English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2003

Vik Muniz: Art with wire, sugar, chocolate and string

ヴィック・ムニーズ: 針金、砂糖、チョコ、糸で作るアート

Filmed
Views 1,162,167

ヴィック・ムニーズはぼろぼろの紙、針金、雲やダイヤモンドなど、ほとんど何でもアートにしてしまいます。このトークでは作品の背景にある考えが説明され、私たちを素晴らしい作品の世界へと誘います。

- Artist
Vik Muniz delights in subverting a viewer's expectations. He uses unexpected materials to create portraits, landscapes and still lifes, which he then photographs. Full bio

I was asked尋ねた to come hereここに and speak話す about creation創造.
今日は創作について話しに来ました
00:25
And I onlyのみ have 15 minutes, and I see見る they're彼らは counting数える already既に.
15分しかないんですが
もう時間を計り始めていますね
00:28
And I can -- in 15 minutes, I think思う I can touchタッチ onlyのみ a very非常に ratherむしろ janitorial手品 branchブランチ of creation創造,
15分では創作の方向性の紹介を
少しできるくらいだと思います
00:32
whichどの I callコール "creativity創造性."
クリエイティビティと呼ばれるものです
00:39
Creativity創造性 is howどうやって we我々 cope対処する with〜と creation創造.
クリエイティビティとは
どのように創作を行うのかということです
00:42
Whileしばらくの間 creation創造 sometimes時々 seems思われる a bitビット un-graspable理解できない, orまたは even pointless無意味な,
創作は時に意味が掴みにくかったり
よく分からなかったりしますが
00:46
creativity創造性 is always常に meaningful意味のある.
クリエイティビティは常に意味のあるものです
00:52
See参照してください。, for instanceインスタンス, in thisこの picture画像.
例えばこの写真を見て下さい
00:55
Youあなたが know知っている, creation創造 is what put thatそれ dog in thatそれ picture画像,
創作とは犬をこの写真に入れる
意図は何かということですが
00:56
and creativity創造性 is what makes作る us see見る a chickenチキン on his hindquarters後ろ部.
クリエイティビティは 犬の後ろ足に
ニワトリを見せるものは何かということです
01:00
Whenいつ you君は think思う about -- you君は know知っている, creativity創造性 has a lot to do with〜と causality因果関係 too.
クリエイティビティとは
因果関係とも大きく関係しています
01:05
Youあなたが know知っている, whenいつ I was a teenagerティーンエイジャー, I was a creator創作者.
私は十代のころクリエイターでした
01:11
I justちょうど did thingsもの.
いろいろやっていただけなんです
01:14
Thenそうしたら I becameなりました an adult大人 and started開始した knowing知っている who I was,
大人になって自分が何者なのかを知り始めて
01:17
and tried試した to maintain維持する thatそれ personaペルソナ -- I becameなりました creative創造的な.
その人格を保とうとして
クリエイティブになりました
01:19
Itそれ wasn'tなかった until〜まで I actually実際に did a book and a retrospective回顧 exhibition展示会, thatそれ I could trackトラック exactly正確に --
実際に本を出版したり回顧展を開いて
初めて今まで自分がやってきた
01:23
looks外見 like allすべて the craziest狂った thingsもの thatそれ I had done完了, allすべて myじぶんの drinking飲酒, allすべて myじぶんの partiesパーティー --
飲み会とかパーティーとか
最もバカらしいことの跡をたどる事ができました
01:31
they彼ら followed続く a straightまっすぐ lineライン thatそれ bringsもたらす me to the pointポイント
そしてそれら全てが
この場所まで一直線につながっています
01:35
thatそれ actually実際に I'm私は talking話す to you君は at thisこの moment瞬間.
実際に今ここで話していますしね
01:37
Thoughしかし it'sそれは actually実際に true真実, you君は know知っている,
これは事実なんですよ
01:39
the reason理由 I'm私は talking話す to you君は right now is becauseなぜなら I was bornうまれた in Brazilブラジル.
この話をしている理由は
私がブラジル生まれだからなんです
01:43
Ifもし I was bornうまれた in Montereyモントレー, probably多分 would be in Brazilブラジル.
もしモントレーに生まれていても
ブラジルにいたでしょう
01:46
Youあなたが know知っている, I was bornうまれた in Brazilブラジル and grew成長しました upアップ in the '70s
私はブラジルで生まれて
01:52
under a climate気候 of political政治的 distress苦痛,
政治的苦難の風潮の下で
1970年代に育ち
01:54
and I was forced強制された to learn学ぶ to communicate通信する in a very非常に specific特定 way --
特殊なコミュニケーションの
方法を学ばされました
01:58
in a sortソート of a semiotic記号論的 black market市場.
まるで記号論的な闇市の中でした
02:01
Youあなたが couldn'tできなかった really本当に sayいう what you君は wanted to sayいう;
実際に言いたいことを言えないんです
02:03
you君は had to invent発明する ways方法 of doing itそれ.
伝え方を見つけなければなりません
02:06
Youあなたが didn'tしなかった trust信頼 information情報 very非常に muchたくさん.
情報をあまり信用できませんでした
02:08
Thatそれ led me to another別の stepステップ of whyなぜ I'm私は hereここに today今日,
私がここに来た もうひとつの理由は
02:10
is becauseなぜなら I really本当に liked好き mediaメディア of allすべて kinds種類.
全ての種類のメディアが好きだからです
02:13
I was a mediaメディア junkieジャンキー, and eventually最終的に got involved関係する with〜と advertising広告.
私はメディア中毒で
広告業界に足を突っ込みました
02:16
My私の first最初 jobジョブ in Brazilブラジル
ブラジルでの はじめての仕事は
02:20
was actually実際に to develop開発する a way to improve改善する the readability読みやすさ of billboardsビルボード,
電光掲示板の読みやすさを
速度や近づく時の角度や
02:22
and basedベース on speed速度, angle角度 of approachアプローチ and actually実際に blocksブロック of textテキスト.
文字のまとまりをもとに
向上させる方法の開発でした
02:27
Itそれ was very非常に -- actually実際に, itそれ was a very非常に good良い study調査,
その仕事はとてもよい勉強になりました
02:31
and got me a jobジョブ in an ad広告 agency代理店.
それから広告代理店で仕事を得ました
02:34
And they彼ら alsoまた、 decided決定しました thatそれ I had to --
その広告の仕事先から
02:36
to give me a very非常に ugly醜い Plexiglasプレキシガラス trophyトロフィー for itそれ.
とても醜いアクリルのトロフィーも貰いました
02:39
And another別の pointポイント -- whyなぜ I'm私は hereここに --
私がここに来た もうひとつの理由は
02:44
is thatそれ the day I went行った to pickピック upアップ the Plexiglasプレキシガラス trophyトロフィー,
アクリルのトロフィーを受け取りに行った日
02:46
I rented借りた a tuxedoタキシード for the first最初 time時間 in myじぶんの life,
私は人生で初めてタキシードを借りて
02:50
picked選んだ the thingもの -- didn'tしなかった have anyどれか friends友達.
トロフィーを貰いました
02:53
On myじぶんの way outでる, I had to breakブレーク a fight戦い apart離れて.
そして出口に向かう途中で
喧嘩の仲裁をしました
02:55
Somebody誰か was hittingヒッティング somebody誰か elseelse with〜と brass真鍮 knucklesナックルズ.
メリケンサックで人を殴っていたのです
02:58
They彼らが were in tuxedosタキシード, and fighting戦う. Itそれ was very非常に ugly醜い.
タキシードで喧嘩なんて最悪です
03:01
And alsoまた、 -- advertising広告 people do thatそれ allすべて the time時間 -- (Laughter笑い) --
広告業界の人たちは
いつもそうです(笑)
03:03
and I -- well, what happened起こった is whenいつ I went行った backバック, itそれ was on the way backバック to myじぶんの car,
私が自分の車へ向かう途中で
起こったことなんですが
03:09
the guy who got hitヒット decided決定しました to grabつかむ a gun --
殴られていた相手が銃を持って ―
03:14
I don'tしない know知っている whyなぜ he had a gun --
なぜ銃を持っていたかは分かりませんが
03:16
and shootシュート the first最初 person he decided決定しました to be his aggressor侵略者.
自分を攻撃したと思われる人物を撃ちました
03:18
The first最初 person was wearing着る a black tieネクタイ, a tuxedoタキシード. Itそれ was me.
その相手とは黒いネクタイと
タキシードを身に着けた私でした
03:20
Luckily幸いにも, itそれ wasn'tなかった fatal致命的な, as you君は can allすべて see見る.
幸運にも 見て分かるとおり
命に別条ははありませんでした
03:26
And, even moreもっと luckily幸運にも, the guy said前記 thatそれ he was sorryごめんなさい
それからもっと幸運なことに
撃った人が私に謝罪をしたので
03:29
and I bribed賄賂 him for compensation補償 moneyお金, otherwiseさもないと I press押す charges料金.
賠償金を払えば告発しないと
彼に持ちかけたのです
03:34
And that'sそれは howどうやって -- with〜と thisこの moneyお金 I paid支払った for a ticketチケット to come to the Unitedユナイテッド States in 1983,
そのお金で1983年に
アメリカへのチケットを買いました
03:38
and that'sそれは very非常に -- the basic基本的な reason理由 I'm私は talking話す to you君は hereここに today今日:
これが私がなぜ今日
ここでお話をしてるのかという根本的な理由です
03:44
becauseなぜなら I got shotショット. (Laughter笑い) (Applause拍手)
撃たれたからです
(笑)(拍手)
03:48
Well, whenいつ I started開始した workingワーキング with〜と myじぶんの own自分の work, I decided決定しました thatそれ I shouldn'tすべきではない do imagesイメージ.
自分の制作をはじめた時
もう映像はやめようと決めて
03:51
Youあなたが know知っている, I becameなりました -- I took取った thisこの very非常に iconoclastic無秩序な approachアプローチ.
もっと因習を打破する方法を選びました
03:59
Becauseというのは whenいつ I decided決定しました to go into advertising広告, I wanted to do --
なぜなら広告業界に進むと決めたとき
04:03
I wanted to airbrushエアブラシ naked people on ice, for whiskeyウィスキー commercialsコマーシャル,
ウィスキーのCM用に エアーブラシで
氷に裸の人々を描きたかったんです
04:06
that'sそれは what I really本当に wanted to do. (Laughter笑い)
それが私が本当にやりたいことでした
04:12
Butだがしかし I -- they彼ら didn'tしなかった let me do itそれ, soそう I justちょうど -- you君は know知っている,
けれどやらせてもらえませんでした
04:13
they彼ら would onlyのみ let me do otherその他 thingsもの.
他のことしかやらせてもらえませんでした
04:16
Butだがしかし I wasn'tなかった into selling販売 whiskeyウィスキー; I was into selling販売 ice.
私はウィスキーではなく
氷を売ろうとしていたのです
04:18
The first最初 works作品 were actually実際に objectsオブジェクト.
最初の作品はオブジェでした
04:22
Itそれ was kind種類 of a mixture混合 of found見つけた objectオブジェクト, product製品 design設計 and advertising広告.
ファウンドオブジェクトと製品デザインと
広告を混ぜたようなものでした
04:24
And I calledと呼ばれる themそれら relics遺物.
それを「遺物」と名付けました
04:29
They彼らが were displayed表示される first最初 at StuxStux Galleryギャラリー in 1983.
1983年にスタックスギャラリーで展示されました
04:31
Thisこれ is the clownピエロ skull頭蓋骨.
これはピエロの頭蓋骨です
04:35
Is a remnant残党 of a raceレース of -- a very非常に evolved進化した raceレース of entertainersエンターテイナー.
進化したエンターテイナーという
人種の遺物です
04:37
They彼らが lived住んでいました in Brazilブラジル, long長いです time時間 ago. (Laughter笑い)
彼らは昔ブラジルに住んでいました
(笑)
04:40
Thisこれ is the Ashantiアシャンティ joystickジョイスティック.
これはアシャンティのジョイスティックです
04:44
Unfortunately残念ながら, itそれ has become〜になる obsolete時代遅れの becauseなぜなら itそれ was designed設計 for Atariアタリ platformプラットフォーム.
残念ながらこれはアタリのゲーム機用だったので
時代遅れになりました
04:46
A Playstationプレイステーション IIII is in the works作品, maybe多分 for the next TEDTED I'll bring持参する itそれ.
今はプレイステーション2用を作っています
今度お話しするときに持ってきましょう
04:51
The rockingロッキング podium表彰台. (Laughter笑い)
これは揺れる表彰台(笑)
04:56
Thisこれ is the pre-Columbianコロンビア前 coffeemakerコーヒーメーカー. (Laughter笑い)
コロンブス以前のコーヒーメーカー(笑)
05:01
Actually実際に, the ideaアイディア came来た outでる of an argument引数 thatそれ I had at Starbucksスターバックス,
実はこのアイデアは
スターバックスでの議論から生まれました
05:06
thatそれ I insisted主張した thatそれ I wasn'tなかった having持つ Colombianコロンビア coffeeコーヒー;
私が飲んでいるのはコロンビアじゃない ―
05:10
the coffeeコーヒー was actually実際に pre-Columbianコロンビア前.
コロンブス以前からあったと主張したのです
05:12
The Bonsai盆栽 table.
盆栽テーブルです
05:14
The entire全体 Encyclopedia百科事典 Britannicaブリタニカ boundバウンド in a singleシングル volumeボリューム, for travel旅行 purposes目的.
旅行用ブリタニカ百科事典が
1巻に収まっています
05:20
And the halfハーフ tombstone墓石, for people who are notない deadデッド yetまだ.
まだ死んでいない人のための半分の墓石です
05:30
I wanted to take thatそれ into the realmレルム of imagesイメージ,
私はイメージの領域を
考慮に入れたかったので
05:36
and I decided決定しました to make作る thingsもの thatそれ had the same同じ identity身元 conflicts紛争.
同じようなアイデンティティの衝突を
伴うものを作ることにしました
05:39
Soだから I decided決定しました to do work with〜と clouds.
そして雲を使うことを決めました
05:44
Becauseというのは clouds can mean平均 anything何でも you君は want.
どんな意味でも持たせられるからです
05:46
Butだがしかし now I wanted to work in a very非常に low-techローテク way,
ただしローテクで行こうと思いました
05:49
soそう something何か thatそれ would mean平均 at the same同じ time時間
同時にいくつかの意味を
持たせたかったのです
05:52
a lump of cottonコットン, a cloud and Durer'sデューラーズ praying祈る hands --
綿のかたまりと 雲と
デューラーの『祈りの手』です
05:55
althoughただし、 thisこの looks外見 a lot moreもっと like Mickeyミッキー Mouse'sマウスの praying祈る hands.
どちらかというと
ミッキーの祈りの手のようですが
05:59
Butだがしかし I was stillまだ, you君は know知っている -- thisこの is a kitty子猫 cloud.
これは子猫の雲です
06:03
They're彼らは calledと呼ばれる "Equivalents等価物," after Alfredアルフレッド Stieglitz'sStieglitz's work.
アルフレッド・スティーグリッツの作品を真似て
これらは「等価」と呼ばれるようになりました
06:07
"The Snailカタツムリ."
『かたつむり』です
06:12
Butだがしかし I was stillまだ workingワーキング with〜と sculpture彫刻,
しかし私は彫刻もまだ行っています
06:13
and I was really本当に trying試す to go flatterより平らな and flatterより平らな.
そしてより平坦にすることに挑戦しています
06:15
"The Teapotティーポット."
『ティーポット』です
06:18
I had a chanceチャンス to go to Florenceフィレンツェ, in -- I think思う itそれ was '94,
たしか1994年に
フィレンツェに行く機会があって
06:20
and I saw Ghiberti'sジベルテの "Doorドア of Paradiseパラダイス."
そこでギベルティの『天国の扉』を見ました
06:23
And he did something何か thatそれ was very非常に trickyトリッキー.
彼はとても巧妙なことをしていました
06:27
He put together一緒に two different異なる mediaメディア fromから different異なる periods期間 of time時間.
異なる時代からの
2つのメディアを一緒にしたんです
06:30
Firstまずは, he got an age-old古くから way of making作る itそれ, whichどの was relief救済,
まず浮き彫りという古い手法を使って
06:33
and he worked働いた thisこの with〜と three-point三点 perspective視点, whichどの was brand-new真新しい technology技術 at the time時間.
それから当時では新しい手法だった
3点透視図法を使いました
06:38
And it'sそれは totally完全に overkill過度の.
完全にやり過ぎでした
06:43
And yourきみの eye doesn'tしない know知っている whichどの levelレベル to read読む.
鑑賞者は どう見たらいいか
分からなくなります
06:46
And you君は become〜になる trappedトラップされた into thisこの kind種類 of representation表現.
そしてこのような表現方法の
罠にかかってしまいます
06:48
Soだから I decided決定しました to make作る theseこれら very非常に simple単純 renderingsレンダリング,
だから私はシンプルな表現で作ると決めました
06:51
thatそれ at first最初 they彼ら are taken撮影 as a lineライン drawingお絵かき --
まずは線描写を取り入れて
06:55
you君は know知っている, something何か that'sそれは very非常に -- and then次に I did itそれ with〜と wire.
それから針金を使いました
06:58
The ideaアイディア was to -- becauseなぜなら everybodyみんな overlooks見落とす white -- like pencil鉛筆 drawings図面, you君は know知っている?
誰でも白は見落とすので
鉛筆デッサンのように見えるのです
07:02
And they彼ら would look見える at itそれ -- "Ahああ, it'sそれは a pencil鉛筆 drawingお絵かき."
みんな「鉛筆デッサンだ」と言います
07:08
Thenそうしたら you君は have thisこの doubleダブル take and see見る thatそれ it'sそれは actually実際に something何か thatそれ existed存在した in time時間.
これには実体があるので 見直すと
07:10
Itそれ had a physicality身体的,
実際に何かが存在するものが見えるのです
07:14
and you君は start開始 going deeperもっと深く and deeperもっと深く into sortソート of narrative物語
そしてイメージに対してもっと
物語の世界に深入りします
07:16
thatそれ goes行く thisこの way, towards方向 the image画像. Soだから thisこの is "Monkeyモンキー with〜と Leicaライカ."
これは『猿とライカ』です
07:20
"Relaxationリラクゼーション."
『リラクセーション』
07:28
"Fiatフィアット Luxルクス."
『光あれ』
07:30
And the same同じ way the history歴史 of representation表現
同じように表現の歴史は
07:34
evolved進化した fromから lineライン drawings図面 to shaded陰影の drawings図面.
線描写から陰影描写に進みました
07:37
And I wanted to deal対処 with〜と otherその他 subjects科目.
私は他の主題に取り組みたかったので
07:40
I started開始した taking取る thatそれ into the realmレルム of landscape風景,
風景の領域に入りました
07:42
whichどの is something何か that'sそれは almostほぼ a picture画像 of nothing何も.
風景画は ほとんど何も
描かれていないようなものです
07:45
I made theseこれら picturesピクチャー calledと呼ばれる "Picturesピクチャー of Thread,"
私は「糸の絵」シリーズを制作して
07:49
and I named名前 themそれら after the amount of yardsヤード thatそれ I used to represent代表する each picture画像.
絵を描くために糸を
何ヤード使ったかで題名を付けました
07:51
Theseこれら always常に end終わり upアップ beingであること a photograph写真 at the end終わり,
最終的には写真になります
07:55
orまたは moreもっと like an etchingエッチング in thisこの case場合.
この作品の場合はまるで銅版画です
07:57
Soだから thisこの is a lighthouse灯台.
灯台です
07:59
Thisこれ is "6,500 Yardsヤード," after Corotコロー. "9,000 Yardsヤード," after Gerhardゲルハルト Richterリヒテル.
コローの絵から『6500ヤード』
ゲルハルト・リヒターの絵から『9000ヤード』
08:06
And I don'tしない know知っている howどうやって manyたくさんの yardsヤード, after Johnジョン Constableコンスタブル.
何ヤードかわかりませんが
ジョン・コンスタブルの絵をもとにしました
08:13
Departing出発する fromから the lines, I decided決定しました to tackleタックル the ideaアイディア of pointsポイント,
次に線から離れて
点に取り組むことにしました
08:19
like whichどの is moreもっと similar類似 to the typeタイプ of representation表現 thatそれ we我々 find見つける in photographs写真 themselves自分自身.
写真の表現方法とより似ているものです
08:22
I had met会った a groupグループ of children子供 in the Caribbeanカリブ海 island of Saint聖人 Kittsキッツ,
カリブ海のセントキッツ島に住む
子供たちに会い
08:27
and I did work and play遊びます with〜と themそれら.
作品を作り一緒に遊びました
08:31
I got some一部 photographs写真 fromから themそれら.
そして子供たちの写真を手に入れました
08:35
Upon myじぶんの arrival到着 in New新しい Yorkヨーク, I decided決定しました --
ニューヨークに着くとすぐに
08:37
they彼ら were children子供 of sugarシュガー plantationプランテーション workers労働者.
砂糖プランテーションの
労働者の子供たちを
08:39
And by manipulating操作する sugarシュガー over a black paper, I made portraits肖像画 of themそれら.
黒い紙に砂糖をのせて描きました
08:43
Theseこれら are -- (Applause拍手) --
これらは
08:48
Thankありがとうございます you君は. Thisこれ is "Valentinaバレンティーナ, the Fastest最速."
ありがとう これは
『駿足のヴァレンチナ』です
08:52
Itそれ was justちょうど the name of the child,
子供の名前と
08:56
with〜と the little少し thingもの you君は get to know知っている of somebody誰か thatそれ you君は meet会う very非常に briefly簡単に.
少し会っただけで知ることのできる情報です
08:58
"Valiciaヴァリシア."
『ヴァリシア』
09:02
"JacyntheJacynthe."
『ジャシンタ』
09:06
Butだがしかし another別の layer of representation表現 was stillまだ introduced導入された.
もうひとつの表現方法も紹介します
09:10
Becauseというのは I was doing thisこの whilewhile I was making作る theseこれら picturesピクチャー,
これらの作品と同時進行で
もうひとつ作成していました
09:12
I realized実現した thatそれ I could add追加する stillまだ another別の thingもの
他のものも出来ると気が付いたからです
09:15
I was trying試す to make作る a subject主題 --
何かテーマを阻むようなものを
09:18
something何か thatそれ would interfere干渉する with〜と the themesテーマ,
造ろうと思いました
09:20
soそう chocolateチョコレート is very非常に good良い, becauseなぜなら itそれ has --
だからチョコレートはとても良かった
09:25
itそれ bringsもたらす to mindマインド ideasアイデア thatそれ go fromから scatologyスカトロ学 to romanceロマンス.
スカトロからロマンスまで
いろいろと思い浮かべられます
09:29
And soそう I decided決定しました to make作る theseこれら picturesピクチャー,
だからこれらの作品の作成を決めました
09:34
and they彼ら were very非常に large, soそう you君は had to walk歩く away離れて fromから itそれ to be ableできる to see見る themそれら.
とても大きな作品なので
遠くから見なければなりません
09:37
Soだから they're彼らは calledと呼ばれる "Picturesピクチャー of Chocolateチョコレート."
「チョコレートの絵」です
09:40
Freudフロイト probably多分 could explain説明する chocolateチョコレート betterより良い thanより I. He was the first最初 subject主題.
フロイドは私より上手くチョコについて
説明できるでしょう 彼が最初の対象です
09:41
And Jacksonジャクソン Pollockポロック alsoまた、.
ジャクソン・ポロックもですね
09:46
Picturesピクチャー of crowds群衆 are particularly特に interesting面白い,
群衆の絵は特に面白いです
09:52
becauseなぜなら, you君は know知っている, you君は go to thatそれ --
群衆を取り上げると
09:54
you君は try to figure数字 outでる the threshold閾値 with〜と something何か you君は can define定義する very非常に easily簡単に,
顔のように判別しやすいものが
09:56
like a face, goes行く into becoming〜になる justちょうど a textureテクスチャ.
ただのテクスチャーに変わる
その境界がわかりやすいからです
09:59
"Paparazziパパラッチ."
『パパラッチ』です
10:03
I used the dustほこり at the Whitneyホイットニー Museum博物館 to renderレンダリングする some一部 pieces作品 of their彼らの collectionコレクション.
ホイットニー美術館では 埃を使って
コレクションの一部を表現しました
10:07
And I picked選んだ minimalistミニマリスト pieces作品 becauseなぜなら they're彼らは about specificity特異性.
選んだのはミニマリズムの作品です
特異性を扱っているからです
10:11
And you君は renderレンダリングする thisこの with〜と the most最も non-specific非特異的 material材料,
それを最も特異でない素材 ―
10:15
whichどの is dustほこり itself自体.
埃で表現しています
10:18
Like, you君は know知っている, you君は have the skin particles粒子 of everyすべて singleシングル museum博物館 visitorビジター.
これで美術館を訪れた人 全員の
皮膚の一部が手に入るので
10:20
They彼らが do a DNADNA scanスキャン of thisこの, they彼ら will come upアップ with〜と a greatすばらしいです mailing郵送 listリスト.
それでDNAをスキャンすれば
すごいメーリングリストができますね
10:24
Thisこれ is Richardリチャード Serraセラ.
これはリチャード・セラです
10:30
I bought買った a computerコンピューター, and [they彼ら] told言った me itそれ had millions何百万 of colors in itそれ.
私がコンピューターを買ったとき
何百万もの色が入っていると言われました
10:38
Youあなたが know知っている an artist'sアーティストの first最初 response応答 to thisこの is, who counted数えられた itそれ? Youあなたが know知っている?
アーティストとして最初の疑問は
「誰が数えたんだ?」
10:42
And I realized実現した thatそれ I never決して worked働いた with〜と color,
そして今まで自分の作品で
色を使っていないことに気付きました
10:46
becauseなぜなら I had a hardハード time時間 controlling制御する the ideaアイディア of singleシングル colors.
一つの色でも取り扱うのが
難しかったからです
10:49
Butだがしかし once一度 they're彼らは applied適用された to numeric数値 structure構造,
しかし数的構造を当てはめてみると
10:53
then次に you君は can feel感じる moreもっと comfortable快適.
色の扱いはより容易になりました
10:56
Soだから the first最初 time時間 I worked働いた with〜と colors was by making作る theseこれら mosaicsモザイク of Pantoneパントン swatches見本.
初めて色を使ったのが
パントンの色見本によるモザイクです
10:58
They彼らが end終わり upアップ beingであること very非常に large picturesピクチャー,
最終的にはとても大きな作品になったので
11:03
and I photographed撮影した with〜と a very非常に large cameraカメラ --
8x10のとても大きなカメラで
11:05
an 8x10 cameraカメラ.
作品を撮影しました
11:07
Soだから you君は can see見る the surface表面 of everyすべて singleシングル swatchスワッチ --
このように色見本が全部見えます
11:09
like in thisこの picture画像 of Chuckチャック Close閉じる.
チャック・クロースの自画像です
11:11
And you君は have to walk歩く very非常に far遠い to be ableできる to see見る itそれ.
これは遠くから見なければなりません
11:13
Alsoまた、, the reference参照 to Gerhardゲルハルト Richter'sリヒターズ useつかいます of color chartsチャート --
ゲルハルト・リヒターの
「カラーチャート」も参考にしています
11:18
and the ideaアイディア alsoまた、 entering入る another別の realmレルム of representation表現 that'sそれは very非常に common一般 to us today今日,
さらに私たちに馴染み深い
別の表現方法にもつながっています
11:25
whichどの is the bitビット map地図.
ビットマップです
11:29
I ended終了しました upアップ narrowing絞り込む the subject主題 to Monet'sモネの "Haystacksヘイスタック."
テーマはモネの『積みわら』に
絞ることにしました
11:31
Thisこれ is something何か I used to do as a joke冗談で --
次はジョークでやったことなんですが
11:37
you君は know知っている, make作る -- the same同じ like -- Robertロバート Smithson'sスミソンズ "Spiralスパイラル Jetty桟橋" --
ロバート・スミッソンの
『スパイラル・ジェティ』と同じものを作り
11:38
and then次に leaving去る tracesトレース, as ifif itそれ was done完了 on a tabletopテーブルトップ.
机の上で制作したかのような
形跡を残しました
11:43
I tried試した to prove証明する thatそれ he didn'tしなかった do thatそれ thingもの in the Salt Lake.
彼がグレートソルト湖で制作したのではないと
証明しようとしたのです
11:47
Butだがしかし then次に, justちょうど doing the modelsモデル, I was trying試す to explore探検する the relationship関係
しかしこのようなモデルの制作過程で
モデルとオリジナルの
11:51
betweenの間に the modelモデル and the original元の.
関係性を探求したくなりました
11:55
And I feltフェルト thatそれ I would have to actually実際に go thereそこ and make作る some一部 earthworksアースワークス myself私自身.
そして実際にその場所で
ランド・アートを作りたいと思いました
11:57
I optオプト for very非常に simple単純 lineライン drawings図面 -- kind種類 of stupid愚か looking.
ちょっとバカらしい位に
とても単純な線描を選びました
12:03
And at the same同じ time時間, I was doing theseこれら very非常に large constructions構造,
そして こんなふうに
超巨大に描きました
12:08
beingであること 150 metersメートル away離れて.
150メートル離れています
12:11
Now I would do very非常に small小さい onesもの, whichどの would be like --
今はとても小さなものを作り
12:14
butだけど under the same同じ light, and I would showショー themそれら together一緒に,
同じ考え方で同時に展示したいと考えています
12:18
soそう the viewerビューア would have to really本当に figure数字 itそれ outでる what one1 he was looking.
そうすれば鑑賞者が実際に何を見ているのか
理解しなければなりませんから
12:21
I wasn'tなかった interested興味がある in the very非常に large thingsもの, orまたは in the small小さい thingsもの.
とても大きなものとか 小さなものよりも
12:24
I was moreもっと interested興味がある in the thingsもの in betweenの間に,
その中間に興味がありました
12:27
you君は know知っている, becauseなぜなら you君は can leave離れる an enormous巨大な range範囲 for ambiguityあいまいさ thereそこ.
大きな曖昧さをそこに残せるからです
12:30
Thisこれ is like you君は see見る -- the sizeサイズ of a person over thereそこ.
写真の中の人のサイズが分かりますね
12:36
Thisこれ is a pipeパイプ.
これはパイプです
12:41
A hangerハンガー.
ハンガー
12:46
And thisこの is another別の thingもの thatそれ I did -- you君は know知っている workingワーキング
私の別の作品は ―
12:48
-- everybodyみんな loves愛する to watch時計 somebody誰か drawドロー,
みんな描くのを見るのは好きですが
12:53
butだけど notない manyたくさんの people have a chanceチャンス to watch時計 somebody誰か drawドロー in --
1つの絵が描かれていくところを
12:55
a lot of people at the same同じ time時間, to evidence証拠 a singleシングル drawingお絵かき.
大勢の人が同時に見る
チャンスというのは そう多くないでしょう
12:58
And I love thisこの work,
だからこの作品が好きなんです
13:02
becauseなぜなら I did theseこれら cartoonish漫画家の clouds over Manhattanマンハッタン for a period期間 of two months数ヶ月.
2か月間 マンハッタンの空に
漫画風の雲を描きました
13:05
And itそれ was quiteかなり wonderful素晴らしい, becauseなぜなら I had an interest利子 -- an early早い interest利子 -- in theater劇場,
以前から演劇に興味があって
13:10
that'sそれは justified正当化された on thisこの thingもの.
この作品で理由付けができました
13:14
In theater劇場, you君は have the characterキャラクター and the actor俳優 in the same同じ place場所,
劇場では同じ場所で
登場人物と役者が共存して
13:16
trying試す to negotiate交渉する each otherその他 in frontフロント of an audience聴衆.
観客の前で折り合いをつけようとします
13:20
And in thisこの, you'dあなたは have like a --
この作品では
13:22
something何か thatそれ looks外見 like a cloud, and itそれ is a cloud at the same同じ time時間.
雲のように見えて 実際に雲なんです
13:24
Soだから they're彼らは like perfect完璧な actors俳優.
まるで完璧な役者のようです
13:28
My私の interest利子 in acting演技, especially特に bad悪い acting演技, goes行く a long長いです way.
私の演技に対する関心
特に下手な演技への関心は筋金入りです
13:31
Actually実際に, I once一度 paid支払った like 60 dollarsドル
私は素晴らしい役者が演じる
13:37
to see見る a very非常に greatすばらしいです actor俳優 to do a versionバージョン of "Kingキング Learリア,"
『リア王』を見るために
60ドル払ったことがあります
13:39
and I feltフェルト really本当に robbed強盗, becauseなぜなら by the time時間 the actor俳優 started開始した beingであること Kingキング Learリア,
でも彼がリア王になり始めると
私はお金を盗られた気分になりました
13:43
he stopped停止 beingであること the greatすばらしいです actor俳優 thatそれ I had paid支払った moneyお金 to see見る.
私はリヤ王ではなく
役者を見るためにお金を払ったのに
13:48
On the otherその他 handハンド, you君は know知っている, I paid支払った like three dollarsドル, I think思う --
反対にアマチュア劇団の『オセロ』を
13:51
and I went行った to a warehouse倉庫 in Queensクイーンズ
クィーンズの倉庫で見るために
13:59
to see見る a versionバージョン of "Othelloオセロ" by an amateurアマチュア groupグループ.
3ドルほど払いました
14:01
And itそれ was quiteかなり fascinating魅力的な, becauseなぜなら you君は know知っている the guy --
演技は素晴らしかった
14:06
his name was Joeyジョーイ Grimaldiグリマルディ --
ジョーイ・グリマルディという役者が
14:09
he impersonated偽装された the Moorishムーア人 general一般
ムーア人の将軍に扮していました
14:11
-- you君は know知っている, for the first最初 three minutes he was really本当に thatそれ general一般,
彼は最初の3分間は将軍でしたが
14:14
and then次に he went行った backバック into plumber配管, he worked働いた as a plumber配管, soそう --
その後 配管工に戻ってしまい
14:16
plumber配管, general一般, plumber配管, general一般 --
将軍から配管工
配管工から将軍へと・・・
14:20
soそう for three dollarsドル, I saw two tragedies悲劇 for the price価格 of one1.
たった3ドル 1つ分の料金で
2つの悲劇を目にしたのです
14:23
See参照してください。, I think思う it'sそれは notない really本当に about impression印象,
でも それは印象の問題でも
完璧なイリュージョンを
14:29
making作る people fall for a really本当に perfect完璧な illusion錯覚,
信じさせることでもありません
14:34
as muchたくさん as itそれ is to make作る -- I usually通常 work at the lowest最低 threshold閾値 of visualビジュアル illusion錯覚.
私は普段 わずかの視覚的イリュージョンで制作します
14:36
Becauseというのは it'sそれは notない about fooling欺く somebody誰か,
視覚的イリュージョンは
誰かを騙すことではなく
14:42
it'sそれは actually実際に giving与える somebody誰か a measure測定 of their彼らの own自分の belief信念:
人に考える尺度 つまり
どの位 騙されたいのかという
14:45
howどうやって muchたくさん you君は want to be fooledだまされた.
尺度を与えるのですから
14:48
That'sそれです whyなぜ we我々 pay支払う to go to magicマジック showsショー and thingsもの like thatそれ.
だから私たちはマジックを
お金を払って見に行くのです
14:50
Well, I think思う that'sそれは itそれ.
これで今日の
14:54
My私の time時間 is nearlyほぼ upアップ.
私の話は終わりです
14:56
Thankありがとうございます you君は very非常に muchたくさん.
どうもありがとう
14:57
Translated by Ayuno Kawakami
Reviewed by Masaki Yanagishita

▲Back to top

About the speaker:

Vik Muniz - Artist
Vik Muniz delights in subverting a viewer's expectations. He uses unexpected materials to create portraits, landscapes and still lifes, which he then photographs.

Why you should listen

Slf-effacing, frankly open and thought-provoking, all at the same time, Vik Muniz explores the power of representation. He's known for his masterful use of unexpected materials such as chocolate syrup, toy soldiers and paper confetti, but his resulting images transcend mere gimmickry. Most recently, he's been working with a team at MIT to inscribe a castle on a grain of sand ... 

Muniz is often hailed as a master illusionist, but he says he's not interested in fooling people. Rather, he wants his images to show people a measure of their own belief. Muniz has exhibited his playfully provocative work in galleries all over the world and was featured in the documentary Waste Land, which follows Muniz around the largest garbage dump in Rio de Janeiro, as he photographs the collectors of recycled materials in which he finds inspiration and beauty. Describing the history of photography as "the history of blindness," his images simply but powerfully remind a viewer of what it means to see, and how our preconceptions can color every experience.

More profile about the speaker
Vik Muniz | Speaker | TED.com