English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxPennQuarter

Christopher McDougall: Are we born to run?

クリストファー・マクドーガル「人類は走るために生まれたのか?」

Filmed
Views 2,465,775

クリストファー・マクドーガルが、人類の持つ走ることに対する情熱の謎を探ります。走ることは、どのようにして人類の生存に役立ったのか?―先祖より受け継いだ、現代人の走る意欲を駆り立てるものとは一体何なのか?マクドーガルが、TEDxPennQuarterにて思いやりを持つマラソンランナーや生きる為に走るメキシコの民族の話を紹介します。

- Journalist, runner
Christopher McDougall is the author of "Born to Run: A Hidden Tribe, Super Athletes, and the Greatest Race the World Has Never Seen." Full bio

Runningランニング -- it'sそれは basically基本的に justちょうど right, left, right, left -- yeahええ?
走ること それは左右交互に足踏みすることですね?
00:15
I mean平均, we've私たちは been doing itそれ for two million百万 years,
200万年も走ってきたのですから
00:18
soそう it'sそれは kind種類 of arrogant傲慢な to assume想定する
「これまで知られていなかった走りに関する
00:20
thatそれ I've私は got something何か to sayいう
新たな知見を紹介します」
00:23
thatそれ hasn't持っていない been said前記 and performed実行した betterより良い a long長いです time時間 ago.
というのは少し厚かましいかもしれません
00:25
Butだがしかし the coolクール thingもの about runningランニング, as I've私は discovered発見された,
さて 私の素敵な発見とは
00:28
is thatそれ something何か bizarre奇妙な happens起こる
走りが何か奇妙な行動を
00:30
in thisこの activityアクティビティ allすべて the time時間.
引き起こすということです
00:32
Case場合 in pointポイント: A coupleカップル months数ヶ月 ago, ifif you君は saw the New新しい Yorkヨーク Cityシティ Marathonマラソン,
数ヶ月前のニューヨークシティマラソンを見た方はいますか?
00:34
I guarantee保証 you君は, you君は saw something何か
誰も見たことのなかった
00:37
thatそれ noいいえ one1 has everこれまで seen見た before.
すごい光景を目にしたはずです
00:39
An Ethiopianエチオピア woman女性 named名前 Derartuデラルト TuluTulu
デラルツ・ツルというエチオピアの女性が
00:42
turnsターン upアップ at the starting起動 lineライン.
スタートラインに立っていました
00:44
She's彼女は 37 years old古い,
彼女はすでに37歳で
00:46
she彼女 hasn't持っていない won勝った a marathonマラソン of anyどれか kind種類 in eight8 years,
8年間勝利から見放されています
00:48
and a few少数 months数ヶ月 previously前に
ほんの数ヶ月前には
00:50
she彼女 almostほぼ died死亡しました in childbirth出産.
出産で生死の境をさまよいました
00:52
Derartuデラルト TuluTulu was ready準備完了 to hangハング itそれ upアップ and retire引退する fromから the sportスポーツ,
ツルはマラソンから引退するつもりでした
00:54
butだけど she彼女 decided決定しました she'd彼女は go for broke壊れた
しかし 最後の舞台に一か八かの
00:57
and try for one1 last最終 big大きい payday給料日
懸けにでようと決めていたのです
00:59
in the marqueeマーキー eventイベント,
それが皆さんもご存知の
01:01
the New新しい Yorkヨーク Cityシティ Marathonマラソン.
ニューヨークシティマラソンでした
01:03
Except例外 -- bad悪い newsニュース for Derartuデラルト TuluTulu -- some一部 otherその他 people had the same同じ ideaアイディア,
ツルには災難ですが他にも同じ
01:05
includingを含む the Olympicオリンピック goldゴールド medalistメダリスト
思いを持つランナーがいました
01:08
and Paulaポーラ Radcliffeラドクリフ, who is a monsterモンスター,
オリンピック金メダリストのポーラ・ラドクリフです
01:10
the fastest最も速い woman女性 marathonerマラトナー in history歴史 by far遠い.
女子マラソン史上最速の彼女の記録は男子の
01:13
Onlyのみ 10 minutes off the men's男性用 world世界 record記録,
世界記録と10分しか変わらず
01:17
Paulaポーラ Radcliffeラドクリフ is essentially基本的に unbeatable無敵.
まず彼女を倒すことはとうてい無理です
01:19
That'sそれです her彼女 competitionコンペ.
ツルにとっては挑戦でした
01:22
The gun goes行く off, and she's彼女は notない even an underdog負け犬.
スタートしたとき ツルは格下どころか
01:24
She's彼女は under the underdogs弱者.
相手にもならない存在でした
01:27
Butだがしかし the under-underdogアンダードッグ hangsハングする toughタフ,
それでもツルは喰らいつきました
01:29
and 22 milesマイル into a 26-mile-マイル raceレース,
レースの終盤 35km地点で
01:31
thereそこ is Derartuデラルト TuluTulu
ツルは先頭集団の中を
01:34
upアップ thereそこ with〜と the lead packパック.
走っていました
01:36
Now thisこの is whenいつ something何か really本当に bizarre奇妙な happens起こる.
その時 まさにビックリする事件が起きたのです
01:38
Paulaポーラ Radcliffeラドクリフ, the one1 person who is sure確かに to snatchスナッチ the big大きい paycheck給料
優勝候補のポーラ・ラドクリフが
01:41
outでる of Derartuデラルト Tulu'sTulu's under-underdogアンダードッグ hands,
格下のツルの手をつかみ 自身の
01:44
suddenly突然 grabsグラブ her彼女 leg and starts開始する to fall backバック.
脚をおさえて後退し始めたのです
01:47
Soだから we我々 allすべて know知っている what to do in thisこの situation状況, right?
どうすればいいかわかりますね?
01:50
Youあなたが give her彼女 a quickクイック crack亀裂 in the teeth with〜と yourきみの elbow
肘鉄を入れ ふりほどいて
01:52
and blaze燃える for the finish仕上げ lineライン.
ゴールを目指せば良いんです
01:54
Derartuデラルト TuluTulu ruins遺跡 the scriptスクリプト.
ツルはそうはしませんでした
01:57
Instead代わりに of taking取る off,
ポーラを振り払わずに
01:59
she彼女 falls落ちる backバック, and she彼女 grabsグラブ Paulaポーラ Radcliffeラドクリフ,
手を握り返して鼓舞しました
02:01
says言う, "Come on. Come with〜と us. Youあなたが can do itそれ."
「がんばりましょう あなたならできる!」
02:03
Soだから Paulaポーラ Radcliffeラドクリフ, unfortunately残念ながら, does itそれ.
なんとか立ち上がったポーラは
02:05
She彼女が catchesキャッチ upアップ with〜と the lead packパック
先頭集団に追いつき
02:07
and is pushing押して toward〜に向かって the finish仕上げ lineライン.
ゴールを目指しました
02:09
Butだがしかし then次に she彼女 falls落ちる backバック again再び.
しかしポーラは再度遅れ始めました
02:11
And the second二番 time時間 Derartuデラルト TuluTulu grabsグラブ her彼女 and tries試行する to pull引く her彼女.
ツルは今度もポーラをひきあげようとしました
02:13
And Paulaポーラ Radcliffeラドクリフ at thatそれ pointポイント says言う,
ポーラは言いました
02:15
"I'm私は done完了. Go."
「私はいいから 行きなさい」
02:17
Soだから that'sそれは a fantastic素晴らしい storyストーリー, and we我々 allすべて know知っている howどうやって itそれ ends終わり.
この感動的な話の予想される結末はこうです
02:19
She彼女が loses敗れる the checkチェック,
ツルは勝利の代わりに
02:22
butだけど she彼女 goes行く home自宅 with〜と something何か biggerより大きい and moreもっと important重要.
もっと大切なものを手に入れるのです
02:24
Except例外 Derartuデラルト TuluTulu ruins遺跡 the scriptスクリプト again再び --
しかしツルはここでも台本を裏切ります
02:26
instead代わりに of losing負け, she彼女 blazesブレズ past過去 the lead packパック and wins勝つ,
負けるどころか 先頭集団に追いつき
02:29
wins勝つ the New新しい Yorkヨーク Cityシティ Marathonマラソン,
追い抜いて1着でゴール
02:32
goes行く home自宅 with〜と a big大きい fat脂肪 checkチェック.
多額の賞金も手にしました
02:34
It'sそれは、します。 a heartwarming心温まる storyストーリー,
実に心温まる話ですね
02:36
butだけど ifif you君は drillドリル a little少し bitビット deeperもっと深く,
しかし もう少し掘り下げて考えると
02:38
you'veあなたは got to sortソート of wonderワンダー about what exactly正確に was going on thereそこ.
そこで何が起きたのか不思議に思われますね
02:40
Whenいつ you君は have two outliers異常値 in one1 organism生物,
例外的事象が2つも一度に
02:43
it'sそれは notない a coincidence一致.
起こるのは単なる偶然ではありません
02:45
Whenいつ you君は have someone誰か who is moreもっと competitive競争する and moreもっと compassionate思いやりのある
最大の競争心と思いやりを併せ持つランナー
02:47
thanより anybody elseelse in the raceレース, again再び, it'sそれは notない a coincidence一致.
これは偶然ではありません
02:50
Youあなたが showショー me a creature生き物 with〜と webbedウェッブ付き feetフィート and gills;
水かきと えらを持つ生物には
02:53
somehow何とか water's水の involved関係する.
水との関連性をうかがえます
02:56
Someone誰か with〜と thatそれ kind種類 of heartハート, there'sそこに some一部 kind種類 of connection接続 thereそこ.
ツルのようなハートには なにか関連性が潜んでいるんです
02:58
And the answer回答 to itそれ, I think思う,
その答えはメキシコの
03:01
can be found見つけた downダウン in the Copper Canyonsキャニオンズ of Mexicoメキシコ,
カッパーキャニオンにあると思います
03:03
whereどこで there'sそこに a tribe部族, a reclusive隠密 tribe部族,
ここにはタラフマラという
03:06
calledと呼ばれる the Tarahumaraタラフマラ Indiansインド人.
原住民が暮らしています
03:08
Now the Tarahumaraタラフマラ are remarkable顕著 for three thingsもの.
タラフマラ族には3つの驚くべき秘密があります
03:10
Number one1 is,
1つ目は
03:13
they彼ら have been living生活 essentially基本的に unchanged変わらない
彼らの生活様式です
03:15
for the past過去 400 years.
400年前とほとんど同じです
03:17
Whenいつ the conquistadors征服者 arrived到着した in North Americaアメリカ you君は had two choices選択肢:
北米大陸に侵略者が来た時に選択を迫られました
03:19
you君は eitherどちらか fight戦い backバック and engage従事する orまたは you君は could take off.
1. 戦う 2. 逃げる
03:22
The Mayansマヤン and Aztecsアステカ engaged従事する,
戦いを選んだマヤ族と
03:25
whichどの is whyなぜ thereそこ are very非常に few少数 Mayansマヤン and Aztecsアステカ.
アステカ族はほとんど生き残っていません
03:27
The Tarahumaraタラフマラ had a different異なる strategy戦略.
タラフマラ族には別の作戦がありました
03:30
They彼らが took取った off and hid隠れた
故郷を捨ててクモの巣のように
03:32
in thisこの labyrinthine迷路, networkingネットワーキング,
細分化した迷宮のような渓谷―
03:34
spiderwebbingクモの巣 systemシステム of canyons峡谷
カッパーキャニオンに隠れたんです
03:36
calledと呼ばれる the Copper Canyonsキャニオンズ,
これが17世紀の話なんですが
03:38
and thereそこ they彼ら remained残った since以来 the 1600s --
当時から現在に至るまで
03:40
essentially基本的に the same同じ way they've彼らは always常に been.
彼らの生活様式はほとんど変っていません
03:43
The second二番 thingもの remarkable顕著 about the Tarahumaraタラフマラ
2つめの秘密は
03:47
is, deep深い into old古い age年齢 -- 70 to 80 years old古い --
70 - 80代の高齢者の方が
03:50
theseこれら guysみんな aren'tない runningランニング marathonsマラソン;
長距離マラソンではなく
03:53
they're彼らは runningランニング mega-marathonsメガマラソン.
超長距離マラソンを走ることです
03:55
They're彼らは notない doing 26 milesマイル;
42.195kmどころか
03:57
they're彼らは doing 100, 150 milesマイル at a time時間,
一度に160kmも240kmも走るのです
03:59
and apparently明らかに withoutなし injury損傷, withoutなし problems問題.
怪我もせず なんの問題もありません
04:02
The last最終 thingもの that'sそれは remarkable顕著 about the Tarahumaraタラフマラ
3つ目の秘密はこれから
04:05
is thatそれ allすべて the thingsもの thatそれ we're私たちは going to be talking話す about today今日,
お話することに関連しています
04:07
allすべて the thingsもの thatそれ we're私たちは trying試す to come upアップ with〜と
心臓病・コレステロール・ガン―
04:09
usingを使用して allすべて of our我々の technology技術 and brain powerパワー to solve解決する --
犯罪・戦争・暴力・鬱病といった
04:11
thingsもの like heartハート disease疾患 and cholesterolコレステロール and cancer
私たちが技術と知識を
04:14
and crime犯罪 and warfare戦争 and violence暴力 and clinical臨床的 depressionうつ病 --
総動員して解決を試みる現代の
04:16
allすべて thisこの stuffもの, the Tarahumaraタラフマラ don'tしない know知っている what you'reあなたは talking話す about.
問題はタラフマラ族には理解できないでしょう
04:19
They彼らが are free無料
文明社会の抱える
04:22
fromから allすべて of theseこれら modernモダン ailments病気.
今日の問題とは無縁なのです
04:24
Soだから what's何ですか the connection接続?
ではどういった関係があるのでしょう
04:26
Againもう一度, we're私たちは talking話す about outliers異常値 --
いいですか 例外について話をしているんです
04:28
there'sそこに got to be some一部 kind種類 of cause原因 and effect効果 thereそこ.
なにかしら 因果関係があるはずです
04:30
Well, thereそこ are teamsチーム of scientists科学者
ハーバード大学とユタ大学の
04:32
at Harvardハーバード and the University大学 of Utahユタ州
研究チームはタラフマラ族の
04:34
thatそれ are bending曲げ their彼らの brains頭脳 to try to figure数字 outでる
英知を解き明かすために
04:36
what the Tarahumaraタラフマラ have known既知の forever永遠に.
知恵をだし調査をしてきました
04:38
They're彼らは trying試す to solve解決する thoseそれら same同じ kinds種類 of mysteries.
この謎解きと先ほどの例外には通ずるところがあります
04:41
And once一度 again再び, a mystery神秘 wrapped包まれた inside内部 of a mystery神秘 --
ツルとタラフマラの謎を解き明かす鍵が
04:44
perhapsおそらく the keyキー to Derartuデラルト TuluTulu and the Tarahumaraタラフマラ
この謎の中に潜む謎なのですが
04:47
is wrapped包まれた in three otherその他 mysteries, whichどの go like thisこの:
更に別の3つの謎に包まれています
04:50
three thingsもの -- ifif you君は have the answer回答, come upアップ and take the microphoneマイクロフォン,
これは誰にも分かりません
04:53
becauseなぜなら nobody誰も elseelse knows知っている the answer回答.
ご存じの方はぜひとも前に来て下さい
04:55
And ifif you君は know知っている itそれ, then次に you君は are smarterスマートな thanより anybody elseelse on planet惑星 Earth地球.
知っていれば地球上の誰よりも賢いことになります
04:57
Mystery神秘 number one1 is thisこの:
一つ目の謎:
05:00
Two2 つ million百万 years ago the human人間 brain exploded爆発した in sizeサイズ.
200万年前 人類の脳は飛躍的に拡大しました
05:02
Australopithecusアスタミューロピテクス had a tiny小さな little少し peaエンドウ brain.
アウステラロピテクスの脳は豆粒大でした
05:05
Suddenly突然 humans人間 showショー upアップ -- Homoホモ erectus耳洞 --
ホモ・エレクトスの時代には
05:07
big大きい, old古い melon-headメロン頭.
頭はメロンほどになっていました
05:09
To have a brain of thatそれ sizeサイズ,
この大きさの脳を機能させるには
05:11
you君は need必要 to have a sourceソース of condensed凝縮した caloricカロリー energyエネルギー.
濃密なエネルギー資源が必要となります
05:13
In otherその他 words言葉, early早い humans人間 are eating食べる deadデッド animals動物 --
原始人が動物の屍肉を食べていたことは
05:16
noいいえ argument引数, that'sそれは a fact事実.
紛れもない事実ですね
05:18
The onlyのみ problem問題 is,
唯一の問題は
05:20
the first最初 edged縁が尖った weapons兵器 onlyのみ appeared出現した about 200,000 years ago.
最古の石器誕生がわずか20万年前ということです
05:22
Soだから, somehow何とか, for nearlyほぼ two million百万 years,
要はそれ以前の約200万年間は
05:25
we我々 are killing殺す animals動物 withoutなし anyどれか weapons兵器.
武器なしで狩猟をしていたということです
05:28
Now we're私たちは notない usingを使用して our我々の strength
図体はでかいがひ弱な
05:31
becauseなぜなら we我々 are the biggest最大 sissies姉妹 in the jungleジャングル.
人類は自力で何かを殺したりはしません
05:33
Everyすべて otherその他 animal動物 is strongerより強く thanより we我々 are --
他の動物の方がよほど強いですよね
05:35
they彼ら have fangs, they彼ら have claws, they彼ら have nimbleness軽快, they彼ら have speed速度.
牙や爪もあるし 機敏で走るのも速い
05:37
We私たち think思う Usainウサイン Boltボルト is fast速い. Usainウサイン Boltボルト can get his assお尻 kicked蹴った by a squirrelリス.
ウサイン・ボルトは速いですが リスでも追いつけます
05:40
We're我々 はしています。 notない fast速い.
私たちはのろまなのです
05:43
Thatそれ would be an Olympicオリンピック eventイベント: turn順番 a squirrelリス loose緩む --
リス捕獲 はオリンピック競技になりますね
05:45
whoever誰でも catchesキャッチ the squirrelリス, you君は get a goldゴールド medalメダル.
放したリスを捕まえれば金メダルです
05:47
Soだから noいいえ weapons兵器, noいいえ speed速度, noいいえ strength, noいいえ fangs, noいいえ claws --
武器・スピード・強さ 全てを欠いています
05:50
howどうやって were we我々 killing殺す theseこれら animals動物? Mystery神秘 number one1.
どのように狩猟したのでしょう? これが一つ目の謎です
05:53
Mystery神秘 number two:
二つ目の謎:
05:56
Women女性 have been in the Olympicsオリンピック for quiteかなり some一部 time時間 now,
女性がオリンピックに参加してからもうずいぶん経ちますが
05:58
butだけど one1 thingもの that'sそれは remarkable顕著 about allすべて women女性 sprinters短距離 --
全女性走者に共通のことですが
06:01
they彼ら allすべて suck吸う; they're彼らは terribleひどい.
走るのが底抜けに下手です
06:03
There'sあります。 notない a fast速い woman女性 on the planet惑星
足の速い女性はいません
06:05
and thereそこ never決して has been.
これからも出てこないでしょう
06:07
The fastest最も速い woman女性 to everこれまで run走る a mileマイル did itそれ in 4:15.
1マイル走(約1.6km)の女子世界記録は4分15秒を下回るだけで
06:09
I could throwスロー a rock and hitヒット a high高い school学校 boy男の子
高校生でも男子なら
06:12
who can run走る fasterもっと早く thanより 4:15.
このタイムはすぐに出ます
06:14
For some一部 reason理由 you君は guysみんな are justちょうど really本当に slowスロー.
会場の皆さんは走るのがなぜか遅いですけどね
06:16
(Laughter笑い)
(笑)
06:18
Butだがしかし you君は get to the marathonマラソン we我々 were justちょうど talking話す about --
しかし先ほど話をしたマラソンなら誰にでもできます
06:20
you君は guysみんな have onlyのみ been allowed許可された to run走る the marathonマラソン for 20 years.
マラソンが解禁され まだ20年しか経っていません
06:23
Becauseというのは, prior前の to the 1980s,
1980年代以前は
06:25
medical医療 science科学 said前記 thatそれ ifif a woman女性 tried試した to run走る 26 milesマイル --
女性がフルマラソンを
06:27
does anyone誰でも know知っている what would happen起こる ifif you君は tried試した to run走る 26 milesマイル,
走ることは医学的観点から禁止されていました
06:30
whyなぜ you君は were banned禁止された fromから the marathonマラソン before the 1980s?
その理由をご存じの方はいますか? なんと言いました?
06:32
(Audienceオーディエンス Memberメンバー: Her彼女 uterus子宮 would be torn引き裂かれた.) Her彼女 uterus子宮 would be torn引き裂かれた.
(観衆の一人: 子宮が裂けるから) 子宮が裂けるから
06:36
Yesうん. Youあなたが would have torn引き裂かれた reproductive生殖 organs器官.
そうです 生殖器が破壊されるからですね
06:39
The uterus子宮 would fall outでる, literally文字通り fall outでる of the body.
子宮が実際に体外へ出てしまうそうです
06:41
Now I've私は been to a lot of marathonsマラソン,
マラソンはたくさん見てきましたが
06:44
and I've私は yetまだ to see見る anyどれか ...
そんな光景は見たことがありません
06:46
(Laughter笑い)
(笑)
06:48
Soだから it'sそれは onlyのみ been 20 years thatそれ women女性 have been allowed許可された to run走る the marathonマラソン.
女性のマラソンの歴史はわずか20年です しかし
06:51
In thatそれ very非常に shortショート learning学習 curve曲線,
この短期間に
06:54
you君は guysみんな have gone行った fromから broken壊れた organs器官
生殖器が壊れると言われていたところから
06:56
upアップ to the fact事実 thatそれ you'reあなたは onlyのみ 10 minutes off
男子世界記録まで
06:59
the male男性 world世界 record記録.
あと10分のところまできました
07:01
Thenそうしたら you君は go beyond超えて 26 milesマイル,
フルマラソンを完走した
07:03
into the distance距離 thatそれ medical医療 science科学 alsoまた、 told言った us would be fatal致命的な to humans人間 --
フェイディピデスは死亡しましたし
07:05
remember思い出す PheidippidesPheidippides died死亡しました whenいつ he ran走った 26 milesマイル --
フルマラソンを超える80kmや
07:08
you君は get to 50 and 100 milesマイル,
160km走は医学的にも危険な
07:10
and suddenly突然 it'sそれは a different異なる gameゲーム.
全く異なる競技になってしまいます
07:12
Youあなたが can take a runnerランナー like Annアン Trasonトリソン, orまたは Nikkiニッキー Kimballキンボール, orまたは Jennジェーン Sheltonシェルトン,
アン・トレーソン ニッキ・キンバル ジェン・シェラトンに
07:14
you君は put themそれら in a raceレース of 50 orまたは 100 milesマイル againstに対して anybody in the world世界
80kmとか160kmのレースに参加させるんです
07:17
and it'sそれは a coinコイン tossトス who'sだれの going to win勝つ.
誰が勝つのかは予想も出来ません
07:20
I'll give you君は an example.
例を紹介しましょう
07:22
A coupleカップル years ago, Emilyエミリー Baerベアー signed署名された upアップ for a raceレース
数年前 エミリー・ベアは
07:24
calledと呼ばれる the Hardrockハードロック 100,
ハードロック100というレースに出場しました
07:26
whichどの tells伝える you君は allすべて you君は need必要 to know知っている about the raceレース.
そのレースについて知っておくべきことはこうです
07:28
They彼らが give you君は 48 hours時間 to finish仕上げ thisこの raceレース.
レース時間は48時間です
07:31
Well Emilyエミリー Baerベアー -- 500 runnersランナー --
さて エミリーは赤ん坊に
07:33
she彼女 finishes仕上げる in eighth第8 place場所, in the top 10,
授乳するために全ての
07:35
even thoughしかし she彼女 stopped停止 at allすべて the aid援助 stations
エイドステーションに寄りましたが
07:37
to breastfeed母乳 her彼女 baby赤ちゃん during the raceレース --
500人中のトップ10に入り
07:39
and yetまだ, beatビート 492 otherその他 people.
8位でゴールしました
07:42
Soだから whyなぜ is itそれ thatそれ women女性 get strongerより強く
最後の謎: ベアがこの長距離を
07:44
as distances距離 get longerより長いです?
走り抜いた原動力とは
07:46
The third三番 mystery神秘 is thisこの:
なんなのか?
07:48
At the University大学 of Utahユタ州, they彼ら started開始した tracking追跡 finishing仕上げ times
ユタ大学はランナーのゴールタイムの
07:50
for people runningランニング the marathonマラソン.
推移を研究しています
07:53
And what they彼ら found見つけた
そしてこの研究で
07:55
is thatそれ, ifif you君は start開始 runningランニング the marathonマラソン at age年齢 19,
19歳からマラソンを始めた場合
07:57
you君は will get progressively徐々に fasterもっと早く, year by year,
歳を重ねるごとに速くなり
07:59
until〜まで you君は reachリーチ yourきみの peakピーク at age年齢 27.
27歳がピークだと判明しました
08:01
And then次に after thatそれ, you君は succumb負ける
それ以降はタイムが
08:03
to the rigors厳しい of time時間.
伸び悩むそうです
08:05
And you'llあなたは get slowerもっとゆっくり and slowerもっとゆっくり,
加齢に従ってタイムは落ちて
08:07
until〜まで eventually最終的に you'reあなたは backバック to runningランニング the same同じ speed速度 you君は were at age年齢 19.
最終的に19歳の頃のタイムに戻ります
08:09
Soだから about sevenセブン years, eight8 years to reachリーチ yourきみの peakピーク,
ベストタイムまでは7、8年かかり
08:12
and then次に gradually徐々に you君は fall off yourきみの peakピーク,
それから始めた頃の速さに
08:14
until〜まで you君は go backバック to the starting起動 pointポイント.
徐々に戻っていくのです
08:16
Youあなたが would think思う itそれ mightかもしれない take eight8 years to go backバック to the same同じ speed速度,
すると8年とか10年で元に戻るとお考えでしょうが
08:19
maybe多分 10 years -- noいいえ, it'sそれは 45 years.
正解は45年です
08:22
64-year-old-歳 men男性 and women女性
60歳の男女が
08:25
are runningランニング as fast速い as they彼ら were at age年齢 19.
彼らが19歳の頃と同じ速さで走っているのです
08:27
Now I defy無視する you君は to come upアップ with〜と anyどれか otherその他 physical物理的 activityアクティビティ --
さて 皆さん 他の運動でいいやなんて言わせませんよ
08:30
and pleaseお願いします don'tしない sayいう golfゴルフ -- something何か thatそれ actually実際に is hardハード --
ゴルフはダメですよ お年寄りが10代の頃のように
08:33
whereどこで geriatrics老人学 are performing実行する
頻繁に損傷を負うほど
08:37
as well as they彼ら did as teenagersティーンエイジャー.
ハードなスポーツですからね
08:39
Soだから you君は have theseこれら three mysteries.
さて3つの謎を見てきたわけですが
08:42
Is thereそこ one1 pieceピース in the puzzleパズル
これらのまとめとなる
08:44
whichどの mightかもしれない wrapラップ allすべて theseこれら thingsもの upアップ?
パズルのピースはありましたか?
08:46
You'veあなたがしました。 got to be really本当に careful慎重に anyどれか time時間
先史のことなど知るかと
08:48
someone誰か looks外見 backバック in prehistory先史時代 and tries試行する to give you君は some一部 sortソート of globalグローバル answer回答,
怠慢になりがちなので 歴史を
08:50
becauseなぜなら, itそれ beingであること prehistory先史時代,
振り返り世界規模の解答を
08:53
you君は can sayいう whateverなんでも the hell地獄 you君は want and get away離れて with〜と itそれ.
探る時には常に注意を払って下さい
08:55
Butだがしかし I'll submit提出する thisこの to you君は:
しかし 私の主張はこうです
08:57
Ifもし you君は put one1 pieceピース in the middle中間 of thisこの jigsawジグソーパズル puzzleパズル,
最後のピースを真ん中にはめれば
08:59
suddenly突然 itそれ allすべて starts開始する to form a coherentコヒーレントな picture画像.
突然 一貫したイメージが見えてくるんです
09:01
Ifもし you君は wonderワンダー, whyなぜ itそれ is the Tarahumaraタラフマラ don'tしない fight戦い
「なぜタラフマラ族は戦わないの?」
09:04
and don'tしない die死ぬ of heartハート disease疾患,
「なぜタラフマラ族に心臓病がないの?」
09:06
whyなぜ a poor貧しい Ethiopianエチオピア woman女性 named名前 Derartuデラルト TuluTulu
「なぜエチオピア出身の貧しいツルが
09:08
can be the most最も compassionate思いやりのある and yetまだ the most最も competitive競争する,
競争心と思いやりを持ち合わせていたの?」
09:11
and whyなぜ we我々 somehow何とか were ableできる
「武器なしでどうやって
09:14
to find見つける foodフード withoutなし weapons兵器,
原始人は食料にありついたの?」
09:16
perhapsおそらく it'sそれは becauseなぜなら humans人間,
このように不思議に思うのは
09:18
as muchたくさん as we我々 like to think思う of ourselves自分自身 as mastersマスター of the universe宇宙,
人類は自身を宇宙の支配者と
09:20
actually実際に evolved進化した as nothing何も moreもっと
考えるが 実のところ狩猟犬と
09:23
thanより a packパック of hunting狩猟 dogs.
なんら変わりないからなのです
09:25
Maybe多分 we我々 evolved進化した
人類は集団狩猟動物として
09:27
as a hunting狩猟 packパック animal動物.
進化してきたのかもしれません
09:29
Becauseというのは the one1 advantage利点 we我々 have in the wilderness荒野 --
自然の中の私たちが持っている長所は
09:31
again再び, it'sそれは notない our我々の fangs and our我々の claws and our我々の speed速度 --
牙でも爪でも俊敏性でもありません
09:33
the onlyのみ thingもの we我々 do really本当に, really本当に well is sweat.
これは発汗作用なんです
09:35
We're我々 はしています。 really本当に good良い at beingであること sweaty汗ばむ and smelly臭い.
私たちは発汗し臭いを出すことに長けています
09:38
Better良い thanより anyどれか otherその他 mammal哺乳類 on Earth地球, we我々 can sweat really本当に well.
発汗では地球上の全哺乳類に勝っています
09:41
Butだがしかし the advantage利点
公の場では少し不快ですが
09:44
of thatそれ little少し bitビット of socialソーシャル discomfort不快
これは炎天下で長距離を
09:46
is the fact事実 thatそれ, whenいつ itそれ comes来る to runningランニング
走る際には大変
09:48
under hotホット heat for long長いです distances距離,
好都合なのです
09:50
we're私たちは superb素晴らしいです, we're私たちは the bestベスト on the planet惑星.
これこそが人類の誇れる長所です
09:53
Youあなたが take a horseうま on a hotホット day,
暑い日に馬に乗るとします
09:56
and after about five orまたは six6 milesマイル, thatそれ horseうま has a choice選択.
10kmほど行くと馬は
09:58
It'sそれは、します。 eitherどちらか going to breathe呼吸する orまたは it'sそれは going to coolクール off,
1. 呼吸 か 2. 体の冷却 という選択を迫られます
10:00
butだけど itそれ ain'tない doing bothどちらも -- we我々 can.
人間と違って これを同時にはできないのです
10:03
Soだから what ifif we我々 evolved進化した as hunting狩猟 packパック animals動物?
私たちが集団狩猟動物として進化したという説はどうですか?
10:05
What ifif the onlyのみ naturalナチュラル advantage利点 we我々 had in the world世界
人類の生まれ持った長所とは
10:08
was the fact事実 thatそれ we我々 could get together一緒に as a groupグループ,
アフリカのサバンナで
10:12
go outでる thereそこ on thatそれ Africanアフリカ Savannahサバンナ, pickピック outでる an antelopeアンテロープ
獲物が倒れるまで集団で追い回す
10:14
and go outでる as a packパック and run走る thatそれ thingもの to death?
力ということはあり得ますかね?
10:17
That'sそれです allすべて we我々 could do.
私たちには炎天下での
10:20
We私たち could run走る really本当に far遠い on a hotホット day.
長距離走 これしか出来ません
10:22
Well ifif that'sそれは true真実, a coupleカップル otherその他 thingsもの had to be true真実 as well.
これが本当ならば 他の二つも真実のはずです
10:24
The keyキー to beingであること part of a hunting狩猟 packパック is the wordワード "packパック."
狩猟集団という言葉のカギは「集団」にあります
10:27
Ifもし you君は go outでる by yourselfあなた自身, and you君は try to chase追跡 an antelopeアンテロープ,
一人で獲物を追い回しても
10:30
I guarantee保証 you君は there'sそこに going to be two cadavers死体 outでる thereそこ in the Savannahサバンナ.
朽ち果てて食料になってしまいます
10:32
Youあなたが need必要 a packパック to pull引く together一緒に.
狩猟は集団でする必要があります
10:35
Youあなたが need必要 to have thoseそれら 64-, 65-year-olds
獲物を見失わないためには
10:37
who have been doing thisこの for a long長いです time時間
経験を積んだ高齢者と
10:39
to understandわかる whichどの antelopeアンテロープ you'reあなたは actually実際に trying試す to catchキャッチ.
集団で狩りをしなくてはダメです
10:41
The herd群れ explodes爆発する and itそれ gathers集まる backバック again再び.
散発的に追い回し 最終的に再結集します
10:43
Thoseそれら expert専門家 trackersトラッカー have got to be part of the packパック.
集団には追跡の担当も必要です
10:46
They彼らが can'tできない be 10 milesマイル behind後ろに.
集団が遠く離れてはダメです
10:48
Youあなたが need必要 to have the women女性 and the adolescents青年 thereそこ
集団には女性や子供たちも連れて行きます
10:50
becauseなぜなら the two times in yourきみの life you君は most最も benefit利益 fromから animal動物 proteinタンパク質
授乳期の母親と思春期の子供たちには
10:52
is whenいつ you君は are a nursing看護 mother and a developing現像 adolescent思春期の.
動物性タンパク質が必要不可欠だからです
10:55
Itそれ makes作る noいいえ senseセンス to have the antelopeアンテロープ over thereそこ deadデッド
いくら食料といっても80kmも
10:58
and the people who want to eat食べる itそれ 50 milesマイル away離れて.
離れていては行く気になれませんね
11:00
They彼らが need必要 to be part of the packパック.
皆 まとまって行動する必要があります
11:02
Youあなたが need必要 to have thoseそれら 27-year-old-歳 studsスタッズ at the peakピーク of their彼らの powers
狩りには最高のパフォーマンスを
11:04
ready準備完了 to dropドロップ the kill殺します,
発揮する27歳が必要ですが
11:06
and you君は need必要 to have thoseそれら teenagersティーンエイジャー thereそこ
体験型学習を通じて未来の
11:08
who are learning学習 the whole全体 thingもの allすべて involved関係する.
エースとなる10代の若者も必要です
11:10
The packパック stays滞在する together一緒に.
全人員が集団で行動します
11:12
Anotherもう一つ thingもの thatそれ has to be true真実 about thisこの packパック: thisこの packパック cannotできない be really本当に materialistic物質的.
最後に この集団は物質主義ではないはずです
11:14
Youあなたが can'tできない be hauling運搬する allすべて yourきみの crapひどい aroundまわり, trying試す to chase追跡 the antelopeアンテロープ.
狩りをする際はくだらないことを考えてはいられません
11:17
Youあなたが can'tできない be a pissed-off腹を立てて packパック. Youあなたが can'tできない be bearingベアリング grudges恨み,
「あいつにはうんざりしてるんだ 協力はできない
11:20
like, "I'm私は notない chasing追う thatそれ guy's男の antelopeアンテロープ.
一人で行けばいいさ」といった
11:23
He pissed怒った me off. Let him go chase追跡 his own自分の antelopeアンテロープ."
個人的な確執があってはいけません
11:25
The packパック has got to be ableできる to swallow飲み込む itsその ego自我,
協力して狩猟をする為には
11:27
be cooperative協力的 and pull引く together一緒に.
エゴは捨てなくてはいけません
11:30
What you君は end終わり upアップ with〜と, in otherその他 words言葉,
換言すると石器時代と
11:32
is a culture文化 remarkably著しく similar類似
タラフマラの文化は
11:35
to the Tarahumaraタラフマラ --
驚くほどに似ている
11:37
a tribe部族 thatそれ has remained残った unchanged変わらない
つまり大きな変化は
11:39
since以来 the Stone Age年齢.
起こっていないんです
11:41
It'sそれは、します。 a really本当に compelling説得力のある argument引数
非常に興味深い話です
11:43
thatそれ maybe多分 the Tarahumaraタラフマラ are doing
200万年間も変らずしてきたことを
11:45
exactly正確に what allすべて of us had done完了 for two million百万 years,
タラフマラ族もしているかもしれないんですよ
11:47
thatそれ it'sそれは us in modernモダン times who have sortソート of gone行った off the pathパス.
この道から逸れたのは現代になってからです
11:50
Youあなたが know知っている, we我々 look見える at runningランニング as thisこの kind種類 of alienエイリアン, foreign外国人 thingもの,
現代では走ることは 夜間のピザへの罰とか
11:53
thisこの punishment you'veあなたは got to do becauseなぜなら you君は ate食べた pizzaピザ the night before.
奇妙な捉え方がされています
11:56
Butだがしかし maybe多分 it'sそれは something何か different異なる.
少し間違っているのでは?
11:59
Maybe多分 we're私たちは the onesもの who have taken撮影 thisこの naturalナチュラル advantage利点 we我々 had
過去から受け継いだこの利を損ねたのは
12:01
and we我々 spoiled甘やかされた itそれ.
私たちなのかもしれません
12:04
Howどう do we我々 spoil台無しにする itそれ? Well howどうやって do we我々 spoil台無しにする anything何でも?
どうやってダメにしてしまったのでしょう?
12:06
We私たち try to cash現金 in on itそれ.
商業化ですね
12:09
We私たち try to can itそれ and packageパッケージ itそれ and make作る itそれ "betterより良い"
周辺器具などとまとめて
12:11
and sell売る itそれ to people.
見栄えを良くして販売するのです
12:13
And what happened起こった was we我々 started開始した creating作成
「よりよい走りのため」と謳って
12:15
theseこれら fancyファンシー cushionedクッション付き thingsもの,
ランニングシューズを
12:17
whichどの can make作る runningランニング "betterより良い," calledと呼ばれる runningランニング shoes.
作ったのが事の発端です
12:19
The reason理由 I get personally個人的に pissed-off腹を立てて about runningランニング shoes
個人的にランニングシューズが嫌いな理由は
12:22
is becauseなぜなら I bought買った a million百万 of themそれら and I kept保管 getting取得 hurt傷つける.
利用中に何度も足を痛めたからです
12:25
And I think思う thatそれ, ifif anybody in hereここに runs走る --
ランニングする方はいますか?
12:28
and I justちょうど had a conversation会話 with〜と Carolキャロル;
先ほど裏でキャロルと
12:30
we我々 talked話した for two minutes backstage舞台裏, and she's彼女は talking話す about plantar足底 fasciitis筋膜炎.
足底筋膜炎について2 分程話をしたんですが
12:32
Youあなたが talkトーク to a runnerランナー, I guarantee保証, within以内 30 seconds,
ランニングの話をすると30秒もせずに決まって
12:35
the conversation会話 turnsターン to injury損傷.
怪我の話になるんです
12:38
Soだから ifif humans人間 evolved進化した as runnersランナー, ifif that'sそれは our我々の one1 naturalナチュラル advantage利点,
人類が走者として利を得ながら進化したなら
12:40
whyなぜ are we我々 soそう bad悪い at itそれ? Whyなぜでしょうか do we我々 keepキープ getting取得 hurt傷つける?
走るのが下手で こんなにも怪我をするはなぜ?
12:43
Curious好奇心 thingもの about runningランニング and runningランニング injuries負傷
ランニング中に起こる怪我の
12:46
is thatそれ the runningランニング injury損傷 is new新しい to our我々の time時間.
不思議な点は 現在に特有ということです
12:48
Ifもし you君は read読む folklore民間伝承 and mythology神話,
なんでもいいんですが
12:51
anyどれか kind種類 of myths神話, anyどれか kind種類 of tall背の高い tales物語,
伝承や神話では
12:53
runningランニング is always常に associated関連する
走ることは常に開放感―
12:55
with〜と freedom自由 and vitality活力 and youthfulness若々しさ and eternal永遠の vigor活力.
活力・若さと関連づけられています
12:57
It'sそれは、します。 onlyのみ in our我々の lifetime一生
ランニングが恐怖や苦痛と
13:00
thatそれ runningランニング has become〜になる associated関連する with〜と fear恐れ and pain痛み.
結びついたのは最近なんです
13:02
Geronimoジェロニモ used to sayいう
ジェロニモは言っていました
13:04
thatそれ, "My私の onlyのみ friends友達 are myじぶんの legs. I onlyのみ trust信頼 myじぶんの legs."
「私の唯一の友はこの脚 脚だけが信じるに足る」
13:06
That'sそれです becauseなぜなら an ApacheApache triathlonトライアスロン
だからアパッチ族は
13:09
used to be you'dあなたは run走る 50 milesマイル across横断する the desert砂漠,
砂漠を80kmも走り抜け
13:11
engage従事する in hand-to-hand手から手へ combat戦闘, stealスチール a bunch of horses
白兵戦の末に奪った馬から
13:13
and slap平手打ち leatherレザー for home自宅.
革を持ち帰ることができたのです
13:15
Geronimoジェロニモ was never決して saying言って, "Ahああ, you君は know知っている something何か,
ジェロニモは決して言いませんでした
13:17
myじぶんの achillesアキレス -- I'm私は tapering先細り. I got to take thisこの week週間 off,"
「あぁアキレス腱が痛い 弱ってるな 今週は休もう」とか
13:19
orまたは "I need必要 to cross-trainクロストレイン.
「クロストレーニングが必要だ」
13:22
I didn'tしなかった do yogaヨガ. I'm私は notない ready準備完了."
「ヨガをしていなかった まだ準備不足だ」とかね
13:24
Humans人間 ran走った and ran走った allすべて the time時間.
人類は常に走ってきました
13:27
We私たち are hereここに today今日. We私たち have our我々の digitalデジタル technology技術.
今はデジタルテクノロジーの時代です
13:29
Allすべての of our我々の science科学 comes来る fromから the fact事実
今日の科学では先人たちが
13:31
thatそれ our我々の ancestors祖先 were ableできる
日常的にすごいことを
13:33
to do something何か extraordinary特別な everyすべて day,
していたことがわかっています
13:35
whichどの was justちょうど rely頼りにする on their彼らの naked feetフィート and legs
彼らは長距離を走るさい
13:37
to run走る long長いです distances距離.
素足を頼りにしていたのです
13:39
Soだから howどうやって do we我々 get backバック to thatそれ again再び?
どうすれば戻れるでしょう?
13:41
Well, I would submit提出する to you君は the first最初 thingもの is
まず 走りに関する商売を
13:43
get rid除去する of allすべて packaging梱包, allすべて the sales販売, allすべて the marketingマーケティング.
根こそぎ取り除くのはどうでしょうか
13:45
Get rid除去する of allすべて the stinking臭い runningランニング shoes.
不快なランニングシューズもです
13:48
Stop停止 focusingフォーカス on urban都市 marathonsマラソン,
4時間かかったらアウト
13:50
whichどの, ifif you君は do four4つの hours時間, you君は suck吸う.
1秒でも速ければ次に進む資格が
13:52
Ifもし you君は do 3:59:59, you'reあなたは awesome驚くばかり,
得られる都市マラソンへの
13:55
becauseなぜなら you君は qualified修飾された for another別の raceレース.
執着は捨てましょう
13:57
We私たち need必要 to get backバック to thatそれ senseセンス of playfulness遊び心 and joyfulness楽しさ
タラフマラ族の世界的に健康的で
13:59
and, I would sayいう, nakedness,
安心できる文化を支えているのは
14:02
thatそれ has made the Tarahumaraタラフマラ
裸足で走りなのです
14:05
one1 of the healthiest健康的な and serene穏やかな cultures文化 in our我々の time時間.
走る楽しみと喜びを取り戻しましょう
14:07
Soだから what's何ですか the benefit利益? Soだから what?
ではどのような利点があるでしょう
14:10
Soだから you君は burn燃やす off the Haagen-Dazsハーゲンダッツ fromから the night before?
昨夜食べたハーゲンダッツ分のカロリー消費?
14:12
Butだがしかし maybe多分 there'sそこに another別の benefit利益 thereそこ as well.
他にも利点はあるでしょう
14:15
Withoutなし getting取得 a little少し too extreme極端な about thisこの,
そんなに大それた事ではないんですが
14:18
imagine想像する a world世界
こんな世界はどうでしょう
14:21
whereどこで everybodyみんな could go outでる their彼らの doorドア
誰もが屋外で
14:23
and engage従事する in the kind種類 of exercise運動
エクササイズに取り組み
14:25
that'sそれは going to make作る themそれら moreもっと relaxedリラックスした, moreもっと serene穏やかな,
穏やかにリラックスができて
14:27
moreもっと healthy健康,
ストレスを取り除き
14:30
burn燃やす off stress応力 --
より健康的になれる
14:32
whereどこで you君は don'tしない come backバック into yourきみの office事務所 a raging激怒する maniacマニアック anymoreもう,
するとストレスを抱えてオフィスや
14:34
whereどこで you君は don'tしない go backバック home自宅 with〜と a lot of stress応力 on top of you君は again再び.
家に戻ることもなくなります
14:36
Maybe多分 there'sそこに something何か betweenの間に what we我々 are today今日
今日の私たちとタラフマラ族にも
14:38
and what the Tarahumaraタラフマラ have always常に been.
何かしらの共通性はあるはずです
14:41
I don'tしない sayいう let'sさあ go backバック to the Copper Canyonsキャニオンズ
「タラフマラ族みたいに
14:44
and liveライブ on cornコーン and maizeトウモロコシ, whichどの is the Tarahumara'sタラフマラ preferred好ましい dietダイエット,
カッパーキャニオンでトウモロコシを食え」とは言いません
14:46
butだけど maybe多分 there'sそこに somewhereどこかで in betweenの間に.
しかしこの中間はどうですか?
14:49
And ifif we我々 find見つける thatそれ thingもの,
これが見つかれば
14:51
maybe多分 thereそこ is a big大きい fat脂肪 Nobelノーベル Prize outでる thereそこ.
ノーベル賞も夢ではないでしょう
14:53
Becauseというのは ifif somebody誰か could find見つける a way
人類が1970年代まで備えていた
14:56
to restoreリストア thatそれ naturalナチュラル ability能力
生来の能力を取り戻せれば
14:59
thatそれ we我々 allすべて enjoyed楽しんだ for most最も of our我々の existence存在,
私たちは
15:01
upアップ until〜まで the 1970s orまたは soそう,
社会的・政治的―
15:03
the benefits利点, socialソーシャル and physical物理的
肉体的・精神的に
15:05
and political政治的 and mental精神的な,
驚くべきほどの利益を
15:07
could be astounding驚くほど.
享受できることでしょう
15:10
Soだから what I've私は been seeing見る today今日 is thereそこ is a growing成長する subculture継代培養
今日は拡大を続ける シューズを捨てた
15:12
of barefoot裸足 runnersランナー, people who got rid除去する of their彼らの shoes.
裸足のランナーのサブカルチャーを紹介しました
15:15
And what they彼ら have found見つけた uniformly均一に is
彼らはシューズを脱ぐと
15:18
you君は get rid除去する of the shoes, you君は get rid除去する of the stress応力,
ストレスがなくなり 怪我や病気から
15:20
you君は get rid除去する of the injuries負傷 and the ailments病気.
解放されることに気づきました
15:23
And what you君は find見つける is something何か
この発見はタラフマラ族が
15:25
the Tarahumaraタラフマラ have known既知の for a very非常に long長いです time時間,
長い間守ってきたことで
15:27
thatそれ thisこの can be a whole全体 lot of fun楽しい.
走りを大いに楽しくしてくれます
15:29
I've私は experienced経験豊富な itそれ personally個人的に myself私自身.
個人的にも試してみました
15:31
I was injured負傷した allすべて myじぶんの life, and then次に in myじぶんの early早い 40s I got rid除去する of myじぶんの shoes
長年怪我続きでしたが 40代前半にシューズを捨てると
15:33
and myじぶんの runningランニング ailments病気 have gone行った away離れて too.
これは全て解消されました
15:36
Soだから hopefullyうまくいけば it'sそれは something何か we我々 can allすべて benefit利益 fromから.
皆さんにも有益となれば幸いです
15:38
And I appreciate感謝する you君は guysみんな listening聞いている to thisこの storyストーリー. Thanksありがとう very非常に muchたくさん.
ご静聴ありがとうございました
15:40
(Applause拍手)
(拍手)
15:43
Translated by Noriyuki KOIKE
Reviewed by Takahiro Shimpo

▲Back to top

About the speaker:

Christopher McDougall - Journalist, runner
Christopher McDougall is the author of "Born to Run: A Hidden Tribe, Super Athletes, and the Greatest Race the World Has Never Seen."

Why you should listen

Longtime reporter Christopher McDougall is also a longtime runner -- and he brings his reporter's passion and eye for detail to the mysteries of running in his latest book. "Born to Run" examines humanity's inborn need to run and sweat, and it's filled with passion, odd facts, oddly pertinent digressions and deeply engaging journeys to running subcults (and cults-of-one). The book has inspired at least one fan site.

McDougall writes for Outside, Men's Health, New York and other magazines. His other, equally intriguing book, is Girl Trouble: The True Saga of Superstar Gloria Trevi and the Secret Teenage Sex Cult That Stunned the World.

More profile about the speaker
Christopher McDougall | Speaker | TED.com