English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2011

Elizabeth Murchison: Fighting a contagious cancer

エリザベス・マーチソン:感染性のガンと闘う

Filmed
Views 486,316

タスマニアデビルの大量死の原因とは?何千ものタスマニアデビルが悪性のガンにかかっています。他のガンとは異なり、これは感染性のガンなのです。研究者のエリザベス・マーチソンが、タスマニアデビルを救うためどのように奮闘しているのか、またこの特別なガンについての新発見をお話します。(刺激の強い、顔にできたガンの画像を含みます。)

- Cancer researcher
Elizabeth Murchison studies a mysterious (and contagious) cancer that threatens to wipe out Tasmanian devils. Full bio

Everyone'sみんな familiar身近な with〜と cancer,
ガンはなにも特別な疾病ではありません
00:15
butだけど we我々 don'tしない normally通常は think思う of cancer
しかし通常 ガンが感染するとは
00:19
as beingであること a contagious伝染する disease疾患.
考えられていません
00:21
The Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 has shown示された us
タスマニアデビルの事例によって
00:25
thatそれ, notない onlyのみ can cancer be a contagious伝染する disease疾患,
ガンは感染する可能性があるだけではなく
00:27
butだけど itそれ can alsoまた、 threaten脅かす
種の存続を脅かす可能性があることも
00:30
an entire全体 species with〜と extinction絶滅.
明らかとなりました
00:32
Soだから first最初 of allすべて, what is a Tasmanianタスマニア人 devil悪魔?
まず タスマニアデビルとは何でしょう?
00:36
Manyたくさんの of you君は mightかもしれない be familiar身近な with〜と Tazタズ, the cartoon漫画 characterキャラクター,
クルクル回るアニメキャラのタズを
00:40
the one1 thatそれ spinsスピン aroundまわり and aroundまわり and aroundまわり.
ご存知の方も多いでしょう
00:43
Butだがしかし notない manyたくさんの people know知っている
しかし実際に世界最大の肉食有袋類の
00:45
thatそれ thereそこ actually実際に is a realリアル animal動物 calledと呼ばれる the Tasmanianタスマニア人 devil悪魔,
タスマニアデビルという動物が存在することを
00:47
and it'sそれは the world's世界の largest最大 carnivorous肉食性の marsupial有害生物.
知っている方は多くありません
00:50
A marsupial有害生物 is a mammal哺乳類 with〜と a pouchポーチ
有袋類とはカンガルーのように
00:54
like a kangarooカンガルー.
腹部に袋をもつ哺乳類です
00:56
The Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 got itsその name
タスマニアデビルという名前は
00:58
fromから the terrifying恐ろしい nocturnal夜行性の scream悲鳴 thatそれ itそれ makes作る.
夜に発する恐ろしい叫び声に由来しています
01:00
(Screaming叫ぶ)
(叫び声)
01:04
(Laughter笑い)
(笑)
01:15
The Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 is predominantly主に a scavengerスカベンジャー,
タスマニアデビルは清掃動物で
01:17
and itそれ uses用途 itsその powerful強力な jaws
強力なあごと
01:20
and itsその sharpシャープ teeth
鋭い歯で
01:22
to chompチャンプ on the bones骨格 of rotting腐っている deadデッド animals動物.
動物の腐った死骸をかみ砕きます
01:24
[The] Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 is found見つけた onlyのみ on the island of Tasmaniaタスマニア,
タスマニアデビルはオーストラリア南部に
01:27
whichどの is thatそれ small小さい island
位置するタスマニア島という
01:30
justちょうど to the south of the mainland本土 of Australiaオーストラリア.
小さな島だけに生息しています
01:32
And despite何と their彼らの ferocious猛烈な appearance外観,
凶暴な外見にもかかわらず
01:34
Tasmanianタスマニア人 devils悪魔 are actually実際に
タスマニアデビルは実際は
01:38
quiteかなり adorable愛らしい little少し animals動物.
愛らしい小さな動物です
01:40
In fact事実, growing成長する upアップ in Tasmaniaタスマニア,
実際タスマニアで育った私も
01:43
itそれ always常に was incredibly信じられないほど excitingエキサイティング
野生のタスマニアデビルに
01:45
whenいつ we我々 got a chanceチャンス to see見る
出会った時は いつも
01:47
a Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 in the wild野生.
本当に興奮したものです
01:49
Butだがしかし the Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 population人口
しかしタスマニアデビルの数は
01:51
has been undergoing受けている a really本当に extremely極端な fast速い decline低下.
ものすごい勢いで減少しています
01:53
And in fact事実, there'sそこに concern懸念
実際に20〜30年以内に
01:57
thatそれ the species could go extinct絶滅した in the wild野生
野生のタスマニアデビルが絶減するのではと
01:59
within以内 20 to 30 years.
懸念されています
02:02
And the reason理由 for thatそれ
この原因は
02:05
is the emergence出現 of a new新しい disease疾患,
ある感染性のガンの
02:07
a contagious伝染する cancer.
出現です
02:09
The storyストーリー begins始まる in 1996
始まりは 1996年に
02:13
whenいつ a wildlife野生動物 photographer写真家 took取った thisこの photograph写真 hereここに
野生動物の写真家が撮った
02:15
of a Tasmanianタスマニア人 devil悪魔
顔に大きな腫瘍のある
02:18
with〜と a large tumor腫瘍 on itsその face.
タスマニアデビルの写真でした
02:20
At the time時間, thisこの was thought to be a one-off一回限り.
当時は偶発的なものと考えられていました
02:22
Animals動物, justちょうど like humans人間,
動物にも人間同様に
02:25
sometimes時々 get strange奇妙な tumors腫瘍.
奇怪な腫瘍ができることがあります
02:27
Howeverしかしながら, we我々 now believe信じる
しかし私たちは
02:30
thatそれ thisこの is the first最初 sighting目撃 of a new新しい disease疾患,
これこそが現在タスマニアで蔓延している
02:32
whichどの is now an epidemic流行 spreading広がる throughを通して Tasmaniaタスマニア.
新型のガンの最初の事例であったと確信しています
02:35
The disease疾患 was first最初 sighted目に見える
この病気は1996年に
02:39
in the northeast北東 of Tasmaniaタスマニア in 1996
タスマニア北東部で初めて確認されて以来
02:41
and has spread普及 across横断する Tasmaniaタスマニア like a huge巨大 wave.
大きな波のようにタスマニア中に広がりました
02:44
Now there'sそこに onlyのみ a small小さい part of the population人口,
現在感染せずに残っているデビルは
02:47
whichどの remains残っている unaffected影響を受けない.
ほんの一握りです
02:50
Thisこれ disease疾患 appears登場する first最初 as tumors腫瘍,
タスマニアデビルがこのガンを発症すると
02:52
usually通常 on the face orまたは inside内部 the mouth
通常 顔面もしくは口内に
02:55
of affected影響を受けた Tasmanianタスマニア人 devils悪魔.
腫瘍ができます
02:57
Theseこれら tumors腫瘍 inevitably必然的に grow成長する into larger大きい tumors腫瘍,
これらの腫瘍は この写真のように
02:59
suchそのような as theseこれら onesもの hereここに.
大きくなってしまいます
03:02
And the next image画像 I'm私は going to showショー
次にお見せする写真は
03:04
is quiteかなり gruesomeぞっとする.
本当にひどいものです
03:06
Butだがしかし inevitably必然的に, theseこれら tumors腫瘍 progress進捗
これらの腫瘍は否応なしに
03:08
towards方向 beingであること enormous巨大な, ulcerating潰瘍化する tumors腫瘍 like thisこの one1 hereここに.
このように大きな潰瘍性の腫瘍に進行するのです
03:10
Thisこれ one1 in particular特に sticksスティック in myじぶんの mindマインド,
これは私が実際に
03:16
becauseなぜなら thisこの is the first最初 case場合 of thisこの disease疾患
目にした初めての事例だったので
03:18
thatそれ I saw myself私自身.
特に印象に残っています
03:20
And I remember思い出す the horrorホラー of seeing見る thisこの little少し female女性 devil悪魔
悪臭を放つ潰瘍性巨大腫瘍のために
03:22
with〜と thisこの huge巨大 ulcerating潰瘍化する, foul-smelling悪臭 tumor腫瘍
下あごが外れてしまった
03:25
inside内部 her彼女 mouth
このメスデビルを
03:27
thatそれ had actually実際に cracked割れた off her彼女 entire全体 lower低い jaw.
目の当たりにした恐怖は今でも覚えています
03:29
She彼女が hadn'tなかった eaten食べた for days日々.
何日も物は食べていません
03:33
Her彼女 gutsガッツ were swimming水泳 with〜と parasitic寄生虫 wormsワーム.
内臓は寄生虫でいっぱいでした
03:36
Her彼女 body was riddled謎の with〜と secondary二次的 tumors腫瘍.
腫瘍は体中に転移しています
03:38
And yetまだ, she彼女 was feeding給餌 three little少し baby赤ちゃん Tasmanianタスマニア人 devils悪魔
それでも彼女は小さな3匹の赤ん坊に
03:41
in her彼女 pouchポーチ.
母乳を与えていました
03:44
Of courseコース, they彼ら died死亡しました along一緒に with〜と the mother.
もちろん赤ん坊も死んでしまいました
03:47
They彼らが were too young若い to survive生き残ります withoutなし their彼らの mother.
幼すぎて母親なしでは生き残れなかったのです
03:50
In fact事実, in the areaエリア whereどこで she彼女 comes来る fromから,
このメスが生息していた地域では
03:53
moreもっと thanより 90 percentパーセント of the Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 population人口
90%以上のタスマニアデビルが
03:56
has already既に died死亡しました of thisこの disease疾患.
この病気で死んでしまっています
03:59
Scientists科学者 aroundまわり the world世界
タスマニアデビルを襲う
04:02
were intrigued興味をそそられる by thisこの cancer,
この感染性のガンに
04:04
thisこの infectious感染性の cancer,
世界中の科学者たちが
04:06
thatそれ was spreading広がる throughを通して the Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 population人口.
大変な興味を示しました
04:08
And our我々の minds immediatelyすぐに turned回した to cervical子宮頸部 cancer in women女性,
私達はすぐにウィルスで感染する
04:11
whichどの is spread普及 by a virusウイルス,
子宮頚ガンや
04:14
and to the AIDSエイズ epidemic流行,
色々なガンと関連のある
04:16
whichどの is associated関連する with〜と a number of different異なる typesタイプ of cancer.
AIDSの流行のことを考えました
04:18
Allすべての the evidence証拠 suggested示唆 thatそれ thisこの devil悪魔 cancer
状況から このガンがウィルスによって
04:22
was spread普及 by a virusウイルス.
感染しているように思われたからです
04:25
Howeverしかしながら, we我々 now know知っている -- and I'll telltell you君は right now --
しかしウイルス感染症でないことが
04:28
thatそれ we我々 know知っている thatそれ thisこの cancer is notない spread普及 by a virusウイルス.
今ではわかっています
04:31
In fact事実, the infectious感染性の agentエージェント of disease疾患 in thisこの cancer
実はこのガンの感染源は
04:34
is something何か altogether全部 moreもっと sinister不吉な,
思いもしなかった
04:38
and something何か thatそれ we我々 hadn'tなかった really本当に thought of before.
恐ろしいものでした
04:40
Butだがしかし in order注文 for me to explain説明する what thatそれ is,
この原因を説明するために
04:43
I need必要 to spend費やす justちょうど a coupleカップル of minutes
まずガン自体について
04:46
talking話す moreもっと about cancer itself自体.
もう少しお話しなくてはいけません
04:48
Cancer is a disease疾患
ガンは世界規模で毎年
04:51
thatそれ affects影響を与える millions何百万 of people aroundまわり the world世界 everyすべて year.
何百万人もが発症する疾病です
04:53
One1 つ in three people in thisこの roomルーム
この部屋にいる方の 3分の1は
04:56
will develop開発する cancer at some一部 stageステージ in their彼らの lives人生.
いつかガンにかかるでしょう
04:58
I myself私自身 had a tumor腫瘍 removed除去された fromから myじぶんの large intestine
私自身は14歳の時
05:01
whenいつ I was onlyのみ 14.
大腸の腫瘍を摘出しました
05:03
Cancer occurs発生する
ガンは 遺伝子内で
05:06
whenいつ a singleシングル cell細胞 in yourきみの body
突然変異を生じた
05:08
acquires獲得する a setセット of randomランダム mutations突然変異 in important重要 genes遺伝子
1つの細胞がガン化し
05:10
thatそれ cause原因 thatそれ cell細胞 to start開始 to produce作物
次々に増殖することで
05:13
moreもっと and moreもっと and moreもっと copiesコピー of itself自体.
発生します
05:16
Paradoxically逆説的に, once一度 established設立,
自然選択は適者生存のはずですが
05:20
naturalナチュラル selection選択 actually実際に favors好意
おかしなことにこれが
05:23
the continued続ける growth成長 of cancer.
増殖するガンに対して
05:25
Naturalナチュラル selection選択 is survival生存 of the fittest適性検査.
有利に働いてしまうのです
05:27
And whenいつ you君は have a population人口 of fast-dividing高速分割 cancer cells細胞,
増殖力の高いガン細胞の一つが
05:30
ifif one1 of themそれら acquires獲得する new新しい mutations突然変異,
一つ突然変異すると それは
05:33
whichどの allow許す themそれら to grow成長する moreもっと quickly早く,
より効果的に栄養を吸収し
05:35
acquire獲得する nutrients栄養素 moreもっと successfully正常に,
増殖力が増します
05:37
invade侵入する the body,
その細胞は自然選択の対象となり
05:39
they'll彼らは be selected選択された for by evolution進化.
体中に一層蔓延するのです
05:41
That'sそれです whyなぜ cancer is suchそのような a difficult難しい disease疾患 to treat治療する.
このようにガンは自然選択を通じ進化するので
05:44
Itそれ evolves進化する.
治療が難しいのです
05:48
Throwスロー a drugドラッグ at itそれ,
薬物を投与しても
05:50
and resistant耐性のある cells細胞 will grow成長する backバック.
耐性細胞を成長させるだけです
05:52
An amazing素晴らしい fact事実 is thatそれ,
驚くことに
05:55
given与えられた the right environment環境 and the right nutrients栄養素,
適切な環境と栄養があれば
05:57
a cancer cell細胞 has the potential潜在的な
ガンは永遠に
06:00
to go on growing成長する forever永遠に.
成長することが可能なのです
06:02
Howeverしかしながら cancer is constrained拘束された
しかしガンは生物の身体を
06:05
by living生活 inside内部 our我々の bodies,
離れることはできません
06:07
and itsその continued続ける growth成長,
ガンが増殖を続けて
06:09
itsその spreading広がる throughを通して our我々の bodies
体中の組織を
06:11
and eating食べる away離れて at our我々の tissues組織,
むしばんでしまえば
06:13
leadsリード to the death of the cancer patient患者
患者の身体もガンそのものも
06:15
and alsoまた、 to the death of the cancer itself自体.
死んでしまうのです
06:18
Soだから cancer could be thought of
ガンは短命で奇妙な
06:22
as a strange奇妙な, short-lived短命, self-destructive自己破壊的 life form --
自減的側面を持つ進化論的−
06:24
an evolutionary進化的 deadデッド end終わり.
行き詰まりとでも言えましょう
06:29
Butだがしかし thatそれ is whereどこで the Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 cancer
しかしガンが
06:33
has acquired獲得しました an absolutely絶対に amazing素晴らしい
驚くべき進化の適応を果たしたのが
06:35
evolutionary進化的 adaptation適応.
タスマニアデビルの事例だったのです
06:38
And the answer回答 came来た fromから studying勉強する
DNAを解析することで
06:41
the Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 cancer'sがん DNADNA.
この謎が解けました
06:43
Thisこれ was work fromから manyたくさんの people,
多くの人との共同研究ですが
06:45
butだけど I'm私は going to explain説明する itそれ throughを通して a confirmatory確認の experiment実験
私が数年前に行った
06:47
thatそれ I did a few少数 years ago.
確認実験を通して説明します
06:49
The next slide滑り台 is going to be gruesomeぞっとする.
次のスライドは悲惨です
06:51
Thisこれ is Jonasジョナス.
これはジョナスです
06:54
He's彼は a Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 thatそれ we我々 found見つけた
私達の発見した 顔に大きな腫瘍ができた
06:56
with〜と a large tumor腫瘍 on his face.
タスマニアデビルです
06:59
And beingであること a geneticist遺伝学者,
私は遺伝学者として
07:01
I'm私は always常に interested興味がある to look見える at DNADNA and mutations突然変異.
DNAや突然変異の分析には興味があります
07:03
Soだから I took取った thisこの opportunity機会
この機会にジョナスの顔の腫瘍と
07:06
to collect集める some一部 samplesサンプル fromから Jonas'ジョナスは、 tumor腫瘍
身体からいくらか
07:08
and alsoまた、 some一部 samplesサンプル fromから otherその他 parts部品 of his body.
サンプルを取りました
07:10
I took取った theseこれら backバック to the lab研究室.
研究所に持ち帰って
07:13
I extracted抽出された DNADNA fromから themそれら.
ここからDNAを抽出しました
07:15
And whenいつ I looked見た at the sequenceシーケンス of the DNADNA,
ジョナスの顔にできた腫瘍のDNAと
07:17
and compared比較した the sequenceシーケンス of Jonas'ジョナスは、 tumor腫瘍
身体から採取したDNAを
07:20
to thatそれ of the rest残り of his body,
比較してみると
07:23
I discovered発見された thatそれ they彼ら had a completely完全に different異なる genetic遺伝的な profileプロフィール.
遺伝子プロファイルは全く異なっていました
07:25
In fact事実, Jonasジョナス and his tumor腫瘍
事実 ジョナスと
07:30
were as different異なる fromから each otherその他
彼にできた腫瘍は 皆さん自身と
07:32
as you君は and the person sitting座っている next to you君は.
皆さんの隣に座っている人ほど違っていました
07:35
What thisこの told言った us was thatそれ Jonas'ジョナスは、 tumor腫瘍
つまりジョナスの腫瘍は
07:38
did notない arise発生する fromから cells細胞 of his own自分の body.
自身の体内で生成されたものではなかったのです
07:41
In fact事実, moreもっと genetic遺伝的な profilingプロファイリング
更に遺伝子プロファイルを分析していくと
07:44
told言った us thatそれ thisこの tumor腫瘍 in Jonasジョナス
ジョナスの腫瘍はおそらく
07:47
actually実際に probably多分 first最初 arose起きた
まずメスのデビルから
07:49
fromから the cells細胞 of a female女性 Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 --
生じたものだと判明しました
07:51
and Jonasジョナス was clearlyはっきりと a male男性.
ジョナスは明らかにオスなのに
07:53
Soだから howどうやって come
ではなぜ他の個体で
07:55
a tumor腫瘍 thatそれ arose起きた fromから the cells細胞 of another別の individual個人
生まれたガンがジョナスの顔で
07:57
is growing成長する on Jonas'ジョナスは、 face?
増殖していたのでしょうか?
08:00
Well the next breakthrough画期的な
何百ものデビルのガンを
08:03
came来た fromから studying勉強する hundreds数百 of Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 cancers
分析していると
08:05
fromから allすべて aroundまわり Tasmaniaタスマニア.
重大なことが判明しました
08:08
We私たち found見つけた thatそれ allすべて of theseこれら cancers
全てのガンが
08:10
shared共有 the same同じ DNADNA.
同じDNAを共有していたのです
08:12
Think思う about thatそれ for a minute.
少し考えて下さい
08:14
Thatそれ means手段 thatそれ allすべて of theseこれら cancers
つまり一匹のデビルから
08:16
actually実際に are the same同じ cancer
発症したガンが
08:18
thatそれ arose起きた once一度 fromから one1 individual個人 devil悪魔,
その個体を離れた後
08:20
thatそれ have broken壊れた free無料 of thatそれ first最初 devil's悪魔の body
タスマニア全土のデビルへ
08:23
and spread普及 throughを通して the entire全体 Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 population人口.
広がっていったということです
08:26
Butだがしかし howどうやって can a cancer spread普及 in a population人口?
しかし感染は どのように拡大したのでしょうか
08:30
Well the final最後の pieceピース of the puzzleパズル came来た
野生のデビルの行動特性を
08:33
whenいつ we我々 remember思い出す howどうやって devils悪魔 behave行動する whenいつ they彼ら meet会う each otherその他 in the wild野生.
思い返し 最後の謎が解けました
08:35
They彼らが tend傾向がある to bite一口 each otherその他,
彼らはお互いを 特に顔を
08:38
oftenしばしば quiteかなり ferociously激しく and usually通常 on the face.
激しくかじる癖があります
08:40
We私たち think思う thatそれ cancer cells細胞
その時 腫瘍から落ちたガン細胞が
08:43
actually実際に come off the tumor腫瘍, get into the saliva唾液.
唾液から流入するのだと思います
08:46
Whenいつ the devil悪魔 bites噛む another別の devil悪魔,
かじった時に
08:49
itそれ actually実際に physically物理的に implantsインプラント living生活 cancer cells細胞 into the next devil悪魔,
生きたガン細胞が別の個体に いわば移植され
08:51
soそう the tumor腫瘍 continues続ける to grow成長する.
腫瘍が生き続けるのです
08:54
Soだから thisこの Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 cancer
このタスマニアデビルガンは
08:56
is perhapsおそらく the ultimate究極 cancer.
究極のガンかもしれません
08:58
It'sそれは、します。 notない constrained拘束された by living生活 within以内 the body thatそれ gave与えた rise上昇 to itそれ.
突然変異することで
09:00
Itそれ spreadsスプレッド throughを通して the population人口,
免疫システムを侵略し
09:03
has mutations突然変異 thatそれ allow許す itそれ to evade回避する the immune免疫 systemシステム,
発症した個体外へも拡大を続けます
09:05
and it'sそれは the onlyのみ cancer thatそれ we我々 know知っている of
私達の知る限り
09:08
that'sそれは threatening脅かす an entire全体 species with〜と extinction絶滅.
種を全滅させ得る唯一のガンです
09:10
Butだがしかし ifif thisこの can happen起こる in Tasmanianタスマニア人 devils悪魔,
しかしタスマニアデビル以外の
09:14
whyなぜ hasn't持っていない itそれ happened起こった in otherその他 animals動物
動物になぜこの現象は
09:17
orまたは even humans人間?
見られなかったのでしょうか?
09:19
Well the answer回答 is, itそれ has.
実は既に起こっているのです
09:21
Thisこれ is Kimboキンボ.
これはケニアのムンバサの
09:25
He's彼は a dog thatそれ belongs所属 to a family家族 in Mombasaモンバサ in Kenyaケニア.
家族が飼っている犬 キンボです
09:27
Last前の year, his ownerオーナー noticed気づいた some一部 blood血液
昨年 股の部分から
09:31
trickling流す fromから his genital性器 region領域.
出血していることに飼い主が気づきました
09:34
She彼女が took取った him to the vet獣医
獣医に連れて行くと
09:37
and the vet獣医 discovered発見された something何か quiteかなり disgusting嫌な.
ひどいものが見つかりました
09:39
And ifif you'reあなたは squeamish嫌な, pleaseお願いします look見える away離れて now.
血を見るのがいやな人は目をそらしてください
09:42
He discovered発見された thisこの,
キンボのペニスの付け根には
09:45
a huge巨大 bleeding出血 tumor腫瘍
出血している
09:47
at the baseベース of Kimbo'sキンボー penis陰茎.
巨大な腫瘍があったのです
09:49
The vet獣医 diagnosed診断された thisこの as transmissible伝達可能な venereal性器の tumor腫瘍,
獣医の診断では性交を介して
09:53
a sexually性的に transmitted送信された cancer
感染する犬に特有の
09:56
thatそれ affects影響を与える dogs.
ガンということでした
09:59
And justちょうど as the Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 cancer is contagious伝染する
このガンもタスマニアデビルの事例のように
10:01
throughを通して the spread普及 of living生活 cancer cells細胞,
生きたガン細胞の伝播で
10:04
soそう is thisこの dog cancer.
感染するものです
10:06
Butだがしかし thisこの dog cancer is quiteかなり remarkable顕著,
驚くべきはこのガンが
10:08
becauseなぜなら itそれ spread普及 allすべて aroundまわり the world世界.
世界中に広まったことです
10:10
And in fact事実, theseこれら same同じ cells細胞
実際にキンボが感染したのと
10:12
thatそれ are affecting影響 Kimboキンボ hereここに
同じガン細胞が ニューヨーク市や
10:14
are alsoまた、 found見つけた affecting影響 dogs
ヒマラヤ山脈の山村部
10:17
in New新しい Yorkヨーク Cityシティ,
またオーストラリアの
10:19
in mountain villages in the Himalayasヒマラヤ
奥地にいる犬にも
10:21
and in Outbackアウトバック Australiaオーストラリア.
見つかっているのです
10:23
We私たち alsoまた、 believe信じる thisこの cancer mightかもしれない be very非常に old古い.
大昔から存在しているのでしょう
10:26
In fact事実, genetic遺伝的な profilingプロファイリング tells伝える
遺伝子指紋法によると
10:28
thatそれ itそれ mayかもしれない be tens数十 of thousands of years old古い,
このガンは何万年も前から存在しており
10:30
whichどの means手段 thatそれ thisこの cancer
ネアンデルタール人の時代の
10:33
mayかもしれない have first最初 arisen発生した
オオカミの体内で
10:35
fromから the cells細胞 of a wolf
発症したものである
10:37
thatそれ lived住んでいました alongside一緒に the Neanderthalsネアンデルタール.
可能性もあるのです
10:39
Thisこれ cancer is remarkable顕著.
驚くべきことです
10:42
It'sそれは、します。 the oldest最も古い mammalian-derived哺乳類由来 life form thatそれ we我々 know知っている of.
知りうる限り哺乳類から派生した最古の生命体です
10:44
It'sそれは、します。 a living生活 relic遺物
まさに現代に
10:48
of the distant遠い past過去.
生きる化石なのです
10:50
Soだから we've私たちは seen見た thatそれ thisこの can happen起こる in animals動物.
動物には見られたように
10:54
Could cancers be contagious伝染する betweenの間に people?
ガンは人間の間でも感染するのでしょうか?
10:56
Well thisこの is a question質問
この疑問に大きな関心を
11:01
whichどの fascinated魅惑的な Chesterチェスター Southamサザム,
寄せたのが1950年代の
11:03
a cancer doctor医師 in the 1950s.
腫瘍学者 チェスター・サウザンでした
11:05
Ad広告 he decided決定しました to put thisこの to the testテスト
彼は赤の他人のガンを
11:08
by actually実際に deliberately故意に inoculating接種する people
人に植え付けるという実験を
11:11
with〜と cancer fromから somebody誰か elseelse.
行うことにしました
11:14
And thisこの is a photograph写真 of DrDr. Southamサザム in 1957
これは1957年 オハイオ州刑務所の
11:17
injecting注射する cancer into a volunteerボランティア,
囚人であった志願者に
11:21
who in thisこの case場合 was an inmate受刑者
サウザン医師が
11:24
in Ohioオハイオ州 State状態 Penitentiary刑務所.
ガンを注射している写真です
11:26
Most最も of the people thatそれ DrDr. Southamサザム injected注射した
この実験で
11:30
did notない go on to develop開発する cancer
ガンに感染した人は
11:32
fromから the injected注射した cells細胞.
わずかに数えるのみでした
11:34
Butだがしかし a small小さい number of themそれら did,
彼らの免疫力は
11:36
and they彼ら were mostly主に people who were otherwiseさもないと ill病気 --
低下しておりいずれにせよ
11:38
whoseその immune免疫 systemsシステム were probably多分 compromised損害を受けた.
近々何か病気を患ったことでしょう
11:41
What thisこの tells伝える us,
この実験からわかるのは
11:46
ethical倫理的な issues問題 aside脇に,
道徳の問題は
11:48
is thatそれ ...
さておいて
11:50
(Laughter笑い)
(笑)
11:52
it'sそれは probably多分 extremely極端な rareまれな
人間の間でのガン感染は
11:54
for cancers to be transferred移転した betweenの間に people.
非常に珍しいということです
11:57
Howeverしかしながら, under some一部 circumstances状況,
しかしある条件下では
12:01
itそれ can happen起こる.
感染する可能性もあります
12:03
And I think思う thatそれ thisこの is something何か
このことは これから
12:06
thatそれ oncologists腫瘍学者 and epidemiologists疫学者
腫瘍学者や疫学者に
12:08
should be aware承知して of in the future未来.
考慮してほしいことです
12:10
Soだから justちょうど finally最後に,
最後に
12:13
cancer is an inevitable必然的 outcome結果
ガンになるのを防ぐ事は
12:15
of the ability能力 of our我々の cells細胞
細胞の分裂能力と
12:17
to divide分ける
環境適応能力からして
12:19
and to adapt適応する to their彼らの environments環境.
不可能です
12:21
Butだがしかし thatそれ does notない mean平均 thatそれ we我々 should give upアップ hope希望
だからといってガンに
12:24
in the fight戦い againstに対して cancer.
屈服する必要はないのです
12:27
In fact事実, I believe信じる, given与えられた moreもっと knowledge知識
実際 ガン成長の
12:29
of the complex複合体 evolutionary進化的 processesプロセス thatそれ driveドライブ cancer'sがん growth成長,
複雑な進化の過程を解析することで
12:31
we我々 can defeat敗北 cancer.
ガンを撲滅することができると思っています
12:34
My私の personal個人的 aim目的
私個人の目標は
12:37
is to defeat敗北 the Tasmanianタスマニア人 devil悪魔 cancer.
このタスマニアデビルのガンに打ち勝つことです
12:39
Let'sしてみましょう prevent防ぐ the Tasmanianタスマニア人 devil悪魔
彼らがこのガンで
12:43
fromから beingであること the first最初 animal動物
絶滅する最初の動物になるのを
12:45
to go extinct絶滅した fromから cancer.
私達の手で防ぎましょう
12:47
Thankありがとうございます you君は.
ありがとうございました
12:49
(Applause拍手)
(拍手)
12:51

▲Back to top

About the speaker:

Elizabeth Murchison - Cancer researcher
Elizabeth Murchison studies a mysterious (and contagious) cancer that threatens to wipe out Tasmanian devils.

Why you should listen

Elizabeth Murchison grew up in Tasmania, the island home of the small, aggressive marsupial known as the Tasmanian devil. In the mid-'90s, the devils were beset with a terrible new disease -- a contagious facial cancer, spread by biting, that killed the animals just as they reached breeding age. By 2008, half the devil population of Australia had contracted the cancer and died. And as Murchison says: "I didn’t want to sit back and let the devils disappear.”

Leading an international team at Cold Spring Harbor Laboratory, she worked to understand why this cancer was so virulent -- with the goal of saving the Taz, as it is called, but also of understanding how a contagious cancer works. Analyzing gene and microRNA activity in 25 different facial tumors and in healthy tissue, the team found that cancers from animals across Tasmania were identical, and that the cancer stems from Schwann cells, which normally insulate nerve fibers.

Now a Research Fellow in Medical Sciences at King's College, Cambridge, Murchison is using high-throughput DNA sequencing technologies to investigate the genetics and evolution of this disease, one of only three known cancers that spread contagiously.

She says: "This is why cancer is such a difficult disease to treat: It evolves."

More profile about the speaker
Elizabeth Murchison | Speaker | TED.com