English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2011

AnnMarie Thomas: Hands-on science with squishy circuits

アンマリ-・トーマス「やわらか回路で体験型科学を」

Filmed
Views 862,778

アンマリ-・トーマスが、TED Uにおける実演を通して、家で作れる2種類の小麦粉粘土で電気の性質が説明できることを示します。LED電球を点けたり、モーターを回したり、小さな子どもを回路の設計者にしたりできるのです。

- Educator
AnnMarie Thomas works on the playful side of engineering -- using cool tools to teach and help others. Full bio

I'm私は a huge巨大 believer信者 in hands-onハンズオン education教育.
私は体験型の教育が持つ力を信じていますが
00:15
Butだがしかし you君は have to have the right toolsツール.
それには正しい道具が必要です
00:19
Ifもし I'm私は going to teach教える myじぶんの daughter about electronicsエレクトロニクス,
娘に電子工学のことを教えるのなら
00:21
I'm私は notない going to give her彼女 a solderingはんだ付け iron.
はんだごてを渡したりはしません
00:24
And similarly同様に, she彼女 finds見つけた prototypingプロトタイピング boardsボード
娘も 実験用の基板を持たされたら
00:26
really本当に frustratingイライラする for her彼女 little少し hands.
小さな手で苦労することでしょう
00:28
Soだから myじぶんの wonderful素晴らしい student学生 Samサム and I
それで 優秀な教え子であるサムと一緒に
00:31
decided決定しました to look見える at the most最も tangible有形 thingもの we我々 could think思う of:
一番扱いやすいものを考え
00:34
Play-Dohプレイドゥー.
小麦粉粘土を使うことにしました
00:36
And soそう we我々 spent過ごした a summer
ひと夏かけて
00:38
looking at different異なる Play-Dohプレイドゥー recipesレシピ.
いろいろな小麦粉粘土の作り方を考えました
00:40
And theseこれら recipesレシピ probably多分 look見える really本当に familiar身近な
家で小麦粉粘土を作ったことがあれば
00:42
to anyどれか of you君は who have made homemade自家製 play-dough遊び生地 --
どれもお馴染みのものでしょう
00:44
prettyかなり standard標準 ingredients材料 you君は probably多分 have in yourきみの kitchenキッチン.
台所にあるごく普通の材料で作られています
00:46
We私たち have two favoriteお気に入り recipesレシピ --
私たちのお気に入りは2つ -
00:49
one1 thatそれ has theseこれら ingredients材料
1つは水 小麦粉 塩 植物油 酒石英で作り
00:51
and a second二番 thatそれ had sugarシュガー instead代わりに of salt.
もう1つは塩の代わりに砂糖を入れます
00:53
And they're彼らは greatすばらしいです. We私たち can make作る greatすばらしいです little少し sculptures彫刻 with〜と theseこれら.
小麦粉粘土はすごいんです いろいろな形にできます
00:55
Butだがしかし the really本当に coolクール thingもの about themそれら is whenいつ we我々 put themそれら together一緒に.
でも本当に面白いのは 粘土をつなぎ合わせた時です
00:58
Youあなたが see見る thatそれ really本当に salty塩辛い Play-Dohプレイドゥー?
塩をたくさん入れた小麦粉粘土は
01:01
Well, itそれ conducts行動する electricity電気.
電気をよく通します
01:03
And thisこの is nothing何も new新しい.
目新しいことではありません
01:05
Itそれ turnsターン outでる thatそれ regular定期的 Play-Dohプレイドゥー thatそれ you君は buy購入 at the store格納 conducts行動する electricity電気,
店で売っている小麦粉粘土も電気を通しますし
01:07
and high高い school学校 physics物理 teachers教師 have used thatそれ for years.
高校の物理の授業ではずっと前から使われています
01:09
Butだがしかし our我々の homemade自家製 play-dough遊び生地
でも私たちが作った小麦粉粘土は
01:12
actually実際に has halfハーフ the resistance抵抗 of commercial商業の Play-Dohプレイドゥー.
市販品の2倍電気を通します
01:14
And thatそれ sugarシュガー dough生地?
砂糖を入れた粘土はどうでしょう?
01:16
Well it'sそれは 150 times moreもっと resistant耐性のある to electric電気の current現在
塩の粘土よりも
01:18
thanより thatそれ salt dough生地.
150倍も電気を通しにくいのです
01:20
Soだから what does thatそれ mean平均?
だから 一緒にすると
01:22
Well itそれ means手段 ifif you君は themそれら together一緒に you君は suddenly突然 have circuits回路 --
電気回路が作れるのです
01:24
circuits回路 thatそれ the most最も creative創造的な, tiny小さな, little少し hands
創造性に満ちた小さな子どもの手で
01:27
can buildビルドする on their彼らの own自分の.
自ら作ることのできる回路です
01:30
(Applause拍手)
(拍手)
01:33
And soそう I want to do a little少し demoデモ for you君は.
どういうことか やってみましょう
01:38
Soだから ifif I take thisこの salt dough生地,
塩入りの小麦粉粘土を -
01:42
again再び, it'sそれは like the play-dough遊び生地 you君は probably多分 made as kids子供たち,
皆さんが子どもの頃作ったようなやつです -
01:44
and I plugプラグ itそれ in --
差し込みます -
01:46
it'sそれは a two-lead2リード battery電池 packパック, simple単純 battery電池 packパック,
これは2本のリード線がついた普通の電池パックです -
01:48
you君は can buy購入 themそれら at Radio無線 Shack小屋
家電店のレディオシャックだとか
01:51
and prettyかなり muchたくさん anywhereどこでも elseelse --
どこでも買えるものです -
01:53
we我々 can actually実際に then次に
これを使って実際に
01:55
light thingsもの upアップ.
明かりをつけることができます
01:58
Butだがしかし ifif anyどれか of you君は have studied研究した electrical電気 engineeringエンジニアリング,
電気工学を学んだ人なら
02:02
we我々 can alsoまた、 create作成する a shortショート circuit回路.
ショート回路はご存知でしょう
02:04
Ifもし I push押す theseこれら together一緒に, the light turnsターン off.
粘土をくっつけると明かりが消えます
02:06
Right, the current現在 wants to run走る throughを通して the play-dough遊び生地, notない throughを通して thatそれ LED.
電流はLEDではなく小麦粉粘土を流れるからです
02:09
Ifもし I separate別々の themそれら again再び, I have some一部 light.
離すとまた明かりがつきます
02:11
Well now ifif I take thatそれ sugarシュガー dough生地,
砂糖を入れた粘土を使ってみましょう
02:13
the sugarシュガー dough生地 doesn'tしない want to conduct行動 electricity電気.
砂糖の粘土は電気を通さない
02:15
It'sそれは、します。 like a wall to the electricity電気.
壁のようなものです
02:17
Ifもし I place場所 thatそれ betweenの間に, now allすべて the dough生地 is touching触れる,
砂糖の粘土が間にあると 粘土がくっついていても
02:19
butだけど ifif I stickスティック thatそれ light backバック in,
電球を差し込むと
02:22
I have light.
明かりがつきます
02:24
In fact事実, I could even add追加する some一部 movement移動 to myじぶんの sculptures彫刻.
この粘土に動きをつけることもできます
02:26
Ifもし I want a spinning紡糸 tail, let'sさあ grabつかむ a motorモーター,
クルクル回る尻尾が欲しければ
02:29
put some一部 play-dough遊び生地 on itそれ, stickスティック itそれ on
モーターに小麦粉粘土をつけて差し込みます
02:31
and we我々 have spinning紡糸.
すると回り出します
02:34
(Applause拍手)
(拍手)
02:36
And once一度 you君は have the basics基本,
基本がわかれば
02:40
we我々 can make作る a slightly少し moreもっと complicated複雑な circuit回路.
もう少し複雑な回路も作れます
02:42
We私たち callコール thisこの our我々の sushi寿司 circuit回路. It'sそれは、します。 very非常に popular人気 with〜と kids子供たち.
これは 子どもたちが大好きな寿司回路です
02:44
I plugプラグ in again再び the powerパワー to itそれ.
電池につなぐと
02:47
And now I can start開始 talking話す about parallel平行 and seriesシリーズ circuits回路.
並列と直列回路についての話ができます
02:50
I can start開始 plugging差し込む in lots of lightsライト.
電球をいくつもつないで
02:53
And we我々 can start開始 talking話す about thingsもの like electrical電気 load負荷.
電気負荷などの話をすることができます
02:58
What happens起こる ifif I put in lots of lightsライト
電球をたくさんつないで
03:01
and then次に add追加する a motorモーター?
モーターまで加えるとどうなるでしょう?
03:03
It'llそれは dim暗い.
明かりが暗くなります
03:05
We私たち can even add追加する microprocessorsマイクロプロセッサ
マイクロプロセッサをつないで
03:07
and have thisこの as an input入力
粘土の電気抵抗を読み取り
03:10
and create作成する squishyかすかな sound music音楽 thatそれ we've私たちは done完了.
グニャグニャ変わる音を出すこともできます
03:12
Youあなたが could do parallel平行 and seriesシリーズ circuits回路
子どもと一緒に
03:15
for kids子供たち usingを使用して thisこの.
並列・直列回路を作ることができます
03:17
Soだから thisこの is allすべて in yourきみの home自宅 kitchenキッチン.
必要なものは全て台所にあります
03:20
We've私たちは actually実際に tried試した to turn順番 itそれ into an electrical電気 engineeringエンジニアリング lab研究室.
私たちは 台所を電気工学の実験室にしたのです
03:23
We私たち have a websiteウェブサイト, it'sそれは allすべて thereそこ. Theseこれら are the home自宅 recipesレシピ.
ウェブサイトに全て載せています 家庭で作ることができます
03:26
We've私たちは got some一部 videosビデオ. Youあなたが can make作る themそれら yourselvesあなた自身.
動画もあって自分で試せます
03:29
And it'sそれは been really本当に fun楽しい since以来 we我々 put themそれら upアップ to see見る whereどこで theseこれら have gone行った.
いろいろなところで使われていると聞くのがすごく楽しみです
03:31
We've私たちは had a momママ in Utahユタ州 who used themそれら with〜と her彼女 kids子供たち,
子どもと一種に作ったユタ州のお母さん
03:34
to a science科学 researcher研究者 in the U.K.,
イギリスの科学研究者や
03:36
and curriculumカリキュラム developers開発者 in Hawaiiハワイ.
ハワイのカリキュラム開発者も使っています
03:38
Soだから I would encourage奨励します you君は allすべて to grabつかむ some一部 Play-Dohプレイドゥー,
小麦粉粘土と塩 砂糖を手に
03:41
grabつかむ some一部 salt, grabつかむ some一部 sugarシュガー and start開始 playing遊ぶ.
皆さんも遊んでみて下さい
03:43
We私たち don'tしない usually通常 think思う of our我々の kitchenキッチン as an electrical電気 engineeringエンジニアリング lab研究室
台所が電気工学の実験室だとか 子どもが回路の設計者だとは
03:46
orまたは little少し kids子供たち as circuit回路 designersデザイナー,
普通は思われていませんが
03:49
butだけど maybe多分 we我々 should.
考えを変えるべきなのかもしれません
03:51
Have fun楽しい. Thankありがとうございます you君は.
楽しんで下さい ありがとう
03:53
(Applause拍手)
(拍手)
03:55
Translated by Wataru Narita
Reviewed by Yasushi Aoki

▲Back to top

About the speaker:

AnnMarie Thomas - Educator
AnnMarie Thomas works on the playful side of engineering -- using cool tools to teach and help others.

Why you should listen

AnnMarie Thomas joined the faculty of the University of St. Thomas in the fall of 2006. Previously, she was a faculty member at Art Center College of Design. She is the director of the UST Design laboratory and leads a team of students looking at both the playful side of engineering (squishy circuits for students, the science of circus, toy design) and ways to use engineering design to help others (projects in technology design for older adults). Thomas, in partnership with collaborator Jan Hansen, is co-director of the University of St. Thomas Center for Pre-Collegiate Engineering Education (CPCEE).

Thomas teaches Engineering Graphics, Machine Design, Dynamics (with Circus Lab), Toy Design, Product Design for an Aging Population, and Brain Machine Interfaces (seminar). She organizes the School of Engineering Design Night (featuring the ENGR320 Machine Design competition), and the Design Discussions seminar series.

Thomas has also worked on underwater robotics (at MIT, Caltech and the Monterey Bay Aquarium Research Institute), specializing in biologically inspired propulsion. She has consulted on projects ranging from the design/creation of a "musical earthquake-playing robot" to the initial research for a book on earthquakes in Los Angeles. At Caltech, she founded the Caltech Robotics Outreach Group (CROG) and the Caltech/JPL/LEGO Middle School Robotics Conference.

Get the recipes for the two squishy circuits play doughs here >>

More profile about the speaker
AnnMarie Thomas | Speaker | TED.com