English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2003

Tierney Thys: Swim with the giant sunfish

ティアニー・ティス: 巨大マンボウと過ごすとき

Filmed
Views 931,312

海洋生物学者のティアニー・ティスが私達を海へといざない、モラモラと呼ばれる巨大マンボウの世界を紹介します。ひなたぼっこをしたり、クラゲを食べたり、マッサージを楽しむこの巨大生物は、大海原の命に関する鍵を握っています。

- Marine biologist
Tierney Thys is a marine biologist and science educator. She studies the behavior of the Mola mola, or giant ocean sunfish -- and works with other scientists to make films that share the wonders they see. Full bio

I'd like to start開始 tonight今晩 by something completely完全に different異なる,
今夜は独特の内容から始めたいと思います
00:25
asking尋ねる you to join参加する me by steppingステッピング off the land土地
少しの間 私と一緒に陸から離れて
00:29
and jumpingジャンプする into the open開いた ocean海洋 for a moment瞬間.
海の中へ飛び込んでください
00:33
90 percentパーセント of the living生活 spaceスペース on the planet惑星 is in the open開いた ocean海洋,
地球上の生命圏の9割は海であり
00:38
and it's where life -- the titleタイトル of our seminarセミナー tonight今晩 -- it's where life began始まった.
今夜の演題である命は そこから始まりました
00:43
And it's a livelyにぎやか and a lovely美しい place場所,
活気があって 美しい場所です
00:48
but we're rapidly急速に changing変化 the oceans with our --
しかし乱獲や 無責任な漁法や
00:51
not only with our overfishing乱獲, our irresponsible無責任な fishing釣り,
農地で使う化学肥料のような汚染物質を垂れ流すことで
00:55
our adding追加する of pollutants汚染物質 like fertilizer肥料 from our cropland農耕地,
急速に海を変化させています
01:00
but alsoまた、, most最も recently最近, with climate気候 change変化する,
最近は気候変動も問題です
01:05
and Steveスティーブ Schneiderシュナイダー, I'm sure, will be going into greater大きい detail詳細 on this.
シュナイダー氏が詳細を明かしてくれるでしょう
01:07
Now, as we continue持続する to tinker汚れ with the oceans,
海に手を加え続けることで
01:10
more and more reportsレポート are predicting予測する that the kinds種類 of seas that we're creating作成
クラゲやバクテリアのような低エネルギー生物が支配する海が
01:13
will be conducive助ける to low-energy低エネルギー typeタイプ of animals動物, like jellyfishクラゲ and bacteria細菌.
作られると予想するリポートが増えています
01:18
And this mightかもしれない be the kind種類 of seas we're headed先行 for.
私達はこんな海に向かっているかもしれません
01:23
Now jellyfishクラゲ are strangely妙に hypnotic催眠薬 and beautiful綺麗な,
クラゲはうっとりするほど美しく
01:26
and you'llあなたは see lots of gorgeousゴージャスな onesもの at the aquarium水族館 on Friday金曜日,
金曜日には水族館で優美なクラゲがたくさん見られるでしょう
01:30
but they sting刺す like hell地獄, and jellyfishクラゲ sushi寿司 and sashimi刺身
でも クラゲに刺されると大変で クラゲの寿司や刺身は
01:35
is just not going to fill埋める you up.
お腹の足しにはなりません
01:40
About 100 gramsグラム of jellyfishクラゲ equals等しい four4つの caloriesカロリー.
クラゲ100gは4カロリーなんです
01:42
So it mayかもしれない be good for the waistlineウエストライン,
ウエスト周りには良いかも知れませんが
01:47
but it probably多分 won't〜されません keep you satiated飽和した for very long.
腹持ちはおそらく良くないでしょう
01:49
And a sea that's just filled満たされた and teeming溢れる with jellyfishクラゲ
そして クラゲだらけの海は
01:52
isn't very good for all the other creatures生き物 that liveライブ in the oceans,
他の海洋生物にも都合が良くありません
01:57
that is, unless限り you eat食べる jellyfishクラゲ.
でも クラゲを食べるなら別です
02:00
And this is this voracious貪欲な predator捕食者 launching打ち上げ a sneakこっそりした attack攻撃
これはカツオノカンムリというクラゲに
02:03
on this poor貧しい little unsuspecting疑いのない jellyfishクラゲ there, a by-the-windバイ・ザ・ウィンド sailor船員.
不意打ちを食わせる捕食動物です
02:07
And that predator捕食者 is the giant巨人 ocean海洋 sunfishサンフィッシュ, the Molaモラ molaモラ,
その捕食動物とは主にクラゲを食べる―
02:11
whoseその primary一次 prey獲物 are jellyfishクラゲ.
巨大マンボウのモラモラです
02:17
This animal動物 is in "The Guinnessギネス World世界 Book of Records記録"
世界一重たい硬骨魚として
02:20
for beingであること the world's世界の heaviest最も重い bony fish.
ギネスブックに載っています
02:22
It reaches届く up to almostほぼ 5,000 poundsポンド -- on a dietダイエット of jellyfishクラゲ, primarily主に.
クラゲを主食として 約2300kgまで成長します
02:24
And I think it's kind種類 of a niceいい little cosmological宇宙論 convergence収束 here
宇宙につながる素敵な出会いがあるんです
02:31
that the Molaモラ molaモラ -- its common一般 name is sunfishサンフィッシュ --
モラモラの英名はサン(太陽)フィッシュで
02:35
that its favoriteお気に入り foodフード is the moon jellyゼリー.
大好物は月クラゲです
02:38
So it's kind種類 of niceいい, the sun太陽 and the moon getting取得 together一緒に this way,
太陽と月がこうやって一緒になるなんて素敵
02:42
even if one is eating食べる the other.
片方が食べられてしまってもね
02:46
Now this is typically典型的には how you see sunfishサンフィッシュ,
これはよく見かけられる姿で
02:51
this is where they get their彼らの common一般 name.
名前の由来はここにあります
02:54
They like to sunbathe日光浴, can't blame責任 them.
日光浴好きなので もっともですね
02:56
They just lay寝る out on the surface表面 of the sea
ただ海面に横たわるようにして
02:58
and most最も people think they're sick病気 or lazy怠惰な, but that's a typical典型的な behavior動作,
病気か怠け者と思われがちですが
03:01
they lie嘘つき out and baskバス on the surface表面.
日光浴は典型的な習性です
03:05
Their彼らの other name, Molaモラ molaモラ, is -- it sounds Hawaiianハワイアン,
別名モラモラは ハワイ語のように聞こえますが
03:08
but it's actually実際に Latinラテン for millstone石臼,
由来は石臼を意味するラテン語です
03:11
and that's attributable帰属 to their彼らの roundish丸みを帯びた, very bizarre奇妙な, cut-off断つ shape形状.
丸くて パツンと切られたような風変わりな形で
03:14
It's as if, as they were growing成長する, they just forgot忘れた the tail part.
まるで成長期に尾を忘れたかのよう
03:20
And that's actually実際に what drew描いた me to the Molaモラ in the first place場所,
私がマンボウに興味を持ち始めたのも
03:24
was this terriblyひどく bizarre奇妙な shape形状.
このとっぴな形のためでした
03:28
You know, you look at sharksサメ, and they're streamlined合理化された, and they're sleek洗練された,
サメは流線形で なめらかですね
03:31
and you look at tunaツナ, and they're like torpedoes魚雷 --
マグロは魚雷のようで 目的が明確です
03:36
they just give away their彼らの agenda議題. They're about migration移行 and strength,
いかにも回遊と力を見せる体つきです
03:39
and then you look at the sunfishサンフィッシュ.
そしてマンボウを見るわけです
03:43
(Laughter笑い)
(笑)
03:46
And this is just so elegantlyエレガントに mysterious不思議な, it's just --
これは何というか…上品なほど…神秘的で
03:48
it really kind種類 of holds保持 its cardsカード a lot tighterよりタイトな than say, a tunaツナ.
マグロほど手のうちを見せません
03:55
So I was just intrigued興味をそそられる with what -- you know, what is this animal's動物の storyストーリー?
それで どんな生き物かと魅せられました
04:02
Well, as with anything in biology生物学, nothing really makes作る senseセンス
生物の世界は進化論に沿わないと
04:08
exceptを除いて in the light of evolution進化.
きちんとした説明はつきません
04:11
The Mola'sモラ no exception例外.
マンボウも例外ではありません
04:13
They appeared出現した shortlyまもなく after the dinosaurs恐竜 disappeared消えた,
6500万年前 恐竜が絶滅した後
04:15
65 million百万 years ago, at a time when whalesくじら still had legs,
間もなくして現れました クジラにまだ足があった時代です
04:19
and they come from a rebellious反抗的な little pufferふくらはぎ fish faction --
反抗的なフグの仲間から来ています
04:23
oblige占領 me a little Kipling-esqueキプリング - エスク storytellingストーリーテリング here.
キップリングの話のようですね
04:29
Of courseコース evolution進化 is somewhat幾分 randomランダム, and you know,
もちろん進化は行きあたりばったりですが
04:32
about 55 million百万 years ago there was this rebellious反抗的な little pufferふくらはぎ fish faction
約5500万年前 反抗的なフグの仲間がいて
04:35
that said, oh, the heck地獄 with the coralコーラル reefsサンゴ礁 --
こんな珊瑚礁なんて嫌だから
04:39
we're going to head to the high高い seas.
外洋に出るんだ と言いました
04:41
And lots of generations世代, lots of tweaking微調整 and torquingトルクをかける,
何世代にも渡って あれこれあった後に
04:43
and we turn順番 our pufferふくらはぎ into the Molaモラ.
フグをマンボウに変えたのです
04:48
You know, if you give Mother Nature自然 enough十分な time, that is what she will produce作物.
大自然に充分な時間を与えると こんなものが生まれます
04:50
They look -- maybe they look
マンボウの見た目は
04:58
kind種類 of prehistoric先史時代の and unfinished未完成の, abridged要約 perhapsおそらく,
生きた化石のようで 中途半端に 略された感じですが
05:00
but in fact事実, in fact事実 they are the --
実のところ マンボウは大自然に
05:04
they vie争う for the top positionポジション of the most最も evolutionarily-derived進化的に導かれた fish in the sea,
順応して進化した魚の第一位を カレイ目の魚類と
05:08
right up there with flat平らな fish.
張り合っています
05:14
They're -- everyすべて singleシングル thing about that fish has been changedかわった.
マンボウは何から何まで変化しました
05:17
And in terms条項 of fishes魚類 --
5億年前からいる―
05:21
fishes魚類 appeared出現した 500 million百万 years ago, and they're prettyかなり modernモダン,
魚類の中で 5千年前に現れたマンボウは
05:23
just 50 million百万 years ago, so --
かなり近代的な仲間です
05:29
so interestingly興味深いことに, they give away their彼らの ancestry祖先 as they develop開発する.
面白いことに 成長する過程で祖先の面影が現れます
05:33
They start開始 as little eggs,
マンボウの卵は小さくて
05:38
and they're in "The Guinnessギネス World世界 Book of Records記録" again
地球上の脊椎動物で一番卵が多いことでも
05:40
for having持つ the most最も number of eggs of any vertebrate脊椎動物 on the planet惑星.
ギネスブックに載っています
05:42
A singleシングル four-foot4フィート female女性 had 300 million百万 eggs,
1.2mの雌マンボウ一匹が3億個の卵を産みます
05:46
can carryキャリー 300 million百万 eggs in her ovaries卵巣 -- imagine想像する --
卵巣に3億個の卵です
05:52
and they get to be over 10 feetフィート long. Imagine想像する what a 10 foot one has.
そして彼らは3m以上まで成長します 3mのマンボウが持つ卵を想像してみてください
05:55
And from that little egg,
小さな卵から
06:00
they passパス throughを通して this spikyスパイキー little porcupineポーキュパイン fish stageステージ, reminiscent思い出す of their彼らの ancestry祖先,
先祖の面影が残るヤマアラシのようなトゲがある段階を経て
06:02
and develop開発する -- this is their彼らの little adolescent思春期の stageステージ.
このような青年期に成長します
06:07
They school学校 as adolescents青年, and become〜になる behemoth巨人 loners孤独 as adults大人.
青年期には群れをなし 成魚になると巨大な一匹狼となります
06:10
That's a little diverダイバー up there in the cornerコーナー.
右上にいるのはダイバーです
06:17
They're in "The Guinnessギネス World世界 Book of Records記録" again
脊椎動物の中で成長する比率が一番大きいことでも
06:20
for beingであること the vertebrate脊椎動物 growth成長 championチャンピオン of the world世界.
ギネスブックにも載っています
06:23
From their彼らの little hatching孵化 sizeサイズ of their彼らの egg, into their彼らの little larval幼虫 stageステージ
小さな卵から孵り 幼生を経て
06:26
tillまで they reachリーチ adulthood成人期, they put on 600 million百万 times an increase増加する in weight重量.
成魚になるまで体重は6億倍も増加します
06:30
600 million百万. Now imagine想像する if you gave与えた birth誕生 to a little baby赤ちゃん,
6億倍です 小さな赤ちゃんを産んだと想像して
06:36
and you had to feedフィード this thing.
授乳するとしましょう
06:42
That would mean that your child, you would expect期待する it to gain利得 the weight重量 of six6 Titanicsタイタニックス.
その赤ちゃんがタイタニック6隻分まで増量するのと同じです
06:46
Now I don't know how you'dあなたは feedフィード a child like that but --
どうやって育てればいいのでしょうね
06:53
we don't know how fast速い the Molasモラス grow成長する in the wild野生,
自然界でマンボウがどれだけ早く成長するのか知りませんが
06:56
but captive捕虜 growth成長 studies研究 at the Montereyモントレー Bayベイ Aquarium水族館 --
モンテレーベイ水族館は マンボウの飼育研究を
07:02
one of the first places場所 to have them in captivity捕虜 --
初めて行った場所の一つで
07:05
they had one that gained得られた 800 lbsポンド in 14 months数ヶ月.
14か月で360kg増量したマンボウがいました
07:07
I said, now, that's a true真実 Americanアメリカ人.
アメリカはそうでなきゃ!と思いました
07:11
(Laughter笑い)
(笑)
07:14
(Applause拍手)
(拍手)
07:18
So beingであること a loner孤独 is a great thing, especially特に in today's今日の seas,
一匹狼は今日の海では特に良いことです
07:20
because schooling学校教育 used to be salvation救い for fishes魚類,
群れをなすのは魚にとって救いでありましたが
07:24
but it's suicide自殺 for fishes魚類 now.
今では自殺行為です
07:27
But unfortunately残念ながら Molasモラス, even thoughしかし they don't school学校,
しかし不幸にもマンボウは群れをなさなくても
07:30
they still get caught捕らえられた in netsネット as by-catchバイキャッチ.
混獲されてしまいます
07:32
If we're going to saveセーブ the world世界 from total合計 jellyfishクラゲ domination支配,
世界をクラゲだらけにしないためには
07:34
then we've私たちは got to figure数字 out what the jellyfishクラゲ predators捕食者 --
マンボウのようなクラゲ捕食者の
07:39
how they liveライブ their彼らの lives人生, like the Molaモラ.
生活を解明しなくてはいけません
07:41
And unfortunately残念ながら, they make up a large portion部分 of the Californiaカリフォルニア by-catchバイキャッチ --
不幸にも彼らはカリフォルニアの混獲を大きく占め
07:43
up to 26 percentパーセント of the driftドリフト netネット.
流し網漁の26%までになります
07:48
And in the Mediterranean地中海, in the swordfishメカジキ netネット fisheries漁業,
そして地中海のメカジキ漁では
07:50
they make up up to 90 percentパーセント.
9割を占めています
07:55
So we've私たちは got to figure数字 out how they're living生活 their彼らの lives人生.
ですから彼らが いかに生きているのか解明しなくてはいけません
07:59
And how do you do that?
研究するにも
08:02
How do you do that with an animal動物 -- very few少数 places場所 in the world世界.
生息する場所も限られています
08:04
This is an open開いた ocean海洋 creature生き物. It knows知っている no boundaries境界 -- it doesn't go to land土地.
マンボウは外洋生物です 囲いはなく 陸には上がりません
08:07
How do you get insight洞察力?
どうやって調べましょうか
08:11
How do you seduce誘惑する an open開いた ocean海洋 creature生き物 like that to spillこぼれる its secrets秘密?
どういう手を使ったら外洋生物の秘密に近づけるでしょう
08:13
Well, there's some great new新しい technology技術
最近登場したばかりの
08:18
that has just recently最近 become〜になる available利用可能な,
素晴らしい技術があって
08:21
and it's just a boon恩恵 for getting取得 insight洞察力 into open開いた ocean海洋 animals動物.
海洋生物を観察するには大いに役立ちます
08:23
And it's pictured描かれた right here, that little tagタグ up there.
この写真で見えるように小さな発信機をつけます
08:27
That little tagタグ can record記録 temperature温度, depth深さ and light intensity強度,
この札は水温 水深 明るさを時間と共に記録し
08:31
whichどの is correlated相関 with time, and from that we can get locations場所.
そこから場所を特定できるのです
08:36
And it can record記録 this dataデータ for up to two years,
2年分のデータを記録でき
08:40
and keep it in that tagタグ, release解放 at a pre-programmed予めプログラムされた time,
指定した時間に札が外れて
08:44
float浮く to the surface表面, uploadアップロード all that dataデータ, that whole全体 travelogue旅行,
水面に浮上し 旅行記データが
08:48
to satellite衛星, whichどの relaysリレー it directly直接 to our computersコンピュータ,
衛星経由で私達のコンピュータに直接届きます
08:52
and we've私たちは got that whole全体 datasetデータセット. And we didn't even have --
そして完全なデータ一式が得られます
08:55
we just had to tagタグ the animal動物 and then we went行った home and you know, sat座っている at our desksデスク.
魚に札をつけたら 我達はオフィスで待つわけです
08:59
So the great thing about the Molaモラ
好都合なことに
09:04
is that when we put the tagタグ on them -- if you look up here --
こんな風に札をつけても
09:06
that's streamingストリーミング off, that's right where we put the tagタグ.
マンボウは気づきません
09:09
And it just so happens起こる that's a parasite寄生虫 hanging吊るす off the Molaモラ.
実はこれはマンボウに寄生する生物です
09:11
Molasモラス are infamous悪名高い for carrying運ぶ tonsトン of parasites寄生虫.
マンボウは大量の寄生生物がいることで有名で
09:15
They're just parasite寄生虫 hotelsホテル; even their彼らの parasites寄生虫 have parasites寄生虫.
寄生虫に寄生虫がいるほどで ダンがそんな詩を
09:18
I think Donneドンネ wrote書きました a poem about that.
書いていた気がします
09:22
But they have 40 genera of parasites寄生虫,
彼らには寄生虫が40種類もいるので
09:24
and so we figured思った just one more parasite寄生虫 won't〜されません be too much of a problem問題.
一つ増えても害はないだろうと判断しました
09:27
And they happen起こる to be a very good vehicle車両 for carrying運ぶ oceanographic海洋学 equipment装置.
彼らは海洋学装置を運ぶには非常に良い体をしています
09:31
They don't seem思われる to mindマインド, so far遠い.
迷惑がってるようでもありません
09:36
So what are we trying試す to find out? We're focusingフォーカス on the Pacificパシフィック.
私達の研究は太平洋に着目し
09:39
We're taggingタグ付け on the Californiaカリフォルニア coast海岸, and we're taggingタグ付け over in Taiwan台湾 and Japan日本.
カリフォルニア沿岸と台湾や日本で札付けをして
09:43
And we're interested興味がある in how these animals動物 are usingを使用して the currents電流,
マンボウが海流 水温 外洋をどのように
09:47
usingを使用して temperature温度, usingを使用して the open開いた ocean海洋, to liveライブ their彼らの lives人生.
生活の中で活用しているのか突きとめようとしています
09:50
We'd結婚した love to tagタグ in Montereyモントレー.
モンテレーでも観測したいです
09:56
Montereyモントレー is one of the few少数 places場所 in the world世界 where Molasモラス come in large numbers数字.
モンテレーは世界でもマンボウがたくさん見られる珍しい場所の一つです
09:58
Not this time of year -- it's more around October10月.
この時季ではなく10月頃です
10:02
And we'd結婚した love to tagタグ here -- this is an aerial空中 shotショット of Montereyモントレー --
ここで観察したいのです これはモンテレーの航空写真ですが
10:05
but unfortunately残念ながら, the Molasモラス here end終わり up looking like this
残念なことに ここのマンボウはこんな状態
10:08
because another別の one of our locals地元の人々 really likes好きな人 Molasモラス but in the wrong違う way.
マンボウを悪い意味で好む生き物がいるからです
10:12
The Californiaカリフォルニア sea lionライオン takes the Molasモラス as soonすぐに as they come into the bay,
カリフォルニアトドはマンボウが湾に入って来るなり
10:16
ripsリップス off their彼らの finsフィン, fashionsファッション them into the ultimate究極 Frisbeeフリスビー, Molaモラ styleスタイル,
ヒレをちぎってフリスビーのようにもて遊び
10:20
and then tossesトース them back and forth前進.
あっちこっちへと投げるのです
10:25
And I'm not exaggerating誇張する, it is just --
大袈裟に言っているのではなく
10:27
and sometimes時々 they don't eat食べる them, it's just spiteful気まずい.
必ずしも食べる訳ではないので意地悪です
10:30
And you know, the locals地元の人々 think it's terribleひどい behavior動作,
地元住民は酷い行為だと思っています
10:33
it's just horrible恐ろしい watching見ている this happen起こる, day after day.
毎日毎日 こんな事が起こるのを見るのはたまりません
10:38
The poor貧しい little Molasモラス coming到来 in, getting取得 ripped裂けた to shreds細断,
マンボウはやって来て ズタズタにやられるのですから
10:43
so we head down south, to Sanサン Diegoディエゴ.
私達はサンディエゴまで南下しました
10:46
Not so manyたくさんの Californiaカリフォルニア sea lionsライオンズ down there.
そこにはトドはあまりいません
10:50
And the Molasモラス there, you can find them with a spotterスポッター plane飛行機 very easily簡単に,
そこにいるマンボウは観測機だと簡単に見つけられ
10:52
and they like to hangハング out under floatingフローティング raftsラフト of kelp昆布.
浮かんでいる海藻の下でのんびりするのを好みます
10:55
And under those kelps昆布 -- this is why the Molasモラス come there
海藻の下に行くのは
10:58
because it's spaスパ time for the Molasモラス there.
マンボウには保養だからです
11:01
As soonすぐに as they get under those raftsラフト of kelp昆布, the exfoliating剥離 cleanerクリーナー fish come.
海藻の下に行くとすぐに 掃除魚がやって来ます
11:05
And they come and give the Molasモラス --
彼らがやってくると
11:09
you can see they strikeストライク this funny面白い little positionポジション that says言う,
マンボウはこんな面白い格好をして言うんです
11:11
"I'm not threatening脅かす, but I need a massageマッサージ."
“ねぇねぇ マッサージお願い”
11:14
(Laughter笑い)
(笑)
11:16
And they'll彼らは put their彼らの finsフィン out and their彼らの eyes go in the back of their彼らの head,
ヒレを開いて 白目をむくと
11:20
and the fish come up and they just cleanクリーン, cleanクリーン, cleanクリーン --
魚がやってきて お掃除します
11:24
because the Molasモラス, you know, there's just a smorgasbordSmorgasbord of parasites寄生虫.
沢山の寄生虫が食べ放題のバイキングです
11:28
And it's alsoまた、 a great place場所 to go down south
また 南下すると水も温かく
11:32
because the water's水の warmer暖かい, and the Molasモラス are kind種類 of friendlyフレンドリーな down there.
気持ちが良くて マンボウも人懐こいのです
11:34
I mean what other kind種類 of fish, if you approachアプローチ it right,
近づいて行くと “なでてちょうだい” なんて言う魚は
11:38
will say, "Okay, scratchスクラッチ me right there."
いないでしょう
11:41
You truly真に can swim泳ぐ up to a Molaモラ -- they're very gentle優しい --
とても大人しいので マンボウに近づけます
11:43
and if you approachアプローチ them right, you can give them a scratchスクラッチ and they enjoy楽しんで it.
そばまで行って なでてあげると喜びます
11:46
So we've私たちは alsoまた、 taggedタグ付き one part of the Pacificパシフィック;
太平洋のこちら側でも
11:52
we've私たちは gone行った over to another別の part of the Pacificパシフィック,
あちら側でも観測をしました
11:54
and we've私たちは taggedタグ付き in Taiwan台湾, and we taggedタグ付き in Japan日本.
台湾と日本です
11:56
And over in these places場所, the Molasモラス are caught捕らえられた in setセット netsネット that lineライン these countries.
そこでは 沿岸の定置網で捕まえると
12:00
And they're not thrownスローされた back as by-catchバイキャッチ, they're eaten食べた.
混獲として海に返されず食用にされます
12:05
We were servedサービスされた a nine-course9コース mealお食事 of Molaモラ after we taggedタグ付き.
私達は観測の後にマンボウの9品コース料理を出されました
12:08
Well, not the one we taggedタグ付き!
私たちが観測したものではありません
12:13
And everything from the kidney腎臓, to the testes精巣, to the back bone,
腎臓に睾丸 背骨 ヒレの筋肉まで
12:16
to the finフィン muscle to -- I think that ís prettyかなり much the whole全体 fish -- is eaten食べた.
マンボウ全体が食べられていると思います
12:19
So the hardest一番難しい part of taggingタグ付け, now, is
この観測で一番辛いのは
12:32
after you put that tagタグ on, you have to wait, months数ヶ月.
札をつけた後 何か月も待たなくてはいけないことです
12:36
And you're just wondering不思議, oh, I hope希望 the fish is safe安全,
マンボウが無事でありますように と祈るだけです
12:41
I hope希望, I hope希望 it's going to be ableできる to actually実際に liveライブ its life out
札が情報を記録している間
12:45
during the courseコース that the tagタグ is recording録音.
生き抜けるようにと願うわけです
12:49
The tagsタグ costコスト 3500 dollarsドル each, and then satellite衛星 time is another別の 500 dollarsドル,
札は一つ3500ドルで衛星タイムは500ドルなので
12:52
so you're like, oh, I hope希望 the tagタグ is okay.
札が無事でありますように と思うわけです
12:58
And so the waiting待っている is really the hardest一番難しい part.
待っている時間が一番大変です
13:01
I'm going to showショー you our latest最新 datasetデータセット.
最新のデータをお見せします
13:04
And it hasn't持っていない been published出版された, so it's totally完全に privy秘密 information情報 just for TEDTED.
これはTEDが初公開となる未公開のデータです
13:06
And in showing表示 you this, you know, when we're looking at this dataデータ,
私達がこのデータを見て思うのは
13:11
we're thinking考え, oh do these animals動物, do they crossクロス the equator赤道?
この生き物は赤道を越えるのかどうか?
13:15
Do they go from one side of the Pacificパシフィック to the other?
彼らは太平洋の端から端まで行くのか?
13:18
And we found見つけた that they kind種類 of are homebodies家庭.
彼らはどちらかと言うと引きこもりがちです
13:20
They're not big大きい migrators移住者. This is their彼らの trackトラック:
それほど回遊しません ここで示したように
13:25
we deployed展開された the tagタグ off of Tokyo東京, and the Molaモラ in one month
東京から後を追ってみたところ 一か月後
13:27
kind種類 of got into the Kuroshio黒潮 Current現在 off of Japan日本 and foraged飼料 there.
黒潮に乗って 沖合いで食糧探しを始め
13:31
And after four4つの months数ヶ月, went行った up, you know, off of the north part of Japan日本.
4ヶ月後には 三陸はるか沖合に移動しました
13:36
And that's kind種類 of their彼らの home range範囲.
そこが行動圏です
13:40
Now that's important重要, thoughしかし, because if there's a lot of fishing釣り pressure圧力,
もし漁が盛んだったらマンボウの生息数は
13:42
that population人口 doesn't get replenished補充された.
増えないので これは重要なんです
13:46
So that's a very important重要 pieceピース of dataデータ.
ですからこれは非常に重要なデータですが
13:49
But alsoまた、 what's important重要 is that they're not slackerスラッカー, lazy怠惰な fish.
もう一つ重要なのは彼らは怠け者ではないということです
13:51
They're superスーパー industrious勤勉.
とても働き者です
13:57
And this is a day in the life of a Molaモラ, and if we --
これはマンボウの一日を示したものです
13:59
they're up and down, and up and down, and up and down, and up
彼らは潜ったり上がったり 上下運動を一日に
14:02
and up and down, up to 40 times a day.
最大40回も繰り返します
14:06
As the sun太陽 comes来る up, you see in the blue, they start開始 their彼らの dive潜水.
青線のように 日の出からダイブを始めます
14:08
Down -- and as the sun太陽 gets取得 brighterより明るい they go a little deeperもっと深く, little deeperもっと深く.
陽ざしが強くなると 少しずつ潜って行き
14:13
They plumb鉛直 the depths深さ down to 600 metersメートル, in temperatures温度 to one degree centigrade摂氏,
600mの深さまで潜ります 水温は1℃で
14:17
and this is why you see them on the surface表面 -- it's so coldコールド down there.
とても冷たいので海面で日光浴をするんです
14:23
They've彼らは got to come up, warm暖かい, get that solar太陽 powerパワー,
上がってきて太陽熱を得なくちゃいけません
14:27
and then plunge飛び込む back into the depths深さ, and go up and down and up and down.
そして再び上下運動を繰り返します
14:29
And they're hittingヒッティング a layer down there; it's calledと呼ばれる the deep深い scattering散乱 layer --
深海音波散乱層という食べ物がたくさんいる
14:32
whichどの a whole全体 variety品種 of food's食べ物 in that layer.
層まで潜って行きます
14:35
So ratherむしろ than just beingであること some sunbathing日光浴 slackerスラッカー,
ただの日光浴をする怠け者ではなく
14:40
they're really very industrious勤勉 fish that danceダンス this wild野生 danceダンス
海面から 温度も違う海中深くまで
14:44
betweenの間に the surface表面 and the bottom and throughを通して temperature温度.
踊りを繰り返す実に働き者の魚です
14:47
We see the same同じ patternパターン -- now with these tagsタグ
この札を使って 同様のパターンが
14:52
we're seeing見る a similar類似 patternパターン for swordfishes剣魚, mantaマンタ raysレイ, tunasマグロ,
メカジキ マンタ マグロにも見られます
14:55
a realリアル three-dimensional三次元 play遊びます.
三次元のパフォーマンスです
14:59
This is part of a much larger大きい programプログラム calledと呼ばれる the Census国勢調査 of Marineマリン Life,
これは「海洋生物のセンサス」と呼ばれるもっと大きな計画の一部です
15:04
where they're going to be taggingタグ付け all over the world世界
世界中で行われている調査では
15:07
and the Mola'sモラ going to enter入る into that.
マンボウも対象に含まれます
15:10
And what's excitingエキサイティング -- you all travel旅行, and you know
さて 旅で一番楽しい事は
15:12
the bestベスト thing about traveling旅行 is to be ableできる to find the locals地元の人々,
地元の人に出会い 素敵な所を
15:15
and to find the great places場所 by getting取得 the local地元 knowledge知識.
教えてもらうことです
15:18
Well now with the Census国勢調査 of Marineマリン Life, we'll私たちは be ableできる to sidleシドル up to all the locals地元の人々
「海洋生物のセンサス」によって あらゆる場所の
15:21
and explore探検する 90 percentパーセント of our living生活 spaceスペース, with local地元 knowledge知識.
情報を集め 生命圏の9割を探査できるのです
15:25
It's never -- it's really never been a more excitingエキサイティング, or a vital重要な time, to be a biologist生物学者.
生物学者になって こんなに感動したことはありません
15:30
Whichどの bringsもたらす me to my last pointポイント, and what I think is kind種類 of the most最も fun楽しい.
最後のポイントは 私が一番楽しんでいることです
15:36
I setセット up a websiteウェブサイト because I was getting取得 so manyたくさんの questions質問 about Molasモラス and sunfishサンフィッシュ.
マンボウに関する質問がたくさん寄せられるのでホームページを作りました
15:40
And so I just figured思った I'd have the questions質問 answered答えた,
質問に答えたり スポンサーに
15:48
and I'd be ableできる to thank my funders資金提供者, like Nationalナショナル Geographic地理学 and Lindberghリンドバーグ.
お礼が言えると思ったからです
15:52
But people would write書きます into the siteサイト with all sortsソート of,
すると この生き物に関する様々な話や
15:56
all sortsソート of stories物語 about these animals動物
遺伝子分析のサンプルを得る
16:00
and wanting欲しい to help me get samplesサンプル for genetic遺伝的な analysis分析.
手助けをしたいという書き込みがあるんです
16:03
And what I found見つけた most最も excitingエキサイティング is that everyoneみんな had a shared共有 --
一番嬉しいのは 誰もが海に対する
16:07
a shared共有 love and an interest利子 in the oceans.
愛と興味を持っている事です
16:14
I was getting取得 reportsレポート from Catholicカトリック nuns修道女,
カトリック尼僧 ユダヤ教のラビ イスラム教徒
16:17
Jewishユダヤ人 Rabbisラビ, Muslimsイスラム教徒, Christiansキリスト教徒 -- everybodyみんな writing書き込み in,
キリスト教徒から報告をもらい 誰もが
16:21
unitedユナイテッド by their彼らの love of life.
マンボウの命に対する愛で結びついています
16:26
And to me that -- I don't think I could say it any better than the immortal不滅の Bardバード himself彼自身:
シェークスピアが上手いことを言っています
16:30
"One touchタッチ of nature自然 makes作る the whole全体 world世界 kin親族."
“自然との繋がりが世界を親密にする”
16:36
And sure, it mayかもしれない be just one big大きい old古い silly愚かな fish, but it's helping助ける.
ただの大きな魚かも知れませんが 役に立っています
16:40
If it's helping助ける to unite団結する the world世界, I think it's definitely絶対に the fish of the future未来.
世界の繋がりを助ける 将来性のある魚だと思います
16:44
Translated by Takako Sato
Reviewed by Natsuhiko Mizutani

▲Back to top

About the speaker:

Tierney Thys - Marine biologist
Tierney Thys is a marine biologist and science educator. She studies the behavior of the Mola mola, or giant ocean sunfish -- and works with other scientists to make films that share the wonders they see.

Why you should listen

Marine biologist Tierney Thys has fallen head over heels for a big, goofy fish: the Mola mola, or giant ocean sunfish. In studying the mola -- where they go, what they eat, what eats them -- she's also hunting for clues to the behavior of all life in the open ocean. With their enormous, odd bodies, peaceful habits and lust for jellyfish, these giants can be key to understanding life in the open ocean. Thys and her team are tagging and tracking molas worldwide to learn about how they live, and how climate change may be affecting all ocean life.

Thys is a National Geographic Explorer with a passion for marine education. She was also past director of research at the Sea Studios Foundation, a team of scientists and filmmakers that makes media to raise awareness of environmental issues -- including the PBS series Strange Days on Planet Earth and targeted videos that influence policymakers and businesspeople. Sea Studios was also instrumental in helping eBay stop the trading of invasive species.

More profile about the speaker
Tierney Thys | Speaker | TED.com