English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2002

Kary Mullis: Play! Experiment! Discover!

キャリー・マリス: 遊び!実験!発見!

Filmed
Views 540,294

生化学者キャリー・マリスが、現代科学の基礎である「実験」について語ります。 17世紀の実験と、彼自身の裏庭でのロケット製作の日々を物語る中で、マリスは、好奇心、インスピレーション、そして様々な形の正しい科学の厳密さを讃えます。

- Biochemist
Kary Mullis won the Nobel Prize in Chemistry for developing a way to copy a strand of DNA. (His technique, called PCR, jump-started the 1990s' biorevolution.) He's known for his wide-ranging interests -- and strong opinions. Full bio

I'll just start開始 talking話す about the 17thth century世紀.
17世紀の話をしようと思います
00:18
I hope希望 nobody誰も finds見つけた that offensive攻撃.
不愉快に思う人がいないといいけど
00:20
I -- you know, when I -- after I had invented発明された PCRPCR,
PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法の発明後
00:22
I kind種類 of needed必要な a change変化する.
僕は別のことがしたくなって
00:25
And I moved移動した down to La JollaJolla and learned学んだ how to surfサーフ.
ラホヤに引っ越し サーフィンを始めて
00:27
And I started開始した living生活 down there on the beachビーチ for a long time.
それから長いことビーチで暮らしました
00:30
And when surfersサーファー are out waiting待っている
波待ちのサーファーが
00:33
for waves,
何をしてるか
00:35
you probably多分 wonderワンダー, if you've never been out there, what are they doing?
ビーチにいたことがない人は
不思議に思うかも知れません
00:37
You know, sometimes時々 there's a 10-, 15-minute-分 breakブレーク out there
次の波が来るまで 時には
00:39
when you're waiting待っている for a wave to come in.
10分から15分も待つことがあります
00:41
They usually通常 talk about the 17thth century世紀.
たいてい17世紀について語り合っています
00:43
You know, they get a realリアル bad悪い rapラップ in the world世界.
世間からは見下され
00:46
People think they're sortソート of lowbrows低俗.
無教養な奴等と思われてるけど
00:49
One day, somebody誰か suggested示唆 I read読む this book.
ある日 誰かが本を薦めてくれました
00:53
It was calledと呼ばれる --
それは
00:55
it was calledと呼ばれる "The Air空気 Pumpポンプ,"
それは 『空気ポンプ』だか
00:57
or something like "The Leviathanリバイアサン and The Air空気 Pumpポンプ."
『リヴァイアサンと空気ポンプ』とかいう
00:59
It was a realリアル weird奇妙な book about the 17thth century世紀.
17世紀に関するとても奇妙な本で
01:01
And I realized実現した, the rootsルーツ
それで気付いたんだけど
01:04
of the way I sortソート of thought
僕の物の考え方は
01:06
was just the only naturalナチュラル way to think about things.
ただひとつの自然な思考方法だったんです
01:08
That -- you know, I was bornうまれた thinking考え about things that way,
僕は生まれつきそういう思考回路を持っていて
01:11
and I had always been like a little scientist科学者 guy.
子供の頃から科学者だったんです
01:14
And when I went行った to find out something,
何かを知りたい時には
01:16
I used scientific科学的 methodsメソッド. I wasn'tなかった realリアル surprised驚いた,
科学的手法を用いていました
01:18
you know, when they first told me how --
科学をどのように行うべきか
01:20
how you were supposed想定される to do science科学,
最初に学んだ時も 全く驚きませんでした
01:22
because I'd already既に been doing it for fun楽しい and whateverなんでも.
すでに遊びとかで使っていたからです
01:24
But it didn't -- it never occurred発生した to me
でも この科学的思考方法が
01:28
that it had to be invented発明された
ほんの350年前に
01:31
and that it had been invented発明された
発明されたものとは
01:33
only 350 years ago.
思いもよりませんでした
01:35
You know, it was --
それは
01:37
like it happened起こった in Englandイングランド, and Germanyドイツ, and Italyイタリア
イギリス、ドイツ、イタリアなど各地で
01:39
sortソート of all at the same同じ time.
ほぼ同時に起こりました
01:42
And the storyストーリー of that,
この話は
01:44
I thought, was really fascinating魅力的な.
とても面白いので
01:46
So I'm going to talk a little bitビット about that,
この話と
01:48
and what exactly正確に is it that scientists科学者 are supposed想定される to do.
あとは 科学者が何をするのかについて
01:50
And it's, it's a kind種類 of --
少し話そうと思います
01:53
You know, Charlesチャールズ I got beheaded斬首された
まず チャールズ一世が
01:55
somewhereどこかで early早い in the 17thth century世紀.
17世紀初頭あたりで斬首され
01:59
And the English英語 setセット up Cromwellクロムウェル
英国はクロムウェルやらの
02:01
and a whole全体 bunch of Republicans共和党 or whateverなんでも,
共和党員に任されます
02:03
and not the kind種類 of Republicans共和党 we had.
アメリカの共和党員とは別物で
(笑)
02:05
They changedかわった the government政府, and it didn't work.
彼らは政体を変えましたが
うまくいきませんでした
02:08
And
そして
02:12
Charlesチャールズ IIII, the son息子,
結局 君主制に戻し
02:15
was finally最後に put back on the throne王位 of Englandイングランド.
息子のチャールズ二世に戴冠させます
02:19
He was really nervous神経質な, because his dadパパ had been,
彼はとても神経質でした
02:21
you know, beheaded斬首された for beingであること the Kingキング of Englandイングランド
英国君主であったという理由で
父親が首を切られてますし
02:24
And he was nervous神経質な about the fact事実
彼はパブとかで交わされる
02:26
that conversations会話 that got going
会話の内容にも
02:29
in, like, barsバー and stuffもの
神経をとがらせました
02:31
would turn順番 to --
ちょっと
02:33
this is kind種類 of -- it's hardハード to believe,
信じがたい話ですが
02:35
but people in the 17thth century世紀 in Englandイングランド
17世紀の英国では
02:37
were starting起動 to talk about, you know,
人々はパブで
02:39
philosophy哲学 and stuffもの in barsバー.
哲学などを語っていたのです
02:41
They didn't have TVテレビ screensスクリーン,
テレビもなければ
02:43
and they didn't have any footballフットボール gamesゲーム to watch.
フットボールの試合もありませんでした
02:45
And they would get really pissyピシー,
彼らはとても怒りっぽくなり
02:47
and all of a sudden突然 people would spillこぼれる out into the street通り and fight戦い
突然店から道路にあふれ出し
02:49
about issues問題 like whetherかどうか or not
例えば ロバート・ボイルが真空ポンプという
02:52
it was okay if Robertロバート Boyleボイル
装置を発明したのは良いのか
02:54
made a deviceデバイス calledと呼ばれる the vacuum真空 pumpポンプ.
といった問題で喧嘩を始める
02:57
Now, Boyleボイル was a friend友人 of Charlesチャールズ IIII.
さて ボイルはチャールズ二世の友人で
02:59
He was a Christianキリスト教の guy during the weekends週末,
週末はキリスト教徒でしたが
03:02
but during the week週間 he was a scientist科学者.
平日は科学者でした
03:05
(Laughter笑い)
(笑)
03:08
Whichどの was -- back then it was
それは当時
03:09
sortソート of, you know, well, you know --
なんというか
03:11
if you made this thing -- he made this little deviceデバイス,
彼が作ったのは小さい
03:14
like kind種類 of like a bicycle自転車 pumpポンプ
自転車の空気入れとは逆に
03:16
in reverse that could suck吸う all the air空気 out of --
空気を吸い出す装置なんですが
03:19
you know what a bellベル jar is? One of these things,
ベル・ジャーをご存知ですか?
03:22
you pickピック it up, put it down, and it's got a sealシール,
釣鐘型のガラス製で 置くと密閉され
03:24
and you can see inside内部 of it,
中を見ることができるもので
03:26
so you can see what's going on inside内部 this thing.
内部で起こることが観察できます
03:28
But what he was trying試す to do was to pumpポンプ all the air空気 out of there,
彼はその中から空気をすべて吸い出して
03:30
and see what would happen起こる inside内部 there.
内部で起こることを観察しようとしました
03:33
I mean, the first -- I think one of the first experiments実験 he did
確か 彼の初期の実験では
03:35
was he put a bird in there.
鳥を入れました
03:39
And people in the 17thth century世紀,
17世紀の人々は
03:41
they didn't really understandわかる the same同じ way we do
空気が様々な分子から構成されているとか
03:44
about you know, this stuffもの is
ヒトが空気を呼吸する理由だとか
03:47
a bunch of different異なる kinds種類 of molecules分子,
現代人のようには
03:49
and we breathe呼吸する it in for a purpose目的 and all that.
理解していませんでした
03:52
I mean, fish don't know much about water,
魚は水のことをあまり意識せず
03:55
and people didn't know much about air空気.
人間は空気についてあまり意識しません
03:57
But bothどちらも started開始した exploring探検する it.
しかしどちらもその中で暮らしています
04:00
One thing, he put a bird in there, and he pumpedポンピングされた all the air空気 out,
まずは 鳥を入れ 空気を抜くと
04:02
and the bird died死亡しました. So he said, hmmうーん ...
鳥が死にました 彼は「ふむ」 と言い
04:04
He said -- he calledと呼ばれる what he'd彼は done完了 as making作る --
自分のしたことを
「真空を作った」と表現しました
04:06
they didn't call it a vacuum真空 pumpポンプ at the time.
今は真空ポンプですが
04:09
Now you call it a vacuum真空 pumpポンプ; he calledと呼ばれる it a vacuum真空.
当時はそう呼ばれませんでした
04:11
Right? And immediatelyすぐに,
そしてすぐに
04:14
he got into troubleトラブル with the local地元 clergy聖職者
真空を作ることはできないと言う
04:17
who said, you can't make a vacuum真空.
地元の聖職者とトラブルになりました
04:19
Ahああ, uh --
やれやれ
04:22
(Laughter笑い)
(笑)
04:24
Aristotleアリストテレス said that nature自然 abhors酷い one.
アリストテレス曰く「自然は真空を嫌う」
04:27
I think it was a poor貧しい translation翻訳, probably多分,
これは多分翻訳ミスと思いますが
04:29
but people relied信頼した on authorities当局 like that.
人々はこのような権威を信じていたのです
04:31
And you know, Boyleボイル says言う, well, shitたわごと.
ボイルにしてみれば
そんなの知ったことか
04:34
I make them all the time.
私は何度も真空を作ったぞ てなもんです
04:37
I mean, whateverなんでも that is that kills殺す the bird --
なんだか知らないけれど あの鳥を殺すもの
04:39
and I'm calling呼び出し it a vacuum真空.
私はそれを真空と呼ぶぞ と
04:42
And the religious宗教的 people said that
そして信心深い人々は
04:44
if God wanted you to make --
もし神の思し召しならば
04:47
I mean, God is everywhereどこにでも,
神は遍在すると言うのは
04:50
that was one of their彼らの rulesルール, is God is everywhereどこにでも.
教義のひとつですが
04:52
And a vacuum真空 -- there's nothing in a vacuum真空,
真空には何も存在しません
04:54
so you've -- God couldn'tできなかった be in there.
だから神もその中には存在し得ない
04:56
So thereforeしたがって、 the church教会 said that you can't make a vacuum真空, you know.
教会はこうした理由で
真空は作れないと言ったのです
04:59
And Boyleボイル said, bullshitいやらしい.
ボイルに言わせれば
知ったことか です
05:02
I mean, you want to call it Godless神無し,
不敬(Godless)とでも何とでも
05:04
you know, you call it Godless神無し.
呼びたいように呼べばいい
05:06
But that's not my jobジョブ. I'm not into that.
私には関係ないし興味もない
05:08
I do that on the weekend週末. And like --
宗教関係は週末だけ
05:10
what I'm trying試す to do is figure数字 out what happens起こる
私は容器からすべてを吸い出したら
05:13
when you suck吸う everything out of a compartment区画.
どうなるのか知りたいのだ
といった感じでしょう
05:16
And he did all these cute可愛い little experiments実験.
そして彼は様々な小実験を行いました
05:19
Like he did one with -- he had a little wheelホイール,
例えばくるくる回るように
05:21
like a fanファン, that was
ゆるく取り付けられた輪
05:24
sortソート of looselyゆるく attached添付された, so it could spinスピン by itself自体.
小さな扇風機の羽根のような
05:27
He had another別の fanファン opposed反対 to it
その向かいにもうひとつ同じものを
05:30
that he had like a --
取り付けて
05:32
I mean, the way I would have done完了 this would be, like, a rubberゴム bandバンド,
私だったらゴムひもと
05:34
and, you know, around a tinker汚れ toyおもちゃ kind種類 of fanファン.
ブリキのおもちゃみたいな羽根車を使うかな
05:36
I know exactly正確に how he did it; I've seen見た the drawings図面.
設計図を見たことがあるので
彼がどうやったかは正確に分かります
05:38
It's two fansファン, one whichどの he could turn順番 from outside外側
二つの風車のうち1つは真空にした後も
05:42
after he got the vacuum真空 established設立,
外から回すことができます
05:44
and he discovered発見された that if he pulled引っ張られた all the air空気 out of it,
そして彼は
全ての空気を吸い出して真空にした後は
05:46
the one fanファン would no longerより長いです turn順番 the other one, right?
片方の風車を回しても
対面の風車が回らなくなることを発見したのです
05:49
Something was missing行方不明, you know. I mean, these are --
何かがなくなったのです
05:52
it's kind種類 of weird奇妙な to think that someone誰か had to do an experiment実験 to showショー that,
こんなことをわざわざ実験で
証明して見せる必要があったとは
05:55
but that was what was going on at the time.
奇妙なことですが 当時はこんな感じだったのです
05:57
And like, there was big大きい arguments議論 about it
パブやカフェなどで
06:02
in the -- you know, the ginジン houses and in the coffeeコーヒー shopsお店 and stuffもの.
それに関する大論争もあったわけです
06:04
And Charlesチャールズ
チャールズは
06:08
started開始した not liking好み that.
そのことを恐れ始めました
06:10
Charlesチャールズ IIII was kind種類 of saying言って, you know, you should keep that --
チャールズ二世の提案で
06:12
let's make a place場所 where you can do this stuffもの
そういうことをやっても
06:15
where people don't get so -- you know,
王に対する怒りを
06:18
we don't want the -- we don't want to get the people mad怒っている at me again. And so --
人々が再燃させることのないような場所を作って
06:20
because when they started開始した talking話す about religion宗教
そこでだけで行ったらどうだろうかと
06:23
and science科学 and stuffもの like that,
彼の父親が困った事態に陥ったのも
06:26
that's when it had sortソート of gotten得た his fatherお父さん in troubleトラブル.
宗教とか科学とかを
世間が話し始めたせいでしたから
06:28
And so,
それで
06:30
Charlesチャールズ said, I'm going to put up the moneyお金
チャールズは 「君らにお金を出して
06:32
give you guys a building建物,
建物を用意してあげる
06:34
come here and you can meet会う in the building建物,
その建物の中で会合をすればいい
06:36
but just don't talk about religion宗教 in there.
でもそこでは宗教の話はいけません」と
06:38
And that was fine with Boyleボイル.
ボイルには異議も無く
06:40
He said, OK, we're going to start開始 having持つ these meetings会議.
彼は承諾すると会合を始めました
06:42
And anybody who wants to do science科学 is --
科学を志す人は誰でも
06:44
this is about the time that Isaacアイザック Newtonニュートン was starting起動 to whipホイップ out
この時代はアイザック·ニュートンが
06:47
a lot of really interesting面白い things.
とても興味深いことを始めていた頃です
06:49
And there was all kind種類 of people that would come to the Royalロイヤル Society社会,
王立協会と名付けた会には色々な人が集いました
06:51
they calledと呼ばれる it. You had to be dressed服を着た up prettyかなり well.
正装して来る必要はありましたが
06:54
It wasn'tなかった like a TEDTED conference会議.
TEDカンファレンスとは違って
06:57
That was the only criteria基準, was that you be --
紳士的に装っていれば
06:59
you looked見た like a gentleman紳士, and they'd彼らは let anybody could come.
誰でも参加できました
07:01
You didn't have to be a memberメンバー then.
会員制ではなかったのです
07:04
And so, they would come in and you would do --
というわけで
07:06
Anybody that was going to showショー an experiment実験,
人々は集まり「実験」を
07:08
whichどの was kind種類 of a new新しい wordワード at the time,
当時は新しい言葉でした
07:11
demonstrate実証する some principle原理,
何かの原理を実演するものですが
07:13
they had to do it on stageステージ, where everybodyみんな could see it.
それを皆が見ることのできる
舞台の上で行いました
07:15
So they were --
そして
07:18
the really important重要 part of this was,
最も重要な決まりとして
07:20
you were not supposed想定される to talk
例えば究極の原因については
07:22
about final最後の causes原因, for instanceインスタンス.
話さないことになっていました
07:24
And God was out of the picture画像.
神はここでは議論されません
07:27
The actual実際の nature自然 of reality現実 was not at issue問題.
現実とは何たるかなどは問題とせず
07:29
You're not supposed想定される to talk about the absolute絶対の nature自然 of anything.
絶対的な性質などについて語るべきではなく
07:33
You were not supposed想定される to talk about anything
実験で証明できない類のことを
07:36
that you couldn'tできなかった demonstrate実証する.
語ることは許されていませんでした
07:38
So if somebody誰か could see it, you could say, here'sここにいる how the machine機械 works作品,
人が観察することが可能であれば
07:40
here'sここにいる what we do, and then here'sここにいる what happens起こる.
装置がこのように機能し
このように操作すると
07:43
And seeing見る what happens起こる, it was OK
こうなりますと説明できます
07:47
to generalize一般化する,
そして例えば
07:49
and say, I'm sure that this will happen起こる anytimeどんなときも
「これを作ったら
いつでもこの現象が起こるに違いない」といった
07:51
we make one of these things.
実験の観察に基づいた
一般化した意見を述べることは許されていました
07:54
And so you can start開始 making作る up some rulesルール.
そこで法則も作られ始めました
07:56
You say, anytimeどんなときも you have a vacuum真空 state状態,
例えば 向かい合う風車が
07:58
you will discover発見する that one wheelホイール will not turn順番 another別の one,
真空ポンプで吸い出すことのできる
08:01
if the only connection接続 betweenの間に them
何物かだけでしか繋がっていない場合
08:04
is whateverなんでも was there before the vacuum真空. That kind種類 of thing.
真空の状態にすると
もう一方の風車を回すことはできなくなる
08:06
Candlesキャンドル can't burn燃やす in a vacuum真空,
真空ではロウソクは燃焼しない
08:09
thereforeしたがって、, probably多分 sparklersスパークラー wouldn'tしないだろう eitherどちらか.
なのでおそらく線香花火も同じでしょう とか
08:11
It's not clearクリア; actually実際に sparklersスパークラー will,
正確なところは不明ですが
実際は線香花火は燃えます
08:14
but they didn't know that.
でも彼らは知りませんでした
08:16
They didn't have sparklersスパークラー. But, they --
線香花火がなかったのですから
08:18
(Laughter笑い)
(笑)
08:20
-- you can make up rulesルール, but they have to relate関連する
法則は作れます しかしあくまで
08:25
only to the things that you've been ableできる to demonstrate実証する.
実験で証明可能なものに限られます
08:28
And most最も the demonstrationsデモ had to do with visualsビジュアル.
そしてほとんどの実験は
視覚的でなくてはなりません
08:30
Like if you do an experiment実験 on stageステージ,
舞台上で実験するのに
08:33
and nobody誰も can see it, they can just hear聞く it, they would probably多分 think you were freaky不気味な.
何も見えず聞こえるだけでは
変なヤツと思われてしまうでしょう
08:35
I mean, reality現実 is what you can see.
現実とは目に見えるものなのです
08:38
That wasn'tなかった an explicit明白な ruleルール in the meeting会議,
会ではっきり決められた規則ではありませんが
08:41
but I'm sure that was part of it, you know. If people hear聞く voices,
当然その一部っだったはずです
声が聞こえたとしても
08:45
and they can't see and associate関連付ける it with somebody誰か,
その声の主が見当たらなければ
08:47
that person's probably多分 not there.
その人は多分そこには存在しない
08:50
But the general一般 ideaアイディア that you could only --
一般的には
08:52
you could only really talk about things in that place場所
そこで話してよいのは
08:56
that had some kind種類 of experimental実験的 basis基礎.
何らかの実験の裏づけがあるものだけでした
08:58
It didn't matter問題 what Thomasトーマス Hobbesホッブズ,
地元の哲学者である
09:01
who was a local地元 philosopher哲学者,
トマス·ホッブズが
09:03
said about it, you know,
何を言おうと関係ないのです
09:05
because you weren'tなかった going to be talking話す final最後の causes原因.
究極の原因については議論しないのですから
09:07
What's happeningハプニング here,
17世紀の半ばに
09:09
in the middle中間 of the 17thth century世紀,
何が起きていたのかと言えば
09:11
was that what becameなりました my fieldフィールド --
科学 とくに実験科学が
09:13
science科学, experimental実験的 science科学 --
物質的なものとして
別室で扱うべきものとして
09:15
was pulling引っ張る itself自体 away,
切り離されたのです
09:17
and it was in a physical物理的 way, because we're going to do it in this roomルーム over here,
それが後に 私の分野となったわけです
09:19
but it was alsoまた、 what -- it was an amazing素晴らしい thing that happened起こった.
驚くべき変化が生じました
09:22
Science科学 had been all interlocked連動した
それまで科学は
09:24
with theology神学, and philosophy哲学,
神学、哲学
09:26
and -- and -- and mathematics数学,
数学
―実際 科学とは別物です―と
09:28
whichどの is really not science科学.
深く関連付けられていました
09:31
But experimental実験的 science科学 had been tied結ばれた up with all those things.
実験科学はこれらと結びつけられていました
09:34
And the mathematics数学 part
そして 数学の部分と
09:37
and the experimental実験的 science科学 part
実験科学の部分は
09:40
was pulling引っ張る away from philosophy哲学.
哲学から徐々に分離してゆき
09:42
And -- things --
そして
09:44
we never looked見た back.
なんの未練もありませんでした
09:46
It's been so coolクール since以来 then.
以来絶好調です
09:48
I mean, it just -- it just -- untangled絡み合っていない a thing that was really impeding妨げる
技術発展を阻んでいたしがらみが
09:51
technology技術 from beingであること developed発展した.
解きほぐされていく
09:56
And, I mean, everybodyみんな in this roomルーム --
この部屋にいる皆さん
09:58
now, this is 350 shortショート years ago.
これはたった350年前のことです
10:00
Remember忘れない, that's a shortショート time.
本当に短い時間です
10:02
It was 300,000, probably多分, years ago
この部屋にいる我々のほとんどの祖先が
10:04
that most最も of us, the ancestors祖先 of most最も of us in this roomルーム
アフリカから出て左に向かったのは
10:07
came来た up out of Africaアフリカ and turned回した to the left.
だいたい30万年前でした
10:10
You know, the onesもの that turned回した to the right, there are some of those
右に行った人々には
10:13
in the Japanese日本語 translation翻訳.
日本語の翻訳が必要です
10:15
But that happened起こった very -- a long time ago
しかしそれは
10:17
compared比較した to
350年に比べたら
10:20
350 shortショート years ago.
とても前に起こったことです
10:22
But in that 350 years,
なのにこの350年で
10:24
the place場所 has just undergone行った a lot of changes変更.
実験室は大きな進化を遂げました
10:26
In fact事実, everybodyみんな in this roomルーム probably多分,
実際 この部屋に居る皆さん
10:29
especially特に if you picked選んだ up your bagバッグ --
特にカバンを手にすれば
10:31
some of you, I know, didn't pickピック up your bagsバッグ --
自分のカバンを持ってない人もいますけれど
10:34
but if you picked選んだ up your bagバッグ, everybodyみんな in this roomルーム
カバンの中身
10:36
has got in their彼らの pocketポケット, or back in their彼らの roomルーム,
ポケットの中、自宅の居室
10:38
something
何かあるはずです
10:40
that 350 years ago,
350年前の国王が
10:42
kings王様 would have gone行った to war戦争 to have.
戦争をしてでも手に入れたがった何かが
10:44
I mean, if you can think how important重要 --
どれだけ重要なものか考えてみれば
10:47
If you have a GPSGPS systemシステム and there are no satellites衛星,
まあGPSがあっても衛星がなければ
10:49
it's not going to be much use. But, like --
あまり役にに立たないけど
10:51
but, you know, if somebody誰か had a GPSGPS systemシステム
それでもGPSシステムが
10:53
in the 17thth century世紀
17世紀にあったら
10:55
some kingキング would have gotten得た together一緒に an army
手に入れようと挙兵する国王もいたはずです
10:58
and gone行った to get it, you know. If that person --
もしその人が
11:00
Audienceオーディエンス: For the teddyテディ bearくま? The teddyテディ bearくま?
観客:テディベアはどうですか?
11:02
Karyカリー Mullisムリス: They mightかもしれない have done完了 it for the teddyテディ bearくま, yeah.
マリス:それもアリかもね
11:04
But -- all of us own自分の stuffもの.
みんなが所有しています
11:07
I mean, individuals個人 own自分の things
一国の王が入手のためには
戦争もしたはずの物を
11:09
that kings王様 would have definitely絶対に gone行った to war戦争 to get.
個人が所有している
11:11
And this is just 350 years.
たった350年の間に
11:13
Not a whole全体 lot of people doing this stuffもの.
みんなが皆貢献したわけじゃない
11:15
You know, the important重要 people --
偉人
11:17
you can almostほぼ read読む about their彼らの lives人生,
伝記で読むことができるような
11:19
about all the really important重要 people that made advances進歩, you know.
進歩をもたらした巨人たち
11:21
And, I mean --
これらは
11:24
this kind種類 of stuffもの, you know, all this stuffもの
全て我々科学者の行為の一部を
11:26
came来た from that separation分離
分離することから
11:29
of this little sortソート of thing that we do --
もたらされました
11:31
now I, when I was a boy男の子
少年の頃
11:34
was bornうまれた sortソート of with this ideaアイディア
僕はこう考えていました
11:36
that if you want to know something --
もし何か知りたいことがあったら
11:38
you know, maybe it's because my old古い man was gone行った a lot,
まあそれは父がよく家を空けていて
11:40
and my mother didn't really know much science科学,
母は科学知識があまりなかったけれど
11:42
but I thought if you want to know something about stuffもの,
もし何か知りたいことがあれば
11:44
you do it -- you make an experiment実験, you know.
自分で試して実験してみなきゃって
11:47
You get -- you get, like --
多分
11:49
I just had a naturalナチュラル feeling感じ for science科学
生まれつき自然に
科学的な思考や実験の考えがあったのです
11:51
and setting設定 up experiments実験. I thought that was the way everybodyみんな had always thought.
他の皆も同じだと ずっと思ってました
11:54
I thought that anybody with any brains頭脳 will do it that way.
脳みそがちょっとでもあるやつなら
誰だってそうすると思ってた
11:56
It isn't true真実. I mean, there's a lot of people --
けど違いました
多くの人は違います
11:59
You know, I was one of those scientists科学者 that was --
僕はポストモダニズムの件で
12:02
got into troubleトラブル the other night at dinnerディナー
この間の晩餐会でトラブルに巻き込まれた
12:05
because of the post-modernismポストモダニズム thing.
科学者の一人なんですが
12:07
And I didn't mean, you know -- where is that ladyレディ?
私は別に
あの女性はいらっしゃいますか?
12:09
Audienceオーディエンス: Here.
観客:ここですよ
12:11
(Laughter笑い)
(笑)
12:12
KMKM: I mean, I didn't really think of that as an argument引数
というか別にあれは論争とは思ってなくて
12:13
so much as just a livelyにぎやか discussion討論.
ただの活発な意見交換でした
12:15
I didn't take it personally個人的に, but --
個人攻撃とは捉えてませんから
12:18
I just -- I had -- I naively素朴に had thought,
ただバカ正直に
12:21
until〜まで this surfingサーフィン experience経験 started開始した me into the 17thth century世紀,
サーフィンの待ち時間で
17世紀に親しむまでは
12:24
I'd thought that's just the way people thought,
誰もがそのように考えて行動するものだと
12:27
and everybodyみんな did, and they recognized認識された reality現実
現実を認識するのに用いるのは
12:29
by what they could see or touchタッチ or feel or hear聞く.
見え、聞こえ、触れ
感じることできるものなのだと考えていたんです
12:32
At any rateレート, when I was a boy男の子,
まあそれはさておき 僕が少年の頃
12:35
I, like, for instanceインスタンス, I had this --
例えば僕は
12:40
I got this little book from Fort Sill敷居, Oklahomaオクラホマ州 --
オクラホマのフォート・シルから
ある小さな本を取り寄せました
12:42
This is about the time that Georgeジョージ Dyson'sダイソンズ dadパパ
ジョージ・ダイソンの親父さんが
12:44
was starting起動 to blowブロー nuclear --
原子力 ―
12:46
thinking考え about blowing吹く up nuclear rocketsロケット and stuffもの.
原子力ロケットをぶっ放すことを考えたりし始めた頃で
12:48
I was thinking考え about making作る my own自分の little rocketsロケット.
僕は自家製の
小さなロケットを作ることを考えていました
12:51
And I knew知っていた that frogsカエル -- little frogsカエル --
そしてあのカエル ちびガエルが
12:54
had aspirations願望 of spaceスペース travel旅行,
宇宙旅行を夢見てることを知ってたんです
12:57
just like people. And I --
まるで人間みたいに
12:59
(Laughter笑い)
(笑)
13:01
I was looking for a --
僕はロケットの
13:04
a propulsion推進 systemシステム
推進システムを探してました
13:06
that would like, make a rocketロケット, like,
1メートル20センチぐらいのロケットで
13:08
maybe about four4つの feetフィート high高い go up a coupleカップル of milesマイル.
何キロか上空に打ちあがる
13:10
And, I mean, that was my sortソート of goalゴール.
それが個人的な目標でした
13:12
I wanted it to go out of sight視力 and then I wanted this little parachuteパラシュート
見えなくなるまで上空に打ち上がったあと
カエルの入ったちっちゃいパラシュートが
13:15
to come back with the frogカエル in it.
戻って来ることを夢見てた
13:18
And -- I -- I --
そして
13:21
I got this book from Fort Sill敷居, Oklahomaオクラホマ州,
その本をミサイル基地のある
13:23
where there's a missileミサイル baseベース.
オクラホマのフォート・シルから取り寄せました
13:25
They send送信する it out for amateurアマチュア rocketeersロケット奏者,
彼らは素人ロケット愛好家に本を発送していました
13:27
and
そして
13:30
it said in there
そこに
13:32
do not ever heat a mixture混合 of potassiumカリウム perchlorate過塩素酸塩 and sugarシュガー.
過塩素酸カリウムと砂糖の混合物は
絶対に加熱するべからず とあって
13:34
(Laughter笑い)
(笑)
13:37
You know,
これが
13:40
that's what you call a lead.
手がかりってやつだよね
13:42
(Laughter笑い)
(笑)
13:44
You sortソート of -- now you say, well, let's see if I can
で さて過塩素酸カリウムと砂糖を入手して
13:46
get holdホールド of some potassiumカリウム chlorate塩素酸塩 and sugarシュガー, perchlorate過塩素酸塩 and sugarシュガー,
加熱してみることは可能かなと
13:48
and heat it; it would be interesting面白い to see what it is they don't want me to do,
いったいなんで禁止されているのか
どんなことが起こるのか
13:51
and what it is going to --
and how is it going to work.
どんな作用か 観察するのは面白そうだと
13:54
And we didn't have --
それで
13:56
like, my mother
母はいつも
13:58
presided主宰 over the back yardヤード
アイロンとかをしながら
14:00
from an upstairs二階 window,
二階の窓から
14:03
where she would be ironingアイロン or something like that.
裏庭を監視していました
14:05
And she was usually通常 just sortソート of keeping維持 an eye on,
大体はただ見守っているだけで
14:07
and if there was any puffsパフ of smoke out there,
ただ 煙なんかが見えたりすると
14:09
she'd彼女は leanリーン out and admonish勧める us all
窓から身を乗り出して
14:11
not to blowブロー our eyes out. That was her --
目をつぶさないようにと注意していました
14:13
You know, that was kind種類 of the worst最悪 thing that could happen起こる to us.
それが母の考える最悪の事態でした
14:18
That's why I thought, as long as I don't blowブロー my eyes out ...
なので僕は目さえつぶさなければ
14:20
I mayかもしれない not careお手入れ about the fact事実
この混合物を加熱することが
14:22
that it's prohibited禁じられた from heating加熱 this solution溶液.
禁じられているかどうかは気になりませんでした
14:25
I'm going to do it carefully慎重に, but I'll do it.
用心してやればいいだけだと
14:27
It's like anything elseelse that's prohibited禁じられた:
禁止されていた他のことと同じで
14:29
you do it behind後ろに the garageガレージ.
ガレージの裏で試そう
14:31
(Laughter笑い)
(笑)
14:33
So, I went行った to the drugドラッグ store格納
それでドラッグストアに行って
14:35
and I tried試した to buy購入 some potassiumカリウム perchlorate過塩素酸塩
過塩素酸カリウムを買おうとしました
14:37
and it wasn'tなかった unreasonable不合理な then for a kidキッド
当時 ドラッグストアで子供が
14:40
to walk歩く into a drugドラッグ store格納 and buy購入 chemicals薬品.
化学薬品を買うのはおかしなことじゃなかったのです
14:42
Nowadays今日, it's no ma'am奥さん,
今じゃあ 失礼ですが
14:45
checkチェック your shoes. And like --
靴を調べさせて頂きます
ってなもんです
14:47
(Laughter笑い)
(笑)
14:49
But then it wasn'tなかった -- they didn't have any, but the guy had --
でもその店にはなかったんだ
14:51
I said, what kind種類 of salts of potassiumカリウム do you have? You know.
それでどんなカリウム塩があるか聞いたら
14:53
And he had potassiumカリウム nitrate硝酸塩.
硝酸カリウムがありました
14:56
And I said, that mightかもしれない do the same同じ thing, whateverなんでも it is.
たぶん同じようなもんだろうと思いました
14:58
I'm sure it's got to do with rocketsロケット or it wouldn'tしないだろう be in that manualマニュアル.
ロケットに関係があると確信していた
マニュアルに載ってるんだから
15:01
And so I -- I did some experiments実験.
それでいくつかの実験をしました
15:04
You know, I started開始した off with little tiny小さな amounts金額
ほんの少量の硝酸カリウムと
15:06
of potassiumカリウム nitrate硝酸塩 and sugarシュガー,
砂糖から始め
15:08
whichどの was readily容易に available利用可能な,
砂糖はいくらでもあったから
15:10
and I mixed混合 it in different異なる proportions割合,
様々な割合で混合し
15:12
and I tried試した to light it on fire火災.
まずは燃やそうと試みました
15:14
Just to see what would happen起こる, if you mixed混合 it together一緒に.
混合することで何が起こるか観察するために
15:17
And it -- they burned焼かれた.
それは燃えました
15:19
It burned焼かれた kind種類 of slowスロー, but it made a niceいい smell臭い,
どちらかというとゆっくり燃えましたが
15:21
compared比較した to other rocketロケット fuels燃料 I had tried試した,
他に試したどのロケット燃料よりいい匂いがしました
15:23
that all had sulfur硫黄 in them.
他の燃料には全て硫黄が入っていたので
15:25
And, it smelt錬金術 like burnt焼けた candyキャンディー.
それは焦げたキャンディーの匂いがしました
15:27
And then I tried試した the melting溶融 businessビジネス, and I melted溶けた it.
次に溶かすことを試しました
15:30
And then it melted溶けた into a little sortソート of syrupyシロップ liquid液体, brown褐色.
それは溶けてシロップのような茶色の液体になり
15:33
And then it cooled冷却された down to a brick-hardレンガ造りのハード substance物質,
冷めると石のように硬くなりました
15:37
that when you lit点灯 that,
それに火をつけると
15:40
it went行った off like a batコウモリ.
いきなり猛スピードで
15:42
I mean, the little bowlボウル of that stuffもの that had cooled冷却された down --
小さな器の中で冷えた物質が
15:44
you'dあなたは light it, and it would just start開始 dancingダンシング around the yardヤード.
それに火をつけると 庭を跳ね回ったんです
15:46
And I said, there
それで カエルの望み通り
15:48
is a way to get a frogカエル up to where he wants to go.
上空へ行かせてやる方法をみつけたと
15:50
(Laughter笑い)
(笑)
15:53
So I started開始した developing現像 --
それで製作を始めました
15:54
you know, George'sジョージズ dadパパ had a lot of help. I just had my brother.
ジョージの親父さんには
沢山の協力者がいたけど 僕には弟だけ
15:57
But I -- it took取った me about -- it took取った me about,
それでだいたい
16:00
I'd say, six6 months数ヶ月
いろいろと細部まで
16:03
to finally最後に figure数字 out all the little things.
完成させるには6ヶ月かかったかな
16:05
There's a lot of little things involved関係する
ちゃんと飛ぶロケットを作るには
16:07
in making作る a rocketロケット that it will actually実際に work,
沢山の細かいことが必要なんです
16:09
even after you have the fuel燃料.
燃料を確保した後もね
16:11
But you do it, by -- what I just-ただ、-
でもやるしかない
16:13
you know, you do experiments実験,
実験するんだ
16:15
and you write書きます down things sometimes時々,
時にはメモし
16:17
you make observations観察, you know.
観察するんだ
16:18
And then you slowlyゆっくり buildビルドする up a theory理論
そうして徐々に
16:20
of how this stuffもの works作品.
法則を見だしていく
16:22
And it was -- I was following以下 all the rulesルール.
物事は様々な法則に従って機能している
16:24
I didn't know what the rulesルール were,
その法則を見つけ出すんだ
16:26
I'm a naturalナチュラル bornうまれた scientist科学者, I guess推測,
僕は生まれつきの科学者だと思う
16:28
or some kind種類 of a throwback後退 to the 17thth century世紀, whateverなんでも.
17世紀への先祖返り
16:30
But at any rateレート, we finally最後に did
なんにせよ とうとう僕らは
16:33
have a deviceデバイス that would reproduceably再現可能に
カエルを彼方まで飛ばして
16:37
put a frogカエル out of sight視力
生きて戻ってこさせる装置を
16:39
and get him back alive生きている.
作り上げました
16:41
And we had not --
そして僕らは
16:43
I mean, we weren'tなかった frightened恐れた by it.
その装置を恐れていませんでした
16:45
We should have been, because it made a lot of smoke
ものすごい煙を出し
16:48
and it made a lot of noiseノイズ,
轟音を立て
16:50
and it was powerful強力な, you know.
すさまじい威力があり
16:52
And once一度 in a while, they would blowブロー up.
そしてたまに爆発したっていうのに
16:54
But I wasn'tなかった worried心配している, by the way,
ところで僕は
16:56
about, you know,
その爆発が
16:58
the explosion爆発 causing原因 the destruction破壊 of the planet惑星.
地球環境を壊すとかの心配はしていませんでした
17:00
I hadn'tなかった heard聞いた about the 10 ways方法
『心配すべき10項目』について
17:02
that we should be afraid恐れ of the --
その当時は知らなかったからね
17:04
By the way,
冗談はさておき
17:06
I could have thought,
禁止されてるんだから
17:08
I'd better not do this because
やめといた方がいい
17:10
they say not to, you know.
そう思っていても仕方ありませんでした
17:12
And I'd better get permission許可
from the government政府.
それで政府の認可を待って
17:14
If I'd have waited待った around for that,
でもそんなのを待っていたら
17:16
I would have never -- the frogカエル would have died死亡しました, you know.
カエルは死んじゃってただろうし
17:18
At any rateレート, I bring持参する it up because it's a good storyストーリー,
とにかく 今日この話をしたのは
いい話だからです
17:22
and he said, tell personal個人的 things, you know, and that's a personal個人的 --
何か個人的な話をするように言われてもいましたしね
17:25
I was going to tell you about the first night that I met会った my wife,
妻に初めて会った晩のことを話そうかとも思ったけど
17:27
but that would be too personal個人的, wouldn'tしないだろう it.
それじゃ個人的過ぎるでしょ
17:30
So, so I've got something elseelse that's not personal個人的.
あと他に個人的じゃない話題もあるんです
17:33
But that ... processプロセス is what I think of as science科学,
ただ プロセスこそが科学だと思うんです
17:35
see, where you start開始 with some ideaアイディア,
アイディアから出発して
17:38
and then instead代わりに of, like, looking up,
権威とかの
17:41
everyすべて authority権限 that you've ever heard聞いた of
そういった意見を伺うんじゃなくて
17:44
I -- sometimes時々 you do that,
時にはそれも必要ですよ
17:46
if you're going to write書きます a paper later後で,
後で論文を書くときなどは
17:48
you want to figure数字 out who elseelse has worked働いた on it.
同じ研究をした人を調べる必要があります
17:50
But in the actual実際の processプロセス, you get an ideaアイディア --
しかし実際の手順は まず着想を得て
17:52
like, when I got the ideaアイディア one night
例えば僕がある晩
17:54
that I could amplify増幅する DNADNA with two oligonucleotidesオリゴヌクレオチド,
2つのオリゴヌクレオチドでDNAを増幅させて
17:56
and I could make lots of copiesコピー of some little pieceピース of DNADNA,
DNA断片の大量コピーを作る方法を
思いついたみたいに
17:59
you know, the thinking考え for that
それは自動車を運転している
18:02
was about 20 minutes while I was driving運転 my car,
20分ぐらいの間に考えたことでした
18:04
and then instead代わりに of going -- I went行った back and I did talk to people about it,
それで帰ってから僕はいろんな人に相談しました
18:08
but if I'd listened聞いた to what I heard聞いた from all my friends友達 who were molecular分子 biologists生物学者 --
分子生物学者の友人の言うことを聞いていたら
18:11
I would have abandoned放棄された it.
そのアイデアは捨てていたでしょう
18:16
You know, if I had gone行った back looking for an authority権限 figure数字
このアイデアが上手く行くかどうか
18:18
who could tell me if it would work or not,
判断してくれそうな権威者を探していたら
18:20
he would have said, no, it probably多分 won't〜されません.
上手く行かないと判断されていたでしょう
18:22
Because the results結果 of it were so spectacular素晴らしい
なぜならその結果はあまりに画期的で
18:24
that if it worked働いた it was going to change変化する everybody'sみんな goddamnやっぱり way of doing molecular分子 biology生物学.
それが上手く行けば
分子生物学の手法を一変させることになるんですから
18:28
Nobody誰も wants a chemist化学者 to come in
誰だって化学屋にテリトリーを
18:31
and pokeポーク around in their彼らの stuffもの like that and change変化する things.
引っ掻き回されたくなんてないんです
18:33
But if you go to authority権限, and you always don't --
でも権威に頼ってしまえば
常に ―いや必ずしも
18:36
you don't always get the right answer回答, see.
正しい答えが得られるとは限りません
18:38
But I knew知っていた, you'dあなたは go into the lab研究室
でも僕にはわかっていました
18:40
and you'dあなたは try to make it work yourselfあなた自身. And then you're the authority権限,
研究室に行って自分で試せばいい
そうしたら君自身が権威だ
18:42
and you can say, I know it works作品,
上手く行くよ と自分で言える
18:44
because right there in that tubeチューブ
なぜならそれは目の前の
18:46
is where it happened起こった,
試験管の中で起こったんですから
18:48
and here, on this gelゲル, there's a little bandバンド there
そしてこのゲルの中の小さなバンドは
18:50
that I know that's DNADNA, and that's the DNADNA I wanted to amplify増幅する,
DNAだと判っている
僕が増幅したかったDNAです
18:52
so there!
So it does work.
見てくれ ちゃんと成功してるだろ
18:55
You know, that's how you do science科学.
科学ってのはそういう風にするのです
18:57
And then you say, well, what can make it work better?
それから どう改良しようかってなる
18:59
And then you figure数字 out better and better ways方法 to do it.
そしてどんどん改良を重ねる
19:01
But you always work from, from like, facts事実
ただし必ず自身の実験によって
19:03
that you have made available利用可能な to you
証明された事実に基づいていること
19:05
by doing experiments実験: things that you could do on a stageステージ.
舞台の上で実証できるもの
19:08
And no trickyトリッキー shitたわごと behind後ろに the thing. I mean, it's all --
隠れた仕掛けなどががないこと
19:10
you've got to be very honest正直な
本当に成功させたいのなら
19:13
with what you're doing if it really is going to work.
自分の行為に正直でないといけない
19:15
I mean, you can't make up results結果,
結果をでっち上げてはいけない
19:17
and then do another別の experiment実験 basedベース on that one.
でっち上げた結果を基に
次の実験を行ってもいけません
19:19
So you have to be honest正直な.
正直でなきゃいけません
19:21
And I'm basically基本的に honest正直な.
僕は基本的に正直だ
19:23
I have a fairlyかなり bad悪い memory記憶, and dishonesty不正 would always get me in troubleトラブル,
僕は記憶力が悪くて
嘘をつくと必ずトラブルになる
19:25
if I, like -- so I've just sortソート of been naturally当然 honest正直な
だから自然と正直者で
19:28
and naturally当然 inquisitive好奇心,
生まれつき探究心が旺盛で
19:30
and that sortソート of leadsリード to that kind種類 of science科学.
そういった性格が
ああいった科学に結びつきました
19:33
Now, let's see ...
さてと
19:35
I've got another別の five minutes, right?
あと5分あるよね?
19:37
OK. All scientists科学者 aren'tない like that.
よし
そうじゃない科学者もいるんです
19:40
You know -- and there is a lot --
たくさん
19:44
(Laughter笑い)
(笑)
19:46
There is a lot -- a lot has been going on since以来
アイザック・ニュートン以降
19:48
Isaacアイザック Newtonニュートン and all that stuffもの happened起こった.
多くのことがありました
19:50
One of the things that happened起こった right around World世界 War戦争 IIII
そのひとつは
19:53
in that same同じ time period期間 before,
ちょうど第2次世界大戦の頃
19:55
and as sure as hell地獄 afterwardsその後,
その前後に起きました
19:57
government政府 got -- realized実現した that scientists科学者 aren'tない strange奇妙な dudes男たち
政府は 科学者ってのは 象牙の塔に閉じこもって
19:59
that, you know, hide隠す in ivory象牙 towersタワーズ
試験管でばかげたことをしている
20:02
and do ridiculousばかげた things with testテスト tubeチューブ.
変わり者なんかじゃないって
気付きました
20:05
Scientists科学者, you know, made World世界 War戦争 IIII
科学者こそが第2次世界大戦を
20:08
as we know it quiteかなり possible可能.
可能にしたのだと
20:10
They made fasterもっと早く things.
彼らが高速化を実現し
20:12
They made biggerより大きい guns to shootシュート them down with.
彼らがより大きな銃を作った
20:15
You know, they made drugs薬物 to give the pilotsパイロット
精神が壊れたパイロットに
20:18
if they were broken壊れた up in the processプロセス.
投与する薬も開発した
20:21
They made all kinds種類 of -- and then finally最後に one giant巨人 bomb爆弾
ついには巨大な爆弾を作って
20:24
to end終わり the whole全体 thing, right?
決着までつけた でしょ?
20:27
And everybodyみんな stepped足踏みした back a little and said, you know,
人々は一歩下がってこう言いました
20:29
we oughtすべきだ to invest投資する in this shitたわごと,
こいつに投資しなくちゃ
20:31
because whoever誰でも has got the most最も of these people
なぜって より多くの科学者を囲った者が
20:33
workingワーキング in the places場所 is going to have a dominant支配的 positionポジション,
優位に立てるのだから
20:36
at least少なくとも in the military軍事, and probably多分 in all kind種類 of economic経済的 ways方法.
少なくとも軍事と 様々な経済分野で
20:39
And they got involved関係する in it, and the scientific科学的
そうして彼らは取り込まれていった
20:42
and industrial工業用 establishment確立 was bornうまれた,
科学産業が生まれ
20:44
and out of that came来た a lot of scientists科学者
急に現れたその獲物を目当てに
20:46
who were in there for the moneyお金, you know,
金儲けを目論む―
20:48
because it was suddenly突然 available利用可能な.
多くの科学者が生まれた
20:51
And they weren'tなかった the curious好奇心 little boys男の子
彼らはカエルを空に飛ばすのが好きな
20:53
that liked好き to put frogsカエル up in the air空気.
好奇心旺盛な少年達ではありませんでした
20:55
They were the same同じ people that later後で went行った in to medical医療 school学校, you know,
後の時代にはお金が儲かるからと
20:57
because there was moneyお金 in it, you know. I mean, later後で, then they all got into businessビジネス --
医学部に進んだのと同じ種類の人々
そしてもう少し後の時代にはみんなビジネスに
21:00
I mean, there are waves of -- going into your high高い school学校,
高校では お金持ちになりたかったら
21:03
person saying言って, you want to be richリッチ, you know, be a scientist科学者. You know, not anymoreもう.
科学者になれって言っていました
今は違う
21:06
You want to be richリッチ, you be a businessmanビジネスマン.
金持ちになりたければビジネスマンです
21:09
But a lot of people got in it for the moneyお金 and the powerパワー and the travel旅行.
しかし多くの人が金と権力と旅行目当てに
科学者になりました
21:11
That's back when travel旅行 was easy簡単.
旅行が簡単だった時のことです
21:14
And those people don't think --
そしてこういう人達が考えるのは
21:18
they don't --
彼らは
21:20
they don't always tell you the truth真実, you know.
いつでも真実を語るわけじゃありません
21:22
There is nothing in their彼らの contract契約する, in fact事実,
常に真実を語ることが
21:24
that makes作る it to their彼らの advantage利点 always,
彼らの契約にとって
21:26
to tell you the truth真実.
不利になることもあるのです
21:28
And the people I'm talking話す about are people that like --
今話題にしている人々と言うのは
21:30
they say that they're a memberメンバー of the committee委員会
気候変動に関する政府間パネルなどの
21:33
calledと呼ばれる, say, the Inter-Governmental政府間 Panelパネル on Climate気候 Change変化する.
委員会のメンバーとかだったりする人々です
21:36
And they -- and they have these big大きい meetings会議 where they try to figure数字 out
そして彼らが開催するいくつもの大きな会合では
21:40
how we're going to -- how we're going to continually継続的に prove証明する
多数の人々の感覚に反して
21:44
that the planet惑星 is getting取得 warmer暖かい,
地球が温暖化していると証明し続ける方法を
21:46
when that's actually実際に contrary反対の to most最も people's人々の sensations感覚.
模索しています
21:49
I mean, if you actually実際に measure測定
もし実際に
21:52
the temperature温度 over a period期間 --
長期間の温度を測定すれば
21:54
I mean, the temperature温度 has been measured測定された now
まあ この50年から60年は
21:56
prettyかなり carefully慎重に for about 50, 60 years --
かなり慎重に観測されているけれど
21:58
longerより長いです than that it's been measured測定された,
それより長期間観測はされているけれど
22:01
but in really niceいい, precise正確 ways方法,
精度良く測定され
22:03
and records記録 have been kept保管 for 50 or 60 years,
きちんと記録されているのは この50, 60年です
22:05
and in fact事実, the temperature温度 hadn'tなかった really gone行った up.
そして実際のところ温度は上昇していません
22:08
It's like, the average平均 temperature温度
平均温度はほんの少し
22:10
has gone行った up a tiny小さな little bitビット,
上昇していますが
22:12
because the nighttime夜間 temperatures温度
観測所の夜間気温が
22:14
at the weather天気 stations have come up just a little bitビット.
ほんの少し上昇しているからです
22:17
But there's a good explanation説明 for that.
しかしこれにはちゃんとした理由があります
22:19
And it's that the weather天気 stations are all built建てられた outside外側 of townタウン,
観測所は全て空港のある町の
22:21
where the airport空港 was, and now
郊外に作られました
22:24
the town's町の moved移動した out there, there's concreteコンクリート all around
街がそこまで広がっていて
22:26
and they call it the skylineスカイライン effect効果.
コンクリートに取り囲まれていて
スカイライン効果と呼ばれています
22:28
And most最も responsible責任ある people
温度測定担当者の多くは
22:30
that measure測定 temperatures温度 realize実現する
観測装置を
22:32
you have to shieldシールド your measuring測定する deviceデバイス from that.
遮蔽する必要があると気付いています
22:34
And even then, you know,
それを行っても更に
22:36
because the buildings建物 get warm暖かい in the daytime昼間,
ビルが日中に温まり
22:39
and they keep it a little warmer暖かい at night.
夜間も若干保温されます
22:40
So the temperature温度 has been, sortソート of, inchingインチング up.
そう言うわけで温度は少し上がっているのです
22:42
It should have been. But not a lot. Not like, you know --
当然のことだし 大幅な上昇でもありません
22:44
the first guy -- the first guy that got the ideaアイディア
人類が地球上で干上がるだろうと
22:47
that we're going to fry稚魚 ourselves自分自身 here,
最初に思いついたヤツが言ったほどには
22:49
actually実際に, he didn't think of it that way.
だいたい彼はそんな風に考えていませんでした
22:51
His name was SvenSven Arrheniusアレニウス. He was Swedishスウェーデンの, and he said,
彼の名前はスヴァンテ・アレニウス
スウェーデン人で
22:53
if you doubleダブル the COCO2 levelレベル in the atmosphere雰囲気,
環境中のCO2レベルを倍増させると
22:56
whichどの he thought mightかもしれない -- this is in 1900 --
1900年当時 将来その可能性があると考えていた彼は
22:59
the temperature温度 oughtすべきだ to go up about 5.5 degrees, he calculated計算された.
温度は5.5度上昇するはずだと算出しました
23:02
He was thinking考え of the earth地球 as, kind種類 of like,
彼は地球を
23:05
you know, like a completely完全に insulated断熱された thing
空っぽで完全に断熱された
23:07
with no stuffもの in it, really,
エネルギーが降り注ぎ 出て行くだけのもの
23:10
just energyエネルギー coming到来 down, energyエネルギー leaving去る.
として捉えていました
23:12
And so he came来た up with this theory理論,
そしてこの理論が生まれました
23:14
and he said, this will be coolクール,
そして彼はこれを良いことだと
23:16
because it'llそれはよ be a longerより長いです growing成長する seasonシーズン in Swedenスウェーデン,
なぜならスウェーデンでは耕作期間が延びます
23:18
you know, and the surfersサーファー liked好き it,
それにサーファーも喜びました
23:21
the surfersサーファー thought, that's a coolクール ideaアイディア,
そりゃいいアイディアだって
23:23
because it's prettyかなり coldコールド in the ocean海洋 sometimes時々, and --
海は時にとても冷たいからね
23:25
but a lot of other people later後で on
でも後になって多くの人達が
23:28
started開始した thinking考え it would be bad悪い, you know.
これは困ったことだと考え始めたんです
23:30
But nobody誰も actually実際に demonstrated実証済み it, right?
でも誰一人として実証してないでしょ?
23:33
I mean, the temperature温度 as measured測定された --
観測された温度は皆さんも
23:35
and you can find this on our wonderful素晴らしい Internetインターネット,
インターネット上で見つけることができるのですが
23:37
you just go and look for all NASAsNASA records記録,
ただ NASAと気象庁の情報を
23:39
and all the Weather天気 Bureau's records記録,
くまなくチェックするだけでいいのです
23:42
and you'llあなたは look at it yourselfあなた自身, and you'llあなたは see, the temperature温度 has just --
自分の目で確かめれば
温度はただ
23:44
the nighttime夜間 temperature温度 measured測定された on the surface表面 of the planet惑星
地表で観測された夜間の温度がほんのちょっとだけ
23:47
has gone行った up a tiny小さな little bitビット.
上昇していることが理解できるでしょう
23:50
So if you just average平均 that and the daytime昼間 temperature温度, it looks外見 like it went行った up
そしてもしそれと日中の温度を平均すると
23:52
about .7 degrees in this century世紀.
今世紀に0.7度ほど上昇したかのように見えます
23:54
But in fact事実, it was just coming到来 up --
しかし実際は
23:57
it was the nighttime夜間; the daytime昼間 temperatures温度 didn't go up.
上昇しているのは夜間で
日中の温度は上昇していません
23:59
So -- and Arrhenius'アレニウスの theory理論 --
つまり アレニウスの理論および
24:01
and all the globalグローバル warmersウォーマー think --
地球温暖化論者の考えによると
24:04
they would say, yeah, it should go up in the daytime昼間, too,
もしそれが温室効果によるものなら 日中の温度も
24:06
if it's the greenhouse温室 effect効果.
上昇していないとおかしいのです
24:08
Now, people like things that have, like, names名前 like that,
人はあのように想像力を刺激する
24:10
that they can envision想像 it, right? I mean --
レッテルが貼られたものを好みます
24:13
but people don't like things like this, so -- most最も -- I mean,
その逆に人々は
24:16
you don't get all excited興奮した about things
1990年代の熱帯対流の活発化を
24:18
like the actual実際の evidence証拠, you know,
裏付ける証拠となりうる
24:21
whichどの would be evidence証拠 for strengthening強化
実際のデータなどに
24:23
of the tropicalトロピカル circulationサーキュレーション in the 1990s.
心を躍らせることはないのです
24:25
It's a paper that came来た out in February2月,
これは2月に発表された論文ですが
24:28
and most最も of you probably多分 hadn'tなかった heard聞いた about it.
ほとんどの方はご存知ないでしょう
24:30
"Evidence証拠 for Large Decadal十年 Variability変動性
『熱帯の平均放射収支における
24:33
in the Tropicalトロピカル Mean Radiative放射性 Energyエネルギー Budget予算."
大きな10年変動の証拠』
24:35
Excuse言い訳 me. Those papers論文 were published出版された by NASANASA,
それらは NASAの科学者の
24:39
and some scientists科学者 at Columbiaコロンビア, and Vilikiヴィリキ
ヴィリキーと
24:42
and a whole全体 bunch of people, Princetonプリンストン.
プリンストン大学など
大勢で発表した論文です
24:44
And those two papers論文 came来た out in Science科学 Magazineマガジン,
そしてサイエンス誌に2月1日に発表された
24:47
February2月 the first,
2つの論文
24:50
and these -- the conclusion結論 in bothどちらも of these papers論文,
そしてこれらの論文と
24:52
and in alsoまた、 the Science科学 editor's編集者, like,
サイエンス誌の編集者の結論はどちらも
24:55
descriptions説明 of these papers論文, for, you know,
論文の記述を
24:58
for the quickie速い,
手短にいうと
25:00
is that our theories理論 about globalグローバル warming温暖化
地球温暖化に関する理論は
25:02
are completely完全に wrong違う. I mean,
根本的に間違っている
25:04
what these guys were doing,
この人達が行っていること
25:06
and this is what -- the NASANASA people have been saying言って this for a long time.
そしてNASAの人達が前から言っていたことですが
25:08
They say, if you measure測定 the temperature温度 of the atmosphere雰囲気, it isn't going up --
もし大気圏の温度を観測したら
上昇していません
25:11
it's not going up at all. We've私たちは doing it very carefully慎重に now for 20 years,
全く上昇していません
この20年間かなり精密に
25:14
from satellites衛星, and it isn't going up.
衛星から観測を続けていますが
上昇はしていません
25:17
And in this paper, they showショー something much more striking印象的な,
またこの論文にはもっと驚くべきことが示されています
25:20
and that was that they did what they call a radiation放射線 --
それは輻射に関することで
25:23
and I'm not going to go into the details詳細 of it, actually実際に it's quiteかなり complicated複雑な,
実際とても複雑なので詳細は省きますが
25:26
but it isn't as complicated複雑な as they mightかもしれない make you think it is
彼らが世間を煙に巻くために使っている
難解な用語から
25:29
by the words言葉 they use in those papers論文. If you really get down to it, they say,
受ける印象ほど難解というわけでもありません
骨子はこうです
25:32
the sun太陽 puts置く out a certainある amount of energyエネルギー --
太陽はある量のエネルギーを出しており
25:35
we know how much that is --
我々はその具体的な値を知っています
25:37
it falls落ちる on the earth地球, the earth地球 gives与える back a certainある amount.
それは地球に降り注ぎ
地球はある一定量を跳ね返す
25:39
When it gets取得 warm暖かい it generates生成する --
温まると赤外線といった
25:41
it makes作る redder赤い energyエネルギー -- I mean, like infra-red赤外線,
赤色寄りのエネルギーを出します
25:44
like something that's warm暖かい gives与える off infra-red赤外線.
温かい物体は赤外線を出すんです
25:47
The whole全体 businessビジネス of the globalグローバル warming温暖化 --
地球温暖化の理屈というのは
25:50
trashごみ, really,
実際はクズだけど
25:52
is that -- if the -- if there's too much COCO2 in the atmosphere雰囲気,
要は もし環境中に余計なCO2があると
25:54
the heat that's trying試す to escapeエスケープ
熱が逃げられなくなる
25:57
won't〜されません be ableできる to get out. But the heat coming到来 from the sun太陽,
しかしながら太陽からの熱は
25:59
whichどの is mostly主に down in the -- it's like 350 nanometersナノメートル,
波長が350ナノメートルとかで
26:02
whichどの is where it's centered中心 -- that goes行く right throughを通して COCO2.
CO2を何事もなく通り抜ける
26:05
So you still get heated加熱された, but you don't dissipate消散する any.
だから温め続けられる一方で
その熱を発散できないというものです
26:08
Well, these guys measured測定された all of those things.
で この人達はそれらを全て測定したのです
26:10
I mean, you can talk about that stuffもの,
そういう話をしたり
26:12
and you can write書きます these large reportsレポート, and you can get government政府 moneyお金 to do it,
これらの分厚いレポートを書いたり
政府に助成してもらえますが
26:14
but these -- they actually実際に measured測定された it,
でも 実際に測定したら
26:17
and it turnsターン out that in the last 10 years --
そしたらこの10年間において
26:20
that's why they say "decadal十年" there --
題名にも『10年』ってあるけど
26:22
that the energyエネルギー -- that the levelレベル
エネルギーレベルの
26:24
of what they call "imbalance不均衡"
いわゆる「不均衡」は
26:27
has been way the hell地獄 over what was expected期待される.
予測をはるかに上回っていた
26:29
Like, the amount of imbalance不均衡 --
不均衡の総量
26:32
meaning意味, heat's熱の coming到来 in and it's not going out
入って来るのに出て行かない
26:35
that you would get from having持つ doubleダブル the COCO2,
それは CO2が2倍に達した場合に想定される量で
26:38
whichどの we're not anywhereどこでも near近く that, by the way.
今の値は全然そこまで行ってないのに
26:40
But if we did, in 2025 or something,
仮に2025年とかに1900年のCO2濃度の
26:43
have doubleダブル the COCO2 as we had in 1900,
2倍になったとしたら
26:45
they say it would be increase増加する the energyエネルギー budget予算
エネルギー収支は
26:48
by about -- in other words言葉,
別の表現にすると
26:50
one wattワット per〜ごと square平方 centimeterセンチメートル more
1平方センチメートル毎に1ワット
26:53
would be coming到来 in than going out.
入る方が出る方より多くなると想定していて
26:55
So the planet惑星 should get warmer暖かい.
だから地球は温暖化するはずだと
26:57
Well, they found見つけた out in this study調査 -- these two studies研究
で この2つの別のチームによる2つの研究で
27:00
by two different異なる teamsチーム --
判明したことは
27:02
that five and a halfハーフ wattsワット
1998年 1999年からは
27:04
per〜ごと square平方 meterメートル
1平方メートル毎に
27:06
had been coming到来 in from 1998, 1999,
5.5ワット入ってきて
27:08
and the place場所 didn't get warmer暖かい.
そして温度は上昇していない
27:11
So the theory's理論 kaputカパット -- it's nothing.
というわけでその理論は お釈迦
27:13
These papers論文 should have been calledと呼ばれる,
これらの論文のタイトルは
27:15
"The End終わり to the Globalグローバル Warming温暖化 Fiascoフィアスコ," you know.
『地球温暖化騒動に終止符』とでもすべきです
27:17
They're concerned心配している,
彼らは警戒しています
27:20
and you can tell they have very guardedガードされた conclusions結論 in these papers論文,
これらの論文が非常に慎重な結論になっ ているのが
読み取れるはずです
27:22
because they're talking話す about big大きい laboratories研究所
なぜなら 恐怖心を煽られた多くの人々と
27:25
that are funded資金提供 by lots of moneyお金
巨額の資金にサポートされた
27:27
and by scared怖い people.
大規模な研究所に影響することだから
27:29
You know, if they said, you know what?
もしもたとえば
27:31
There isn't a problem問題 with globalグローバル warming温暖化 any longerより長いです,
地球温暖化問題なんかもうない と言ってしまったら
27:33
so we can -- you know, they're funding資金調達.
助成金とか
27:35
And if you start開始 a grant付与 request要求 with something like that,
もしそんなことに補助金の申請をして
27:37
and say, globalグローバル warming温暖化 obviously明らかに hadn'tなかった happened起こった ...
地球温暖化の兆候が見られなかったら
27:40
if they -- if they -- if they actually実際に -- if they actually実際に said that,
そしてもしそんなことを発表してしまったら・・・
27:42
I'm getting取得 out.
そろそろ切り上げます
27:44
(Laughter笑い)
(笑)
27:46
I'll standスタンド up too, and --
僕も起立しようかな
27:49
(Laughter笑い)
(笑)
27:51
(Applause拍手)
(拍手)
27:53
They have to say that.
彼らはああ言うしかなかったんだです
27:56
They had to be very cautious慎重な.
彼らは非常に慎重にならざるをえませんでした
27:58
But what I'm saying言って is, you can be delighted喜んで,
でも僕が言いたいのは
皆さん喜んで下さいってこと
28:00
because the editor編集者 of Science科学, who is no dummyダミー,
だってサイエンス誌の編集者はバカじゃないし
28:02
and bothどちらも of these fairlyかなり professional専門家 --
そしてどちらも本当に専門的な
28:05
really professional専門家 teamsチーム, have really come to the same同じ conclusion結論
2つのチームが同じ結論に達したんですから
28:08
and in the bottom lines in their彼らの papers論文
そして彼らの論文の結論として
こう言わざるを得ません
28:11
they have to say, what this means手段 is, that what we've私たちは been thinking考え,
このデータが意味するところは
我々が考えてきた
28:13
was the globalグローバル circulationサーキュレーション modelモデル that we predict予測する
地球がオーバーヒートしてしまうという
28:16
that the earth地球 is going to get overheated過熱した
地球の循環モデルは完全に間違いで
28:18
that it's all wrong違う. It's wrong違う by a large factor因子.
それも桁違いの誤りだったっということ
28:20
It's not by a small小さい one. They just --
ちょっとやそっとじゃない
28:23
they just misinterpreted誤解した the fact事実 that the earth地球 --
地球について解釈を誤っていた
28:26
there's obviously明らかに some mechanismsメカニズム going on
地球上では明らかに 未解明の
28:29
that nobody誰も knew知っていた about,
未知のメカニズムが働いています
28:31
because the heat's熱の coming到来 in and it isn't getting取得 warmer暖かい.
なぜなら 熱は入ってきているのに
温暖化はしていないから
28:33
So the planet惑星 is a prettyかなり amazing素晴らしい thing, you know,
つまり惑星と言うのはとても驚くべきもので
28:35
it's big大きい and horrible恐ろしい -- and big大きい and wonderful素晴らしい,
巨大で 脅威でもあり 巨大な神秘でもあります
28:38
and it does all kinds種類 of things we don't know anything about.
そして我々にとって全くの未知の働きをしています
28:40
So I mean, the reason理由 I put those things all together一緒に,
これらを全部一緒に話したのはつまり
28:43
OK, here'sここにいる the way you're supposed想定される to do science科学 --
科学とはこう実践すべきものですよと
28:45
some science科学 is done完了 for other reasons理由, and just curiosity好奇心.
一部の科学は純粋な探究心だけの
別の目的で行われています
28:47
And there's a lot of things like globalグローバル warming温暖化,
地球温暖化と同じようなものは
他にも沢山あります
28:50
and ozoneオゾン hole and you know,
オゾンホールとか
28:52
a whole全体 bunch of scientific科学的 publicパブリック issues問題,
有象無象の科学的社会問題
28:54
that if you're interested興味がある in them,
もし興味を持ったなら
28:56
then you have to get down the details詳細, and read読む the papers論文 calledと呼ばれる,
詳細をきちんと調べなきゃ こんな論文も読んで
28:58
"Large Decadal十年 Variability変動性 in the ... "
『大きな10年変動の・・・』
29:01
You have to figure数字 out what all those words言葉 mean.
用語の意味もしっかり理解して
29:03
And if you just listen to the guys
そしてこういった問題を煽ることで
29:05
who are hypingハイピング those issues問題, and making作る a lot of moneyお金 out of it,
大金を儲けてる人の言うことを聞くだけじゃ
29:07
you'llあなたは be misinformed誤報, and you'llあなたは be worrying心配する about the wrong違う things.
正しい情報は手に入らず
必要ないことに怯えることになります
29:10
Remember忘れない the 10 things that are going to get you. The -- one of them --
覚えてますか?『心配すべき10項目』
そのひとつは
29:13
(Laughter笑い)
(笑)
29:16
And the asteroids小惑星 is the one I really agree同意する with there.
小惑星についてはホントに同感です
29:18
I mean, you've got to watch out for asteroids小惑星. OK, thank you for having持つ me here.
小惑星は警戒しなきゃダメですよ
じゃ お招きいただきありがとう
29:21
(Applause拍手)
(拍手)
29:24
Translated by Shinobu Enda
Reviewed by Masaki Yanagishita

▲Back to top

About the speaker:

Kary Mullis - Biochemist
Kary Mullis won the Nobel Prize in Chemistry for developing a way to copy a strand of DNA. (His technique, called PCR, jump-started the 1990s' biorevolution.) He's known for his wide-ranging interests -- and strong opinions.

Why you should listen

In the early 1980s, Kary Mullis developed the polymerase chain reaction, an elegant way to make copies of a DNA strand using the enzyme polymerase and some basic DNA "building blocks." The process opened the door to more in-depth study of DNA -- like the Human Genome Project. Mullis shared the 1993 Nobel Prize in Chemistry for developing this technique.

As he tells it, after winning the Nobel Prize, his next career move was to learn how to surf. It's typical of Mullis, whose scientific method is to get deeply curious about a topic, work it out from first principles, and then imagine the next giant leap forward. As he puts it in his Nobel autobiography, revised several times since 1993, "I read a lot, and think a lot, and I can talk about almost anything. Being a Nobel laureate is a license to be an expert in lots of things as long as you do your homework."

Most recently, he's been taking a hard look at immunity; a recent patent from his company Altermune describes the redirection of an existing immune response to a new pathogen.

More profile about the speaker
Kary Mullis | Speaker | TED.com