English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2013

The interspecies internet? An idea in progress

動物種間インターネット?進行中のアイディア

Filmed
Views 724,817

類人猿、イルカ、象には素晴らしいコミュニケーション能力があります。インターネットを、彼らの様な知覚動物も使える規模に出来ないでしょうか。イルカ研究家ダイアナ・ライス、音楽家ピーター・ガブリエル、「モノのインターネット」のビジョンの持ち主ニール・ガーシェンフェルド、インターネットの創始者の一人ヴィント・サーフの偉大なる4人の思想家が、新しい取り組みのアイデアを披露します。

- Cognitive psychologist
Diana Reiss studies animal cognition, and has found that bottlenose dolphins (and Asian elephants) can recognize themselves in the mirror. Full bio

- Musician, activist
Peter Gabriel writes incredible songs but, as the co-founder of WITNESS and TheElders.org, is also a powerful human rights advocate. Full bio

- Physicist, personal fab pioneer
As Director of MIT’s Center for Bits and Atoms, Neil Gershenfeld explores the boundaries between the digital and physical worlds. Full bio

- Computer scientist
Vint Cerf, now the chief Internet evangelist at Google, helped lay the foundations for the internet as we know it more than 30 years ago. Full bio

Dianaダイアナ Reissライス: You mayかもしれない think you're looking
皆さんは
00:12
throughを通して a window at a dolphinイルカ spinning紡糸 playfullyいたずらに,
クルクル遊んでいるイルカを
ガラス越しに見ているようですが
00:14
but what you're actually実際に looking throughを通して
実際は マジックミラーに映る
00:18
is a two-way双方向 mirror at a dolphinイルカ
回転している自分の姿を
00:21
looking at itself自体 spinning紡糸 playfullyいたずらに.
見ているイルカを見ているのです
00:23
This is a dolphinイルカ that is self-aware自己認識.
このイルカは自分を
認識しています
00:26
This dolphinイルカ has self-awareness自己認識.
自己認識力があるのです
00:28
It's a young若い dolphinイルカ named名前 BayleyBayley.
ベイリーという名の
若いイルカです
00:30
I've been very interested興味がある in understanding理解 the nature自然
私はイルカの知性を理解しようと
00:32
of the intelligenceインテリジェンス of dolphinsイルカ for the past過去 30 years.
30年間研究してきました
00:35
How do we explore探検する intelligenceインテリジェンス in this animal動物
人とはとても異なるこの動物の知性の
00:39
that's so different異なる from us?
研究方法をお話しします
00:42
And what I've used is a very simple単純 research研究 toolツール,
私のシンプルな研究道具は鏡です
00:43
a mirror, and we've私たちは gained得られた great information情報,
鏡は動物の思考を映し出すことによって
00:46
reflections反射 of these animal動物 minds.
多くの貴重な情報を提供してくれるのです
00:49
Dolphinsイルカ aren'tない the only animals動物, the only non-human非ヒト animals動物,
イルカだけが鏡の中の自分を
00:52
to showショー mirror self-recognition自己認識.
認識出来る動物ではありません
00:56
We used to think this was a uniquely一意に human人間 ability能力,
これは人間特有の能力だと
思われていましたが
00:58
but we learned学んだ that the great apes類人猿, our closest最も近い relatives親族,
私たちに一番近い大型の類人猿にも
01:01
alsoまた、 showショー this ability能力.
その能力があります
01:04
Then we showed示した it in dolphinsイルカ,
そしてイルカと
01:06
and then later後で in elephants.
象にもあることがわかりました
01:08
We did this work in my lab研究室 with the dolphinsイルカ and elephants,
私達はイルカと象で研究をしましたが
01:10
and it's been recently最近 shown示された in the magpieカササギ.
最近カササギでも
証明されています
01:12
Now, it's interesting面白い, because we've私たちは embraced包まれた
面白いことに 私たちは
01:15
this Darwinianダーウィニア人 view見る of a continuity連続 in physical物理的 evolution進化,
ダーウィンの説く形状的進化の連続性は
01:18
this physical物理的 continuity連続.
受け入れてきたのですが
01:22
But we've私たちは been much more reticent寡黙, much slowerもっとゆっくり
動物の認識力や感情
01:23
at recognizing認識 this continuity連続 in cognition認知,
意識といったものの連続性の認識は
01:27
in emotion感情, in consciousness意識 in other animals動物.
かなり遅れています
01:30
Other animals動物 are conscious意識的な.
人間以外の動物も意識を持ち
01:33
They're emotional感情の. They're aware承知して.
感情があり 認識力があります
01:36
There have been multitudes多数 of studies研究 with manyたくさんの species
種々の動物を使った数々の研究が
01:39
over the years that have given与えられた us exquisite絶妙 evidence証拠
ここ何年もの間に行われ
01:42
for thinking考え and consciousness意識 in other animals動物,
人間以外の動物たちにも
01:46
other animals動物 that are quiteかなり different異なる than we are in form.
思考や意識があると証明されてきました
01:49
We are not alone単独で.
私たちだけではありません
01:52
We are not alone単独で in these abilities能力.
こんな能力を持つのは
私たちだけではないのです
01:55
And I hope希望, and one of my biggest最大 dreams,
私の大きな夢の一つは
01:59
is that, with our growing成長する awareness意識
他の動物達にも意識があることや
02:02
about the consciousness意識 of othersその他
人間と他の動物との関係に
02:05
and our relationship関係 with the rest残り of the animal動物 world世界,
私達がもっと気づくことで
02:07
that we'll私たちは give them the respect尊敬 and protection保護
動物を大切にし ふさわしい形で
保護する様になる事です
02:09
that they deserve値する.
動物を大切にし ふさわしい形で
保護する様になる事です
02:12
So that's a wish望む I'm throwing投げ out here for everybodyみんな,
これが私の夢なんですが
02:13
and I hope希望 I can really engage従事する you in this ideaアイディア.
これについて皆様に
考えて欲しいと願っています
02:15
Now, I want to returnリターン to dolphinsイルカ,
ではイルカに戻ります
02:19
because these are the animals動物 that I feel like
30年間 共に働いて来て
02:21
I've been workingワーキング up closely密接に and personal個人的 with
とても身近に感じる
02:23
for over 30 years.
動物なのです
02:26
And these are realリアル personalities人格.
彼らは個性を持っています
02:27
They are not persons, but they're personalities人格
人ではないので人格ではなく
02:29
in everyすべて senseセンス of the wordワード.
個性と言っておきますが
02:32
And you can't get more alienエイリアン than the dolphinイルカ.
本当に 異星生物のような動物です
02:34
They are very different異なる from us in body form.
私たちと姿はずいぶん違ってます
02:37
They're radically根本的に different異なる. They come from a radically根本的に different異なる environment環境.
私たちとは全く違い
全く違う環境にいます
02:39
In fact事実, we're separated分離された by 95 million百万 years
事実9,500万年前に人と分岐して
02:42
of divergent発散する evolution進化.
別の進化の道をたどりました
02:47
Look at this body.
この体を見て下さい
02:49
And in everyすべて senseセンス of making作る a pun馬鹿 here,
彼らは 本当に文字通り
02:51
these are true真実 non-terrestrials非地上の人.
地上の生き物ではありません
02:54
I wondered疑問に思った how we mightかもしれない interfaceインタフェース with these animals動物.
こんな動物とどう交流したらいいものか
と思いました
02:59
In the 1980s, I developed発展した an underwater水中 keyboardキーボード.
私は1980年代に
水中キーボードを考案しました
03:02
This was a custom-madeカスタムメイド touch-screenタッチスクリーン keyboardキーボード.
これは特製のタッチスクリーンキーボードです
03:05
What I wanted to do was give the dolphinsイルカ choice選択 and controlコントロール.
イルカに選択を与え
選べる様にしたのです
03:08
These are big大きい brains頭脳, highly高く socialソーシャル animals動物,
脳の大きな 非常に社会性のある動物です
03:11
and I thought, well, if we give them choice選択 and controlコントロール,
そこで考えたのは
イルカが選択肢から選べる装置
03:13
if they can hitヒット a symbolシンボル on this keyboardキーボード --
キーボードの記号をタッチするものです
03:16
and by the way, it was interfacedインターフェースされた by fiberファイバ optic視覚 cablesケーブル類
この時 使用したのは
光ファイバーケーブルで
03:18
from Hewlett-Packardヒューレットパッカード with an Apple林檎 IIII computerコンピューター.
HP製のものでAppleⅡと接続していました
03:21
This seems思われる prehistoric先史時代の now,
今やこれは原始的に見えますが
03:24
but this was where we were with technology技術.
これが当時のテクノロジーだったのです
03:26
So the dolphinsイルカ could hitヒット a keyキー, a symbolシンボル,
イルカが記号のキーを押すと
03:28
they heard聞いた a computer-generatedコンピュータ生成 whistleホイッスル,
コンピューターの発する
ホイッスル音が聞こえ
03:31
and they got an objectオブジェクト or activityアクティビティ.
物かアクティビティが与えられます
03:33
Now here'sここにいる a little videoビデオ.
これがそのビデオです
03:35
This is Delphiデルファイ and Panパン, and you're going to see Delphiデルファイ
これはデルファイとパンです
03:36
hittingヒッティング a keyキー, he hears聞く a computer-generatedコンピュータ生成 whistleホイッスル -- (Whistleホイッスル) --
デルファイがキーを押すと
人工のホイッスル音が聞こえ(ホイッスル音)
03:39
and gets取得 a ball, so they can actually実際に ask尋ねる for things they want.
ボールをもらい
何が欲しいのかを伝えられるのです
03:43
What was remarkable顕著 is, they explored探検した this keyboardキーボード
驚く事にイルカは自ら
このキーボードの使い方を学んだのです
03:47
on their彼らの own自分の. There was no intervention介入 on our part.
私たちの手助けもなしにです
03:51
They explored探検した the keyboardキーボード. They playedプレーした around with it.
自分たちでキーボードを
いじり回し遊び
03:54
They figured思った out how it worked働いた.
その仕組みを理解したのです
03:56
And they started開始した to quickly早く imitate模倣する the sounds
すぐに人工音まで
真似し始めました
03:58
they were hearing聴覚 on the keyboardキーボード.
キーボードから流れる通りに
04:00
They imitated模倣した on their彼らの own自分の.
自然に真似を始めたのです
04:03
Beyond超えて that, thoughしかし, they started開始した learning学習
その上 彼らは記号と音と物とを
04:05
associations団体 betweenの間に the symbolsシンボル, the sounds
関連付けられるようになり始めました
04:07
and the objectsオブジェクト.
関連付けられるようになり始めました
04:10
What we saw was self-organized自己組織化された learning学習,
これは自立的学習です
04:13
and now I'm imagining想像する, what can we do
新しいテクノロジーで
一体どんなことが出来るでしょう?
04:16
with new新しい technologiesテクノロジー?
新しいテクノロジーで
一体どんなことが出来るでしょう?
04:19
How can we create作成する interfacesインタフェース, new新しい windows into
どうすれば 互いをつなぐインターフェース
04:21
the minds of animals動物, with the technologiesテクノロジー that exist存在する today今日?
動物の心を覗く
新しい窓を今の技術で作れるのでしょう
04:24
So I was thinking考え about this, and then, one day,
これについて考えていたある日のこと
04:29
I got a call from Peterピーター.
ピーターから電話がありました
04:32
Peterピーター Gabrielガブリエル: I make noisesノイズ for a living生活.
ピーター・ガブリエル:
私の仕事は音の製作です
04:38
On a good day, it's music音楽,
運が良ければ音楽になります
04:40
and I want to talk a little bitビット about
今日お話したいのは
04:42
the most最も amazing素晴らしい music-making音楽制作 experience経験 I ever had.
生涯最高の「共演」の思い出です
04:44
I'm a farmファーム boy男の子. I grew成長しました up surrounded囲まれた by animals動物,
私の実家は農場で
動物たちに囲まれて育ちました
04:48
and I would look in these eyes and wonderワンダー
彼らの目を見ながら
「何を考えているのだろう」と思っていました
04:51
what was going on there?
彼らの目を見ながら
「何を考えているのだろう」と思っていました
04:53
So as an adult大人, when I started開始した to read読む about
大人になり 常識を打ち破る
04:55
the amazing素晴らしい breakthroughsブレークスルー with Pennyペニー Pattersonパターソン and Kokoココ,
素晴らしい研究を知りました
ペニー・パターソンとココ
04:57
with Sue訴える Savage-Rumbaughサベージ - ルンバウ and Kanziカンジ, Panbanishaパンバニシャ,
スー・サベージ・ランボーとカンジとパンバニーシャ
05:00
Ireneアイリーン PepperbergPepperberg, Alexアレックス the parrotオウム,
アイリーンとオウムのアレックス
05:04
I got all excited興奮した.
本当に興奮しました
05:06
What was amazing素晴らしい to me alsoまた、
驚いたことに
05:09
was they seemed見えた a lot more adept熟達した
人間が動物の言葉を理解するより
05:10
at getting取得 a handleハンドル on our language言語
動物の方が人間の言葉を
05:14
than we were on getting取得 a handleハンドル on theirsそれらの.
上手く理解出来るようなんです
05:17
I work with a lot of musiciansミュージシャン from around the world世界,
世界中からの多くの音楽家と仕事をし
05:21
and oftenしばしば we don't have any common一般 language言語 at all,
共通の言語が全くないことが よくあります
05:25
but we sit座る down behind後ろに our instruments楽器,
でも楽器を持って座っていると
05:28
and suddenly突然 there's a way for us to connect接続する and emote感情.
突然 意思疎通が出来る様になるものです
05:32
So I started開始した cold-calling勧誘電話, and eventually最終的に got throughを通して
そこで 色々な人に電話をかけ
05:35
to Sue訴える Savage-Rumbaughサベージ - ルンバウ,
スーに辿り着いたという訳です
05:38
and she invited招待された me down.
彼女に招待され
05:40
I went行った down, and the bonobosボノボ
行ってみると
このボノボはドラムや
05:42
had had accessアクセス to percussionパーカッション instruments楽器,
楽器のおもちゃで
遊んでいましたが
05:46
musicalミュージカル toysおもちゃ, but never before to a keyboardキーボード.
キーボードを触った事は
ありませんでした
05:49
At first they did what infants幼児 do,
最初彼らは幼児がする様に
05:52
just bashed寝たきりの it with their彼らの fists,
握りこぶしで
キーボードを叩きました
05:54
and then I asked尋ねた, throughを通して Sue訴える,
スーを通して パンパニーシャに
05:56
if Panbanishaパンバニシャ could try with one finger only.
指一本でやってみる様にと頼みました
05:59
Sue訴える Savage-Rumbaughサベージ - ルンバウ: Can you play遊びます a groomingグルーミング song?
スー・サベージ・ランボー:「毛繕いの歌を弾いて
06:03
I want to hear聞く a groomingグルーミング song.
毛繕いの歌を聴きたいの」
06:08
Play遊びます a realリアル quiet静か groomingグルーミング song.
「本当に静かな毛繕いの歌を弾いて」
06:10
PGPG: So groom新郎 was the subject主題 of the pieceピース.
PG:毛繕いはの曲の題材です
06:16
(Music音楽)
(音楽)
06:20
So I'm just behind後ろに, jammingジャミング,
私は裏で即興で音を奏でています
06:37
yeah, this is what we started開始した with.
そうです こうやって始めたのです
06:41
Sue'sスー encouraging励ます her to continue持続する a little more.
スーはパンバニーシャに
もう少しと促しています
06:46
(Music音楽)
(音楽)
06:49
She discovers発見する a note注意 she likes好きな人,
彼女は好きな音を見つけます
07:38
finds見つけた the octaveオクターブ.
その1オクターブ下の音を
見つけます
07:43
She'd彼女は never sat座っている at a keyboardキーボード before.
彼女はキーボードの前に
座ったことはありません
07:47
Niceニース triplets三つ組.
いい三連音
07:58
SSRSSR: You did good. That was very good.
SSR:「よくやったわ
とってもよかったわよ」
08:12
PGPG: She hitヒット good.
PG:上手でしたね
08:16
(Applause拍手)
(拍手)
08:17
So that night, we began始まった to dream,
その夜 私達は夢を見始めました
08:22
and we thought, perhapsおそらく the most最も amazing素晴らしい toolツール
今まで人が作った
一番すばらしい道具は
08:27
that man's男の created作成した is the Internetインターネット,
多分インターネットだと思います
08:29
and what would happen起こる if we could somehow何とか
もし私達と一緒に暮らしている
08:32
find new新しい interfacesインタフェース,
優れた知覚動物が使える
08:35
visual-audioビジュアル・オーディオ interfacesインタフェース that would allow許す
新しいインターフェースを作り
08:37
these remarkable顕著 sentient感覚的 beings存在
彼らがそこにアクセス出来たら
08:41
that we shareシェア the planet惑星 with accessアクセス?
どうなるでしょう
08:43
And Sue訴える Savage-Rumbaughサベージ - ルンバウ got excited興奮した about that,
スーもその考えに胸躍らせ
08:46
calledと呼ばれる her friend友人 Steveスティーブ Woodruffウッドラフ,
友達のスティーブに電話して
08:50
and we began始まった hustling騒がしい all sortsソート of people
仲間を集め始めることにしたのです
08:52
whoseその work related関連する or was inspiring感動的な,
専門家や視野を広げてくれる様な人たちです
08:55
whichどの led us to Dianaダイアナ,
それがきっかけでダイアナや
08:58
and led us to Neilニール.
ニールとつながったのです
09:00
Neilニール GershenfeldGershenfeld: Thanksありがとう, Peterピーター.
PGPG: Thank you.
ニール・ガーシェンフェルド:ありがとう ピーター
PG:どうも
09:03
(Applause拍手)
(拍手)
09:05
NGNG: So Peterピーター approachedアプローチした me.
ピーターがやって来て
09:09
I lost失われた it when I saw that clipクリップ.
ビデオを見て 私は度肝を抜かれましたよ
09:11
He approachedアプローチした me with a visionビジョン of doing these things
彼にはこれらを進めるビジョンがあって
09:13
not for people, for animals動物.
人でなく動物の為だと言うのです
09:17
And then I was struck打たれた in the history歴史 of the Internetインターネット.
突然インターネットの歴史を思い起こしました
09:18
This is what the Internetインターネット looked見た like when it was bornうまれた
これがインターネットが
生まれた時の様子です
09:21
and you can call that the Internetインターネット
中年白人男性のインターネットとでも
09:25
of middle-aged中年 white men男性,
呼びましょうか
09:27
mostly主に middle-aged中年 white men男性.
オジさんばっかり
ヴィント・サーフ:(笑)
09:29
Vintヴィント Cerfサーフ: (Laughs笑う)
オジさんばっかり
ヴィント・サーフ:(笑)
09:30
(Laughter笑い)
(笑)
09:32
NGNG: Speaking話し中 as one.
私もその一人ですが
09:35
Then, when I first came来た to TEDTED,
最初TEDに来た時
09:37
whichどの was where I met会った Peterピーター, I showed示した this.
私はピーターにこれを見せました
09:40
This is a $1 webウェブ serverサーバ,
これは1ドルのウェブサーバーです
09:42
and at the time that was radicalラジカル.
当時はこれでも急進的でした
09:44
And the possibility可能性 of making作る a webウェブ serverサーバ for a dollarドル
ウェブサーバーを1ドルで作れるという可能性は
09:47
grew成長しました into what becameなりました known既知の as the Internetインターネット of Things,
「モノのインターネット」として
知られるようになり
09:51
whichどの is literally文字通り an industry業界 now with tremendousすばらしい implications意義
すでに産業として発展し
医療や省エネの分野で
09:54
for health健康 careお手入れ, energyエネルギー efficiency効率.
期待されています
09:57
And we were happyハッピー with ourselves自分自身.
よくやったと思います
10:00
And then when Peterピーター showed示した me that,
でもピーターのビデオで
10:01
I realized実現した we had missed逃した something,
何かを忘れている
10:03
whichどの is the rest残り of the planet惑星.
他の動物たちの事を
忘れていると気付きました
10:04
So we started開始した up this interspecies種間 Internetインターネット projectプロジェクト.
それで異種間ネット計画を始めたのです
10:07
Now we started開始した talking話す with TEDTED
TEDと話し合い イルカと
10:09
about how you bring持参する dolphinsイルカ and great apes類人猿 and elephants
類人猿 象を連れてこようとしたのですが
10:11
to TEDTED, and we realized実現した that wouldn'tしないだろう work.
それは出来ないと解ったので
10:13
So we're going to bring持参する you to them.
皆さんを彼らの所へお連れします
10:16
So if we could switchスイッチ to the audioオーディオ from this computerコンピューター,
このコンピューターで
10:18
we've私たちは been videoビデオ conferencing会議 with cognitive認知 animals動物,
認知能力のある動物と
ビデオカンファレンスをしています
10:21
and we're going to have each of them
それぞれを簡単に
ご紹介します
10:24
just briefly簡単に introduce紹介する them.
それぞれを簡単い
ご紹介します
10:25
And so if we could alsoまた、 have this up, great.
ちゃんと見えましたね
10:27
So the first siteサイト we're going to meet会う
最初の場所は
10:29
is Cameronキャメロン Parkパーク Zoo動物園 in Wacoウェイコ, with orangutansオランウータン.
ウェーコのキャメロンパーク動物園の
オランウータンです
10:31
In the daytime昼間 they liveライブ outside外側. It's nighttime夜間 there now.
日中は野外ですが
今 夜なので屋内です
10:34
So can you please go ahead前方に?
どうぞお願いします
10:37
Terriテリ Coxコックス: Hiこんにちは, I'm Terriテリ Coxコックス
私はテリー・コックスです
10:40
with the Cameronキャメロン Parkパーク Zoo動物園 in Wacoウェイコ, Texasテキサス州,
テキサス州キャメロンパーク動物園で
10:43
and with me I have KeraJaanケラジャン and Meiメイ,
私と一緒にいるのは ケラジャンとメイです
10:45
two of our Borneanボルネオ orangutansオランウータン.
ボルネオオランウータンです
10:49
During the day, they have a beautiful綺麗な, large outdoor屋外 habitat生息地,
日中は 屋外の広く適した環境で過ごします
10:51
and at night, they come into this habitat生息地,
夜はここに来ます
10:56
into their彼らの night quarters四半期,
ここが夜の休息場所で
10:59
where they can have a climate-controlled気候調節された
湿度や温度は調整されていて
11:00
and secure安全な environment環境 to sleep睡眠 in.
安全に眠ることが出来ます
11:02
We participate参加する in the Appsアプリ for Apes programプログラム
私達は「Apps for Apes(サル用アプリ)」に
参加しています
11:04
Orangutanオランウータン Outreachアウトリーチ, and we use iPadsiPads
「オランウータン・アウトリーチ」
主催のこのプロジェクトは
11:09
to help stimulate刺激する and enrich豊かに the animals動物,
iPadで動物の生活を刺激して豊かにし
11:12
and alsoまた、 help raise上げる awareness意識
同時に近絶滅種に対する人の認識を
11:14
for these critically批判的に endangered絶滅危惧種 animals動物.
高める取り組みをしています
11:16
And they shareシェア 97 percentパーセント of our DNADNA
彼らのDNAの97%は人間と同じです
11:18
and are incredibly信じられないほど intelligentインテリジェントな,
信じられない程知的です
11:23
so it's so excitingエキサイティング to think of all the opportunities機会
インターネットのテクノロジーを使い
11:24
that we have via経由 technology技術 and the Internetインターネット
彼らの世界を豊かにして世界を広げる
11:28
to really enrich豊かに their彼らの lives人生 and open開いた up their彼らの world世界.
そんなことを考えるだけで興奮します
11:31
We're really excited興奮した about the possibility可能性
動物種間ネットの可能性を
11:35
of an interspecies種間 Internetインターネット,
本当に楽しみにしています
11:37
and K.J. has been enjoying楽しんで the conference会議 very much.
KJはカンファレンスを
とても楽しんでいますよ
11:39
NGNG: That's great. When we were rehearsingリハーサル last night,
良かった 昨日のリハーサルで
11:43
he had fun楽しい watching見ている the elephants.
KJは象を見て楽しそうでしたね
11:45
Next userユーザー groupグループ are the dolphinsイルカ at the Nationalナショナル Aquarium水族館.
次のグループは
国立水族館のイルカです
11:47
Please go ahead前方に.
どうぞお願いします
11:51
Allisonアリソン Ginsburgギンズバーグ: Good eveningイブニング.
こんばんは アリソン・ギンスバーグです
11:53
Well, my name is Allisonアリソン Ginsburgギンズバーグ,
こんばんは アリソン・ギンスバーグです
11:54
and we're liveライブ in Baltimoreボルチモア at the Nationalナショナル Aquarium水族館.
ボルチモアの国立水族館にいます
11:55
Joining接合 me are three of our eight8 Atlantic大西洋 bottlenoseボトルネース dolphinsイルカ:
私達と一緒にいるのは8頭中の
3頭のバンドウイルカです
11:58
20-year-old-歳 Chesapeakeチェサピーク, who was our first dolphinイルカ bornうまれた here,
ここで最初に生まれた20歳のチェサピーク
12:02
her four-year-old4歳 daughter BayleyBayley,
彼女の4歳の娘 ベイリー
12:05
and her halfハーフ sisterシスター, 11-year-old-歳 Mayaマヤ.
そして彼女の異父姉 11歳のマヤです
12:08
Now, here at the Nationalナショナル Aquarium水族館
ここ国立水族館では
12:12
we are committedコミットした to excellence優秀 in animal動物 careお手入れ,
動物の保護 研究 管理保全に
12:13
to research研究, and to conservation保全.
最善の力を尽くしています
12:16
The dolphinsイルカ are prettyかなり intrigued興味をそそられる as to what's going on here tonight今晩.
イルカは今何が起きているのかと
興味津々です
12:19
They're not really used to having持つ camerasカメラ here
珍しいんです カメラが
12:22
at 8 o'clock at night.
夜の8時にあるなんて
12:24
In addition添加, we are very committedコミットした to doing
そしてまた私達は あらゆる研究に
12:26
different異なる typesタイプ of research研究.
取り組んでいます
12:28
As Dianaダイアナ mentioned言及した, our animals動物 are involved関係する
ダイアナが言ったとおり ここの動物は
12:30
in manyたくさんの different異なる research研究 studies研究.
色んな研究に参加しています
12:33
NGNG: Those are for you.
以上ですね
12:46
Okay, that's great, thank you.
ありがとうございました
12:50
And the third三番 userユーザー groupグループ, in Thailandタイ,
三番目のグループはタイの
12:52
is Think Elephants. Go ahead前方に, Joshジョシュ.
「Think Elephants」です ジョシュどうぞ
12:55
Joshジョシュ PlotnikPlotnik: Hiこんにちは, my name is Joshジョシュ PlotnikPlotnik,
ジョシュ・プロトニック: こんにちは
12:59
and I'm with Think Elephants International国際,
「Think Elephants International」にいます
13:01
and we're here in the Goldenゴールデン Triangle三角形 of Thailandタイ
ここはタイのゴールデン・トライアングルで
13:04
with the Goldenゴールデン Triangle三角形 Asianアジア人 Elephant Foundation財団 elephants.
一緒にいるのは「アジア象保護基金」の象です
13:06
And we have 26 elephants here,
26頭の象がここにはいます
13:09
and our research研究 is focused集中した on the evolution進化 of intelligenceインテリジェンス with elephants,
私達の研究の焦点は
象の知性の進化ですが
13:12
but our foundation財団 Think Elephants is focused集中した
私達の団体「Think Elephants」は
13:16
on bringing持参 elephants into classrooms教室 around the world世界
カメラを通して 世界中の教室で象を見せ
13:18
virtually事実上 like this and showing表示 people
この動物がどんなにすごいかを
13:21
how incredible信じられない these animals動物 are.
人々に知らせています
13:23
So we're ableできる to bring持参する the cameraカメラ right up to the elephant,
カメラを持って 象のすぐ近くに寄り
13:25
put foodフード into the elephant's象の mouth,
口に食べ物を入れ
13:28
showショー people what's going on inside内部 their彼らの mouths,
口の中で何が起きているかを見せ
13:30
and showショー everyoneみんな around the world世界
世界中の人々に
13:32
how incredible信じられない these animals動物 really are.
この動物の素晴らしさを紹介しています
13:34
NGNG: Okay, that's great. Thanksありがとう Joshジョシュ.
それは良いですね
ありがとうジョシュ
13:37
And once一度 again, we've私たちは been building建物 great relationships関係
リハーサル以来 彼らとは
13:40
among them just since以来 we've私たちは been rehearsingリハーサル.
良い関係を築き上げ続けています
13:42
So at that pointポイント, if we can go back to the other computerコンピューター,
さて 別のコンピューターに戻り
13:44
we were starting起動 to think about how you integrate統合する
地球の残りの生物を
13:47
the rest残り of the biomassバイオマス of the planet惑星 into the Internetインターネット,
インターネットでつなぐとなると
13:49
and we went行った to the bestベスト possible可能 person
そんなことが出来る人は
13:52
I can think of, whichどの is Vintヴィント Cerfサーフ,
ヴィント・サーフです
13:55
who is one of the founders創業者 who gave与えた us the Internetインターネット. Vintヴィント?
彼はインターネットの
創始者の一人です
13:58
VCVC: Thank you, Neilニール.
ニールありがとう
14:01
(Applause拍手)
(拍手)
14:03
A long time ago in a galaxy銀河oopsおっとっと, wrong違う scriptスクリプト.
昔々 はるかかなたの銀河系で -
おっと 台本が違った
14:07
Forty40 years ago, Bobボブ Kahnカーン and I
40年前 ボブ・カーンと私は
14:12
did the design設計 of the Internetインターネット.
インターネットを設計しました
14:14
Thirty30 years ago, we turned回した it on.
30年前それは公に使われ始め
14:16
Just last year, we turned回した on the production製造 Internetインターネット.
去年 製品版インターネットを開始しました
14:18
You've been usingを使用して the experimental実験的 versionバージョン
30年間 皆さんが使っていたのは
14:22
for the last 30 years.
実験版です
14:24
The production製造 versionバージョン, it uses用途 IPIP versionバージョン 6.
製品版はIPバーション6を使い
14:25
It has 3.4 times 10 to the 38thth possible可能 terminationsターミネーション.
約3.4X10の38乗の
IPアドレスが可能です
14:28
That's a number only that Congress会議 can appreciate感謝する.
感謝してくれるのは
アメリカ連邦議会くらいかな
14:33
But it leadsリード to what is coming到来 next.
しかしこれで
これからの事が出来るのです
14:37
When Bobボブ and I did this design設計,
ボブと私はコンピューター同士を
14:41
we thought we were building建物 a systemシステム to connect接続する computersコンピュータ together一緒に.
繋げるシステムを
設計しているつもりでした
14:43
What we very quickly早く discovered発見された
でもすぐに解った事ですが
14:47
is that this was a systemシステム for connecting接続する people together一緒に.
人と人を繋げるシステムだったのです
14:49
And what you've seen見た tonight今晩
今夜の話を聞いて皆さんも
14:52
tells伝える you that we should not restrict制限する this networkネットワーク
このネットワークは
私達人間だけに
14:54
to one species,
限られるべきでなく
14:58
that these other intelligentインテリジェントな, sentient感覚的 species
他の知的な生けるもの全ても 
このシステムに
15:01
should be part of the systemシステム too.
参加させるべきだと思われたでしょう
15:04
This is the systemシステム as it looks外見 today今日, by the way.
これは現在のシステムの様子です
15:07
This is what the Internetインターネット looks外見 like to a computerコンピューター
信号の送り先を
15:09
that's trying試す to figure数字 out where the trafficトラフィック
探している
15:12
is supposed想定される to go.
インターネットの様子です
15:15
This is generated生成された by a programプログラム
これはインターネットの接続や
15:16
that's looking at the connectivity接続性 of the Internetインターネット,
ネットワーク同士の接続状態を見る
15:19
and how all the various様々な networksネットワーク are connected接続された together一緒に.
プログラムで作成しています
15:22
There are about 400,000 networksネットワーク, interconnected相互に接続された,
約40万のネットワークがつながっていますが
15:25
run走る independently独立して by 400,000 different異なる operatingオペレーティング agencies代理店,
40万もの個々の機関で 運営していものです
15:28
and the only reason理由 this works作品
それが可能なのは
15:33
is that they all use the same同じ standard標準 TCPTCP/IPIP protocolsプロトコル.
全て同じTCP/IPプロトコルを
使っているからです
15:34
Well, you know where this is headed先行.
これからどうなるか解りますね
15:38
The Internetインターネット of Things tell us
「モノのインターネット」では
15:41
that a lot of computer-enabledコンピュータ対応 appliances家電 and devicesデバイス
コンピューターで動く多くの
電化製品やデバイス装置も
15:43
are going to become〜になる part of this systemシステム too:
このシステムの一部になるでしょう
15:47
appliances家電 that you use around the house,
それは家やオフィスで使う
15:50
that you use in your office事務所,
電化製品だったり
15:52
that you carryキャリー around with yourselfあなた自身 or in the car.
携帯したり車に使ったりするものでしょう
15:54
That's the Internetインターネット of Things that's coming到来.
それが将来の
「モノのインターネット」です
15:57
Now, what's important重要 about what these people are doing
今日ご紹介した人たちがやっているのは
15:59
is that they're beginning始まり to learn学ぶ
同じ感覚を共有する
16:02
how to communicate通信する with species
人以外の種との
コミュニケーション方法を
16:04
that are not us
人以外の種との
コミュニケーション方法を
16:07
but shareシェア a common一般 sensory感覚 environment環境.
解明し始めているという事です
16:09
We're beginning始まり to explore探検する what it means手段
私達は模索し始めているのは
16:12
to communicate通信する with something
人とは違う他の何かとの交流に
16:14
that isn't just another別の person.
どんな意味があるのかということです
16:16
Well, you can see what's coming到来 next.
では将来どうなると思いますか
16:18
All kinds種類 of possible可能 sentient感覚的 beings存在
あらゆる知覚のある動物は
16:21
mayかもしれない be interconnected相互に接続された throughを通して this systemシステム,
このシステムでつながるかもしれません
16:24
and I can't wait to see these experiments実験 unfold展開する.
この実験がどのように
展開して行くか楽しみです
16:25
What happens起こる after that?
それからどうなるでしょう
16:29
Well, let's see.
そうですね
16:31
There are machines機械 that need to talk to machines機械
機械が話しかける機械
人が話しかける機械
16:33
and that we need to talk to, and so as time goes行く on,
そんな機械がありますが 次第に
16:37
we're going to have to learn学ぶ
コンピューターと意思疎通する方法を
16:40
how to communicate通信する with computersコンピュータ
学び コンピューターにも
16:42
and how to get computersコンピュータ to communicate通信する with us
私たちのやり方で意思疎通をする方法を
16:43
in the way that we're accustomed慣れた to,
教えなくてはいけません
16:46
not with keyboardsキーボード, not with miceマウス,
キーボードやマウスではなく
16:48
but with speechスピーチ and gesturesジェスチャー
話し方やジェスチャーで
16:51
and all the naturalナチュラル human人間 language言語 that we're accustomed慣れた to.
私達が通常使う
自然な言葉を使ってです
16:53
So we'll私たちは need something like C3POPO
機械と共に暮らすには
16:56
to become〜になる a translator翻訳者 betweenの間に ourselves自分自身
C3POの様な通訳装置が
16:58
and some of the other machines機械 we liveライブ with.
必要になるでしょう
17:01
Now, there is a projectプロジェクト that's underway進行中
「惑星間インターネット」と呼ばれる
17:03
calledと呼ばれる the interplanetary惑星間 Internetインターネット.
プロジェクトが今進行中です
17:06
It's in operation操作 betweenの間に Earth地球 and Mars火星.
地球と火星との間では既に実施され
17:08
It's operatingオペレーティング on the International国際 Spaceスペース Station.
国際宇宙ステーションにも
導入されています
17:10
It's part of the spacecraft宇宙船 that's in orbit軌道 around the Sun太陽
太陽を回っている
宇宙探査機でもテストされ
17:13
that's rendezvousedランデブーズ with two planets惑星.
地球と火星を結びました
17:17
So the interplanetary惑星間 systemシステム is on its way,
惑星間システムはまだ途中ですが
17:19
but there's a last projectプロジェクト,
DARPAの最新プロジェクトがあります
17:21
whichどの the Defense防衛 Advanced上級 Research研究 Projectsプロジェクト Agency代理店,
DARPA (防衛高等研究企画庁) は
17:23
whichどの funded資金提供 the original元の ARPANETアルパネット,
ARPANETや インターネットや
17:26
funded資金提供 the Internetインターネット, funded資金提供 the interplanetary惑星間 architecture建築,
惑星間アーキテクチャーに
投資した政府機関ですが
17:28
is now funding資金調達 a projectプロジェクト to design設計 a spacecraft宇宙船
今は 一番近い星に行くための
17:31
to get to the nearest最も近い star in 100 years' time.
宇宙船を設計する
100年計画に出資しています
17:34
What that means手段 is that what we're learning学習
ですから 人以外の種と関わりから
17:39
with these interactionsインタラクション with other species
今私達が学んでいる事は
17:41
will teach教える us, ultimately最終的に,
究極的には 異星生物との
17:43
how we mightかもしれない interact相互作用する with an alienエイリアン from another別の world世界.
コミュニケーションの助けとなるでしょう
17:45
I can hardlyほとんど wait.
待ちきれません
17:49
(Applause拍手)
(拍手)
17:52
June六月 Cohenコーエン: So first of all, thank you,
ジュン・コーエン:まずは
17:59
and I would like to acknowledge認める that four4つの people
ここに居る4人の方々が
18:00
who could talk to us for full満員 four4つの days日々
丸4日もかかる様な話を
18:03
actually実際に managed管理された to stay滞在 to four4つの minutes each,
4分で済ませて下さり
18:05
and we thank you for that.
感謝致します
18:07
I have so manyたくさんの questions質問,
色々質問があります
18:08
but maybe a few少数 practical実用的な things that the audience聴衆 mightかもしれない want to know.
皆さんが知りたいと思われる質問をします
18:10
You're launching打ち上げ this ideaアイディア here at TEDTED
PGPG: Today今日.
TEDでこのアイデアが着手されたのは・・ -
今日です
18:12
JCJC: Today今日. This is the first time you're talking話す about it.
今日が初めてですね
18:16
Tell me a little bitビット about where you're going to take the ideaアイディア.
今後の展開をお聞かせ下さい
18:17
What's next?
どうなんでしょう?
18:19
PGPG: I think we want to engage従事する as manyたくさんの people
出来るだけ多くの方に参加してもらい
18:21
here as possible可能 in helping助ける us
お手伝いいただいて
18:24
think of smartスマート interfacesインタフェース that will make all this possible可能.
これらを可能にする有能な
インターフェースを作りたいですね
18:26
NGNG: And just mechanically機械的に,
技術的には
18:30
there's a 501(c)(3) and webウェブ infrastructureインフラ
非営利機関の設立や
ウェブインフラなど
18:32
and all of that, but it's not quiteかなり ready準備完了 to turn順番 on,
まだ十分に準備出来ていません
18:34
so we'll私たちは rollロール that out, and contact接触 us
その事について情報が必要なら
18:36
if you want the information情報 on it.
ご連絡ください
18:38
The ideaアイディア is this will be -- much like the Internetインターネット functions機能
ヴィントの主な貢献であった
ネットワークを総括するネットワークである
18:40
as a networkネットワーク of networksネットワーク,
インターネット機能のようなものになり
18:43
whichどの is Vint'sヴィント coreコア contribution貢献,
インターネット機能のようなものになり
18:44
this will be a wrapperラッパー around all of these initiativesイニシアチブ,
これらの新たな
素晴らしい取り組みをまとめ
18:46
that are wonderful素晴らしい individually個別に, to linkリンク them globally世界的に.
世界的に繋げる事となるでしょう
18:48
JCJC: Right, and do you have a webウェブ address住所
この事についての
18:51
that we mightかもしれない look for yetまだ?
サイトはありますか
18:52
NGNG: Shortlyまもなく.
JCJC: Shortlyまもなく. We will come back to you on that.
まもなく出来ます
ではまた後ほど
18:53
And very quickly早く, just to clarify明らかにする.
ちょっと確かめたいのですが
18:56
Some people mightかもしれない have looked見た at the videoビデオ that you showed示した
ここでお見せしたビデオを見て 中には
19:00
and thought, well, that's just a webcamウェブカメラ.
ウェブカメラと何が違うんだ と
19:02
What's special特別 about it?
思う人もいるかも
19:03
If you could talk for just a moment瞬間
それ以上特別な事は出来ますか?
19:04
about how you want to go past過去 that?
それ以上特別な事は出来ますか?
19:06
NGNG: So this is scalableスケーラブルな videoビデオ infrastructureインフラ,
これは拡張可能なビデオインフラで
19:08
not for a few少数 to a few少数 but manyたくさんの to manyたくさんの,
多数間でのコネクションが
可能ですので
19:11
so that it scalesスケール to symmetrical対称 videoビデオ sharing共有
地球上何処にいても
ビデオやコンテンツの共有を
19:14
and contentコンテンツ sharing共有 across横断する these sitesサイト around the planet惑星.
双方向 全く同じ様に出来る訳です
19:17
So there's a lot of back-endバックエンド signal信号 processing処理,
バックエンドシグナルプロセスが多く
19:20
not for one to manyたくさんの, but for manyたくさんの to manyたくさんの.
1ヶ所から複数へではなく 全体が繋がり合うのです
19:23
JCJC: Right, and then on a practical実用的な levelレベル,
現実的には
19:25
whichどの technologiesテクノロジー are you looking at first?
どんな技術に注目していますか
19:27
I know you mentioned言及した that a keyboardキーボード is a really keyキー part of this.
キーボードが鍵だと
仰ったのは知ってますが
19:28
DRDR: We're trying試す to develop開発する an interactiveインタラクティブ touchタッチ screen画面 for dolphinsイルカ.
イルカの使える
タッチスクリーンを開発中です
19:32
This is sortソート of a continuation継続 of some of the earlier先に work,
これは前の企画の
続きの様な物なんですが
19:35
and we just got our first seedシード moneyお金 today今日 towards方向 that,
今日これを始める為の
最初の資金を得ました
19:37
so it's our first projectプロジェクト.
ここからスタートです
19:41
JCJC: Before the talk, even.
DRDR: Yeah.
スピーチ前に?
そう
19:42
JCJC: Wowワオ. Well done完了.
わあ よかったですね
19:44
All right, well thank you all so much for joining接合 us.
TEDに参加して下さり感謝しています
19:45
It's suchそのような a delight喜び to have you on the stageステージ.
ここにお招き出来 本当に光栄です
19:47
DRDR: Thank you.
VCVC: Thank you.
ありがとうございました
19:50
(Applause拍手)
(拍手)
19:51
Translated by Reiko O Bovee
Reviewed by Yuriko Hida

▲Back to top

About the speakers:

Diana Reiss - Cognitive psychologist
Diana Reiss studies animal cognition, and has found that bottlenose dolphins (and Asian elephants) can recognize themselves in the mirror.

Why you should listen

Diana Reiss’s research focuses on the cognition and communication of marine animals, with an emphasis on comparative animal cognition. Essentially, she studies the evolution of intelligence. Reiss pioneered the use of underwater keyboards with dolphins to investigate their communicative abilities and provide them with more degrees of choice and control. Reiss and her colleagues demonstrated that bottlenose dolphins and an Asian elephants possess the rare ability for mirror self-recognition previously thought to be restricted to humans and great apes. She wrote about this work in her recent book, The Dolphin in the Mirror.

Reiss' efforts also involve the rescue and rehabilitation of stranded marine mammals, including the successful rescue of Humphrey, the humpback whale, from San Francisco Bay waters. Her advocacy work in conservation and animal welfare includes the protection of dolphins in the tuna-fishing industry and efforts to bring an end to the killing of dolphins in the drive hunts in Japan. 

Reiss is a cognitive psychologist and professor in the Department of Psychology at Hunter College and the Biopsychology and Behavioral Neuroscience subprogram at the Graduate Center, CUNY. She directs a dolphin cognitive research program at the National Aquarium in Baltimore and is a research associate at the Smithsonian’s National Zoo in DC, where she investigates elephant cognition.

More profile about the speaker
Diana Reiss | Speaker | TED.com
Peter Gabriel - Musician, activist
Peter Gabriel writes incredible songs but, as the co-founder of WITNESS and TheElders.org, is also a powerful human rights advocate.

Why you should listen

Peter Gabriel was a founding member of the extraordinarily successful progressive rock band Genesis. He left the band in 1975 to go solo and, in 1980, set up the international arts festival WOMAD (which stands for World of Music, Arts and Dance) and the record label Real World, both to champion music and artistic innovation from all over the world. Gabriel's stop motion video for "Sledgehammer" has been named the most-played music video in the history of MTV.  

Gabriel is also very interested in human rights. In 1992, he co-founded WITNESS.org, an organization that helps human rights activists and citizen witnesses worldwide make change happen through the use of video. The organization not only distributes digital cameras to empower people to document human-rights abuses, but provides a platform for the spread of video that reveals what is really going on in places all over the globe.

In 2007, Gabriel also co-founded theElders.org with Richard Branson and Nelson Mandela, an independent group of global leaders working together for peace and human rights.

More profile about the speaker
Peter Gabriel | Speaker | TED.com
Neil Gershenfeld - Physicist, personal fab pioneer
As Director of MIT’s Center for Bits and Atoms, Neil Gershenfeld explores the boundaries between the digital and physical worlds.

Why you should listen

MIT's Neil Gershenfeld is redefining the boundaries between the digital and analog worlds. The digital revolution is over, Gershenfeld says. We won. What comes next? His Center for Bits and Atoms has developed quite a few answers, including Internet 0, a tiny web server that fits into lightbulbs and doorknobs, networking the physical world in previously unimaginable ways.

But Gershenfeld is best known as a pioneer in personal fabrication -- small-scale manufacturing enabled by digital technologies, which gives people the tools to build literally anything they can imagine. His famous Fab Lab is immensely popular among students at MIT, who crowd Gershenfeld's classes. But the concept is potentially life-altering in the developing world, where a Fab Lab with just $20,000 worth of laser cutters, milling machines and soldering irons can transform a community, helping people harness their creativity to build tools, replacement parts and essential products unavailable in the local market. Read more in Fab: The Coming Revolution on Your Desktop.

More profile about the speaker
Neil Gershenfeld | Speaker | TED.com
Vint Cerf - Computer scientist
Vint Cerf, now the chief Internet evangelist at Google, helped lay the foundations for the internet as we know it more than 30 years ago.

Why you should listen

TCP/IP. You may not know what it stands for, but you probably use it every day -- it's the set of communications protocols that allows data to flow from computer to computer across the internet. More than 30 years ago, while working at DARPA, Vint Cerf and Bob Kahn developed TCP/IP, and in so doing, they gave rise to the modern Internet. In 2004, Cerf was the recipient of the ACM Alan M. Turing award (sometimes called the “Nobel Prize of Computer Science”), and in 2005 he was awarded the Presidential Medal of Freedom.

Cerf is a vice president and chief Internet evangelist at Google, and chairman of the board of the Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN), an organization he helped form; he was also recently elected president of the ACM Council. He served as founding president of the Internet Society from 1992 to 1995. He's an advocate for a truly free internet, speaking out in the face of increasing government demands to limit free speech and connection.

More profile about the speaker
Vint Cerf | Speaker | TED.com