English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDSummit

Rebecca MacKinnon: We can fight terror without sacrificing our rights

レベッカ・マッキノン: テロとの闘いで、権利を犠牲にする必要はない

Filmed
Views 1,073,678

民主主義を破壊することなく、テロと闘うことはできるでしょうか?インターネット自由活動家レベッカ・マッキノンの考えでは、私たちがインターネットや報道を検閲すれば、過激思想や扇動主義との戦いに敗れるというのです。この重要な話の中で彼女は、リスク覚悟で強力な暗号に賭けようと呼びかけます。また、政府が過激主義者と闘うジャーナリストや活動家の口を封じるのではなく、もっと保護するよう訴えます。

- Internet freedom activist
Rebecca MacKinnon looks at issues of free expression, governance and democracy (or lack of) in the digital networks, platforms and services on which we are all more and more dependent. Full bio

現在の民主主義的な
生活の中心には
00:12
There's a big大きい question質問
at the centerセンター of life
大きな問題があります
00:15
in our democracies民主主義 today今日:
民主主義を破壊せず
人権を踏みにじることなく
00:16
How do we fight戦い terrorテロ
withoutなし destroying破壊 democracies民主主義,
いかにテロと戦うかという問題です
00:20
withoutなし trampling踏みつぶす human人間 rights権利?
私はキャリアの大半を
世界中のジャーナリストや
00:23
I've spent過ごした much of my careerキャリア
workingワーキング with journalistsジャーナリスト,
ブロガー
00:28
with bloggersブロガー,
活動家や
00:29
with activists活動家,
人権の研究者たちと
活動してきて
00:30
with human人間 rights権利 researchers研究者
all around the world世界,
こんな結論に達しました
00:33
and I've come to the conclusion結論
もし この民主的社会が
リスクを覚悟の上で
00:35
that if our democratic民主的 societies社会
do not doubleダブル down
人権や報道の自由
00:40
on protecting保護 and defending防御する human人間 rights権利,
自由で開かれたインターネットの
00:43
freedom自由 of the press押す
保護や擁護に力を注がなければ
00:44
and a free無料 and open開いた internetインターネット,
過激派のイデオロギーがはびこる
可能性が非常に高くなります
00:47
radicalラジカル extremist過激主義者 ideologiesイデオロギー
are much more likelyおそらく to persist持続する.
(拍手)
00:54
(Applause拍手)
以上です
ありがとう
00:57
OK, all done完了. Thank you very much.
いや 冗談です
00:58
No, just joking冗談.
(笑)
00:59
(Laughter笑い)
この話を もう少し
掘り下げたいと思います
01:01
I actually実際に want to drillドリル down
on this a little bitビット.
この問題の最前線である
国の一つが
01:04
So, one of the countries that has been
on the frontlinesフロントライン of this issue問題
チュニジアです
01:10
is Tunisiaチュニジア,
この国はアラブの春で
民主革命が成功した
01:12
whichどの was the only country
to come out of the Arabアラブ Spring
唯一の国でした
01:15
with a successful成功した democratic民主的 revolution革命.
5年経った今
01:18
Five years later後で,
チュニジアは
深刻なテロ攻撃と
01:20
they're struggling苦しい
with serious深刻な terrorテロ attacks攻撃
ISISによる勧誘の蔓延に
苦しめられています
01:23
and rampant猛烈な ISISISIS recruitment募集.
国民の多くが
安全を守るために
01:25
And manyたくさんの Tunisiansチュニジア人
are calling呼び出し on their彼らの government政府
あらゆる手段を講じるよう
政府に要求しています
01:28
to do whateverなんでも it takes to keep them safe安全.
チュニジアの漫画家
ナディア・カイエリは
01:32
Tunisianチュニジア人 cartoonist漫画家 Nadiaナディア Khiariキハリ
そんな状況を登場人物の
こんなセリフでまとめています
01:35
has summed合計 up the situation状況
with this characterキャラクター who says言う,
「人権なんか どうでもいい
01:40
"I don't give a damnくそー about human人間 rights権利.
革命なんか どうでもいい
01:42
I don't give a damnくそー about the revolution革命.
民主主義も 自由もどうだっていい
01:45
I don't give a damnくそー
about democracy民主主義 and liberty自由.
ただ安全が欲しいんだ」
01:49
I just want to be safe安全."
看守が言います
「満足したか?」
01:53
"Satisfied満足?" asked尋ねた his jailer看守.
「これで安全だろう」
01:56
"You're safe安全 now."
チュニジア国民が
01:58
If the Tunisianチュニジア人 people can figure数字 out
刑務所に入る以外に
02:01
how to deal対処 with their彼らの terrorismテロ problem問題
テロを解決する方法を見つければ
02:03
withoutなし endingエンディング up in this place場所,
この地域だけでなく
私たち全員にとって
02:06
they will be a modelモデル
not only for their彼らの region領域,
一つのモデルになるでしょう
02:09
but for all of us.
実態は 市民社会や
ジャーナリスト、活動家たちは
02:12
The reality現実 is that civil市民 society社会,
journalistsジャーナリスト and activists活動家
過激派グループから
標的にされ
02:16
are coming到来 under attack攻撃
from extremist過激主義者 groupsグループ on the one handハンド,
また 多くの国で
02:21
and, in manyたくさんの countries,
自国の政府からも
狙われています
02:23
alsoまた、 from their彼らの own自分の governments政府.
私たちが目にするのは
自国の政府に
02:25
We're seeing見る bloggersブロガー
and journalistsジャーナリスト beingであること jailed投獄された,
ブロガーやジャーナリストが
投獄、起訴
02:28
charged荷担した and intimidated威嚇された
恫喝される様子ですが
02:30
by their彼らの own自分の governments政府,
そんな政府の多くは
テロとの戦いでは 欧米の同盟国です
02:31
manyたくさんの of whichどの are allies同盟国
with the West西 in the war戦争 on terrorテロ.
3つだけ例をあげましょう
02:35
Just three examples.
かつての同僚で友人—
02:37
A friend友人 and former前者 colleague同僚 of mine鉱山,
ヒシャム・アルミラートは
02:39
Hishamヒシャム Almiraatアルミラット,
モロッコの6人の活動家と共に
国家の安全を脅かした罪で
02:40
has been charged荷担した
with threatening脅かす state状態 securityセキュリティ,
起訴されています
02:43
along一緒に with six6 other activists活動家 in Moroccoモロッコ.
サウジアラビアのブロガー
ライフ・バダウィは ブログの中で
02:47
The Saudiサウジ bloggerブロガー RaifRaif BadawiBadawi
has been jailed投獄された and flogged鞭打った
イスラム教を侮辱し政府を批判した罪で
投獄され むち打ちの刑に処されました
02:51
for insulting侮辱 Islamイスラム教 and criticizing批判する
the Saudiサウジ regime体制 on his blogブログ.
最近では 国境なき記者団の
トルコ代表—
02:57
More recently最近, the Turkishトルコ語 representative代表
for Reportersレポーター Withoutなし Borders罫線,
エロル・オンデルオールは
03:02
Erolエロール Önderogluネドログ,
活動家 数名と共に
クルド人メディアを支援したとして
03:04
has been detained拘束された and charged荷担した
with spreading広がる terroristテロリスト propaganda宣伝,
テロリストのプロパガンダを広めた罪で
拘束 起訴されています
03:09
because he and some other activists活動家
have been supportingサポートする Kurdishクルド mediaメディア.
テロ対策は
すぐ国家による弾圧と化し
03:15
Anti-terror反テロ measures措置
quickly早く turn順番 into state状態 repression抑圧
マイノリティの集団や
平和な討論が
03:18
withoutなし strong強い protection保護
for minority少数 communitiesコミュニティ
擁護されることもないので
03:22
and for peaceful平和な debateディベート;
強力な 独立した地元メディアの
支援が不可欠です
03:24
this needsニーズ to be supportedサポートされる
by a robustロバストな, independent独立した local地元 mediaメディア.
こういうことは
まだ実現していませんが
03:29
But while that's not really happeningハプニング,
アメリカ政府はシリコンバレーや
ハリウッドと協力し
03:32
Washingtonワシントン is teamingチーム化 up
with Siliconシリコン Valley and with Hollywoodハリウッド
数百万 いや数億ドルを投じて
03:36
to pour注ぐ millions何百万 -- hundreds数百
of millions何百万 of dollarsドル --
「対抗メッセージ」—
03:41
into what's calledと呼ばれる "counter-messagingカウンターメッセージング,"
要はプロパガンダを広めています
03:43
a fancyファンシー wordワード for propaganda宣伝.
ネット中に広がる
テロリストのプロパガンダに対抗するため
03:46
To counterカウンタ the terroristテロリスト propaganda宣伝
spreading広がる all over the internetインターネット,
欧州ではインターネット照会ユニットが
設立され
03:52
in Europeヨーロッパ, Internetインターネット Referral紹介
Units単位 are beingであること setセット up,
過激主義的なコンテンツを
見つけた人が通報すると
03:56
so that people can report報告する
on extremist過激主義者 contentコンテンツ that they find
検閲されるようになっています
04:00
and get it censored検閲された.
ただ問題なのは
04:02
The problem問題 is,
このプロパガンダと
監視と検閲を全部合わせても
04:03
that all of this propaganda宣伝,
monitoringモニタリング and censorship検閲
まったく解消できていないことがあって
04:08
completely完全に fails失敗する to make up for the fact事実
それは 最も信頼できる
発言をしている人々や
04:13
that the people who are
the most最も credible信頼できる voices,
人々を過激思想に向かわせる
根本的な原因である
04:18
who can presentプレゼント credible信頼できる ideasアイデア
and alternative代替 solutionsソリューション
地域の経済的、社会的
政治的な問題について
04:22
to realリアル economic経済的, socialソーシャル and political政治的
problems問題 in their彼らの communityコミュニティ
説得力のあるアイデアや代替案を
提案する能力のある人々が
04:26
that are causing原因 people to turn順番
to extremism過激主義 in the first place場所,
自国の政府によって
沈黙を強いられていることです
04:30
are beingであること silenced沈黙した
by their彼らの own自分の governments政府.
こういうことは 結局
世界中で自由度の減少につながります
04:34
This is all adding追加する up to a decrease減少
in freedom自由 across横断する the world世界.
人権擁護団体
フリーダム・ハウスは
04:39
Freedom自由 House,
04:41
the human人間 rights権利 organization組織,
04:43
reportsレポート that 2015 marksマーク
the 10thth straightまっすぐ year in a row
2015年に 10年連続で
世界中で自由が失われていると
報告しています
04:47
of decline低下 in freedom自由 worldwide世界的に.
そして これは独裁政権による
04:50
And this is not just
because of the actions行動
活動のせいだけではないと言うのです
04:52
of authoritarian権威主義的な governments政府.
もう一つの理由は
民主的な政府ですら
04:54
It's alsoまた、 because democratic民主的 governments政府
次第に反体制派や
内部告発者
04:57
are increasinglyますます crackingクラッキング
down on dissenters反対意見,
調査ジャーナリストを
05:01
whistle-blowersホイッスルブロアー
弾圧しはじめているからです
05:03
and investigative調査的 journalistsジャーナリスト.
パン・ギムン国連事務総長は
こう警告しています
05:04
UN国連 Secretary秘書 General一般
Ban禁止 Ki-Moonキムン has warned警告された
「過激思想の抑止と
人権の尊重には密接な関係がある」
05:07
that "preventing予防する extremism過激主義 and promoting促進する
human人間 rights権利 go hand-in-hand手をつないで."
これは 我々の安全を政府が
守るべきでないという意味ではないし
05:11
It's not to say that governments政府
shouldn'tすべきではない keep us safe安全 --
当然 安全は守るべきですが
05:14
of courseコース they should --
法の支配の監視や その透明性
05:15
but we need publicパブリック oversight見落とし, transparency透明性
説明責任が必要だと言っているのです
05:18
and accountability説明責任 to the ruleルール of law法律.
その一方で
05:20
Meanwhileその間,
一部の国で過激思想が
文字通り市民社会を抹殺しつつあります
05:21
extremists過激派 are literally文字通り killing殺す off
civil市民 society社会 in some countries.
バングラデシュでは2013年以降
05:26
Since以来 2013 in Bangladeshバングラデシュ,
十数名の世俗主義のブロガーや
地域社会活動家が
05:28
over a dozenダース secular世俗的な bloggersブロガー
and communityコミュニティ activists活動家
過激主義者の手で
殺害されているのに
05:33
have been literally文字通り
slaughtered虐殺された by extremists過激派
政府は ほとんど対策を講じていません
05:36
while the government政府 has done完了 very little.
シリアの都市ラッカでは
05:39
From the cityシティ of RaqqaRaqqa in Syriaシリア,
ルキア・ハッサンや ナジ・ジェルフらが
ISISの支配地域から
05:41
people like Ruqiaルキア Hassanハッサン and Najiナジ Jerfジャフ
have been assassinated暗殺された
報道したために 暗殺されています
05:46
for their彼らの reporting報告
out of ISIS-controlledISIS制御 territory地域.
市民メディア組織
「静かに虐殺されるラッカ」は
05:50
The citizen市民 mediaメディア groupグループ calledと呼ばれる
RaqqaRaqqa is Beingであること Slaughtered虐殺された Silentlyサイレント
記事を送信したり
盗聴や監視から身を隠すために
05:55
relies信頼する on strong強い encryption暗号化
to send送信する out their彼らの reportsレポート
強力な暗号を使っていますが
06:00
and shieldシールド themselves自分自身
from interception傍受 and surveillance監視.
その一方でアメリカや
06:04
Yetまだ authorities当局 in countries
like the Unitedユナイテッド States,
イギリスをはじめとする
民主主義国家が
06:06
the Unitedユナイテッド Kingdom王国
and manyたくさんの other democracies民主主義
法律によって
06:09
are seekingシーク to use the law法律
強力な暗号を弱体化させたり
禁止したりしようとしています
06:11
to eitherどちらか weaken弱める or outright完全に ban禁止
strong強い encryption暗号化,
犯罪者も暗号を利用するからです
06:15
because the bad悪い guys are usingを使用して it, too.
私たちは市民が強力な暗号を
使う権利を勝ち取るべきです
06:18
We have got to fight戦い for the right
of citizens市民 to use strong強い encryption暗号化.
さもないと異議の表明や
調査報道は
06:22
Otherwiseさもないと, dissent異議
and investigative調査的 journalismジャーナリズム
さらに多くの場所で
06:26
are going to become〜になる even more difficult難しい
一層 難しくなるでしょう
06:28
in even more places場所.
それでも犯罪者や
テロリストといった悪人は
06:30
And the bad悪い guys -- the criminals犯罪者
and terroristsテロリスト --
コミュニケーションの
手段を見つけるのです
06:33
are still going to find
ways方法 to communicate通信する.
暗号を使う権利を
ユーザーに与えるために
06:35
Kudos名声 to the companies企業
that are standing立っている up
立ち上がった企業を
賞賛しましょう
06:38
for their彼らの users'ユーザーの ' right to use encryption暗号化.
一方 検閲の問題になると
06:41
But when it comes来る to censorship検閲,
状況は遥かに厄介です
06:43
the picture画像 is much more troubling厄介な.
確かに インターネット中に
06:46
Yes, there's a realリアル problem問題
過激な思想が蔓延していることは
深刻な問題です
06:48
of extremist過激主義者 contentコンテンツ
spreading広がる all over the internetインターネット.
Facebook、YouTube、Twitter をはじめ
たくさんの企業が
06:51
And Facebookフェイスブック, YouTubeYouTube and TwitterTwitter
are among the manyたくさんの companies企業
過激主義的な発言に関係する
数十万件に上る記事の削除や
06:55
who report報告する having持つ taken撮影 down hundreds数百
of thousands of pieces作品 of contentコンテンツ
アカウントの停止を
06:59
and deactivating非アクティブ化する accountsアカウント
発表しています
07:01
that are connected接続された
to the extremist's過激主義者 speechスピーチ.
ただ問題なのは 企業による規制の仕組みが
外からはまったく見えず
07:03
The problem問題 is their彼らの enforcement執行
mechanismsメカニズム are a completeコンプリート black boxボックス,
巻き添えになる人がいるのです
07:08
and there is collateral担保 damage損傷.
例えば イヤド・エル・バグダディ
07:10
Take, for example, Iyadイヤード el-Baghdadiエルバグダディ,
Twitter上で ISISをからかう
活動をしています
07:13
an activist活動家 who makes作る fun楽しい
of ISISISIS on TwitterTwitter.
彼はアカウントを停止されましたが
07:16
He had his accountアカウント deactivated失効した,
それは ISISの最高指導者と
苗字が同じだったためです
07:18
because he shares株式 a surname
with a prominent著名な ISISISIS leaderリーダー.
2015年12月には
07:22
Last December12月,
Isisという名前の女性—
07:23
a number of women女性 named名前 Isisイシス,
これはエジプトの女神の
名前でもあるのですが—
07:25
whichどの alsoまた、 happens起こる to be
the name of an Egyptianエジプト人 goddess女神,
Isisという女性が大勢
アカウントを停止されました
07:28
had their彼らの accountsアカウント deactivated失効した.
こちらの女性は
07:30
And this woman女性,
アメリカ在住の
コンピュータプログラマーですが
07:32
who lives人生 in the Unitedユナイテッド States
and is a computerコンピューター programmerプログラマー,
自分のFacebookアカウントが
停止されたことをツイートし
07:35
reported報告 on TwitterTwitter
about her deactivation失効 on Facebookフェイスブック,
どうにかメディアの注目を集めて
アカウントを復活させました
07:39
managed管理された to get enough十分な mediaメディア attention注意
to have her accountアカウント reinstated復職.
ただ これが問題なのです
注目される必要があったのですから
07:42
But that's the thing --
she had to get mediaメディア attention注意.
ジャーナリストも例外ではありません
07:46
And journalistsジャーナリスト aren'tない immune免疫.
デヴィッド・トムソンは
07:47
Davidデビッド Thomsonトムソン,
テロの専門家で
ラジオフランス国際放送の記者ですが
07:48
an expert専門家 on terrorismテロ and reporterレポーター
for Radio無線 Franceフランス International国際,
Facebookから記事を削除され
07:52
had reportsレポート deleted削除された
from his Facebookフェイスブック accountアカウント
アカウントを
数日間 停止されました
07:55
and had his accountアカウント
deactivated失効した for severalいくつかの days日々,
理由は記事の中にISISの
旗が写った写真があったこと
07:58
because they contained含まれる
picturesピクチャー of ISISISIS flagsフラグ,
ISISをアピールする意図はなく
08:02
even thoughしかし he was just reporting報告 on ISISISIS,
報道しただけなのにです
08:04
not promoting促進する it.
さらに いろいろな話を聞きます
このエジプト人男性
08:06
And then we have stories物語 from people
like this Egyptianエジプト人 man,
アーメッド・アブドラヒは
08:09
Ahmedアーメッド AbdellahyAbdellahy,
最近 首都ワシントンで
過激主義者たちと
08:10
who reported報告 recently最近 in an eventイベント
in Washingtonワシントン DCDC
議論を繰り広げた話を
報道しました
08:16
that some of his arguments議論
with extremists過激派 --
現在 彼はソーシャルメディア上で
ISISの支持者たちと議論し
08:18
he now spends支出 his time on socialソーシャル mediaメディア
arguing議論する with ISISISIS followersフォロワー,
転向を促しているのです
08:24
trying試す to get them to turn順番 away --
この過激主義者たちとの
議論の一部が削除されましたが
08:27
some of his arguments議論
with these extremists過激派 get deleted削除された,
それが彼らの考え方を変える
妨げになっていると
08:32
whichどの he believes信じる has the effect効果
of shielding遮蔽 them
彼は考えています
08:35
from alternative代替 pointsポイント of view見る.
Facebookや他の企業が
巻き添え被害の規模を
08:38
It's unclear不明 whetherかどうか Facebookフェイスブック
even knows知っている the extentエクステント
把握しているかどうかは
08:42
of the collateral担保 damage損傷,
はっきりしません
08:44
or the other companies企業 as well.
ただ ジャーナリズムや
直接行動主義、公開討論が
08:46
But we do know that journalismジャーナリズム,
activism行動主義 and publicパブリック debateディベート
過激派の言論を封殺する活動によって
口を封じられているのです
08:50
are beingであること silenced沈黙した in the effort努力
to stamp切手 out extremist過激主義者 speechスピーチ.
こういった企業は 公共の言論に対して
大きな力を持つ以上
08:55
So with these companies企業 having持つ so much
powerパワー over the publicパブリック discourse談話,
説明責任を果たすべきです
08:59
they need to be held開催 accountable説明責任.
私たちが目の当たりにしている問題を
09:01
They need to carryキャリー out impact影響 assessment評価
特定し解決するために
企業は影響評価をするべきです
09:04
to identify識別する and fix修正する the problems問題
that we're clearlyはっきりと seeing見る.
企業は削除方針について
より高い透明性を保つべきですし
09:08
They need to be more transparentトランスペアレント
about their彼らの enforcement執行 mechanismsメカニズム,
コンテンツを復活できるように
異議申し立てと苦情処理の仕組みを
09:12
and they need to have clearクリア
appealアピール and grievance苦情 mechanismsメカニズム,
明確に打ち出すべきです
09:15
so people can get
their彼らの contentコンテンツ reinstated復職.
さて 私はこの10分間
09:18
Now, I've been talking話す
for the last 10 minutes
政府や企業が
いかに事態を難しくしているか
09:21
about how governments政府 and companies企業
are making作る it more difficult難しい
話してきました
09:25
for people like these.
この写真は市民メディアネットワーク
「グローバル・ボイス」の
09:27
This is a picture画像 of membersメンバー
of the citizen市民 mediaメディア networkネットワーク,
メンバーです
09:30
Globalグローバル Voices,
10年以上前に私と
友人のイーサン・ザッカーマンが
09:32
that I helped助けた to cofound共著 over 10 years ago
共同で設立に携わりました
09:34
with my friend友人, Ethanイーサン Zuckermanズッカーマン.
面白いことに アラブの春の直後
およそ5年前に
09:36
Interestingly興味深いことに, about 5 years ago,
right after the Arabアラブ Spring,
データサイエンティストの
ギラード・ロータンが
09:40
the dataデータ scientist科学者 Giladジラド Lotanロタン
アラブの春の最中に
Twitterの使用頻度が高かった
09:43
created作成した a networkネットワーク map地図
of the people in Globalグローバル Voices
グローバル・ボイスのメンバーの
人脈マップを作りました
09:48
who were heavyヘビー usersユーザー of TwitterTwitter
during the Arabアラブ Spring.
そして 彼らの多くが
チュニジアとエジプトでの革命の間
09:51
And he found見つけた that manyたくさんの of these people
servedサービスされた as keyキー information情報 nodesノード
活動家やジャーナリストの間に立ち
09:56
betweenの間に activists活動家 and journalistsジャーナリスト
情報の接点として重要な役割を
果たしたことを明らかにしました
09:58
throughout全体を通して the Tunisianチュニジア人
and Egyptianエジプト人 revolution革命.
私たちが実現すべきなのは
こういう人々が 生きているだけでなく
10:01
We've私たちは got to make sure
that these people not only survive生き残ります,
力を持てるようにすることです
10:06
but are ableできる to continue持続する to thrive成功する.
彼らの多くは
刑務所に送られた人や
10:09
Manyたくさんの of them are still activeアクティブ,
潜伏や国外追放を
余儀なくされた人を除いて
10:10
other than the onesもの who have gone行った to jail刑務所
今も活動を続けています
10:12
or have been driven駆動される into hiding隠蔽 or exile亡命.
世界中いたるところで
10:16
All around the world世界,
10:18
people who are sick病気 and tired疲れた
of fear恐れ and oppression抑圧
恐怖や抑圧に
うんざりしている人々が
自分のコミュニティーや
国境を越えて繋がりつつあります
10:21
are linkingリンク up in their彼らの communitiesコミュニティ
and across横断する borders国境.
政府や企業に 彼らの権利を
より確実に守らせるために
10:25
We've私たちは got to do everything we can
to push押す our governments政府 and companies企業
私たちは できることは
何でもすべきです
10:29
to do a better jobジョブ
of protecting保護 their彼らの rights権利.
さらに私たちは
自分の個人的、政治的選択や
10:32
We've私たちは alsoまた、 got to be more mindful気になる
10:34
about how our own自分の personal個人的, political政治的,
consumer消費者 and businessビジネス choices選択肢
消費者や企業としての選択が
世界中のこういった人々に
いかに影響を与えているかを
もっと自覚すべきです
10:39
affect影響を与える people like these around the world世界.
また毎日ニュースを見ていれば
10:43
Alsoまた、, if you followフォローする the newsニュース,
それだけでは十分でないことは
明らかです
10:45
it's prettyかなり clearクリア that that alone単独で
isn't going to be enough十分な.
私たちは 力を持ちつつある
個人や集団による運動に参加するか
10:49
We've私たちは got to take personal個人的
responsibility責任 by joining接合 --
少なくとも積極的に支援することで
10:53
or at very least少なくとも, actively積極的に supportingサポートする --
個人的に責任を負う必要があります
10:56
the growing成長する ecosystem生態系
of individuals個人 and groupsグループ
彼らは世界中で
社会正義や
11:00
who are fighting戦う for socialソーシャル justice正義,
環境の持続可能性
11:02
environmental環境 sustainability持続可能性,
政府の透明性
11:04
government政府 accountability説明責任,
人権、報道の自由
11:06
human人間 rights権利, freedom自由 of the press押す
自由で開かれたインターネットを
11:08
and a free無料 and open開いた internetインターネット,
求めて闘っているのですから
11:09
all around the world世界.
最終的には 私たちは
デジタルの力を使った
11:11
I believe that, ultimately最終的に,
we can overcome克服する
過激思想のネットワークや
大衆の扇動や憎悪を 乗り越えられるでしょう
11:16
the digitallyデジタル的に empowered権限を与えられた networksネットワーク
of extremism過激主義, demagogueryデマガジン and hate嫌い.
でも…
11:23
But ...
毎日 懸命に活動する人々によって
支えられている—
11:25
we've私たちは got to do this by really
beefing肉付け up the globalグローバル networksネットワーク
世界中の市民による
11:31
of citizens市民 around the world世界,
地球規模のネットワークを
本当の意味で強化しなければなりません
11:33
powered動力 by people
who are workingワーキング hardハード everyすべて day,
そして もっと平和で 開かれた
11:37
and taking取る personal個人的 riskリスク
自由な未来の世界を目指して
個人がリスクを負うべきなのです
11:39
for a future未来 world世界 that is more
peaceful平和な, just, open開いた and free無料.
どうもありがとうございました
11:45
Thanksありがとう very much for listening聞いている.
(拍手)
11:47
(Applause拍手)
Translated by Kazunori Akashi
Reviewed by Misaki Sato

▲Back to top

About the speaker:

Rebecca MacKinnon - Internet freedom activist
Rebecca MacKinnon looks at issues of free expression, governance and democracy (or lack of) in the digital networks, platforms and services on which we are all more and more dependent.

Why you should listen

MacKinnon is the director of the Ranking Digital Rights project at New America, which recently released its inaugural Corporate Accountability Index, ranking 16 Internet and telecommunications companies on their commitments, policies and practices affecting users’ freedom of expression and privacy. (An expanded Index will be released in 2017.) She is the author of Consent of the Networked, a book investigating the future of liberty in the Internet age, and has been engaging in the debate about how to fight global terrorism while keeping a free and open Internet. A former head of CNN’s Beijing and Tokyo bureaus, MacKinnon is an expert on Chinese Internet censorship and is one of the founders (with Ethan Zuckerman) of the Global Voices Online blog network.

More profile about the speaker
Rebecca MacKinnon | Speaker | TED.com