English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDWomen 2016

Kimberlé Crenshaw: The urgency of intersectionality

キンバレー・クレンショー: インターセクショナリティの緊急性

Filmed
Views 938,544

かつてないほどに、人種と性別の偏見の現実をはっきりと理解することは重要になっています。さらに、この2つが組み合わさるとよりどれ程ひどいことになるのかを理解することも重要です。キンバレー・クレンショーはこの現象を説明するのに「インターセクショナリティ」という言葉を使います。もしあなたが立っている場所が複数の差別の通る道の交差点なら、おそらく両方に轢かれるだろうと言うのです。この心を動かすトークの中で彼女は、私たちにこの現実の目撃証人となり、差別の被害者の側に立って声を上げるよう呼びかけています。

- Civil rights advocate
As a pioneer in critical race theory, Kimberlé Crenshaw helped open the discussion of the double bind faced by victims of simultaneous racial and gender prejudice. Full bio

- Artist
Passionate about using music as a tool for empathy cultivation, Abby Dobson creates music to inspire audiences to reflect on the world we live in and engage in action to promote transformative social change. Full bio

新しいことを試したいと思います
00:12
I'd like to try something new新しい.
参加していただける方は
00:15
Those of you who are ableできる,
立ちあがってください
00:16
please standスタンド up.
私は今からいくつか名前をあげます
00:20
OK, so I'm going to name some names名前.
聞いたことのない名前だったり
00:24
When you hear聞く a name
that you don't recognize認識する,
その人たちについて何も語れなければ
00:26
you can't tell me anything about them,
そのまま席に着いてください
00:28
I'd like you to take a seatシート
00:30
and stay滞在 seated座った.
最後まで残った人に知っていることを伺います
いいですか?
00:32
The last person standing立っている,
we're going to see what they know. OK?
(笑)
00:35
(Laughter笑い)
いくわ
00:37
All right.
エリック・ガーナー
00:39
Ericエリック Garnerガーナー.
マイク・ブラウン
00:42
Mikeマイク Brown褐色.
タミア・ライス
00:47
Tamirタミール Riceご飯.
フレディ・グレイ
00:51
Freddieフレディ Grayグレー.
まだ立っている皆さんは
00:56
So those of you who are still standing立っている,
周りを見てください
00:58
I'd like you to turn順番 around
and take a look.
まだ立っている人が半分よりも多いようです
01:00
I'd say halfハーフ to most最も of the people
are still standing立っている.
続けましょう
01:04
So let's continue持続する.
ミシェル・カソー
01:07
Michelleミシェル Cusseauxクソソー.
タニーシャ・アンダーソン
01:15
TanishaTanisha Andersonアンダーソン.
オーラ・ロッサー
01:22
Auraオーラ RosserRosser.
メーガン・ホッケデー
01:27
Meaganメイガン Hockadayホッケー.
もう一度見てみると
01:30
So if we look around again,
4人がまだ立っていますが
01:32
there are about four4つの people
still standing立っている,
実際には当てません
01:35
and actually実際に I'm not going
to put you on the spotスポット.
本当に知っている人だけを残すための
お願いでした 座って結構です
01:38
I just say that to encourage奨励します transparency透明性,
so you can be seated座った.
(笑)
01:41
(Laughter笑い)
名前が知られていた最初のグループは
01:44
So those of you who recognized認識された
the first groupグループ of names名前 know
ここ2年半の間に警察に殺された
01:47
that these were African-Americansアフリカ系アメリカ人
who have been killed殺された by the police警察
アフリカ系アメリカ人たちです
01:51
over the last two and a halfハーフ years.
知られていなかった
01:55
What you mayかもしれない not know
もう一つのリストもここ2年の間に殺された
01:56
is that the other listリスト
is alsoまた、 African-Americansアフリカ系アメリカ人
アフリカ系アメリカ人たちです
02:01
who have been killed殺された
within以内 the last two years.
名前を知っているか知らないかの違いは
02:07
Only one thing distinguishes区別する
the names名前 that you know
たった一つ
02:11
from the names名前 that you don't know:
性別です
02:14
gender性別.
まず初めにお伝えしますが
02:16
So let me first let you know
that there's nothing at all distinct明確な
皆さんのこの認識パターンは
02:22
about this audience聴衆
何も特別なことではありません
02:24
that explains説明する the patternパターン of recognition認識
that we've私たちは just seen見た.
私は米国中で何十回も
この実験を行ってきました
02:28
I've done完了 this exercise運動
dozens数十 of times around the country.
女性の人権保護団体で行いました
02:32
I've done完了 it to women's婦人向け
rights権利 organizations組織.
市民権利団体で行いました
02:35
I've done完了 it with civil市民 rights権利 groupsグループ.
教授たちに行いました
学生たちに行いました
02:37
I've done完了 it with professors教授.
I've done完了 it with students学生の.
心理学者に行いました
社会学者に行いました
02:40
I've done完了 it with psychologists心理学者.
I've done完了 it with sociologists社会学者.
アメリカ連邦議会の
進歩派の議員にさえも行いました
02:44
I've done完了 it even with
progressiveプログレッシブ membersメンバー of Congress会議.
どこでも 警察による
02:48
And everywhereどこにでも, the awareness意識
of the levelレベル of police警察 violence暴力
黒人女性に対しての暴力の認知度は
02:52
that black women女性 experience経験
非常に低いです
02:54
is exceedingly極めて low低い.
この事実は驚きですよね
02:57
Now, it is surprising驚くべき, isn't it,
that this would be the case場合.
つまり
ここに2つの問題が関わっています
03:01
I mean, there are two issues問題
involved関係する here.
アフリカ系アメリカ人に対する警察の暴力と
03:03
There's police警察 violence暴力
againstに対して African-Americansアフリカ系アメリカ人,
女性に対する警察の暴力です
03:06
and there's violence暴力 againstに対して women女性,
これら2つの問題は
近年盛んに議論されています
03:08
two issues問題 that have been
talked話した about a lot lately最近.
しかしこれらの問題に
誰が巻き込まれているのか
03:12
But when we think about
who is implicated関係する by these problems問題,
誰がこれらの問題の犠牲者に
なっているのかを考えるときには
03:18
when we think about
who is victimized被害者 by these problems問題,
これらの黒人女性の名前は
絶対に浮かんできません
03:21
the names名前 of these black women女性
never come to mindマインド.
さて コミュニケーションの専門家によれば
03:25
Now, communicationsコミュニケーション experts専門家 tell us
ある事実が既存の枠組みに合わなければ
03:28
that when facts事実 do not fitフィット
with the available利用可能な framesフレーム,
ある問題についての考え方の中に
その新しい事実を
03:32
people have a difficult難しい time
incorporating組み込む new新しい facts事実
取り入れるのは難しいのです
03:36
into their彼らの way of thinking考え
about a problem問題.
この女性たちの名前は
私たちの意識から滑り落ちていました
03:41
These women's婦人向け names名前
have slippedスリップした throughを通して our consciousness意識
それは私たちに
彼女たちを目にする枠組みがなく
03:44
because there are no framesフレーム
for us to see them,
彼女たちを覚える枠組みがなく
03:47
no framesフレーム for us to remember思い出す them,
彼女たちを心に留める枠組みがないからです
03:50
no framesフレーム for us to holdホールド them.
結果として
03:53
As a consequence結果,
リポーターはトップニュースにせず
03:55
reporters記者 don't lead with them,
政策立案者は彼女たちについて考えず
03:58
policymakers政策立案者 don't think about them,
政治家は彼女たちと話すことを促されたり
要求されたりしません
04:01
and politicians政治家 aren'tない encouraged奨励
or demanded要求された that they speak話す to them.
なぜ枠組みが重要であるのか
04:07
Now, you mightかもしれない ask尋ねる,
尋ねるかもしれません
04:09
why does a frameフレーム matter問題?
つまり 結局
04:11
I mean, after all,
黒人に影響する問題や
女性に影響する問題は
04:12
an issue問題 that affects影響を与える black people
and an issue問題 that affects影響を与える women女性,
必然的に 女性である黒人や
黒人である女性を
04:18
wouldn'tしないだろう that necessarily必ずしも include含める
black people who are women女性
含むのではないのかという問いです
04:22
and women女性 who are black people?
単純な答えとしては 社会的平等に対して
浸透を待つようなそんなアプローチでは
04:25
Well, the simple単純 answer回答 is that this is
a trickle-downぽたぽたと滴り落ちる approachアプローチ to socialソーシャル justice正義,
ほとんどの場合うまくいかないからです
04:30
and manyたくさんの times it just doesn't work.
目標に掲げたグループの
あらゆるメンバーが
04:34
Withoutなし framesフレーム that allow許す us to see
社会問題からどんな影響を受けるかが
見える枠組みがなければ
04:36
how socialソーシャル problems問題 impact影響
all the membersメンバー of a targeted目標 groupグループ,
たくさんの人が私たちの
運動の隙間から落ちていき
04:41
manyたくさんの will fall throughを通して the cracks亀裂
of our movements動き,
事実上の孤独に苦しみ続けます
04:44
left to suffer苦しむ in virtualバーチャル isolation隔離.
しかし 枠組みがないままである
必要はありません
04:49
But it doesn't have to be this way.
何年も前 私は「インターセクショナリティ」
という言葉を使い始めました
04:54
Manyたくさんの years ago, I began始まった to use
the term期間 "intersectionality交差性"
人種差別や性差別など
社会的平等の問題の多くが
04:59
to deal対処 with the fact事実
that manyたくさんの of our socialソーシャル justice正義 problems問題
05:03
like racism人種差別主義 and sexism性差別
しばしば重なり合い
05:05
are oftenしばしば overlapping重複,
社会的不平等が多層構造になっているという
現実を扱うためです
05:08
creating作成 multiple複数 levelsレベル
of socialソーシャル injustice不正.
インターセクショナリティが
生まれるきっかけとなったのは
05:13
Now, the experience経験
that gave与えた rise上昇 to intersectionality交差性
エマ・デグラフェンリードという
女性との偶然の出会いです
05:18
was my chanceチャンス encounter出会い
with a woman女性 named名前 Emmaエマ DeGraffenreidDeGraffenreid.
エマ・デグラフェンリードは
アフリカ系アメリカ人で
05:24
Emmaエマ DeGraffenreidDeGraffenreid
was an African-Americanアフリカ系アメリカ人 woman女性,
働く妻であり 母親でした
05:28
a workingワーキング wife and a mother.
エマの話を読んだのは
ある法的な見解を論じたページで
05:30
I actually実際に read読む about Emma'sエマの storyストーリー
from the pagesページ of a legal法的 opinion意見
実は 記事を書いた裁判官は
05:36
written書かれた by a judge裁判官
who had dismissed解雇された Emma'sエマの claim請求
地域の自動車工場による
人種と性別の差別について
05:40
of raceレース and gender性別 discrimination差別
05:42
againstに対して a local地元 car manufacturing製造 plant工場.
エマの訴えを却下したのでした
エマは他のたくさんの
アフリカ系アメリカ人女性のように
05:47
Emmaエマ, like so manyたくさんの African-Americanアフリカ系アメリカ人 women女性,
家族や身の回りの人のために
もっと良い仕事を探していました
05:51
sought求められた better employment雇用
for her family家族 and for othersその他.
彼女は子供たちや家族のために
もっといい人生を願ったのです
05:55
She wanted to create作成する a better life
for her children子供 and for her family家族.
しかし仕事に申し込むと
05:59
But she applied適用された for a jobジョブ,
彼女は採用されませんでした
06:01
and she was not hired雇われた,
彼女は 黒人女性だから
採用されなかったのだと考えました
06:03
and she believed信じる that she was not hired雇われた
because she was a black woman女性.
問題の裁判官はエマの訴えを却下しました
06:07
Now, the judge裁判官 in question質問
dismissed解雇された Emma'sエマの suitスーツ,
棄却した根拠は
06:12
and the argument引数
for dismissing却下する the suitスーツ was
雇用主がアフリカ系アメリカ人も
06:15
that the employer雇用者
did hire雇う African-Americansアフリカ系アメリカ人
女性も採用していたことです
06:19
and the employer雇用者 hired雇われた women女性.
しかし裁判官が認定しようとしなかった
本当の問題は
06:23
The realリアル problem問題, thoughしかし, that the judge裁判官
was not willing喜んで to acknowledge認める
エマが実際に訴えたかったことで
こうです
06:27
was what Emmaエマ was actually実際に trying試す to say,
アフリカ系アメリカ人が採用されるとしても
06:30
that the African-Americansアフリカ系アメリカ人
that were hired雇われた,
たいてい工場業務や 保守管理業務で
すべて男性です
06:33
usually通常 for industrial工業用 jobsジョブ,
maintenanceメンテナンス jobsジョブ, were all men男性.
女性が採用されるとしても
06:39
And the women女性 that were hired雇われた,
ほとんど秘書や窓口業務としてであり
06:41
usually通常 for secretarial秘書
or front-officeフロントオフィス work,
すべて白人です
06:44
were all white.
これらの採用方針が合わさると
どうなるかを 裁判官が理解できれば
06:46
Only if the court裁判所 was ableできる to see
how these policiesポリシー came来た together一緒に
エマ・デグラフェンリードが直面している
06:51
would he be ableできる to see
the doubleダブル discrimination差別
二重の差別を見抜けたことでしょう
06:55
that Emmaエマ DeGraffenreidDeGraffenreid was facing直面する.
しかし裁判所は2つの訴因が合わさって
彼女の訴えに至ったとは
06:58
But the court裁判所 refused拒否された to allow許す Emmaエマ
to put two causes原因 of actionアクション together一緒に
認めませんでした
07:04
to tell her storyストーリー
それを認めてしまったら
07:05
because he believed信じる that,
by allowing許す her to do that,
優遇措置を受けることが
可能になるからです
07:09
she would be ableできる
to have preferential優先 treatment処理.
アフリカ系アメリカ人男性と白人の女性に
一度の機会が与えられるときに
07:13
She would have an advantage利点
by having持つ two swingsスイング at the batコウモリ,
彼女は二度の機会を得ることになるのです
07:19
when African-Americanアフリカ系アメリカ人 men男性 and white women女性
only had one swingスイング at the batコウモリ.
しかしもちろんアフリカ系アメリカ人男性も
白人女性も
07:24
But of courseコース, neitherどちらも
African-Americanアフリカ系アメリカ人 men男性 or white women女性
自分たちが経験した差別について語るのに
07:29
needed必要な to combine結合する a raceレース
and gender性別 discrimination差別 claim請求
人種や性別の差別を組み合わせた
訴えを起こす必要はないのです
07:34
to tell the storyストーリー of the discrimination差別
they were experiencing経験する.
単に白人女性やアフリカ系アメリカ人男性と
07:39
Why wasn'tなかった the realリアル unfairness不公平
全く同じ経験をしていないからといって
07:42
law's法律 refusal拒否 to protect保護する
African-Americanアフリカ系アメリカ人 women女性
法律がアフリカ系アメリカ人の女性を
守らないのは
07:46
simply単に because their彼らの experiences経験
weren'tなかった exactly正確に the same同じ
まさしく不公平ではありませんか
07:50
as white women女性 and African-Americanアフリカ系アメリカ人 men男性?
裁判所は 枠組みを広げてアフリカ系
アメリカ人女性を含むようにはせず
07:55
Ratherむしろ than broadening広げる the frameフレーム
to include含める African-Americanアフリカ系アメリカ人 women女性,
彼女たちの問題は取り上げないと
あっさり放棄したのです
08:00
the court裁判所 simply単に tossed投げた their彼らの case場合
completely完全に out of court裁判所.
差別禁止法の研究者として
08:06
Now, as a student学生
of antidiscrimination反差別 law法律,
男女同権主義者として
08:10
as a feministフェミニスト,
人種差別反対主義者として
08:11
as an antiracist反主義者,
この判例が突き刺さりました
08:13
I was struck打たれた by this case場合.
私は不平等で四方を囲まれていると感じました
08:17
It feltフェルト to me like injustice不正 squared二乗された.
まず
08:21
So first of all,
黒人女性は工場で働くことを
許可されませんでした
08:24
black women女性 weren'tなかった allowed許可された
to work at the plant工場.
2つ目に 裁判所が
訴えは法的に合理性はないとしたので
08:27
Second二番目 of all, the court裁判所
doubled倍増 down on this exclusion除外
この排除がさらに強固なものになりました
08:31
by making作る it legally法的に inconsequential重要ではない.
それらに加え この問題に対して
名称がありませんでした
08:35
And to bootブート, there was
no name for this problem問題.
言うまでもなく 問題に名称がなければ
08:39
And we all know that,
where there's no name for a problem問題,
理解できませんし
08:43
you can't see a problem問題,
理解することができなければ
解決はおぼつきません
08:44
and when you can't see a problem問題,
you prettyかなり much can't solve解決する it.
何年も後に エマが直面していた問題は
08:50
Manyたくさんの years later後で, I had come to recognize認識する
枠組みの問題だと私は気付きました
08:52
that the problem問題 that Emmaエマ was facing直面する
was a framingフレーミング problem問題.
裁判所が使っていた枠組みは
08:59
The frameフレーム that the court裁判所 was usingを使用して
性差別を識別するための
また人種差別を識別するための枠組みであり
09:01
to see gender性別 discrimination差別
or to see raceレース discrimination差別
部分的で歪んでいました
09:06
was partial部分的な, and it was distorting歪ませる.
私が直面していた課題は
09:10
For me, the challengeチャレンジ that I faced直面する was
もっと違う説明の仕方を
考え出すことです
09:12
trying試す to figure数字 out whetherかどうか
there was an alternative代替 narrative物語,
エマのジレンマを分かりやすくする
プリズムであり
09:17
a prismプリズム that would allow許す us
to see Emma'sエマの dilemmaジレンマ,
彼女を法律の隙間から救出するプリズムであり
09:22
a prismプリズム that would allow許す us
to rescueレスキュー her from the cracks亀裂 in the law法律,
裁判官が彼女の話を理解しやすくなる
説明を考え出したかったのです
09:28
that would allow許す judges判定 to see her storyストーリー.
私が思いついたのは
09:33
So it occurred発生した to me,
簡単に交差点でたとえることで
09:34
maybe a simple単純 analogy類推 to an intersection交差点
エマのジレンマを裁判官が
理解できるかもしれないということでした
09:39
mightかもしれない allow許す judges判定
to better see Emma'sエマの dilemmaジレンマ.
こんな交差点を考えてみました
09:44
So if we think about this intersection交差点,
the roads道路 to the intersection交差点 would be
道路は それぞれ人種と性別で構成した
全従業員の構造です
09:49
the way that the workforce労働力
was structured仕組み by raceレース and by gender性別.
その道を通る車輛は 採用方針や
09:56
And then the trafficトラフィック in those roads道路
would be the hiring雇用 policiesポリシー
この道に沿ったいろいろな運用です
10:00
and the other practices実践
that ran走った throughを通して those roads道路.
エマは黒人であり女性でもあるので
10:05
Now, because Emmaエマ
was bothどちらも black and female女性,
彼女はまさにこれらの道が
交わる地点に立ち
10:10
she was positioned位置付けられた precisely正確に
where those roads道路 overlapped重なった,
その会社の性別と人種に関しての方針からの
10:15
experiencing経験する the simultaneous同時 impact影響
2種の影響を同時に受けています
10:20
of the company's会社の gender性別 and raceレース trafficトラフィック.
法律は いわば救急車で
10:25
The law法律 -- the law法律 is
like that ambulance救急車 that showsショー up
エマが 人種差別の道路か
性差別の道路で
10:31
and is ready準備完了 to treat治療する Emmaエマ
only if it can be shown示された
けがをしたことが明らかになれば
彼女を手当てします
10:34
that she was harmed害を受けた
on the raceレース road道路 or on the gender性別 road道路
しかし交差点では手当しないのです
10:39
but not where those roads道路 intersected交差.
複数の力に突き飛ばされた後で
10:43
So what do you call
beingであること impacted影響を受けた by multiple複数 forces
自分でなんとかするようにと
見捨てられることを何と呼びますか
10:49
and then abandoned放棄された to fend守る for yourselfあなた自身?
インターセクショナリティが
適切だと私は思いました
10:53
Intersectionality交差性 seemed見えた to do it for me.
アフリカ系アメリカ人女性は
10:58
I would go on to learn学ぶ
that African-Americanアフリカ系アメリカ人 women女性,
他の有色人種の女性のように
11:02
like other women女性 of color,
世界中の他の社会的に
排除されている人々のように
11:04
like other socially社会的に marginalized疎外された people
all over the world世界,
インターセクショナリティによって
11:08
were facing直面する all kinds種類
of dilemmasジレンマ and challenges挑戦
あらゆる困難に直面しています
11:12
as a consequence結果 of intersectionality交差性,
人種と性別の交差点
11:15
intersections交差点 of raceレース and gender性別,
同性愛差別、性同一性障害差別、外国人嫌悪
障碍者差別の交差点
11:19
of heterosexism異性愛, transphobia恐怖症,
xenophobia異端恐怖症, ableism有能主義,
さまざまな社会的な動きが合わさって
11:24
all of these socialソーシャル dynamicsダイナミクス come together一緒に
まったく固有の困難が
生じることがあります
11:29
and create作成する challenges挑戦
that are sometimes時々 quiteかなり uniqueユニークな.
しかし同じ方法で
11:35
But in the same同じ way
インターセクショナリティは
11:36
that intersectionality交差性
黒人女性の生き方への関心を高め
11:39
raised育った our awareness意識 to the way
that black women女性 liveライブ their彼らの lives人生,
またアフリカ系アメリカ人女性が亡くなる
11:45
it alsoまた、 exposes公開 the tragic悲劇的な circumstances状況
悲惨な状況を白日の下にさらします
11:49
under whichどの African-Americanアフリカ系アメリカ人 women女性 die死ぬ.
黒人女性に対する警官の暴力は
11:54
Police警察 violence暴力 againstに対して black women女性
まさしく現実です
11:58
is very realリアル.
黒人女性が直面している暴力は
12:00
The levelレベル of violence暴力
that black women女性 face
警官と遭遇した女性の中に
12:02
is suchそのような that it's not surprising驚くべき
生き永らえなかった人がいたと聞いても
驚かないほどの酷さです
12:05
that some of them do not survive生き残ります
their彼らの encounters出会い with police警察.
わずか7歳の女の子から
12:11
Blackブラック girls女の子 as young若い as sevenセブン,
95歳のおばあちゃんまでの黒人女性が
12:14
great grandmothersおばあちゃん as old古い as 95
警察に殺されています
12:19
have been killed殺された by the police警察.
リビングで殺され
12:21
They've彼らは been killed殺された in their彼らの living生活 rooms部屋,
寝室で殺されました
12:24
in their彼らの bedrooms寝室.
車の中で殺されました
12:26
They've彼らは been killed殺された in their彼らの cars.
路上で殺されました
12:29
They've彼らは been killed殺された on the street通り.
親の目の前で殺されました
12:31
They've彼らは been killed殺された
in frontフロント of their彼らの parents
子供の目の前でさえ殺されました
12:34
and they've彼らは been killed殺された
in frontフロント of their彼らの children子供.
撃たれて殺されました
12:38
They have been shotショット to death.
踏みつけられて殺されました
12:41
They have been stomped踏ん張られた to death.
窒息死させられました
12:43
They have been suffocated窒息した to death.
虐待によって殺されました
12:46
They have been manhandled手に取られた to death.
テーザー銃で撃たれて殺されました
(電気銃)
12:49
They have been taseredテスタード to death.
助けを呼んでいる間に殺されました
12:53
They've彼らは been killed殺された
when they've彼らは calledと呼ばれる for help.
一人でいるときに殺されました
12:57
They've彼らは been killed殺された when they were alone単独で,
他の人といるときに殺されました
13:00
and they've彼らは been killed殺された
when they were with othersその他.
黒人なのに買い物しているから殺され
13:04
They've彼らは been killed殺された shoppingショッピング while black,
黒人なのに運転しているから殺され
13:08
driving運転 while black,
黒人なのに精神障害があるから殺され
13:11
having持つ a mental精神的な disability障害 while black,
黒人なのに家庭内でもめているから
殺されました
13:15
having持つ a domestic国内の disturbance外乱 while black.
黒人なのにホームレスだからという
理由でさえ殺されました
13:19
They've彼らは even been killed殺された
beingであること homelessホームレス while black.
携帯電話で通話中に
13:24
They've彼らは been killed殺された
talking話す on the cell細胞 phone電話,
友達と笑っているときに
13:26
laughing笑い with friends友達,
盗難車に座っているときに
13:29
sitting座っている in a car reported報告 as stolen盗まれた
ホワイトハウスの前でUターンしたときに―
13:32
and making作る a U-turnUターン
in frontフロント of the White House
後部座席には
シートベルトをした幼児も乗っていたのに
13:35
with an infant幼児 strapped縛られた
in the backseat後部座席 of the car.
なぜ私たちは知らないのでしょうか
13:40
Why don't we know these stories物語?
彼女たちの命が失われたときには
13:44
Why is it that their彼らの lost失われた lives人生
メディアの注目や
社会的な抗議活動の勢いは
13:48
don't generate生成する the same同じ amount
of mediaメディア attention注意 and communal共同体 outcry抗議
彼女たちの兄弟が命を失ったときほどには
ならないのはなぜでしょう
13:53
as the lost失われた lives人生
of their彼らの fallen倒れた brothersブラザーズ?
今が変わるときです
13:57
It's time for a change変化する.
私たちに何ができるでしょうか
14:03
So what can we do?
2014年
アフリカ系アメリカ人の政策フォーラムは
14:06
In 2014, the African-Americanアフリカ系アメリカ人
Policyポリシー Forumフォーラム began始まった to demandデマンド
「彼女の名前を言う」運動を呼びかけました
14:12
that we "say her name"
集会で デモ活動で
14:16
at rallies集会, at protests抗議,
討論会で 会議で
14:19
at conferencesカンファレンス, at meetings会議,
黒人に対する国家暴力が議論されている
14:22
anywhereどこでも and everywhereどこにでも
どんな場所でも すべての場所においてです
14:25
that state状態 violence暴力 againstに対して black bodies
is beingであること discussed議論する.
しかし彼女の名前を言うだけでは
十分ではありません
14:30
But saying言って her name is not enough十分な.
もっとたくさんのことを
進んでしなければなりません
14:33
We have to be willing喜んで to do more.
私たちは進んで証言しなければなりません
14:36
We have to be willing喜んで to bearくま witness証人,
しばしば痛ましいことの起こる現実に
立ち向かうだけではなく
14:39
to bearくま witness証人
to the oftenしばしば painful痛い realities現実
証言しなければなりません
14:42
that we would just ratherむしろ not confront対峙する,
日常的な暴力や屈辱に
黒人の女性は直面していること
14:45
the everyday毎日 violence暴力 and humiliation屈辱
that manyたくさんの black women女性 have had to face,
肌の色
14:52
black women女性 across横断する color,
年齢、性別表現
14:54
age年齢, gender性別 expression表現,
性的指向や障碍などに
かかわらずです
14:57
sexualityセクシュアリティ and ability能力.
私逹にはまさに今チャンスがあります
15:01
So we have the opportunity機会 right now --
今から流す映像が 誰かのきっかけに
なるかもしれないことを
15:05
bearingベアリング in mindマインド that some of the imagesイメージ
that I'm about to shareシェア with you
心に留めてください
15:09
mayかもしれない be triggeringトリガー for some --
この暴力について
皆で証言するきっかけにしたいのです
15:12
to collectively集合的に bearくま witness証人
to some of this violence暴力.
アビー・ドブソンの素晴らしい
歌声を聴いてください
15:18
We're going to hear聞く the voice音声
of the phenomenal驚異的 Abbyアビー Dobsonドブソン.
彼女たちを受け入れてください
15:23
And as we sit座る with these women女性,
中には暴行された女性も
亡くなった女性も出てきます
15:26
some who have experienced経験豊富な violence暴力
and some who have not survived生き残った them,
私たちにはチャンスがあります
15:33
we have an opportunity機会
このトークの最初の実験結果を覆す
チャンスです
15:34
to reverse what happened起こった
at the beginning始まり of this talk,
彼女たちの名前を知らなかったので
15:38
when we could not standスタンド for these women女性
この女性たちのために
立っていられませんでしたね
15:41
because we did not know their彼らの names名前.
映像の最後に名前が列挙されます
15:45
So at the end終わり of this clipクリップ,
there's going to be a rollロール call.
黒人女性の名前が次々と出てきます
15:50
Several複数 black women's婦人向け names名前 will come up.
みなさん ぜひ彼女たちの名前を
呼んでください
15:54
I'd like those of you who are ableできる
to join参加する us in saying言って these names名前
できるだけ大きな声で
15:59
as loud大声で as you can,
ランダムに 無秩序に叫んでください
16:02
randomly無作為に, disorderly無秩序な.
不協和音を作りましょう
16:04
Let's create作成する a cacophony不協和音 of sound
私たちの意思を示すために
16:08
to represent代表する our intention意図
彼女たちを高く掲げるために
16:11
to holdホールド these women女性 up,
彼女たちを受け入れるために
16:14
to sit座る with them,
彼女たちのことを証言するために
16:15
to bearくま witness証人 to them,
彼女たちに光をあてるために
16:18
to bring持参する them into the light.
(アビー・ドブソンの歌)言って
16:28
(Singing歌う) Abbyアビー Dobsonドブソン: Say,
♪彼女の名前を言って
16:35
say her name.
♪言って
[黒人女性への暴力についての沈黙を破るため]
16:42
Say,
♪彼女の名前を言って
16:50
say her name.
(聴衆)シェリー
16:54
(Audienceオーディエンス) Shellyシェリー!
(聴衆)カイラ
16:56
(Audienceオーディエンス) Kaylaケイラ!
(歌)♪オー
16:57
AD広告: Oh,
♪彼女の名前を言って
17:05
say her name.
(聴衆が名前を叫ぶ)
17:11
(Audienceオーディエンス shouting叫ぶ names名前)
♪言って 言って
17:14
Say, say,
♪彼女の名前を言って
17:21
say her name.
♪彼女の名前を言って
17:29
Say her name.
♪私が知るはずのない
17:34
For all the names名前
♪すべての名前を
[国家の暴力で犠牲となった全ての女性のため]
17:37
I'll never know,
♪彼女の名前を言って
17:44
say her name.
(クレンショー)
ジャニシャ・フォンヴィル
17:47
KCKC: Aiyannaアイアンナ Stanleyスタンリー Jonesジョーンズ,
Janishaヤニシャ FonvilleFonville,
キャスリン・ジョンストン
カイラ・ムーア
17:50
Kathrynキャサリン Johnstonジョンストン, Kaylaケイラ Mooreムーア,
ミシェル・カソー
レキア・ボイ
17:52
Michelleミシェル Cusseauxクソソー, Rekiaレキア Boydボイド,
シェリー・フレイ
タリカ、イベット・スミス
17:55
Shellyシェリー Freyフライ, Tarikaタリカ, Yvetteイヴェット Smithスミス.
(歌)♪彼女の名前を言って
18:00
AD広告: Say her name.
初めに話したように
18:11
KCKC: So I said at the beginning始まり,
もし問題を見ることができなければ
18:13
if we can't see a problem問題,
問題を解決することもできません
18:17
we can't fix修正する a problem問題.
私たちは一致団結して
命を失った女性達の
18:20
Together一緒に, we've私たちは come together一緒に
to bearくま witness証人
証人になることができます
18:24
to these women's婦人向け lost失われた lives人生.
しかし今は哀悼や嘆きから
18:27
But the time now is to move動く
18:29
from mourning嘆く and grief悲しみ
行動と変革へと動く時です
18:32
to actionアクション and transformation変換.
これは私たちができることです
18:36
This is something that we can do.
私たちにかかっています
18:39
It's up to us.
参加してくださりありがとうございました
18:42
Thank you for joining接合 us.
ありがとうございました
18:44
Thank you.
(拍手)
18:46
(Applause拍手)
Translated by Shiori Watanabe
Reviewed by Natsuhiko Mizutani

▲Back to top

About the speakers:

Kimberlé Crenshaw - Civil rights advocate
As a pioneer in critical race theory, Kimberlé Crenshaw helped open the discussion of the double bind faced by victims of simultaneous racial and gender prejudice.

Why you should listen

Kimberlé Crenshaw, professor of law at UCLA and Columbia Law School, is a leading authority in the area of cvil rights, Black feminist legal theory, and race, racism and the law. Her work has been foundational in two fields of study that have come to be known by terms that she coined: critical race theory and intersectionality.

Crenshaw’s articles have appeared in the Harvard Law Review, National Black Law Journal, Stanford Law Review and Southern California Law Review. She is the founding coordinator of the Critical Race Theory Workshop, and the co-editor of the volume, Critical Race Theory: Key Documents That Shaped the Movement. She has lectured widely on race matters, addressing audiences across the country as well as in Europe, India, Africa and South America. A specialist on race and gender equality, she has facilitated workshops for human rights activists in Brazil and in India, and for constitutional court judges in South Africa. Her groundbreaking work on intersectionality has traveled globally and was influential in the drafting of the equality clause in the South African Constitution.

Crenshaw authored the background paper on race and gender discrimination for the United Nation's World Conference on Racism, served as the rapporteur for the conference's expert group on gender and race discrimination, and coordinated NGO efforts to ensure the inclusion of gender in the WCAR Conference Declaration. She is a leading voice in calling for a gender-inclusive approach to racial justice interventions, having spearheaded the "Why We Can't Wait" campaign and co-authored Black Girls Matter: Pushed Out, Overpoliced and Underprotected, and Say Her Name: Resisting Police Brutality Against Black Women.

Crenshaw has worked extensively on a variety of issues pertaining to gender and race in the domestic arena including violence against women, structural racial inequality and affirmative action. She has served as a member of the National Science Foundation's committee to research violence against women and has consulted with leading foundations, social justice organizations and corporations to advance their race and gender equity initiatives.

In 1996, she co-founded the African American Policy Forum to house a variety of projects designed to deliver research-based strategies to better advance social inclusion. Among the Forum's projects are the Affirmative Action Research and Policy Consortium and the Multiracial Literacy and Leadership Initiative. In partnership with the Aspen Roundtable for Community Change, Crenshaw facilitated workshops on racial equity for hundreds of community leaders and organizations throughout the country. With the support of the Rockefeller Foundation, Crenshaw facilitates the Bellagio Project, an international network of scholars working in the field of social inclusion from five continents. She formerly served as Committee Chair for the U.S.-Brazil Joint Action Plan to Promote Racial and Ethnic Equality, an initiative of the U.S. State Department.

Crenshaw has received the Fulbright Distinguished Chair for Latin America, the Alphonse Fletcher Fellowship and was a Fellow at the Center for Advanced Study in the Behavioral Sciences at Stanford University in 2009 and a Visiting Fellow at the European University Institute in Florence, Italy in 2010. Currently, Crenshaw is director of the Center for Intersectionality and Social Policy Studies  at Columbia Law School, which she founded in 2011, as well as the Centennial Professor at the LSE Gender Institute 2015-2018. Crenshaw received her J.D. from Harvard, L.L.M. from University of Wisconsin and B.A. from Cornell University.

More profile about the speaker
Kimberlé Crenshaw | Speaker | TED.com
Abby Dobson - Artist
Passionate about using music as a tool for empathy cultivation, Abby Dobson creates music to inspire audiences to reflect on the world we live in and engage in action to promote transformative social change.

Why you should listen

Abby Dobson is the 2016 artist-in-residence with the African American Policy Forum (AAPF). A sonic conceptualist artist, Dobson's sound is the alchemy of R&B/Soul, jazz, classic pop, gospel and folk, forging a gem that erases musical boundaries. Dobson has performed at venues such as S.O.B's, Kennedy Center Millennium Stage, Apollo Theater, Blue Note Jazz Club, Queens Museum and "The Tonight Show." Her debut album, Sleeping Beauty: You Are the One You Have Been Waiting On, was released in 2010 to glowing reviews. Featured on Talib Kweli’s album Gravitas on State of Grace, Dobson was also nominated for a 2014 BET Hip Hop Award for Best Impact Song.

Dobson received a Juris Doctorate degree from Georgetown University Law Center and a Bachelor's degree from Williams College in Political Science and History. Her interests have been deeply impacted by intersectionality discourse and critical race theory. An artist and independent scholar, Dobson's interests focus on the intersection of race and gender in the imagination, creation and consumption of music. A sampling of recent presentations include: International James Baldwin Conference at American University of Paris (2016), Association for the Study of African American History and Life Conference (2013-2015); Anna Julia Cooper Project at Tulane University (2013); and National Women's Studies Association (NWSA) Conference (2013).

Passionate about using music as a tool for empathy cultivation, Dobson creates music to inspire audiences to reflect on the world we live in and engage in action to promote transformative social change. She creates music to privilege black female voices and highlight the human condition. Inspired by AAPF’s social justice work, Dobson composed and performs "Say Her Name" in tribute to the black women lost to state and non-state violence.

Dobson also volunteers with the National Organization for Women, NYC Chapter's Activist Alliance serving as a member of its Intersectionality Committee. She is currently wrapping up recording for Sister Outsider, the follow-up to her debut album, slated for release in 2017.

More profile about the speaker
Abby Dobson | Speaker | TED.com