English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2011

Ben Goldacre: Battling bad science

ベン・ゴールドエイカー:悪い科学とのバトル

Filmed
Views 2,254,704

健康についての新しいアドバイスは毎日のように報じられますが、それが正しいかどうかは、どうすれば判るでしょうか。医学博士で疫学者のベン・ゴールドエイカーは、栄養学における極めて明白な問題から、製薬業界における非常に巧妙なトリックまで取り上げ、誤った根拠について矢継ぎ早に紹介します。

- Debunker
Ben Goldacre unpicks dodgy scientific claims made by scaremongering journalists, dubious government reports, pharmaceutical corporations, PR companies and quacks. Full bio

So I'm a doctor医師, but I kind種類 of slippedスリップした sideways横に into research研究,
私は医者ですが 研究の道を進んで
00:15
and now I'm an epidemiologist疫学者.
今では疫学者となりました
00:18
And nobody誰も really knows知っている what epidemiology疫学 is.
疫学について 誰も理解してくれません
00:20
Epidemiology疫学 is the science科学 of how we know in the realリアル world世界
疫学とは 何かが人に良いか悪いかを実社会で
00:22
if something is good for you or bad悪い for you.
どう決めるかという科学です
00:25
And it's bestベスト understood理解された throughを通して example
具体例で理解してもらいましょう
00:27
as the science科学 of those crazy狂った, wacky変な newspaper新聞 headlines見出し.
例えば ばかげて珍妙な新聞の見出しにみられる科学について
00:29
And these are just some of the examples.
ここに挙げたのはほんの一部です
00:34
These are from the Daily毎日 Mail郵便物. Everyすべて country in the world世界 has a newspaper新聞 like this.
デイリー・メールからです どの国にもあるような新聞です
00:36
It has this bizarre奇妙な, ongoing進行中の philosophical哲学的 projectプロジェクト
同紙は奇妙で哲学的ともいえるプロジェクトの最中で
00:39
of dividing分ける all the inanimate生きていない objectsオブジェクト in the world世界
身の周りのありふれた物を
00:42
into the onesもの that eitherどちらか cause原因 or prevent防ぐ cancer.
ガンの原因とガンを防ぐ物とに分けようとしています
00:44
So here are some of the things they said cause原因 cancer recently最近:
最近 こんな物がガンの原因とされました
00:47
divorce離婚, Wi-FiWi-Fi, toiletriesバスアメニティ and coffeeコーヒー.
離婚 Wi-Fi 化粧品やコーヒー
00:49
Here are some of the things they say prevents予防する cancer:
こちらは ガンを防ぐとされた物
00:51
crustsクラスト, red pepperコショウ, licorice甘草 and coffeeコーヒー.
パンの皮や唐辛子 甘草やコーヒー
00:53
So already既に you can see there are contradictions矛盾.
ここで既に 矛盾が生じています
00:55
Coffeeコーヒー bothどちらも causes原因 and prevents予防する cancer.
コーヒーはガンを招くし予防にもなります
00:57
And as you start開始 to read読む on, you can see
読み始めるとわかりますが
00:59
that maybe there's some kind種類 of political政治的 valence価数 behind後ろに some of this.
ある種の政治的な意図も隠されています
01:01
So for women女性, housework家事 prevents予防する breast cancer,
女性は家事をすると乳ガンの予防になり
01:04
but for men男性, shoppingショッピング could make you impotent無力.
男性は買い物に行くと不能になります
01:06
So we know that we need to start開始
こんな話の背後の科学を
01:09
unpicking解錠 the science科学 behind後ろに this.
解き明かして行く必要があります
01:12
And what I hope希望 to showショー
お伝えしたいことは
01:15
is that unpicking解錠 dodgyドギー claims請求,
怪しげな情報を解きほぐし
01:17
unpicking解錠 the evidence証拠 behind後ろに dodgyドギー claims請求,
背後にある根拠を明らかにすることは
01:19
isn't a kind種類 of nasty不快な carpingカーピング activityアクティビティ;
面倒なあら探しなどではなく
01:21
it's socially社会的に useful有用,
社会的に意義あることです
01:24
but it's alsoまた、 an extremely極端な valuable貴重な
また極めて有益な
01:26
explanatory説明的な toolツール.
説明の手段となります
01:28
Because realリアル science科学 is all about
なぜなら本当の科学では他人の研究の
01:30
critically批判的に appraising鑑定 the evidence証拠 for somebody誰か else's他の positionポジション.
根拠を厳しく評価するからです
01:32
That's what happens起こる in academicアカデミック journalsジャーナル.
これは学術誌上で行われています
01:34
That's what happens起こる at academicアカデミック conferencesカンファレンス.
学術会議でも行われます
01:36
The Q&A sessionセッション after a post-op術後 presentsプレゼント dataデータ
データを示した後の Q&A セッションは
01:38
is oftenしばしば a blood血液 bath.
しばしば血の海となります
01:40
And nobody誰も minds that. We actively積極的に welcomeようこそ it.
気にするどころか むしろ歓迎されます
01:42
It's like a consenting合意 intellectual知的 S&M activityアクティビティ.
知的な SM 活動に集中するのです
01:44
So what I'm going to showショー you
これから私の分野である
01:47
is all of the mainメイン things,
科学的根拠に基づく医療の
01:49
all of the mainメイン features特徴 of my discipline規律 --
肝となる原則や特徴について
01:51
evidence-basedエビデンスベース medicine医学.
説明しながら
01:53
And I will talk you throughを通して all of these
その中でそれらの原則や特徴が
01:55
and demonstrate実証する how they work,
どう作用するのかを示します
01:57
exclusively排他的に usingを使用して examples of people getting取得 stuffもの wrong違う.
間違っている例で説明していきましょう
01:59
So we'll私たちは start開始 with the absolute絶対の weakest弱い form of evidence証拠 known既知の to man,
まずは権威という 科学的根拠から
02:02
and that is authority権限.
最も遠い例を取り上げます
02:05
In science科学, we don't careお手入れ how manyたくさんの letters手紙 you have after your name.
科学において 肩書の多さは関係ありません
02:07
In science科学, we want to know what your reasons理由 are for believing信じる something.
何かを信じる その根拠が問題にされるのです
02:10
How do you know that something is good for us
何かが健康によい・悪いと
02:13
or bad悪い for us?
何をもって判断しているかです
02:15
But we're alsoまた、 unimpressed感動しなかった by authority権限,
しかし権威とはすごいもので
02:17
because it's so easy簡単 to contrive考案する.
容易にでっち上げられるのです
02:19
This is somebody誰か calledと呼ばれる DrDr. Gillianジリアン McKeithマッキーズ PhPh.D,
この人は「ジリアン・マキース博士」
02:21
or, to give her full満員 medical医療 titleタイトル, Gillianジリアン McKeithマッキーズ.
もとい「ジリアン・マキース」です
02:23
(Laughter笑い)
(笑)
02:26
Again, everyすべて country has somebody誰か like this.
どこの国にもいるタイプの人です
02:29
She is our TVテレビ dietダイエット guru教祖.
ダイエットの専門家としてテレビに登場し
02:31
She has massive大規模 five seriesシリーズ of prime-timeプライムタイム televisionテレビ,
ゴールデンアワーの番組を5本も持ち
02:33
giving与える out very lavish豪華な and exoticエキゾチック health健康 advice助言.
風変わりで金のかかるアドバイスをしていますが
02:36
She, it turnsターン out, has a non-accredited非認定 correspondence対応 courseコース PhPh.D.
アメリカのどこかで 無認定の通信教育を受けて
02:39
from somewhereどこかで in Americaアメリカ.
博士号を取得したことが判明しています
02:42
She alsoまた、 boasts誇る that she's a certified認定 professional専門家 memberメンバー
アメリカ栄養コンサルタント協会の公認—
02:44
of the Americanアメリカ人 Association協会 of Nutritional栄養 Consultantsコンサルタント,
プロ・メンバーを自称しています
02:46
whichどの sounds very glamorousグラマラス and excitingエキサイティング.
実に華麗なるご経歴ですが
02:48
You get a certificate証明書 and everything.
認定証などは誰でも入手できます
02:50
This one belongs所属 to my deadデッド catネコ HettiHetti. She was a horrible恐ろしい catネコ.
これは昔 うちの猫がもらった認定証です
02:52
You just go to the websiteウェブサイト, fill埋める out the form,
ウェブサイトでフォームに記入して
02:54
give them $60, and it arrives到着 in the post役職.
60ドルを支払うと送られてきます
02:56
Now that's not the only reason理由 that we think this person is an idiot馬鹿.
この人が愚かだと思う理由は他にもあります
02:58
She alsoまた、 goes行く and says言う things like,
緑葉野菜を多く食べた方がいい
03:00
you should eat食べる lots of darkダーク green leaves,
なぜなら葉緑素が多くて
03:02
because they contain含む lots of chlorophyllクロロフィル, and that will really oxygenate酸素化物 your blood血液.
血液を酸化するからと言うのです
03:04
And anybody who'sだれの done完了 school学校 biology生物学 remembers覚えている
学校で生物学を学んだ人なら誰でも
03:06
that chlorophyllクロロフィル and chloroplasts葉緑体
葉緑素や葉緑体が酸素を作るのは
03:08
only make oxygen酸素 in sunlight太陽光,
日光を受けたときと知っていますね
03:10
and it's quiteかなり darkダーク in your bowels after you've eaten食べた spinachほうれん草.
さて食べたホウレンソウの行き先の体内はとても暗いのです
03:12
Next, we need proper適切な science科学, proper適切な evidence証拠.
次に 適切な引用と根拠とが必要です
03:15
So, "Red wineワイン can help prevent防ぐ breast cancer."
「赤ワインは乳がんを予防する」
03:18
This is a headline見出し from the Daily毎日 Telegraph電信 in the U.K.
デイリー・テレグラフの見出しです
03:20
"A glassガラス of red wineワイン a day could help prevent防ぐ breast cancer."
毎日一杯の赤ワインが乳がんを予防するというのです
03:22
So you go and find this paper, and what you find
元の論文を探すとそれは確かに
03:25
is it is a realリアル pieceピース of science科学.
一本の学術論文です
03:27
It is a description説明 of the changes変更 in one enzyme酵素
ある酵素の働きを調べた論文で
03:29
when you drip滴下 a chemical化学 extracted抽出された from some red grapeグレープ skin
赤いぶどうの皮から抽出した物質を
03:32
onto〜に some cancer cells細胞
ある種のがん細胞に与えた結果について
03:35
in a dish on a benchベンチ in a laboratory研究室 somewhereどこかで.
ある実験室の実験台の皿の中での結果です
03:37
And that's a really useful有用 thing to describe説明する
科学的な論文に記述するに値する
03:40
in a scientific科学的 paper,
重要なことですが
03:42
but on the question質問 of your own自分の personal個人的 riskリスク
赤ワインを飲んで
03:44
of getting取得 breast cancer if you drinkドリンク red wineワイン,
乳がんになるのかという問題については
03:46
it tells伝える you absolutely絶対に buggerバグ all.
何も述べていません
03:48
Actually実際に, it turnsターン out that your riskリスク of breast cancer
実は 少しでもアルコールを取るたびに
03:50
actually実際に increases増加する slightly少し
ガンのリスクはわずかながら
03:52
with everyすべて amount of alcoholアルコール that you drinkドリンク.
増大することがわかっています
03:54
So what we want is studies研究 in realリアル human人間 people.
本当の人での研究が望まれます
03:56
And here'sここにいる another別の example.
別の例を紹介します
04:00
This is from Britain'sイギリスの leading先導 dietダイエット and nutritionist栄養士 in the Daily毎日 Mirror,
イギリスで指導的なダイエットや栄養の専門家が
04:02
whichどの is our second二番 biggest最大 selling販売 newspaper新聞.
英国2位のデイリー・ミラー紙に載せた記事
04:05
"An Australianオーストラリア人 study調査 in 2001
2001 年のオーストラリアでの研究では
04:07
found見つけた that oliveオリーブ oil in combination組み合わせ with fruits果物, vegetables野菜 and pulsesパルス
オリーブ油と果物・野菜・豆を取っていると
04:09
offersオファー measurable測定可能な protection保護 againstに対して skin wrinklings酒飲み."
皮膚のしわに対する予防として有意な差が得られた
04:11
And then they give you advice助言:
と記し こんなアドバイスを与えています
04:13
"If you eat食べる oliveオリーブ oil and vegetables野菜, you'llあなたは have fewer少ない skin wrinklesシワ."
オリーブ油と野菜で皮膚のしわが減ります
04:15
And they very helpfully有益に tell you how to go and find the paper.
ありがたいことに 論文の所在も示されています
04:17
So you go and find the paper, and what you find is an observational観察的 study調査.
その論文を見つけるとそれは観察研究です
04:19
Obviously明らかに nobody誰も has been ableできる
1930 年に遡って
04:22
to go back to 1930,
ある産科病棟を選んで
04:24
get all the people bornうまれた in one maternityマタニティ unit単位,
その半分には大量の果物と野菜とオリーブ油を食べさせ
04:26
and halfハーフ of them eat食べる lots of fruitフルーツ and vegveg and oliveオリーブ oil,
残り半分にはマクドナルドを食べさせて
04:29
and then halfハーフ of them eat食べる McDonald'sマクドナルド,
後でどれほどのしわが生じるかを
04:31
and then we see how manyたくさんの wrinklesシワ you've got later後で.
比較することができないのは明らかです
04:33
You have to take a snapshotスナップショット of how people are now.
人びとの現状を捉えるしかないのです
04:35
And what you find is, of courseコース,
そしてわかったことは 確かにー
04:37
people who eat食べる vegveg and oliveオリーブ oil have fewer少ない skin wrinklesシワ.
野菜とオリーブ油を食べる人たちにはしわが少ないのですが
04:39
But that's because people who eat食べる fruitフルーツ and vegveg and oliveオリーブ oil,
それは果物や野菜やオリーブ油を食べる人たちが
04:42
they're freaksフリーク, they're not normal正常, they're like you;
皆さんのような変わり者で こんなイベントに
04:45
they come to eventsイベント like this.
集まるような人だからです
04:48
They are poshポーズ, they're wealthy裕福な, they're lessもっと少なく likelyおそらく to have outdoor屋外 jobsジョブ,
上流育ちで豊かで 屋外で仕事することは少なく
04:50
they're lessもっと少なく likelyおそらく to do manualマニュアル labor労働,
何か手を使う仕事ではないでしょう
04:53
they have better socialソーシャル supportサポート, they're lessもっと少なく likelyおそらく to smoke --
手厚い社会の支援を受け 喫煙しない人が多く
04:55
so for a whole全体 hostホスト of fascinating魅力的な, interlockingインターロック
つまり 魅力的で 相互に関わり合う多くの—
04:57
socialソーシャル, political政治的 and cultural文化的 reasons理由,
社会的政治的 そして文化的理由から
04:59
they are lessもっと少なく likelyおそらく to have skin wrinklesシワ.
この人たちはしわが少ないのです
05:01
That doesn't mean that it's the vegetables野菜 or the oliveオリーブ oil.
野菜やオリーブ油のおかげではありません
05:03
(Laughter笑い)
(笑)
05:05
So ideally理想的には what you want to do is a trial試行.
そこで理想的には治験をすればいいわけです
05:07
And everybodyみんな thinks考える they're very familiar身近な with the ideaアイディア of a trial試行.
治験という考え方はご存知のことでしょう
05:10
Trialsトライアル are very old古い. The first trial試行 was in the Bible聖書 -- Danielダニエル 1:12.
歴史は古く 最初の治験は聖書のダニエル書に記されています
05:12
It's very straightforward簡単 -- you take a bunch of people, you splitスプリット them in halfハーフ,
とても単純に 多くの人を集め 半分に分け
05:15
you treat治療する one groupグループ one way, you treat治療する the other groupグループ the other way,
一群をある方法で 残りは別の方法で手当し
05:17
and a little while later後で, you followフォローする them up
しばらく経ったら
05:19
and see what happened起こった to each of them.
追跡調査で様子を調べます
05:21
So I'm going to tell you about one trial試行,
ここ十年イギリスのメディアにおいて
05:23
whichどの is probably多分 the most最も well-reportedよく報告された trial試行
最も多く取り上げられた
05:25
in the U.K. newsニュース mediaメディア over the past過去 decade10年.
ある治験について話します
05:27
And this is the trial試行 of fish oil pills丸薬.
魚油(ぎょゆ)カプセルについての治験です
05:29
And the claim請求 was fish oil pills丸薬 improve改善する school学校 performanceパフォーマンス and behavior動作
普通の子どもたちの成績と行動が
05:31
in mainstream主流 children子供.
魚油カプセルで改善するというのです
05:33
And they said, "We've私たちは done完了 a trial試行.
「治験も行っている すべての結果は
05:35
All the previous trials試行 were positiveポジティブ, and we know this one's一人 gonna be too."
有効性を示し 今回もそうなるだろう」
05:37
That should always ringリング alarm警報 bells.
要注意ポイントです
05:39
Because if you already既に know the answer回答 to your trial試行, you shouldn'tすべきではない be doing one.
結果が事前にわかっているなら治験をするべきではありません
05:41
Eitherいずれか you've rigged装備 it by design設計,
設計が偏っているのか
05:44
or you've got enough十分な dataデータ so there's no need to randomizeランダム化する people anymoreもう.
すでにデータが十分でランダム試験が必要ないのか ということ
05:46
So this is what they were going to do in their彼らの trial試行.
さて彼らの治験ではこんなことを計画していました
05:49
They were taking取る 3,000 children子供,
3000人の子どもに対して
05:52
they were going to give them all these huge巨大 fish oil pills丸薬,
全員にこの魚油カプセルを与えます
05:54
six6 of them a day,
一日 6 粒ずつ
05:56
and then a year later後で, they were going to measure測定 their彼らの school学校 exam試験 performanceパフォーマンス
一年後に学校の試験成績を評価します
05:58
and compare比較する their彼らの school学校 exam試験 performanceパフォーマンス
カプセルを投与しなかった場合に
06:01
againstに対して what they predicted予測された their彼らの exam試験 performanceパフォーマンス would have been
予想される成績と
06:03
if they hadn'tなかった had the pills丸薬.
比較するというのです
06:05
Now can anybody spotスポット a flaw欠陥 in this design設計?
この設計の問題点がわかる方はいますか?
06:08
And no professors教授 of clinical臨床的 trial試行 methodology方法論
医学的治験のプロの方でなくても
06:11
are allowed許可された to answer回答 this question質問.
お答えください
06:14
So there's no controlコントロール; there's no controlコントロール groupグループ.
コントロール 対比グループがないのですね
06:16
But that sounds really techie技術者.
専門的なご回答でした
06:18
That's a technicalテクニカル term期間.
専門用語ですね
06:20
The kids子供たち got the pills丸薬, and then their彼らの performanceパフォーマンス improved改善された.
カプセルを飲んで子どもの成績が向上したら
06:22
What elseelse could it possiblyおそらく be if it wasn'tなかった the pills丸薬?
カプセル以外に何か理由が考えられるでしょうか
06:24
They got olderより古い. We all develop開発する over time.
大きくなった 年々成長していきますからね
06:27
And of courseコース, alsoまた、 there's the placeboプラセボ effect効果.
そして プラセボ(偽薬)効果もあります
06:30
The placeboプラセボ effect効果 is one of the most最も fascinating魅力的な things in the whole全体 of medicine医学.
医学の中で プラセボは実に魅力的です
06:32
It's not just about taking取る a pillピル, and your performanceパフォーマンス and your pain痛み getting取得 better.
薬を摂取して成績や苦痛が良くなるというだけではなく
06:34
It's about our beliefs信念 and expectations期待.
人の信念と期待とが関わります
06:37
It's about the cultural文化的 meaning意味 of a treatment処理.
手当ての文化的意味合いにも関わります
06:39
And this has been demonstrated実証済み in a whole全体 raftラフト of fascinating魅力的な studies研究
ある種のプラセボ効果を他と比較する素晴らしい研究が
06:41
comparing比較する one kind種類 of placeboプラセボ againstに対して another別の.
多数行われて このことが示されてきました
06:44
So we know, for example, that two sugarシュガー pills丸薬 a day
例えば胃潰瘍に対して毎日二錠の砂糖玉は
06:47
are a more effective効果的な treatment処理 for getting取得 rid除去する of gastric胃の ulcers潰瘍
一日一錠よりも効くことが
06:49
than one sugarシュガー pillピル.
わかっています
06:51
Two sugarシュガー pills丸薬 a day beatsビート one sugarシュガー pillピル a day.
砂糖玉二錠は一錠より勝るのです
06:53
And that's an outrageous恐ろしい and ridiculousばかげた finding所見, but it's true真実.
とっぴでばかげた結果ですが これは真実です
06:55
We know from three different異なる studies研究 on three different異なる typesタイプ of pain痛み
独立した三つの研究で
06:58
that a saltwater塩水 injection注入 is a more effective効果的な treatment処理 for pain痛み
三種類の異なる痛みに対して 塩水の注射が砂糖玉よりも—
07:00
than taking取る a sugarシュガー pillピル, taking取る a dummyダミー pillピル that has no medicine医学 in it --
薬効成分を含まない砂糖玉よりも効くことがわかっています
07:03
not because the injection注入 or the pills丸薬 do anything physically物理的に to the body,
注射も薬も肉体的には何も作用しませんが
07:07
but because an injection注入 feels感じる like a much more dramatic劇的 intervention介入.
注射の方が劇的な手当と感じられるのです
07:10
So we know that our beliefs信念 and expectations期待
こんなふうに我々の信念と期待とは
07:13
can be manipulated操作された,
誘導されるので
07:15
whichどの is why we do trials試行
治験においては
07:17
where we controlコントロール againstに対して a placeboプラセボ --
プラセボを対比実験に用いて
07:19
where one halfハーフ of the people get the realリアル treatment処理
半分の人は本当の処置を受け
07:21
and the other halfハーフ get placeboプラセボ.
残り半分はプラセボを受けるようにします
07:23
But that's not enough十分な.
実は これだけでは不十分です
07:25
What I've just shown示された you are examples of the very simple単純 and straightforward簡単 ways方法
今ご紹介したのは非常に単純でわかりやすい実例でした
07:28
that journalistsジャーナリスト and foodフード supplement補足 pillピル peddlers行商人
メディアとサプリメント業者と
07:31
and naturopaths自然療法
自然療法の医師とが
07:33
can distort歪ませる evidence証拠 for their彼らの own自分の purposes目的.
自分の目的のために根拠を歪曲できますが
07:35
What I find really fascinating魅力的な
実に興味深いことに
07:38
is that the pharmaceutical医薬品 industry業界
製薬業界もまた
07:40
uses用途 exactly正確に the same同じ kinds種類 of tricksトリック and devicesデバイス,
同種のトリックと仕掛けを
07:42
but slightly少し more sophisticated洗練された versionsバージョン of them,
さらに洗練された方法で用います
07:44
in order注文 to distort歪ませる the evidence証拠 that they give to doctors医師 and patients患者,
命に関わる重要な判断が行われる際に
07:47
and whichどの we use to make vitally激しく important重要 decisions決定.
医師や患者が用いる情報を歪めてしまうのです
07:50
So firstly最初に, trials試行 againstに対して placeboプラセボ:
まず最初に偽薬に対する治験から
07:53
everybodyみんな thinks考える they know that a trial試行 should be
治験は新薬を偽薬と対比するものであると
07:55
a comparison比較 of your new新しい drugドラッグ againstに対して placeboプラセボ.
誰もが考えます
07:57
But actually実際に in a lot of situations状況 that's wrong違う.
実は多くの場合これは誤りです
07:59
Because oftenしばしば we already既に have a very good treatment処理 that is currently現在 available利用可能な,
すでに非常によい治療法があることが多いので
08:01
so we don't want to know that your alternative代替 new新しい treatment処理
何もしないよりも新しい治療法が良い
08:04
is better than nothing.
ということが知りたいわけではないのです
08:06
We want to know that it's better than the bestベスト currently現在 available利用可能な treatment処理 that we have.
知りたいのは現在最良の治療法よりも良いのかどうかです
08:08
And yetまだ, repeatedly繰り返し, you consistently一貫して see people doing trials試行
それなのに 未だに偽薬に対する治験が
08:11
still againstに対して placeboプラセボ.
繰り返し行われています
08:14
And you can get licenseライセンス to bring持参する your drugドラッグ to market市場
認可されて上市された薬であっても
08:16
with only dataデータ showing表示 that it's better than nothing,
何もしないよりも有効というデータだけでは
08:18
whichどの is useless役に立たない for a doctor医師 like me trying試す to make a decision決定.
医師が判断するための役には立ちません
08:20
But that's not the only way you can rigリグ your dataデータ.
データを操作する方法はそれに留まりません
08:23
You can alsoまた、 rigリグ your dataデータ
新しい薬の比較対象を
08:25
by making作る the thing you compare比較する your new新しい drugドラッグ againstに対して
ろくでもない条件としても
08:27
really rubbishごみ.
データ操作ができます
08:29
You can give the competing競合する drugドラッグ in too low低い a dose用量,
競合薬の投与量を極端に減らし
08:31
so that people aren'tない properly正しく treated治療された.
治療効果が出ないようにすることや
08:33
You can give the competing競合する drugドラッグ in too high高い a dose用量,
競合薬の投与量を極端に増やし
08:35
so that people get side effects効果.
副作用が出るようにすることもできます
08:37
And this is exactly正確に what happened起こった
これは統合失調症に対する
08:39
whichどの antipsychotic抗精神病薬 medication投薬 for schizophrenia統合失調症.
抗精神病薬で実際に行われたことです
08:41
20 years ago, a new新しい generation世代 of antipsychotic抗精神病薬 drugs薬物 were brought持ってきた in
20年前 新しい世代の抗精神病薬がもたらされ
08:43
and the promise約束する was that they would have fewer少ない side effects効果.
副作用が少ないと期待されていました
08:46
So people setセット about doing trials試行 of these new新しい drugs薬物
この新薬と旧薬を比較する治験が
08:49
againstに対して the old古い drugs薬物,
開始されましたが 古い薬のほうは—
08:51
but they gave与えた the old古い drugs薬物 in ridiculouslyばかげた high高い doses線量 --
信じ難いほど大量の投与でした
08:53
20 milligramsミリグラム a day of haloperidolハロペリドール.
ハロペリドールを一日 20 mg です
08:55
And it's a foregone忘れる conclusion結論,
そんな大量投与をすれば
08:57
if you give a drugドラッグ at that high高い a dose用量,
副作用が多く現れ 新薬が優れたものに
08:59
that it will have more side effects効果 and that your new新しい drugドラッグ will look better.
見えるのは 最初からわかっていることです
09:01
10 years ago, history歴史 repeated繰り返し itself自体, interestingly興味深いことに,
興味深いことに10年後に歴史は繰り返し
09:04
when risperidoneリスペリドン, whichどの was the first of the new-generation新しい世代 antipscyhotic止血性の drugs薬物,
新世代の抗精神薬であるリスペリドンの特許が切れ
09:06
came来た off copyright著作権, so anybody could make copiesコピー.
誰もが作れるようになりました
09:09
Everybodyみんな wanted to showショー that their彼らの drugドラッグ was better than risperidoneリスペリドン,
誰もが自分たちの薬はリスペリドンよりも
09:12
so you see a bunch of trials試行 comparing比較する new新しい antipsychotic抗精神病薬 drugs薬物
優れていることを示そうとして多くの治験が行われ
09:14
againstに対して risperidoneリスペリドン at eight8 milligramsミリグラム a day.
8 mg のリスペリドンが投与されました
09:17
Again, not an insane狂人 dose用量, not an illegal違法 dose用量,
狂気の投与量でも違法な投与量でもありませんが
09:19
but very much at the high高い end終わり of normal正常.
しかし基準の上限近くです
09:21
And so you're boundバウンド to make your new新しい drugドラッグ look better.
こうして新薬の方が優れているという結果を導くわけです
09:23
And so it's no surprise驚き that overall全体,
ですから 業界が資金を提供した治験は
09:26
industry-funded産業基金 trials試行
独立な資金による治験と比べて
09:29
are four4つの times more likelyおそらく to give a positiveポジティブ result結果
4倍も肯定的な結果が出るというのも
09:31
than independently独立して sponsoredスポンサー trials試行.
驚くことではありません
09:33
But -- and it's a big大きい but --
しかし —大きなポイントです— しかし
09:36
(Laughter笑い)
(笑)
09:39
it turnsターン out,
実際のところ
09:41
when you look at the methodsメソッド used by industry-funded産業基金 trials試行,
業界資金の治験で用いられている方法は
09:43
that they're actually実際に better
独立資金の治験よりもより
09:46
than independently独立して sponsoredスポンサー trials試行.
優れていることが明らかなのです
09:48
And yetまだ, they always manage管理する to to get the result結果 that they want.
それにも関わらず 望む結果が得られている
09:50
So how does this work?
どういうことでしょうか
09:53
How can we explain説明する this strange奇妙な phenomenon現象?
この奇妙な現象をどうやって説明したら良いのでしょうか
09:55
Well it turnsターン out that what happens起こる
実は否定的なデータが治験の途中で
09:58
is the negative dataデータ goes行く missing行方不明 in actionアクション;
消えてしまうことが明らかになりました
10:00
it's withheld保留 from doctors医師 and patients患者.
医師や患者が伏せるのです
10:02
And this is the most最も important重要 aspectアスペクト of the whole全体 storyストーリー.
ここが最も重要な箇所で
10:04
It's at the top of the pyramidピラミッド of evidence証拠.
積み上げた論証全てに関わります
10:06
We need to have all of the dataデータ on a particular特に treatment処理
ある治療が本当に効果があるかどうかを知るためには
10:08
to know whetherかどうか or not it really is effective効果的な.
すべての関連データが必要です
10:11
And there are two different異なる ways方法 that you can spotスポット
二つの異なった方法で 治験中に—
10:13
whetherかどうか some dataデータ has gone行った missing行方不明 in actionアクション.
データが消えていることを指摘できます
10:15
You can use statistics統計, or you can use stories物語.
統計によるものとストーリーによるものです
10:17
I personally個人的に prefer好む statistics統計, so that's what I'm going to do first.
私は統計が好きなので まずそちらから
10:20
This is something calledと呼ばれる funnel漏斗 plotプロット.
このグラフをファネル・プロットと呼びます
10:22
And a funnel漏斗 plotプロット is a very clever賢い way of spottingスポッティング
このプロットは小規模の否定的な結果が
10:24
if small小さい negative trials試行 have disappeared消えた, have gone行った missing行方不明 in actionアクション.
治験の途中で消滅してしまったことをとても巧みに示します
10:26
So this is a graphグラフ of all of the trials試行
このグラフはある処置について行われた
10:29
that have been done完了 on a particular特に treatment処理.
全ての治験を描いたものです
10:31
And as you go up towards方向 the top of the graphグラフ,
グラフの上の方に向かって
10:33
what you see is each dotドット is a trial試行.
全ての点がひとつずつの治験です
10:35
And as you go up, those are the biggerより大きい trials試行, so they've彼らは got lessもっと少なく errorエラー in them.
上のものほど大規模治験で誤差が小さいものです
10:37
So they're lessもっと少なく likelyおそらく to be randomly無作為に false positivesポジティブ, randomly無作為に false negativesネガ.
つまりランダムな擬陽性や擬陰性が生じることは考えにくく
10:40
So they all clusterクラスタ together一緒に.
このように点が集まります
10:43
The big大きい trials試行 are closerクローザー to the true真実 answer回答.
大規模な治験は真の結果に近いのです
10:45
Then as you go furtherさらに down at the bottom,
下に降りるほど
10:47
what you can see is, over on this side, the spurious擬似 false negativesネガ,
こちら側にはばらつきによるマイナスの値が
10:49
and over on this side, the spurious擬似 false positivesポジティブ.
こちらにはばらつきによるプラスが表れます
10:52
If there is publication出版 biasバイアス,
ここに出版バイアスがある場合には
10:54
if small小さい negative trials試行 have gone行った missing行方不明 in actionアクション,
小規模治験のマイナスの結果が治験から消えて
10:56
you can see it on one of these graphsグラフ.
こんなグラフのようになります
10:59
So you can see here that the small小さい negative trials試行
こちらの左の下側にあるべき
11:01
that should be on the bottom left have disappeared消えた.
小規模な否定的治験がありません
11:03
This is a graphグラフ demonstratingデモ the presence存在 of publication出版 biasバイアス
この出版バイアスの研究におけるこのグラフには
11:05
in studies研究 of publication出版 biasバイアス.
出版バイアスが現れています
11:08
And I think that's the funniest面白い epidemiology疫学 joke冗談で
これが疫学業界で耳にした中で
11:10
that you will ever hear聞く.
最高のジョークだと思います
11:12
That's how you can prove証明する it statistically統計的に,
これが統計による証明でした
11:14
but what about stories物語?
ストーリーはどうでしょう
11:16
Well they're heinous凶悪な, they really are.
実に悪質なストーリーです
11:18
This is a drugドラッグ calledと呼ばれる reboxetineレボキセチン.
レボゼチンという薬があります
11:20
This is a drugドラッグ that I myself私自身 have prescribed所定 to patients患者.
わたし自身 患者さんにこの薬を処方しました
11:22
And I'm a very nerdyナーディー doctor医師.
わたしはとてもマニアックな医者なので
11:24
I hope希望 I try to go out of my way to try and read読む and understandわかる all the literature文献.
関係する文献を全部読みたいと考えました
11:26
I read読む the trials試行 on this. They were all positiveポジティブ. They were all well-conductedよく行われた.
治験報告を読むと全てが肯定的で 適切に行われていました
11:29
I found見つけた no flaw欠陥.
欠点は何もみつかりません
11:32
Unfortunately残念ながら, it turned回した out,
残念なことに 多くの治験の結果が
11:34
that manyたくさんの of these trials試行 were withheld保留.
伏せられていたことがわかりました
11:36
In fact事実, 76 percentパーセント
実際 この薬に関しては
11:38
of all of the trials試行 that were done完了 on this drugドラッグ
全体のうち 76% の治験が
11:40
were withheld保留 from doctors医師 and patients患者.
医師と患者によって伏せられておりました
11:42
Now if you think about it,
こんなことを考えてみてください
11:44
if I tossed投げた a coinコイン a hundred times,
コインを百回投げるとして
11:46
and I'm allowed許可された to withhold差し控える from you
半分の結果を隠すことが
11:48
the answers答え halfハーフ the times,
許されるのなら 持っているコインは—
11:50
then I can convince説得する you
両側が表でできていると
11:52
that I have a coinコイン with two heads.
信じさせることができます
11:54
If we remove除去する halfハーフ of the dataデータ,
結果の半分を隠してしまったら
11:56
we can never know what the true真実 effect効果 sizeサイズ of these medicines is.
ある薬の真の効果はまったくわかりません
11:58
And this is not an isolated分離された storyストーリー.
この手の話はこの一件だけではなく
12:01
Around halfハーフ of all of the trial試行 dataデータ on antidepressants抗うつ薬 has been withheld保留,
抗うつ剤の治験データの半分は隠されています
12:03
but it goes行く way beyond超えて that.
それに留まりません
12:07
The Nordicノルディック Cochraneコクラン Groupグループ were trying試す to get a holdホールド of the dataデータ on that
北欧コクラングループは隠されたデータを—
12:09
to bring持参する it all together一緒に.
探し 全てをまとめようとしました
12:11
The Cochraneコクラン Groupsグループ are an international国際 nonprofit非営利団体 collaborationコラボレーション
コクラングループというのは国際的な非利益の共同研究で
12:13
that produce作物 systematic系統的 reviewsレビュー of all of the dataデータ that has ever been shown示された.
公開された全てのデータの体系的なレビューを作成しています
12:16
And they need to have accessアクセス to all of the trial試行 dataデータ.
そして全ての治験データを入手できる必要があります
12:19
But the companies企業 withheld保留 that dataデータ from them,
でも製薬会社はデータを公表しません
12:22
and so did the Europeanヨーロッパ人 Medicines Agency代理店
欧州医薬品庁も
12:25
for three years.
3年に渡り公表しませんでした
12:27
This is a problem問題 that is currently現在 lacking欠けている a solution溶液.
この問題に関して今は解決策がありません
12:29
And to showショー how big大きい it goes行く, this is a drugドラッグ calledと呼ばれる Tamifluタミフル,
これがどれほど重大かというと これはタミフルです
12:32
whichどの governments政府 around the world世界
世界中の政府がこの薬に
12:35
have spent過ごした billions何十億 and billions何十億 of dollarsドル on.
何十億ドルも費やしています
12:37
And they spend費やす that moneyお金 on the promise約束する
この薬がインフルエンザの
12:39
that this is a drugドラッグ whichどの will reduce減らす the rateレート
重症化を防ぐと期待して
12:41
of complications合併症 with fluインフルエンザ.
出費しているのです
12:43
We already既に have the dataデータ
これまでのデータによればこの薬は
12:45
showing表示 that it reduces減少する the duration期間 of your fluインフルエンザ by a few少数 hours時間.
インフルエンザの期間を数時間短縮します
12:47
But I don't really careお手入れ about that. Governments政府 don't careお手入れ about that.
でも私も政府もそんなことは問題にしません
12:49
I'm very sorry if you have the fluインフルエンザ, I know it's horrible恐ろしい,
インフルエンザにかかってつらいのは可哀想ですが
12:51
but we're not going to spend費やす billions何十億 of dollarsドル
インフルエンザの発症期間を
12:54
trying試す to reduce減らす the duration期間 of your fluインフルエンザ symptoms症状
たかだか半日短縮するために
12:56
by halfハーフ a day.
何十億ドルも使うことはないでしょう
12:58
We prescribe処方する these drugs薬物, we stockpile備蓄 them for emergencies緊急事態
この薬を処方し 緊急事態に備えて
13:00
on the understanding理解 that they will reduce減らす the number of complications合併症,
大量に貯蔵して 合併症すなわち肺炎や死者を
13:02
whichどの means手段 pneumonia肺炎 and whichどの means手段 death.
減らせるという理解に基づいてのことです
13:04
The infectious感染性の diseases病気 Cochraneコクラン Groupグループ, whichどの are basedベース in Italyイタリア,
イタリアを拠点とするコクラン感染症グループは
13:07
has been trying試す to get
利用可能な形式で全てのデータを
13:10
the full満員 dataデータ in a usable使用可能な form out of the drugドラッグ companies企業
製薬会社から得て この薬が有効かどうかを
13:12
so that they can make a full満員 decision決定
判断できるようにしようと
13:15
about whetherかどうか this drugドラッグ is effective効果的な or not,
試みてきましたが
13:18
and they've彼らは not been ableできる to get that information情報.
その情報は未だに得られていません
13:20
This is undoubtedly間違いなく
疑うことなく
13:23
the singleシングル biggest最大 ethical倫理的な problem問題
今日の医学における
13:25
facing直面する medicine医学 today今日.
最大の倫理問題です
13:28
We cannotできない make decisions決定
情報が全てなければ
13:30
in the absence不在 of all of the information情報.
判断することはできません
13:33
So it's a little bitビット difficult難しい from there
そこから何か肯定的な結論を
13:37
to spinスピン in some kind種類 of positiveポジティブ conclusion結論.
導きだすのは大変に困難です
13:40
But I would say this:
でもこういうことは言えます
13:44
I think that sunlight太陽光
陽の光ほど
13:48
is the bestベスト disinfectant消毒剤.
効果的な殺菌剤はない
13:51
All of these things are happeningハプニング in plainプレーン sight視力,
全てのことはこうして丸見えになってきて
13:53
and they're all protected保護された
ただ単調な作業という力の
13:56
by a force fieldフィールド of tediousness退屈.
場のようなもので守られています
13:58
And I think, with all of the problems問題 in science科学,
科学の全ての問題に対して
14:01
one of the bestベスト things that we can do
我々のできる最良のことは
14:03
is to liftリフト up the lid,
蓋を開けてあちこちを触れてみたり
14:05
finger around in the mechanics力学 and peerピア in.
覗き込むことだと思います
14:07
Thank you very much.
ありがとうございます
14:09
(Applause拍手)
(拍手)
14:11
Translated by Natsuhiko Mizutani
Reviewed by Tatsuaki Iriya

▲Back to top

About the speaker:

Ben Goldacre - Debunker
Ben Goldacre unpicks dodgy scientific claims made by scaremongering journalists, dubious government reports, pharmaceutical corporations, PR companies and quacks.

Why you should listen

"It was the MMR story that finally made me crack," begins the Bad Science manifesto, referring to the sensationalized -- and now-refuted -- link between vaccines and autism. With that sentence Ben Goldacre fired the starting shot of a crusade waged from the pages of The Guardian from 2003 to 2011, on an addicitve Twitter feed, and in bestselling books, including Bad Science and his latest, Bad Pharma, which puts the $600 billion global pharmaceutical industry under the microscope. What he reveals is a fascinating, terrifying mess.

Goldacre was trained in medicine at Oxford and London, and works as an academic in epidemiology. Helped along by this inexhaustible supply of material, he also travels the speaking circuit, promoting skepticism and nerdish curiosity with fire, wit, fast delivery and a lovable kind of exasperation. (He might even convince you that real science, sober reporting and reason are going to win in the end.)

As he writes, "If you're a journalist who misrepresents science for the sake of a headline, a politician more interested in spin than evidence, or an advertiser who loves pictures of molecules in little white coats, then beware: your days are numbered."

Read an excerpt of Bad Pharma >>

More profile about the speaker
Ben Goldacre | Speaker | TED.com