English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2005

Greg Lynn: Organic algorithms in architecture

グレッグ・リン: 建築に関する有機的なアルゴリズム

Filmed
Views 350,489

グレッグ・リンは建築における数学的なルーツについて、また微積分学やデジタルツールを使用し、どのようにして現代のデザイナーたちが伝統的な建築様式を越えた事を可能してきたかを語ります。クイーンズにある壮麗な教会(そして、チタン製の茶器)が彼の理論を説明してくれます

- Designer
Greg Lynn is the head of Greg Lynn FORM, an architecture firm known for its boundary-breaking, biomorphic shapes and its embrace of digital tools for design and fabrication. Full bio

What I thought I would talkトーク about today今日
今日私が
お話しをしたいのは
00:12
is the transition遷移 fromから one1 modeモード
自然に対する考えが
00:14
of thinking考え about nature自然
建築に幾度のも
変化を与えた
00:17
to another別の that'sそれは tracked追跡された by architecture建築.
軌跡についてです
00:19
What's何の interesting面白い about architects建築家 is,
建築家の
興味深いところは
00:21
we我々 always常に have tried試した to justify正当化する beauty美しさ
自然と向き合う事で
00:24
by looking to nature自然,
美しさを正当化しようと
してきたことで―
00:27
and arguably間違いなく, beautiful綺麗な architecture建築
美しい建物は紛れもなく
00:29
has always常に been looking at a modelモデル of nature自然.
いつも 自然を
モデルとしています
00:32
Soだから, for roughly大まかに 300 years,
およそ300年間も―
00:34
the hotホット debateディベート in architecture建築
「建築には5と7の比率の
00:37
was whetherかどうか the number five
どちらが相応しいのか?」
00:39
orまたは the number sevenセブン
といった熱い議論が
00:41
was a betterより良い proportion割合 to think思う about architecture建築,
続いていましたが-
00:43
becauseなぜなら the nose was one-fifth五分の一 of yourきみの head,
これは 鼻は
頭の1/5であったり-
00:45
orまたは becauseなぜなら yourきみの head was one-seventh1/7 of yourきみの body.
頭は体の1/7である事
に由来しています
00:49
And the reason理由 thatそれ thatそれ was the modelモデル
その理由は
00:52
of beauty美しさ and of nature自然
16世紀以前は-
00:54
was becauseなぜなら the decimal小数点以下の pointポイント had notない been invented発明された yetまだ --
小数点が発明
されておらず-
00:56
itそれ wasn'tなかった the 16thth century世紀 --
人々は分数を用いて
00:59
and everybodyみんな had to dimension寸法 a building建物
建築物の大きさを
01:02
in terms条項 of fractions分数,
測量するしか
ありませんでした
01:05
soそう a roomルーム would be dimensionedディメンション
結果として
部屋は建物の正面の1/4に―
01:07
as one-fourth四分の一 of a facadeファサード;
区切られるように
なったのです
01:09
the structural構造的 daisデイ of thatそれ mightかもしれない be dimensionedディメンション as 10 units単位,
演壇の構造は 10組のユニットに
区切られたのかもしれません
01:11
and you君は would get downダウン to the small小さい elements要素
詳細部の要素も 分数の区分で-
01:15
by fractional分数 subdivision細分:
細部へ細部へと-
01:18
finer細かい and finer細かい and finer細かい.
区分されたのでしょう
01:20
In the 15thth century世紀, the decimal小数点以下の pointポイント was invented発明された;
小数点は 15世紀に発明され-
01:22
architects建築家 stopped停止 usingを使用して fractions分数,
建築家は 分数の使用を止め
01:25
and they彼ら had a new新しい modelモデル of nature自然.
新たな自然のモデルを使用
するようになりました
01:27
Soだから, what's何ですか going on today今日
現在では 微積分学を基礎とする
01:29
is thatそれ there'sそこに a modelモデル of naturalナチュラル form
デジタルツールを用いた
01:32
whichどの is calculus-based微積分に基づく
自然なモデルを採用しています
01:35
and whichどの is usingを使用して digitalデジタル toolsツール,
そのモデルは美しさや―
01:37
and thatそれ has a lot of implications意義
形への私達のこだわりを
01:39
to the way we我々 think思う about beauty美しさ and form,
豊富に含んだものとなっています
01:41
and itそれ has a lot of implications意義 in the way we我々 think思う about nature自然.
自然へのこだわりも多くあり-
01:43
The bestベスト example of thisこの would probably多分 be the Gothicゴシック,
一番の良い例としては ゴシック様式です
01:47
and the Gothicゴシック was invented発明された after the invention発明 of calculus微積分,
ゴシック様式は 微積分学発明後に
考え出されましたが-
01:50
althoughただし、 the Gothicゴシック architects建築家
実は ゴシック様式の
建築家達は微積分を
01:54
weren'tなかった really本当に usingを使用して calculus微積分 to define定義する their彼らの formsフォーム.
使用してデザイン
していませんでした
01:56
Butだがしかし what was important重要 is,
重要な点は
ゴシック時代からの
01:59
the Gothicゴシック moment瞬間 in architecture建築 was the first最初 time時間
建築で初めて
構造力学が-
02:01
thatそれ force and motionモーション was thought of in terms条項 of form.
建物の形を決める要素として
考えられた点です
02:03
Soだから, examples like Christopherクリストファー Wren'sレン King'sキングズ Crossクロス:
クリストファー・レン設計の
キングス・クロスを例にすると-
02:07
you君は can see見る thatそれ the structural構造的 forces of the vaultingボールティング
アーチ天井の梁が
線の様に配置され-
02:10
get articulated関節式 as lines, soそう you'reあなたは really本当に actually実際に seeing見る
強度な構造体の形が
表現されている事が
02:14
the expression表現 of structural構造的 force and form.
実際に見て
良く分かります
02:17
Muchだいぶ later後で, Robertロバート Maillart'sMaillart's bridges,
そのかなり後の
ロバート・マイヤールの橋は-
02:20
whichどの optimize最適化する structural構造的 form
計算された曲線で
合理的に構造化され
02:23
with〜と a calculus微積分 curvature曲率 almostほぼ like a parabola放物線.
ほぼパラボラの様な形です
02:26
The Hanging吊るす Chain modelsモデル of Antonioアントニオ Gaudiガウディ,
ハンギングチェーン
(宙吊の鎖)は
02:29
the Catalanカタロニア語 architect建築家.
カタロニアの建築家
アントニオ・ガウディの
02:33
The end終わり of the 19thth century世紀, beginning始まり of the 20thth century世紀,
手法ですが 19世紀末から
20世紀初頭にかけて
02:35
and howどうやって thatそれ Hanging吊るす Chain modelモデル
そのハンギングチェーンは―
02:40
translates翻訳する into archwaysアーチウェイズ
アーチ門や ドーム天井に
02:42
and vaultingボールティング.
写しとられました
02:44
Soだから, in allすべて of theseこれら examples,
これらすべての例では
02:46
structure構造 is the determining決定する force.
構造力学が
形を決定しています
02:48
Freiフライ Ottoオットー was starting起動 to useつかいます foamフォーム bubbleバブル diagramsダイアグラム
フライ・オットーは シャボン玉の図式を
使用し始め―
02:52
and foamフォーム bubbleバブル modelsモデル to generate生成する his Mannheimマンハイム Concertコンサート Hallホール.
気泡をモデルとして
マンハイム・コンサートホールを創出しました
02:55
Interestingly興味深いことに, in the last最終 10 years
興味深い事は
この10年間で―
03:00
Normanノーマン Fosterフォスター used a similar類似 heat thermalサーマル transfer転送 modelモデル
熱伝導モデルとも
言える技術で―
03:03
to generate生成する the roofルーフ of the Nationalナショナル Galleryギャラリー,
構造エンジニア
クリス・ウィリアムズと共に
03:07
with〜と the structural構造的 engineerエンジニア Chrisクリス Williamsウィリアムズ.
ナショナル・ギャラリーの
屋根を創出しました
03:11
In allすべて theseこれら examples,
これらの例すべては
03:13
there'sそこに one1 ideal理想的な form,
ひとつの理想的な形-
03:15
becauseなぜなら theseこれら are thought in terms条項 of structure構造.
つまり 構造力学的
に考えたのです
03:17
And as an architect建築家, I've私は always常に found見つけた theseこれら kinds種類 of systemsシステム
私は 建築家として この類の構造には
限界があると感じています
03:20
very非常に limiting制限する, becauseなぜなら I'm私は notない interested興味がある in ideal理想的な formsフォーム
何故なら 私は理想の形に興味がなく-
03:23
and I'm私は notない interested興味がある in optimizing最適化する to some一部 perfect完璧な moment瞬間.
完全な能率に最適化する事にも
興味がありません
03:27
Soだから, what I thought I would bring持参する upアップ is
私が取り上げたいのは
あなたが自然について―
03:32
another別の component成分 thatそれ needsニーズ to be thought of,
考える時はいつでも
考える必要があり―
03:35
wheneverいつでも you君は think思う about nature自然,
基本的には遺伝的進化の
03:37
and that'sそれは basically基本的に the invention発明 of
過程で生まれた
一般的な形状の
03:39
genericジェネリック form in genetic遺伝的な evolution進化.
もう一つの構成要素です
03:41
My私の heroヒーロー is actually実際に notない Darwinダーウィン;
私のヒーローは
ダーウィンなんかではありません
03:46
it'sそれは a guy named名前 Williamウィリアム Batesonベイトソン,
その人は
グレゴリー・ベイトソンの父で
03:48
fatherお父さん of Gregグレッグ Batesonベイトソン, who was hereここに for a long長いです time時間 in Montereyモントレー.
ウィリアム・ベイソンといい-
モントレーに永年住んでいました
03:50
And he was what you'dあなたは callコール a teratologist催奇形学者:
彼は「遺伝学者」と呼ばれ-
03:55
he looked見た at allすべて of the monstrosities怪物 and mutations突然変異
標準的なものより
むしろ奇形や突然変異に目を向け
03:57
to find見つける rulesルール and laws法律, ratherむしろ thanより looking at the norms規範.
規則や法則を
探し出そうとしました
04:02
Soだから, instead代わりに of trying試す to find見つける the ideal理想的な typeタイプ
彼は 理想的なタイプや
理想の平均値を
04:05
orまたは the ideal理想的な average平均,
探し出そうとするのではなく
04:08
he'd彼は always常に look見える for the exception例外. Soだから, in thisこの example,
常に例外を探しました
その例として―
04:10
whichどの is an example of what's何ですか calledと呼ばれる Bateson'sバテソンズ Ruleルール,
「ベイトソンのルール」
と呼ばれる例ですが―
04:13
he has two kinds種類 of mutations突然変異 of a human人間 thumb親指.
この親指には
2つの突然変異が見られます
04:15
Whenいつ I first最初 saw thisこの image画像, 10 years ago,
私が最初この写真を
見たのは10年前ですが
04:19
I actually実際に found見つけた itそれ very非常に strange奇妙な and beautiful綺麗な at the same同じ time時間.
美しさと
奇妙さの両方を感じました
04:21
Beautiful綺麗な, becauseなぜなら itそれ has symmetry対称.
美しいのは
対象性を有するからです
04:25
Soだから, what he found見つけた is thatそれ in allすべて cases症例 of thumb親指 mutations突然変異,
彼は 親指の突然変異の
すべてのケースから見出したのは
04:27
instead代わりに of having持つ a thumb親指,
普通の親指の変わりに-
04:31
you君は would eitherどちらか get another別の opposable反対の thumb親指,
「対面するもう一つの親指があるか」
04:34
orまたは you君は would get four4つの fingers.
もしくは 「4本の指があるか」
というものでした
04:36
Soだから, the mutations突然変異 reverted戻った to symmetry対称.
これで突然変異は
対称性を有する事になります
04:38
And Batesonベイトソン invented発明された
そして ベイトソンは-
04:41
the concept概念 of symmetry対称 breaking壊す,
「対称性破壊」の
概念を打ち立てました
04:43
whichどの is thatそれ
それは 「どのような場合でも
04:45
whereverどこにでも you君は lose失う information情報 in a systemシステム,
システムの情報を
失った場合-
04:47
you君は revert元に戻す backバック to symmetry対称.
左右対称に回帰する」
というものです
04:50
Soだから, symmetry対称 wasn'tなかった the sign符号 of order注文 and organization組織 --
対称性は指示や
構成の表れでは無く-
04:52
whichどの is what I was always常に understanding理解, and as is an architect建築家 --
対称性は情報の欠落だと
04:56
symmetry対称 was the absence不在 of information情報.
一人の建築家として
いつも思っています
04:59
Soだから, wheneverいつでも you君は lost失われた information情報, you'dあなたは move動く to symmetry対称;
情報が欠落した場合は
いつも 対称に陥り
05:02
wheneverいつでも you君は added追加された information情報 to a systemシステム, you君は would breakブレーク symmetry対称.
システムに情報を加えると
いつも対称性を破壊するのです
05:04
Soだから, thisこの whole全体 ideaアイディア of naturalナチュラル form shiftedシフトした at thatそれ moment瞬間
その瞬間
自然な形状の思惑全体が―
05:08
fromから looking for ideal理想的な shapes
「理想的な形状」を探す事から
05:12
to looking for a combination組み合わせ of
「遺伝的な形状」
と「情報」の
05:15
information情報 and genericジェネリック form.
結合を探す事へと
移行したのです
05:17
Youあなたが know知っている, literally文字通り after seeing見る thatそれ image画像,
文字通り イメージをご覧になり―
05:21
and finding所見 outでる what Batesonベイトソン was workingワーキング with〜と,
ベイトソンの取り組みを理解すると
05:24
we我々 started開始した to useつかいます theseこれら rulesルール for symmetry対称 breaking壊す and branching分岐
私達は 建物の形状を考えるとき―
05:27
to start開始 to think思う about architectural建築 form.
「対称性破壊と分割論」
を使い始めたのです
05:31
To justちょうど talkトーク for a minute about the
ここで少々
私達が現在使用している
05:33
digitalデジタル mediums媒体 thatそれ we're私たちは usingを使用して now
デジタルメディアが
どのようにして微分積分を―
05:36
and howどうやって they彼ら integrate統合する calculus微積分:
統合しているのか
お話ししますが-
05:38
the fact事実 thatそれ they're彼らは calculus-based微積分に基づく
ツールが微積分を
ベースにしているという事は-
05:41
means手段 thatそれ we我々 don'tしない have to think思う about dimension寸法
理想的なユニットでも
個々の要素でも
05:43
in terms条項 of ideal理想的な units単位
その寸法に関しては-
05:46
orまたは discreet控えめな elements要素.
考える必要が
無い事を意味しています
05:48
Soだから, in architecture建築 we我々 deal対処 with〜と
建築では大規模な
構成部材の-
05:51
big大きい assembliesアセンブリ of componentsコンポーネント,
複合体を扱うのですが
05:53
soそう thereそこ mightかもしれない be upアップ to, sayいう,
そうですね 例えば-
今 皆様が居る-
05:55
50,000 pieces作品 of material材料
この室内では
05:58
in thisこの roomルーム you'reあなたは sitting座っている in right now
50,000もの
個別部材があり-
06:00
thatそれ allすべて need必要 to get organized組織された.
全てが 組織化されている
必要があります
06:02
Now, typically典型的には you'dあなたは think思う thatそれ they彼ら would allすべて be the same同じ:
典型的な考えとしては-
全てが同じと考えていませんか
06:05
like, the chairs椅子 you'reあなたは sitting座っている in would allすべて be the same同じ dimension寸法.
今お座りの椅子が すべて
「同じ寸法だろう」という感じで
06:07
Youあなたが know知っている, I haven't持っていない verified確認済み thisこの, butだけど it'sそれは the norm規範
もちろん 確認したわけではありません
ですが すべての椅子が
06:09
thatそれ everyすべて chair椅子 would be a slightly少し different異なる dimension寸法,
少しずつ違った寸法
なのは 標準的な事です
06:12
becauseなぜなら you'dあなたは want to spaceスペース themそれら allすべて outでる for everybody'sみんな sight視力 lines.
皆様の視線確保に
間隔が必要だからです
06:15
The elements要素 thatそれ make作る upアップ the ceiling天井 gridグリッド and the lighting点灯,
天井の格子や照明を
構成する部材は-
06:19
they're彼らは allすべて losing負け their彼らの modularモジュラー quality品質,
それらの個体寸法等の
質を失いながら-
06:23
and moving動く moreもっと and moreもっと to theseこれら infinitesimal無限小 dimensionsディメンション.
ますます細分化された
寸法に移行します
06:26
That'sそれです becauseなぜなら we're私たちは allすべて usingを使用して calculus微積分 toolsツール
それは 製造過程や
設計過程で―
06:29
for manufacturing製造 and for design設計.
私達が 微積分のツールを
使用するからです
06:31
Calculus微積分 is alsoまた、 a mathematics数学 of curvesカーブ.
微積分は 曲線の数学
であるともいえます
06:34
Soだから, even a straightまっすぐ lineライン, defined定義された with〜と calculus微積分, is a curve曲線.
直線でさえ 微積分で
定義すると 曲線です
06:38
It'sそれは、します。 justちょうど a curve曲線 withoutなし inflection屈曲.
屈曲の無い
曲線でしかありません
06:42
Soだから, a new新しい vocabulary単語 of form
形状に対する
新しい知識は 今や-
06:44
is now pervading広がる allすべて design設計 fieldsフィールド:
全ての分野に
広がっています
06:47
whetherかどうか it'sそれは automobiles自動車, architecture建築, products製品, etc.,
「自動車」 「建築」 「工業製品」や
その他 様々なところで
06:50
it'sそれは really本当に beingであること affected影響を受けた by thisこの digitalデジタル medium of curvature曲率.
「曲線のデジタルツール」が
大きく影響しています
06:54
The intricacies複雑 of scale規模 thatそれ come outでる of thatそれ --
はじき出されるスケールは複雑で-
06:57
you君は know知っている, in the example of the nose to the face,
「顔の鼻」を例に挙げると―
07:00
there'sそこに a fractional分数 part-to-whole部分から全体へ ideaアイディア.
「断片部から全体へ」
との考え方がありますが-
07:03
With calculus微積分, the whole全体 ideaアイディア
微積分では
細分化する考え方は
07:06
of subdivision細分 is moreもっと complex複合体,
より複雑になります
07:09
becauseなぜなら the whole全体 and the parts部品 are one1 continuous連続 seriesシリーズ.
各パーツは 全体では
切れ目のない連続だからです
07:11
It'sそれは、します。 too early早い in the morning for a lecture講義 on calculus微積分,
微積分の講義をするには
朝も早すぎるので-
07:15
soそう I brought持ってきた some一部 imagesイメージ to justちょうど describe説明する howどうやって thatそれ works作品.
どういう事なのか 説明する為に
画像を持ってきました
07:18
Thisこれ is a Korean韓国語 church教会 thatそれ we我々 did in Queensクイーンズ.
これは 私達が担当した
クイーンズにある韓国教会です
07:22
And in thisこの example, you君は can see見る
この例では
この階段の構成部材に
07:25
thatそれ the componentsコンポーネント of thisこの stair階段 are repetitive繰り返す,
繰り返しパターンが見えますが-
07:28
butだけど they're彼らは repetitive繰り返す withoutなし beingであること modularモジュラー.
基本構造のない繰り返しです
07:32
Each one1 of the elements要素 in thisこの structure構造
この構造の部材は
それぞれ独特の-
07:34
is a uniqueユニークな distance距離 and dimension寸法,
距離と寸法に
なっており 全ての接続部の―
07:36
and allすべて of the connections接続 are uniqueユニークな anglesアングル.
角度も異なっています
07:40
Now, the onlyのみ way we我々 could design設計 thatそれ,
私達が これを設計し-
07:42
orまたは possiblyおそらく construct構成する itそれ,
建設する事を
可能にできたのは-
07:44
is by usingを使用して a calculus-based微積分に基づく definition定義
形状の微積分の
定義を-
07:47
of the form.
使ったからです
07:49
Itそれ alsoまた、 is muchたくさん moreもっと dynamic動的,
この構造は大変ダイナミックで
07:51
soそう thatそれ you君は can see見る thatそれ the same同じ form opens開く and closes終了する
その中を通り抜けたときに同じ構造が
07:53
in a very非常に dynamic動的 way as you君は move動く across横断する itそれ,
閉じたようにも開いたようにも見えるのです
07:56
becauseなぜなら itそれ has thisこの quality品質 of vectorベクター in motionモーション
これは 動きに伴うベクトル性が
07:59
built建てられた into itそれ.
組み込まれているからです
08:02
Soだから the same同じ spaceスペース thatそれ appears登場する to be a kind種類 of closed閉まっている volumeボリューム,
そこで同じ空間が
閉ざされたように見えたり
08:04
whenいつ seen見た fromから the otherその他 side becomes〜になる a kind種類 of open開いた vistaビスタ.
反対側からは
開けた眺めになります
08:07
And you君は alsoまた、 get a senseセンス of
また その空間では
視覚的な動きを―
08:11
visualビジュアル movement移動 in the spaceスペース,
感じる事が出来ます
08:13
becauseなぜなら everyすべて one1 of the elements要素 is changing変化 in a patternパターン,
すべての 部材のパターンが
変化していくからです
08:15
soそう thatそれ patternパターン leadsリード yourきみの eye towards方向 the altar祭壇.
そのパターンは あなたの視線を
祭壇へと導きます
08:19
I think思う that'sそれは one1 of the mainメイン changes変更,
私はそれが主な
変化のひとつであり―
08:23
alsoまた、, in architecture建築:
建築では―
08:26
thatそれ we're私たちは starting起動 to look見える now notない for some一部 ideal理想的な form,
教会のラテン
十字架の様な
08:28
like a Latinラテン crossクロス for a church教会,
「理想の形」ではなく―
08:31
butだけど actually実際に allすべて the traits形質 of a church教会:
実は教会の特徴である―
見えない背後から
08:34
soそう, light thatそれ comes来る fromから behind後ろに fromから an invisible目に見えない sourceソース,
照射される光が
あなたを祭壇へ―
08:36
directionality方向性 thatそれ focuses焦点を当てる you君は towards方向 an altar祭壇.
向けさせるといった事に
注目し始めています
08:40
Itそれ turnsターン outでる it'sそれは notない rocketロケット science科学
神聖な場所を
設計する事が―
08:44
to design設計 a sacred神聖 spaceスペース.
最新科学では
無いと解ります
08:46
Youあなたが justちょうど need必要 to incorporate組み込む a certainある number of traits形質
ただ 特定化した
遺伝的な考えを-
08:48
in a very非常に kind種類 of genetic遺伝的な way.
組込む必要があります
08:51
Soだから, theseこれら are the different異なる perspectives視点 of thatそれ interiorインテリア,
それらの内部は
それぞれ違った展望になり-
08:54
whichどの has a very非常に complex複合体
単純な構造が
とても複雑な
08:56
setセット of orientations方向 allすべて in a simple単純 form.
組み合わせになっています
08:58
In terms条項 of construction建設 and manufacturing製造,
「建築」と「製造」の観点では-
09:02
thisこの is a kilometer-longキロメートル長 housingハウジング blockブロック
これは アムステルダムに
70年代に建設された-
09:05
thatそれ was built建てられた in the '70s in Amsterdamアムステルダム.
1kmほどの長さの
住宅施設ですが-
09:08
And hereここに we've私たちは broken壊れた the 500 apartmentsアパート
私達は500戸の
アパートを分離し-
09:11
upアップ into small小さい neighborhoods近隣,
小さな近隣地区として
09:13
and differentiated差別化された thoseそれら neighborhoods近隣.
住区を区別できる
様にしました
09:16
I won't〜されません go into too muchたくさん description説明 of anyどれか of theseこれら projectsプロジェクト,
これらのプロジェクトについて
多くは述べませんが-
09:18
butだけど what you君は can see見る is thatそれ
建物の外部に沿って-
09:21
the escalatorsエスカレーター and elevatorsエレベーター
エスカレーターと
エレベーターによる
09:23
thatそれ circulate循環する people along一緒に the face of the building建物
人の動線が見えますが-
09:26
are allすべて held開催 upアップ by
これは122組の―
09:29
122 structural構造的 trussesトラス.
トラス構造で全て
支えられています
09:31
Becauseというのは we're私たちは usingを使用して escalatorsエスカレーター
エスカレーターで-
09:35
to move動く people,
人を運搬するときには
09:37
allすべて of theseこれら trussesトラス are pickingピッキング upアップ diagonal対角線 loads負荷.
全てのトラスには
対角方向に荷重が掛かります
09:39
Soだから, everyすべて one1 of themそれら is a little少し bitビット different-shaped異形
その一つ一つは 建物の全体が
下に行くにつれて
09:44
as you君は move動く downダウン the length長さ of the building建物.
ほんの少しずつ違った形で
構成されています
09:47
Soだから, workingワーキング with〜と
ベントレー社と共同で
09:49
Bentleyベントレー and MicroStationMicroStation,
マイクロステーションを利用し-
09:51
we've私たちは written書かれた a customカスタム pieceピース of softwareソフトウェア
全ての部材をネットワーク化し-
09:54
thatそれ networksネットワーク allすべて of the componentsコンポーネント together一緒に
情報をグループ化する
09:56
into theseこれら chunksチャンク of information情報,
ソフトを作成しました
09:59
soそう thatそれ ifif we我々 change変化する anyどれか element素子
これにより
建物のいずれかの―
10:02
along一緒に the length長さ of the building建物,
部材を変える事は-
10:04
notない onlyのみ does thatそれ change変化する distribute分配します
その変化は各トラスに
10:06
throughを通して each one1 of the trussesトラス,
影響を及ぼすだけでなく
10:09
butだけど each one1 of the trussesトラス then次に distributes配布する thatそれ information情報
全てのトラス構造に
行きわたり-
10:11
downダウン the length長さ of the entire全体 facadeファサード of the building建物.
その結果建物全体
に及びます
10:14
Soだから it'sそれは a singleシングル calculation計算
私達が設計する
10:17
for everyすべて singleシングル component成分 of the building建物
建物全ての
構成部材に対しての
10:19
thatそれ we're私たちは adding追加する onto〜に.
計算であり―
10:22
Soだから, it'sそれは tens数十 of millions何百万 of calculations計算
鋼材と鋼材との
接合部と―
10:24
justちょうど to design設計 one1 connection接続 betweenの間に a pieceピース of structural構造的 steel
他の鋼材の計算で-
10:28
and another別の pieceピース of structural構造的 steel.
何千万回にも及びます
10:31
Butだがしかし what itそれ gives与える us is a harmonic高調波
その計算が全ての
部材間の-
10:33
and synthesized合成された
部材から 次の部材
へとの統合された
10:35
relationship関係 of allすべて theseこれら componentsコンポーネント, one1 to another別の.
調和を与えてくれます
10:39
Thisこれ ideaアイディア has, kind種類 of, brought持ってきた me into doing
この考えは
私が製品の設計を行う事に
10:43
some一部 product製品 design設計,
繋がりました
10:46
and it'sそれは becauseなぜなら design設計 firms企業
建築家と関わりを持つ
10:48
thatそれ have connections接続 to architects建築家,
デザイン会社の
10:51
like, I'm私は workingワーキング with〜と Vitraヴィトラ, whichどの is a furniture家具 company会社,
家具会社のヴィトラや
家庭雑貨のアレッシィで
10:53
and Alessiアレッシ, whichどの is a houseware家庭用品 company会社.
仕事をしています
10:56
They彼らが saw thisこの actually実際に solving解決する a problem問題:
この手法が課題解決に
役立つのです
10:59
thisこの ability能力 to differentiate差別化する componentsコンポーネント
部材を変えても
11:01
butだけど keepキープ themそれら synthetic合成.
全体を統合出来るのです
11:03
Soだから, notない to pickピック on BMWBMW,
BMWを批判するつもりも
11:06
orまたは to celebrate祝う themそれら,
褒め称える
つもりもないですが-
11:08
butだけど take BMWBMW as an example.
でも BMWを例にしましょう
11:10
They彼らが have to, in 2005,
彼らは 2005年に-
11:12
have a distinct明確な identity身元
全ての彼らの
自動車のモデルに
11:15
for allすべて their彼らの modelsモデル of cars.
明瞭な独自性を
出す必要がありました
11:17
Soだから, the 300 seriesシリーズ, orまたは whateverなんでも their彼らの newest最新 car is,
300シリーズも
最新のモデル―
11:19
the 100 seriesシリーズ that'sそれは coming到来 outでる,
ちょうどデビューした100シリーズも
11:22
has to look見える like the 700 seriesシリーズ,
700シリーズと同じように
見える必要がありました
11:24
at the otherその他 end終わり of their彼らの product製品 lineライン,
ラインナップとしては両極端でも
11:27
soそう they彼ら need必要 a distinct明確な, coherentコヒーレントな identity身元,
彼らにはBMWという
一貫した独自性が
11:30
whichどの is BMWBMW.
必要でした
11:32
At the same同じ time時間, there'sそこに a person paying払う 30,000 dollarsドル
同時に 300シリーズの車に-
11:34
for a 300-series-シリーズ car,
3万ドル支払う人々がいて-
11:37
and a person paying払う 70,000 dollarsドル
700シリーズに7万ドル
11:39
for a 700 seriesシリーズ,
支払う人がいますが-
11:41
and thatそれ person paying払う moreもっと thanより doubleダブル
2倍以上支払っている人は-
11:43
doesn'tしない want their彼らの car to look見える too muchたくさん like
自分の車が
ローエンドの車とそっくりなのは
11:45
the bottom-of-the-marketボトムオブザマーケット car.
いやなのです
11:47
Soだから they彼ら have to alsoまた、 discriminate差別する betweenの間に theseこれら products製品.
ですので 彼らは製品の間で
差別化を図る事も必要となりました
11:49
Soだから, as manufacturing製造
そこで 製造において
11:52
starts開始する to allow許す moreもっと
より多くのデザインのオプションを
11:54
design設計 optionsオプション,
許容しようとすると
11:57
thisこの problem問題 gets取得 exacerbated悪化した,
この全体と部品との問題は
11:59
of the whole全体 and the parts部品.
悪化していったのです
12:01
Now, as an architect建築家, part-to-whole部分から全体へ relationships関係
部分から
全体への関係性が-
12:03
is allすべて I think思う about,
建築家としての
私の考えですが―
12:05
butだけど in terms条項 of product製品 design設計
製品デザインにおいては
12:07
it'sそれは becoming〜になる moreもっと and moreもっと of an issue問題 for companies企業.
ますます 企業の重要課題と
なっています
12:09
Soだから, the first最初 kind種類 of testテスト product製品 we我々 did
最初に私達が行った
製品テストは-
12:12
was with〜と Alessiアレッシ,
アレッシィでですが-
12:14
whichどの was for a coffeeコーヒー and teaお茶 setセット.
珈琲とお茶のセットでした
12:16
It'sそれは、します。 an incredibly信じられないほど expensive高価な coffeeコーヒー and teaお茶 setセット;
初めから 信じられない程
高価な珈琲と―
12:18
we我々 knew知っていた thatそれ at the beginning始まり. Soだから, I actually実際に went行った to some一部 people I knew知っていた
お茶のセットだと知っていましたので
ずっと南のサンディエゴに
12:21
downダウン south in Sanサン Diegoディエゴ,
知人達を実際に訪ね-
12:24
and we我々 used an exploded爆発した
航空宇宙産業で
使用されている
12:27
titaniumチタン formingフォーミング method方法
チタンの爆発成形法を
12:29
that'sそれは used in the aerospace航空宇宙 industry業界.
使用しました
12:31
Basically基本的に what we我々 can do,
基本的に私達が出来る事は-
12:34
is justちょうど cutカット a graphite黒鉛 mold,
黒鉛の型を切断して
12:36
put itそれ in an ovenオーブン, heat itそれ to 1,000 degrees,
オーブンに入れ
1,000度まで熱し-
12:38
gentlyやさしく inflate膨らませる titaniumチタン that'sそれは soft柔らかい,
柔らかくなったチタンを
静かに膨らませ-
12:42
and then次に explode爆発する itそれ at the last最終 minute into thisこの form.
最後に爆発させて
成形することです
12:44
Butだがしかし what's何ですか greatすばらしいです about itそれ is,
この方法の
素晴らしい事は-
12:47
the formsフォーム are onlyのみ a few少数 hundred dollarsドル.
成形はたった数百ドル
だという事です
12:49
The titanium'sチタン severalいくつかの thousand dollarsドル, butだけど the formsフォーム are very非常に cheap安いです.
チタンは数千ドルですが
成形はとても安価です
12:51
Soだから, we我々 designed設計 a systemシステム hereここに
ですので 私達は8個の-
12:54
of eight8 curvesカーブ thatそれ could be swappedスワップされた,
入れ替え可能な曲線-
12:57
very非常に similar類似 to thatそれ housingハウジング projectプロジェクト I showed示した you君は,
先程の住宅の設計によく似た物を
デザインしました
13:00
and we我々 could recombine再結合する thoseそれら together一緒に,
それらは 再結合できるので-
13:03
soそう thatそれ we我々 always常に had ergonomic人間工学に基づいた shapes
常に人間工学に基づいた-
13:05
thatそれ always常に had the same同じ volumeボリューム
形でありながら-
13:08
and could always常に be produced生産された in the same同じ way.
同容量でありながら同じ方法で
製造できるのです
13:11
Thatそれ way, each one1 of theseこれら toolsツール we我々 could pay支払う for with〜と
その様に それぞれのツールに
13:13
a few少数 hundred dollarsドル,
数百ドルを投じて-
13:15
and get incredible信じられない variation変化 in the componentsコンポーネント.
驚くほどのコンポーネントの
種類を得ました
13:17
And thisこの is one1 of thoseそれら examples of the setsセット.
これは そのセットの
例の一つです
13:20
Soだから, for me, what was important重要 is thatそれ
私にとって
重要だったのは-
13:23
thisこの coffeeコーヒー setセット --
この珈琲セット
13:25
whichどの is justちょうど a coffeeコーヒー potポット, a teapotティーポット,
ただの 珈琲ポットと
ティーポットです
13:27
and thoseそれら are the potsポット sitting座っている on a trayトレイ --
トレーの上にセット
されていますが-
13:29
thatそれ they彼ら would have a coherenceコヒーレンス --
それらには
一貫性があります
13:31
soそう, they彼ら would be Gregグレッグ Lynnリン Alessiアレッシ coffeeコーヒー potsポット --
グレッグ・リン・アレッシィの
コーヒーポットですが-
13:33
butだけど thatそれ everyoneみんな who bought買った one1
それを購入した人は-
13:36
would have a one-of-a-kind唯一無二 objectオブジェクト thatそれ was uniqueユニークな in some一部 way.
ある意味で 唯一無二の
商品を手にした事になります
13:38
To go backバック to architecture建築,
建築に戻りますが
13:43
what's何ですか organicオーガニック about architecture建築 as a fieldフィールド,
建築にとって有機的である事は
分野としては-
13:45
unlike違う product製品 design設計,
製品デザインと違い-
13:48
is thisこの whole全体 issue問題 of holismホリリス
全体論と剛性の-
13:50
and of monumentality記念碑 is really本当に our我々の realmレルム.
問題の全てであり
まさに 我々の領域のものです
13:52
Like, we我々 have to design設計 thingsもの whichどの are coherentコヒーレントな as a singleシングル objectオブジェクト,
一つの作品として一貫した
設計が必要ですが-
13:56
butだけど alsoまた、 breakブレーク downダウン into small小さい rooms部屋
小さい部屋への
細分化も必要です
14:00
and have an identity身元 of bothどちらも the big大きい scale規模
そして 大スケールと
小スケールの
14:03
and the small小さい scale規模.
両方の特徴が必要です
14:05
Architects建築家 tend傾向がある to work with〜と signature署名,
建築家は特性で
動く傾向があり
14:07
soそう thatそれ an architect建築家 needsニーズ a signature署名
建築家には
特性が必要となり-
14:11
and thatそれ signature署名 has to work across横断する the scale規模 of houses
その特性は
建物全体にまたがります
14:13
upアップ to, sayいう, skyscrapers超高層ビル,
超高層ビルまでも-
14:16
and thatそれ problem問題 of signatures署名 is a thingもの we're私たちは very非常に good良い at maintaining維持する
特性を維持する事は
我々が長けている事で-
14:19
and workingワーキング with〜と; and intricacy錯綜,
色々な事柄の輻輳-
14:22
whichどの is the relationship関係 of, sayいう,
云わば 「形」「構造」「窓」
14:24
the shape形状 of a building建物, itsその structure構造, itsその windows,
「色」「パターン」等の関係性で-
14:26
itsその color, itsその patternパターン. Theseこれら are realリアル architectural建築 problems問題.
それらが本当の
建築の問題なのです
14:29
Soだから, myじぶんの kind種類 of heroヒーロー for thisこの in the naturalナチュラル world世界
私の自然界での
お気に入りは-
14:34
are theseこれら tropicalトロピカル frogsカエル.
熱帯のカエルです
14:37
I got interested興味がある in themそれら becauseなぜなら they're彼らは the most最も
私が彼らに興味を抱いたのは-
14:39
extreme極端な example
極端な質感のある
14:41
of a surface表面 whereどこで
例からですが―
14:43
the textureテクスチャ and the -- let'sさあ callコール itそれ the decoration装飾 --
そうですね-
装飾と呼びましょう
14:46
I know知っている the frogカエル doesn'tしない think思う of itそれ as decoration装飾, butだけど that'sそれは howどうやって itそれ works作品 --
カエルは装飾とは
考えてないでしょうが そう機能して-
14:50
are allすべて intricately複雑に connected接続された to one1 another別の.
すべてが複雑な
関係性にあります
14:53
Soだから a change変化する in the form
形状の変化は
14:56
indicates指示する a change変化する in the color patternパターン.
カラーパターンの
変化となります
14:58
Soだから, the patternパターン and the form aren'tない the same同じ thingもの,
パターンと形状は
同じではないですが
15:00
butだけど they彼ら really本当に work together一緒に and are fused融合した
それらは 一緒に働いて
15:03
in some一部 way.
ある意味で融合されます
15:05
Soだから, whenいつ doing a centerセンター
コスタリカにある国立公園の
15:07
for the national全国 parks公園 in Costaコスタ Ricaリカ,
センターに携った時ですが-
15:10
we我々 tried試した to useつかいます thatそれ ideaアイディア of a gradient勾配 color
私達は ビルの表面を
構造体が横切るかのような-
15:13
and a change変化する in textureテクスチャ
色のグラデーションと質感を-
15:15
as the structure構造 moves動き across横断する the surface表面 of the building建物.
使用しようとしました
15:18
We私たち alsoまた、 used a continuity連続 of change変化する
私達はまた メイン展示ホールから-
15:22
fromから a mainメイン exhibition展示会 hallホール to a naturalナチュラル history歴史 museum博物館,
自然科学館まで変化の
連続性を出そうとしたので-
15:25
soそう it'sそれは allすべて one1 continuous連続 change変化する
ひと塊の連続した
15:29
in the massing集める,
変化となり-
15:31
butだけど within以内 thatそれ massing集める are very非常に different異なる kinds種類 of spacesスペース and formsフォーム.
しかし その塊の中は
異なった空間と形状になっています
15:33
In a housingハウジング projectプロジェクト in Valenciaバレンシア, Spainスペイン, we're私たちは doing,
私達が携わっている
スペインのバレンシアの住宅では-
15:37
the different異なる towersタワーズ of housingハウジング fused融合した together一緒に
異なる住宅のタワーが 共有された
カーブで
15:40
in shared共有 curvesカーブ soそう you君は get a singleシングル mass質量,
融合して一つの大きな塊になり
15:44
like a kind種類 of monolithモノリス,
まるで 一枚岩のように見えますが-
15:47
butだけど itそれ breaks休憩 downダウン into individual個人 elements要素.
それぞれ 個別の部材
にも分解できます
15:49
And you君は can see見る thatそれ thatそれ change変化する in massing集める
そして 塊の中での
変化を見る事ができ-
15:54
alsoまた、 gives与える allすべて 48 of the apartmentsアパート
また 48戸のアパートが
15:57
a uniqueユニークな shape形状 and sizeサイズ,
独自の形とサイズに
なっていてますが-
16:00
butだけど always常に within以内 a, kind種類 of, controlled制御された limit限界,
常に制御された 制限の中で
一種の-
16:02
an envelopeエンベロープ of change変化する.
囲いの中での変化です
16:05
I work with〜と a groupグループ of otherその他 architects建築家.
私達は他の建築家のグループと
働いています
16:09
We私たち have a company会社 calledと呼ばれる Unitedユナイテッド Architects建築家.
ユナイテッド・アーキテックという
会社ですが-
16:11
We私たち were one1 of the finalistsファイナリスト for the World世界 Tradeトレード Centerセンター siteサイト design設計.
ワールドトレードセンターの
デザインの決勝進出者でした
16:13
And I think思う thisこの justちょうど showsショー howどうやって
我々が いかに
大規模な建設の
16:17
we我々 were approaching接近する
問題に挑戦しているか
16:20
the problem問題 of incredibly信じられないほど large-scale大規模な construction建設.
お解り頂けるかと思います
16:22
We私たち wanted to make作る a kind種類 of Gothicゴシック cathedral大聖堂
我々は
ワールドトレードセンター跡地に
16:25
aroundまわり the footprints足跡 of the World世界 Tradeトレード Centerセンター siteサイト.
一種のゴシック様式の大聖堂の
建設を考えていました
16:28
And to do thatそれ, we我々 tried試した to connect接続する upアップ
その為には 5つのタワーを
16:32
the five towersタワーズ into a singleシングル systemシステム.
ひとつの システムに
する事を試みました
16:35
And we我々 looked見た at, fromから the 1950s on,
そして 我々は1950年代から―
16:39
thereそこ were numerous多数 examples of otherその他 architects建築家
他の建築家が
同様の事を―
16:43
trying試す to do the same同じ thingもの.
試みた多くの
例を見てきました
16:45
We私たち really本当に approachedアプローチした itそれ at the levelレベル
我々は まさに
建物の類型学レベルで
16:47
of the typology類型学 of the building建物,
アプローチし
16:49
whereどこで we我々 could buildビルドする theseこれら five separate別々の towersタワーズ,
これら 5つの
個別タワーを建設し―
16:51
butだけど they彼ら would allすべて join参加する at the 60thth floor
60階でその
すべてを連結しー
16:53
and make作る a kind種類 of singleシングル monolithicモノリシック mass質量.
一枚岩の様な塊にしました
16:56
With Unitedユナイテッド Architects建築家, alsoまた、,
ユナイテッド・アーキテックでは
17:00
we我々 made a proposal提案 for the Europeanヨーロッパ人 Central中央 Bankバンク headquarters本部
同様のシステムで
ヨーロッパ中央銀行本部の―
17:02
thatそれ used the same同じ systemシステム,
提案をしましたが―
17:05
butだけど thisこの time時間 in a muchたくさん moreもっと monolithicモノリシック mass質量,
この時は 球体の様に
17:07
like a sphere.
さらに一枚岩的な塊にしました
17:09
Butだがしかし again再び, you君は can see見る thisこの, kind種類 of,
ここでも
多数の建物要素が―
17:11
organicオーガニック fusion融合
有機的な融合で
17:13
of multiple複数 building建物 elements要素
全体を形成しながら
より小さな部分へ
17:15
to make作る a thingもの whichどの is whole全体, butだけど breaks休憩 downダウン into smaller小さい parts部品,
分離されていて 極めて有機的な
方法である事が
17:17
butだけど in an incredibly信じられないほど organicオーガニック way.
お解り頂けると思います
17:21
Finally最後に, I'd like to justちょうど showショー you君は
最後に デジタル
成形を使用した
17:24
some一部 of the effects効果 of usingを使用して digitalデジタル fabrication製造.
いくつかの効果を
お見せ致します
17:26
About six6 years ago, I bought買った one1 of theseこれら CNCCNC millsミル,
約6年前 CNC加工機
を購入しましたが―
17:30
to justちょうど replace置き換える, kind種類 of,
若手が模型を
作る際 頻繁に―
17:33
young若い people cutting切断 their彼らの fingers off allすべて the time時間 building建物 modelsモデル.
指を切っているのを
避ける為でした
17:35
And I alsoまた、 bought買った a laserレーザ cutterカッター
そして
レーザーカッターも購入し―
17:39
and started開始した to fabricate製作する within以内 myじぶんの own自分の shopショップ,
工房で 大規模な
建築部材やモデルの
17:41
kind種類 of, large-scale大規模な building建物 elements要素 and modelsモデル,
加工を始めました
17:44
whereどこで we我々 could go directly直接 to the toolingツーリング.
ここでは ただちに工作機械を使えます
17:47
What I found見つけた outでる is thatそれ the toolingツーリング,
工作機械という物は―
17:50
ifif you君は intervened介入した in the softwareソフトウェア,
もし ソフトウェアに手を入れれば
17:53
actually実際に produced生産された decorative装飾的な effects効果.
実際に装飾的な効果を生む事が
解ったのです
17:55
Soだから, for theseこれら interiorsインテリア, like thisこの shopショップ in Stockholmストックホルム, Swedenスウェーデン,
ですので スウェーデンの
ストックホルムの店や
17:57
orまたは thisこの installationインストール wall in the Netherlandsオランダ
オランダ建設協会の
施設の壁の様な
18:01
at the Netherlandsオランダ Architecture建築 Institute研究所,
内装の為に
18:04
we我々 could useつかいます the textureテクスチャ thatそれ the toolツール would leave離れる
この装置で作製した
多彩な空間演出をもたらす
18:07
to produce作物 a lot of the spatial空間的 effects効果,
テクスチャーを使用し
18:10
and we我々 could integrate統合する the textureテクスチャ of the wall
壁の部材の
テクスチャーと形を
18:13
with〜と the form of the wall with〜と the material材料.
統合しました
18:15
Soだから, in vacuum-formed真空成形された plasticプラスチック, in fiberglassガラス繊維,
真空成型した プラスチックや
ファイバーグラス
18:18
and then次に even at the levelレベル of structural構造的 steel,
そして 扁平的でモジュール的と
考えられる
18:22
whichどの you君は think思う of as beingであること linearリニア and modularモジュラー.
構造用鉄骨のレベルでさえもです
18:24
The steel industry業界 is soそう far遠い
鉄骨関連はこれまで
18:26
ahead前方に of the design設計 industry業界
デザイン産業よりも
優先的でした
18:28
thatそれ ifif you君は take advantage利点 of itそれ
もし これを利用できれば
18:30
you君は can even start開始 to think思う of beams and columns
「梁や柱を一つのシステムとして
取り入れる」と
18:32
allすべて rolledロールした together一緒に into a singleシングル systemシステム
考える事が出来ます
18:35
whichどの is highly高く efficient効率的な,
かなり効率がよくなり-
18:38
butだけど alsoまた、 produces生産する decorative装飾的な effects効果
それでいて
非常に美しい有機的な-
18:40
and formalフォーマル effects効果
装飾的で形式的な
18:42
thatそれ are very非常に beautiful綺麗な and organicオーガニック.
効果を創り出すことが出来ます
18:44
Thanksありがとう very非常に muchたくさん.
ありがとうございました
18:46
Translated by Keisuke Oki
Reviewed by Takeshi Maeda

▲Back to top

About the speaker:

Greg Lynn - Designer
Greg Lynn is the head of Greg Lynn FORM, an architecture firm known for its boundary-breaking, biomorphic shapes and its embrace of digital tools for design and fabrication.

Why you should listen

Who says great architecture must be proportional and symmetrical? Not Greg Lynn. He and his firm, Greg Lynn FORM, have been pushing the edges of building design, by stripping away the traditional dictates of line and proportion and looking into the heart of what a building needs to be.

A series of revelations about building practice -- "Vertical structure is overrated"; "Symmetry is bankrupt" -- helped Lynn and his studio conceptualize a new approach, which uses calculus, sophisticated modeling tools, and an embrace of new manufacturing techniques to make buildings that, at their core, enclose space in the best possible way. The New York Presbyterian church that Lynn designed with Douglas Garofalo and Michael McInturf, collaborating remotely, is a glorious example of this -- as a quiet industrial building is transformed into a space for worship and contemplation with soaring, uniquely shaped and tuned elements.

In a sort of midcareer retrospective, the book Greg Lynn Form (watch the video) was released in October 2008; recently, Lynn has collaborated with the video team Imaginary Forces on the New City installation as part of the MOMA exhibit "Design and the Elastic Mind." In November 2008, FORM won a Golden Lion at the Venice Bienniale for its exhibition Recycled Toy Furniture.

More profile about the speaker
Greg Lynn | Speaker | TED.com