English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

Taste3 2008

Dan Barber: A foie gras parable

ダン・バーバー: 驚くべきフォアグラ物語

Filmed
Views 1,304,182

Taste3 の講演で、料理人ダン・バーバーが人道的な方法でフォアグラを生産しているスペインの小さな農場の話をします。農場主のエドゥアルド・スーザ氏は大自然の中でガチョウを育てながら、バーバーが正しいと感じる食料生産を実行しています。

- Chef
Dan Barber is a chef and a scholar -- relentlessly pursuing the stories and reasons behind the foods we grow and eat. Full bio

数か月前 スペインへ行きました
00:16
I went行った to Spainスペイン a few少数 months数ヶ月 ago
そして 過去最高と言えるフォアグラを食べました
00:20
and I had the bestベスト foieフォア grasグラ of myじぶんの life.
あんなに美味しいものは食べたことがありません
00:26
The bestベスト culinary料理 experience経験 of myじぶんの life.
なぜなら 料理の未来だと確信したものを見たからです
00:30
Becauseというのは what I saw, I'm私は convinced確信している, is the future未来 of cooking料理.
おかしいでしょう?
00:37
Ridiculousばかばかしい, right?
フォアグラと料理の未来…
00:38
Foieフォーエ grasグラ and the future未来 of cooking料理.
フォアグラほど罪深い食べ物は 今どきありません
00:40
There'sあります。 notない a foodフード today今日 that'sそれは moreもっと maligned邪悪な thanより foieフォア grasグラ, right?
残酷ですからね
00:43
I mean平均, it'sそれは crucified十字架にかけられた.
シカゴではしばらく禁止になり
00:45
Itそれ was outlawed不法 in Chicagoシカゴ for a whilewhile.
カリフォルニアと 最近ではニューヨークでも係争中です
00:47
It'sそれは、します。 pending保留中 hereここに in Californiaカリフォルニア, and justちょうど recently最近 in New新しい Yorkヨーク.
もし貴方がシェフで フォアグラをメニューに載せたら
00:52
It'sそれは、します。 like ifif you'reあなたは a chefシェフ and you君は put itそれ on yourきみの menuメニュー,
攻撃されかねません
00:55
you君は riskリスク beingであること attacked攻撃された.
サンフランシスコでは実際に有名なシェフが襲われました
00:57
Reallyほんとですか, itそれ happened起こった hereここに in Sanサン Franciscoフランシスコ to a famous有名な chefシェフ.
フォアグラを食すことへの反対意見に理論的根拠が無いと
01:01
I'm私は notない saying言って thatそれ there'sそこに notない a rationale根拠
言っているのではありません
01:07
for beingであること opposed反対 to foieフォア grasグラ.
問題視されるのは強制給餌にあります
01:09
The reasons理由 usually通常 justちょうど boil煮る downダウン to the gavage強制排泄, whichどの is the force feeding給餌.
ガチョウや鴨を捕まえて
01:13
Basically基本的に you君は take a gooseガチョウ orまたは a duckアヒル
強制的に大量の飼料を飲み込ませます
01:15
and you君は force feedフィード a tonトン of grain downダウン itsその throat.
一生で食べる飼料を上回る量を数週間で食べさせ
01:20
Moreもっとその grain in a coupleカップル of weeks thanより itそれ would everこれまで get in a lifetime一生.
肝臓は8倍に膨れ上がります
01:24
Itsその liver expands拡大する by eight8 times.
地球にやさしい農業の理想像ではない と言えば十分でしょう
01:27
Sufficeサフィース to sayいう it'sそれは like -- it'sそれは notない the prettiest最も美しい picture画像 of sustainable持続可能な farming農業.
でも我々シェフにとって困るのは めちゃくちゃ美味いってこと
01:32
The problem問題 for us chefsシェフ is thatそれ it'sそれは soそう freakin'フリーキン deliciousおいしい.
(会場: 笑い声)
01:38
(Laughter笑い)
私はフォアグラが大好き
01:41
I mean平均, I love the stuffもの.
脂がたっぷりで甘く とろっと滑らかな口当たり
01:44
Itそれ is fatty脂肪, it'sそれは sweet甘い, it'sそれは silkyシルキー, it'sそれは unctuous遠慮なく.
どんなものでも一緒に食べると信じられないような味になります
01:49
Itそれ makes作る everythingすべて elseelse you君は put itそれ with〜と taste incredible信じられない.
フォアグラなしに美味しいメニューなんて作れるんでしょうか
01:54
Can we我々 produce作物 a menuメニュー that'sそれは deliciousおいしい withoutなし foieフォア grasグラ?
もちろん!
02:00
Yesうん, sure確かに.
ツールドフランスだってステロイドに頼らず走れるんですから
02:02
Youあなたが can alsoまた、 bike自転車 the Tourツアー de Franceフランス withoutなし steroidsステロイド, right?
(会場: 笑い声)
02:05
(Laughter笑い)
あまり試す人はいません
02:08
Notじゃない a lot of people are doing itそれ.
それには理由があります
02:10
And for good良い reason理由.
(会場: 笑い声)
02:12
(Laughter笑い)
数ヶ月前のこと 友人がエドゥアルド・スーザ氏の
02:13
Soだから severalいくつかの months数ヶ月 ago, a friend友人 of mine鉱山 sent送られた me thisこの linkリンク to thisこの guy,
リンクを送ってきました
02:18
Eduardoエドゥアルド Sousaスーザ.
「自然のフォアグラ」と自らが呼ぶものを実行している人です
02:21
Eduardoエドゥアルド is doing what he callsコール naturalナチュラル foieフォア grasグラ.
自然のフォアグラ
02:25
Naturalナチュラル foieフォア grasグラ.
フォアグラのどこが自然なのかと言うと
02:27
What's何の naturalナチュラル about foieフォア grasグラ?
秋の気温が下がる頃
02:30
To take advantage利点 of whenいつ the temperature温度 drops落ちる in the fall,
厳しい冬が来る前に ガチョウや鴨がたらふく食べることを
02:34
geeseガチョウ and ducksアヒル gorge峡谷 on foodフード
利用したものです
02:39
to prepare準備する for the harsh厳しい realities現実 of winter.
その季節以外は彼が所有する土地を好き勝手に動き回り
02:44
And the rest残り of the year they're彼らは free無料 to roamローミングする aroundまわり Eduardo'sエドゥアルド land土地
食べたいものを食べています
02:49
and eat食べる what they彼ら want.
強制給餌はせず
02:51
Soだから noいいえ gavage強制排泄, noいいえ force feeding給餌,
工場のような状況や 残酷な行為は見られません
02:52
noいいえ factory-like工場のような conditions条件, noいいえ cruelty残酷.
驚くことに これは新しいアイデアではありません
02:56
And it'sそれは shockinglyゾッとするほど notない a new新しい ideaアイディア.
彼の曽祖父であるパテリア・デ・スーザ氏が1812年に始めたもので
02:58
His彼の great-granddadおじいさん started開始した -- Paterペーターía de Sousaスーザ -- in 1812.
それ以来ずっと 彼らは地味に続けています
03:04
And they've彼らは been doing itそれ quietly静かに everこれまで since以来.
それが去年 誰もが欲しがる
03:10
Thatそれ is until〜まで last最終 year,
クードクールというフランスの美食コンテストで
03:13
whenいつ Eduardoエドゥアルド won勝った the Coupクーデター de Coeurコアール,
エドゥアルドが優勝して有名になりました
03:18
the coveted欲しい Frenchフランス語 gastronomicグルメ prize.
食料品のオリンピックのようなものです
03:22
It'sそれは、します。 like the Olympicsオリンピック of foodフード products製品.
彼はフォアグラで一位を獲得しました
03:25
He placed置いた first最初 for his foieフォア grasグラ.
大問題です
03:29
Big大きい, big大きい problem問題.
彼曰く フランス人はカンカンだったとか
03:31
As he said前記 to me, thatそれ really本当に pissed怒った the Frenchフランス語 off.
(会場: 笑い声)
03:34
(Laughter笑い)
彼は嬉しそうに言ってました
03:38
He said前記 itそれ sortソート of gleefully嬉しい.
新聞を賑わしました
03:40
Itそれ was allすべて over the papers論文.
私はルモンド紙で読みました
03:42
I read読む about itそれ. Itそれ was in Le Mondeモンド.
フランス人は彼を非難したのです
03:44
"Spanishスペイン語 chefシェフ accused告発された ... " -- and the Frenchフランス語 accused告発された him.
「スペイン人シェフ いかさま行為か」
03:48
"Spanishスペイン語 chefシェフ accused告発された of cheating不正行為."
審査員に賄賂を渡したというのです
03:50
They彼らが accused告発された him of paying払う off the judges判定.
驚くことに スペイン政府が関与していたというのです
03:52
They彼らが implicated関係する actually実際に, the Spanishスペイン語 government政府, amazingly驚くほど.
すごいでしょ
03:56
Huhハァッ, amazing素晴らしい.
数週間 その話で持ち切りでしたが
03:58
A huge巨大 scandalスキャンダル for a few少数 weeks.
証拠は全然見つかりませんでした
03:59
Couldn'tできなかった find見つける a shred細断した of evidence証拠.
彼は
04:02
Now, look見える at the guy.
フォアグラのためにフランス人審査員に
04:03
He doesn'tしない look見える like a guy who'sだれの paying払う off Frenchフランス語 judges判定
賄賂を渡すような人には見えません
04:05
for his foieフォア grasグラ.
それで次第にその話題は消え その後すぐに
04:07
Soだから thatそれ died死亡しました downダウン, and very非常に soonすぐに afterwardその後,
別の論争が起きました
04:10
new新しい controversy論争.
あれはフォラグラではないので 彼が優勝するべきではなかった とね
04:12
He shouldn'tすべきではない win勝つ becauseなぜなら it'sそれは notない foieフォア grasグラ.
強制給餌じゃないから
04:17
It'sそれは、します。 notない foieフォア grasグラ becauseなぜなら it'sそれは notない gavage強制排泄.
フォアグラではない
04:19
There'sあります。 noいいえ force feeding給餌.
定義上 彼は嘘をついたから失格にすべきだ というわけです
04:21
Soだから by definition定義, he's彼は lying嘘つき and should be disqualified失格.
今になってみると おかしな話ですが
04:26
As funny面白い as itそれ sounds, articulating関節運動する itそれ now and reading読書 about itそれ --
この論争が起きる前に この話が持ち上がっていれば
04:29
actually実際に, ifif we我々 had talked話した about itそれ before thisこの controversy論争,
私は反対していたでしょう
04:32
I would have said前記, "That'sそれです kind種類 of true真実."
フォアグラの定義は 強制給餌で
04:34
Youあなたが know知っている, foieフォア grasグラ by definition定義, force feeding給餌, it'sそれは gavage強制排泄,
フォアグラを食べたければ 強制給餌されて出来上がったフォアグラを食べる事になります
04:36
and that'sそれは what you君は get whenいつ you君は want foieフォア grasグラ.
でも ポルトガルとの国境にある街 エストレマドゥーラの
04:42
Thatそれ is, until〜まで I went行った to Eduardo'sエドゥアルド farmファーム in Extremaduraエストレマドゥーラ,
エドゥアルドの農場に行って 考えが変わりました
04:47
50 milesマイル north of Sevilleセビリア, right on the Portugalポルトガル border境界.
じかに見たシステムは とても複雑でありながら
04:51
I saw first-hand最初の手 a systemシステム thatそれ is incredibly信じられないほど complex複合体
自然の美しさ全てのように
04:55
and then次に at the same同じ time時間, like everythingすべて beautiful綺麗な in nature自然,
とてもシンプルでもあったのです
05:00
is utterly全く simple単純.
彼は私と会ってすぐに言いました
05:04
And he said前記 to me, really本当に fromから the first最初 moment瞬間,
彼の天職は ガチョウが食べたいものを与えること
05:06
myじぶんの life's人生 work is to give the geeseガチョウ what they彼ら want.
彼と過ごした2日間 彼は50回ほど繰り返して言いました
05:11
He repeated繰り返し thatそれ about 50 times in the two days日々 I was with〜と him.
私がここにいるのも ガチョウが食べたいものを食べさせるためだ とね
05:14
I'm私は justちょうど hereここに to give the geeseガチョウ what they彼ら want.
私が彼を訪ねた時 彼はガチョウと一緒に横になり
05:18
Actually実際に, whenいつ I showed示した upアップ he was lying嘘つき downダウン with〜と the geeseガチョウ with〜と his cell細胞 phone電話
自分の子どものように
05:21
taking取る picturesピクチャー of themそれら
携帯電話で写真を撮っていました
05:22
like his children子供 in the grass.
驚きです
05:24
Amazing素晴らしい.
心からガチョウをいとおしむ―
05:26
He's彼は really本当に justちょうど in love with〜と -- he's彼は at one1 with〜と --
ガチョウ使いです
05:28
he's彼は the gooseガチョウ whispererささやき.
(会場: 笑い声)
05:30
(Laughter笑い)
今 私が話しているような感じで彼と
05:36
And whenいつ I was speaking話し中 to him, you君は know知っている, I thought,
話していたのですが
05:41
like I'm私は speaking話し中 to you君は now, right,
彼と 彼の姉の人柄が徐々に分かり始めるうちに
05:43
butだけど sortソート of in the middle中間 of myじぶんの questions質問, myじぶんの excited興奮した questions質問,
全てが
05:48
becauseなぜなら the moreもっと I got to know知っている him and his systemシステム,
さらに面白く感じ 興奮していろいろ質問していると
05:49
the moreもっと excitingエキサイティング thisこの whole全体 ideaアイディア becameなりました.
彼は こうやって手を動かすのです
05:53
He kept保管 going like thisこの to me.
ニューヨークから来たユダヤ人が興奮のあまり
05:57
And I thought, OKわかりました, excited興奮した Jewユダヤ人 fromから New新しい Yorkヨーク, right?
少し攻撃的に話しすぎたと反省し
06:01
I'm私は talking話す a little少し too aggressively積極的に, whateverなんでも,
自分を落ち着かせました
06:05
soそう you君は know知っている, I slowed減速した downダウン.
その日の終わり
06:07
And finally最後に, by the end終わり of the day I was like,
私は“エドゥアルドさん” とこんな感じで話していたのに
06:08
Ed-uar-doエドゥアルド, you君は know知っている like thisこの?
彼はまだこうやるんです
06:11
Butだがしかし he was stillまだ going like thisこの.
そこで気づきました
06:14
I figured思った itそれ outでる.
私の声が大きすぎたのです
06:16
I was speaking話し中 too loudly大声で.
それで ヒソヒソ声にして
06:19
Soだから I hushed急ぐ myじぶんの voice音声.
半分囁くように通訳を通して
06:21
I kind種類 of like asked尋ねた theseこれら questions質問 and chattedおしゃべり with〜と him throughを通して a translator翻訳者
彼と話をしました
06:25
in kind種類 of a halfハーフ whisperささやき.
そうすると 彼は手を動かさなくなり
06:27
And he stopped停止 doing thisこの.
農場の反対側にいたガチョウが “うるさい奴から逃げろ” と思っていただろうに
06:29
And amazingly驚くほど, the geeseガチョウ who were on the otherその他 side of the paddockパドック whenいつ I was aroundまわり --
驚く事に
06:34
"Get the hell地獄 away離れて fromから thisこの kidキッド!" --
声を落としたら みんな私たちの所まで戻ってきたんです
06:36
whenいつ I lowered低下した myじぶんの voice音声, they彼ら allすべて came来た right upアップ to us.
こんな近くまで
06:39
Right upアップ to us, like right upアップ to hereここに.
フェンスのすぐそばです
06:40
Right along一緒に the fenceフェンス lineライン.
フェンスにも驚きが隠されていました
06:41
And fenceフェンス lineライン was amazing素晴らしい in itself自体.
彼のフェンスに対する考えは 私たちと
06:44
The fenceフェンス -- like thisこの conception概念 of fenceフェンス thatそれ we我々 have
完全に逆なんです
06:47
it'sそれは totally完全に backward後方に with〜と him.
ファイバーグラス製フェンスには
06:49
The electricity電気 on thisこの fiberglassガラス繊維 fenceフェンス
外側しか電気が通っていません
06:51
is onlyのみ on the outside外側.
彼は自分で作り変えたんです
06:54
He rewired再配線された itそれ. He invented発明された itそれ.
そんなのは初めて見ました 見た事あります?
06:57
I've私は never決して seen見た itそれ. Have you君は?
普通は動物を囲い込んで内側に電気をかけますね
07:00
Youあなたが fenceフェンス in animals動物. Youあなたが electrify電化する the inside内部.
彼の場合は
07:03
He doesn'tしない.
外側にだけ電気をかけるのです
07:04
He electrifies電化する onlyのみ the outside外側.
その理由は
07:07
Whyなぜでしょうか?
ガチョウが
07:08
Becauseというのは he said前記 to me thatそれ he feltフェルト like the geeseガチョウ --
この小さな農場に閉じ込められ 操られているように感じていると
07:10
and he proved証明された thisこの actually実際に, notない justちょうど a conceitうぬぼれ, he proved証明された thisこの --
彼は証明したんです これは私見じゃなくて彼が教えてくれました
07:15
the geeseガチョウ feltフェルト manipulated操作された whenいつ they彼ら were imprisoned投獄された in their彼らの little少し paddocksパドック.
イチジクや他に何でもある
07:21
Even thoughしかし they彼ら were imprisoned投獄された in thisこの Garden庭園 of Edenエデン
エデンの園なんですけどね
07:23
with〜と figsイチジク and everythingすべて elseelse.
ガチョウが操られているように感じていると察して
07:24
He feltフェルト like they彼ら feltフェルト manipulated操作された.
彼は電気を取り除きました
07:26
Soだから he got rid除去する of the electricity電気,
内側の電流を除き
07:28
he got rid除去する of current現在 on the inside内部
外側につけたのです
07:31
and kept保管 itそれ on the outside外側,
コヨーテや他の捕食動物からガチョウを守るためです
07:32
soそう itそれ would protect保護する themそれら againstに対して coyotesコヨーテ and otherその他 predators捕食者.
それで どうなったかと言うと
07:35
Now, what happened起こった?
彼はグラフを見せてくれましたが
07:37
They彼らが ate食べた, and he showed示した me on a chartチャート,
肝臓を大きくする飼料を以前よりも2割増しで食べるようになりました
07:39
howどうやって they彼ら ate食べた about 20 percentパーセント moreもっと feedフィード to feedフィード their彼らの livers肝臓.
彼の農場は
07:44
The landscape風景 is incredible信じられない.
素晴らしい眺めで
07:46
I mean平均, his farmファーム is incredible信じられない.
エデンの園 そのもの
07:48
Itそれ really本当に is the Garden庭園 of Edenエデン.
イチジクも何もかもあります
07:50
There'sあります。 figsイチジク and everythingすべて elseelse thereそこ for the taking取る.
その土地がもつ皮肉は
07:52
And the ironyアイロニー of ironies皮肉 is becauseなぜなら Extremaduraエストレマドゥーラ, the areaエリア --
エストレマドゥーラは
07:54
what does Extremaduraエストレマドゥーラ mean平均?
非常に固い土地 という意味
07:55
Extra余分な hardハード land土地, right?
超困難 ということ
07:58
Extra余分な difficult難しい. Extra余分な hardハード.
でも4世代に渡って
08:00
Butだがしかし over four4つの generations世代, he and his family家族
彼は家族と 文字通り この非常に固い土地を一変させて美味しい料理をつくりだしたのです
08:02
have literally文字通り transformed変形した thisこの extra余分な hardハード land土地 into a tasting試食 menuメニュー.
このガチョウの人生を向上させました
08:07
Upgradesアップグレード the life for theseこれら geeseガチョウ.
ガチョウは食べたいものを何でも食べられます
08:13
And they彼ら are allowed許可された to take whateverなんでも they彼ら want.
さらに皮肉なのは
08:15
Anotherもう一つ ironyアイロニー, the doubleダブル ironyアイロニー
イチジクやオリーブを
08:16
is thatそれ on the figsイチジク and the olivesオリーブ,
エドゥアルドが売れば フォアグラ以上に
08:17
Eduardoエドゥアルド can make作る moreもっと moneyお金 selling販売 thoseそれら
お金儲けができるのに
08:20
thanより he can on the foieフォア grasグラ.
彼は気にかけていません
08:22
He doesn'tしない careお手入れ.
ガチョウには食べたいものを食べさせ
08:23
He lets〜する themそれら take what they彼ら want and he says言う,
“半分位しか食べないから まずまずだね” と彼は言います
08:25
"Usually通常, it'sそれは about 50 percentパーセント. They're彼らは very非常に fairフェア."
残りの半分を売り 収入を得て
08:28
The otherその他 50 percentパーセント, he takes and he sells売る and he makes作る moneyお金 on themそれら.
そこから得られる収入は
08:31
Part of the income所得 for his farmファーム.
彼の収入の大半を占めます
08:33
A big大きい part of his income所得 for his farmファーム.
でも彼は決してコントロールせず
08:35
Butだがしかし he never決して controlsコントロール itそれ.
ガチョウに
08:37
They彼らが get what they彼ら want,
好きなものを食べさせ 残りを彼が売るのです
08:38
they彼ら leave離れる the rest残り for me and I sell売る itそれ.
彼の最大の悩みのたねは
08:41
His彼の biggest最大 obstacle障害, really本当に, was the marketplace市場,
明るい黄色のフォアグラを要求する現在の市場でした
08:45
whichどの demands要求 theseこれら days日々 bright明るい yellow foieフォア grasグラ.
私もそう習いました
08:50
That'sそれです howどうやって I've私は been trained訓練された.
美味しいフォアグラとは
08:51
Youあなたが want to look見える and see見る what good良い foieフォア grasグラ is,
明るい黄色じゃなきゃダメなんです
08:53
it'sそれは got to be bright明るい yellow.
それが最高のフォアグラである印です
08:55
It'sそれは、します。 the indication表示 thatそれ it'sそれは the bestベスト foieフォア grasグラ.
でも彼は強制給餌はせず
08:59
Well, becauseなぜなら he doesn'tしない force feedフィード,
とうもろこしを大量に無理やり食べさせないので
09:01
becauseなぜなら he doesn'tしない gavage強制排泄 tonsトン of cornコーン,
彼の作るフォアグラはグレーでした
09:05
his livers肝臓 were prettyかなり greyグレー.
その当時はね
09:07
Orまたは they彼ら were.
でも彼はルーピンという野生植物を見つけました
09:09
Butだがしかし he found見つけた thisこの wild野生 plant工場 calledと呼ばれる the Lupinルパン bushブッシュ.
エストレマドゥーラの至る所で見かけます
09:15
The Lupinルパン bushブッシュ, it'sそれは allすべて aroundまわり Extremaduraエストレマドゥーラ.
彼は種を採取して
09:17
He let itそれ go to seedシード, he took取った the seeds種子,
36,000坪の農場一帯に植えました
09:19
he planted植え付けた itそれ on his 30 acresエーカー, allすべて aroundまわり.
そうするとガチョウは
09:22
And the geeseガチョウ love the Lupinルパン bushブッシュ.
ルーピンの種を喜んで食べたのです
09:24
Notじゃない for the bushブッシュ, butだけど for the seeds種子.
さらに種を食べたことでフォアグラが黄色になりました
09:26
And whenいつ they彼ら eat食べる the seeds種子, their彼らの foieフォア grasグラ turnsターン yellow.
放射性の黄色
09:30
Radioactive放射性 yellow.
明るい黄色です
09:32
Bright明るい yellow.
私が今までに見たフォアグラの中で最高の黄色
09:35
Of the highest最高 quality品質 foieフォア grasグラ yellow I've私は everこれまで seen見た.
(会場: 笑い声)
09:38
(Laughter笑い)
こんな事を聞かされて私は
09:41
Soだから I'm私は listening聞いている to allすべて thisこの, you君は know知っている, and I'm私は like,
こんなことってある?って思ったんです
09:44
is thisこの guy for realリアル? Is he making作る some一部 of thisこの upアップ?
なぜなら彼は全てに答えを持っていて
09:47
Is he like, you君は know知っている -- becauseなぜなら he seemed見えた to have an answer回答 for everythingすべて,
必ず大自然に答えを見出していたからです
09:50
and itそれ was always常に nature自然.
決して彼自身ではない
09:52
Itそれ was never決して him.
自分から物事を離そうとする人は どうも虫が好きません
09:54
And I was like, you君は know知っている, I always常に get a little少し, like,
本当は 自分自身に
09:58
weirdedweirded outでる by people who deflect偏向する everythingすべて away離れて fromから themselves自分自身.
注意を引こうとしているからです
10:01
Becauseというのは, really本当に, they彼ら want you君は to look見える at themselves自分自身, right?
でも彼は自らのことには触れず
10:03
Butだがしかし he deflected偏向した everythingすべて away離れて fromから his ingenuity独創性
農場づくりの話ばかりしました
10:05
into workingワーキング with〜と his landscape風景.
それで私は彼に関してはどっちつかずの態度でしたが
10:08
Soだから it'sそれは like, hereここに I am, I'm私は on the fenceフェンス about thisこの guy,
次第に彼が言う事をうのみにしていったのです
10:11
butだけど increasinglyますます, eating食べる upアップ his everyすべて wordワード.
私たちは座っていたら遠くから こんな音が聞こえてきたので 遠くを見てみました
10:14
And we're私たちは sitting座っている thereそこ, and I hear聞く [clapping拍手] fromから a distance距離, soそう I look見える over.
彼は私と通訳の腕を掴んで 私たちを
10:20
And he grabsグラブ myじぶんの arm and the translator's翻訳者,
茂みに引きよせ “見ててごらん” と言うんです
10:23
and ducksアヒル us under a bushブッシュ and says言う, "Watch時計 thisこの."
何度も言われたように
10:25
"Shushシュシュ," he says言う again再び for the 500thth time時間 to me.
“シッ!見ててごらん” と言いました
10:27
"Shushシュシュ, watch時計 thisこの."
ガチョウがV字編成で飛んできました
10:30
And thisこの squadron飛行隊 of geeseガチョウ come over.
(手を叩く音)
10:32
[Clapping拍手]
そしてガチョウの声がだんだん大きくなって 私たちの真上に来ました
10:33
And they're彼らは getting取得 louder大声で, louder大声で, louder大声で, like really本当に loud大声で, right over us.
私たちが飛行場の管制塔であるかのように ガチョウは私たちの頭上を飛んで行き
10:38
And like airport空港 trafficトラフィック controlコントロール, as they彼ら start開始 to go past過去 us
呼び返されました 何度も何度もね
10:44
they're彼らは calledと呼ばれる backバック -- and they're彼らは calledと呼ばれる backバック and backバック and backバック.
そして戻って来て
10:48
And then次に they彼ら circleサークル aroundまわり.
彼のガチョウは野生のガチョウと交信していました
10:49
And his geeseガチョウ are calling呼び出し upアップ now to the wild野生 geeseガチョウ.
(手を叩く音)
10:52
[Clapping拍手]
野生のガチョウが呼ばれているんです
10:53
And the wild野生 geeseガチョウ are calling呼び出し downダウン.
(手を叩く音)
10:54
[Clapping拍手]
どんどん音が大きくなり ガチョウは円を描いて
10:55
And it'sそれは getting取得 louder大声で and louder大声で and they彼ら circleサークル and circleサークル
着地しました
10:57
and they彼ら land土地.
嘘だろって思いました
10:58
And I'm私は justちょうど saying言って, "No違います way."
(会場: 笑い声)
11:00
(Laughter笑い)
あり得ない光景です
11:03
No違います way.
この光景を見てウルウルしているエドゥアルドに 私は言いました
11:05
And I look見える at Eduardoエドゥアルド, who'sだれの near近く tears looking at thisこの,
“貴方のガチョウが野生のガチョウに遊びにおいでって
11:10
and I sayいう, "You'reあなたは telling伝える me thatそれ yourきみの geeseガチョウ are calling呼び出し to the wild野生 geeseガチョウ
言っているとでも言うのですか”
11:14
to sayいう come for a visit訪問?"
彼は “違う 違う
11:16
And he says言う, "No違います, noいいえ, noいいえ.
泊まりに来たんだ”
11:18
They've彼らは come to stay滞在."
“泊まりに来た?”
11:21
They've彼らは come to stay滞在?
(会場: 笑い声)
11:23
(Laughter笑い)
ガチョウには冬に南下するDNAがあるから 私はこう言いました
11:25
It'sそれは、します。 like the DNADNA of a gooseガチョウ is to fly飛ぶ south in the winter, right?
“寒い時は南へ渡り
11:31
I said前記 thatそれ. I said前記 "Isn'tはないです。 thatそれ what they're彼らは put on thisこの Earth地球 for?
暖かくなれば北へ戻るのが彼らの使命でしょう?”
11:34
To fly飛ぶ south in the winter and north whenいつ itそれ gets取得 warm暖かい?"
“違う 違う
11:36
He said前記, "No違います, noいいえ, noいいえ.
彼らは生きていける環境を探すDNAを持っている
11:38
Their彼らの DNADNA is to find見つける the conditions条件 thatそれ are conducive助ける to life.
幸せのために彼らは
11:42
To happiness幸福.
ここを見つけるんだ
11:45
They彼らが find見つける itそれ hereここに.
これ以上 何も要らないからね”
11:47
They彼らが don'tしない need必要 anything何でも moreもっと."
ガチョウはここに立ち寄り 彼のガチョウと交尾することで
11:49
They彼らが stopやめる. They彼らが mateメイト with〜と his domesticated飼いならされた geeseガチョウ,
彼のガチョウが絶えることはないのです
11:53
and his flock群れ continues続ける.
ちょっと考えてみてください
11:56
Think思う about thatそれ for a minute.
素晴らしいでしょう?
11:58
It'sそれは、します。 brilliantブリリアント, right?
例えば サウスカロライナの
11:59
Imagine想像する -- I don'tしない know知っている, imagine想像する a hog farmファーム
養豚場に
12:03
in, like, North CarolinaCarolina,
野生の豚がやって来て居座ろうと
12:04
and a wild野生 pig comes来る upon〜に a factory工場 farmファーム
するようなものですよ
12:09
and decides決定する to stay滞在.
(会場: 笑い声)
12:11
(Laughter笑い)
フォアグラの味は
12:12
Soだから howどうやって did itそれ taste?
帰る前に やっと味見できました
12:14
I finally最後に got to taste itそれ before I left.
彼が近所のレストランに連れて行ってくれて
12:16
He took取った me to his neighborhoodご近所 restaurantレストラン
彼が作ったフォアグラのコンフィを出してくれました
12:19
and he servedサービスされた me some一部 of his foieフォア grasグラ, confitconfit de foieフォア grasグラ.
たまりませんでした
12:23
Itそれ was incredible信じられない.
いろいろと話した後なので
12:25
And the problem問題 with〜と saying言って thatそれ, of courseコース, is thatそれ
誇張してコメントする可能性が大いにありますが
12:28
you君は know知っている, at thisこの pointポイント itそれ risksリスク hyperbole誇張 really本当に easily簡単に.
何かに例えたくても 例えようがないんです
12:33
And I'd like to make作る a metaphor隠喩, butだけど I don'tしない have one1 really本当に.
私は彼が作ってくれる粉末ジュースを飲んでいたのですが
12:37
I was drinking飲酒 thisこの guy's男の Kool-Aidクールエイド soそう muchたくさん,
たとえガチョウの羽を振舞われても この人スゴイって
12:40
he could have servedサービスされた me gooseガチョウ feathers羽毛 and I would have been like,
思っていたでしょう
12:44
thisこの guy's男の a genius天才, you君は know知っている?
彼には恋をしてしまいました
12:46
I'm私は really本当に in love with〜と him at thisこの pointポイント.
あんなに美味しいフォアグラは生まれて初めて食べました
12:48
Butだがしかし itそれ truly真に was the bestベスト foieフォア grasグラ of myじぶんの life.
その瞬間までフォアグラを食べた事が無かったと思うほどです
12:51
Soだから muchたくさん soそう thatそれ I don'tしない think思う I had everこれまで really本当に had foieフォア grasグラ until〜まで thatそれ moment瞬間.
フォアグラと呼ばれていたものは食べた事がありましたが
12:55
I'd had something何か thatそれ was calledと呼ばれる foieフォア grasグラ.
予想を大きく覆されました
12:58
Butだがしかし thisこの was transformative変形的. Reallyほんとですか transformative変形的.
心変わりするかも知れませんが
13:00
And I sayいう to you君は, I mightかもしれない notない stickスティック to thisこの,
今後 私はフォアグラをメニューに載せないと思います
13:04
butだけど I don'tしない think思う I'll everこれまで serveサーブ foieフォア grasグラ on myじぶんの menuメニュー again再び
なぜなら エドゥアルドが食べさせてくれた味は
13:09
becauseなぜなら of thatそれ taste experience経験 with〜と Eduardoエドゥアルド.
甘く滑らかで
13:15
Itそれ was sweet甘い, itそれ was unctuous遠慮なく.
フォアグラの特質すべてを持ち合わせているのに
13:16
Itそれ had allすべて the qualities品質 of foieフォア grasグラ,
脂肪は 偽りがなく 混ぜ物がまったくない味がするのです
13:19
butだけど itsその fat脂肪 had a lot of integrity完全性 and a lot of honesty正直.
そしてハーブやスパイスの香りがしました
13:24
And you君は could taste herbsハーブ, you君は could taste spicesスパイス.
冗談ではなく 私には八角の香りがしたんです
13:27
And I kept保管 -- I said前記, you君は know知っている, I swear誓う to God I tasted味わった star aniseアニス.
本当です
13:33
I was sure確かに of itそれ.
味覚の鉄人ではないですけど
13:34
And I'm私は notない like some一部 superスーパー tasterテスター, you君は know知っている?
風味はかぎ分けられます
13:36
Butだがしかし I can taste thingsもの.
100% 八角の香りがしたのに
13:38
There'sあります。 100 percentパーセント star aniseアニス in thereそこ.
彼は違う って言うんです
13:40
And he says言う, "No違います."
私はいろんなスパイスを
13:42
And I ended終了しました upアップ like going downダウン the spicesスパイス,
連ねた挙句に塩と胡椒 と言いました
13:43
and finally最後に, itそれ was like, OKわかりました, salt and pepperコショウ,
それで味付けしたと思ったんです
13:46
thinking考え he's彼は salted塩漬け and peppered肥えた his liver.
答えはノー
13:48
Butだがしかし noいいえ.
彼はフォアグラを収穫するときに肝臓を
13:49
He takes the liver whenいつ he harvests収穫 the foieフォア grasグラ,
瓶詰めにして
13:52
he sticksスティック themそれら in thisこの jar
コンフィにします
13:54
and he confits信じる itそれ.
塩 胡椒 オイル スパイスは一切使いません
13:56
No違います salt, noいいえ pepperコショウ, noいいえ oil, noいいえ spicesスパイス.
信じられませんでした
13:59
What?
私たちは最後の農場見学に行き
14:01
We私たち went行った backバック outでる for the final最後の tourツアー of the farmファーム,
彼は野生の胡椒を見せてくれました
14:04
and he showed示した me the wild野生 pepperコショウ plants植物
それは彼がガチョウに塩分が備わるように あえて植えたものです
14:06
and the plants植物 thatそれ he made sure確かに existed存在した on his farmファーム for salinity塩分.
彼が塩 胡椒を加える必要はなく ガチョウがばくばく食べるハーブや
14:11
He doesn'tしない need必要 salt and pepperコショウ.
風味のおかげでスパイスも要らないのです
14:12
And he doesn'tしない need必要 spicesスパイス, becauseなぜなら he's彼は got thisこの potpourriポプリ of herbsハーブ and flavors風味
食事の終わりに
14:18
thatそれ his geeseガチョウ love to gorge峡谷 on.
私が何度か質問していた内容を問いかけてみました
14:22
I turned回した to him at the end終わり of the mealお食事,
直接答えてもらえてなかったけれど
14:23
and it'sそれは a question質問 I asked尋ねた severalいくつかの times,
私は尋ねました “スペインでは
14:25
and he hadn'tなかった, kind種類 of, answered答えた me directly直接,
世界最高のシェフと呼ばれる
14:27
butだけど I said前記, "Now look見える, you'reあなたは in Spainスペイン,
フェラン・アドリアのような料理人が 比較的近くで活躍しているのに 貴方はなぜ
14:30
some一部 of the greatest最大 chefsシェフ in the world世界 are --
彼にフォアグラを提供しないんです?
14:32
Ferranフェラン Adriaアドリア, the preeminent抜群の chefシェフ of the world世界 today今日, notない thatそれ far遠い fromから you君は.
なぜ貴方は無名なんでしょう?”
14:40
Howどう come you君は don'tしない give him thisこの?
飲んでいたワインや
14:42
Howどう come noいいえ one's一人 really本当に heard聞いた of you君は?"
私の興奮が影響したのか
14:45
And itそれ mayかもしれない be becauseなぜなら of the wineワイン,
彼はすぐにこう言いました “シェフに私のフォアグラはもったいないよ”
14:46
orまたは itそれ mayかもしれない be becauseなぜなら of myじぶんの excitement興奮,
(会場: 笑い声)
14:47
he answered答えた me directly直接 and he said前記, "Becauseというのは chefsシェフ don'tしない deserve値する myじぶんの foieフォア grasグラ."
まったく
14:52
(Laughter笑い)
そのとおりでした
14:55
And he was right.
シェフにフォアグラが渡ってしまうと 彼ら独自のやり方で調理をします
14:56
He was right.
シェフは料理を作り
14:57
Chefsシェフ take foieフォア grasグラ and they彼ら make作る itそれ their彼らの own自分の.
その料理に対する何もかもがシェフに向けられます
15:01
They彼らが create作成する a dish
エドゥアルド氏は大自然を表現しているのです
15:03
whereどこで allすべて the vectorsベクトル pointポイント at us.
それは神様からの贈り物で
15:07
With Eduardoエドゥアルド it'sそれは about the expression表現 of nature自然.
神様はよくやった と言ってくれていると表現した彼の言葉はぴったりだと思いました
15:12
And as he said前記, I think思う fittingly丁寧に,
帰りの飛行機で
15:16
it'sそれは a gift贈り物 fromから God, with〜と God saying言って, you'veあなたは done完了 good良い work.
私は何ページもメモを書き出しました
15:22
Simpleシンプル.
本当に感動したんです
15:24
I flew飛んだ home自宅, I'm私は on the flightフライト with〜と myじぶんの little少し black book
そのメモの一つに こんな事を書きました
15:26
and I took取った, you君は know知っている, pagesページ and pagesページ of notesノート about itそれ.
私が彼に 従来のフォアグラについてどう思うかと
15:29
I really本当に was moved移動した.
尋ねたときのことです
15:31
And in the cornerコーナー of one1 of theseこれら -- one1 of myじぶんの notesノート,
世界で
15:36
is thisこの note注意 thatそれ says言う, whenいつ asked尋ねた,
消費されている99.99999%のフォアグラを どう思うか尋ねました
15:40
what do you君は think思う of conventional従来の foieフォア grasグラ?
“歴史に対する侮辱だと思う” と彼は答えました
15:41
What do you君は think思う of foieフォア grasグラ thatそれ
それで私は 歴史への侮辱 と書き出したのです
15:42
99.99999 percentパーセント of the world世界 eats食べる?
機内で私は髪の毛をかきむしりながら
15:47
He said前記, "I think思う it'sそれは an insult侮辱 to history歴史."
なぜ
15:50
And I wrote書きました, insult侮辱 to history歴史.
もっとその意味を
15:53
I'm私は on the plane飛行機 and I'm私は justちょうど tearing引き裂く myじぶんの hairヘア outでる.
追求しなかったのか と感じたので
15:55
It'sそれは、します。 like, whyなぜ didn'tしなかった I followフォローする upアップ on thatそれ?
帰宅して いろいろ調べた結果
15:56
What the hell地獄 does thatそれ mean平均?
こんな情報を見つけ出しました
15:57
Insult侮辱 to history歴史.
フォアグラの歴史です
16:00
Soだから I did some一部 research研究 whenいつ I got backバック,
ユダヤ人がフォアグラを作りだしたのです
16:02
and here'sここにいる what I found見つけた.
本当です
16:04
The history歴史 of foieフォア grasグラ.
実話ですよ
16:05
Jewsユダヤ人 invented発明された foieフォア grasグラ.
偶然 できたんです
16:09
True storyストーリー.
ユダヤ人はシュマルツの代用になるものを探していました
16:10
True storyストーリー.
鶏肉の脂には飽きていて
16:11
By accident事故.
他のものを模索していた
16:13
They彼らが were looking for an alternative代替 to schmaltzシュマルツ.
秋になり 自然の
16:17
Gottenゴッテン sick病気 of the chickenチキン fat脂肪.
とても美味しい甘みのあるガチョウの脂を見つけたんです
16:18
They彼らが were looking for an alternative代替.
それで彼らはガチョウを絞めて その脂を冬の間 料理に使っていました
16:19
And they彼ら saw in the fall thatそれ thereそこ was thisこの naturalナチュラル,
これをファラオが嗅ぎつけた
16:21
beautiful綺麗な, sweet甘い, deliciousおいしい fat脂肪 fromから geeseガチョウ.
本当です ネットに出てたもの
16:25
And they彼ら slaughtered虐殺された themそれら, used the fat脂肪 throughout全体を通して the winter for cooking料理.
(会場: 笑い声)
16:29
The Pharaohファラオ got wind of thisこの --
本当ですってば
16:31
Thisこれ is true真実, right off the Internetインターネット.
(会場: 笑い声)
16:33
The Pharaohファラオ got -- (Laughter笑い)
ファラオが嗅ぎつけ どんな味か食べたがり
16:36
I swear誓う to God.
食べると大いに気に入った
16:38
(Laughter笑い)
彼はせがみだし
16:39
The Pharaohファラオ got wind of thisこの and wanted to taste itそれ.
秋だけではなく 年中食べたがった
16:43
He tasted味わった itそれ and fell落ちた in love with〜と itそれ.
ファラオは皆の分を用意するようユダヤ人に命令したのです
16:45
He started開始した demanding要求の厳しい itそれ.
ユダヤ人は命を取り留めたくて
16:46
And he didn'tしなかった want itそれ justちょうど in the fall, he wanted itそれ allすべて year round円形.
巧妙なアイデアを思いついた
16:49
And he demanded要求された thatそれ the Jewsユダヤ人 supply供給 enough十分な for everyoneみんな.
少なくともファラオの願いを叶えようとしたのです
16:53
And the Jewsユダヤ人, fearing恐れる for their彼らの life,
そして考えたのが強制給餌
16:55
had to come upアップ with〜と an ingenious独創的な ideaアイディア,
自分たちの命を失いたくなくてユダヤ人が強制給餌を考えついたのです
16:57
orまたは at least少なくとも try and satisfy満たす the Pharaoh'sファラオの wishes願い, of courseコース.
そうして作ったフォアグラをファラオに出し
17:01
And they彼ら invented発明された, what? Gavageガバージュ.
美味しい部分は自分たちのために取っておいた
17:03
They彼らが invented発明された gavage強制排泄 in a greatすばらしいです moment瞬間 of fear恐れ for their彼らの lives人生,
これは推定ですが 本当だと思います
17:11
and they彼ら provided提供された the Pharaohファラオ with〜と gavage強制排泄 liver,
これがフォアグラの歴史
17:14
and the good良い stuffもの they彼ら kept保管 for themselves自分自身.
よく考えれば
17:16
Supposedlyおそらく, anywayとにかく. I believe信じる thatそれ one1.
低コスト大量生産の農業の歴史ですね
17:19
That'sそれです the history歴史 of foieフォア grasグラ.
現代の食の歴史です
17:22
And ifif you君は think思う about itそれ,
私たちが食べるほとんどのもの
17:23
it'sそれは the history歴史 of industrial工業用 agriculture農業.
巨大農場 肥育場 化学的改良剤
17:28
It'sそれは、します。 the history歴史 of what we我々 eat食べる today今日.
長距離輸送 食品加工
17:31
Most最も of what we我々 eat食べる today今日.
全てが 食のシステムです
17:33
Mega-farmsメガファームズ, feedフィード lots, chemical化学 amendments改正,
それも歴史への侮辱です
17:37
long-distance長距離 travel旅行, foodフード processing処理.
自然と生物の基礎的な法則に対する
17:40
Allすべての of itそれ, our我々の foodフード systemシステム.
侮辱でもあります
17:42
That'sそれです alsoまた、 an insult侮辱 to history歴史.
肉牛であろうが
17:46
It'sそれは、します。 an insult侮辱 to the basic基本的な laws法律 of nature自然
鶏であろうが
17:50
and of biology生物学.
ブロッコリーでも芽キャベツでも
17:54
Whetherどうか we're私たちは talking話す about beef牛肉 cattle
今朝のニューヨークタイムズに出ていた―
17:57
orまたは we're私たちは talking話す about chickens,
ナマズの卸売が倒産したという件でも
18:00
orまたは we're私たちは talking話す about broccoliブロッコリ orまたは Brusselsブリュッセル sproutsスプラウト,
ともかく何であれ 思考傾向がゼネラル モーターズを思い起こさせます
18:04
orまたは in the case場合 of thisこの morning's朝の New新しい Yorkヨーク Timesタイムズ, catfishナマズ --
つまり 使い切りの考えだということ
18:09
whichどの wholesale卸売 are going outでる of businessビジネス.
もっと仕入れて もっと売って もっと浪費する
18:13
Whateverなんでも itそれ is, it'sそれは a mindset考え方 thatそれ is reminiscent思い出す of General一般 Motorsモータ.
それでは将来供給されるものがなくなります
18:18
It'sそれは、します。 rooted根付いた in extraction抽出.
ジョナス・ソークが素晴らしい事を言っていました
18:21
Take moreもっと, sell売る moreもっと, waste廃棄物 moreもっと.
“もし すべての昆虫がいなくなったら
18:24
And for the future未来 itそれ won't〜されません serveサーブ us.
我々の知る地球上の命は50年もせずに絶滅するだろう
18:28
Jonasジョナス Salkサル has a greatすばらしいです quote見積もり.
もし 人間がいなくなったら 我々の知る地球上の命はみなぎるだろう”
18:30
He said前記, "Ifもし allすべて the insects昆虫 disappeared消えた,
彼の言うとおりです
18:32
life on Earth地球 as we我々 know知っている itそれ would disappear姿を消す within以内 50 years.
今こそ農業に対する新しい構想を受け入れなければいけません
18:39
Ifもし human人間 beings存在 disappeared消えた, life on Earth地球 as we我々 know知っている itそれ would flourish繁栄する."
地球を一掃するような方法をとる―
18:46
And he's彼は right.
ビジネスをやめる構想です
18:50
We私たち need必要 now to adopt採用 a new新しい conception概念 of agriculture農業.
そして安い食品を提供するという口実で 資源の品位を
18:56
Reallyほんとですか new新しい.
落とすことをやめる構想
18:57
One1 つ in whichどの we我々 stopやめる treating治療する the planet惑星
エドゥアルドのような農家の方を見習って始められるんです
19:00
as ifif itそれ were some一部 kind種類 of businessビジネス in liquidation清算.
問題の解決法や
19:04
And stopやめる degrading劣化する resourcesリソース under the guise見せかけた of
答えを大自然から得る農家の人たちです
19:08
cheap安いです foodフード.
解決策を大自然に負わせるやり方ではありません
19:10
We私たち can start開始 by looking to farmers農民 like Eduardoエドゥアルド.
ジェニン・ベニアスという
19:14
Farmers農民 thatそれ rely頼りにする on nature自然
私が好きな作家であり思想家が このトピックに関し
19:15
for solutionsソリューション, for answers答え,
“自然の作動指示に耳を傾けること” と言っています
19:19
ratherむしろ thanより imposing堂々たる solutionsソリューション on nature自然.
それはエドゥアルドのやり方で 彼は巧みにやってみせています
19:22
Listening聞いている as Janineジャニーン BenyusBenyus,
彼が私たちに見せてくれたことは
19:24
one1 of myじぶんの favoriteお気に入り writers作家 and thinkers思想家 about thisこの topicトピック says言う,
シェフにとって非常に良い事であり ありがたい事であると思います
19:27
"Listening聞いている to nature's自然の operatingオペレーティング instructions指示."
そして食べ物や料理を気づかう人たちにとっては
19:30
That'sそれです what Eduardoエドゥアルド does, and does soそう brilliantly華麗に.
一番環境にやさしい選択であり
19:33
And what he showed示した me and what he can showショー allすべて of us, I think思う,
一番道徳的な選択でもあると思います
19:35
is thatそれ the greatすばらしいです thingもの for chefsシェフ, the greatすばらしいです blessing祝福 for chefsシェフ,
それが芽キャベツだろうとフォアグラだろうとね
19:42
and for people thatそれ careお手入れ about foodフード and cooking料理,
また私には他には類を見ず
19:49
is thatそれ the most最も ecological生態学的 choice選択 for foodフード
ほとんど100%と言っていいほど一番美味しい選択です
19:52
is alsoまた、 the most最も ethical倫理的な choice選択 for foodフード.
それこそが幸せを
19:55
Whetherどうか we're私たちは talking話す about Brusselsブリュッセル sproutsスプラウト orまたは foieフォア grasグラ.
発見する力です
19:58
And it'sそれは alsoまた、 almostほぼ always常に, and I haven't持っていない found見つけた an example otherwiseさもないと,
ありがとう (拍手)
20:02
butだけど almostほぼ always常に, the most最も deliciousおいしい choice選択.
20:07
That'sそれです serendipitous偶然.
20:08
Thankありがとうございます you君は.
20:09
(Applause拍手)
Translated by Takako Sato
Reviewed by Rinko Kawakami

▲Back to top

About the speaker:

Dan Barber - Chef
Dan Barber is a chef and a scholar -- relentlessly pursuing the stories and reasons behind the foods we grow and eat.

Why you should listen

Dan Barber is the chef at New York's Blue Hill restaurant, and Blue Hill at Stone Barns in Westchester, where he practices a kind of close-to-the-land cooking married to agriculture and stewardship of the earth. As described on Chez Pim: "Stone Barns is only 45 minutes from Manhattan, but it might as well be a whole different universe. A model of self-sufficiency and environmental responsibility, Stone Barns is a working farm, ranch, and a three-Michelin-star-worthy restaurant." It's a vision of a new kind of food chain.

Barber's philosophy of food focuses on pleasure and thoughtful conservation -- on knowing where the food on your plate comes from and the unseen forces that drive what we eat. He's written on US agricultural policies, asking for a new vision that does not throw the food chain out of balance by subsidizing certain crops at the expense of more appropriate ones.

In 2009, Barber received the James Beard award for America's Outstanding Chef, and was named one of the world's most influential people in Time’s annual "Time 100" list. In 2014 he published The Third Plate: Field Notes on the Future of Food.

More profile about the speaker
Dan Barber | Speaker | TED.com