English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDCity2.0

Eric Liu: Why ordinary people need to understand power

エリック・リウ: 一般市民こそ権力を理解するべきホントの理由

Filmed
Views 1,814,266

あまりにも多くのアメリカ人が権力について無知である--権力とは何なのか、どう働くのか、そしてなぜ一部の人が権力を握るのか。その結果、権力を理解するごく一部の人間がそれ以外の市民全体に対して不当な支配力を握っているのが現状だ。アメリカ独立革命や公民権運動の時のように今一度市民の参政意欲を高めるべきだ、と専門家エリック・リウが訴える。

- Civics educator
Eric Liu is a civics educator and founder of Citizen University, which brings together leaders, activists and practitioners to teach the art of effective and creative citizenship. Full bio

私は市民の参政について教えながら
00:12
I'm私は a teacher先生 and a practitioner開業医
これで事業も持っています
00:14
of civics市民 in Americaアメリカ.
はい 今居眠りを始めた方
恐れ入りますが
00:16
Now, I will kindly親切に ask尋ねる thoseそれら of
you君は who have justちょうど fallen倒れた asleep眠っている
起きてください
(笑)
00:19
to pleaseお願いします wake目覚め upアップ. (Laughter笑い)
この「市民の参政」という言葉
どうしてこんなに眠気を誘い
00:21
Whyなぜでしょうか is itそれ thatそれ the very非常に wordワード "civics市民"
というかもう瞬間的な
睡眠誘発効果が
00:23
has suchそのような a soporific崇高な,
even a narcolepticナルコレプシー effect効果
あるのでしょうか?
00:26
on us?
思うに
この言葉自体 何かしら
00:28
I think思う it'sそれは becauseなぜなら the very非常に
wordワード signifies意味する something何か
恐ろしく高潔で
恐ろしく重大で
00:32
exceedingly極めて virtuous善良な,
exceedingly極めて important重要,
恐ろしく退屈な何かを
象徴しているせいでしょう
00:35
and exceedingly極めて boring退屈な.
ここで私らみたいな人間の出番です
00:37
Well, I think思う it'sそれは the responsibility責任 of people like us,
オンラインであれ
実際の集会であれ
00:40
people who showショー upアップ for gatherings集会 like thisこの
どんな手段でもいいから
こういう集まりに顔を出して
00:42
in person orまたは onlineオンライン, in anyどれか way we我々 can,
市民の参政意識を
再び高めることが使命なんです
00:45
to make作る civics市民 sexyセクシー again再び,
アメリカ独立革命や
00:48
as sexyセクシー as itそれ was during the Americanアメリカ人 Revolution革命,
公民権運動の真っ只中の時代のようにね
00:51
as sexyセクシー as itそれ was during the Civil市民 Rights権利 Movement移動.
市民の目を今一度
政治への参加に向けるためには
00:54
And I believe信じる the way we我々 make作る civics市民 sexyセクシー again再び
権力について教えることの意義を
明確にすること
00:57
is to make作る explicitly明示的 about the teaching教える of powerパワー.
それは市政レベルで
01:02
The way we我々 do thatそれ, I believe信じる,
行うべきことです
01:04
is at the levelレベル of the cityシティ.
これが私が本日お話ししたいことです
01:06
Thisこれ is what I want to talkトーク about today今日,
まずは幾つかの用語を
定義するところから始め
01:08
and I want to start開始 by defining定義する some一部 terms条項
私たちが直面していると思われる
01:11
and then次に I want to describe説明する the scale規模
問題の規模についてお伝えし
01:13
of the problem問題 I think思う we我々 face
それを解決する場としての
都市の役割を
01:15
and then次に suggest提案する the ways方法 thatそれ I believe信じる cities都市
ご説明したいと思います
01:17
can be the seatシート of the solution溶液.
ではまず語義から始めます
01:19
Soだから let me start開始 with〜と some一部 definitions定義.
「市民の参政」とは 単純に
01:23
By civics市民, I simply単に mean平均 the artアート
自治体内で社会福祉や
01:25
of beingであること a pro-social親睦的, problem-solving問題解決 contributor投稿者
問題解決に貢献する術のことを指します
01:28
in a self-governing自治 communityコミュニティ.
市民権を操ることイコール「参政」にあたり
01:30
Civics市民 is the artアート of citizenship市民権,
ビル・ゲイツの父親の言葉を借りれば
01:33
what Billビル Gatesゲイツ SrSr. callsコール simply単に
「生涯 顔を出すこと」です
01:35
showing表示 upアップ for life,
これには次の3つの要素が含まれます:
01:37
and itそれ encompasses包含する three thingsもの:
価値観の基礎をなすもの
01:39
a foundation財団 of values,
世界を動かすシステムへの理解
01:43
an understanding理解 of the systemsシステム
thatそれ make作る the world世界 go round円形,
目標を追い求め
01:47
and a setセット of skillsスキル
他の人々をそれに巻き込む
01:49
thatそれ allow許す you君は to pursue追求する goalsゴール
一連のスキル この3つです
01:51
and to have othersその他 join参加する in thatそれ pursuit追求.
ここで「権力」という言葉の定義をします
01:54
And thatそれ bringsもたらす me to myじぶんの definition定義 of powerパワー,
それは一言でいえば
01:57
whichどの is simply単に thisこの:
他の人に「してもらいたい」ことを
01:59
the capacity容量 to make作る othersその他 do
「やらせる」能力です
02:01
what you君は would have themそれら do.
脅迫的に聞こえるのではないでしょうか
02:04
Itそれ sounds menacing脅迫する, doesn'tしない itそれ?
権力について話すのは嫌ですよね
02:07
We私たち don'tしない like to talkトーク about powerパワー.
怖い響きがありますし
何だか邪悪なもののように聞こえます
02:09
We私たち find見つける itそれ scary怖い. We私たち find見つける itそれ somehow何とか evil悪の.
この言葉自体 使うと
なんだか落ち着きません
02:15
We私たち feel感じる uncomfortable不快な namingネーミング itそれ.
民主主義文化と
民主主義の「神話」によれば
02:17
In the culture文化 and mythology神話 of democracy民主主義,
権力とは人々に宿るものである
02:19
powerパワー resides常駐する with〜と the people.
以上 これでお終いです
02:21
Period期間. End終わり of storyストーリー.
ここに疑問を挟む余地はなく
02:23
Any任意 furtherさらに inquiry問い合わせ notない necessary必要
改めて調べること自体歓迎されません
02:24
and notない really本当に thatそれ welcomeようこそ.
権力という言葉には
倫理的にネガティブな響きがあり
02:26
Power has a negative moral道徳 valence価数.
本質的に策謀家的に聞こえ
02:30
Itそれ sounds Machiavellianマキャヴェル人 inherently本質的に.
本質的に邪悪な物に思えてしまう
02:33
Itそれ seems思われる inherently本質的に evil悪の.
しかし実のところ 権力は
本質的に善でも悪でもない
02:36
Butだがしかし in fact事実 powerパワー is noいいえ moreもっと inherently本質的に good良い orまたは evil悪の
炎や物理が 本質的に
善でも悪でもないのと同じです
02:39
thanより fire火災 orまたは physics物理.
ありのままのものなのです
02:43
Itそれ justちょうど is.
そして権力は
02:45
And powerパワー governs支配する
あらゆる形での政府の運営を
02:46
howどうやって anyどれか form of government政府 operates動作する,
左右するものです
民主主義 独裁政治にかかわらずね
02:47
whetherかどうか a democracy民主主義 orまたは a dictatorship独裁.
そして今日我々が直面する
特にアメリカで顕著なのですが
02:51
And the problem問題 we我々 face today今日,
hereここに in Americaアメリカ in particular特に,
世界中に共通する問題とは
02:54
butだけど allすべて aroundまわり the world世界,
余りにも多くの市民が権力について
恐ろしく無知である
02:56
is thatそれ far遠い too manyたくさんの people
are profoundly深く illiterate文盲
ということです
02:59
in powerパワー
権力とは何なのか
誰が持っているのか
03:01
what itそれ is, who has itそれ,
どの様に働き
どう流れるのか
03:03
howどうやって itそれ operates動作する, howどうやって itそれ flows流れ,
目に見える部分はどこか
見えない部分はどこか
03:05
what part of itそれ is visible目に見える,
what part of itそれ is notない,
なぜ 権力を掌握する人がいて
なぜ その力が肥大するのか
03:08
whyなぜ some一部 people have itそれ,
whyなぜ that'sそれは compounded配合された.
そしてこの権力に関する無知識
その結果として
03:12
And as a result結果 of thisこの illiteracy文盲,
市民生活における力の動かし方を理解する
03:15
thoseそれら few少数 who do understandわかる
一握りの人間や
03:18
howどうやって powerパワー operates動作する in civicシビック life,
法案が法律になる仕組み
03:20
thoseそれら who understandわかる
などを知っていたり
03:22
howどうやって a billビル becomes〜になる a law法律, yesはい,
友人関係が助成金に変わる仕組み とか
03:24
butだけど alsoまた、 howどうやって a friendship友情
becomes〜になる a subsidy補助金,
偏見が政策に変わる仕組み とか
03:28
orまたは howどうやって a biasバイアス becomes〜になる a policyポリシー,
スローガンが社会運動に変わる
仕組み とか
03:31
orまたは howどうやって a sloganスローガン becomes〜になる a movement移動,
そういうことを理解している人達が
03:34
the people who understandわかる thoseそれら thingsもの
不当に肥大化した力を
振りかざし
03:36
wield権力 disproportionate不均衡 influence影響,
大多数の人々の無知から
03:38
and they're彼らは perfectly完全に happyハッピー
生み出された空白を
03:39
to fill埋める the vacuum真空 created作成した by the ignorance無知
利用して 自分達の利益を
追及している
03:42
of the greatすばらしいです majority多数.
だからこそ 今すぐに
権力という概念について
03:47
Thisこれ is whyなぜ itそれ is soそう fundamental基本的な for us right now
きちんと理解し
民主化することが
03:50
to grabつかむ holdホールド of thisこの ideaアイディア of powerパワー
根本的に重要なのです
03:54
and to democratize民主化する itそれ.
今この瞬間 大変わくわくすると
同時に難しいなとも感じます
03:56
One1 つ of the thingsもの thatそれ is soそう profoundly深く excitingエキサイティング
何のことかというと
04:01
and challenging挑戦 about thisこの moment瞬間
この権力についての無知は
04:03
is thatそれ as a result結果 of thisこの powerパワー illiteracy文盲
あまりに世に蔓延しており
04:06
thatそれ is soそう pervasive普及して,
結果として
知識・理解・影響力が
04:09
thereそこ is a concentration濃度
一極集中してしまっています
04:12
of knowledge知識, of understanding理解, of clout強烈な.
ほら ちょっと考えてみてください
04:16
I mean平均, think思う about itそれ:
人脈がどうやって助成金になるかって?
04:18
Howどう does a friendship友情 become〜になる a subsidy補助金?
それはもうスムーズに です
04:21
Seamlesslyシームレスに,
政府高官が天下って
04:23
whenいつ a senior上級 government政府 official公式 decides決定する
民間の利害に関わるロビイストに
04:25
to leave離れる government政府 and become〜になる a lobbyistロビイスト
なることにして
04:28
for a privateプライベート interest利子
自分が今持つ人間関係から
04:30
and convert変換する his orまたは her彼女 relationships関係 into capital資本
新たな職務への元手を引き出す
というように
04:33
for their彼らの new新しい mastersマスター.
どうやって偏見が政策になるかって?
04:35
Howどう does a biasバイアス become〜になる a policyポリシー?
水面下で皆が知らないうちに ですよ
例えば
04:37
Insidiously狡猾に, justちょうど the way thatそれ
ただの職務質問の仕組みがいつの間にか
04:41
stop-and-friskストップ&フリスク, for instanceインスタンス,
高級官僚に数字ゲーム化されたりね
04:43
becameなりました over time時間 a bureaucratic官僚的 numbers数字 gameゲーム.
どうやってスローガンを
社会運動にするかって?
04:47
Howどう does a sloganスローガン become〜になる a movement移動?
ネットで一気に拡散させます
例えば近年の「ティーパーティー」運動
04:50
Virallyヴィリャリー, in the way thatそれ the Teaお茶 Partyパーティー, for instanceインスタンス,
04:53
was ableできる to take the "Don'tできません Treadトレッド on Me" flagフラグ
「俺を踏みつけるな」と書かれた
ガラガラヘビの旗の出所は
アメリカ独立革命です
04:56
fromから the Americanアメリカ人 Revolution革命,
一方では 社会運動家の一団が
04:58
orまたは howどうやって, on the otherその他 side,
一時 紙面を騒がせた
「ウォールストリート占拠」運動
05:00
a bandバンド of activists活動家 could take a magazineマガジン headline見出し,
ネット上の画像等を通じて
05:03
"Occupy占める Wall Street通り,"
世界規模の運動に発展したりね
05:05
and turn順番 thatそれ into a globalグローバル memeミーム and movement移動.
でも問題なのは
ほとんどの人は本当のところ
05:08
The thingもの is, thoughしかし, most最も people
こんな現実
興味ないし 知りたくもない
05:10
aren'tない looking for and don'tしない
want to see見る theseこれら realities現実.
市民の権力についての無学無知は
05:13
Soだから muchたくさん of thisこの ignorance無知, thisこの civicシビック illiteracy文盲,
自分自身の意思によるものなんです
05:17
is willful故意の.
例えば
政治そのものを汚いと考える
05:19
Thereそこ are some一部 millennials千年, for instanceインスタンス,
新世紀世代の若者達がいる
05:20
who think思う the whole全体 businessビジネス is justちょうど sordidソーダイド.
彼らは政治とは一切関わりたくない
05:23
They彼らが don'tしない want to have anything何でも to do with〜と politics政治.
政治には参加しないで
05:25
They'd彼らは ratherむしろ justちょうど optオプト outでる
それよりボランティア活動なんかが
したいだけ
05:26
and engage従事する in volunteerismボランティア活動.
IT系オタクの中には
権力の偏りや乱用を
05:29
Thereそこ are some一部 techiesハイテク outでる thereそこ
解決する万能薬は
05:31
who believe信じる thatそれ the cure-all治癒全部
単にもっとデータを集めて
05:32
for anyどれか powerパワー imbalance不均衡 orまたは powerパワー abuse乱用
情報の透明性を上げることだと
05:35
is simply単に moreもっと dataデータ,
信じている人もいるし
05:37
moreもっと transparency透明性.
左翼系は
権力というものは
05:40
Thereそこ are some一部 on the left who think思う powerパワー resides常駐する
企業に宿るものだと考え
05:42
onlyのみ with〜と corporations企業,
右翼系は
05:44
and some一部 on the right who think思う powerパワー
政府に宿ると考え
05:46
resides常駐する onlyのみ with〜と government政府,
両派とも 自分で勝手に憤って
現実が見えていない
05:47
each side blinded盲目 by their彼らの selective選択的 outrage怒り.
能天気な人は
良いことが起きるものだと信じ
05:51
Thereそこ are the naiveナイーブ who believe信じる thatそれ
05:54
good良い thingsもの justちょうど happen起こる
05:55
and the cynicalシニカル who believe信じる
thatそれ bad悪い thingsもの justちょうど happen起こる,
皮肉屋は
悪いことが起きるものだと信じ
幸運な人 不幸な人 どっちも
05:58
the fortunate幸運な and unfortunate残念な unlike違う
自分に与えられているものは
まあ分相応であって
06:01
who think思う thatそれ their彼らの lot is simply単に what they彼ら deserve値する
予め決定されたり 継承された力という
他の要素によって
06:04
ratherむしろ thanより the eminently著しく alterable変更可能な result結果
著しく変わりうるものとは
06:08
of a prior前の arrangement配置, an inherited継承されました allocation割り当て,
思っていない
06:11
of powerパワー.
一般市民の生活に充満しつつある
この運命論的な考え方が
06:15
As a result結果 of allすべて of thisこの
creeping忍び寄る fatalism致命傷 in publicパブリック life,
私たちの
特に今日のアメリカにおける
06:19
we我々 hereここに, particularly特に in Americaアメリカ today今日,
うんざりするほど低いレベルの
06:21
have depressingly憂鬱な low低い levelsレベル
公民知識 市民関与
市政参加 政治意識
06:23
of civicシビック knowledge知識, civicシビック engagementエンゲージメント, participation参加,
の根源となっています
06:26
awareness意識.
政治の実務そのものは
06:29
The whole全体 businessビジネス of politics政治 has been
専門家の集団に
効率よく下請けされていますしね
06:31
effectively効果的に subcontracted委託された outでる
to a bandバンド of professionals専門家,
たとえば金融系の人
福祉系の人
06:34
moneyお金 people, outreachアウトリーチ people,
情報系の人
調査系の人なんかにです
06:36
messageメッセージ people, research研究 people.
残りの一般人の私たちは
自分が素人だからと
06:38
The rest残り of us are meant意味した to feel感じる like amateursアマチュア
何でも鵜呑みにするしかない
06:41
in the senseセンス of suckers吸盤.
これでは
世の中の仕組みを知ろうとする
06:44
We私たち become〜になる demotivated降格された to learn学ぶ moreもっと
意欲も削がれます
06:46
about howどうやって thingsもの work.
だから
政治には関わらないという道を選ぶ
06:47
We私たち beginベギン to optオプト outでる.
我々は今こそ この問題 こういった課題に
06:53
Well, thisこの problem問題, thisこの challengeチャレンジ,
真っ向から取り組むべきです
06:57
is a thingもの thatそれ we我々 must必須 now confront対峙する,
もし 皆さん自身
06:59
and I believe信じる thatそれ whenいつ you君は have
こういった不関与や故意の無知などに
心当たりがあれば
07:00
thisこの kind種類 of disengagement離脱, thisこの willful故意の ignorance無知,
それこそが 先ほどお話しした
07:03
itそれ becomes〜になる bothどちらも a cause原因 and a consequence結果
機会・富・力の一極集中
07:07
of thisこの concentration濃度 of opportunity機会
市民間に存在する深刻な不平等の
07:10
of wealth and clout強烈な thatそれ I was
describing記述 a moment瞬間 ago,
原因であり 当然の結果なのです
07:12
thisこの profound深遠な civicシビック inequality不平等.
だからこそ 今の時代
力について人々を教育する意味で
07:16
Thisこれ is whyなぜ itそれ is soそう important重要 in our我々の time時間 right now
市民の参政を見直すことが
非常に重要なのです
07:19
to reimagine再想像する civics市民 as the teaching教える of powerパワー.
これがここまで重要になったことは
07:22
Perhapsおそらく it'sそれは never決して been moreもっと important重要
我々の生涯今まで
一度もなかったのではないでしょうか
07:25
at anyどれか time時間 in our我々の lifetimes生涯.
人々が権力について学ばないなら
07:30
Ifもし people don'tしない learn学ぶ powerパワー,
人々は目覚めることもない
07:32
ifif people don'tしない wake目覚め upアップ,
そして人々が目覚めなければ
07:34
and ifif they彼ら don'tしない wake目覚め upアップ,
皆取り残されるだけです
07:36
they彼ら get left outでる.
さて
権力を駆使する技術の一つは
07:38
Now, part of the artアート of practicing練習する powerパワー
目を覚まし声を上げることですが
07:43
means手段 beingであること awake起きている and having持つ a voice音声,
同時に 人々が
意思決定を実行できるような
07:45
butだけど itそれ alsoまた、 is about having持つ an arenaアリーナ
舞台を持つことでもあります
07:47
whereどこで you君は can plausibly妥当な practice練習 deciding決定する.
「市民の参政」を突き詰めれば
「誰が決めるのか」
07:51
Allすべての of civics市民 boils沸騰する downダウン to the simple単純 question質問
という簡単な命題で表現できます
07:54
of who decides決定する,
皆さんは これを
市政参加という形で
07:55
and you君は have to play遊びます thatそれ outでる
表に出て実行するべきです
07:57
in a place場所, in an arenaアリーナ.
これが 今日 私が言いたい
3つ目のポイントに繋がります
07:59
And thisこの bringsもたらす me to the third三番
pointポイント thatそれ I want to make作る today今日,
それは単純に
この権力の行使を行うのに
08:02
whichどの is simply単に thatそれ thereそこ is noいいえ betterより良い arenaアリーナ
都市という舞台以上にふさわしい場所は
今の時代において
08:06
in our我々の time時間 for the practicing練習する of powerパワー
他にないということです
08:09
thanより the cityシティ.
皆さんが住んでいる都市
08:12
Think思う about the cityシティ whereどこで you君は liveライブ,
ご出身の街について
考えてみてください
08:14
whereどこで you'reあなたは fromから.
皆さんの街の日常で起こる
問題について考えてみてください
08:15
Think思う about a problem問題 in
the common一般 life of yourきみの cityシティ.
小さなことでもいい
08:19
Itそれ can be something何か small小さい,
どこに街灯を設置すべきだとかね
08:20
like whereどこで a street通り lampランプ should go,
少し規模を上げれば
08:22
orまたは something何か medium like
地域の図書館の開館時間の
延長や短縮を提案したり
08:24
whichどの libraryとしょうかん should have itsその hours時間 extended拡張された orまたは cutカット,
もっと大規模なものでいえば
08:28
orまたは maybe多分 something何か biggerより大きい,
荒れた水辺地区を
08:29
like whetherかどうか a dilapidated荒廃した waterfrontウォーターフロント should be
高速道路や緑道に変えるべきだ とか
08:32
turned回した into a highwayハイウェイ orまたは a greenwayグリーンウェイ,
地元で営業している全ての企業が
08:35
orまたは whetherかどうか allすべて the businessesビジネス in yourきみの townタウン
生活できる最低限の賃金を保障すべきだとか
08:37
should be required必須 to pay支払う a living生活 wageK補品まにまにつながるつなつなつなうつなつなう補う補品.
自分の街で変わって欲しいことを
想像してください
08:41
Think思う about the change変化する thatそれ you君は want in yourきみの cityシティ,
そして
どうしたらそれが達成できるか
08:43
and then次に think思う about howどうやって you君は would get itそれ,
どうしたら実現できるだろうかと
考えてみてください
08:47
howどうやって you君は would make作る itそれ happen起こる.
街の現状において行使されている
08:50
Take an inventory目録 of allすべて the formsフォーム of powerパワー
あらゆる形での権力を並べてみてください
08:53
thatそれ are at play遊びます in yourきみの city's都市の situation状況:
お金はもちろん
人々についても
08:56
moneyお金, of courseコース, people, yesはい,
アイデアや情報
間違った情報
09:00
ideasアイデア, information情報, misinformation誤報,
武力の脅威
社会規範の力
09:05
the threat脅威 of force, the force of norms規範.
これら全部が
権力として動いています
09:09
Allすべての of theseこれら form of powerパワー are at play遊びます.
今度は
この様々な形の権力を
09:11
Now think思う about howどうやって you君は would activate活性化する
駆使する方法や あるいは無効化する方法を
考えてみて下さい
09:12
orまたは perhapsおそらく neutralize中和する theseこれら various様々な formsフォーム of powerパワー.
『ゲーム・オブ・スローンズ』に出てくる
09:17
Thisこれ is notない some一部 Gameゲーム of Thrones王座
王国をどうこうする っていう話とは
違いますよ
09:20
empire-level帝国レベル setセット of questions質問.
地球上のあらゆる場所で
09:23
Theseこれら are questions質問 thatそれ play遊びます outでる
発生している問題です
09:24
in everyすべて singleシングル place場所 on the planet惑星.
ちょっとここで
最近のニュースから
09:27
I'll justちょうど telltell you君は quickly早く about two stories物語
2つのストーリーを
お話ししましょう
09:29
drawn描かれた fromから recent最近 headlines見出し.
コロラド州のボルダー市で
09:31
In Boulderボルダー, Coloradoコロラド州,
割と最近のことですが
民間の電力会社を市営化する案が
09:33
voters有権者 notない too long長いです ago approved承認された a processプロセス
有権者の投票で承認されました
09:37
to replace置き換える the privateプライベート powerパワー company会社,
Xcelという電「力」会社ですが
09:40
literally文字通り the powerパワー company会社,
the electric電気の company会社 XcelXcel,
これを公営化して
09:42
with〜と a publicly公然と owned所有している utilityユーティリティー
利益は追求せず
09:44
thatそれ would forego忘れる profits利益
地球環境を意識した経営をしよう
という計画です
09:46
and attend出席する far遠い moreもっと to climate気候 change変化する.
この決定にXcelは反撃します
09:49
Well, XcelXcel fought戦った backバック,
投票制度を利用して
09:51
and XcelXcel has now put in play遊びます a ballot投票 measure測定
この市営化計画を中止または無効化する
09:54
thatそれ would undermine衰弱させる orまたは undo元に戻す
住民投票を求めました
09:56
thisこの municipalization市町村.
この計画を推進してきた
ボルダ―の市民活動家たちは
09:58
And soそう the citizen市民 activists活動家 in
Boulderボルダー who have been pushing押して thisこの
電力をめぐって
10:00
now literally文字通り have to fight戦い the powerパワー
文字通り権力闘争を
することとなりました
10:03
in order注文 to fight戦い for powerパワー.
タスカルーサ市にある
アラバマ州立大学には
10:05
In Tuscaloosaタスカルーサ, at the University大学 of Alabamaアラバマ州,
「ザ・マシーン」という
10:10
there'sそこに an organization組織 on campusキャンパス
ある意味恐ろしい名前の
学内組織があります
10:12
calledと呼ばれる, kind種類 of menacingly恐る恐る, the Machine機械,
大部分は白人の女子学生クラブと
男子社交クラブの
10:16
and itそれ draws描く fromから largely主に white sororities女子学園
メンバーからなっています
10:19
and fraternities兄弟姉妹 on campusキャンパス,
「ザ・マシーン」は何十年もの間
10:20
and for decades数十年, the Machine機械 has dominated支配
学内選挙を牛耳ってきました
10:23
student学生 government政府 elections選挙.
ところが最近この「ザ・マシーン」が
10:25
Well now, recently最近, the Machine機械
実際の市の行政に
10:27
has started開始した to get involved関係する
手を出し始め
10:28
in actual実際の cityシティ politics政治,
最近社会に出たばかりの
10:30
and they've彼らは engineered設計された the election選挙
組織の旧メンバーであり
10:32
of a former前者 Machine機械 memberメンバー,
若く 営利主義の候補者を
10:33
a young若い, pro-businessプロビジネス recent最近 graduate卒業
タスカルーサ市の教育委員に
当選させようと選挙を操作しました
10:36
to the Tuscaloosaタスカルーサ cityシティ school学校 boardボード.
これらは新聞の見出しから
ほぼランダムに取り上げた
10:39
Now, as I sayいう, theseこれら are justちょうど two examples
たった2つの例に過ぎませんが
10:42
drawn描かれた almostほぼ at randomランダム fromから the headlines見出し.
こういった事は日々何千と起こっています
10:45
Everyすべて day, thereそこ are thousands moreもっと like themそれら.
皆さんは 今話した
10:48
And you君は mayかもしれない like orまたは dislike嫌い
ボルダーやタスカルーサでの活動を
10:50
the efforts尽力 I'm私は describing記述 hereここに
好む好まないにかかわらず
10:52
in Boulderボルダー orまたは in Tuscaloosaタスカルーサ,
この関係者の「権力知能」や
10:53
butだけど you君は cannotできない help助けて butだけど admire賞賛する
10:56
the powerパワー literacyリテラシー of the players選手 involved関係する,
そのスキルに感心せずにはいられないでしょう
10:59
their彼らの skillスキル.
11:00
Youあなたが cannotできない help助けて butだけど reckon計算する with〜と and recognize認識する
彼らが駆使している能力を
認めざるをえなくなり
目を背けていられなくなるはず
11:03
the commandコマンド they彼ら have
この人たちは
市民権の行使における
11:05
of the elemental元素の questions質問
根本的な命題 つまり
11:07
of civicシビック powerパワー
何が目的でどんな情勢にあるのか
どんな戦略や戦術を使うべきか
11:09
what objective目的, what strategy戦略, what tactics戦術,
誰が敵で 誰が味方なのか
などといった
11:13
what is the terrain地形, who are yourきみの enemies,
ポイントを理解していますからね
11:16
who are yourきみの allies同盟国?
ではここで 皆さん自身の街の
11:18
Now I want you君は to returnリターン
問題点や可能性について
11:20
to thinking考え about thatそれ problem問題 orまたは thatそれ opportunity機会
課題点や解決したいこと
11:23
orまたは thatそれ challengeチャレンジ in yourきみの cityシティ,
新しく始めたいことなどについて
11:25
and the thingもの itそれ was thatそれ you君は want to fix修正する
もう一度考えてみてください
11:27
orまたは create作成する in yourきみの cityシティ,
そして自問してください
11:29
and ask尋ねる yourselfあなた自身,
今言った 権力に関する根本的ポイントを
掴む力が自分にあるかどうか
11:31
do you君は have commandコマンド of theseこれら
elemental元素の questions質問 of powerパワー?
ご自身で分かっているものだけでも
11:35
Could you君は put into practice練習 effectively効果的に
実践してみるというのはどうでしょう?
11:38
what itそれ is thatそれ you君は know知っている?
これは難題ではありますが
好機会でもあります
11:41
Thisこれ is the challengeチャレンジ and the opportunity機会 for us.
我々は今
グローバリゼーションに反し
11:46
We私たち liveライブ in a time時間 right now
あるいは グローバリゼーションの
お陰かもしれませんが
11:48
whereどこで in spite邪悪 of globalizationグローバリゼーション
市民権というものがすべて
今までにないほど
11:51
orまたは perhapsおそらく becauseなぜなら of globalizationグローバリゼーション,
深く 強く地域に根差す
11:53
allすべて citizenship市民権 is everこれまで moreもっと resonantly共鳴的に,
そういう時代に生きています
11:55
powerfully強力に local地元.
事実 今の時代における権力は
11:57
Indeed確かに, powerパワー in our我々の time時間 is flowing流れる
今までにない速さで
都市に流れ込んでいます
12:00
everこれまで fasterもっと早く to the cityシティ.
ここアメリカでは 中央政府が
12:02
Hereここは in the Unitedユナイテッド States, the national全国 government政府
党派政治にがんじがらめという状態です
12:04
has tied結ばれた itself自体 upアップ in partisanパルチザン knots結び目.
ここで
市民の構想力や革新そして独創性が
12:07
Civicシビック imagination想像力 and innovation革新 and creativity創造性
地域社会の生態系から頭をもたげ
12:10
are emerging新興 fromから local地元 ecosystems生態系 now
より広い外の世界に拡がりつつあります
12:12
and radiating放射する outward外側に,
そしてこの大いなる革新
12:14
and thisこの greatすばらしいです innovation革新,
ローカリズムの大波が
12:18
thisこの greatすばらしいです wave
各地に届きつつある現状は
12:21
of localismローカリズム that'sそれは now arriving到着,
人々が食事したり 仕事したり
12:24
and you君は see見る itそれ in howどうやって people eat食べる
分かち合ったり 買い物したり
移動したり という
12:26
and work and shareシェア and buy購入 and move動く
日常の様子を見れば
分かるはず
12:29
and liveライブ their彼らの everyday毎日 lives人生,
これは
昔尊ばれた教区社会などとは違うし
12:30
thisこの isn'tない some一部 precious貴重な parochialism偏見,
偏狭な地域主義への後退なんかでもない
12:34
thisこの isn'tない some一部 retreat退却 into insularity断絶, noいいえ.
新興の現象です
12:37
Thisこれ is emergent緊急の.
現代のローカリズムは
激しくネットワーク化しています
12:39
The localismローカリズム of our我々の time時間 is networkedネットワーク化された powerfully強力に.
例えば
12:43
And soそう, for instanceインスタンス,
自転車を使う人にもっと優しい
街づくりのための戦略
12:44
consider検討する the ways方法 thatそれ strategies戦略
これがコペンハーゲンからニューヨーク
12:47
for making作る cities都市 moreもっと bike-friendly自転車にやさしい
オースティン ボストン シアトルへと
12:49
have spread普及 soそう rapidly急速に fromから Copenhagenコペンハーゲン
あっという間に広がったときの様子を
考えてみてください
12:52
to New新しい Yorkヨーク to Austinオースティン to Bostonボストン to Seattleシアトル.
試験的に予算作成を
一般参加で行った都市がありましたね
12:57
Think思う about howどうやって experiments実験
in participatory参加型 budgeting予算編成,
一般市民でも市の予算を
13:00
whereどこで everyday毎日 citizens市民 get a chanceチャンス
組み立てたり 予算配分を
13:02
to allocate割り当て and decide決めます upon〜に
決定する機会が与えられました
13:04
the allocation割り当て of cityシティ funds資金.
ブラジルのポルトアレグレで始まった
この試みが
13:07
Thoseそれら experiments実験 have
spread普及 fromから Portoポルト Alegreアレグレ, Brazilブラジル
ここニューヨークやシカゴの一部の区にまで
広まっています
13:11
to hereここに in New新しい Yorkヨーク Cityシティ,
to the wards病棟 of Chicagoシカゴ.
ローマからロサンゼルスまで
他様々な都市に住む
13:15
Migrant移民 workers労働者 fromから Romeローマ to Losロス Angelesアンジェルス
移民の労働者達は
13:17
and manyたくさんの cities都市 betweenの間に
ストライキの実施を計画しています
13:20
are now organizing整理する to stageステージ strikesストライク
移民がいなければその街が
13:22
to remind思い出させる the people who liveライブ in their彼らの cities都市
どんな状態になってしまうか
住民に気づかせるためです
13:24
what a day withoutなし immigrants移民 would look見える like.
中国では 全土で
13:27
In China中国, allすべて across横断する thatそれ country,
新公民運動のメンバーが
13:30
membersメンバー of the New新しい Citizens'市民の皆さん、 Movement移動
政府内の賄賂や汚職と戦おうと
13:32
are beginning始まり to activate活性化する and organize整理する
組織化し 活発に運動を始めています
13:34
to fight戦い official公式 corruption腐敗 and graft移植,
当局の怒りを買いながらも
一方で
13:36
and they're彼らは drawingお絵かき the ire怒り of officials関係者 thereそこ,
世界中の反汚職活動家達の
13:38
butだけど they're彼らは alsoまた、 drawingお絵かき the attention注意
注目も集めています
13:40
of anti-corruption腐敗防止 activists活動家 allすべて aroundまわり the world世界.
私自身の出身地であるシアトルは
13:44
In Seattleシアトル, whereどこで I'm私は fromから,
今世界各地で増大中の都市連合に加盟し
13:46
we've私たちは become〜になる part of a greatすばらしいです globalグローバル arrayアレイ of cities都市
京都議定書の
13:48
thatそれ are now workingワーキング together一緒に
CO2削減目標達成のため
13:50
bypassingバイパスする government政府 altogether全部,
活動しています
13:51
national全国 government政府 altogether全部,
これらの都市は皆
13:54
in order注文 to try to meet会う the carbon炭素 reduction削減 goalsゴール
政府や国家中枢を介さずに連携しています
13:56
of the Kyoto京都 Protocolプロトコル.
参加都市の市民達は
一致団結して
13:58
Allすべての of theseこれら citizens市民, unitedユナイテッド,
ネットワークを作り
14:01
are formingフォーミング a webウェブ,
大きな島国のような
力の集合体となって
14:03
a greatすばらしいです archipelago諸島 of powerパワー
壊れた規制や
独占的支配を飛び超えた
14:05
thatそれ allows許す us to bypassバイパス
活動ができるようになっています
14:07
brokenness破損 and monopolies独占 of controlコントロール.
我々の目下の課題は
この動きを加速させること
14:11
And our我々の task仕事 now is to accelerate加速する thisこの work.
もっともっとたくさんの人々を
14:14
Our私たち task仕事 now is to bring持参する moreもっと and moreもっと people
この流れに引き入れ
巻き込むことです
14:16
into the fold of thisこの work.
私の会社
Citizen Universityで
14:18
That'sそれです whyなぜ myじぶんの organization組織, Citizen市民 University大学,
ごく普通の人を対象に
「市民力」という
14:21
has undertaken引き受ける a projectプロジェクト now
カリキュラムを開発する
プロジェクトが
14:23
to create作成する an everyman'sエイリアンの curriculumカリキュラム
始まった理由がまさにこれです
14:26
in civicシビック powerパワー.
このカリキュラムは
先ほど私が説明した
14:28
And thisこの curriculumカリキュラム starts開始する with〜と thisこの triadトライアド
価値、システム、スキルという
14:30
thatそれ I described記載された earlier先に of values,
三本の矢を学ぶことから始まります
14:32
systemsシステム and skillsスキル.
ここで
ご聴講の皆さんにご提案です
14:35
And what I'd like to do is to invite招待する allすべて of you君は
このカリキュラムの開発に
ご参加いただきたいのです
14:38
to help助けて create作成する thisこの curriculumカリキュラム
皆さんが体験したり直面してきた
14:41
with〜と the stories物語 and the experiences経験
体験談や経験や課題を集めたら
強大な体系が集合的に
14:43
and the challenges挑戦 thatそれ each of you君は lives人生 and faces,
出来上がるはずです
14:47
to create作成する something何か powerfully強力に collective集団.
特にここにいる皆さんには
14:50
And I want to invite招待する you君は in particular特に to try
このカリキュラム初期の枠内にある
14:52
a simple単純 exercise運動 drawn描かれた
簡単な練習課題を試していただきたい
14:54
fromから the early早い frameworksフレームワーク of thisこの curriculumカリキュラム.
一つの物語を書いてください
14:57
I want you君は to write書きます a narrative物語,
あなたの街の未来を描いた物語です
14:59
a narrative物語 fromから the future未来 of yourきみの cityシティ,
日付を入れます
今日から一年後でも
15:02
and you君は can date日付 itそれ, setセット itそれ outでる one1 year fromから now,
5年後 10年後でも
15:06
five years fromから now, a decade10年 fromから now,
一世代後でもいい
15:07
a generation世代 fromから now,
未来から今を振り返った
ケーススタディとして書きます
15:09
and write書きます itそれ as a case場合 study調査 looking backバック,
自分の街で変わって欲しかったこと
15:13
looking backバック at the change変化する
を書いてください
15:15
thatそれ you君は wanted in yourきみの cityシティ,
当時自分が応援していた運動を振り返り
15:17
looking backバック at the cause原因
thatそれ you君は were championingチャンピオン,
どのように変化が起こったか
15:20
and describing記述 the ways方法 thatそれ thatそれ change変化する
その目標が実際に叶ったものとして
描写します
15:22
and thatそれ cause原因 came来た, in fact事実, to succeed成功する.
活動を支持してきた
15:27
Describe説明する the values
同胞市民の価値観と
15:28
of yourきみの fellow仲間 citizens市民 thatそれ you君は activated活性化した,
周りの人に喚起できた
倫理的目的意識についても書きます
15:31
and the senseセンス of moral道徳 purpose目的
thatそれ you君は were ableできる to stir攪拌する.
あなたが経験した
15:34
Recount再考 allすべて the different異なる ways方法
行政システムや市場との関わり
15:36
thatそれ you君は engaged従事する the systemsシステム of government政府,
福祉施設や 宗教団体
15:39
of the marketplace市場,
メディアとの関わりも全て
15:40
of socialソーシャル institutions機関, of faith信仰 organizations組織,
一つずつ全て書き記します
15:42
of the mediaメディア.
自分が駆使したスキルもすべて
一覧にしましょう
15:46
Catalogカタログ allすべて the skillsスキル you君は had to deploy展開する,
交渉術や 主張する技術
15:50
howどうやって to negotiate交渉する, howどうやって to advocate主張する,
問題点を上手く表現する技術
15:52
howどうやって to frameフレーム issues問題,
衝突の中で多様性を導く技術など
15:53
howどうやって to navigateナビゲートする diversity多様性 in conflict紛争,
周りの人々を巻き込み
15:56
allすべて thoseそれら skillsスキル thatそれ enabled有効 you君は
周りの反対を乗り越えることを
15:58
to bring持参する folks人々 on boardボード
可能にしたスキル全てです
16:00
and to overcome克服する resistance抵抗.
この物語を書きながら
同時に何が起こっているかというと
16:03
What you'llあなたは be doing whenいつ you君は write書きます thatそれ narrative物語
「力」を読み解く方法
「力」を書き出す方法を
16:06
is you'llあなたは be discovering発見する howどうやって to read読む powerパワー,
その過程で
見つけ出しているわけです
16:10
and in the processプロセス, howどうやって to write書きます powerパワー.
書いたものは共有しましょう
16:15
Soだから shareシェア what you君は write書きます,
書いたことを実行しましょう
16:17
do you君は what you君は write書きます,
そして実行していることを
周りとも共有しましょう
16:19
and then次に shareシェア what you君は do.
皆さんが書いた物語は
16:23
I invite招待する you君は to literally文字通り shareシェア
Citizen Universityの
16:25
the narratives物語 thatそれ you君は create作成する
Facebookページで
文字通りシェアしてください
16:26
on our我々の Facebookフェイスブック pageページ for Citizen市民 University大学.
ここからさらに発展させましょう
今日我々が
16:29
Butだがしかし even beyond超えて thatそれ, it'sそれは in the conversations会話
世界のあちこちで同時に
16:32
thatそれ we我々 have today今日
同じトピックで開催されている
数々のイベント
16:34
allすべて aroundまわり the world世界 in the simultaneous同時 gatherings集会
そこでの対話も含まれます
16:36
thatそれ are happeningハプニング on thisこの topicトピック at thisこの moment瞬間,
そして考えてください
権力について
16:39
and to think思う about howどうやって we我々 can become〜になる
お互いの師となり生徒となるには
どうしたらいいか
16:40
one1 another's別の teachers教師 and students学生の in powerパワー.
そうすることで 皆で力を合わせて
16:44
Ifもし we我々 do thatそれ, then次に together一緒に
再び 市民の参政意欲を
高めることができるはず
16:46
we我々 can make作る civics市民 sexyセクシー again再び.
皆で協力し
民主主義を民主化しましょう
16:49
Together一緒に, we我々 can democratize民主化する democracy民主主義
素人でも扱えるものに戻しましょう
16:51
and make作る itそれ safe安全 again再び for amateursアマチュア.
お互い協力し合って
都市同士のネットワークを作り
16:54
Together一緒に, we我々 can create作成する a greatすばらしいです networkネットワーク of cityシティ
自治政府のための
地球上に発生した中で一番強力な
16:59
thatそれ will be the most最も powerful強力な collective集団 laboratory研究室
集合実験場にしましょう
17:01
for self-government自治 thisこの planet惑星 has everこれまで seen見た.
我々には
それを可能にする「力」がありますから
17:05
We私たち have the powerパワー to do thatそれ.
どうもありがとうございました
17:08
Thankありがとうございます you君は very非常に muchたくさん.
(拍手)
17:10
(Applause拍手)
Translated by Riaki Ponist
Reviewed by Claire Ghyselen

▲Back to top

About the speaker:

Eric Liu - Civics educator
Eric Liu is a civics educator and founder of Citizen University, which brings together leaders, activists and practitioners to teach the art of effective and creative citizenship.

Why you should listen
Civics is about the teaching of power. So why don't more Americans understand how power works? In this talk, educator Eric Liu talks about ways to make civics sexy again -- and why cities must be a democratic laboratory for experimentation and innovation.
More profile about the speaker
Eric Liu | Speaker | TED.com