English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED@IBM

Kare Anderson: Be an opportunity maker

カレ・アンダーソン: チャンスを生み出す人になろう

Filmed
Views 2,250,453

私たちの誰もが、自らの能力を生かして、人生で有意義なことをしたいと願っています。でも、どうやったら始められるのでしょうか?(そして、もしあなたがシャイならどうしますか?)作家のカレ・アンダーソンが長年患ってきた自身の内向性について告白し、周りの人たちの才能や情熱を生かす手伝いをすることで、どのように自分の世界を広げたのか語ります。

- Writer
A columnist for Forbes, Kare Anderson writes on behavioral research-based ways to become more deeply connected. Full bio

I grew成長しました upアップ
私は子供のころから
00:13
diagnosed診断された as phobically虚偽の shyシャイ,
病的な恥ずかしがり屋と
診断されて育ちました
00:15
and, like at least少なくとも 20 otherその他 people
この会場の大きさで
00:20
in a roomルーム of thisこの sizeサイズ,
20人も聴衆がいれば
00:22
I was a stuttererスタッテラー.
口ごもってしまいました
00:25
Do you君は dareあえて raise上げる yourきみの handハンド?
自分もそうだと言う方はいますか?
00:26
And itそれ sticksスティック with〜と us. Itそれ really本当に does stickスティック with〜と us,
私たちに付いて回ります
ずっと付きまとうのです
00:29
becauseなぜなら whenいつ we我々 are treated治療された thatそれ way,
というのも そんな風に扱われると
00:33
we我々 feel感じる invisible目に見えない sometimes時々,
相手にされていないと感じたり
00:38
orまたは talked話した aroundまわり and at.
噂されている気がするからです
00:41
And as I started開始した to look見える at people,
人間観察をするようになると―
00:44
whichどの is mostly主に allすべて I did,
私はそればかりやっていますが
00:46
I noticed気づいた thatそれ some一部 people
注目されたり認められることを
00:49
really本当に wanted attention注意 and recognition認識.
強く望んでいる人がいるのだと
気づきました
00:51
Remember忘れない, I was young若い then次に.
若い頃の話ですよ
00:57
Soだから what did they彼ら do?
彼らの行動といえば
00:59
What we我々 stillまだ do perhapsおそらく too oftenしばしば.
私たちがしょっちゅうしていること―
01:00
We私たち talkトーク about ourselves自分自身.
自分自身について話すことです
01:03
And yetまだ thereそこ are otherその他 people I observed観察された
他方で 別の人達を見ると
私が―
01:05
who had what I calledと呼ばれる a mutuality相互性 mindset考え方.
「相関する考え方」と
呼んでいるものを持っている方がいます
01:08
In each situation状況, they彼ら found見つけた a way to talkトーク about us
どんな状況においても
「自分たち」について話す方法を見出し
01:11
and create作成する thatそれ "us" ideaアイディア.
「私たちの考え」を創り出します
01:15
Soだから myじぶんの ideaアイディア to reimagine再想像する the world世界
私の考える世界の再構想とは
01:17
is to see見る itそれ one1 whereどこで we我々 allすべて become〜になる
皆が一緒に 他人のために
01:19
greater大きい opportunity-makers機会のメーカー with〜と and for othersその他.
「チャンスを生み出す人」になる場として
世界を見ることです
01:22
There'sあります。 noいいえ greater大きい opportunity機会
大義や
01:27
orまたは callコール for actionアクション for us now
一人ではできなかったことを
成し遂げるために
01:29
thanより to become〜になる opportunity-makers機会のメーカー
個々の才能を もっと一緒に生かして
01:33
who useつかいます bestベスト talents才能 together一緒に moreもっと oftenしばしば
チャンスを生み出す人になることが
01:35
for the greater大きい good良い
今ほど求められ
01:38
and accomplish達成する thingsもの we我々
couldn'tできなかった have done完了 on our我々の own自分の.
機会を与えられている時代は
他にありません
01:39
And I want to talkトーク to you君は about thatそれ,
それが私のお話ししたいことです
01:42
becauseなぜなら even moreもっと thanより giving与える,
与えること以上に
01:44
even moreもっと thanより giving与える,
与えること以上に大切なのは
01:47
is the capacity容量 for us to do something何か smarterスマートな
大義を目指し より賢明なことを
01:51
together一緒に for the greater大きい good良い
一緒におこなう能力だからです
01:55
thatそれ liftsリフト us bothどちらも upアップ
その能力はお互いを向上させ
01:58
and thatそれ can scale規模.
ステップアップできます
02:00
That'sそれです whyなぜ I'm私は sitting座っている hereここに.
それが今日のテーマですが
02:02
Butだがしかし I alsoまた、 want to pointポイント something何か elseelse outでる:
それとは別に
言っておきたいことがあります
02:04
Each one1 of you君は
皆さん一人一人に
02:07
is betterより良い thanより anybody elseelse at something何か.
他の誰よりも優れたところがあります
02:10
Thatそれ disproves反証する thatそれ popular人気 notion概念
よく聞くあの言葉を覆すことになりますね
02:14
thatそれ ifif you'reあなたは the smartest最もスマートな person in the roomルーム,
「自分がいちばん賢いと感じたら
それは
02:17
you'reあなたは in the wrong違う roomルーム.
居場所を誤っているということ」
02:20
(Laughter笑い)
(笑)
02:22
Soだから let me telltell you君は about
数年前に私が参加した
02:25
a Hollywoodハリウッド partyパーティー I went行った to a coupleカップル years backバック,
あるハリウッドのパーティーでのことです
02:27
and I met会った thisこの up-and-coming起きる actress女優,
そこで新進気鋭の女優に出会い
02:29
and we我々 were soonすぐに talking話す about something何か
すぐに共通の趣味である
02:32
thatそれ we我々 bothどちらも feltフェルト passionately情熱的に about: publicパブリック artアート.
パブリックアートの話になりました
02:34
And she彼女 had the fervent熱心な belief信念
彼女は熱い信念があり
02:37
thatそれ everyすべて new新しい building建物 in Losロス Angelesアンジェルス
ロサンゼルスの新しい建物には
必ずパブリックアートを
02:39
should have publicパブリック artアート in itそれ.
入れさせるべきだと
02:42
She彼女が wanted a regulation規制 for itそれ,
そのための規制まで望んでいて
02:44
and she彼女 fervently熱心に started開始した
さらに熱心に―
02:45
who is hereここに fromから Chicagoシカゴ? —
シカゴ出身の方 いらっしゃいます?
02:47
she彼女 fervently熱心に started開始した talking話す about
ミレニアム・パークの
表面が鏡の―
02:49
theseこれら bean-shaped豆の形 reflective反射的な sculptures彫刻
豆の形をした彫刻について
02:51
in Millenniumミレニアム Parkパーク,
語り始めました
02:54
and people would walk歩く upアップ to itそれ
人々はそこに近づいて
02:56
and they'd彼らは smileスマイル in the reflection反射 of itそれ,
そこに映る自分に笑いかけたり
02:58
and they'd彼らは poseポーズ and they'd彼らは vamp吸血鬼
ポーズをとって気取ってみたり
03:00
and they'd彼らは take selfiesセルフ together一緒に,
皆で自分撮りをしたりして
03:02
and they'd彼らは laugh笑い.
笑い合うんだそうです
03:04
And as she彼女 was talking話す, a
thought came来た to myじぶんの mindマインド.
彼女の話を聞き
ある考えが浮かんだので
03:08
I said前記, "I know知っている someone誰か you君は oughtすべきだ to meet会う.
こう言いました
「貴女が会うべき人がいるわよ
03:10
He's彼は getting取得 outでる of Sanサン Quentinクエンティン
in a coupleカップル of weeks" —
サン・クエンティン刑務所から
もうすぐ出てくる人で―
03:13
(Laughter笑い) —
(笑)
03:16
"and he shares株式 yourきみの fervent熱心な desire慾望
彼も貴女と同じように
アートは人を巻き込み
03:18
thatそれ artアート should engage従事する and
enable有効にする people to connect接続する."
人と人を繋ぐべきという
情熱を持つ人よ」と
03:20
He spent過ごした five years in solitary孤独な,
彼は5年間 独房にいました
03:24
and I met会った him becauseなぜなら I gave与えた
a speechスピーチ at Sanサン Quentinクエンティン,
私がサン・クエンティン刑務所で
講演したのが出会いです
03:28
and he's彼は articulate明瞭な
彼は雄弁で
03:31
and he's彼は ratherむしろ easy簡単 on
the eyes becauseなぜなら he's彼は buffバフ.
魅力的なんです
なにせ筋肉隆々ですからね
03:33
He had workoutいい結果になる regime体制 he did everyすべて day.
体を鍛える日課がありましたから
03:37
(Laughter笑い)
(笑)
03:39
I think思う she彼女 was following以下 me at thatそれ pointポイント.
彼女にも伝わっていたと思います
03:41
I said前記, "He'd彼は be an unexpected予想外の allyアリー."
私は「彼は意外な味方になるよ」
と言いました
03:43
And notない justちょうど thatそれ. There'sあります。 Jamesジェームス. He's彼は an architect建築家
他にもいます
ジェームズという建築家で教授の
03:46
and he's彼は a professor教授, and he loves愛する place-making場所作り,
プレイスメイキングが
大好きな人です
03:48
and place-making場所作り is whenいつ you君は have
プレイスメイキングとは
03:52
thoseそれら mini-plazasミニプラザ and thoseそれら urban都市 walkways歩道
公共空間に広場や
都市型の散歩道を作ることで
03:53
and whereどこで they're彼らは dotted点在 with〜と artアート,
そこにはアートが散りばめられ
03:57
whereどこで people drawドロー and
come upアップ and talkトーク sometimes時々.
人々が絵を描いたり
集まって話したりします
03:59
I think思う they'd彼らは make作る good良い allies同盟国.
彼らは良い仲間になると思いました
04:03
And indeed確かに they彼ら were.
実際そうなりました
04:05
They彼らが met会った together一緒に. They彼らが prepared準備された.
彼らは出会い 計画を練りました
04:08
They彼らが spokeスポーク in frontフロント of the
Losロス Angelesアンジェルス Cityシティ Council評議会.
ロサンゼルス市議会の前で
スピーチもしました
04:11
And the council評議会 membersメンバー notない
onlyのみ passed合格 the regulation規制,
市議会は法案を通しただけでなく
04:14
halfハーフ of themそれら came来た downダウン and asked尋ねた
to poseポーズ with〜と themそれら afterwardsその後.
議員の半数は後で
彼らと記念写真まで撮りました
04:17
They彼らが were startling驚くべき,
compelling説得力のある and credible信頼できる.
彼らはハッとするほど人を惹きつけ
説得力がありました
04:21
Youあなたが can'tできない buy購入 thatそれ.
お金では手に入れることができません
04:26
What I'm私は asking尋ねる you君は to consider検討する
皆さんに考えていただきたいのは
私たちが
04:30
is what kind種類 of opportunity-機会-
makersメーカー we我々 mightかもしれない become〜になる,
どんなタイプの
チャンスを作り出す人になれるかです
04:32
becauseなぜなら moreもっと thanより wealth
というのも富や
04:35
orまたは fancyファンシー titlesタイトル
立派な肩書きや
04:38
orまたは a lot of contacts連絡先, it'sそれは our我々の capacity容量 to connect接続する
人脈の広さ以上に大事なのは
お互いの長所を繋ぎ
04:42
aroundまわり each other'sその他の
betterより良い side and bring持参する itそれ outでる.
それを生かす私たちの能力だからです
04:46
And I'm私は notない saying言って thisこの is easy簡単,
これが簡単だとは言いませんし
04:48
and I'm私は sure確かに manyたくさんの of you君は have
made the wrong違う moves動き too
誰かと繋がろうとして
04:50
about who you君は wanted to connect接続する with〜と,
やり方を間違えた方も多いでしょう
04:53
butだけど what I want to suggest提案する is,
でも 私が提案したいのは
04:56
thisこの is an opportunity機会.
これがチャンスだということです
04:58
I started開始した thinking考え about itそれ
私がこれについて考え始めたのは
05:02
way backバック whenいつ I was a
Wall Street通り Journalジャーナル reporterレポーター
ウォール・ストリート・ジャーナルの
記者時代です
05:04
and I was in Europeヨーロッパ and I was
supposed想定される to coverカバー trendsトレンド
ヨーロッパにいた私の仕事は
流行の取材で
05:06
and trendsトレンド thatそれ transcended超越 businessビジネス
流行とはビジネスも政治も
05:09
orまたは politics政治 orまたは lifestyleライフスタイル.
ライフスタイルも越えたものでした
05:11
Soだから I had to have contacts連絡先
ですから自分と全く別世界の人たちとの
05:14
in different異なる worlds世界 very非常に different異なる thanより mine鉱山,
繋がりが必要でした
05:16
becauseなぜなら otherwiseさもないと you君は couldn'tできなかった spotスポット the trendsトレンド.
さもなければ
流行を追えませんからね
05:18
And third三番, I had to write書きます the storyストーリー
3つ目は
読者の生活に流行がどう影響するか
05:20
in a way steppingステッピング into the reader's読者の shoes,
伝わるように
読者の視線で
05:23
soそう they彼ら could see見る howどうやって theseこれら
trendsトレンド could affect影響を与える their彼らの lives人生.
記事を書かなければなりませんでした
05:25
That'sそれです what opportunity-makers機会のメーカー do.
これがチャンスを生み出す人の
やっていることです
05:29
And here'sここにいる a strange奇妙な thingもの:
おかしなことが起きています
05:33
Unlikeとは異なり an increasing増加する number of Americansアメリカ人
自分と似た考えの人たちと
一緒に仕事をしたり
05:36
who are workingワーキング and living生活
and playing遊ぶ with〜と people
生活したり 遊ぶアメリカ人が
増えていて
05:40
who think思う exactly正確に like themそれら
そうすると考えが凝り固まって
05:43
becauseなぜなら we我々 then次に become〜になる moreもっと rigid堅い and extreme極端な,
極端になってしまうものですが
逆に
05:45
opportunity-makers機会のメーカー are actively積極的に seekingシーク situations状況
チャンスを生み出す人は
自分と違うタイプの人たちを
05:48
with〜と people unlike違う themそれら,
積極的に求めて
05:52
and they're彼らは building建物 relationships関係,
人間関係を築いており
05:54
and becauseなぜなら they彼ら do thatそれ,
そうすることで
05:56
they彼ら have trusted信頼できる relationships関係
信頼できる関係を持つので
05:58
whereどこで they彼ら can bring持参する the right teamチーム in
適切なチームを引き入れて
06:00
and recruitリクルート themそれら to solve解決する a
problem問題 betterより良い and fasterもっと早く
問題を より良く 早く解決する人材を集め
より多くのチャンスを
06:02
and seize押収する moreもっと opportunities機会.
掴むことができます
06:06
They're彼らは notない affronted謝られた by differences相違,
彼らは「違うこと」を恐れません
06:07
they're彼らは fascinated魅惑的な by themそれら,
むしろ そこに魅力を感じます
06:15
and thatそれ is a huge巨大 shiftシフト in mindset考え方,
これが考え方を大きく変え
06:17
and once一度 you君は feel感じる itそれ, you君は
want itそれ to happen起こる a lot moreもっと.
一度感じれば
もっと実現したくなります
06:20
Thisこれ world世界 is calling呼び出し outでる for us
to have a collective集団 mindset考え方,
世界は いま私たちに
集団的思考を持つことを求めており
06:23
and I believe信じる in doing thatそれ.
私はそれが可能だと思っています
06:28
It'sそれは、します。 especially特に important重要 now.
今の時代にこそ 大切なものです
06:31
Whyなぜでしょうか is itそれ important重要 now?
なぜ今の時代なんでしょう?
06:33
Becauseというのは thingsもの can be devised考案された like drones無人機
なぜなら無人飛行機や薬物や
06:36
and drugs薬物 and dataデータ collectionコレクション,
データ収集などが作り出されるからです
06:40
and they彼ら can be devised考案された by moreもっと people
しかも より多くの人が
06:44
and cheaper安い ways方法 for beneficial有益 purposes目的
利益を得るために より安価な方法で
作り出すことができるからです
06:46
and then次に, as we我々 know知っている fromから the newsニュース everyすべて day,
皆さんもニュースでご存知のとおり
06:50
they彼ら can be used for dangerous危険な onesもの.
危険なものに利用され得るからです
06:53
Itそれ callsコール on us, each of us,
私たち一人一人に求められているのは
06:55
to a higher高い calling呼び出し.
もっと価値あるものを作り出すことです
06:58
Butだがしかし here'sここにいる the icingアイシング on the cakeケーキ:
更なる秘訣をお教えしましょう
07:01
It'sそれは、します。 notない justちょうど the first最初 opportunity機会
これは単に他の人と協力する
07:04
thatそれ you君は do with〜と somebody誰か elseelse
最初の機会というだけでなく
07:06
that'sそれは probably多分 yourきみの greatest最大,
団体であれ個人であれ
07:08
as an institution機関 orまたは an individual個人.
皆さんにとって
きっと最高の経験となります
07:10
It'sそれは、します。 after you'veあなたは had thatそれ experience経験
その経験をしたことで得られる
07:12
and you君は trust信頼 each otherその他.
互いの信頼こそが重要です
07:15
It'sそれは、します。 the unexpected予想外の thingsもの
これは後になって作り出される
07:17
thatそれ you君は devise考案する later後で on
予期しないもので
07:18
you君は never決して could have predicted予測された.
全く予想だにできないものです
07:20
For example, Martyマーティ is the husband
of thatそれ actress女優 I mentioned言及した,
例えば 先ほど申し上げた女優の夫
マーティーは
07:22
and he watched見た themそれら
whenいつ they彼ら were practicing練習する,
妻の仲間たちの活動を見て
すぐに
07:28
and he was soonすぐに talking話す to Wallyウォリー,
例の前科者 ウォーリーと
07:30
myじぶんの friend友人 the ex-con元結婚,
刑務所での運動の
07:32
about thatそれ exercise運動 regime体制.
日課について話しました
07:33
And he thought,
マーティーは考えました
07:36
I have a setセット of racquetballラケットボール courts裁判所.
自分の所有するラケットボール場で
07:37
Thatそれ guy could teach教える itそれ.
ウォーリーに教えてもらおう
07:39
A lot of people who work thereそこ
are membersメンバー at myじぶんの courts裁判所.
従業員の多くが
うちの練習場の会員だし
07:41
They're彼らは frequent頻繁な travelers旅行者.
彼らは出張が多いから
07:44
They彼らが could practice練習 in their彼らの hotelホテル roomルーム,
道具がないホテルでも
07:46
noいいえ equipment装置 provided提供された.
体を動かしてもらえるように と
07:48
That'sそれです howどうやって Wallyウォリー got hired雇われた.
こうしてウォーリーは雇われました
07:50
Notじゃない onlyのみ thatそれ, years later後で
それだけではありません
07:52
he was alsoまた、 teaching教える racquetballラケットボール.
彼はラケットボールを
教えることになり
07:54
Years after thatそれ,
更に数年後
07:56
he was teaching教える the racquetballラケットボール teachers教師.
ラケットボールの先生を
教えるまでになりました
07:57
What I'm私は suggesting提案する is, whenいつ
you君は connect接続する with〜と people
私が ご提案しているのは
皆さんが共通の興味や行動によって
08:00
aroundまわり a shared共有 interest利子 and actionアクション,
周りの人たちと繋がると
08:05
you'reあなたは accustomed慣れた to serendipitous偶然
将来 起きる素敵なことを
08:09
thingsもの happeningハプニング into the future未来,
どんどん見つけられるようになります
08:12
and I think思う that'sそれは what we're私たちは looking at.
これが私たちが目指すものだと思います
08:14
We私たち open開いた ourselves自分自身 upアップ to thoseそれら opportunities機会,
このようなチャンスに心を開きましょう
08:16
and in thisこの roomルーム
are keyキー players選手 in technology技術,
ここにいる皆さんは重要人物であり
技術があります
08:19
keyキー players選手 who are uniquely一意に positioned位置付けられた to do thisこの,
システムとプロジェクトを
一緒に拡大させるのが
08:23
to scale規模 systemsシステム and projectsプロジェクト together一緒に.
重要なプレーヤーの独自の役割です
08:26
Soだから here'sここにいる what I'm私は calling呼び出し for you君は to do.
皆さんにお願いしたいことは これです
08:30
Remember忘れない the three traits形質 of opportunity-makers機会のメーカー.
チャンスを生み出す人の
3つの特徴を覚えておいてください
08:32
Opportunity-makers機会を与えるメーカー keepキープ honingホーニング their彼らの top strength
彼らは自分の一番の長所に
常に磨きをかけます
08:36
and they彼ら become〜になる patternパターン seekersシーカー.
そしてパターンを探します
08:41
They彼らが get involved関係する in different異なる
worlds世界 thanより their彼らの worlds世界
自分たちの世界とは
違う世界に足を踏み入れることで
08:44
soそう they're彼らは trusted信頼できる and they彼ら
can see見る thoseそれら patternsパターン,
信頼を得て
パターンを見出せるようにし
08:49
and they彼ら communicate通信する to connect接続する
お互いに関心のある分野の
08:51
aroundまわり sweet甘い spotsスポット of shared共有 interest利子.
要所を繋ぐため
コミュニケーションをとります
08:53
Soだから what I'm私は asking尋ねる you君は is,
ですから 私は皆さんに
お願いしたいのです
08:56
the world世界 is hungry空腹.
世界は皆さんを必要としています
08:59
I truly真に believe信じる, in myじぶんの firsthand直接 experience経験,
実体験を通じて
自信を持って申し上げます
09:01
the world世界 is hungry空腹 for us
時代が私たちに望んでいるのは
09:04
to unite団結する together一緒に as opportunity-makers機会のメーカー
チャンスを生み出す人として
共に結ばれ
09:06
and to emulateエミュレートする thoseそれら behaviors行動
お互いの行動を見習うことです
09:09
as soそう manyたくさんの of you君は already既に do —
既にやっている人が多いことを
09:11
I know知っている thatそれ firsthand直接
私は実体験を通して理解しています
09:13
and to reimagine再想像する a world世界
そして一人一人の
09:16
whereどこで we我々 useつかいます our我々の bestベスト talents才能 together一緒に
最高の才能をもっと生かして
09:17
moreもっと oftenしばしば to accomplish達成する greater大きい thingsもの together一緒に
個人でできる以上の大きなことを
09:20
thanより we我々 could on our我々の own自分の.
一緒に成し遂げる世界を
再構想することです
09:23
Justちょうど remember思い出す,
最後に
09:27
as Daveデイブ Linigerリニゲール once一度 said前記,
デイブ・リニガーの格言をおくります
09:29
"Youあなたが can'tできない succeed成功する
「持ち寄りパーティーに
09:32
coming到来 to the potluckポットラック with〜と onlyのみ a forkフォーク."
自分のフォークだけ持ってくるようでは
ダメです」
09:34
(Laughter笑い)
(笑)
09:37
Thankありがとうございます you君は very非常に muchたくさん.
ありがとうございました
09:39
Thankありがとうございます you君は. (Applause拍手)
ありがとう(拍手)
09:41
Translated by Mari Arimitsu
Reviewed by Emi Kamiya

▲Back to top

About the speaker:

Kare Anderson - Writer
A columnist for Forbes, Kare Anderson writes on behavioral research-based ways to become more deeply connected.

Why you should listen
Kare Anderson think and writes about becoming connected (and being quoted). She’s an Emmy-winning former NBC and Wall Street Journal reporter, now columnist for Forbes and Huffington Post. Her diverse set of clients includes Salesforce, Novartis and The Skoll Foundation. She’s a founding board member of Annie’s Homegrown, and sits on several advisory boards including Watermark, Raynforest, TEDxMarin and Gloopt. Anderson is the author of Mutuality MattersMoving from Me to WeGetting What You WantWalk Your Talk, and Resolving Conflict Sooner.
More profile about the speaker
Kare Anderson | Speaker | TED.com