大学の研究費に使われています。それなのになぜ、その研究成果を読むのに営利的な雑誌に高いお金を払わなければならないのでしょうか?エリカ・ストーンは、オープンアクセスという大衆と学者の間の新しい関係を支持し、学者はもっと身近な媒体で研究成果を発表すべきだと主張しています。ストーンは言います。「民主主義が機能するには国民が良い教育を受け、情報を得られることが必要です。研究は有料サイトや煩雑なしくみの背後で行われるのではなく、みんなの目の前で展開されるほうが、良いとは思いませんか?」

レラ・ボロディツキー: 言語はいかに我々の考えを形作るのか

TEDWomen 2017

レラ・ボロディツキー: 言語はいかに我々の考えを形作るのか

2,986,369 views

Readability: 3.3


世界では約7千の言語が使われており、それぞれに異なる音、語彙、構造を持っています。でも、言語は私たちの考え方に影響するのでしょうか? 認知科学者のレラ・ボロディツキーが、左右の代わりに方角を使うオーストラリアに住むアボリジニの言葉や、青を複数の語で言い分けるロシア語といった様々な事例を紹介し、この問いへの答えがイエスであることを示します。ボロディツキーは言います。「言語の多様性が素晴らしいのは、人の心がいかに巧みで柔軟かを明らかにするからです。人間の精神は認知的な宇宙を1つではなく、7千も生み出してきたのです」

ヴィクラム・シャーマ: 量子物理学はどのようにして暗号を強化するのか?

TED@Westpac

ヴィクラム・シャーマ: 量子物理学はどのようにして暗号を強化するのか?

957,785 views

Readability: 5.6


量子コンピュータ技術が進歩すると、それに伴って、想像できないほどに計算能力が高まっていきます。すると、データを保護するためのシステム(そして民主的なプロセス)がさらに危険にさらされます。しかし、差し迫ったデータの大惨事への対応策を練る時間はまだあるのだと、暗号理論の専門家ヴィクラム・シャーマは語ります。量子を量子で迎え撃つ方法 ―つまり、最先端の攻撃から防御する、量子物理学の力を応用したセキュリティ装置やプログラムの設計について学びましょう。