English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2007

Robin Chase: The idea behind Zipcar (and what comes next)

ロビン・チェイスによるZipcarと更なるビッグアイデア

Filmed
Views 438,919

ロビン・チェイスは世界的なカーシェアリング会社「Zipcar」の設立者。Zipcarはロビン・チェイスが構想する比較的小さなアイデアの一つにすぎない。この講演でチェイスはZipcarをはるかにうわまるアイデア、現代の運転習慣を劇的に変える道路課金システムと州間高速道路をまたがるメッシュネットワークについて語る。

- Transport networker
With Zipcar, Robin Chase introduced car-crazy America to the concept of non-ownership. Now she's flipping that model with Buzzcar, which lets you rent your own auto to your neighbors. Full bio

I'm私は going to talkトーク about two stories物語 today今日.
今日は二つお話しすることがあります
00:12
One1 つ is howどうやって we我々 need必要 to useつかいます market-based市場ベース pricing価格設定 to affect影響を与える demandデマンド
一つは 市場本位の価格設定で需要にこたえながら
00:15
and useつかいます wireless無線 technologiesテクノロジー to dramatically劇的に reduce減らす our我々の emissions排出量
ワイヤレス技術を利用して 運輸セクターで
00:22
in the transportation交通 sectorセクタ.
二酸化炭素排出量を劇的に減らす方法です
00:26
And the otherその他 is thatそれ thereそこ is an incredible信じられない opportunity機会
もう一つは 適切なワイヤレス技術が
00:29
ifif we我々 choose選択する the right wireless無線 technologiesテクノロジー;
非常に大きなチャンスをもたらすこと つまり
00:31
howどうやって we我々 can generate生成する a new新しい engineエンジン for economic経済的 growth成長
経済成長を牽引する新しい原動力を生み出すと同時に
00:34
and dramatically劇的に reduce減らす C02 in the otherその他 sectorsセクター.
他セクターの二酸化炭素排出量を激減させる方法です
00:37
I'm私は really本当に scared怖い.
とても怖いのです
00:40
We私たち need必要 to reduce減らす C02 emissions排出量 in ten to fifteen15 years by 80 percentパーセント
10年や15年で二酸化炭素排出量を8割減らさなければ
00:42
in order注文 to avert回避する catastrophic壊滅的な effects効果.
破壊的な影響を避けられません
00:46
And I am astounded驚いた thatそれ I'm私は standing立っている hereここに to telltell you君は thatそれ.
そう言わなければならない現実に愕然とします
00:49
What are catastrophic壊滅的な effects効果? A three degree centigrade摂氏 climate気候 change変化する rise上昇
破壊的な影響とは何か? 気温が摂氏3度上昇して
00:52
thatそれ will result結果 in 50 percentパーセント species extinction絶滅.
それにより地球上の生物の半分が絶滅することです
00:57
It'sそれは、します。 notない a movie映画. Thisこれ is realリアル life.
映画ではありません これは現実です
01:02
And I'm私は really本当に worried心配している, becauseなぜなら whenいつ people talkトーク about cars
本当に不安です というもの 車の話題になると
01:05
-- whichどの I know知っている something何か about --
私も多少 知ってはいますが
01:08
the press押す and politicians政治家 and people in thisこの roomルーム are allすべて thinking考え,
メディアや 政治家や この会場にいる皆さんも みんな
01:11
"Let'sしてみましょう useつかいます fuel-efficient燃料効率 cars."
"低燃費車に乗ろう"と考えるからです
01:15
Ifもし we我々 started開始した today今日, 10 years fromから now, at the end終わり of thisこの window of opportunity機会,
今日から始めたとして 残された10年では
01:18
thoseそれら fuel-efficient燃料効率 cars will reduce減らす our我々の fossil化石 fuel燃料 needsニーズ by four4つの percentパーセント.
低燃費車で化石燃料の需要が4パーセント減るでしょうが
01:26
Thatそれ is notない enough十分な.
それでは足りないのです
01:32
Butだがしかし now I'll talkトーク about some一部 moreもっと pleasant楽しい thingsもの.
でも明るい話があります
01:34
Hereここは are some一部 ways方法 thatそれ we我々 can make作る some一部 dramatic劇的 changes変更.
劇的な変化を起こす方法をいくつか紹介しましょう
01:35
Soだから, Zipcarジップカー is a company会社 thatそれ I founded設立 sevenセブン years ago,
私は7年前にZipcarを設立しました
01:38
butだけど it'sそれは an example of something何か calledと呼ばれる car sharing共有.
いわゆるカーシェアリングの会社です
01:42
What Zipcarジップカー does is we我々 parkパーク cars throughout全体を通して dense高密度 urban都市 areasエリア
密集都市地域に配備した車を 会員に
01:45
for membersメンバー to reserve予備, by the hour時間 and by the day, instead代わりに of usingを使用して their彼らの own自分の car.
マイカー代わりに 時間単位や一日単位で借す事業です
01:48
Howどう does itそれ feel感じる to be a person usingを使用して a Zipcarジップカー?
Zipcarの利用者になるとはどういうことでしょう?
01:53
Itそれ means手段 thatそれ I pay支払う onlyのみ for what I need必要.
必要な時にだけ利用し お金を払うということです
01:56
Allすべての thoseそれら hours時間 whenいつ a car is sitting座っている idleアイドル, I'm私は notない paying払う for itそれ.
そして使わない時間に対しては 一切お金を払わない
01:59
Itそれ means手段 thatそれ I can choose選択する a car exactly正確に for thatそれ particular特に trip旅行.
さらに 用途にぴったりあう車を選べるということです
02:03
Soだから, here'sここにいる a woman女性 thatそれ reserved予約済み MiniMiaミニミア, and she彼女 had her彼女 day.
この方はMia号という小型車MINIを1日利用しました
02:07
I can take a BMWBMW whenいつ I'm私は seeing見る clientsクライアント.
取引先へ行く時はBMWに乗れます
02:11
I can driveドライブ myじぶんの Toyotaトヨタ Element素子 whenいつ I'm私は going to go on thatそれ surfingサーフィン trip旅行.
サーフィンなら 大きなエレメントにも乗れます
02:14
And the otherその他 remarkable顕著 thingもの is it'sそれは, I think思う, the highest最高 status状態 of car ownership所有.
さらに 車を所有するという観点からも最善の選択です
02:22
Notじゃない onlyのみ do I have a fleet艦隊 of cars available利用可能な to me in sevenセブン cities都市 aroundまわり the world世界
世界の7都市で さまざまな車種を
02:28
thatそれ I can have at myじぶんの beckいけない and callコール,
自由に利用できるうえに
02:32
butだけど heaven天国 forbid禁じる I would everこれまで maintain維持する
メンテナンスの必要はゼロ
02:34
orまたは deal対処 with〜と the repair修復 orまたは have anything何でも to do with〜と itそれ.
修理は不要 何の道具も必要ありません
02:37
It'sそれは、します。 like the car thatそれ you君は always常に wanted thatそれ yourきみの momママ said前記 thatそれ you君は couldn'tできなかった have.
あり得ないと思われていた理想の車みたいなものです
02:40
I get allすべて the good良い stuffもの and noneなし of the bad悪い.
いいとこばかりで悪いところは一切ない
02:45
Soだから, what is the socialソーシャル result結果 of thisこの?
ではZipcarは社会にどんな影響を与えたのでしょうか?
02:48
The socialソーシャル result結果 is thatそれ today's今日の Zipcarジップカー has 100,000 membersメンバー
Zipcarでは現在 10万人の会員が
02:51
driving運転 3,000 cars parked駐車した in 3,000 parkingパーキング spacesスペース.
3千か所に配備された3千台の車を利用しています
02:55
Instead代わりに of driving運転 12,000 milesマイル a year, whichどの is what the average平均 cityシティ dweller住人 does,
都会の人は1年で 平均1万2千マイル運転しますが
02:59
they彼ら driveドライブ 500 milesマイル a year. Are they彼ら happyハッピー?
Zipcar利用者は500マイル それで満足なのでしょうか?
03:02
The company会社 has been doubling倍増する in sizeサイズ everこれまで since以来 I founded設立 itそれ, orまたは greater大きい.
会社の規模は 設立当時の2倍以上に成長しました
03:06
People adore崇拝します the company会社. And it'sそれは betterより良い,
Zipcarは世間に受け入れられていますし
03:10
you君は know知っている? They彼らが like itそれ.
愛されてもいます
03:15
Soだから, howどうやって is itそれ thatそれ people went行った fromから the 12,000 milesマイル a year to 500 milesマイル?
年間1万2千マイルから500マイルにできた理由 それは
03:17
It'sそれは、します。 becauseなぜなら they彼ら said前記, "It'sそれは、します。 eight8 to 10 dollarsドル an hour時間 and 65 dollarsドル a day.
1時間8ドルから10ドル 1日65ドルという価格にあります
03:21
Ifもし I'm私は going to go buy購入 some一部 ice creamクリーム,
アイスクリームを買いに行くのに
03:26
do I really本当に want to spend費やす eight8 dollarsドル to go buy購入 the ice creamクリーム? Orまたは maybe多分 I'll do withoutなし.
8ドル出して買いに行くべきか 我慢するか
03:29
Maybe多分 I would have bought買った the ice creamクリーム whenいつ I did some一部 otherその他 errand使い."
それより何か他の用事のついでに買ったほうがいい
03:32
Soだから, people really本当に respond応答する very非常に quickly早く to itそれ, to prices価格.
このように人は価格に敏感に反応します
03:35
And the last最終 pointポイント I want to make作る is Zipcarジップカー would never決して be possible可能 withoutなし technology技術.
さらに Zipcarの実現にはテクノロジーが不可欠でした
03:38
Itそれ required必須 thatそれ itそれ was completely完全に trivial自明: thatそれ itそれ takes 30 seconds
30秒間で予約し 駐車場へ行き 利用する
03:43
to reserve予備 a car, go get itそれ, driveドライブ itそれ.
そういった手軽さが必要でした
03:47
And for me, as a serviceサービス providerプロバイダ,
サービス提供者の観点では
03:51
I would never決して be ableできる to provide提供する you君は a car for an hour時間
手続コストがかかり過ぎれば
03:53
ifif the transactionトランザクション costコスト was anything何でも.
時間単位では提供できませんから
03:55
Soだから, withoutなし theseこれら wireless無線 technologiesテクノロジー, thisこの, as a concept概念, could never決して happen起こる.
ワイヤレス技術なしで このコンセプトは実現できません
03:57
Soだから, here'sここにいる another別の example. Thisこれ company会社 is GoLocoGoLoco --
もう一つの例としてGoLocoという会社についてお話します
04:02
I'm私は launching打ち上げ itそれ in about three weeks --
3週間後に始動する予定です
04:05
and I hope希望 to do for ridesharing乗り物 what I did for car sharing共有.
Zipcarで実現したことを ライドシェアリング(相乗り)の分野でも実現したいと思います
04:07
Thisこれ will apply適用する to people across横断する allすべて of Americaアメリカ.
アメリカ全土に共通して言えることですが
04:11
Today今日, 75 percentパーセント of the trips旅行 are single-occupancy一人部屋 vehicles乗り物,
走行車両の75パーセントは搭乗者が一人です
04:14
yetまだ 12 percentパーセント of trips旅行 to work are currently現在 carpoolカープール.
ところが 通勤時は 12パーセントが相乗りです
04:17
And I think思う thatそれ we我々 can apply適用する socialソーシャル networksネットワーク and onlineオンライン payment支払い systemsシステム
ソーシャル ネットワーキング サービスやオンライン決算システムを利用して
04:22
to completely完全に change変化する howどうやって people feel感じる about ridesharing乗り物
相乗りに対する認識を変えられれば
04:27
and make作る thatそれ trip旅行 muchたくさん moreもっと efficient効率的な.
もっと効率的に車を利用することできると思います
04:29
And soそう whenいつ I think思う about the future未来,
未来について考えてみると
04:32
people will be thinking考え thatそれ sharing共有 the rideライド with〜と someone誰か
相乗りというのが
04:35
is thisこの incredibly信じられないほど greatすばらしいです socialソーシャル eventイベント outでる of their彼らの day.
人とふれあう良い機会だと認識されるようになるはずです
04:38
Youあなたが know知っている, howどうやって did you君は get to TEDTED? Youあなたが went行った with〜と otherその他 TEDstersTEDsters.
皆さん どうやって来られました? 他の参加者と一緒?
04:41
Howどう fabulous素晴らしい. Whyなぜでしょうか would you君は everこれまで want to go by yourselfあなた自身 in yourきみの own自分の car?
素晴らしい 一人で運転したいなんて思いませんよね?
04:44
Howどう did you君は go foodフード shoppingショッピング? Youあなたが went行った with〜と yourきみの neighbor隣人, what a greatすばらしいです socialソーシャル time時間.
買い物は? ご近所さんと一緒のほうが楽しいですよね
04:47
Youあなたが know知っている it'sそれは going to really本当に transform変換する howどうやって we我々 feel感じる about travel旅行,
ライドシェアリングは移動の概念を大きく変えて
04:50
and itそれ will alsoまた、, I think思う, enhance強化する our我々の freedom自由 of mobility移動性.
移動性の自由度を高めます
04:55
Whereどこ can I go today今日 and who can I do itそれ with〜と?
今日 どこへ 誰と一緒に行けるかな
04:59
Thoseそれら are the typesタイプ of thingsもの thatそれ you君は will look見える at and feel感じる.
といったことを 感じられるようになります
05:01
And the socialソーシャル benefits利点:
社会的なプラス面もあります
05:04
the rateレート of single-occupancy一人部屋 vehicles乗り物 is, I told言った you君は, 75 percentパーセント;
搭乗者が1名の車は 75パーセントと言いましたね
05:06
I think思う we我々 can get thatそれ downダウン to 50 percentパーセント.
これを50パーセントまで抑えることができて
05:09
The demandデマンド for parkingパーキング, of courseコース, is downダウン, congestion混雑 and the COCO2 emissions排出量.
駐車場の需要や 渋滞や 二酸化炭素排出量が減ります
05:12
One1 つ last最終 pieceピース about thisこの, of courseコース, is thatそれ it'sそれは enabled有効 by wireless無線 technologiesテクノロジー.
これを実現するには ワイヤレス技術が欠かせません
05:15
And it'sそれは the costコスト of driving運転 that'sそれは making作る people want to be ableできる to do thisこの.
相乗りが注目されるのは 今の運転コストが高いからです
05:20
The average平均 Americanアメリカ人 spends支出 19 percentパーセント of their彼らの income所得 on their彼らの car,
一般のアメリカ人は収入の19パーセントを車に使います
05:23
and there'sそこに a pressure圧力 for themそれら to reduce減らす thatそれ costコスト, yetまだ they彼ら have noいいえ outlet出口 today今日.
このコストを下げたいのに 下げる方法はありません
05:27
Soだから, the last最終 example of thisこの is congestion混雑 pricing価格設定, very非常に famously有名 done完了 in Londonロンドン.
最後は ロンドンで導入され注目された渋滞課金制度です
05:34
It'sそれは、します。 whenいつ you君は charge電荷 a premiumプレミアム for people to driveドライブ on congested混雑した roads道路.
渋滞区域を走る車に課金する制度です
05:39
In Londonロンドン, the day they彼ら turned回した the congestion混雑 pricing価格設定 on,
この制度がロンドンで導入さた翌日には
05:42
thereそこ was a 25 percentパーセント decrease減少 in congestion混雑 overnight一晩,
渋滞が25パーセント軽減されました
05:44
and that'sそれは persisted持続された for the four4つの years in whichどの they've彼らは been doing congestion混雑 pricing価格設定.
そしてその後も4年間 この効果が持続しました
05:49
And again再び, do people like the outcome結果?
この結果に人々はどう反応したでしょうか?
05:52
Kenケン Livingstoneリビングストン was reelected再選.
ロンドンのリヴィングストン市長を再選に導きました
05:56
Soだから again再び, we我々 can see見る thatそれ price価格 plays演劇 an enormous巨大な role役割 in people's人々の willingness意欲
このように 価格は 意思決定を大きく左右し
05:59
to reduce減らす their彼らの driving運転 behavior動作.
結果 運転を控えるようになるのです
06:05
We've私たちは tripled三倍 the milesマイル thatそれ we我々 driveドライブ since以来 1970 and doubled倍増 themそれら since以来 1982.
走行距離は 1970年の3倍 1982年の2倍になって
06:08
There'sあります。 a huge巨大 slackスラック in thatそれ systemシステム;
交通システムが麻痺するようになりましたが
06:12
with〜と the right pricing価格設定 we我々 can undo元に戻す thatそれ.
適正価格に設定すれば 改善を図ることができます
06:14
Congestion混雑 pricing価格設定 is beingであること discussed議論する in everyすべて majorメジャー cityシティ aroundまわり the world世界
渋滞課金制度は世界の主要都市で検討されていますが
06:18
and is, again再び, wirelesslyワイヤレスで enabled有効.
実現にはワイヤレス技術が必要です
06:21
Youあなたが weren'tなかった going to put tollbooths料金所 aroundまわり the cityシティ of Londonロンドン
ロンドン一帯に料金所を設置して
06:23
and open開いた and shutシャット thoseそれら gatesゲート.
ゲートを開け閉めしたりはしないのです
06:25
And what congestion混雑 pricing価格設定 is is thatそれ it'sそれは a technology技術 trial試行 and a psychological心理的 trial試行
渋滞課金制度は 道路課金制度を支える技術と
06:27
for something何か calledと呼ばれる road道路 pricing価格設定.
それに対する人々の心理を試すものです
06:32
And road道路 pricing価格設定 is whereどこで we're私たちは allすべて going to have to go,
いずれ道路課金しか手がなくなります
06:35
becauseなぜなら today今日 we我々 pay支払う for our我々の maintenanceメンテナンス
というのも 今は
06:37
and wear着る and tear on our我々の cars with〜と gasガス taxes税金.
道路の維持や補修を ガソリン税でまかなっていますが
06:39
And as we我々 get our我々の cars moreもっと fuel-efficient燃料効率,
燃費が良くなれば
06:42
that'sそれは going to be reducing還元する the amount of revenue収入 thatそれ you君は get off of thoseそれら gasガス taxes税金,
ガソリン税の税収が減ってしまうからです
06:47
soそう we我々 need必要 to charge電荷 people by the mileマイル thatそれ they彼ら driveドライブ.
だから 走行距離に応じて課金する必要があるのです
06:51
Whateverなんでも happens起こる with〜と congestion混雑 pricing価格設定 and thoseそれら technologiesテクノロジー
渋滞課金で試して
06:55
will be happeningハプニング with〜と road道路 pricing価格設定.
同じテクノロジーを道路課金でも利用することになります
06:57
Whyなぜでしょうか do we我々 travel旅行 too muchたくさん?
なぜ運転しすぎるのでしょう?
07:00
Car travel旅行 is underpriced低価格 and thereforeしたがって、 we我々 over-consumed過消費.
コストが低すぎるから 過剰に運転するのです
07:02
We私たち need必要 to put thisこの betterより良い market市場 feedbackフィードバック.
もっと市場の動きを取り入れるべきです
07:05
And ifif we我々 have itそれ, you'llあなたは decide決めます howどうやって manyたくさんの milesマイル to driveドライブ,
そうすれば それに応じて走行距離や
07:07
what modeモード of travel旅行, whereどこで to liveライブ and work.
移動手段や 家や 職場を選ぶようになります
07:09
And wireless無線 technologiesテクノロジー make作る thisこの real-timeリアルタイム loopループ possible可能.
ワイヤレス技術こそこのリアルタイムの決断を可能にするのです
07:11
Soだから, I want to move動く now to the second二番 part of myじぶんの storyストーリー,
今日二つ目にお話ししたいことは
07:15
whichどの is: whenいつ are we我々 going to start開始 doing
この渋滞課金をいつ始めるかということです
07:17
thisこの congestion混雑 pricing価格設定? Road道路 pricing価格設定 is coming到来.
道路課金は近い将来導入されるでしょう
07:22
Whenいつ are we我々 going to do itそれ? Are we我々 going to wait待つ
具体的にいつか?
07:26
10 to 15 years for thisこの to happen起こる
あと10年とか15年でしょうか?
07:27
orまたは are we我々 going to finally最後に have thisこの political政治的 will to make作る itそれ happen起こる in the next two years?
あるいは 2年以内についに導入されるかもしれません?
07:29
Becauseというのは I'm私は going to sayいう, thatそれ is going to be the toolツール that'sそれは going to turn順番 our我々の usage使用法 overnight一晩.
というのも 道路課金により生活が急変するからです
07:32
And what kind種類 of wireless無線 technology技術 are we我々 going to useつかいます?
さて どんなワイヤレス技術を利用しましょうか?
07:36
Thisこれ is myじぶんの big大きい visionビジョン.
私が抱いている大きなビジョンをお話ししましょう
07:40
Thereそこ is a toolツール thatそれ can help助けて us bridgeブリッジ the digitalデジタル divide分ける,
あるツールを使えば 情報格差を乗り越え
07:43
respond応答する to emergencies緊急事態, get trafficトラフィック moving動く,
緊急事態に対処し 交通をスムーズにし
07:46
provide提供する a new新しい engineエンジン for economic経済的 growth成長
経済成長を促す原動力を生み
07:50
and dramatically劇的に reduce減らす COCO2 emissions排出量 in everyすべて sectorセクタ.
各分野で 二酸化炭素の排出量を 劇的に削減できます
07:53
And thisこの is a moment瞬間 fromから "The Graduate卒業." Do you君は remember思い出す thisこの moment瞬間?
映画「卒業」のこんな場面をご存知でしょうか?
07:59
Youあなたが guysみんな are going to be the handsomeハンサム young若い guy
皆さんは あの立派な青年で
08:03
and I'm私は going to be the wise賢い businessmanビジネスマン.
私が あの有能なビジネスマンだとしましょう
08:06
"I want to sayいう one1 wordワード to you君は, justちょうど one1 wordワード."
"一つ言っておきたい 一つだけだ"
08:09
"Yesうん, sirサー?" "Are you君は listening聞いている?" "Yesうん I am."
"何ですか?" "よく聞きなさい" "はい"
08:11
"Ad-hocこのために peer-to-peerピアツーピア self-configuring自己構成 wireless無線 networksネットワーク."
"これからはアドホック ピアツーピア形式による自律型ワイヤレスネットワークの時代だ"
08:17
(Laughter笑い)
(笑い)
08:21
Theseこれら are alsoまた、 calledと呼ばれる meshメッシュ networksネットワーク.
メッシュネットワークともいい
08:25
And in a meshメッシュ, everyすべて deviceデバイス contributes貢献する to and expands拡大する the networkネットワーク,
全装置がネットワークを組んでエリアを拡大します
08:27
and I think思う you君は mightかもしれない have heard聞いた a little少し bitビット about itそれ before.
耳にしたことはあると思いますが
08:31
I'm私は going to give you君は some一部 examples.
いくつか例をあげてみましょう
08:33
You'llあなたは be hearing聴覚 later後で today今日 fromから Alanアラン Kayケイ.
この後 アラン ケイ氏の講演がありますが
08:35
Theseこれら laptopsラップトップ, whenいつ a child opens開く themそれら upアップ,
あのラップトップは 子供たちが使用する際は
08:37
they彼ら communicate通信する with〜と everyすべて singleシングル child in the classroom教室,
教室にいる他の生徒全員とつながるようになっています
08:40
within以内 thatそれ school学校, within以内 thatそれ village.
学校や 村の中にいるすべての生徒ともつながります
08:43
And what is the costコスト of thatそれ communicationコミュニケーション systemシステム?
この通信システムのコストは?
08:46
Zeroゼロ dollarsドル a month.
月額ゼロです
08:48
Here'sここにいる another別の example: in New新しい Orleansオルレアン,
別の事例ですが ニューオーリンズでは
08:51
videoビデオ camerasカメラ were mesh-enabledメッシュ対応
メッシュ接続可能なビデオカメラで
08:53
soそう thatそれ they彼ら could monitorモニター crime犯罪 in the downtownダウンタウン Frenchフランス語 Quarter四半期.
フレンチクオーターで起こる犯罪を監視していました
08:55
Whenいつ the hurricaneハリケーン happened起こった,
ハリケーン カトリーナが襲った時
08:58
the onlyのみ communicationコミュニケーション systemシステム standing立っている was the meshメッシュ networkネットワーク.
唯一機能していた通信システムはメッシュネットワークで
09:00
Volunteersボランティア flew飛んだ in, added追加された a whole全体 bunch of devicesデバイス,
ボランティアが現地でたくさんの装置を追加しました
09:03
and for the next 12 months数ヶ月,
それから12ヶ月間
09:06
meshメッシュ networksネットワーク were the onlyのみ wireless無線 thatそれ was happeningハプニング in New新しい Orleansオルレアン.
ニューオーリンズで利用できるワイヤレス通信はメッシュネットワークだけでした
09:08
Anotherもう一つ example is in Portsmouthポーツマス, U.K.
次は イギリスのポーツマス市の事例です
09:13
They彼らが mesh-enabledメッシュ対応 300 busesバス and they彼ら speak話す to theseこれら smartスマート terminalsターミナル.
バス300台がメッシュ接続されていて 高機能案内装置に
09:15
Youあなたが can look見える at the terminalターミナル
話しかけたり眺めたりすれば
09:19
and be ableできる to see見る precisely正確に whereどこで yourきみの busバス is on the street通り
乗りたいバスの現在地を正確に知ることができます
09:21
and whenいつ it'sそれは coming到来, and you君は can buy購入 yourきみの tickets切符売場 in realリアル time時間.
バスが近づいてきたら案内装置でチケットも購入できます
09:25
Againもう一度, allすべて mesh-enabledメッシュ対応. Monthly毎月 communicationコミュニケーション costコスト: zeroゼロ.
やはり全てがメッシュ接続なので月額の通信費はゼロです
09:29
Soだから, the beauty美しさ of meshメッシュ networksネットワーク:
つまりメッシュネットワークの利点は
09:35
you君は can have theseこれら very非常に low-cost低価格 devicesデバイス.
低コストの装置が利用でき
09:38
Zeroゼロ ongoing進行中の communicationコミュニケーション costsコスト. Highly非常に scalableスケーラブルな;
通信費がゼロで エリア拡大が容易であることです
09:40
you君は can justちょうど keepキープ adding追加する themそれら, and as in Katrinaカトリーナ,
カトリーナの時のように 次々と追加できますし
09:43
you君は can keepキープ subtracting減算する themそれら -- as long長いです as there'sそこに some一部, we我々 can stillまだ communicate通信する.
削減もできます 何台か残っていれば通信は可能なのです
09:45
They're彼らは resilient弾力のある; their彼らの redundancy冗長性 is built建てられた into thisこの fabulous素晴らしい decentralized分権化された design設計.
分散型システムには冗長性があり 耐障害性に優れます
09:49
What are the incredible信じられない weaknesses弱点?
では致命的な短所はあるのでしょうか?
09:53
Thereそこ isn'tない anybody in Washingtonワシントン lobbyingロビー活動 to make作る itそれ happen起こる --
実現を求めてロビー活動をする人が誰もいませんし
09:55
orまたは in thoseそれら municipalities市町村, to buildビルドする outでる their彼らの cities都市 with〜と theseこれら wireless無線 networksネットワーク --
地域に導入しようとする地方自治体もないことです
09:59
becauseなぜなら there'sそこに zeroゼロ ongoing進行中の communicationsコミュニケーション costコスト.
通信コストはゼロなのにやらないのです
10:02
Soだから, the examples thatそれ I gave与えた you君は are theseこれら islands島々 of meshメッシュ networksネットワーク,
点在するメッシュネットワークを例示してきましたが
10:05
and networksネットワーク are interesting面白い onlyのみ as they彼ら are big大きい.
ネットワークは規模が大きくなければ面白くありません
10:09
Howどう do we我々 create作成する a big大きい networkネットワーク?
どうすれば巨大なネットワークを構築できるでしょうか?
10:13
Are you君は guysみんな ready準備完了 again再び -- "The Graduate卒業"?
また映画「卒業」のひとコマです
10:18
Thisこれ time時間 you君は will stillまだ play遊びます the handsomeハンサム young若い thingもの, butだけど I'll be the sexyセクシー woman女性.
皆さんは立派な青年で 私はセクシーな女性の役です
10:21
Theseこれら are the next two lines in the movie映画.
こんなセリフがありましたね
10:25
"Whereどこ did you君は do itそれ?" "In his car."
"どこでやったんですか?" "彼の車の中よ"
10:27
Soだから you君は know知っている, whenいつ you君は stickスティック thisこの ideaアイディア ... (Laughter笑い)
ですから このアイディア... (笑い)
10:32
whereどこで would we我々 expect期待する me, Robinロビン Chase追跡, to be thinking考え
メッシュネットワークの装置を設置するとしたら
10:37
is imagine想像する ifif we我々 put a mesh-networkメッシュネットワーク deviceデバイス
私ならどこにすると思いますか?
10:41
in everyすべて singleシングル car across横断する Americaアメリカ.
アメリカ全土の全ての車の中です
10:43
We私たち could have a coast-to-coast沿岸から海岸, free無料 wireless無線 communicationコミュニケーション systemシステム.
全土を覆う無料のワイヤレス通信システムができます
10:46
I guess推測 I justちょうど want you君は to think思う about thatそれ.
是非考えてみてください
10:52
And whyなぜ is thisこの going to happen起こる? Becauseというのは we're私たちは going to do congestion混雑 pricing価格設定,
なぜ実現できるか? それは渋滞課金が導入され
10:56
we我々 are going to do road道路 tolls通行料,
道路課金制度が導入され
11:00
gasガス taxes税金 are going to become〜になる road道路 pricing価格設定.
ガソリン税から道路課金に替わるからです
11:02
Theseこれら thingsもの are going to happen起こる.
こういったことが実現していきます
11:05
What's何の the wireless無線 technology技術 we're私たちは going to useつかいます?
どんなワイヤレス技術を利用するか?
11:07
Maybe多分 we我々 should useつかいます a good良い one1. Whenいつ are we我々 going to do itそれ?
最適なものを使いましょう ではいつ実現させましょうか?
11:09
Maybe多分 we我々 shouldn'tすべきではない wait待つ for the 10 orまたは 15 years for thisこの to happen起こる.
10年や15年も待つべきではないでしょう
11:13
We私たち should pull引く itそれ forward前進.
これから準備し始めたほうがよいでしょう
11:16
Soだから, I'd like us to launch打ち上げ the wireless無線 Internetインターネット interstate州間 wireless無線 meshメッシュ systemシステム,
州間ワイヤレスメッシュシステムを構築したいのです
11:19
and require要求する thatそれ thisこの networkネットワーク be accessibleアクセス可能な to everyoneみんな, with〜と open開いた standards基準.
オープン標準を採用し 誰でもアクセスできるようにします
11:25
Right now in the transportation交通 sectorセクタ, we're私たちは creating作成 theseこれら wireless無線 devicesデバイス --
今 運輸セクターでこのワイヤレス装置を導入しています
11:30
I guess推測 you君は guysみんな mightかもしれない have Fast速い Passパス hereここに orまたは Easy簡単 LaneLANE --
皆さんが利用するFastPassやEasyLaneは
11:34
thatそれ are single-purpose単目的 devicesデバイス in theseこれら closed閉まっている networksネットワーク.
閉鎖型ネットワークで利用される単一目的の装置です
11:37
What is the pointポイント?
つまり
11:41
We're我々 はしています。 transferring移転する justちょうど a few少数 little少し dataデータ bitsビット
道路制御 道路課金では
11:42
whenいつ we're私たちは doing road道路 controlling制御する, road道路 pricing価格設定.
送受信するデーター量はわずかですから
11:44
We私たち have thisこの incredible信じられない excess過剰 capacity容量.
通信容量がかなり余っているのです
11:46
Soだから, we我々 can provide提供する the lowest-cost最低コスト means手段 of going wireless無線 coast-to-coast沿岸から海岸,
だから 低コストで全土にワイヤレス網を構築できるのです
11:48
we我々 can have resilient弾力のある nationwide全国的 communicationコミュニケーション systemsシステム,
耐障害性に優れた通信システムを実現できます
11:52
we我々 have a new新しい toolツール for creating作成 efficiencies効率 in allすべて sectorsセクター.
あらゆるセクターで効率を高める 新ツールが実現します
11:55
Imagine想像する what happens起こる whenいつ the costコスト of getting取得 information情報
情報を どこからどこへ送っても
11:58
fromから anywhereどこでも to anywhereどこでも is close閉じる to zeroゼロ.
コストがほぼゼロなら 何が起こるでしょうか
12:00
What you君は can do with〜と thatそれ toolツール: we我々 can create作成する an economic経済的 engineエンジン.
そのツールを使えば 経済成長の原動力を生み出せます
12:03
Information情報 should be free無料, and accessアクセス to information情報 should be free無料,
情報も 情報へのアクセスも無料であるべきです
12:07
and we我々 should be charging充電 people for carbon炭素.
そして二酸化炭素の排出に対して課金すべきです
12:10
I think思う thisこの is a moreもっと powerful強力な toolツール thanより the Interstate州間高速道路 Highwayハイウェイ Act行為,
これは高速道路網よりも強力なツールになりますし
12:14
and I think思う thisこの is as important重要 and world世界 changing変化
経済的にも 電化と同じくらい重要で
12:17
to our我々の economy経済 as electrification電化.
世界を変える力があると思います
12:19
And ifif I had myじぶんの druthersドリューターズ,
私に選択肢があるとしたら
12:21
we我々 would have an open-sourceオープンソース versionバージョン in addition添加 to open開いた standards基準.
オープン標準に加えオープンソースのネットワークを選びます
12:23
And thisこの open-sourceオープンソース versionバージョン means手段 thatそれ
オープンソースということは
12:27
itそれ could be -- ifif we我々 did a brilliantブリリアント jobジョブ of itそれ --
やり方によっては
12:32
itそれ could be used aroundまわり the world世界 very非常に quickly早く.
短期間で世界各国で利用できるようすることも可能です
12:34
Soだから, going backバック to one1 of myじぶんの earlier先に thoughts思考.
話を少し戻します
12:39
Imagine想像する ifif everyすべて one1 of theseこれら busesバス in Lagosラゴス was part of the meshメッシュ networkネットワーク.
ラゴスを走る全てのバスがメッシュネットワークに繋がっていると想像してみてください
12:43
Whenいつ I went行った thisこの morning to Larryラリー Brilliant'sブリリアント TEDTalkTEDTalk prize
今朝ラリー ブリリアント氏によるTEDTalk Prizeの講演に行きました
12:47
-- his fabulous素晴らしい networksネットワーク --
彼は素晴らしいネットワークを活用していますが
12:52
imagine想像する ifif thereそこ was an open-sourceオープンソース
こういったネットワークに接続できて
12:54
meshメッシュ communicationsコミュニケーション deviceデバイス thatそれ can be put into thoseそれら networksネットワーク,
目的を実現できるオープンソースのメッシュ通信装置が
12:56
to make作る allすべて thatそれ happen起こる.
あればいいと思いませんか
12:59
And we我々 can be doing itそれ ifif we我々 could justちょうど get over the fact事実 thatそれ
これは実現可能です もし通信ネットワークのごく一部を
13:01
thisこの little少し sliceスライス of thingsもの is going to be for free無料.
無料にすることができれば
13:05
We私たち could make作る billions何十億 of dollarsドル on top of itそれ,
そこから膨大な収益を生みだすことが可能です
13:07
butだけど thisこの one1 particular特に sliceスライス of communicationsコミュニケーション needsニーズ to be open開いた sourceソース.
そのためにはオープンソースでなければだめなんです
13:10
Soだから, let'sさあ take controlコントロール of thisこの nightmare悪夢:
悪夢のような現状をどうにかしましょう
13:15
implement実装する a gasガス tax税金 immediatelyすぐに;
至急ガソリン税を導入し
13:18
transition遷移 across横断する the nation国家 to road-tollingロードトーリング with〜と thisこの wireless無線 meshメッシュ;
アメリカ全土にワイヤレスメッシュを利用した道路課金システムを導入し
13:21
require要求する thatそれ the meshメッシュ be open開いた to allすべて, with〜と open開いた standards基準;
メッシュはオープンソース オープン標準として
13:26
and, of courseコース, useつかいます meshメッシュ networksネットワーク.
メッシュネットワークを利用しましょう
13:30
Thankありがとうございます you君は. (Applause拍手)
ありがとうございました (拍手)
13:31
Reviewed by Satoshi Tatsuhara

▲Back to top

About the speaker:

Robin Chase - Transport networker
With Zipcar, Robin Chase introduced car-crazy America to the concept of non-ownership. Now she's flipping that model with Buzzcar, which lets you rent your own auto to your neighbors.

Why you should listen

If she weren't a proven entrepreneur, you might imagine Robin Chase as a transportation geek, a dedicated civil servant, endlessly refining computer models of freeway traffic. If she weren't such a green-conscious problem-solver, you might take her for a startup whiz. Case in point: In 2000, Chase focused her MIT business training on a car-sharing scheme imported from Europe and co-founded Zipcar, now the largest car-sharing business in the world. Using a wireless key, location awareness and Internet billing, members pick up Zipcars at myriad locations anytime they want one.

Now Chase has launched Buzzcar, a car-sharing service in France with a twist: instead of a fleet of green Zipcars, the service lets users share their own cars and make money off their unused capacity. Call it peer-to-peer auto rental.

Read this insightful interview with Chase about starting a business and raising kids (including a supermodel).

More profile about the speaker
Robin Chase | Speaker | TED.com