English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2007

Philippe Starck: Design and destiny

フィリップ=スタルクがデザインを熟考する

Filmed
Views 1,839,619

プロダクトデザイナー フィリップ=スタルクが、洒落たスライドは一切使わず、18分間「なぜデザインするのか?」という根本的な問いを突き詰めます。天才であろうとなかろうと、皆さんこの完璧なまでのマントラに、是非耳を傾けてみて下さい。

- Designer
Philippe Starck designs deluxe objects and posh condos and hotels around the world. Always witty and engaged, he takes special delight in rethinking everyday objects. Full bio

You will understandわかる nothing with my typeタイプ of English英語.
僕のような英語じゃ 何もわからないでしょう
00:12
It's good for you because you can have a breakブレーク after all these fantastic素晴らしい people.
いいことです 素晴しい人達の後で 休憩できますから
00:17
I must必須 tell you I am like that, not very comfortable快適,
なんていうか 僕がここにいるなんて ちょっと場違いですよね
00:26
because usually通常, in life, I think my jobジョブ is absolutely絶対に useless役に立たない.
だって僕の仕事なんか 人生において何の役にも立ちませんからね
00:31
I mean, I feel useless役に立たない.
まるで 自分自身が役立たずな気がしますよ
00:37
Now after Carolynキャロリン, and all the other guys, I feel like shitたわごと.
ましてキャロリンや 他の講演者の後ですから 僕なんかまるで“糞”
00:41
And definitively確実に, I don't know why I am here,
全くもって なんで僕がココにいるのか分かりません
00:49
but -- you know the nightmare悪夢 you can have, like you are an impostor詐称者,
まるで 悪夢の中で 替え玉として
00:56
you arrive到着する at the operaオペラ, and they push押す you, "You must必須 sing歌う!"
オペラ座に来た途端 無理矢理「お前歌え!」みたいな…
01:00
I don't know. (Laughter笑い)
よくわかりませんけど
01:04
So, so, because I have nothing to showショー, nothing to say,
そういうわけで お見せするものも言うべきこともないので
01:07
we shall〜する try to speak話す about something elseelse.
なにか他の事でも話してみましょう
01:16
We can start開始, if you want, by understanding理解 --
よろしければ手始めに…
01:20
it's just to start開始, it's not interesting面白い, but -- how I work.
面白くもなんともないんですが…僕の仕事の進め方でもお話しましょう
01:23
When somebody誰か comes来る to me and ask尋ねる for what I am known既知の,
あなたは何で知られた人か と聞かれたら―
01:28
I mean, yes, lemonレモン squeezer圧搾機, toiletトイレ brushみがきます, toothpick爪楊枝, beautiful綺麗な toiletトイレ seats,
レモン絞り器 便器用ブラシ 爪楊枝 美しい便座に
01:35
and why not -- a toothbrush歯ブラシ?
それに 歯ブラシですかね
01:44
I don't try to design設計 the toothbrush歯ブラシ.
僕は歯ブラシをデザインしようとはしません
01:46
I don't try to say, "Oh, that will be a beautiful綺麗な objectオブジェクト," or something like that.
“おぉ きっとキレイなモノになる”なんてつもりもないです
01:51
That doesn't interest利子 me.
そんな事に 興味ありませんから
01:54
Because there is different異なる typesタイプ of design設計.
デザインにも 色々な種類があります
01:55
The one, we can call it the cynicalシニカル design設計,
一つは 僕らが“ひねくれデザイン”と呼ぶもので―
01:58
that means手段 the design設計 invented発明された by Raymondレイモンド Loewyロウィー in the '50s,
50年代に レイモンド=ローウィが提唱したものがあります
02:03
who said, what is ugly醜い is a bad悪い sale販売, la laideurライデュール se vend売る malマル, whichどの is terribleひどい.
彼は“醜いと売れない (la laideur se vend mal)”と言いました ひどいもんです
02:06
It means手段 the design設計 must必須 be just the weapon武器 for marketingマーケティング,
デザインは マーケティングの武器に徹するべき
02:13
for producerプロデューサー to make product製品 more sexyセクシー, like that,
商品をもっとセクシーにして 売り上げを伸ばすためのもの
02:18
they sell売る more: it's shitたわごと, it's obsolete時代遅れの, it's ridiculousばかげた.
というわけです 最低で 時代遅れで バカバカしい
02:22
I call that the cynicalシニカル design設計.
なので僕は “ひねくれデザイン”と呼びます
02:26
After, there is the narcissisticナルシシズム design設計:
その後に出てきたのが“自己陶酔デザイン”
02:30
it's a fantastic素晴らしい designerデザイナー who designsデザイン only for other fantastic素晴らしい designersデザイナー. (Laughter笑い)
偉大なデザイナーによる 他の偉大なデザイナーのためのデザインです
02:35
After, there is people like me, who try to deserve値する to exist存在する,
そのまた後で 僕のような人達が出てきた 存在価値を見出そうと―
02:42
and who are so ashamed恥ずかしい to make this useless役に立たない jobジョブ, who try to do it in another別の way,
役に立たない仕事を恥じつつも 別のやり方を模索して―
02:48
and they try, I try, to not make the objectオブジェクト for the objectオブジェクト but for the result結果,
がんばるわけです モノのためのモノ作りじゃなく 結果のために
02:56
for the profit利益 for the human人間 beingであること, the person who will use it.
人類の利益のため それを使う人のためにね
03:03
If we take the toothbrush歯ブラシ -- I don't think about the toothbrush歯ブラシ.
歯ブラシを手にしても 歯ブラシの事なんて考えませんよね
03:08
I think, "What will be the effect効果 of the brushみがきます in the mouth?"
僕なら“どれだけよく磨けるだろう?”と考えます
03:13
And to understandわかる what will be the effect効果 of the toothbrush歯ブラシ in the mouth,
口の中での歯ブラシの働きを理解するには
03:18
I must必須 imagine想像する: Who owns所有する this mouth?
必ずこう思い浮かべます “この口は 誰の口だろう?
03:23
What is the life of the ownerオーナー of this mouth? In what society社会 [does] this guy liveライブ?
その人の人生はどんなだろう? どんな社会に生きてるんだろう?
03:27
What civilization文明 creates作成する this society社会?
どんな文明が その社会を作ったんだろう?
03:33
What animal動物 species creates作成する this civilization文明?
どんな動物種が その文明を作ったんだろう?”
03:38
When I arrive到着する -- and I take one minute, I am not so intelligentインテリジェントな --
そこまでいくと…頭良くないんで 1分くらいかかるんですが…
03:42
when I arrive到着する at the levelレベル of animal動物 species, that becomes〜になる realリアル interesting面白い.
動物種レベルまでいくと がぜん面白くなるんですよ
03:47
Me, I have strictly厳密に no powerパワー to change変化する anything.
僕なんかが 何かを変える力なんて 皆無ですよ
03:52
But when I come back, I can understandわかる why I shall〜する not do it,
立ち戻れば なんで変えない方がいいかわかります
03:57
because today今日 to not do it, it's more positiveポジティブ than do it, or how I shall〜する do it.
今日 変えない方が 変えるよりいいんです
04:02
But to come back, where I am at the animal動物 species, there is things to see.
動物種としての 自分の位置付けに考えを及ぼすと―
04:10
There is things to see, there is the big大きい challengeチャレンジ.
見るべきものに気付きます 大きな挑戦もあります
04:17
The big大きい challengeチャレンジ in frontフロント of us.
僕らの目の前の挑戦です
04:20
Because there is not a human人間 production製造
なぜなら 人類の生み出すもので
04:23
whichどの exists存在する outside外側 of what I call "the big大きい image画像."
僕の言う“全体像”の外側に存在するものなんて ないからです
04:27
The big大きい image画像 is our storyストーリー, our poetry, our romanticismロマン主義.
“全体像”とは 僕らの物語 詩や ロマンです
04:32
Our poetry is our mutation突然変異, our life.
僕らの詩とは 僕らの変異や生命です
04:37
We must必須 remember思い出す, and we can see that in any book of my son息子 of 10 years old古い,
思い出してください 10歳になる息子の本にもあるように
04:42
that life appears登場する four4つの billion years ago, around -- four4つの billion pointポイント two?
生命はおよそ40億年前に誕生しました え?42?
04:47
Voice音声 offstageステージから: Four pointポイント five.
(観客席)45!
04:55
Yes, pointポイント five, OK, OK, OK! (Laughter笑い) I'm a designerデザイナー,
45ですね 勘弁して下さいね 僕は一介のデザイナーですから
04:56
that's all, of Christmasクリスマス giftsギフト.
クリスマスプレゼント専門のね
05:01
And before, there was this soupスープ, calledと呼ばれる "soupeスープ primordiale原始,"
もともと“原始のスープ”といわれるものがありました
05:04
this first soupスープ -- bloop流行 bloop流行 bloop流行 --
この最初のスープは ボコボコボコと
05:09
sortソート of dirty汚れた mud, no life, nothing.
なんていうか汚い泥で 生命も何もありません
05:13
So then -- pshoo-shoopshoo-shoo -- lightningライトニング -- pshoopshoo -- arrive到着する --
するとビカビカ!…雷が落ちて…ビカッ!…さあ来た…
05:16
pshoo-shoopshoo-shoo -- makes作る life -- bloop流行 bloop流行 -- and that dies死ぬ.
ビカッ!…命ができて…ボコボコ!…死にました
05:20
Some million百万 years after -- pshoo-shoopshoo-shoo, bloop-bloop肥満 -- ahああ, wake目覚め up!
数百万年後…ビカビカ!ボコボコ!…おーい起きろぉ!
05:23
At the end終わり, finally最後に, that succeeds成功する, and life appears登場する.
ついにうまくいって 生命の誕生です
05:28
We was so, so stupid愚か. The most最も stupid愚か bacteria細菌.
僕らは とても馬鹿な 一番馬鹿な 微生物でした
05:34
Even, I think, we copyコピー our way to reproduce再現する, you know what I mean,
僕ら生殖法さえ真似てますよね 言いたいことわかります?
05:41
and something of -- oh no, forget忘れる it.
それとか…おっと 何でもないです
05:46
After, we become〜になる a fish; after, we become〜になる a frogカエル;
その後 僕らは魚になった そんでカエルになり
05:49
after, we become〜になる a monkeyモンキー; after, we become〜になる what we are today今日: a super-monkeyスーパーサル,
サルになり 今日の僕ら スーパーモンキーの出現というわけです
05:55
and the fun楽しい is, the super-monkeyスーパーサル we are today今日, is at halfハーフ of the storyストーリー.
面白いことに 僕らスーパーモンキーは まだ物語の中盤です
06:02
Can you imagine想像する? From that stupid愚か bacteria細菌 to us,
想像できます? あんなに馬鹿な微生物だった僕らが
06:09
with a microphoneマイクロフォン, with a computerコンピューター, with an iPodiPod: four4つの billion years.
携帯 パソコンに iPod ですよ 40億年の間に
06:13
And we know, and especially特に Carolynキャロリン knows知っている, that when the sun太陽 will implode爆縮する,
キャロリンをはじめ皆さんご存知の通り 太陽はいずれ内部破裂します
06:19
the earth地球 will burn燃やす, explode爆発する, I don't know what,
地球は燃えちゃってとか 爆発しちゃってとか よく知りませんけど…
06:27
and this is scheduledスケジュールされた for four4つの, four4つの billion years?
それが 40億年後の予定でしたっけ?
06:31
Yes, she said, something like that. OK, that means手段 we are at halfハーフ of the storyストーリー.
そんなとこです つまり 僕らはまだ物語の中ほどなんですよ
06:35
Fantasticファンタスティック! It's a beauty美しさ!
こりゃすごい!美しいじゃありませんか!
06:41
Can you imagine想像する? It's very symbolicシンボリック.
想像できます? とても象徴的です
06:44
Because the bacteria細菌 we was had no ideaアイディア of what we are today今日.
だって40億年前の微生物は 今日の僕らの姿を 知る由もなかった
06:46
And today今日, we have no ideaアイディア of what we shall〜する be in four4つの billion years.
そして今日の僕らには 40億年後の僕らを 知る由もありません
06:51
And this territory地域 is fantastic素晴らしい.
この辺りが 素晴しいんですよ
06:57
That is our poetry. That is our beautiful綺麗な storyストーリー.
これが僕らの詩なんです 美しい物語です
07:00
It's our romanticismロマン主義. Mu-ta-tion突然変異. We are mutants突然変異体.
僕らのロマンです 突 然 変 異 僕らは突然変異種です
07:05
And if we don't deeply深く understandわかる, if we don't integrate統合する that we are mutants突然変異体,
ここをしっかり押さえて 物語に組み込まない限り
07:10
we completely完全に missミス the storyストーリー.
全くわけがわからなくなります
07:17
Because everyすべて generation世代 thinks考える we are the final最後の one.
だって みんな自分達が最後の世代だと思ってるでしょ
07:20
We have a way to look at Earth地球 like that, you know,
僕らの地球の見方は一つ ほら わかるでしょ
07:24
"I am the man. The final最後の man.
“俺こそが人類 人類の完成形
07:27
You know, we mutate突然変異 during four4つの billion years before, but now, because it's me, we stop. Finフィン. (Laughter笑い)
40億年間 突然変異を繰り返し 今この俺が出てきたから進化終了 終演
07:31
For the end終わり, for the eternity永遠, it is one with a red jacketジャケット."
最後の最後 永久の最後が 赤いジャケットの この俺”
07:37
Something like that. I am not sure of that. (Laughter笑い)
って感じです さぁどうだか
07:43
Because that is our intelligenceインテリジェンス of mutation突然変異 and things like that.
まだこんなことを言っているくらいですから
07:48
There is so manyたくさんの things to do; it's so fresh新鮮な.
やることは山積みです とても新鮮です
07:54
And here is something: nobody誰も is obliged義務付けられた to be a genius天才,
ここで一つ 天才であることは 誰の義務でもありませんが
07:58
but everybodyみんな is obliged義務付けられた to participate参加する.
参加する事は みんなの義務です
08:06
And to participate参加する, for a mutant変異体, there is a minimum最小 of exercise運動, a minimum最小 of sportスポーツ.
突然変異の皆さん ご参加の際には 最低限の訓練があります
08:09
We can say that.
スポーツとも言えます
08:16
The first, if you want -- there is so manyたくさんの --
まず始めにですね―
08:18
but one whichどの is very easy簡単 to do, is the duty義務 of visionビジョン.
とても簡単なやつ 視覚の訓練があります
08:20
I can explain説明する you. I shall〜する try.
説明しますよ やってみます
08:26
If you walk歩く like that, it's OK, it's OK, you can walk歩く,
こんな風に歩くと まぁまぁです 歩けます
08:29
but perhapsおそらく, because you walk歩く with the eyes like that, you will not see, oh, there is a hole.
でも 目を伏せているので視界が悪い おっと 穴がある
08:38
And you will fall, and you will die死ぬ. Dangerous危険な.
落ちちゃいます 死んじゃいます いたって危険
08:44
That's why, perhapsおそらく, you will try to have this angle角度 of visionビジョン.
だから多分 これ位の視野の角度を試すでしょう
08:47
OK, I can see, if I found見つけた something, up, up, and they continue持続する, up up up.
よし 見えます 何か見つけたら おっとっと そのまま おっとっと
08:53
I raise上げる the angle角度 of visionビジョン, but it's still very -- selfish利己的, selfish利己的, egoisteエゴイスト -- yes, selfish利己的.
目線を上げましたが まだとっても…自分勝手で 自分本位で…自己中です
09:00
You, you survive生き残ります. It's OK.
でも生き残れはします まぁ大丈夫
09:09
If you raise上げる the levelレベル of your eyes a little more you go,
そして目線を もう少しだけ上げると
09:12
"I see you, oh my God you are here, how are you, I can help you,
“おや ここにいましたか ご機嫌いかが? お助けしましょう
09:18
I can design設計 for you a new新しい toothbrush歯ブラシ, new新しい toiletトイレ brushみがきます," something like that.
新しい歯ブラシをデザインしますよ 新しい便器用タワシはいかが?”
09:22
I liveライブ in society社会; I liveライブ in communityコミュニティ.
社会の中で暮らし コミュニティと共に生きていると言えます
09:27
It's OK. You start開始 to be in the territory地域 of intelligenceインテリジェンス, we can say.
いいですよ 知性の領域に足を踏み入れました
09:31
From this levelレベル, the more you can raise上げる this angle角度 of view見る,
この地点から 目線を上げれば上げるほど
09:39
the more you will be important重要 for the society社会.
あなたは 社会にとって より重要になります
09:46
The more you will rise上昇, the more you will be important重要 for the civilization文明.
上げれば上げるほど 文明にとって より重要になります
09:50
The more you will rise上昇, to see far遠い and high高い, like that,
上げれば上げるほど 遠く 高くが見えるあなたは
09:55
the more you will be important重要 for the storyストーリー of our mutation突然変異.
突然変異の物語にとって より重要になります
10:01
That means手段 intelligentインテリジェントな people are in this angle角度. That is intelligenceインテリジェンス.
つまり 知的な人々は ここにいるのです ここが知的領域です
10:05
From this to here, that, it's genius天才.
ここからここの角度は 天才です
10:12
Ptolemyプトレマイオス, Eratosthenesエラトステネス, Einsteinアインシュタイン, things like that.
プトレマイオス エラトステネス アインシュタインとかです
10:16
Nobody's誰も obliged義務付けられた to be a genius天才.
天才である義務なんて 誰にもありません
10:20
It's better, but nobody誰も.
結構ですが 義務ではありません
10:22
Take careお手入れ, in this trainingトレーニング, to be a good mutant変異体.
しっかり訓練して 良い突然変異になってください
10:25
There is some danger危険, there is some trapトラップ. One trapトラップ: the vertical垂直.
危険や罠はあります 一つは 垂直です
10:31
Because at the vertical垂直 of us, if you look like that,
垂直になって こんな風に見上げると
10:35
"Ahああ! my God, there is God. Ahああ! God!"
“おぉ神よ!神がおられる!あぁ神よ!”
10:38
God is a trapトラップ. God is the answer回答 when we don't know the answer回答.
神は罠です 神を持ち出すのは 僕らが答えを知らないときです
10:41
That means手段, when your brain is not enough十分な big大きい, when you don't understandわかる,
つまり 脳みその大きさが不十分で よく理解できないとき
10:48
you go, "Ahああ, it's God, it's God." That's ridiculousばかげた.
“あぁ神だ!神の成せる業だ!”とやっちゃう これは馬鹿げてます
10:56
That's why -- jumpジャンプ, like that? No, don't jumpジャンプ.
だから跳ねます こんな風に いや跳ねないでよ
10:59
Come back. Because, after, there is another別の trapトラップ.
戻ってきて だってもう一つ罠がありますから
11:03
If you look like that, you look to the past過去,
こんな風にのけぞると 今度は過去を見てしまいます
11:06
or you look inside内部 if you are very flexibleフレキシブル, inside内部 yourselfあなた自身.
体が柔軟だと 自分の内側が見えてしまいます
11:09
It's calledと呼ばれる schizophrenia統合失調症, and you are deadデッド alsoまた、.
そしたら 総合失調症になって これまた死んでしまいます
11:13
That's why everyすべて morning, now, because you are a good mutant変異体,
だから毎朝 良い突然変異種なんだからこそ
11:16
you will raise上げる your angle角度 of view見る.
目線を上げるんです
11:21
Out, more of the horizontal水平. You are an intelligenceインテリジェンス.
外へより水平に 知的生命体として
11:25
Never forget忘れる -- like that, like that.
決して忘れないで下さい こんな感じ こんな感じ
11:29
It's very, very, very important重要.
これ とっても とっても とっても 大切です
11:32
What, what elseelse we can say about that? Why do that?
他に何があったかな なぜこの訓練をするのか
11:35
It's because we -- if we look from far遠い, we see our lineライン of evolution進化.
遠くから見ると 僕らの進化の道のりは 一筋の線で―
11:44
This lineライン of evolution進化 is clearlyはっきりと positiveポジティブ.
その線は 明らかに前進しています
11:55
From far遠い, this lineライン looks外見 very smooth滑らかな, like that.
遠くから見ると そう とても滑らかです
12:00
But if you take a lensレンズ, like that, this lineライン is ackアック, ackアック, ackアック, ackアック, ackアック. Like that.
でもレンズでのぞくと まるでガタガタのデコボコ
12:04
It's made of light and shadow.
それに光と影からできています
12:11
We can say light is civilization文明, shadow is barbaria野蛮.
光は文明を 影は野蛮を表しています
12:16
And it's very important重要 to know where we are.
僕らがどこにいるのか知っておくことは とても重要です
12:20
Because some cycleサイクル, there is a spotスポット in the cycleサイクル,
なぜなら それによって
12:23
and you have not the same同じ duty義務 in the different異なる parts部品 of the cycleサイクル.
自分の役目が変わってくるからです
12:29
That means手段, we can imagine想像する -- I don't say it was fantastic素晴らしい,
考えてみてください 素晴しかったとは言いませんが
12:35
but in the '80s, there was not too much war戦争, like that, it was --
80年代はあまり戦争がなかった ほんの短い間
12:41
we can imagine想像する that the civilization文明 can become〜になる civilized文明化された.
すると文明が開化していきますよね
12:48
In this case場合, people like me are acceptable許容可能な.
そんな状況なら 僕みたいな人々は受け入れられます
12:55
We can say, "It's luxurious豪華な time."
“贅沢の時代”と言ってもいい
12:59
We have time to think, we have time to I don't know what,
考える時間があって…他には何だろう―
13:02
speak話す about artアート and things like that.
芸術とかを語る時間があるんです
13:06
It's OK. We are in the light.
いいんですよ 僕らは明るい地点にいますから
13:08
But sometimes時々, like today今日, we fall, we fall so fast速い, so fast速い to shadow, we fall so fast速い to barbaria野蛮.
でも今日のように たちまち暗闇へ落ち 野蛮になることもあります
13:11
With manyたくさんの, manyたくさんの, manyたくさんの, manyたくさんの face of barbaria野蛮.
野蛮といっても実に色々あります
13:22
Because it's not, the barbaria野蛮 we have today今日, it's perhapsおそらく not the barbaria野蛮 we think.
僕らには馴染みのない野蛮も出てくるでしょう
13:27
There is different異なる typeタイプ of barbaria野蛮.
野蛮にも色んな種類がありますから
13:34
That's why we must必須 adapt適応する.
だから適応しなくちゃいけない
13:36
That means手段, when barbaria野蛮 is back, forget忘れる the beautiful綺麗な chairs椅子, forget忘れる the beautiful綺麗な hotelホテル,
野蛮な時代が来たなら 美しい椅子やホテルは忘れて
13:39
forget忘れる design設計, even -- I'm sorry to say -- forget忘れる artアート.
デザインも...それに失礼ですが 芸術だって忘れてください
13:49
Forget忘れる all that. There is priority優先; there is urgency緊急.
キレイさっぱりと もっと大事で緊急なことがありますから
13:52
You must必須 go back to politics政治, you must必須 go back to radicalizationラジカル化,
政治へ 急進化へ回帰せざるを得ません
13:56
I'm sorry if that's not very English英語.
今の言い方 変だったらごめんなさい
14:00
You must必須 go back to fight戦い, to battle戦い.
戦いへ戻り 立ち向かう必要があります
14:03
That's why today今日 I'm so ashamed恥ずかしい to make this jobジョブ.
だから今日はこの仕事が恥ずかしいんです
14:05
That's why I am here, to try to do it the bestベスト possible可能.
だからこそ僕はココで 最善を尽くします
14:09
But I know that even I do it the bestベスト possible可能
でも最善を尽くしたところで
14:14
-- that's why I'm the bestベスト -- it's nothing.
(だから僕って最高!) 何にもなりません
14:18
Because it's not the right time.
だって時期が違いますから
14:20
That's why I say that. I say that, because, I repeat繰り返す, nothing exist存在する if it's not in the good reason理由,
良いモノだって 光の地点じゃないと輝かない
14:22
the reason理由 of our beautiful綺麗な dream, of this civilization文明.
美しい夢や文明の時期じゃなきゃ 意味ないんです
14:33
And because we must必須 all work to finish仕上げ this storyストーリー.
それに僕らは 物語の完結に向けて 頑張らないといけません
14:38
Because the scenarioシナリオ of this civilization文明
この文明のシナリオは
14:44
-- about love, progress進捗, and things like that -- it's OK,
愛や進歩などについてです それはそれでいいんです
14:48
but there is so manyたくさんの different異なる, other scenariosシナリオ of other civilizations文明.
違う文明の 違うシナリオもあり得るでしょう
14:52
This scenarioシナリオ, of this civilization文明, was about becoming〜になる powerful強力な, intelligentインテリジェントな,
僕らの文明のシナリオは 力を得て 知能を高める事です
14:58
like this ideaアイディア we have invented発明された, this concept概念 of God.
例えば僕らの生み出した 神という概念のように
15:07
We are God now. We are. It's almostほぼ done完了.
今は僕らが神です もう物語の完結は間近です
15:11
We have just to finish仕上げ the storyストーリー.
あとは仕上げるだけです
15:15
That is very, very important重要.
とてもとても重要なところです
15:17
And when you don't understandわかる really what's happened起こった,
何が実際に起きているのかわかってないと
15:19
you cannotできない go and fight戦い and work and buildビルドする and things like that.
そこに行き 戦ったり 働いたり 創ったりできません
15:23
You go to the future未来 back, back, back, back, like that.
こんなふうに 後ろ向きに未来へ進むと おっと危ない
15:29
And you can fall, and it's very dangerous危険な.
落ちちゃいます すごく危ない
15:34
No, you must必須 really understandわかる that.
だから絶対にわかってなきゃだめです
15:36
Because we have almostほぼ finished完成した, I'll repeat繰り返す this storyストーリー.
繰り返しますが 物語の完結は間近です
15:40
And the beauty美しさ of this, in perhapsおそらく 50 years, 60 years, we can finish仕上げ completely完全に this civilization文明,
素晴しい点は 50~60年後 この文明を完結し
15:44
and offer提供 to our children子供 the possibility可能性 to invent発明する a new新しい storyストーリー,
子供たちに 新たな物語 詩 ロマンを
15:53
a new新しい poetry, a new新しい romanticismロマン主義.
創造する可能性を 差し出せることです
16:00
With billions何十億 of people who have been bornうまれた, worked働いた, lived住んでいました and died死亡しました before us,
僕ら以前に 何十億もの人々が 生まれ 働き 生きて 死んだ
16:02
these people who have worked働いた so much,
彼らの努力のお陰で 今 僕らは
16:10
we have now bring持参する beautiful綺麗な things, beautiful綺麗な giftsギフト, we know so manyたくさんの things.
美しいもの 贈り物 知識を 山ほど持っています
16:12
We can say to our children子供, OK, done完了, that was our storyストーリー. That passed合格.
子供たちへ言えます 僕らの物語は出来上がり おしまい
16:19
Now you have a duty義務: invent発明する a new新しい storyストーリー. Invent発明 a new新しい poetry.
さぁ 今度はあなたの番 新しい物語 詩を紡ぎなさい
16:26
The only ruleルール is, we have not to have any ideaアイディア about the next storyストーリー.
ルールはただ一つ 次の物語はまだまっさら
16:32
We give you white pagesページ. Invent発明.
白紙をあげましょう 創造してください
16:39
We give you the bestベスト toolsツール, the bestベスト toolsツール, and now, do it.
最高の 最高の道具をあげますから さあ 始めてください
16:44
That's why I continue持続する to work, even if it's for toiletトイレ brushみがきます.
だから僕は働き続けます たとえそれが便器用タワシのためだとしても
16:52
Translated by Tsuyoshi Orihashi
Reviewed by Caoli Price

▲Back to top

About the speaker:

Philippe Starck - Designer
Philippe Starck designs deluxe objects and posh condos and hotels around the world. Always witty and engaged, he takes special delight in rethinking everyday objects.

Why you should listen

Philippe Starck is a legend of modern design. He's known for his luxurious hotels and boites around the world -- notably the Peninsula Hotel restaurant in Hong Kong, the Teatron in Mexico, the Hotel Delano in Miami, the Mondrian in Los Angeles, the Asia de Cuba restaurant in New York -- designing the total environment from layout to furniture to linens.

But he has made perhaps his most permanent mark on design through his bold reworkings of everyday objects. In reimagining and rethinking the quotidian, he has produced some of the iconic shapes of the 20th century, including his leggy chrome juice squeezer , the reimagined Emeco aluminum chairs, and the witty Louis Ghost polycarbonate fauteuil.

When Starck turns his bold vision toward a chair, a shoe, a toothbrush, it's clear he thinks deeper than the glossy surface.

More profile about the speaker
Philippe Starck | Speaker | TED.com