English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2012

Eddie Obeng: Smart failure for a fast-changing world

エディー・オベン:目まぐるしく変化する世界には「賢い失敗」が必要だ

Filmed
Views 1,521,642

ビジネス教育者のエディー・オベンは、多くの人が思っているよりも、世界は速いスピードで変化していると言います。新しいことをしようと思っても、世界のスピードに追いつけません。 テンポの良い語り口でエディーは生産性を向上させるには、3つの重要な変化を理解すべきであること、「賢い失敗」を許す文化が求められていると語ります。

- Business Educator
Our environment changes faster than we can learn about it, Eddie Obeng says. How do we keep up? Full bio

Over the past過去 six6 months数ヶ月, I've spent過ごした my time
ここ半年、
色々な所を訪れました
00:15
traveling旅行. I think I've done完了 60,000 milesマイル,
旅した距離は9万キロ以上
00:19
but withoutなし leaving去る my desk.
しかも机から一歩も離れずに
00:23
And the reason理由 I can do that is because I'm actually実際に two people.
実は私は二人いるのです
00:26
I look like one person but I'm two people. I'm Eddieエディ who is here,
一人はここにいるエディー
00:28
and at the same同じ time, my alter変更する ego自我 is a big大きい green boxy箱入りの
もう一人は
緑のごつい体型の
00:31
avatarアバター nicknamedニックネーム Cyberサイバー Frankフランク.
私の分身
「サイバー・フランク」
00:36
So that's what I spend費やす my time doing. I'd like to start開始,
これが旅をしていた理由です
00:39
if it's possible可能, with a testテスト, because I do businessビジネス stuffもの,
さてテストから始めましょう
ビジネス専門なので
00:42
so it's important重要 that we focusフォーカス on outcomes結果.
結果が気になるんです
00:45
And then I struggled苦戦した, because I was thinking考え to myself私自身,
悩みましたよ
00:49
"What should I talk? What should I do? It's a TEDTED audience聴衆.
TEDに来るような人たちに
00:51
It's got to be stretchingストレッチ. How am I going to make — ?"
何を学んでもらえるか
00:53
So I just hope希望 I've got the levelレベル of difficulty困難 right.
丁度良いレベルの話が
できればいいのですが
00:56
So let's just walk歩く our way throughを通して this.
さあ 行ってみましょう
00:59
Please could you work this throughを通して with me? You can shout叫ぶ out the answer回答 if you like.
答えがわかったら
叫んでくださいね
01:01
The question質問 is, whichどの of these horizontal水平 lines is longerより長いです?
「どっちの線が長いですか?」
01:05
The answer回答 is?
答えは?
01:07
Audienceオーディエンス: The same同じ.Eddieエディ Obengオブン: The same同じ.
(聴衆)同じ
(オーベン)同じ
01:08
No, they're not the same同じ. (Laughter笑い)
違います(笑)
01:11
They're not the same同じ. The top one is 10 percentパーセント longerより長いです than the bottom one.
上のほうが10%長いんです
01:13
So why did you tell me they were the same同じ? Do you remember思い出す when we were kids子供たち at school学校,
なぜ同じと答えたのですか?
子供の頃学校で
01:16
about that big大きい, they playedプレーした the same同じ trickトリック on us?
同じことを
聞かれましたよね?
01:19
It was to teach教える us parallax視差. Do you remember思い出す?
錯覚の勉強をした時です
01:22
And you got, you said, "It's the same同じ!" And you got it wrong違う.
その時は「同じ」だった
でも今回は違った
01:24
You remember思い出す? And you learned学んだ the answer回答, and you've carried運ばれた this answer回答 in your head for 10, 20, 30, 40 years:
皆さんは一度習った答えを
何十年も覚えているわけです
01:27
The answer回答 is the same同じ. The answer回答 is the same同じ. So when you're asked尋ねた what the lengths長さ are,
「長さは同じ 長さは同じ」ってね
01:31
you say they're the same同じ, but they're not the same同じ, because I've changedかわった it.
だからそう答えた
でも問題が変わってたんです
01:35
And this is what I'm trying試す to explain説明する has happened起こった to us in the 21stセント century世紀.
この21世紀でも同様のことが
起こっています
01:38
Somebody誰か or something has changedかわった the rulesルール
何者かがいつのまにか
世界のルールを変えたんです
01:42
about how our world世界 works作品.
何者かがいつのまにか
世界のルールを変えたんです
01:44
When I'm joking冗談, I try and explain説明する it happened起こった at midnight真夜中,
ルールが変わったのは「真夜中」
01:46
you see, while we were asleep眠っている, but it was midnight真夜中 15 years ago. Okay?
皆が寝ていた頃です
15年も前の話ですが
01:49
You didn't notice通知 it? But basically基本的に, what they do is,
気付かなかったって?
でも事実です
01:53
they switched切り替え all the rulesルール round円形, so that the way to
企業でも組織でも国でも何でも
01:56
successfully正常に run走る a businessビジネス, an organization組織, or even a country,
上手く回すための方法が
まるっきり変わったんです
01:58
has been deleted削除された, flippedフリップされた, and it's a completely完全に new新しい
上手く回すための方法が
まるっきり変わったんです
02:02
— you think I'm joking冗談, don't you — there's a completely完全に new新しい setセット of rulesルール in operation操作. (Laughter笑い)
冗談だと思っていますね(笑)
でも新しいルールに気付きましたか?
02:05
Did you notice通知 that? I mean, you missed逃した this one.
さっきの問題と同じですよ
02:09
You probably多分 — No, you didn't. Okay. (Laughter笑い)
気付かなかったね(笑)
02:11
My simple単純 ideaアイディア is that what's happened起こった is,
僕の単純な考えは
02:12
the realリアル 21stセント century世紀 around us isn't so obvious明らか to us,
21世紀は意外と
理解しにくかった
02:17
so instead代わりに we spend費やす our time responding応答する rationally合理的に
だから馴染みのある昔からの
世界観で
02:21
to a world世界 whichどの we understandわかる and recognize認識する,
皆 問題に対処しています
02:24
but whichどの no longerより長いです exists存在する.
でも もう昔の世界じゃない
02:27
You don't believe me, do you? Okay. (Applause拍手)
まだ疑っていますね
いいでしょう(拍手)
02:29
So let me take you on a little journey of manyたくさんの of the things I don't understandわかる.
じゃあ 私の数々の疑問を
披露しましょう
02:32
If you searchサーチ Amazonアマゾン for the wordワード "creativity創造性,"
アマゾンで「創造性」と検索すると
9万冊もの本がヒットします
02:37
you'llあなたは discover発見する something like 90,000 books.
アマゾンで「創造性」と検索すると
9万冊もの本がヒットします
02:39
If you go on GoogleGoogle and you look for "innovation革新 + creativity創造性,"
グーグルで
「革新+創造性」は
02:41
you get 30 million百万 hitsヒット. If you add追加する the wordワード "consultantsコンサルタント," it doubles二重 to 60 million百万. (Laughter笑い)
3000万件
+「コンサルタント」で6000万件です(笑)
02:44
Are you with me? And yetまだ, statistically統計的に, what you discover発見する
でも統計的に見て
発想から2年後に
02:49
is that about one in 100,000 ideasアイデア is found見つけた making作る moneyお金
アイデアが収益や
実益に結びつく確率は
02:52
or delivering配信する benefits利点 two years after its inception開始.
10万に1つくらいです
02:55
It makes作る no senseセンス. Companies会社 make their彼らの expensive高価な executivesエグゼクティブ
おかしいですよ
企業がお金と時間をかけて
02:58
spend費やす ages年齢 carefully慎重に preparing準備 forecasts予測 and budgets予算
計画や準備を進めたものが
03:01
whichどの are obsolete時代遅れの or need changing変化 before they can be published出版された.
世に出る前から
時代遅れになります
03:03
How is that possible可能? If you look at the visionsビジョン we have,
なぜでしょう?
革新的なビジョンも
03:07
the visionsビジョン of how we're going to change変化する the world世界,
実行することが
03:11
the keyキー thing is implementation実装. We have the visionビジョン.
鍵となるのです
ビジョンは実現してこそです
03:13
We've私たちは got to make it happen起こる.
鍵となるのです
ビジョンは実現してこそです
03:16
We've私たちは spent過ごした decades数十年 professionalizing専門化する implementation実装.
私たちは長年
実現力を磨いてきました
03:17
People are supposed想定される to be good at making作る stuffもの happen起こる.
その分 上手く行きそうなものです
03:20
Howeverしかしながら, if I use as an example a family家族 of five
でも上手くいっていない
家族旅行に例えてみましょう
03:22
going on holiday休日, if you can imagine想像する this,
5人家族が旅行をするとします
03:27
all the way from Londonロンドン all the way across横断する to Hong香港 Kong香港,
ロンドンから香港までの長旅です
03:30
what I want you to think about is their彼らの budget予算 is only 3,000 poundsポンド of expenses経費.
しかし予算は50万円程度
03:34
What actually実際に happens起こる is, if I compare比較する this to the average平均
これを実際にかかった費用の
03:38
realリアル projectプロジェクト, average平均 realリアル successful成功した projectプロジェクト,
平均相場と比較すると
03:41
the family家族 actually実際に end終わり up in Makassarマカッサル, South Sulawesiスラウェシ島,
家族はインドネシアまでしか
行けません
03:47
at a costコスト of 4,000 poundsポンド,
それでも60万円かかります
03:51
whilstしばらく leaving去る two of the children子供 behind後ろに. (Laughter笑い)
しかも子供2人は
置いてけぼり(笑)
03:54
What I'm trying試す to explain説明する to you is, there are things whichどの don't make senseセンス to us.
おかしいと思いませんか?
03:57
It gets取得 even worse悪化する than that. Let me just walk歩く you throughを通して this one.
更にひどい例があります
04:02
This is a quote見積もり, and I'll just pickピック words言葉 out of it.
ここに手紙があります
04:06
It says言う -- I'll put on the voice音声 -- "In summary概要, your Majesty陛下,
「女王陛下
簡単にご説明しますと
04:08
the failure失敗 to foresee予見する the timingタイミング, extentエクステント and severity重症度
危機の深刻さが
予測できなかったのは
04:12
of the crisis危機 was due支払う to the lack欠如 of creativity創造性
創造性、聡明な頭脳の
不足が理由でした」
04:15
and the number of bright明るい minds," or something like that.
とかなんとか 書いてあります
04:19
This was a groupグループ of eminent著名な economistsエコノミスト apologizing謝罪する to the Queenクイーン of Englandイングランド
これは著名な経済学者たちが
英国女王に宛てた謝罪文です
04:22
when she asked尋ねた the question質問,
女王は学者に
お聞きになりました
04:26
"Why did no one tell us that the crisis危機 was coming到来?" (Laughter笑い)
「なぜ あなた方は
危機を予測できずにいたの?」
04:28
I'll never get my knighthood騎士団. I'll never get my knighthood騎士団. (Laughter笑い)
こんなもの真似をしていたら
ナイトの称号はもらえないな(笑)
04:31
That's not the important重要 pointポイント. The thing you have to remember思い出す is,
それはどうでも良いとして
04:35
these are eminent著名な economistsエコノミスト, some of the smartest最もスマートな people
超優秀な経済学者でも
失敗する
04:37
on the planet惑星. Do you see the challengeチャレンジ? (Laughter笑い)
難しいのが分かりますね(笑)
04:40
It's scary怖い. My friend友人 and mentor指導者, Timティム Brown褐色 of IDEOIDEO,
デザイン・コンサルタント会社
IDEOのティム・ブラウンは
04:44
he explains説明する that design設計 must必須 get big大きい, and he's right.
「デザインはもっと色々な
分野に広がるべきだ」
04:48
He wisely賢く explains説明する this to us. He says言う design設計 thinking考え
より大きな問題に デザイン思考で
取り組むべきだと言います
04:52
must必須 tackleタックル big大きい systemsシステム for the challenges挑戦 we have.
より大きな問題に デザイン思考で
取り組むべきだと言います
04:55
He's absolutely絶対に right.
まさにその通りです
04:57
And then I ask尋ねる myself私自身, "Why was it ever small小さい?"
では何故今までの思考は
小さかったのか?
04:59
Isn't it weird奇妙な? You know, if collaborationコラボレーション is so coolクール,
コラボレーションは素晴らしい
部門間協力は素晴らしい
05:03
is cross-functional交差機能 workingワーキング is so amazing素晴らしい,
コラボレーションは素晴らしい
部門間協力は素晴らしい
05:07
why did we buildビルドする these huge巨大 hierarchies階層? What's going on?
では何故ヒエラルキー制が
残ってるんでしょう
05:09
You see, I think what's happened起こった, perhapsおそらく, is that
きっと私たちは冒頭に
述べたような
05:14
we've私たちは not noticed気づいた that change変化する I described記載された earlier先に.
変化に気付いていないのです
05:19
What we do know is that the world世界 has accelerated加速された.
世界は加速しています
05:23
Cyberspaceサイバースペース moves動き everything at the speed速度 of light.
インターネットが
全てを光速で動かし
05:25
Technology技術 accelerates加速する things exponentially指数関数的に.
技術が物事を
急激に加速させる
05:28
So if this is now, and that's the past過去,
現在はここ
こちらが過去
05:30
and we start開始 thinking考え about change変化する, you know,
そして皆さんも政府も
みんなが変化を求めている
05:32
all governments政府 are seekingシーク change変化する, you're here seekingシーク change変化する,
そして皆さんも政府も
みんなが変化を求めている
05:34
everybody'sみんな after change変化する, it's really coolクール. (Laughter笑い)
みんな変化を望んでいる
すごいね!(笑)
05:36
So what happens起こる is, we get this wonderful素晴らしい whooshingウソシュ acceleration加速度 and change変化する.
その結果 世界は
急速に加速し変化していきます
05:39
The speed速度 is accelerating加速する. That's not the only thing.
加速しているだけじゃありません
05:43
At the same同じ time, as we've私たちは done完了 that, we've私たちは done完了 something really weird奇妙な.
同時に奇妙なことが起きました
05:48
We've私たちは doubled倍増 the population人口 in 40 years,
まず人口が
40年で2倍になりました
05:50
put halfハーフ of them in cities都市, then connected接続された them all up so they can interact相互作用する.
その半分が都市に住み
互いに繋がっています
05:53
The density密度 of the interactionインタラクション of human人間 beings存在 is amazing素晴らしい.
情報交流の密度は
驚くばかりです
05:56
There are chartsチャート whichどの showショー all these movements動き of information情報. That density密度 of information情報 is amazing素晴らしい.
情報交通を示す図の密度の濃さと
言ったら驚きです
05:59
And then we've私たちは done完了 a third三番 thing.
もう一つ
06:04
you know, for those of you who have as an office事務所
あなたのオフィスが階段の下の
06:06
a little desk underneath下の the stairs階段, and you say, well this is my little desk under the stairs階段,
小さなデスクだったとしても
インターネットがあれば
06:08
no! You are sitting座っている at the headquarters本部 of a globalグローバル corporation株式会社 if you're connected接続された to the Internetインターネット.
そこはグローバル企業の
本社なのです
06:13
What's happened起こった is, we've私たちは changedかわった the scale規模.
スケールが変わったんです
06:20
Sizeサイズ and scale規模 are no longerより長いです the same同じ.
サイズとスケールはもう同じじゃない
06:23
And then add追加する to that, everyすべて time you tweetつぶやく,
ツイッターのフォロワーだって
06:26
over a third三番 of your followersフォロワー followフォローする from a country
3分の1は国外の人です
06:29
whichどの is not your own自分の.
3分の1は国外の人です
06:32
Globalグローバル is the new新しい scale規模. We know that.
新しいスケールはグローバルです
06:34
And so people say things like, "The world世界 is now a turbulent乱れる place場所." Have you heard聞いた them saying言って things like that?
「激動の時代」とかなんとか
言われるわけです
06:37
And they use it as a metaphor隠喩. Have you come across横断する this?
比喩のように使われていますよね?
でも実際に
06:41
And they think it's a metaphor隠喩, but this is not a metaphor隠喩.
激動しているのです
06:44
It's reality現実. As a young若い engineeringエンジニアリング student学生, I remember思い出す
私が大学の工学部にいた頃
06:47
going to a demonstrationデモンストレーション where they basically基本的に,
講義で非常に面白い
実験デモが行われました
06:51
the demonstratorデモンストレーター did something quiteかなり intriguing興味をそそる.
講義で非常に面白い
実験デモが行われました
06:55
What he did was, he got a transparentトランスペアレント pipeパイプ — have you seen見た this demonstrationデモンストレーション before? —
講師は透明なパイプを取り出し
06:57
he attached添付された it to a tapタップ. So effectively効果的に what you had was,
水道の蛇口にとりつけました
07:02
you had a situation状況 where — I'll try and drawドロー the tapタップ
絵にしてみましょう
07:06
and the pipeパイプ, actually実際に I'll skipスキップ the tapタップ. The tapsタップ are hardハード.
蛇口は描けないから
「蛇口」でいいね?(笑)
07:09
Okay? So I'll write書きます the wordワード "tapタップ." Is that okay? It's a tapタップ. (Laughter笑い)
蛇口は描けないから
「蛇口」でいいね?(笑)
07:11
Okay, so he attaches付ける it to a transparentトランスペアレント pipeパイプ, and he turnsターン the water on.
蛇口を開けるとパイプに
水が流れ始めます
07:15
And he says言う, do you notice通知 anything? And the water is whooshingウソシュ down this pipeパイプ.
彼は言うわけです
「何か気付いたかい?」
07:18
I mean, this is not excitingエキサイティング stuffもの. Are you with me?
何も面白くないですよね
07:21
So the water goes行く up. He turnsターン it back down. Great.
水が貯まったところで
水量を減らしました
07:24
And he says言う, "Anything you notice通知?" No. Then he sticksスティック a needle into the pipeパイプ,
「何か気付いたかい?」 答えはノーです
すると彼は針をパイプに突き刺して
07:28
and he connects接続する this to a containerコンテナ, and he fills塗りつぶす
「何か気付いたかい?」 答えはノーです
すると彼は針をパイプに突き刺して
07:32
the containerコンテナ up with green inkインク. You with me?
針から緑のインクを
少しずつ垂らし始めました
07:34
So guess推測 what happens起こる? A thin薄いです green lineライン comes来る out
すると 緑の細い線が
流れ始めました
07:38
as it flows流れ down the pipeパイプ. It's not that interesting面白い.
でも大して面白くありません
07:41
And then he turnsターン the water up a bitビット, so it starts開始する coming到来 back in. And nothing changes変更.
水の量を少し増やしても
何の変化もありません
07:46
So he's changing変化 the flowフロー of the water, but it's just a boring退屈な green lineライン.
流水量が変わっても
緑の線はそのままです
07:50
He adds追加する some more. He adds追加する some more. And then something weird奇妙な happens起こる.
彼はどんどん蛇口を
緩めていきました
07:53
There's this little flickerちらつき, and then as he turnsターン it ever so slightly少し more,
すると突然
緑の線がユラッと動き
07:56
the whole全体 of that green lineライン disappears消える, and instead代わりに
蛇口をかすかに緩めると
線が一瞬にして消え
08:01
there are these little sortソート of inkyいびき dustほこり devils悪魔 close閉じる to the needle.
針の周りに緑のもやもやが残り
08:04
They're calledと呼ばれる eddies. Not me. And they're violently激しく dispersing分散 the inkインク
インクは散っていきました
08:08
so that it actually実際に gets取得 diluted希釈された out, and the color's gone行った.
色が薄くなって
最後には緑が消えました
08:11
What's happened起こった in this world世界 of pipeパイプ
パイプの中で起こったのは
08:14
is somebody誰か has flippedフリップされた it. They've彼らは changedかわった the rulesルール from laminar層流の to turbulent乱れる.
ルールの変化です
誰かが流れを乱した結果
08:18
All the rulesルール are gone行った. In that environment環境, instantly即座に,
元のルールは
全て一瞬にして消え
08:22
all the possibilities可能性 whichどの turbulence乱気流 bringsもたらす are available利用可能な,
乱流による
あらゆる可能性が生まれました
08:26
and it's not the same同じ as laminar層流の.
状況が完全に変わったのです
08:30
And if we didn't have that green inkインク, you'dあなたは never notice通知.
でも緑のインクがなければ
変化には気付けません
08:33
And I think this is our challengeチャレンジ, because somebody誰か
これが私たちの課題です
08:38
has actually実際に increased増加した — and it's probably多分 you guys with all your techハイテク and stuffもの
私たちの世界でも
技術の進歩でスピードやスケール
08:41
the speed速度, the scale規模 and the density密度 of interactionインタラクション.
繋がりの密度が
増したからです
08:45
Now how do we cope対処する and deal対処 with that?
この変化にどう対応すれば
いいんでしょう?
08:49
Well, we could just call it turbulence乱気流, or we could try and learn学ぶ.
「激動」と名前をつけても良し
挑戦して学ぶも良しです
08:51
Yes, learn学ぶ, but I know you guys grew成長しました up in the days日々 when
ただ私たちが
今まで育ってきたのは
08:54
there were actually実際に these things calledと呼ばれる correct正しい answers答え,
「正しい答え」のある世界です
09:00
because of the answer回答 you gave与えた me to the horizontal水平 lineライン puzzleパズル,
最初のクイズの
解答のように
09:02
and you believe it will last forever永遠に.
それが永遠に続くと
信じてきました
09:05
So I'll put a little lineライン up here whichどの representsは表す learning学習,
この線は学習を表しています
09:07
and that's how we used to do it. We could see things,
今までの私たちは ものを見て 理解し
その後じっくり実行してきました
09:11
understandわかる them, take the time to put them into practice練習.
今までの私たちは ものを見て 理解し
その後じっくり実行してきました
09:13
Out here is the world世界. Now, what's happened起こった to our paceペース
この部分を私たちの
住む世界とします
09:15
of learning学習 as the world世界 has accelerated加速された? Well, if you work
世界が加速的に変わりましたが
学習のペースはどうでしょう
09:19
for a corporation株式会社, you'llあなたは discover発見する it's quiteかなり difficult難しい to work
会社で働いていると
上司の意向に沿わない
09:22
on stuffもの whichどの your bossボス doesn't approve承認する of, isn't in the strategy戦略,
計画外のことなど
できません
09:25
and anywayとにかく, you've got to go throughを通して your monthly毎月 meetings会議.
でも月例会議などの場で
09:28
If you work in an institution機関, one day you will get them to make that decision決定.
いつか上司を説得することが
できるかもしれません
09:31
And if you work in a market市場 where people believe in cyclesサイクル,
でも好不調の波がある
市場だったら
09:36
it's even funnier面白い, because you have to wait all the way
ひどいことになります
09:39
for the cycleサイクル to fail失敗します before you go, "There's something wrong違う." You with me?
かなり状況が悪くなるまで
何かがおかしいと気づきません
09:41
So it's likelyおそらく that the lineライン, in terms条項 of learning学習, is prettyかなり flat平らな.
つまり学習のペースは
この平らな線 とても遅くなります
09:45
You with me? This pointポイント over here, the pointポイント at whichどの
そして2つの線が
交差するポイントで
09:50
the lines crossクロス over, the paceペース of change変化する
そして2つの線が
交差するポイントで
09:54
overtakes追い越す the paceペース of learning学習,
世界があなたを追い抜きます
09:58
and for me, that is what I was describing記述
その瞬間を
10:01
when I was telling伝える you about midnight真夜中.
私は「真夜中」と
呼んでいるのです
10:04
So what does it do to us? Well, it completely完全に transforms変換 what we have to do,
それがどう私たちに
関係するのでしょうか?
10:08
manyたくさんの mistakes間違い we make. We solve解決する last year's problems問題
私たちのなすべきことは
すっかり変わったのです
10:11
withoutなし thinking考え about the future未来. If you try and think about it,
未来のことを考えずに
今の問題を解決しても仕方ありません
10:14
the things you're solving解決する now, what problems問題 are they going to bring持参する in the future未来?
未来のことを考えずに
今の問題を解決しても仕方ありません
10:17
If you haven't持っていない understood理解された the world世界 you're living生活 in,
この世界を正しく
理解しなければ
10:20
it's almostほぼ impossible不可能 to be absolutely絶対に certainある that what you're going to deliver配信する fitsフィット.
やる事が将来役に立つかなんて
確信が持てません
10:23
I'll give you an example, a quickクイック one. Creativity創造性 and ideasアイデア,
ひとつ例を挙げましょう
10:26
I mentioned言及した that earlier先に. All the CEOsCEO around me, my clientsクライアント, they want innovation革新,
私に相談に来る 会社のトップは
革新を求めています
10:30
so they seekシーク innovation革新. They say to people, "Take risksリスク and be creative創造的な!"
部下に言うわけです
「リスクを取れ 創造しろ!」
10:33
But unfortunately残念ながら the words言葉 get transformed変形した as they travel旅行 throughを通して the air空気.
でも不幸なことに
部下には違って聞こえるんです
10:36
Entering入る their彼らの ears, what they hear聞く is, "Do crazy狂った things and then I'll fire火災 you." Why? (Laughter笑い) Because —
「変なことをしてみろ クビだぞ」ってね(笑)
10:39
Why? Because in the old古い world世界, okay, in the old古い world世界,
なぜでしょう?
なぜなら古い世界では
10:43
over here, getting取得 stuffもの wrong違う was unacceptable容認できない.
間違いは許されなかったからです
10:47
If you got something wrong違う, you'dあなたは failed失敗した. How should you be treated治療された?
一度間違ったらおしまいです
10:49
Well, harshly厳しく, because you could have asked尋ねた somebody誰か who had experience経験.
経験者の知恵を借りるのが
善だったのです
10:52
So we learned学んだ the answer回答 and we carried運ばれた this in our heads for 20, 30 years, are you with me?
そしてその教えを
20年30年と大事に守ってきた
10:55
The answer回答 is, don't do things whichどの are different異なる.
「変わったことをしてはならない」
11:00
And then suddenly突然 we tell them to and it doesn't work.
突然 命令を変えても
上手く行きません
11:03
You see, in reality現実, there are two ways方法 you can fail失敗します in our new新しい world世界.
新しい世界では
2パターンの失敗がありえます
11:05
One, you're doing something that you should followフォローする a procedure手順 to, and it's a very difficult難しい thing,
その一 やり方が
決まっているものの場合
11:08
you're sloppy汚い, you get it wrong違う. How should you be treated治療された? You should probably多分 be fired撃たれた.
いい加減にやって
失敗したら? 結果はクビです
11:11
On the other handハンド, you're doing something new新しい, no one's一人 ever done完了 before,
その二 全く新しいことに挑戦して
11:15
you get it completely完全に wrong違う. How should you be treated治療された?
失敗した
その場合は?
11:18
Well, free無料 pizzasピザ! You should be treated治療された better than the people who succeed成功する.
ピザでお祝いです!
成功者より評価されるべきです
11:20
It's calledと呼ばれる smartスマート failure失敗. Why? Because you can't put it on your C.V.
これは「賢い失敗」です
成功と違い 履歴書には書けませんから
11:24
So what I want to leave離れる you, then, is with the explanation説明
最後に私がどうして
11:27
of why I actually実際に traveled旅行した 60,000 milesマイル from my desk.
9万キロに及ぶ旅をしたか
お話します
11:30
When I realized実現した the powerパワー of this new新しい world世界,
私は新しい世界に気付いたとき
11:34
I quit終了する my safe安全 teaching教える jobジョブ, and setセット up a virtualバーチャル businessビジネス school学校,
安定した教職を辞め
ネット上世界初の
11:36
the first in the world世界, in order注文 to teach教える people how to make this happen起こる,
ビジネススクールを創りました
11:40
and I used some of my learnings学び about some of the rulesルール whichどの I'd learned学んだ on myself私自身.
どうすれば 新しいことができるか
他の人にも教えています
11:44
If you're interested興味がある, worldaftermidnightworldaftermidnight.comcom, you'llあなたは find out more,
興味があれば
worldaftermidnight.comへどうぞ
11:49
but I've applied適用された them to myself私自身 for over a decade10年,
私自身 この新しいやり方で
ここ十年やってきました
11:52
and I'm still here, and I still have my house, and the most最も important重要 thing is,
ご覧の通り 健在です
家も まだきちんとあります
11:55
I hope希望 I've done完了 enough十分な to inject注入する a little green inkインク into your lives人生,
今日は 皆さんの人生に 緑のインクを
少しでも注入できた事を願っています
11:59
so that when you go away and you're making作る your next
今度重要な決断を下すときに
考えてみてください
12:04
absolutely絶対に sensible感覚的 and rationalラショナル decision決定, you'llあなたは take some time to think,
今度重要な決断を下すときに
考えてみてください
12:07
"Hmmうーん, I wonderワンダー whetherかどうか this alsoまた、 makes作る senseセンス
「 真夜中過ぎ」の
新しい世界でも
12:12
in our new新しい world世界 after midnight真夜中." Thank you very much.
やろうとしている事の
意味があるのかどうか
12:15
(Applause拍手)
(拍手)
12:18
Thank you, thank you. (Applause拍手)
ありがとう(拍手)
12:25
Translated by Kohei Kikuchi
Reviewed by Chiaki Takeuchi

▲Back to top

About the speaker:

Eddie Obeng - Business Educator
Our environment changes faster than we can learn about it, Eddie Obeng says. How do we keep up?

Why you should listen

What will business look like in 5 years? (Er, what does it look like now?) Eddie Obeng helps executives keep up with a business and social environment that's changing faster than we can know. Through Pentacle, his online business school, Obeng teaches a theory of management that focuses on adaptation to change. Called "New World Management," it's all about forming and re-forming workgroups, constantly re-evaluating metrics, and being open to all kinds of learning, from hands-on group exercises to a virtual lecture hall/meeting room called the QUBE.

More profile about the speaker
Eddie Obeng | Speaker | TED.com