English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2015

Chris Urmson: How a driverless car sees the road

クリス・アームソン: 自動運転車は周りの世界をどう見ているのか

Filmed
Views 2,073,122

統計的に自動車おいて信頼性の最も低い要素が何かというと、それは運転手です。現在進められている運転席から人間をなくそうという企ての1つ、Googleの自動運転車プログラムを率いるクリス・アームソンが自動運転車の現状について語り、自動運転車はどのように道路を見、次にどうすべきか自律的に判断しているのか、興味深い映像を使って紹介します。

- Roboticist
Chris Umson is the Director of Self-Driving Cars at Google[x]. Full bio

Soだから in 1885, Karlカール Benzベンツ
invented発明された the automobile自動車.
1885年 カール・ベンツが
自動車を発明しました
00:12
Later後で thatそれ year, he took取った itそれ outでる
for the first最初 publicパブリック testテスト driveドライブ,
その年 初の公開試乗会が
行われたとき
00:16
and -- true真実 storyストーリー --
crashedクラッシュした into a wall.
本当の話ですが
壁に激突したそうです
00:20
For the last最終 130 years,
それ以来 130年の間
私たちは
00:24
we've私たちは been workingワーキング aroundまわり thatそれ least少なくとも
reliable信頼性のある part of the car, the driverドライバ.
この自動車の最も信頼性の低い部分
運転手をどうにかしようとしてきました
00:26
We've私たちは made the car strongerより強く.
車体を強化したり
00:30
We've私たちは added追加された seatシート beltsベルト,
we've私たちは added追加された air空気 bagsバッグ,
シートベルトを付けたり
エアバッグを付けたり
00:32
and in the last最終 decade10年, we've私たちは actually実際に
started開始した trying試す to make作る the car smarterスマートな
この10年ほどは
自動車を賢くすることによって
00:34
to fix修正する thatそれ bugバグ, the driverドライバ.
この運転手という欠陥部分を
正そうとするようになりました
00:38
Now, today今日 I'm私は going to talkトーク to you君は
a little少し bitビット about the difference
今日 お話しするのは
00:41
betweenの間に patchingパッチ適用 aroundまわり the problem問題
with〜と driverドライバ assistance支援 systemsシステム
運転支援システムによって
この問題を手当てするアプローチと
00:44
and actually実際に having持つ fully完全に
self-driving自己運転 cars
車を完全に自動運転にする
アプローチの違いと
00:48
and what they彼ら can do for the world世界.
それでどんな恩恵があるのか
ということです
00:51
I'm私は alsoまた、 going to talkトーク to you君は
a little少し bitビット about our我々の car
また私たちが開発している
自動運転車と
00:53
and allow許す you君は to see見る howどうやって itそれ sees見える the world世界
and howどうやって itそれ reacts反応する and what itそれ does,
それが周りの世界をどう見
どう反応しているのかも お見せしますが
00:56
butだけど first最初 I'm私は going to talkトーク
a little少し bitビット about the problem問題.
その前にまず
何が問題なのか話しましょう
01:00
And it'sそれは a big大きい problem問題:
大きな問題です
01:03
1.2 million百万 people are killed殺された
on the world's世界の roads道路 everyすべて year.
世界で毎年120万人が
交通事故によって死んでいます
01:05
In Americaアメリカ alone単独で, 33,000 people
are killed殺された each year.
アメリカだけでも
毎年3万3千人が死んでいるんです
01:08
To put thatそれ in perspective視点,
分かりやすく言うと
01:12
that'sそれは the same同じ as a 737
falling落下 outでる of the sky everyすべて workingワーキング day.
これは737型旅客機が平日に毎日
墜落していることに相当します
01:14
It'sそれは、します。 kind種類 of unbelievable信じられない.
信じがたいことです
01:19
Cars are sold売った to us like thisこの,
自動車はこんなイメージで
売られていますが
01:21
butだけど really本当に, thisこの is what driving's運転の like.
実際の運転はこんな感じです
01:23
Right? It'sそれは、します。 notない sunny晴れた, it'sそれは rainy雨の,
天気は悪く
01:26
and you君は want to do anything何でも
otherその他 thanより driveドライブ.
運転中にみんな
他のことをしたくなります
01:28
And the reason理由 whyなぜ is thisこの:
その理由は
01:31
Trafficトラフィック is getting取得 worse悪化する.
交通事情が悪化しているからです
01:32
In Americaアメリカ, betweenの間に 1990 and 2010,
アメリカでは1990年から
2010年までの間に
01:34
the vehicle車両 milesマイル traveled旅行した
increased増加した by 38 percentパーセント.
自動車の総走行距離は
38%増加しましたが
01:38
We私たち grew成長しました by six6 percentパーセント of roads道路,
道路の増加は6%に留まります
01:42
soそう it'sそれは notない in yourきみの brains頭脳.
だから交通事情の変化は
単なる感覚的なものではなく
01:44
Trafficトラフィック really本当に is substantially実質的に worse悪化する
thanより itそれ was notない very非常に long長いです ago.
この20年で現実に
はっきり悪化しているんです
01:46
And allすべて of thisこの has a very非常に human人間 costコスト.
これは人々にコストとして
かかってきます
01:50
Soだから ifif you君は take the average平均 commute通勤する time時間
in Americaアメリカ, whichどの is about 50 minutes,
アメリカにおける平均通勤時間は
約50分ですが
01:53
you君は multiplyかける thatそれ by the 120 million百万
workers労働者 we我々 have,
これを労働人口の1億2千万人と
掛け合わせると
01:57
thatそれ turnsターン outでる to be
about six6 billion minutes
毎日通勤のために
60億分という時間が
02:01
wasted無駄な in commuting通勤 everyすべて day.
浪費されていることになります
02:03
Now, that'sそれは a big大きい number,
soそう let'sさあ put itそれ in perspective視点.
大きな数字なので
分かりやすく言い換えましょう
02:05
Youあなたが take thatそれ six6 billion minutes
60億分を
02:08
and you君は divide分ける itそれ by the average平均
life expectancy期待 of a person,
人の平均寿命で割ると
02:09
thatそれ turnsターン outでる to be 162 lifetimes生涯
毎日162人分の命が
02:13
spent過ごした everyすべて day, wasted無駄な,
この単なる移動時間のために
02:16
justちょうど getting取得 fromから A to B.
無駄になっている計算です
02:19
It'sそれは、します。 unbelievable信じられない.
信じ難い話です
02:21
And then次に, thereそこ are thoseそれら of us
who don'tしない have the privilege特権
それに加え
この渋滞の中に座るという
02:23
of sitting座っている in trafficトラフィック.
特権を持たない人たちもいます
02:26
Soだから thisこの is Steveスティーブ.
彼はスティーブといい
02:28
He's彼は an incredibly信じられないほど capable可能な guy,
とても有能な人ですが
02:29
butだけど he justちょうど happens起こる to be blindブラインド,
目が見えません
02:31
and thatそれ means手段 instead代わりに of a 30-minute-分
driveドライブ to work in the morning,
仕事に行くのに
朝30分運転する代わりに
02:33
it'sそれは a two-hour2時間 ordeal試練
of piecing縫う together一緒に bitsビット of publicパブリック transitトランジット
2時間かけて
交通機関を乗り継ぐか
02:37
orまたは asking尋ねる friends友達 and family家族 for a rideライド.
送ってもらえるよう
友人や家族に頼まなければなりません
02:41
He doesn'tしない have thatそれ same同じ freedom自由
thatそれ you君は and I have to get aroundまわり.
私たちのような
移動の自由を持っていないのです
02:43
We私たち should do something何か about thatそれ.
これはどうにかする必要があります
02:47
Now, conventional従来の wisdom知恵 would sayいう
多くの人は
02:49
thatそれ we'll私たちは justちょうど take
theseこれら driverドライバ assistance支援 systemsシステム
運転支援システムを作って
02:51
and we'll私たちは kind種類 of push押す themそれら
and incrementally徐々に improve改善する themそれら,
徐々に改良していけば
02:54
and over time時間, they'll彼らは turn順番
into self-driving自己運転 cars.
いつか自動運転車ができると
考えます
02:57
Well, I'm私は hereここに to telltell you君は
that'sそれは like me saying言って
でもそれは 一生懸命ジャンプしてれば
いつか空を飛べるようになると言うのと
03:00
thatそれ ifif I work really本当に hardハード at jumpingジャンプする,
one1 day I'll be ableできる to fly飛ぶ.
同じようなものです
03:02
We私たち actually実際に need必要 to do
something何か a little少し different異なる.
基本的に違うことを
する必要があります
03:06
And soそう I'm私は going to talkトーク to you君は
about three different異なる ways方法
自動運転車が
運転支援システムと異なる点を
03:09
thatそれ self-driving自己運転 systemsシステム are different異なる
thanより driverドライバ assistance支援 systemsシステム.
3つ示しますが
03:12
And I'm私は going to start開始
with〜と some一部 of our我々の own自分の experience経験.
まず私たちが経験したことを
お話ししましょう
03:15
Soだから backバック in 2013,
2013年に
03:18
we我々 had the first最初 testテスト
of a self-driving自己運転 car
初めて一般人を載せて
03:20
whereどこで we我々 let regular定期的 people useつかいます itそれ.
自動運転車のテストを行いました
03:23
Well, almostほぼ regular定期的 --
they彼ら were 100 GooglersGoogle社員,
100人のGoogle社員ではありますが
03:25
butだけど they彼ら weren'tなかった workingワーキング on the projectプロジェクト.
このプロジェクト外の人たちです
03:27
And we我々 gave与えた themそれら the car and we我々 allowed許可された
themそれら to useつかいます itそれ in their彼らの daily毎日 lives人生.
自動運転車を渡して
日常的に使ってもらいました
03:29
Butだがしかし unlike違う a realリアル self-driving自己運転 car,
thisこの one1 had a big大きい asteriskアスタリスク with〜と itそれ:
自動運転車と言っても
留保付きです
03:33
They彼らが had to pay支払う attention注意,
まだ実験段階のもので
03:36
becauseなぜなら thisこの was an experimental実験的 vehicle車両.
運転席の人に注意を払ってもらう
必要がありました
03:38
We私たち testedテストされた itそれ a lot,
butだけど itそれ could stillまだ fail失敗します.
十分テストはしていましたが
それでも誤動作することがあったんです
03:40
And soそう we我々 gave与えた themそれら two hours時間 of trainingトレーニング,
それで彼らに
2時間のトレーニングの後に
03:44
we我々 put themそれら in the car,
we我々 let themそれら useつかいます itそれ,
運転席についてもらい
使ってもらいました
03:46
and what we我々 heard聞いた backバック
was something何か awesome驚くばかり,
そうして得られた声は
03:48
as someone誰か trying試す
to bring持参する a product製品 into the world世界.
新製品を世に送り出そうとしている者にとって
勇気づけられるものでした
03:50
Everyすべて one1 of themそれら told言った us they彼ら loved愛された itそれ.
誰もがとても
気に入ってくれたのです
03:53
In fact事実, we我々 had a Porscheポルシェ driverドライバ
who came来た in and told言った us on the first最初 day,
普段ポルシェに
乗っている人がいて
03:55
"Thisこれ is completely完全に stupid愚か.
What are we我々 thinking考え?"
最初は「こんなの馬鹿げている
何考えてんのか分からない」と言っていたんですが
03:58
Butだがしかし at the end終わり of itそれ, he said前記,
"Notじゃない onlyのみ should I have itそれ,
終いにはこう言ったのです
「自分だけでなく すべての人がこの車を持つべきだ
04:01
everyoneみんな elseelse should have itそれ,
becauseなぜなら people are terribleひどい driversドライバー."
みんなひどいドライバーだから」
04:04
Soだから thisこの was music音楽 to our我々の ears,
これは私たちの耳に
心地よい言葉でしたが
04:09
butだけど then次に we我々 started開始した to look見える at what
the people inside内部 the car were doing,
自動運転車に乗った人たちが
車内でやっていることには
04:10
and thisこの was eye-openingアイ開口.
驚かせられることになりました
04:14
Now, myじぶんの favoriteお気に入り storyストーリー is thisこの gentleman紳士
これは私のお気に入りの
逸話なんですが
04:16
who looks外見 downダウン at his phone電話
and realizes実現する the battery電池 is low低い,
ある人が運転中に携帯を見て
バッテリーが切れかけているのに気付き
04:18
soそう he turnsターン aroundまわり like thisこの in the car
and digs掘り起こす aroundまわり in his backpackバックパック,
こんな風に後ろを向いて
バックパックの中を探って
04:22
pulls引っ張る outでる his laptopラップトップ,
ノートPCを取り出し
04:27
puts置く itそれ on the seatシート,
横の座席に置き
04:29
goes行く in the backバック again再び,
また振り向いて
04:30
digs掘り起こす aroundまわり, pulls引っ張る outでる
the charging充電 cableケーブル for his phone電話,
バックパックを漁って
充電ケーブルを取り出し
04:32
futzesフュッツ aroundまわり, puts置く itそれ into the laptopラップトップ,
puts置く itそれ on the phone電話.
ノートPCと携帯を繋いで
04:35
Sureもちろん enough十分な, the phone電話 is charging充電.
携帯を充電したんですが
04:39
Allすべての the time時間 he's彼は been doing
65 milesマイル per〜ごと hour時間 downダウン the freeway高速道路.
この間車はずっと
時速100キロ以上で走っていました
04:41
Right? Unbelievable信じられない.
信じられないような話です
04:45
Soだから we我々 thought about thisこの and we我々 said前記,
it'sそれは kind種類 of obvious明らか, right?
これを見て
答えは出たと思いましたね
04:47
The betterより良い the technology技術 gets取得,
技術が進むほど
04:50
the lessもっと少なく reliable信頼性のある
the driverドライバ is going to get.
運転手の信頼性は
逆に下がっていくので
04:53
Soだから by justちょうど making作る the cars
incrementally徐々に smarterスマートな,
自動車を徐々に
賢くしていっても
04:55
we're私たちは probably多分 notない going to see見る
the wins勝つ we我々 really本当に need必要.
望むような結果には
ならないだろうと
04:57
Let me talkトーク about something何か
a little少し technicalテクニカル for a moment瞬間 hereここに.
少し技術的な話をしましょう
05:00
Soだから we're私たちは looking at thisこの graphグラフ,
and along一緒に the bottom
このグラフの横軸は
05:04
is howどうやって oftenしばしば does the car
apply適用する the brakesブレーキ whenいつ itそれ shouldn'tすべきではない.
車がブレーキを
かけるべきでない時にかける頻度です
05:06
Youあなたが can ignore無視する most最も of thatそれ axis,
こちらの軸は概ね
無視して構いません
05:09
becauseなぜなら ifif you'reあなたは driving運転 aroundまわり townタウン,
and the car starts開始する stopping停止する randomly無作為に,
街中を運転していて車が
ランダムに停止するようなら
05:11
you'reあなたは never決して going to buy購入 thatそれ car.
そんな車は誰も買わないからです
05:15
And the vertical垂直 axis is howどうやって oftenしばしば
the car is going to apply適用する the brakesブレーキ
縦軸は事故を防ぐために
05:17
whenいつ it'sそれは supposed想定される to
to help助けて you君は avoid避ける an accident事故.
車がブレーキを
かけるべき時にかける頻度です
05:20
Now, ifif we我々 look見える at
the bottom left cornerコーナー hereここに,
左下隅が
05:23
thisこの is yourきみの classicクラシック car.
昔ながらの自動車です
05:25
Itそれ doesn'tしない apply適用する the brakesブレーキ for you君は,
itそれ doesn'tしない do anything何でも goofyグーフィー,
車が自分でブレーキをかけることはなく
馬鹿なことをすることもなければ
05:27
butだけど itそれ alsoまた、 doesn'tしない get you君は
outでる of an accident事故.
事故を防いでくれることも
ありません
05:30
Now, ifif we我々 want to bring持参する
a driverドライバ assistance支援 systemシステム into a car,
衝突回避自動ブレーキのような
05:33
sayいう with〜と collision衝突 mitigation緩和 braking制動,
運転支援システムを
作ろうと思ったら
05:36
we're私たちは going to put some一部 packageパッケージ
of technology技術 on thereそこ,
色々な技術を取り込んで
こんなグラフになり
05:38
and that'sそれは thisこの curve曲線, and it'sそれは going
to have some一部 operatingオペレーティング propertiesプロパティ,
ある種の動作特性を
実現できるでしょうが
05:40
butだけど it'sそれは never決して going to avoid避ける
allすべて of the accidents事故,
事故をすべて防げるわけではなく
05:44
becauseなぜなら itそれ doesn'tしない have thatそれ capability能力.
そこまでの能力はありません
05:46
Butだがしかし we'll私たちは pickピック some一部 place場所
along一緒に the curve曲線 hereここに,
それでもこの曲線上の
いずれかの点を選んで
05:48
and maybe多分 itそれ avoids回避する halfハーフ of accidents事故
thatそれ the human人間 driverドライバ missesミス,
事故の数を
半分にできるかもしれません
05:51
and that'sそれは amazing素晴らしい, right?
これはすごいことです
05:54
We私たち justちょうど reduced削減 accidents事故 on our我々の roads道路
by a factor因子 of two.
交通事故が
半分になるんですから
05:55
Thereそこ are now 17,000 lessもっと少なく people
dying死ぬ everyすべて year in Americaアメリカ.
アメリカで毎年死ぬ人の数が
1万7千人も減らせます
05:58
Butだがしかし ifif we我々 want a self-driving自己運転 car,
しかし自動運転車を
作ろうと思ったら
06:02
we我々 need必要 a technology技術 curve曲線
thatそれ looks外見 like thisこの.
曲線をこのようなものにする
技術が必要になります
06:04
We're我々 はしています。 going to have to put
moreもっと sensorsセンサ in the vehicle車両,
車にもっとセンサーを付け
06:06
and we'll私たちは pickピック some一部
operatingオペレーティング pointポイント upアップ hereここに
基本的に衝突が起こらないという
06:09
whereどこで itそれ basically基本的に never決して
gets取得 into a crashクラッシュ.
点を選ぶことになります
06:11
They'll彼らは happen起こる, butだけど very非常に low低い frequency周波数.
衝突は起きたとしても
極めて低い頻度です
06:13
Now you君は and I could look見える at thisこの
and we我々 could argue主張する
これを見て 移行は段階的であるべきか
議論ができるでしょう
06:15
about whetherかどうか it'sそれは incremental増分, and
I could sayいう something何か like "80-20 ruleルール,"
80:20の法則というのもありますが
06:18
and it'sそれは really本当に hardハード to move動く upアップ
to thatそれ new新しい curve曲線.
上の曲線に移るのは
極めて難しいのです
06:21
Butだがしかし let'sさあ look見える at itそれ
fromから a different異なる direction方向 for a moment瞬間.
これを別の角度から
見てみましょう
06:24
Soだから let'sさあ look見える at howどうやって oftenしばしば
the technology技術 has to do the right thingもの.
この技術はどれくらいの精度で
正しく振る舞わなければならないのか?
06:27
And soそう thisこの green dotドット upアップ hereここに
is a driverドライバ assistance支援 systemシステム.
緑の点は運転支援システムです
06:30
Itそれ turnsターン outでる thatそれ human人間 driversドライバー
アメリカでは
人間の運転手は
06:34
make作る mistakes間違い thatそれ lead
to trafficトラフィック accidents事故
事故に繋がるようなミスを
06:36
about once一度 everyすべて 100,000 milesマイル in Americaアメリカ.
10万マイル (16万km) に1度
犯しています
06:39
In contrastコントラスト, a self-driving自己運転 systemシステム
is probably多分 making作る decisions決定
これに対して自動運転車は
06:42
about 10 times per〜ごと second二番,
1秒間に10回くらい
判断を行っています
06:45
soそう order注文 of magnitudeマグニチュード,
1マイルあたりだと
06:49
that'sそれは about 1,000 times per〜ごと mileマイル.
およそ千回です
06:50
Soだから ifif you君は compare比較する the distance距離
betweenの間に theseこれら two,
この2点は対数目盛りで
06:53
it'sそれは about 10 to the eighth第8, right?
8つ離れています
06:56
Eight8 orders注文 of magnitudeマグニチュード.
10の8乗倍です
06:58
That'sそれです like comparing比較する howどうやって fast速い I run走る
これは私が走る速さと
光の速さを
07:00
to the speed速度 of light.
比較するようなものです
07:03
Itそれ doesn'tしない matter問題 howどうやって hardハード I train列車,
I'm私は never決して actually実際に going to get thereそこ.
私がいかに頑張ったところで
そこに到達することはありません
07:05
Soだから there'sそこに a prettyかなり big大きい gapギャップ thereそこ.
とても大きなギャップが
あるということです
07:09
And then次に finally最後に, there'sそこに howどうやって
the systemシステム can handleハンドル uncertainty不確実性.
最後にシステムが不確定さを
いかに扱うかという問題があります
07:11
Soだから thisこの pedestrian歩行者 hereここに mightかもしれない be
steppingステッピング into the road道路, mightかもしれない notない be.
この歩行者は
道を渡るのかどうか
07:15
I can'tできない telltell,
norまた can anyどれか of our我々の algorithmsアルゴリズム,
私には分からないし
どんなアルゴリズムでも分かりません
07:18
butだけど in the case場合 of
a driverドライバ assistance支援 systemシステム,
運転支援システムは
07:22
thatそれ means手段 itそれ can'tできない take actionアクション,
becauseなぜなら again再び,
行動を起こせない
ということです
07:24
ifif itそれ pressesプレス the brakesブレーキ unexpectedly意外にも,
that'sそれは completely完全に unacceptable容認できない.
予期しないところでブレーキをかけるというのは
受け入れられないからです
07:27
Whereasそれに対して a self-driving自己運転 systemシステム
can look見える at thatそれ pedestrian歩行者 and sayいう,
一方自動運転車の場合は
07:30
I don'tしない know知っている what they're彼らは about to do,
歩行者がどうしようとしているのか
分からないという場合
07:33
slowスロー downダウン, take a betterより良い look見える,
and then次に react反応する appropriately適切に after thatそれ.
スピードを落として様子を見
それから適切に反応します
07:35
Soだから itそれ can be muchたくさん saferより安全な thanより
a driverドライバ assistance支援 systemシステム can everこれまで be.
だから運転支援システムよりも
ずっと安全だということです
07:39
Soだから that'sそれは enough十分な about
the differences相違 betweenの間に the two.
2つのシステムの
違いについては分かったので
07:43
Let'sしてみましょう spend費やす some一部 time時間 talking話す about
howどうやって the car sees見える the world世界.
自動運転車は世界をどう見ているのか
という話をしましょう
07:45
Soだから thisこの is our我々の vehicle車両.
白いのが私たちの車です
07:49
Itそれ starts開始する by understanding理解
whereどこで itそれ is in the world世界,
まず自分が世界のどこにいるのかを
知るところから始めます
07:50
by taking取る a map地図 and itsその sensorセンサー dataデータ
and aligning整列 the two,
地図とセンサーデータを突き合わせ
07:53
and then次に we我々 layer on top of thatそれ
what itそれ sees見える in the moment瞬間.
地図に現在見えているものを
重ね合わせます
07:55
Soだから hereここに, allすべて the purple紫の boxesボックス you君は can see見る
are otherその他 vehicles乗り物 on the road道路,
紫色の箱は
道路上の他の車です
07:58
and the red thingもの on the side
over thereそこ is a cyclistサイクリスト,
道の端にある赤い箱は
自転車です
08:02
and upアップ in the distance距離,
ifif you君は look見える really本当に closely密接に,
それからよく見てもらうと
08:05
you君は can see見る some一部 conesコーン.
ずっと向こうに
ロードコーンがあります
08:07
Thenそうしたら we我々 know知っている whereどこで the car
is in the moment瞬間,
これで車がいる状況については
分かりますが
08:09
butだけど we我々 have to do betterより良い thanより thatそれ:
we我々 have to predict予測する what's何ですか going to happen起こる.
それだけでは駄目で
この後何が起きるか予測する必要があります
08:12
Soだから hereここに the pickup拾う truckトラック in top right
is about to make作る a left laneLANE change変化する
右手前方にいる小型トラックは
左に車線変更しようとしています
08:15
becauseなぜなら the road道路 in frontフロント of itそれ is closed閉まっている,
道路の先が塞がっているのを
08:19
soそう itそれ needsニーズ to get outでる of the way.
迂回するためです
08:21
Knowing知っている thatそれ one1 pickup拾う truckトラック is greatすばらしいです,
1台のトラックの動きを
読むだけじゃいけません
08:23
butだけど we我々 really本当に need必要 to know知っている
what everybody'sみんな thinking考え,
みんなの考えを読む必要があり
08:25
soそう itそれ becomes〜になる quiteかなり a complicated複雑な problem問題.
これはとても複雑な問題です
08:27
And then次に given与えられた thatそれ, we我々 can figure数字 outでる
howどうやって the car should respond応答する in the moment瞬間,
それを元に
どう動くべきか判断します
08:30
soそう what trajectory軌道 itそれ should followフォローする, howどうやって
quickly早く itそれ should slowスロー downダウン orまたは speed速度 upアップ.
どういう経路を取り
どうスピードを変えるか
08:34
And then次に thatそれ allすべて turnsターン into
justちょうど following以下 a pathパス:
道に沿って進む
08:38
turning旋回 the steering操舵 wheelホイール left orまたは right,
pressing押す the brakeブレーキ orまたは gasガス.
左か右にハンドルを切る
ブレーキやアクセルを踏む
08:41
It'sそれは、します。 really本当に justちょうど two numbers数字
at the end終わり of the day.
詰まるところ
2つの数値に集約できます
08:45
Soだから howどうやって hardハード can itそれ really本当に be?
難しくはなさそうでしょう?
08:47
Back戻る whenいつ we我々 started開始した in 2009,
2009年に取り組み始めた頃は
08:50
thisこの is what our我々の systemシステム looked見た like.
こんな感じでした
08:52
Soだから you君は can see見る our我々の car in the middle中間
and the otherその他 boxesボックス on the road道路,
私たちの車が中央にあり
08:54
driving運転 downダウン the highwayハイウェイ.
道を走る他の車が
箱として描かれています
08:57
The car needsニーズ to understandわかる whereどこで itそれ is
and roughly大まかに whereどこで the otherその他 vehicles乗り物 are.
自分がどこにいて 他の車がどこにいるか
おおよそ把握している必要があります
08:58
It'sそれは、します。 really本当に a geometric幾何学的
understanding理解 of the world世界.
世界を幾何学的に理解するのです
09:02
Once一度 we我々 started開始した driving運転
on neighborhoodご近所 and cityシティ streets通り,
街中を走行するようになって
09:05
the problem問題 becomes〜になる a whole全体
new新しい levelレベル of difficulty困難.
問題は格段に難しくなりました
09:08
Youあなたが see見る pedestrians歩行者 crossing交差点 in frontフロント
of us, cars crossing交差点 in frontフロント of us,
車の前を歩行者が横断したり
車が目の前を横切ったり
09:10
going everyすべて whichどの way,
様々な方向に進みます
09:13
the trafficトラフィック lightsライト, crosswalks横断歩道.
信号があり
横断歩道があります
09:15
It'sそれは、します。 an incredibly信じられないほど complicated複雑な
problem問題 by comparison比較.
前と比べて
遙かに複雑になっています
09:17
And then次に once一度 you君は have
thatそれ problem問題 solved解決した,
それに対応できる
ようになったら
09:20
the vehicle車両 has to be ableできる
to deal対処 with〜と construction建設.
今度は工事現場に
対応できなければいけません
09:22
Soだから hereここに are the conesコーン on the left
forcing強制 itそれ to driveドライブ to the right,
ここでは左側のロードコーンによって
右に移動させられています
09:24
butだけど notない justちょうど construction建設
in isolation隔離, of courseコース.
工事現場そのものだけでなく
09:27
Itそれ has to deal対処 with〜と otherその他 people moving動く
throughを通して thatそれ construction建設 zoneゾーン as well.
その周囲を行く人にも
注意を払う必要があります
09:30
And of courseコース, ifif anyone's誰でも
breaking壊す the rulesルール, the police警察 are thereそこ
交通違反があれば警察が来ます
09:34
and the car has to understandわかる thatそれ
thatそれ flashing点滅する light on the top of the car
屋根に点滅する
ライトが付いている車は
09:37
means手段 thatそれ it'sそれは notない justちょうど a car,
it'sそれは actually実際に a police警察 officer役員.
ただの車ではなく警察車両だと
理解できる必要があります
09:40
Similarly同様に, the orangeオレンジ boxボックス
on the side hereここに,
道路の端にいる
オレンジ色の箱は
09:43
it'sそれは a school学校 busバス,
スクールバスです
09:46
and we我々 have to treat治療する thatそれ
differently異なって as well.
これも特別な扱いを
必要とします
09:47
Whenいつ we're私たちは outでる on the road道路,
otherその他 people have expectations期待:
道路上の人々には
それぞれ期待することがあります
09:50
Soだから, whenいつ a cyclistサイクリスト puts置く upアップ their彼らの arm,
自転車の人が手を挙げているのは
09:53
itそれ means手段 they're彼らは expecting期待している the car
to yield産出 to themそれら and make作る roomルーム for themそれら
車線変更したいので
09:55
to make作る a laneLANE change変化する.
道を譲ってほしいということです
09:58
And whenいつ a police警察 officer役員
stood立っていた in the road道路,
警官が路上に立って
こんなポーズをしていたら
10:01
our我々の vehicle車両 should understandわかる
thatそれ thisこの means手段 stopやめる,
止まれという意味だと
理解する必要があり
10:03
and whenいつ they彼ら signal信号 to go,
we我々 should continue持続する.
進めという合図をしたら
進む必要があります
10:05
Now, the way we我々 accomplish達成する thisこの
is by sharing共有 dataデータ betweenの間に the vehicles乗り物.
このために私たちの取っている方法は
車同士で情報共有するということです
10:09
The first最初, most最も crude原油 modelモデル of thisこの
最初の荒削りなモデルでは
10:13
is whenいつ one1 vehicle車両
sees見える a construction建設 zoneゾーン,
1台が工事現場を見つけたら
10:14
having持つ another別の know知っている about itそれ
soそう itそれ can be in the correct正しい laneLANE
他の車にも知らせ
10:17
to avoid避ける some一部 of the difficulty困難.
車線変更して問題を回避できるようにする
というものでした
10:20
Butだがしかし we我々 actually実際に have a muchたくさん
deeperもっと深く understanding理解 of thisこの.
しかし私たちはもっと
深い理解をしています
10:21
We私たち could take allすべて of the dataデータ
thatそれ the cars have seen見た over time時間,
これまで観察してきた
他の車のデータ —
10:24
the hundreds数百 of thousands
of pedestrians歩行者, cyclistsサイクリスト,
何十万という歩行者 自転車
10:27
and vehicles乗り物 thatそれ have been outでる thereそこ
自動車のデータから
10:29
and understandわかる what they彼ら look見える like
それぞれがどんな姿を
しているか理解し
10:31
and useつかいます thatそれ to infer推論
what otherその他 vehicles乗り物 should look見える like
それを元に
他の車や歩行者が
10:33
and otherその他 pedestrians歩行者 should look見える like.
どう見えるか推測します
10:36
And then次に, even moreもっと importantly重要なこと,
we我々 could take fromから thatそれ a modelモデル
さらに重要なのは
10:37
of howどうやって we我々 expect期待する themそれら
to move動く throughを通して the world世界.
それぞれがどう動くと予想されるかという
モデルを作れたことです
10:40
Soだから hereここに the yellow boxボックス is a pedestrian歩行者
crossing交差点 in frontフロント of us.
ここで黄色い箱は
前を横切る歩行者です
10:43
Hereここは the blue boxボックス is a cyclistサイクリスト
and we我々 anticipate予期する
青い箱は自転車で
10:46
thatそれ they're彼らは going to nudgeナッジ outでる
and aroundまわり the car to the right.
こちらの車を右に避けると
予想しています
10:48
Hereここは there'sそこに a cyclistサイクリスト
coming到来 downダウン the road道路
向こうからやってくる自転車は
10:52
and we我々 know知っている they're彼らは going to continue持続する
to driveドライブ downダウン the shape形状 of the road道路.
道に沿って進んでいくだろうと
予想できます
10:54
Hereここは somebody誰か makes作る a right turn順番,
ここでは車が右折していて
10:57
and in a moment瞬間 hereここに, somebody's誰かの
going to make作る a U-turnUターン in frontフロント of us,
こちらでは 目の前に
Uターンしようとしている車がいて
10:59
and we我々 can anticipate予期する thatそれ behavior動作
and respond応答する safely安全に.
その動きを予期し
それに応じて安全な動きをします
11:02
Now, that'sそれは allすべて well and good良い
for thingsもの thatそれ we've私たちは seen見た,
見たことのあるものばかりなら
良いのですが
11:05
butだけど of courseコース, you君は encounter出会い
lots of thingsもの thatそれ you君は haven't持っていない
現実の世界では
11:08
seen見た in the world世界 before.
見たことのないものにも
出くわします
11:11
And soそう justちょうど a coupleカップル of months数ヶ月 ago,
これはほんの2ヶ月前に
11:12
our我々の vehicles乗り物 were driving運転
throughを通して Mountain Viewビュー,
マウンテンビューを
走行していて
11:14
and thisこの is what we我々 encountered遭遇した.
出会ったものですが
11:16
Thisこれ is a woman女性 in an electric電気の wheelchair車椅子
電動車椅子の女性が
道の真ん中で
11:17
chasing追う a duckアヒル in circles on the road道路.
(Laughter笑い)
ぐるぐる鴨を
追いかけていたんです (笑)
11:20
Now itそれ turnsターン outでる, thereそこ is nowhereどこにも
in the DMVDMV handbookハンドブック
陸運局のマニュアルの
どこを見ても
11:22
thatそれ tells伝える you君は howどうやって to deal対処 with〜と thatそれ,
この状況にどう対処すべきか
書いてありません
11:25
butだけど our我々の vehicles乗り物 were ableできる
to encounter出会い thatそれ,
しかし私たちの車は
この時 スピードを落として
11:28
slowスロー downダウン, and driveドライブ safely安全に.
無事やり過ごせました
11:30
Now, we我々 don'tしない have to deal対処
with〜と justちょうど ducksアヒル.
対応しなければならないのは
鴨ばかりではありません
11:32
Watch時計 thisこの bird fly飛ぶ across横断する in frontフロント of us.
The car reacts反応する to thatそれ.
鳥が突然前に飛び出しましたが
車はちゃんと対応しています
11:34
Hereここは we're私たちは dealing対処する with〜と a cyclistサイクリスト
ここではマウンテンビュー以外では
11:38
thatそれ you君は would never決して expect期待する to see見る
anywhereどこでも otherその他 thanより Mountain Viewビュー.
およそお目にかからないような
自転車に対応しています
11:39
And of courseコース, we我々 have
to deal対処 with〜と driversドライバー,
もちろん他の車にも
対応する必要があります
11:43
even the very非常に small小さい onesもの.
こんなミニサイズのものまで含めて
11:45
Watch時計 to the right as someone誰か
jumpsジャンプする outでる of thisこの truckトラック at us.
右手を見てください
誰かトラックから降りてきます
11:48
And now, watch時計 the left as the car
with〜と the green boxボックス decides決定する
左にいる車の緑の箱が
11:54
he needsニーズ to make作る a right turn順番
at the last最終 possible可能 moment瞬間.
ぎりぎりになって
右折してきます
11:57
Hereここは, as we我々 make作る a laneLANE change変化する,
the car to our我々の left decides決定する
車線変更しようとしたら
12:00
itそれ wants to as well.
左手の車も同時に
車線変更してきました
12:03
And hereここに, we我々 watch時計 a car
blowブロー throughを通して a red light
車が赤信号を
突っ込んでくるので
12:07
and yield産出 to itそれ.
道を譲っています
12:09
And similarly同様に, hereここに, a cyclistサイクリスト
blowing吹く throughを通して thatそれ light as well.
こちらでは自転車が
信号無視して入ってきます
12:11
And of courseコース,
the vehicle車両 responds応答する safely安全に.
もちろん
危険がないように対応します
12:15
And of courseコース, we我々 have people
who do I don'tしない know知っている what
そして道路では時々
理解できないことをする人たちがいます
12:18
sometimes時々 on the road道路, like thisこの guy
pulling引っ張る outでる betweenの間に two self-driving自己運転 cars.
2台の自動運転車の間に
真横から車が入ってきました
12:21
Youあなたが have to ask尋ねる, "What are you君は thinking考え?"
「何考えてんだ?」と
言いたくなるでしょう
12:24
(Laughter笑い)
(笑)
12:26
Now, I justちょうど fire-hosed消防ホース you君は
with〜と a lot of stuffもの thereそこ,
様々なケースを
立て続けにお見せしたので
12:28
soそう I'm私は going to breakブレーク one1 of theseこれら
downダウン prettyかなり quickly早く.
1つのケースを
少しだけ細かく見てみましょう
12:30
Soだから what we're私たちは looking at is the sceneシーン
with〜と the cyclistサイクリスト again再び,
先ほどの自転車のケースですが
12:33
and you君は mightかもしれない notice通知 in the bottom,
we我々 can'tできない actually実際に see見る the cyclistサイクリスト yetまだ,
下の映像で分かるように
この自転車はまだ視界に入っていません
12:36
butだけど the car can: it'sそれは thatそれ little少し
blue boxボックス upアップ thereそこ,
しかし車は自転車を把握しています
左端の青い箱です
12:39
and thatそれ comes来る fromから the laserレーザ dataデータ.
レーザーを使って
捉えたものです
12:42
And that'sそれは notない actually実際に
really本当に easy簡単 to understandわかる,
これは少しわかりにくいので
12:44
soそう what I'm私は going to do is I'm私は going
to turn順番 thatそれ laserレーザ dataデータ and look見える at itそれ,
向きを変えてレーザーによるデータを
よく見てみましょう
12:46
and ifif you'reあなたは really本当に good良い at looking
at laserレーザ dataデータ, you君は can see見る
目をこらして見ると
12:50
a few少数 dotsドット on the curve曲線 thereそこ,
道の角にいくつか点があり
12:53
right thereそこ, and thatそれ blue boxボックス
is thatそれ cyclistサイクリスト.
この部分ですが
青い箱が自転車を示しています
12:54
Now as our我々の light is red,
こちらの信号は赤ですが
12:57
the cyclist'sサイクリスト light
has turned回した yellow already既に,
自転車の信号は既に
黄色になっています
12:58
and ifif you君は squint斜視, you君は can see見る thatそれ
in the imageryイメージ.
映像をよく見ると分かります
13:00
Butだがしかし the cyclistサイクリスト, we我々 see見る, is going
to proceed続ける throughを通して the intersection交差点.
しかし自転車は
交差点に入ってきます
13:03
Our私たち light has now turned回した green,
his is solidlyしっかりと red,
こちらの信号が青に変わり
向こうは赤になっていますが
13:06
and we我々 now anticipate予期する thatそれ thisこの bike自転車
is going to come allすべて the way across横断する.
この自転車が道を横切ってくることを
予期しています
13:08
Unfortunately残念ながら the otherその他 driversドライバー next to us
were notない paying払う as muchたくさん attention注意.
あいにく隣の車は我々ほど
注意を払っていなかったため
13:13
They彼らが started開始した to pull引く forward前進,
and fortunately幸いにも for everyoneみんな,
進み始めます
13:16
thisこの cyclistsサイクリスト reacts反応する, avoids回避する,
幸い自転車はうまくよけて
13:19
and makes作る itそれ throughを通して the intersection交差点.
交差点を渡りきりました
13:22
And off we我々 go.
これで前に進めます
13:25
Now, as you君は can see見る, we've私たちは made
some一部 prettyかなり excitingエキサイティング progress進捗,
ご覧いただいたように
この技術はとても素晴らしい進歩を遂げ
13:26
and at thisこの pointポイント we're私たちは prettyかなり convinced確信している
市場に送り出せると
13:29
thisこの technology技術 is going
to come to market市場.
強い自信を持っています
13:31
We私たち do three million百万 milesマイル of testingテスト
in our我々の simulatorsシミュレータ everyすべて singleシングル day,
日々行っているシミュレーターによるテスト走行は
500万キロにも及びます
13:33
soそう you君は can imagine想像する the experience経験
thatそれ our我々の vehicles乗り物 have.
この車がどれほど経験を積んできたか
お分かりになるでしょう
13:38
We私たち are looking forward前進 to having持つ
thisこの technology技術 on the road道路,
私たちはこの技術を道路にもたらせる日を
待ち焦がれています
13:41
and we我々 think思う the right pathパス
is to go throughを通して the self-driving自己運転
運転者支援システムではなく
13:43
ratherむしろ thanより driverドライバ assistance支援 approachアプローチ
自動運転車が正しい道であると
信じています
13:46
becauseなぜなら the urgency緊急 is soそう large.
これはとても緊急性の
高い問題なんです
13:48
In the time時間 I have given与えられた thisこの talkトーク today今日,
この講演をしている間にも
13:51
34 people have died死亡しました on America'sアメリカの roads道路.
アメリカでは34人が
交通事故で死んでいる計算です
13:53
Howどう soonすぐに can we我々 bring持参する itそれ outでる?
これを世に出せるのは
いつになるのか?
13:56
Well, it'sそれは hardハード to sayいう becauseなぜなら
it'sそれは a really本当に complicated複雑な problem問題,
非常に難しい問題なので
確答するは難しいです
13:59
butだけど theseこれら are myじぶんの two boys男の子.
この写真は
私の2人の息子です
14:02
My私の oldest最も古い son息子 is 11, and thatそれ means手段
in four4つの and a halfハーフ years,
長男は11歳で
14:05
he's彼は going to be ableできる
to get his driver'sドライバーズ licenseライセンス.
それはあと4年半で運転免許を
取れるようになるということです
14:08
My私の teamチーム and I are committedコミットした
to making作る sure確かに thatそれ doesn'tしない happen起こる.
私たちのチームでは そんなことにならないよう
全力を尽くしています (笑)
14:11
Thankありがとうございます you君は.
ありがとうございました
14:14
(Laughter笑い) (Applause拍手)
(拍手)
14:16
Chrisクリス Andersonアンダーソン: Chrisクリス,
I've私は got a question質問 for you君は.
(クリス・アンダーソン) 1つ質問していいですか
14:21
Chrisクリス Urmsonウルムソン: Sureもちろん.
(クリス・アームソン) どうぞ
14:23
CACA: Soだから certainly確かに, the mindマインド of yourきみの cars
is prettyかなり mind-boggling心を震わせる.
(アンダーソン) あなた方の車の能力は
驚くばかりです
14:26
On thisこの debateディベート betweenの間に
driver-assistedドライバー支援 and fully完全に driverlessドライバーレス --
運転支援システムか完全な自動運転車か
という点については
14:30
I mean平均, there'sそこに a realリアル debateディベート
going on outでる thereそこ right now.
現在さかんに議論が行われています
14:34
Soだから some一部 of the companies企業,
for example, Teslaテスラ,
テスラのような会社は
14:37
are going the driver-assistedドライバー支援 routeルート.
運転支援システムの道を選んでいます
14:40
What you'reあなたは saying言って is thatそれ
that'sそれは kind種類 of going to be a deadデッド end終わり
あなたのお話では
それでは行き詰まり
14:42
becauseなぜなら you君は can'tできない justちょうど keepキープ improving改善する
thatそれ routeルート and get to fully完全に driverlessドライバーレス
運転支援システムを改善していっても
自動運転車には到らないということでした
14:48
at some一部 pointポイント, and then次に a driverドライバ
is going to sayいう, "Thisこれ feels感じる safe安全,"
運転している人が
「大丈夫なようだ」と思って
14:53
and climb登る into the backバック,
and something何か ugly醜い will happen起こる.
後ろの方を向いて
まずい事態になるだろうと
14:57
CUCU: Right. No違います, that'sそれは exactly正確に right,
and it'sそれは notない to sayいう
(アームソン) その通りです
14:59
thatそれ the driverドライバ assistance支援 systemsシステム
aren'tない going to be incredibly信じられないほど valuable貴重な.
運転支援システムなど価値がないと
言うのではありません
15:02
They彼らが can saveセーブ a lot of lives人生
in the interim暫定,
過渡的には多くの命を
救うことができるでしょう
15:05
butだけど to see見る the transformative変形的 opportunity機会
to help助けて someone誰か like Steveスティーブ get aroundまわり,
しかしスティーブのような盲目の
人がどこにでも行けるようにするとか
15:08
to really本当に get to the end終わり case場合 in safety安全性,
安全性を究極まで高めるとか
15:11
to have the opportunity機会
to change変化する our我々の cities都市
駐車場所を車が自分で
見つけに行くことで
15:13
and move動く parkingパーキング outでる and get rid除去する of
theseこれら urban都市 cratersクレーター we我々 callコール parkingパーキング lots,
都心から駐車場という名のクレーターをなくすといった
抜本的な変化を目指すなら
15:16
it'sそれは the onlyのみ way to go.
自動運転車が唯一の道です
15:20
CACA: We私たち will be tracking追跡 yourきみの progress進捗
with〜と huge巨大 interest利子.
(アンダーソン) 大きな興味を持って
今後を見守っています
15:21
Thanksありがとう soそう muchたくさん, Chrisクリス.
CUCU: Thankありがとうございます you君は. (Applause拍手)
(アームソン) ありがとうございます (拍手)
15:24
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Masako Kigami

▲Back to top

About the speaker:

Chris Urmson - Roboticist
Chris Umson is the Director of Self-Driving Cars at Google[x].

Why you should listen

Since 2009, Chris Urmson has headed up Google’s self-driving car program. So far, the team’s vehicles have driven over three quarters of a million miles. While early models included a driverless Prius that TEDsters got to test- ... um, -not-drive in 2011, more and more the team is building vehicles from the ground up, custom-made to go driverless.

Prior to joining Google, Umson was on the faculty of the Robotics Institute at Carnegie Mellon University, where his research focused on motion planning and perception for robotic vehicles. During his time at Carnegie Mellon, he served as Director of Technology for the team that won the 2007 DARPA Urban Challenge.

More profile about the speaker
Chris Urmson | Speaker | TED.com