English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2010

Gary Lauder's new traffic sign: Take Turns

ギャリー・ローダーの新たな交通標識:交互に

Filmed
Views 577,613

50%の交通事故が交差点で発生しています。ギャリー・ローダーがドライバーががよりスムーズに運転できるよう素晴しいが簡単なアイディアを共有します:”止まれ”と”譲れ”の性質を融合させた新たな交通標識--そして心ある運転手になって下さい。

- Venture capitalist
Gary Lauder is the managing partner of Lauder Partners, a VC firm, and the co-creator of the Socrates Society at the Aspen Institute. Full bio

I onlyのみ have three minutes
3分しかないので
00:15
soそう I'm私は going to have to talkトーク fast速い, and itそれ will
早口になります
00:17
useつかいます upアップ yourきみの spareスペア mental精神的な cyclesサイクル, soそう multitaskingマルチタスキング mayかもしれない be hardハード.
"ながら"では追い切れないかもしれません
00:19
Soだから, 27 years ago I got a trafficトラフィック ticketチケット
まず27年前交通違反チケットを切られ
00:23
thatそれ got me thinking考え.
私はこう考えました
00:25
I've私は had some一部 time時間 to think思う itそれ over.
それ以来何度か考えているんですが
00:27
And energyエネルギー efficiency効率 is moreもっと thanより justちょうど
つまりエネルギー効率というのは
00:29
about the vehicle車両 --
自動車だけの問題ではなく
00:31
it'sそれは alsoまた、 about the road道路.
道路にも関係しているのです
00:33
Road道路 design設計 makes作る a difference, particularly特に intersections交差点,
道路 特に交差点の設計が重要です
00:35
of whichどの thereそこ are two typesタイプ: signalizedシグナル化された
2種類の交差点があります 信号機付きのものと
00:37
and unsignalized署名されていない, whichどの means手段 stopやめる signs兆候.
”止まれ”の標識です
00:39
Fifty五十 percentパーセント of crashesクラッシュ happen起こる at intersections交差点.
50%の衝突事故は交差点で起こっています
00:41
Roundaboutsロータリーアトラクション are muchたくさん betterより良い.
これに比べロータリーはかなり安全です
00:43
A study調査 of 24 intersections交差点
24箇所の交差点を調査したところ
00:45
has found見つけた crashesクラッシュ dropドロップ 40 percentパーセント
信号の交差点をロータリーに変更すると
00:47
fromから whenいつ you君は convert変換する a trafficトラフィック light into a roundaboutラウンドアバウト.
衝突事故が40%減少することが分かりました
00:50
Injury損傷 crashesクラッシュ have dropped落とした 76 percentパーセント,
衝突による負傷も76%減少しました
00:53
fatal致命的な crashesクラッシュ downダウン 90 percentパーセント.
致死的な衝突事故は90%減です
00:56
Butだがしかし that'sそれは justちょうど safety安全性.
しかしこれは安全面の話でしかありません
00:58
What about time時間 and gasガス?
時間とガソリンはどうでしょう?
01:00
Soだから, trafficトラフィック keeps維持する flowing流れる, soそう thatそれ means手段 lessもっと少なく braking制動,
流れがスムーズだとブレーキの回数が減ります
01:02
whichどの means手段 lessもっと少なく accelerating加速する, lessもっと少なく gasガス and lessもっと少なく pollution汚染,
つまりアクセルの回数、燃料消費量、大気汚染
01:04
lessもっと少なく time時間 wasted無駄な,
無駄な時間も減少することになります
01:07
and thatそれ partly部分的に accountsアカウント for Europe'sヨーロッパの betterより良い efficiency効率
ヨーロッパのエネルギー効率が
01:09
thanより we我々 have in the Unitedユナイテッド States.
アメリカのものより優れている一因です
01:11
Soだから, unsignalized署名されていない intersections交差点,
信号なし交差点の停止標識は
01:13
meaning意味 stopやめる signs兆候, they彼ら saveセーブ manyたくさんの lives人生,
多くの命を救っていますが
01:15
butだけど there'sそこに an excessive過度の proliferation増殖 of themそれら.
停止標識は増えすぎました
01:17
Small小さい roundaboutsラウンドアバウト are starting起動 to appear現れる.
小さなロータリーも登場してきています
01:19
Thisこれ is one1 in myじぶんの neighborhoodご近所. And they彼ら are
自宅近くのものです 信号機や
01:22
muchたくさん betterより良い -- betterより良い thanより trafficトラフィック lightsライト, betterより良い thanより four-way四方 stopやめる signs兆候.
”止まれ”の標識 4 本よりもずっとよいですね
01:25
They're彼らは expensive高価な to installインストール,
設置は値が張りますが 標識のままだと
01:28
butだけど they彼ら are moreもっと expensive高価な notない to. Soだから, we我々 should look見える at thatそれ.
もっとお金がかかります 見てみましょう
01:30
Butだがしかし they彼ら are notない applicable適用可能な in allすべて situations状況.
”止まれ”がふさわしくない場所もあります
01:33
Soだから, take, for example, the three-way三方向 intersection交差点.
そこで、例えばT字路
01:34
Soだから, it'sそれは logical論理的 thatそれ you'dあなたは have one1 thereそこ,
小さな道から大きな方に入るところの
01:37
on the minorマイナー road道路 entering入る the majorメジャー.
”止まれ”は理にかなっていますが
01:39
Butだがしかし the otherその他 two are somewhat幾分 questionable疑わしい.
残りの2箇所には疑問が残ります
01:41
Soだから, here'sここにいる one1. There'sあります。 another別の one1 whichどの I studied研究した.
こんな交差点も 私が研究したのはこちらの交差点
01:44
Cars rarelyまれに appear現れる on thatそれ third三番 road道路.
3 番目の道からの車は少ないのです
01:46
And soそう, the question質問 is, what does thatそれ costコスト us?
そこで“止まれ”の費用はいくらかという問題です
01:49
Thatそれ intersection交差点 I looked見た at had about 3,000
私が見たこの交差点では毎日
01:51
cars per〜ごと day in each direction方向,
各方向から3000台の車が通過します
01:53
and soそう that'sそれは two ouncesオンス of gasガス to accelerate加速する outでる of.
アクセルを踏むと2オンス分ガソリンが消費されます
01:55
That'sそれです five centsセント each, and times 3,000 cars per〜ごと day,
毎回 5 セントに 毎日 3000 台をかけて
01:57
that'sそれは $51,000 per〜ごと year.
年間で51000ドルになります
01:59
That'sそれです justちょうど the gasolineガソリン costコスト. Thereそこ is alsoまた、 pollution汚染,
これはガソリン代だけ 他に大気汚染や
02:02
wear着る on the car, and time時間.
車体償却費や時間も関わります
02:04
What's何の thatそれ time時間 worth価値?
時間は何ドルになるでしょう?
02:06
Well, at 10 seconds per〜ごと 3,000 cars,
10秒ずつ 3000台なら
02:08
that'sそれは 8.3 hours時間 per〜ごと day. The average平均 wageK補品まにまにつながるつなつなつなうつなつなう補う補品 in the U.S.
一日では8.3時間
02:10
is $20 an hour時間. Thatそれ is 60,000 per〜ごと year.
国内の平均時給は20ドル すなわち年間6万ドル相当です
02:12
Add追加 thatそれ together一緒に with〜と the gasガス, and it'sそれは $112,000 per〜ごと year,
ガソリン代と合わせて 11万2千ドル
02:16
justちょうど for thatそれ sign符号 in each direction方向.
これが一方向の“止まれ”のコストです
02:19
Discountディスカウント thatそれ backバック to the presentプレゼント, at five percentパーセント:
割引率 5% で現在価値に直すと
02:21
over two million百万 dollarsドル
200 万ドル以上です
02:23
for a stopやめる sign符号, in each direction方向.
一方向の標識のコストです
02:26
Now, ifif you君は look見える at what thatそれ adjacent隣接 propertyプロパティ is worth価値,
さて近所の空地にはどれ位価値があるでしょう
02:29
you君は could actually実際に buy購入 the propertyプロパティ,
皆さん土地を購入して
02:33
cutカット downダウン the shrubbery植え込み to improve改善する the sight視力 lineライン,
かん木を切って見通しを良くして
02:35
and then次に sell売る itそれ off again再び.
再度売り払うことも可能なんです
02:38
And you'dあなたは stillまだ come outでる ahead前方に.
このほうがお得です
02:40
Soだから, itそれ makes作る one1 wonderワンダー, "Whyなぜでしょうか is itそれ thereそこ?"
そこで”何でこんなものがあるの?”と思いませんか?
02:42
I mean平均, whyなぜ is thereそこ thatそれ stopやめる sign符号 in each direction方向?
つまり、なんで3つも”止まれ”の標識があるのか?
02:44
Becauseというのは itそれ is saving貯蓄 lives人生. Soだから, is thereそこ a betterより良い way to accomplish達成する thatそれ goalゴール?
命を守っているからです 他の達成法は
02:47
The answer回答 is to enable有効にする cars
ないでしょうか?
02:50
to come in fromから thatそれ side road道路 safely安全に.
脇道から安全に合流できればいいのです
02:52
Becauseというのは thereそこ are a lot of people who mightかもしれない liveライブ upアップ thereそこ
T字路の合流では 幹線の車が減速しないので
02:54
and ifif they're彼らは waiting待っている forever永遠に a long長いです queueキュー could form
脇道から出られない車を先頭に
02:56
becauseなぜなら the cars aren'tない slowing減速する downダウン on the mainメイン road道路.
長い列が出来ることになります
02:58
Can thatそれ be accomplished達成された with〜と existing既存の signs兆候?
果たして既存の標識で大丈夫でしょうか?
03:01
Soだから, thereそこ is a long長いです history歴史 of stopやめる signs兆候 and yield産出 signs兆候.
”止まれ”と”譲れ”の標識には長い歴史があるんです
03:03
Stop停止 signs兆候 were invented発明された in 1915,
”止まれ”の標識は1915年に作られました
03:06
yield産出 signs兆候 in 1950. Butだがしかし that'sそれは allすべて we我々 got.
”譲れ”は1950年に、これで終わりです
03:08
Soだから, whyなぜ notない useつかいます a yield産出 sign符号?
”譲れ”を使えばいいじゃないか
03:11
Well the meaning意味 of yield産出 is: Youあなたが must必須 yield産出 the right-of-way道の右側.
”譲れ”の標識は、右側の車に道を譲れというものです
03:13
Thatそれ means手段 thatそれ ifif thereそこ are five cars waiting待っている, you君は have to wait待つ
つまりもし車が5台並んでいたらあなたは6番目
03:16
tillまで they彼ら allすべて go, then次に you君は go. Itそれ lacks欠けている the notion概念
5台全部行くまで進めません これには
03:18
of alternating交互の, orまたは taking取る turnsターン,
譲り合いの精神が欠落しています
03:20
and it'sそれは always常に on the minorマイナー road道路,
この標識は必ず脇道に設置され
03:22
allowing許す the majorメジャー one1 to have primacy優位.
幹線の方に優先権を与えます
03:24
Soだから, it'sそれは hardハード to create作成する a new新しい meaning意味 for the existing既存の sign符号.
既存の標識に新たな意味を与えるのは難しく
03:26
Youあなたが couldn'tできなかった suddenly突然 telltell everyoneみんな, "OKわかりました, remember思い出す
「今までの"譲れ"は忘れよう」
03:28
what you君は used to do at yield産出 signs兆候? Now do something何か different異なる."
というわけにはいきません
03:30
Thatそれ would notない work.
これでは駄目です
03:32
Soだから, what the world世界 needsニーズ now
そこで我々が今必要なのは
03:34
is a new新しい typeタイプ of sign符号.
新しいタイプの標識です
03:36
(Applause拍手)
(拍手)
03:38
Soだから, you'dあなたは have a little少し instruction命令 below以下 itそれ,
下側に指示を記載した標識もつけます
03:42
you君は know知っている, for thoseそれら who didn'tしなかった see見る the publicパブリック serviceサービス announcementsお知らせ.
官報を見ない人もいますから
03:45
And itそれ mergesマージ the stopやめる sign符号 and yield産出 signs兆候.
要は”止まれ”と”譲れ”の融合体です
03:47
It'sそれは、します。 kind種類 of shaped形をした like a T, as in taking取る turnsターン.
T の形は 「交互に (Turns)」 の T
03:50
And uncertainty不確実性 results結果 in caution注意.
見慣れないので注意を引きます
03:52
Whenいつ people come to an unfamiliar未知 situation状況 they彼ら don'tしない know知っている howどうやって to deal対処 with〜と
対処のわからない未知の状況下では
03:55
they彼ら slowスロー downダウン.
スピードを落とします
03:57
Soだから, now thatそれ you君は are allすべて "Road道路 Scholars奨学生" ...
さぁ 皆さんもう立派な”交通学者”です
03:59
(Laughter笑い)
(笑)
04:01
don'tしない wait待つ for thatそれ sign符号 to be adopted採用, theseこれら thingsもの don'tしない change変化する quickly早く.
この標識を待ってはだめですよ すぐに変えられるものではありませんから
04:02
Butだがしかし you君は allすべて are membersメンバー of communitiesコミュニティ,
でも皆さん全員が地域の一員ですから
04:05
and you君は can exercise運動 yourきみの communityコミュニティ influence影響
地域にはたらきかけて
04:07
to create作成する moreもっと sensible感覚的 trafficトラフィック flows流れ.
思いやりある交通の流れを作れるでしょう
04:09
And you君は can have moreもっと impact影響 on the environment環境
皆さんの地域でこういう変化を起こせば
04:11
justちょうど getting取得 yourきみの neighborhoodご近所 to change変化する theseこれら thingsもの
環境問題に対する貢献は 車を替えるよりも
04:13
thanより by changing変化 yourきみの vehicle車両. Thankありがとうございます you君は very非常に muchたくさん.
大きなものになります ありがとうございました
04:15
(Applause拍手)
(拍手)
04:18
Translated by Takahiro Shimpo
Reviewed by Natsuhiko Mizutani

▲Back to top

About the speaker:

Gary Lauder - Venture capitalist
Gary Lauder is the managing partner of Lauder Partners, a VC firm, and the co-creator of the Socrates Society at the Aspen Institute.

Why you should listen

Gary Lauder is the Managing Partner of Lauder Partners LLC, a Silicon Valley-based venture capital firm investing primarily in information technologies. He has been a venture capitalist since 1985, investing in some 60 private companies. He is also chair of ActiveVideo Networks, a developer of interactive television technology for cable, IPTV and other forms of internet delivery. Other directorships: Promptu, MediaFriends and ShotSpotter. Investments are primarily in television/IPTV technology and web arenas. 

He is the co-creator of the Aspen Institute's Socrates Society with Laura, his wife. He has had a working cable modem (usually) in his home since 1994. He is co-inventor of 10 patents, has spoken at some 80 industry forums, and, since 1992, has published several articles about the future of the cable industry ... that he still stands by.

More profile about the speaker
Gary Lauder | Speaker | TED.com