English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2016

Monica Byrne: A sci-fi vision of love from a 318-year-old hologram

モニカ・バーン: 318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像

Filmed
Views 883,606

SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。

- Author and playwright
Novelist, writer, culture critic and playwright Monica Byrne thinks that there's an infinite number of stories to tell, and she intends to tell as many as she can. Full bio

Do I look見える realリアル to you君は?
私がリアルに見えますか?
00:17
Hope希望 soそう.
そうだといいのですが
00:20
I have noいいえ ideaアイディア ifif you'reあなたは seeing見る thisこの,
あなたが見ているか分からないけれど
00:21
butだけど I'm私は justちょうど going to look見える ahead前方に
and trust信頼 thatそれ you'reあなたは thereそこ.
ただ前を見て そこにあなたがいると
信じることにしますね
00:23
I've私は drawn描かれた a semicircle半円
in the sand in frontフロント of me
目の前にある砂に半円を描きました
00:27
soそう I don'tしない walk歩く past過去 itそれ
and look見える like I'm私は floatingフローティング in midair中空.
そこを踏み越えて
宙に浮いて見えないように
00:30
Right now I'm私は standing立っている
今 私は外にいて
00:38
in the open開いた air空気,
浜辺にある
00:41
on a beachビーチ under a palm手のひら tree,
ヤシの木陰に立っています
00:42
in the exact正確 spotスポット
whereどこで yourきみの stageステージ used to be.
昔 ステージがあった場所です
00:45
I have 12 minutes with〜と you君は.
与えられた時間は12分です
00:50
I setセット a limit限界.
制限を設けました
00:52
My私の wife NavidNavid once一度 said前記
妻のナヴィードはかつて
00:54
thatそれ infinite無限 possibility可能性
is a creator's創作者 worst最悪 enemy.
無限の可能性は クリエイターの
最大の敵と言いました
00:56
For example, thisこの dressドレス: I'd asked尋ねた
her彼女 to design設計 something何か
例えば このドレス
彼女には 23世紀にカイロで
01:00
thatそれ a priest祭司 mightかもしれない have worn着用した
in 23rd-century第二世紀 Cairoカイロ.
司祭が着ていたようなものを
デザインして欲しいと頼みました
01:03
Butだがしかし we我々 onlyのみ had three days日々 to make作る itそれ,
しかし制作期間は3日のみで
01:06
and the onlyのみ fabricファブリック we我々 had
手元にある布といえば
01:09
was an old古い duvet羽毛布団 coverカバー
thatそれ another別の resident居住者 left behind後ろに.
前の住人が残していった
掛け布団のカバーだけでした
01:11
Butだがしかし she彼女 did itそれ, and it'sそれは perfect完璧な.
しかし 彼女はやり遂げました
しかも 完璧に
01:14
And she彼女 looked見た at itそれ and said前記,
完成したドレスを見て
彼女はこう言いました
01:19
"Proof証明 of concept概念 --
creation創造 needsニーズ constraint制約."
「創作には制限が必要ー
この概念の証明ね」
01:21
Soだから with〜と theseこれら 12 minutes,
さて この12分で
01:27
I'm私は going to telltell you君は
about myじぶんの greatest最大 discovery発見.
私の史上最高の発見を
紹介したいと思います
01:31
For myじぶんの whole全体 life, myじぶんの obsession強迫観念
has been eternal永遠の life,
今までずっと 私は
永遠の命に執着してきました
01:36
as I know知っている itそれ is soそう manyたくさんの of yoursあなたの.
皆さんの中にもきっと
そのような方がいるでしょう
01:41
Youあなたが mayかもしれない be happyハッピー to know知っている
thatそれ yourきみの research研究 will pay支払う off.
今までの自身の探求が報われると
喜んでもらえるかもしれません
01:45
I am 318 years old古い.
私は318歳です
01:50
The average平均 human人間 lifespan寿命
is now 432 years,
現在の人類の平均寿命は
432歳で
01:53
and myじぶんの work has been to extend拡張する
the human人間 lifespan寿命 indefinitely無限に.
私の仕事は 人類の寿命を
無限に延ばすことでした
01:57
And I've私は never決して questioned尋問された thatそれ somedayいつか,
私は いつの日か
人類が 自身の寿命に
02:01
we'll私たちは reachリーチ a pointポイント
whereどこで we'll私たちは be contentコンテンツ.
満足する時が来るだろうと
確信していました
02:03
Butだがしかし the opposite反対の keeps維持する happeningハプニング:
でも その反対です
02:08
the longerより長いです we我々 liveライブ,
the longerより長いです we我々 want to liveライブ,
長く生きれば生きるほど
もっと生きたくなり
02:10
the lessもっと少なく we我々 want to die死ぬ.
もっと死にたくなくなる
02:13
Who誰が can blame責任 us?
当然ですよね?
02:15
The universe宇宙 is soそう big大きい.
宇宙は 広大です
02:18
Thereそこ won't〜されません everこれまで notない be moreもっと to see見る.
これ以上ないくらい
見るものがあります
02:22
Justちょうど yesterday昨日,
ちょうど昨日
02:24
I was reading読書 about howどうやって you君は can
take outでる a boatボート on Europaヨーロッパ
エウロパに向けて船を出し
惑星中の島から島へと
02:25
and sail fromから island to island
allすべて over the planet惑星,
航海する方法を読んだところです
02:28
and some一部 of the islands島々 have villages
thatそれ you君は can stay滞在 and visit訪問
いくつかの島には
滞在できる村々があり
02:30
and sleep睡眠 under the shadow of Jupiter木星.
木星の影の下で寝ることができます
02:34
And then次に there'sそこに thisこの otherその他 island
whereどこで there'sそこに justちょうど one1 songwriterソングライター
ある島では たった1人の作曲家が
02:36
who sits座る and plays演劇 mandolinマンドリン for the ocean海洋.
海に向かって
マンドリンを弾いています
02:41
And then次に thereそこ are othersその他
whereどこで there'sそこに noいいえ one1
他にも 今だかつて誰も
02:43
and thereそこ never決して has been,
訪れたことがない場所があって
02:46
and soそう you君は go justちょうど for the pleasure喜び
of touching触れる yourきみの foot to sand
誰も足跡をつけたことのない砂に
自分の足で触れる喜びを
02:47
thatそれ noいいえ foot has everこれまで touched触れた before.
味わうことができます
02:51
Youあなたが could spend費やす 400 years doing justちょうど thatそれ.
400年 ただそうやって
過ごすことができるのです
02:55
Right now the Moon is rising上昇する
in the Northeast北東.
たった今 月が北東から昇ってきました
03:03
I can see見る the cities都市 on itそれ
with〜と myじぶんの naked eye.
月面の都市が肉眼でも見えます
03:07
They're彼らは connected接続された like nerve神経 clustersクラスタ:
都市は 神経群のように
繋がっています
03:09
Mariapolisマリアポリス on the South Poleポール,
and Ramachandranラマチャンドラン on the Equator赤道.
南極のマリアポリスと
赤道上のラマチャンドラン
03:12
And New新しい Tehranテヘラン in the Sea of Tranquility静けさ.
そして静かの海にある
ニューテヘラン
03:18
That'sそれです whereどこで NavidNavid and I met会った.
そこでナヴィードと私は出会いました
03:24
We私たち were bothどちらも artistsアーティスト downtownダウンタウン.
2人ともダウンタウンの
アーティストでした
03:26
The day we我々 met会った, we我々 were passing通過
each otherその他 in Azadiアザディ Square平方,
出会った日 私たちは
アザディ・スクエアですれ違いざまに
03:30
and we我々 bumpedぶつかった shoulders.
肩がぶつかりました
03:33
And I turned回した to apologizeお詫びする
私が 謝ろうと振り返ったところ
03:34
and she彼女, withoutなし saying言って helloこんにちは
orまたは introducing導入 herself自分自身 orまたは anything何でも,
彼女は挨拶も自己紹介もなく
こう言ったのです
03:36
said前記, "Well, whyなぜ do you君は think思う
we我々 didn'tしなかった justちょうど passパス throughを通して each otherその他?"
「ねえ 私たちがすれ違えなかったのは
なぜだと思いますか?」
03:40
And first最初 of allすべて, I thought,
"Who誰が the hell地獄 are you君は?"
まず私は「いったい何者?」と思いました
03:46
Butだがしかし second二番, the question質問 annoyed悩まされる me,
でもすぐに その質問に
苛立ちを覚えました
03:50
becauseなぜなら the answer回答 is soそう simple単純.
答えはとても単純だったから
03:52
I said前記, "We私たち didn'tしなかった passパス throughを通して each otherその他
私は言いました
「私たちがすれ違えなかったのは
03:54
becauseなぜなら elementary初等 particles粒子 have mass質量
素粒子は質量を有していて
03:57
and becauseなぜなら the spaceスペース
betweenの間に elementary初等 particles粒子
素粒子同士の隙間も
03:59
is filled満たされた with〜と the binding拘束 energyエネルギー
thatそれ alsoまた、 has the propertiesプロパティ of mass質量,
同じく質量のある結合エネルギーで
満たされているからで
04:01
and we've私たちは known既知の thatそれ for 800 years."
800年前から
知られていることでしょう」
04:05
She彼女が must必須 have been in one1 of thoseそれら moods気分
彼女はおそらく
04:09
whereどこで she彼女 likes好きな人 to mess混乱 with〜と strangers見知らぬ人.
他人にちょっかいを出したい
気分だったか
04:11
Orまたは maybe多分 she彼女 was justちょうど flirting遊ぶ with〜と me,
私を誘惑したかったのかもしれません
04:13
becauseなぜなら she彼女 looked見た at me and said前記,
"I thought you'dあなたは sayいう thatそれ.
なぜなら彼女は私を見て言ったのです
「そう言うと思った
04:15
Think思う deeperもっと深く."
もっとよく考えて」
04:20
And then次に she彼女 took取った off her彼女 beltベルト,
そして彼女はベルトを取って―
04:21
thisこの beltベルト thatそれ I'm私は wearing着る now,
今私がつけているこのベルトです
04:23
and she彼女 said前記,
それから こう言いました
04:28
"Our私たち universe宇宙 is built建てられた
soそう thatそれ particles粒子 have mass質量.
「粒子が質量を持つよう
私たちの宇宙はできている
04:32
Withoutなし thatそれ basic基本的な constraint制約,
その基本的制約がなければ
04:38
we'd結婚した have justちょうど passed合格 right throughを通して
each otherその他 at the speed速度 of light
私たちは光の速さですれ違って
04:40
and never決して even known既知の."
知り合うことはなかったでしょう」
04:43
And that'sそれは howどうやって our我々の romanceロマンス began始まった.
こうして私たちの恋は始まったのです
04:48
NavidNavid and I
ナヴィードと私の
04:58
never決して ran走った outでる of thingsもの to talkトーク about.
話が尽きることはありませんでした
05:01
Neverぜんぜん.
決して
05:05
Itそれ was incredible信じられない.
素晴らしいことでした
05:07
Itそれ was like we我々 were bothどちらも heroesヒーロー
climbingクライミング upアップ into a mountain range範囲 together一緒に
まるで2人とも山脈を登る
ヒーローのように
05:08
and we我々 kept保管 arriving到着 at new新しい vistas景色,
新しい景色に辿り着いては
05:12
and theseこれら new新しい, perfect完璧な
constellations星座 of words言葉
新しく完璧な 言葉の星座が
自分たちの口から
05:15
would come outでる of us to describe説明する themそれら.
紡ぎ出されるような感覚を覚えました
05:18
And we'd結婚した forget忘れる themそれら
as soonすぐに as we我々 made themそれら,
そして 生み出したものなどすぐに忘れ
05:20
and throwスロー themそれら over our我々の shoulderショルダー
and go on to the next thingもの, on and upアップ.
背後に投げやって
また次に向かって行ったのです
05:22
Orまたは one1 time時間, NavidNavid said前記 thatそれ our我々の talkトーク
was like we我々 were always常に making作る breadパン,
ある時ナヴィードは 私たちの会話は
パン作りのようだと言いました
05:25
and thatそれ we我々 were always常に
adding追加する in a little少し moreもっと flour小麦粉
いつも少しの小麦粉を足しては
05:29
and a little少し moreもっと water,
少しの水を加え
05:33
and folding折畳み itそれ in and turning旋回 itそれ over
よく混ぜ ひっくり返すけれど
05:34
and never決して getting取得 aroundまわり to bakingベーキング itそれ.
いつまでも焼くところまで
たどり着かない
05:36
Ifもし myじぶんの obsession強迫観念 was eternal永遠の life,
Navid'sNavid's obsession強迫観念 was touchタッチ.
私が永遠の命に執着する一方で
ナヴィードは触覚に夢中でした
05:44
She彼女が had a genius天才 for itそれ.
彼女には才能がありました
05:50
Allすべての of her彼女 work revolved回転した aroundまわり itそれ.
彼女の仕事の中心は いつも触覚でした
05:53
My私の body was like a canvasキャンバス for her彼女,
私の身体は 彼女のキャンバスのようなもので
05:57
and she彼女 would drawドロー her彼女 fingertip指先
downダウン over myじぶんの face soそう slowlyゆっくり
指の動きにも気付けないくらい
05:59
thatそれ I couldn'tできなかった feel感じる itそれ moving動く.
そっと私の顔を撫でたものです
06:04
And she彼女 was obsessed執拗な with〜と the exact正確 moment瞬間
そして彼女は 私が
06:06
whenいつ I would stopやめる beingであること ableできる to telltell
the difference betweenの間に her彼女 body and mine鉱山.
2人の身体の境界を見失う
まさにその瞬間にこだわっていました
06:08
Orまたは she彼女 would justちょうど lie嘘つき across横断する me
and dig掘る her彼女 shoulderショルダー into mine鉱山
あるいは 彼女が私に
寄りかかって肩を押し付け
06:15
and sayいう, "Pilarピラール, whyなぜ does
thisこの feel感じる soそう good良い?"
「ピラー どうしてこんなに気分がいいの?」
と言ってきたなら
06:18
I'd sayいう, "I don'tしない know知っている!"
「さあね!」と返していました
06:23
And she彼女 always常に had a facetious面白い answer回答
for her彼女 facetious面白い question質問,
彼女はいつも おどけた質問に対する
自分なりの愉快な答えを持っていました
06:27
butだけど the answer回答 I remember思い出す today今日 is,
私が覚えているのはこんな答えです
06:33
"Itそれ feels感じる good良い
「気分がいいのはね
06:37
becauseなぜなら the universe宇宙 chose選択した
itsその constraints制約,
宇宙は自ら制約を選び
私たちはそんな宇宙が生んだー
06:38
and we我々 are itsその artアート."
芸術だからよ」
06:41
It'sそれは、します。 always常に funny面白い what you君は think思う
the future未来 is going to be like
想像する未来と
実際に訪れる未来の対比は
06:53
versus what itそれ turnsターン outでる to be.
いつだって面白いのです
06:56
In yourきみの time時間, scientists科学者 thought
humans人間 could freezeフリーズする themselves自分自身
あなた方の時代に 科学者は
人類は自らを凍らせ
07:00
and wake目覚め upアップ in the future未来.
将来蘇生できると考えており
07:03
And they彼ら did -- butだけど then次に they彼ら died死亡しました.
実際に試しましたがー
ほどなく死にました
07:05
In yourきみの time時間, scientists科学者 thought
humans人間 could replace置き換える organs器官
あなた方の時代に 科学者は
人類は臓器を入れ替え
07:11
and extend拡張する life for hundreds数百 of years.
何百年か寿命を延ばせると考えました
07:14
And they彼ら did,
実際に試し
07:18
butだけど eventually最終的に, they彼ら died死亡しました anywayとにかく.
結局 死んでしまいました
07:19
In yourきみの time時間, Earth地球
is the onlyのみ place場所 people liveライブ.
あなた方の時代は 地球は
人類が住む唯一の場所ですが
07:23
In myじぶんの time時間, Earth地球 is the place場所
people come to die死ぬ.
私の時代では 地球は
人類が死を迎えに行く場所です
07:29
Soだから whenいつ NavidNavid started開始した to showショー the signs兆候,
だからナヴィードが
死の兆候を見せた時
07:37
our我々の friends友達 assumed想定される I would do
what everyoneみんな does,
友人は 私が
皆と同じような行動を取ると考えました
07:41
whichどの is sayいう goodbyeさようなら
and send送信する her彼女 to Earth地球,
別れを告げて 彼女を地球に送ることで
07:43
soそう thatそれ noneなし of us
would have to look見える at her彼女
誰も彼女の姿を見たり
側にいないで済むよう
07:46
orまたは be aroundまわり her彼女
orまたは think思う about her彼女 and her彼女 ...
彼女のことや
彼女が生き続けられなかったことを
07:49
failure失敗 to keepキープ living生活.
考えずに済むようにするだろうと
07:54
Moreもっとその thanより anything何でも,
なによりも皆は
08:00
they彼ら didn'tしなかった want to be aroundまわり
her彼女 actual実際の physical物理的 body.
彼女の実体の肉体のそばに
いたくなかったのです
08:02
They彼らが kept保管 referring参照する to itそれ as "declining衰退する,"
皆は肉体が「衰えている」と言いました
08:04
even thoughしかし she彼女 herself自分自身
was fascinated魅惑的な by itそれ,
彼女自身は 肉体が経験している変化―
08:08
the changes変更 itそれ was going throughを通して,
彼女の意思とは無関係に
08:10
following以下 the rulesルール of itsその nature自然
day by day, independent独立した of her彼女 will.
肉体の本質に従って起こる変化に
魅了されていたのに
08:12
I did send送信する NavidNavid to Earth地球.
私は彼女を地球に送りましたが
08:20
Butだがしかし I came来た with〜と her彼女.
自分も一緒にやってきました
08:23
I remember思い出す a friend友人 of ours私たちのもの,
justちょうど before we我々 left, said前記,
ある友人が出発前に
こう言ったのを覚えています
08:26
"I justちょうど think思う it'sそれは arrogant傲慢な,
「ひどく傲慢な感じがする
08:30
like the rulesルール don'tしない apply適用する to you君は,
like you君は think思う yourきみの love is thatそれ special特別."
まるで自分たちの愛は特別で
ルールもお構いなしだなんて」
08:33
Butだがしかし I did.
でも私は来たのです
08:39
Soだから, even hereここに on Earth地球,
だから この地球でも
08:44
I kept保管 workingワーキング on howどうやって to extend拡張する life.
寿命を延ばす方法を探り続けました
08:45
Itそれ didn'tしなかった occur発生する to me
他にやるべきことなど
08:49
thatそれ thereそこ could be anyどれか otherその他 response応答.
考えもしませんでした
08:50
I kept保管 going backバック to thatそれ thingもの
thatそれ NavidNavid said前記 to me
私はいつも あの日
アザディ・スクエアでナヴィードが
08:52
thatそれ day in Azadiアザディ Square平方,
私に言ったことに立ち返るのです
08:55
thatそれ withoutなし thatそれ basic基本的な constraint制約 --
基本的制約がなければ―
08:56
a universe宇宙 thatそれ granted付与された mass質量 to matter問題 --
宇宙が物質に質量を与えなければ―
08:59
we我々 would notない exist存在する.
私たちは存在しなかっただろうと
09:01
That'sそれです one1 ruleルール.
これが1つのルールです
09:05
Anotherもう一つ ruleルール is thatそれ allすべて mass質量
is subject主題 to entropyエントロピ.
もう1つのルールは 全ての物質は
エントロピーに基づいているということです
09:06
And thereそこ is noいいえ way to be
in thisこの universe宇宙 withoutなし mass質量.
質量なくして この宇宙に
存在することはできないのです
09:11
I know知っている. I tried試した everythingすべて.
ええ 私は全て試しました
09:14
I tried試した creating作成 a photon光子 boxボックス
whereどこで the Higgsヒッグス fieldフィールド was altered変更されました.
ヒッグス場が変わる光子箱も
作ろうとしました
09:16
I tried試した recording録音 allすべて
subatomic亜原子 movements動き in myじぶんの body
自分の体内で起きる
原子内の運動をすべて記録し
09:21
and replayingリプレイ themそれら on closed閉まっている loopループ.
閉回路で再現しようともしました
09:25
Nothing何もない worked働いた.
上手くいきませんでした
09:27
Butだがしかし myじぶんの final最後の innovation革新
was to create作成する a coilコイル dimension寸法
しかし私は最後の発明で
体の境界に合わせたコイルを作りました
09:33
with〜と the boundaries境界 of a body
in whichどの time時間 moved移動した infinitely無限に slowerもっとゆっくり,
そこでは とてつもなく
ゆっくりと時間が流れますが
09:38
butだけど whoseその projection投影 would appear現れる
to move動く in normal正常 time時間.
投影される像は通常の時間の流れで
映し出されます
09:44
Thatそれ body would then次に appear現れる
in our我々の universe宇宙 as a hologramホログラム --
そうすると体は この宇宙では
ホログラムとして映ります
09:49
hereここに butだけど notない hereここに.
ここにいるようで いないのです
09:55
Whenいつ I realized実現した I'd done完了 itそれ,
私は ついにやったと気付き
10:01
I ran走った to her彼女 roomルーム,
彼女の部屋へと急ぎました
10:03
soそう happyハッピー to telltell her彼女 I'd done完了 itそれ,
発見を伝えるのがとても嬉しかった
10:05
moving動く throughを通して spaceスペース
almostほぼ normally通常は to allすべて eyes,
全ての目 そして自身の目にも
ほぼ正常に映るであろう空間を
10:08
even to myじぶんの own自分の,
通って行きました
10:12
and went行った to lie嘘つき downダウン next to her彼女,
彼女の隣に横たわろうとして
10:15
and forgot忘れた, and fell落ちた right throughを通して her彼女.
うっかりして
彼女をすり抜けてしまいました
10:19
I'd found見つけた a way to eternal永遠の life,
私は 永遠の命を実現する方法を
見つけたのです
10:28
at the expense費用 of the one1 thingもの
NavidNavid loved愛された most最も,
ナヴィードが最も愛した
10:32
whichどの was to touchタッチ and be touched触れた.
触れ そして触れられるということを
犠牲にして
10:34
And she彼女 threw投げた me outでる.
彼女は私を置いて行ってしまった
10:41
I stillまだ got to watch時計, thoughしかし.
私はまだ待ち続けなくてはいけません
10:48
Humans人間 liveライブ 400 years now,
人類は今や 400年生きますが
10:51
and we我々 stillまだ die死ぬ.
やはりいつか死にます
10:53
And whenいつ death comes来る,
そして死が訪れた時
10:54
the dying死ぬ stillまだ pickピック at their彼らの bedsheetsベッドシーツ,
死は ベッドのシーツを引っ張り
10:58
and their彼らの arms武器 breakブレーク outでる
in blue and violetバイオレット blooms開花する on the insides内部,
その腕で 体内に青と紫の花を咲かせ
11:04
and their彼らの breaths呼吸 get furtherさらに
and furtherさらに apart離れて,
人々の息はどんどん
まるで眠りに落ちるかのように
11:08
like they're彼らは falling落下 asleep眠っている.
遠ざかっていきます
11:11
I've私は always常に thought thatそれ
私はいつも考えるのです
11:21
what gives与える a life meaning意味 is adventure冒険.
冒険が 人生に意味を与えるのであり
11:23
And death is justちょうど a problem問題
死とは まだ私たちが
11:27
we我々 haven't持っていない discovered発見された the solution溶液 to yetまだ.
解決策を見出せていない
問題にすぎないのだと
11:29
Butだがしかし maybe多分 a life has meaning意味
onlyのみ becauseなぜなら itそれ ends終わり.
しかし多分 人生は終わりがあるから
意味を持つのでしょう
11:36
Maybe多分 that'sそれは the paradox逆説:
これは矛盾かもしれません
11:40
constraints制約 don'tしない constrain制約する,
they彼ら allow許す perfect完璧な freedom自由.
制約は制約ではなく
完璧な自由をもたらすのだから
11:41
(Sighs一息)
(ため息)
11:51
Thereそこ was a thunderstorm雷雨
hereここに thisこの morning.
今朝 ここで雷が鳴りました
11:57
Thereそこ is another別の forecast予測 for tonight今晩,
今晩の予報はまた違うようですが
12:00
butだけど for now the sky is clearクリア.
とりあえず今 空は澄んでいます
12:01
I can'tできない feel感じる the wind hereここに,
私は風を感じられないので
12:04
butだけど I justちょうど asked尋ねた one1 of the caretakers世話人
who passed合格 by what itそれ feltフェルト like,
通りすがりの管理人の1人に
どうかと尋ねてみたところ
12:06
and she彼女 said前記 itそれ feltフェルト warm暖かい,
like melted溶けた butterバター.
溶けたバターのようなあたたかさだ
と言っていました
12:09
An answer回答 worthy価値がある of myじぶんの wife.
私の妻にふさわしい答えです
12:15
I have to find見つける myじぶんの way backバック to the flesh.
私は 生身の体に戻る方法を
探さなくては
12:22
Untilまで then次に, I take upアップ noいいえ spaceスペース
butだけど the spaceスペース you君は give me.
それまでは あなた方が与えてくれた
他でもないこの場所にいようと思います
12:28
Translated by Mio Onosaka
Reviewed by Moe Shoji

▲Back to top

About the speaker:

Monica Byrne - Author and playwright
Novelist, writer, culture critic and playwright Monica Byrne thinks that there's an infinite number of stories to tell, and she intends to tell as many as she can.

Why you should listen

Novelist, writer, culture critic and playwright Monica Byrne deftly avoids the traps of conventional fiction by inventing mold-­breaking characters who express themselves in surprising ways. Her first novel, The Girl in the Road, has garnered acclaim both inside and outside the spheres of science fiction.

In addition to her work on her new novel The Actual Star, Byrne is a resident playwright at Little Green Pig Theatrical Concern in Durham, NC. Her story "Blue Nowruz" was commissioned for TED2015 by Neil Gaiman. She holds degrees in biochemistry from MIT and Wellesley.

More profile about the speaker
Monica Byrne | Speaker | TED.com