English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxSummit

Vinay Venkatraman: Technology crafts for the digitally underserved

ヴィネイ・ヴェンカトラマン:デジタル過疎地での「ハイテク・クラフト」

Filmed
Views 587,424

世界全体を見ると、多くの人々は最新のスマートフォンを手入れることなどできません。しかしムンバイなどの街の小さなデジタルショップでは職人が安い部品を使って手作業で機器の修理を行っています。そうした高い技術力を利用して、携帯電話と懐中電灯とランチボックスから教室用プロジェクタを、そして目覚まし時計とマウスの部品等から簡易健康診断ツールを作り上げました。ヴィネイ・ヴェンカトラマンが「ハイテク・クラフト」について語ります。

- Designer
Vinay Venkatraman aims to design technological devices for the "bottom of the pyramid" rather than simply for the affluent. Full bio

Frugal倹約 Digitalデジタル is essentially基本的に a small小さい research研究 groupグループ at C.I.D.
フルーガル・デジタルは
元来C.I.I.D.の研究グループです
00:12
whereどこで we我々 are looking to find見つける
デジタル技術を誰もが享受できる社会を
いかにして創り上げるかについて
00:17
alternate代わりの visionsビジョン of howどうやって to create作成する a digitallyデジタル的に inclusive包括的な society社会.
デジタル技術を誰もが享受できる社会を
いかにして創り上げるかについて
00:19
That'sそれです what we're私たちは after.
新たな視点を探し求めています
00:24
And we我々 do thisこの becauseなぜなら we我々 actually実際に believe信じる
どうしてかと言えば
00:26
thatそれ siliconシリコン technology技術 today今日 is mostly主に about
今日のシリコン(半導体)技術はその大部分が
00:28
a culture文化 of excess過剰.
「余剰の文化」だからです
00:31
It'sそれは、します。 about the fastest最も速い and the most最も efficient効率的な
スピードや性能
00:33
and the most最も dazzling眩しい gadgetガジェット you君は can have,
眩いばかりの最新機能に重きが置かれ
00:35
whilewhile about two-thirds3分の2 of the world世界
その一方で 世界の3分の2の人々は
00:38
can hardlyほとんど reachリーチ the most最も basic基本的な of thisこの technology技術
こうした技術の最も基礎的な部分でさえ
00:40
to even address住所 fundamental基本的な needsニーズ in life,
手が届かないのです
00:44
includingを含む health健康 careお手入れ, education教育
医療 教育その他の
00:48
and allすべて theseこれら kinds種類 of very非常に fundamental基本的な issues問題.
生活に最低限に必要なものにさえ
取り入れることができません
00:50
Soだから before I start開始, I want to talkトーク about a little少し anecdote逸話,
本題に入る前に少しお話を披露したいと思います
00:54
a little少し storyストーリー about a manおとこ I met会った once一度 in Mumbaiムンバイ.
以前私はムンバイである人物に出会いました
00:57
Soだから thisこの manおとこ, his name is Sathiサティ ShriShri.
彼の名前はサティ・シュライといいます
01:01
He is an outstanding傑出した person,
この彼が本当にすごい人物なのです
01:03
becauseなぜなら he's彼は a small小さい entrepreneur起業家.
彼は一人の起業家として
01:06
He runs走る a little少し shopショップ
ムンバイの裏路地で
01:08
in one1 of the backバック streets通り of Mumbaiムンバイ.
小さな店を経営しています
01:09
He has thisこの little少し 10-square-meter-平方メートル store格納,
彼はこのたった10平米の店で
01:11
whereどこで soそう muchたくさん is beingであること done完了.
実に多くのことを行います
01:14
It'sそれは、します。 incredible信じられない, becauseなぜなら I couldn'tできなかった believe信じる myじぶんの eyes
私は偶然彼に出会った時に
01:17
whenいつ I once一度 justちょうど happened起こった to bumpバンプ into him.
目にしたことを信じられませんでした
01:19
Basically基本的に, what he does is, he has allすべて theseこれら servicesサービス
彼の店では小口の支払い業務や
01:21
for micro-paymentsマイクロ支払い and booking予約 tickets切符売場
チケットの予約といったサービスをはじめ
01:23
and allすべて kinds種類 of basic基本的な thingsもの thatそれ you君は would go onlineオンライン for,
皆さんがオンラインで行う色々な業務を
01:26
butだけど he does itそれ for people offlineオフライン
お客さんと対面で行い
01:29
and connects接続する to the digitalデジタル world世界.
デジタルの世界への橋渡し役をしています
01:31
Moreもっとその importantly重要なこと, he makes作る his moneyお金
また彼はプリペイド携帯電話の
01:33
by selling販売 theseこれら mobileモバイル recharge再充電する couponsクーポン, you君は know知っている,
このようなリチャージ・クーポンを売って
01:35
for the prepaid前払い subscriptionsサブスクリプション.
商売をしています
01:38
Butだがしかし then次に, in the backside裏側, he's彼は got thisこの little少し nook
そしてそれだけではなく
彼は店の裏側の
01:40
with〜と a few少数 of his employees従業員
隠れ家のようなスペースで
2〜3人の人を雇って
01:43
whereどこで they彼ら can fix修正する almostほぼ anything何でも.
よろず修理屋を営んでいます
01:46
Any任意 cell細胞 phone電話, anyどれか gadgetガジェット you君は can bring持参する themそれら, they彼ら can fix修正する itそれ.
携帯電話でも何でも
持ち込めば修理してくれます
01:48
And it'sそれは prettyかなり incredible信じられない becauseなぜなら I took取った myじぶんの iPhoneiPhone thereそこ,
それがもう本当にすごいんです
私のiPhoneを見るなり
01:51
and he was like, "Yeahうん, do you君は want an upgradeアップグレード?"
「アップグレードするかい?」
ていう感じです
01:55
"Yesうん." (Laughter笑い)
私は「はい」と・・
(笑い)
01:57
I was a bitビット skeptical懐疑的な, butだけど then次に, I decided決定しました
でもちょっと不安だったので
01:59
to give him a Nokiaノキア instead代わりに. (Laughter笑い)
代わりにノキアを預けることにしました
(笑い)
02:01
Butだがしかし what I was amazed驚く about is thisこの reverse engineeringエンジニアリング
ところが私は
そのリバース・エンジニアリングに驚かされました
02:06
and know-howノーハウ that'sそれは built建てられた into thisこの little少し two metersメートル of spaceスペース.
その高い技術がこんなに狭い空間に
詰め込まれているのです
02:11
They彼らが have figured思った outでる everythingすべて that'sそれは required必須
作業に必要なことは全て理解していて
02:16
to dismantle解体する, take thingsもの apart離れて,
機器を分解して バラバラにし
02:18
rewriteリライト the circuitry回路, re-flash再点滅 the firmwareファームウェア,
回路を変えたり
ファームウェアを書き換えたり
02:20
do whateverなんでも you君は want to with〜と the phone電話,
携帯電話に関するあらゆることを行います
02:23
and they彼ら can fix修正する anything何でも soそう quickly早く.
すごいスピードで何でも修理してしまいます
02:25
Youあなたが can handハンド over a phone電話 thisこの morning
例えば今朝修理に出したら
02:28
and you君は can go pickピック itそれ upアップ after lunchランチ,
ランチの後にはもう受け取れるのです
02:30
and itそれ was quiteかなり incredible信じられない.
本当に信じがたいことです
02:32
Butだがしかし then次に we我々 were wondering不思議 whetherかどうか thisこの is
これはこの地域に限ったことでしょうか?
02:34
a local地元 phenomenon現象, orまたは is truly真に globalグローバル?
それとも世界中でこんなことがあるのでしょうか?
02:35
And, over time時間, we我々 started開始した understanding理解
時間が経つにつれ私たちは理解し始め
02:38
and systematically体系的に researching研究している
このよろず修理ビジネスの全体像について
02:40
what thisこの tinkering微妙な ecosystem生態系 is about,
系統立てた調査を開始しました
02:42
becauseなぜなら thatそれ is something何か that'sそれは happeningハプニング
なぜならそれはムンバイの街角でのみ
02:44
notない justちょうど in one1 street通り cornerコーナー in Mumbaiムンバイ.
行われていることではなかったからです
02:46
It'sそれは、します。 actually実際に happeningハプニング in allすべて parts部品 of the country.
これはインドのあらゆる場所で起こっています
02:48
It'sそれは、します。 even happeningハプニング in Africaアフリカ, like, for example,
アフリカのケープタウンでも起きており
02:51
in Capeケープ Townタウン we我々 did extensive広範 research研究 on thisこの.
同様の調査を行いました
02:53
Even hereここに in Dohaドーハ I found見つけた thisこの little少し nook
ここドーハでもこのような小さな店を見つけました
02:55
whereどこで you君は can get alarm警報 clocksクロック and watches時計 fixed一定,
そこでは目覚まし時計や腕時計を修理しています
02:58
and it'sそれは a lot of tiny小さな little少し parts部品. It'sそれは、します。 notない easy簡単.
多くの小さな部品があり
決して簡単な仕事ではありません
03:01
You'veあなたがしました。 got to try itそれ on yourきみの own自分の to believe信じる itそれ.
ご自身で試してみればわかると思います
03:04
Butだがしかし what fuels燃料 thisこの?
何故こんなことが可能なのでしょうか?
03:06
It'sそれは、します。 thisこの entire全体 ecosystem生態系 of low-cost低価格 parts部品
それは安い部品や消耗品のエコシステムで
03:08
and supplies用品 thatそれ are produced生産された allすべて over the world世界, literally文字通り,
文字通り世界中で生産され
03:11
and then次に redistributed再分配された to basically基本的に serviceサービス thisこの industry業界,
流通して この業界を支えているのです
03:15
and you君は can even buy購入 salvagedサルベージした parts部品.
再利用の部品さえ購入できます
03:19
Basically基本的に, you君は don'tしない have to necessarily必ずしも buy購入
基本的には新品を買う必要すらなく
03:21
brandブランド new新しい thingsもの. Youあなたが have condemned非難した computersコンピュータ
バラバラに分解され
廃棄されたコンピュータの
03:23
thatそれ are strippedストリップされた apart離れて,
バラバラに分解され
廃棄されたコンピュータの
03:25
and you君は can buy購入 salvagedサルベージした componentsコンポーネント
中古部品を使い
03:27
and thingsもの thatそれ you君は can reassemble再構築する in a new新しい configuration設定.
それらを新たな機械構成で
組み立てることができます
03:28
Butだがしかし what does thisこの new新しい, sortソート of, approachアプローチ give us?
でもこの新しいやり方で何ができるかが
本質的に知りたいことです
03:32
That'sそれです the realリアル question質問, becauseなぜなら thisこの is something何か
というのは
03:36
that'sそれは been thereそこ, part of everyすべて society社会
こういうものが リソースの貧しい地域に
03:37
that'sそれは deprived奪われた of enough十分な resourcesリソース.
必ず存在しているからです
03:40
Butだがしかし there'sそこに an interesting面白い paradigmパラダイム.
これは興味深いやり方です
03:42
There'sあります。 the traditional伝統的な crafts工芸品,
クラフトには伝統的な工芸品と
新しい技術的なものがあります
03:44
and then次に there'sそこに the technology技術 crafts工芸品.
クラフトには伝統的な工芸品と
新しい技術的なものがあります
03:45
We私たち callコール itそれ the technology技術 crafts工芸品 becauseなぜなら theseこれら are emerging新興.
この新しいものは区別する意味で
ハイテク・クラフトと名付けました
03:47
They're彼らは notない something何か that'sそれは been established設立.
それは確立されたものでもなければ
03:50
It'sそれは、します。 notない something何か that'sそれは institutionalized制度化された.
きちんと制度化されているわけでも
03:52
It'sそれは、します。 notない taught教えた in universities大学.
大学で身につけるものでもありません
03:54
It'sそれは、します。 taught教えた [by] wordワード of mouth,
それは見よう見まねで学ぶものであり
03:56
and it'sそれは an informal非公式 education教育 systemシステム aroundまわり thisこの.
学校に頼らない教育がそこにあります
03:58
Soだから we我々 said前記, "What can we我々 get outでる of thisこの?
これによって一体
どんなことがができるでしょうか?
04:00
Youあなたが know知っている, like, what are the keyキー values thatそれ we我々 can get outでる of thisこの?"
こうしたシステムが持つ価値とは何でしょうか?
04:03
The mainメイン thingもの is a fix-it-locallyローカルに修正する culture文化,
まず モノを近所で修理できるということは
04:05
whichどの is fantastic素晴らしい becauseなぜなら itそれ means手段 thatそれ yourきみの product製品
製品やサービスを修理するのに
04:08
orまたは yourきみの serviceサービス doesn'tしない have to go throughを通して
煩雑で形式的なシステムを
04:10
a huge巨大 bureaucratic官僚的 systemシステム to get itそれ fixed一定.
通す必要がないということです
04:12
Itそれ alsoまた、 affords助ける us cheap安いです fabrication製造, whichどの is fantastic素晴らしい,
また素晴らしいことに
安くモノを作れるので
04:15
soそう itそれ means手段 thatそれ you君は can do a lot moreもっと with〜と itそれ.
さらに多くのことが可能になります
04:18
And then次に, the most最も important重要 thingもの is,
最も重要なことは
04:20
itそれ gives与える us large math数学 for low低い costコスト.
低コストが生む可能性です
04:22
Soだから itそれ means手段 thatそれ you君は can actually実際に embed埋め込み
ちょっとしたアルゴリズムや
04:24
prettyかなり clever賢い algorithmsアルゴリズム and lots of otherその他 kinds種類
自由なアイデアを
04:27
of extendable拡張可能な ideasアイデア into really本当に simple単純 devicesデバイス.
とてもシンプルな装置に搭載できるということです
04:30
Soだから, what we我々 callコール thisこの is a siliconシリコン cottageコテージ industry業界.
私たちは「シリコン家内産業」と呼んでいますが
04:34
It'sそれは、します。 basically基本的に what was the systemシステム orまたは the paradigmパラダイム
これは 産業革命以前のシステムや考え方が
04:39
before the industrial工業用 revolution革命 is now re-happening再発する
多くの発展途上国の小さなデジタルショップで
04:42
in a whole全体 new新しい way in small小さい digitalデジタル shopsお店
全く新しい形で
04:44
across横断する the planet惑星 in most最も developing現像 countries.
再び立ち現れようとしているということです
04:47
Soだから, we我々 kind種類 of toyedおもしろい aroundまわり with〜と thisこの ideaアイディア,
私たちはこのアイデアについて
色々と想いをめぐらせ
04:50
and we我々 said前記, "What can we我々 do with〜と thisこの?
「これをどう使えるか?」
と考えました
04:54
Can we我々 make作る a little少し product製品 orまたは a serviceサービス outでる of itそれ?"
何か簡単な製品やサービスを
作れないだろうか?と
04:56
Soだから one1 of the first最初 thingsもの we我々 did is thisこの thingもの calledと呼ばれる
そこで まず手がけたのが
こちらの
04:59
a multimediaマルチメディア platformプラットフォーム. We私たち callコール itそれ a lunchランチ boxボックス.
マルチメディア用のシステム「ランチ・ボックス」です
05:01
Basically基本的に one1 of the contexts文脈 thatそれ we我々 studied研究した was
研究の為に選んだ場所の一つがインドの
05:03
schools学校 in very非常に remote遠隔の parts部品 of Indiaインド.
非常に辺鄙なところにある学校でした
05:06
Soだから thereそこ is thisこの amazing素晴らしい concept概念 calledと呼ばれる the one-teacher1人の先生 school学校,
こういう所には先生たった一人で
やってる学校があるんです
05:10
whichどの is basically基本的に a singleシングル teacher先生 who is a multitaskerマルチテスタ
そのような先生は八面六臂の活躍をし
05:13
who teaches教える thisこの amazing素晴らしい little少し socialソーシャル setting設定.
小さな学校で授業を行っています
05:16
It'sそれは、します。 an informal非公式 school学校,
正式な学校ではありませんが
05:18
butだけど it'sそれは really本当に about holisticホリスティックな education教育.
非常に総括的な教育が行われています
05:20
The onlyのみ thingもの thatそれ they彼ら don'tしない have
唯一欠けているものは
05:22
is accessアクセス to resourcesリソース. They彼らが don'tしない even have a textbook教科書
教材へのアクセスで
時には教科書も
05:23
sometimes時々, and they彼ら don'tしない even have a proper適切な curriculumカリキュラム.
きちんとしたカリキュラムさえありません
05:25
Soだから we我々 said前記, "What can we我々 do to empower力を与える thisこの teacher先生
このような先生をどのように
応援することができるだろうか?
05:28
to do moreもっと?" Howどう to accessアクセス the digitalデジタル world世界?
私たちは考えました
デジタルな情報資源を
05:32
Instead代わりに of beingであること the sole唯一 guardianガーディアン of information情報,
私たちが一方的に与えるのではなく
05:35
be a facilitatorファシリテーター to allすべて thisこの information情報.
情報への橋渡し役として
何ができるだろうか?
05:37
Soだから we我々 said前記, "What are the stepsステップ required必須 to empower力を与える the teacher先生?"
そこで 先生を応援するために必要な
ステップ を考えました
05:40
Howどう do you君は make作る thisこの teacher先生 into a digitalデジタル gatewayゲートウェイ,
どうやって このような先生を
情報の架け橋とするか
05:43
and howどうやって do you君は design設計 an inexpensive安価な multimediaマルチメディア platformプラットフォーム
どうやって地元の力だけで構築し運営できる
05:46
thatそれ can be constructed建設された locallyローカルに and servicedサービスされた locallyローカルに?"
安価なマルチメディア・プラットフォームを
デザインするか
05:48
Soだから we我々 walked歩いた aroundまわり.
考えながら その辺りを見て回りました
05:51
We私たち went行った and scavenged清掃された the nearby近所の markets市場,
近所の市場でこのアイデアを実現するために
05:53
and we我々 tried試した to understandわかる, "What can we我々 pickピック upアップ thatそれ will make作る thisこの happen起こる?"
使えるものはないだろうかと探しました
05:56
Soだから the thingもの thatそれ we我々 got
そこで私たちが見つけたのが
06:00
was a little少し mobileモバイル phone電話 with〜と a little少し picoピコ projectorプロジェクター
この小さなプロジェクタ付きの携帯電話です
06:02
thatそれ comes来る for about 60 dollarsドル.
だいたい60ドルくらいでした
06:05
We私たち went行った a bought買った a flashlight懐中電灯 with〜と a very非常に big大きい battery電池,
それから大容量バッテリーで使う懐中電灯と
06:08
and a bunch of small小さい speakersスピーカー.
小さなスピーカーをいくつか買いました
06:10
Soだから essentially基本的に, the mobileモバイル phone電話 gives与える us
携帯電話によって
06:12
a connected接続された multimediaマルチメディア platformプラットフォーム.
ネットワークへの接続ができます
06:14
Itそれ allows許す us to get onlineオンライン and allows許す us to load負荷 upアップ filesファイル
その接続があれば様々な形式のファイルを
06:16
of different異なる formatsフォーマット and play遊びます themそれら.
ダウンロードして利用することができます
06:20
The flashlight懐中電灯 gives与える us thisこの really本当に intense激しい, bright明るい L.E.D.,
またこの懐中電灯は非常に明るいLEDで
06:22
and six6 hours時間 worth価値 of rechargeable充電式 battery電池 packパック,
6時間使用可能な充電池が付属しています
06:25
and the lunchランチ boxボックス is a niceいい little少し packageパッケージ
ランチボックスは
06:28
in whichどの you君は can put everythingすべて inside内部,
全てを一つのパッケージにまとめます
06:30
and a bunch of miniミニ speakersスピーカー to sortソート of
そしてスピーカーを使って
06:32
amplify増幅する the sound large enough十分な.
音が聴こえるように大きくします
06:34
Believe考えています me, thoseそれら little少し classrooms教室 are really本当に noisyうるさい.
信じられないでしょうが
あの小さな教室は本当にうるさいんです
06:35
They彼らが are kids子供たち who scream悲鳴 at the top of their彼らの voices,
子供たちは声の限りに叫びまくりますから
06:39
and you君は really本当に have to get above上の thatそれ.
先生はその上を行かねばなりません
06:42
And we我々 took取った itそれ backバック to thisこの little少し tinkering微妙な setupセットアップ
これを先程お話しした携帯電話の
06:43
of a mobileモバイル phone電話 repair修復 shopショップ,
よろず修理屋に持って行きました
06:46
and then次に the magicマジック happens起こる.
ここでマジックが起きるのです
06:48
We私たち dismantle解体する the whole全体 thingもの,
私たちはこれらの道具を全て分解して
06:49
we我々 reassemble再構築する itそれ in a new新しい configuration設定,
新たな形に組み立てました
06:51
and we我々 do thisこの hardwareハードウェア mashupマッシュアップ,
そしてこのマッシュアップを
06:53
systematically体系的に trainingトレーニング the guy howどうやって to do thisこの.
職人にその手順を教えながら組み立てました
06:55
Outアウト comes来る thisこの, a little少し lunchランチ boxボックス -- form factor因子.
そして出来上がったのがこちらの
弁当箱の形のものです
06:58
(Applause拍手)
(拍手)
07:01
And we我々 systematically体系的に fieldフィールド testedテストされた,
そして組織的にフィールドテストを行いました
07:08
becauseなぜなら in the fieldフィールド testingテスト we我々 learned学んだ some一部
そこでいくつかの重要なことを
07:11
important重要 lessonsレッスン, and we我々 went行った throughを通して manyたくさんの iterations反復.
このテストから学び 再びテストを繰り返しました
07:14
One1 つ of the keyキー issues問題 was battery電池 consumption消費 and charging充電.
中でも重要だったのが電力消費と充電でした
07:16
Luminosity輝き was an issue問題, whenいつ you君は have too muchたくさん bright明るい sunlight太陽光 outside外側.
また明るさも問題でした
外は日差しが強く
07:19
Oftenしばしば the roofs屋根 are broken壊れた, soそう you君は don'tしない have enough十分な
また屋根が壊れていることもしばしばあり
07:23
darkness in the classroom教室 to do theseこれら thingsもの.
映写をするのに十分な暗さが確保できないのです
07:25
We私たち extended拡張された thisこの ideaアイディア. We私たち testedテストされた itそれ manyたくさんの times over,
私たちはアイデアを膨らませ
更に実験を重ねました
07:28
and the next versionバージョン we我々 came来た upアップ with〜と was a boxボックス
そして次に出来たのが
07:31
thatそれ kind種類 of could trickle細流 charge電荷 on solar太陽 energyエネルギー,
太陽光によってトリクル充電できるモデルです
07:34
butだけど most最も importantly重要なこと connect接続する to a car battery電池,
また何より重要な変更点が
07:36
becauseなぜなら a car battery電池 is a ubiquitousユビキタス sourceソース of powerパワー
車のバッテリーに接続できるようになったことです
07:39
in places場所 whereどこで there'sそこに notない enough十分な electricity電気
電力供給が不安定な場所では
07:42
orまたは erratic不安定な electricity電気.
これがしばしば電源になります
07:44
And the otherその他 keyキー thingもの thatそれ we我々 did was
それ以外の改良点としては
07:46
make作る thisこの boxボックス run走る off a USBUSB keyキー, becauseなぜなら we我々 realized実現した
USBドライブが使用可能になったことです
07:48
thatそれ even thoughしかし thereそこ was GPRSGPRS and allすべて thatそれ on paper,
GPRSによる通信が理論上は可能とはいえ
07:51
at least少なくとも, in theory理論, itそれ was muchたくさん moreもっと efficient効率的な
USBに保存したデータを
07:54
to send送信する the dataデータ on a little少し USBUSB keyキー by surface表面 mail郵便物.
郵送で送る方が効率的なこともあります
07:57
Itそれ mightかもしれない take a few少数 days日々 to get thereそこ,
到着までに数日かかりますが
08:00
butだけど at least少なくとも itそれ gets取得 thereそこ in high高い definition定義
高解像度で確かな品質の教材を
08:02
and in a reliable信頼性のある quality品質.
届けることができます
08:05
Soだから we我々 made thisこの boxボックス, and we我々 testedテストされた itそれ again再び
私たちは試作してはテストをし
08:07
and again再び and again再び, and we're私たちは going throughを通して
また試作をしてはテストをし
08:09
multiple複数 iterations反復 to do theseこれら thingsもの.
それを何度も繰り返しました
08:11
Butだがしかし it'sそれは notない limited限られた to justちょうど education教育.
ただ こうした技術や方法論が役立つのは
08:12
Thisこれ kind種類 of a technique技術 orまたは metrology計量
何も教育に限ったことではなく
08:15
can actually実際に be applied適用された to otherその他 kinds種類 of areasエリア,
その他の分野に応用することもできます
08:17
and I'm私は going to telltell you君は one1 moreもっと little少し storyストーリー.
そこでもうひとつエピソードを披露しましょう
08:19
It'sそれは、します。 about thisこの little少し deviceデバイス calledと呼ばれる a medi-meterメディメーター.
「メディ・メーター」という装置は
08:21
It'sそれは、します。 basically基本的に a little少し health健康 careお手入れ screeningスクリーニング toolツール thatそれ we我々 developed発展した.
ちょっとした健康チェック装置として開発したものです
08:23
In Indiaインド, thereそこ is a contextコンテキスト of theseこれら amazing素晴らしい people,
インドにはアシャワーカーと呼ばれる
08:27
the health健康 careお手入れ workers労働者 calledと呼ばれる ASHAASHA workers労働者.
素晴らしい人たちがいます
08:30
They彼らが are essentially基本的に foot soldiers兵隊 for the health健康 careお手入れ systemシステム
彼女たちは医療システムの末端で働いており
08:32
who liveライブ in the local地元 communityコミュニティ and are trained訓練された
地方の村落で生活し
医療に関する基礎的な
08:35
with〜と basic基本的な toolsツール and basic基本的な conceptsコンセプト of health健康 careお手入れ,
技術と考え方について
教育を受けた人たちです
08:37
and the mainメイン purpose目的 is basically基本的に to inform通知する people
その主たる目的は
人々がより良い生活を送るために
08:40
to basically基本的に, howどうやって to lead a betterより良い life, butだけど alsoまた、
アドバイスをしたり
08:44
to divert転向 orまたは sortソート of make作る recommendationsおすすめ
どのような医療を受けるべきかについて
08:47
of what kind種類 of health健康 careお手入れ should they彼ら approachアプローチ?
助言を行うことです
08:50
They彼らが are basically基本的に referral紹介 servicesサービス, essentially基本的に.
彼女たちは助言を与えるのですが
08:53
Butだがしかし the problem問題 with〜と thatそれ is thatそれ we我々 realized実現した
調査をして明らかになった問題があります
08:56
after a bunch of research研究 thatそれ they彼ら are amazing素晴らしい
彼女たちは人々に医療制度や
08:58
at referring参照する people to the nearest最も近い clinic診療所
最も近い診療所を教えることに
09:02
orまたは the publicパブリック health健康 careお手入れ systemシステム, butだけど what happens起こる at the
非常に長けてはいるのですが
09:05
publicパブリック health健康 careお手入れ systemシステム is thisこの: theseこれら incredibly信じられないほど long長いです lines
そうした診療所では
信じられない程長い行列ができています
09:08
and too manyたくさんの people who overload過負荷 the systemシステム
人々がアシャの推薦によって 患者数の割に
09:12
simply単に becauseなぜなら there'sそこに notない enough十分な doctors医師 and facilities施設
不足している医師や病院に殺到してしまい
09:14
for the population人口 that'sそれは beingであること referred言及.
システム不全を起こしています
09:17
Soだから everythingすべて fromから a common一般 coldコールド
したがって普通の風邪も
09:19
to a serious深刻な case場合 of malariaマラリア gets取得 almostほぼ the same同じ
重篤なマラリアも
09:21
levelレベル of attention注意, and there'sそこに noいいえ priorities優先順位.
同じように扱われ 優先順位はありません
09:24
Soだから we我々 said前記, "Come on, there'sそこに got to be a betterより良い way
何かもっといいやり方があるに違いないと
09:27
of doing thisこの for sure確かに."
私たちは考えました
09:29
Soだから we我々 said前記, "What can we我々 do with〜と the ASHAASHA workerワーカー
なんとかしてアシャの人たちを
09:31
that'llそれは allow許す thisこの ASHAASHA workerワーカー to become〜になる an interesting面白い filterフィルタ,
フィルターとして
しかもただのフィルターではなく
09:34
butだけど notない justちょうど a filterフィルタ, a really本当に well thought throughを通して referral紹介
より効果的なアドバイザーとして
09:37
systemシステム thatそれ allows許す load負荷 balancingバランシング of the networkネットワーク,
医療ネットワークの負荷を最適にするよう
09:40
and directs指示する patients患者 to different異なる sourcesソース of health健康 careお手入れ
症状の重篤度や状況の深刻さに合わせて
09:43
basedベース on the severity重症度 orまたは the criticalness批判 of thoseそれら situations状況?"
様々な医療サービスを提案できるよう
何ができるだろうと考えました
09:47
Soだから the realリアル keyキー question質問 was,
最も重要な問いは
次のようなものでした
09:51
howどうやって do we我々 empower力を与える thisこの woman女性?
どうやって彼女に力を与えるか?
09:53
Howどう do we我々 empower力を与える her彼女 with〜と simple単純 toolsツール
彼女が簡単なツールによって
09:55
that'sそれは notない diagnostic診断 butだけど moreもっと screeningスクリーニング in nature自然
診断ではなくスクリーニングをすることによって
09:57
soそう she彼女 at least少なくとも knows知っている howどうやって to adviseアドバイス the patients患者 betterより良い?
よりよいアドバイスを行えるようにするには
どうすればよいか
10:00
And that'llそれは make作る suchそのような a huge巨大 difference on the systemシステム,
それが制度全体に
大きな違いをもたらすのです
10:04
becauseなぜなら the amount of waiting待っている time時間 and the amount of
簡単な健康診断を受けるために長い時間待つこと
10:06
distances距離 thatそれ people need必要 to travel旅行, oftenしばしば sometimes時々
時に7〜15キロも歩いて
10:11
sevenセブン to 15 kilometersキロメートル, sometimes時々 by foot,
病院に行かねばならないことが
10:12
to get a simple単純 health健康 checkチェック done完了, is very非常に, very非常に detrimental有害な
とれほど大きな阻害要因になっているか
10:15
in the senseセンス thatそれ itそれ really本当に dissuades断る people
そのせいで人々は
10:21
fromから getting取得 accessアクセス to health健康 careお手入れ.
医療にアクセスしづらくなっています
10:23
Soだから ifif thereそこ was something何か thatそれ she彼女 could do,
そんな中で彼女に何かできることがあれば
10:25
thatそれ would be amazing素晴らしい.
それは素晴らしいことです
10:27
Soだから what we我々 did was thatそれ we我々 converted変換された thisこの deviceデバイス
そこで私たちはこの装置を
10:28
into a medical医療 deviceデバイス.
医療器具に改造しました
10:31
I want to demoデモ thisこの actually実際に,
実際にデモをお見せしましょう
10:33
becauseなぜなら it'sそれは a very非常に simple単純 processプロセス.
非常に簡単なプロセスです
10:34
Brunoブルーノ, do you君は want to join参加する us? (Cheers乾杯)
ブルーノ 手伝ってくれますか?
(歓声)
10:37
Come along一緒に. (Applause拍手)
こちらへお願いします
(拍手)
10:39
Soだから, what we're私たちは going to do is thatそれ
さてこれから
10:46
we're私たちは going to measure測定 a few少数 basic基本的な parametersパラメーター on you君は,
今からあなたの体を使って
10:49
includingを含む yourきみの pulseパルス rateレート and the amount of oxygen酸素
心拍数や血中酸素量などのいくつかの
10:52
that'sそれは thereそこ in yourきみの blood血液.
数値を計測します
10:54
Soだから you'reあなたは going to put yourきみの thumb親指 on top of thisこの.
ではここに親指をおいてくれますか
10:56
Brunoブルーノ GiussaniGiussani: Like thisこの, works作品?
これでいいかな?
11:00
Vinayヴィネイ VenkatramanVenkatraman: Yeahうん. That'sそれです right. BGBG: Okayオーケー.
はい それで大丈夫です
11:01
VVVV: Soだから I'm私は going to start開始 itそれ upアップ. I hope希望 itそれ works作品.
では動かしてみます
上手くいくといいのですが
11:03
(Beepsビープ音) Itそれ even beepsビープ音, becauseなぜなら it'sそれは an alarm警報 clockクロック, after allすべて.
(ビープ音)音だってなるんですよ
だってもとは目覚まし時計ですからね
11:07
Soだから ... (Laughter笑い)
当然です
(笑い)
11:11
Soだから I take itそれ into the start開始 positionポジション, and then次に
針をスタート位置に持って来て
11:13
I press押す the read読む buttonボタン. (Beepsビープ音)
赤いボタンを押すと・・
(ビープ音)
11:18
Soだから it'sそれは taking取る a little少し reading読書 fromから you君は. (Beepsビープ音)
今あなたのデータを読み取っています
(ビープ音)
11:21
And then次に the pointerポインタ goes行く and pointsポイント to three different異なる optionsオプション.
そして針が3つのどれかを指して
止まります
11:27
Let'sしてみましょう see見る what happens起こる hereここに.
では結果を見てみましょう
11:30
(Beepsビープ音) Ohああ Brunoブルーノ, you君は can go home自宅, actually実際に.
(ビープ音)
ブルーノ もう帰っていいですよ
11:33
BGBG: Greatすごい. Goodよし newsニュース. (Applause拍手)
ああ それはよかった
(拍手)
11:35
VVVV: Soだから ... (Applause拍手)
そして
(拍手)
11:39
Soだから the thingもの about thisこの is thatそれ
これがどういうことかと言うと
11:41
ifif the pointerポインタ, unfortunately残念ながら, had pointed尖った to the red spotスポット,
もし残念なことに針が赤いところを指した場合
11:44
we我々 would have to rushラッシュ you君は to a hospital病院.
あなたを病院に担ぎ込まないといけないところですが
11:48
Luckily幸いにも, notない today今日. And ifif itそれ had pointed尖った to the orangeオレンジ
幸運なことにそれは今日ではありません
11:50
orまたは the amberアンバー, itそれ basically基本的に meant意味した you君は had to have,
もしオレンジ色のところであれば
11:54
sortソート of, moreもっと continuous連続 careお手入れ fromから the health健康 careお手入れ workerワーカー.
引き続き検診を受ける必要があるということです
11:57
Soだから thatそれ was a very非常に simple単純 three-step3段階 screeningスクリーニング processプロセス
やり方は三段階で実にシンプルですが
12:00
thatそれ could basically基本的に change変化する the equation方程式
これが色々な意味で
12:03
of howどうやって publicパブリック health健康 careお手入れ works作品 in soそう manyたくさんの different異なる ways方法.
医療制度にかかわる方程式を変えることになります
12:05
BGBG: Thankありがとうございます you君は for the good良い newsニュース. VVVV: Yeahうん.
良い結果でよかったよ
12:08
(Applause拍手)
(拍手)
12:09
Soだから, very非常に briefly簡単に, I'll justちょうど explain説明する to you君は howどうやって thisこの is done完了,
それでは簡単にこの仕組みをお話しします
12:14
becauseなぜなら that'sそれは the moreもっと interesting面白い part.
そっちの方がもっと面白いですから
12:17
Soだから essentially基本的に, the three thingsもの thatそれ are required必須
目覚まし時計からメディ・メーターを作るには
12:20
to make作る thisこの conversion変換 fromから thisこの guy to thisこの guy
3つ必要な物があります
12:22
is a cheap安いです remote遠隔の controlコントロール for a televisionテレビ
まず このような安価なテレビのリモコン
12:27
thatそれ you君は can almostほぼ find見つける in everyすべて home自宅 today今日,
どこの家庭にもあるでしょう
12:31
some一部 parts部品 fromから a computerコンピューター mouseマウス, basically基本的に,
それからパソコンのマウスの部品
12:34
something何か thatそれ you君は can scavenge掃除 for very非常に low低い costコスト,
それも非常に安く中古品を手に入れることができます
12:38
and a few少数 parts部品 thatそれ have to be pre-programmed予めプログラムされた.
そしてプログラムを組み込んだ2〜3の部品です
12:41
Basically基本的に thisこの is a micro-controllerマイクロコントローラ with〜と a few少数
この部品は小型の制御装置に
12:44
extra余分な componentsコンポーネント thatそれ can be shipped出荷された for very非常に little少し costコスト
ちょっとした改造を施した物で
世界中に安く出荷されています
12:47
across横断する the world世界, and that'sそれは what is allすべて required必須
必要な物はこれだけです
12:49
with〜と a little少し bitビット of local地元 tinkering微妙な talent才能
あとは件のよろず修理の技術さえあれば
12:52
to convert変換する the deviceデバイス into something何か elseelse.
このような変身をさせることができます
12:55
Soだから we我々 are right now doing some一部 systematic系統的 fieldフィールド testsテスト
さて 私たちは現在フィールド・テストを行っています
12:58
to basically基本的に ascertain確かめる whetherかどうか something何か like thisこの actually実際に
このような装置が実際
彼女たちにとって意味があるかどうか
13:01
makes作る senseセンス to the ASHAASHA workerワーカー.
確かめるためのテストです
13:04
We私たち are going throughを通して some一部 reference参照 testsテスト to compare比較する itそれ
テストではこの装置を本格的な
13:06
againstに対して professional専門家 equipment装置 to see見る ifif there'sそこに a degree
医療機器と比較して
その性能に差があるか
13:09
of change変化する in efficacy効能 and ifif itそれ actually実際に makes作る an impact影響
人々の生活に実際に影響を与えられるか
13:13
in people's人々の lives人生. Butだがしかし most最も importantly重要なこと,
といったことを調べています
しかし更に重要なこととして
13:15
what we我々 are trying試す to do right now
今私たちがやろうとしているのが
13:18
is we我々 are trying試す to scale規模 thisこの upアップ, becauseなぜなら thereそこ
テストの規模の拡大です
なぜなら
13:19
are over 250,000 ASHAASHA workers労働者 on the ground接地
フィールドには 25万人ものアシャの人たちが
13:22
who are theseこれら amazing素晴らしい foot soldiers兵隊, and ifif we我々 can
医療の歩兵として働いており
13:24
give at least少なくとも a fraction分数 of themそれら the accessアクセス to theseこれら thingsもの,
その一部の人たちにでも
この装置を届けることができれば
13:27
itそれ justちょうど changes変更 the way the economics経済 of publicパブリック health健康 careお手入れ
公共医療に関する事業の
あり方を変えることになります
13:31
works作品, and itそれ changes変更 the way systemsシステム actually実際に function関数,
制度の働きを
13:34
notない justちょうど on a systematic系統的 planningプランニング levelレベル,
制度設計の段階だけでなく
13:37
butだけど alsoまた、 in a very非常に grassroots草の根, bottom-up一気飲み levelレベル.
草の根で根底から変えることができるのです
13:41
Soだから that'sそれは itそれ, and we我々 hope希望 to do thisこの in a big大きい way.
お話はここまでです
規模を拡大できますように
13:44
Thankありがとうございます you君は. (Applause拍手)
ありがとうございました
(拍手)
13:47
(Applause拍手)
(拍手)
13:50
Translated by DSK INOUE
Reviewed by Akiko Hicks

▲Back to top

About the speaker:

Vinay Venkatraman - Designer
Vinay Venkatraman aims to design technological devices for the "bottom of the pyramid" rather than simply for the affluent.

Why you should listen

Designer Vinay Venkatraman is committed to creating a digitally inclusive world. A founding partner at the Copenhagen Institute of Interaction Design, Vinay aims to design for the populations of the world who don't have access to the latest tech gadget. He calls his outlook "Frugal Digital."

Vinay’s background is in industrial design, and he began his career fashioning bicycles and kitchen appliances. He was soon enticed by filmmaking and worked as visual effects designer for a leading post production house, Prime Focus Ltd, on various advertisements and movies. He later shifted his focus to software products, working as a product designer at Microsoft for emerging technologies.

Vinay’s work has been written about in leading design magazines and popular blogs. He has also taught courses at Aarhus University, IUAV University in Venice and the IT University of Copenhagen.

More profile about the speaker
Vinay Venkatraman | Speaker | TED.com