English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write comments in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2018

Emily Nagoski: The truth about unwanted arousal

エミリー・ナゴスキ: 不随意の性的興奮についての真実

Filmed:
1,665,931 views

性教育者のエミリー・ナゴスキが、セックスに関する最も危険な通説の1つについて解説し、「興奮の不一致」の裏側にある科学的要因を教えてくれます。「興奮の不一致」とは、身体反応と快感や欲求との間に断絶がある場合のことを言います。こうした親密かつ個人的な事柄は、居心地が悪く話しにくいことかもしれません。しかし、この率直なトークを通じてナゴスキは、この非常に重要な情報を判事、弁護士、パートナー、子供たちなどに伝えるようにと強く促します。「勇気を持って対話を持つたびに、この世界をほんの少し住みやすい場所にすることができるのです」と、ナゴスキは言います。(このトークには成人向けの内容が含まれています)

- Sex educator
Emily Nagoski teaches women to live with confidence and joy inside their bodies. Full bio

[このトークには成人向けの内容が含まれます
各自の判断で視聴してください]
00:12
[This talk contains含まれる mature成熟した contentコンテンツ
Viewerビューア discretion裁量 is advisedアドバイス]
性教育者として 私が得意とするのは
話題に科学を持ち込むことです
00:16
My specialty専門, as a sexセックス educator教育者,
is I bring持参する the science科学.
ですが 最も重要なのは
セックスに関する話をするときには
00:22
But my first and most最も important重要 jobジョブ
is that I stay滞在 neutral中性
偏りのない態度を取ることです
00:26
when I talk about anything sex-relatedセックス関連,
面食らったり むずがったり
批判をしたり 恥ずかしがったりしません
00:28
no embarrassment恥ずかしさ, no titillation滴定,
no judgment判定, no shame,
どんな場所でもです
00:32
no matter問題 where I am.
どんな質問をされたとしてもです
00:34
No matter問題 what question質問 you ask尋ねる me.
あるときは 学会の後
ホテルのロビーで
00:38
At the end終わり of a conference会議
in a hotelホテル lobbyロビー once一度,
ちょうど帰ろうとしたところで
同僚が追いかけてきました
00:40
I'm literally文字通り on my way out the doorドア
and a colleague同僚 chases追跡 me down.
「エミリー
すぐ済むから質問させて
00:43
"Emilyエミリー, I just have
a really quickクイック question質問.
私の友達の話だけど―
00:47
A friend友人 of mine鉱山 --
(笑)
00:48
(Laughter笑い)
バイブレーター中毒に
なることってあるのかな?」
00:49
wants to know if it's possible可能
to get addicted中毒 to her vibratorバイブレーター."
答えはノーですが
慣れてしまうことはあるでしょう
00:54
The answer回答 is no,
but it is possible可能 to get spoiled甘やかされた.
熱帯のリゾートで行われた
別の学会では
00:58
A different異なる conference会議,
this one in an outdoor屋外 tropicalトロピカル paradiseパラダイス,
朝食のブッフェで
カップルが近づいてきました
01:01
I'm at the breakfast朝ごはん buffetビュッフェ,
and a coupleカップル approachesアプローチ me.
「エミリー
突然ごめんなさい
01:05
"Hiこんにちは, Emilyエミリー, we're sorry to interrupt割り込み you
ちょっと聞きたいことがあるんです
早漏についてなんですけど」
01:07
but we just wanted to ask尋ねる a quickクイック question質問
about premature時期尚早 ejaculation射精."
「ええ ストップ・スタート法を
お教えしますね」
01:13
"Sure, let me tell you
about the stop/start開始 technique技術."
これは日常茶飯事です
01:17
That is my life.
他の人がギョッとするような場合でも
私は偏りのない態度でいます
01:18
I stay滞在 neutral中性 when
other people mightかもしれない "squicksquick."
「ギョッとする」というのは
驚きに恥ずかしさと
01:22
SquickSquick is an emotion感情
that combines結合する surprise驚き
嫌悪の感情が混じった感情で
01:26
with embarrassment恥ずかしさ plusプラス some disgust嫌悪
手をどうしたらいいか
わからなくなるような気持ちです
01:29
and like, not knowing知っている
what to do with your hands.
理由もあります
01:33
So, it's a product製品.
この感情を経験する理由は
01:35
The reason理由 you experience経験 it
人生の最初の20年間で
セックスというのは
01:36
is because you spent過ごした
the first two decades数十年 of your life
危険なもので
消えることのない恥の元凶であり
01:39
learning学習 that sexセックス is a dangerous危険な
and disgusting嫌な sourceソース of everlasting永遠の shame
ものすごく上手くなければ
誰にも愛されないとすり込まれるからです
01:43
and if you're not really good at it,
no one will ever love you.
(笑)
01:46
(Laughter笑い)
ですから 他人だらけの空間で
セックスに関する話を聞くと
01:48
So you mightかもしれない squicksquick,
hearing聴覚 me talk about sexセックス
ギョッとするかもしれませんが
それは普通です
01:51
while you're sitting座っている in a roomルーム
full満員 of strangers見知らぬ人 -- that is normal正常.
深呼吸しましょうか
01:54
I invite招待する you to breathe呼吸する.
感情はトンネルのようなものです
01:56
Feelings感情 are tunnelsトンネル.
暗闇を抜けると
最後には光が見えるものです
01:57
We make our way throughを通して the darkness
to get to the light at the end終わり.
聞く価値はある話ですよ
02:00
And I promise約束する it's worth価値 it.
なぜなら 今日お話しする
科学的知識によって
02:02
Because I want to shareシェア with you
today今日 a pieceピース of science科学
私はあらゆる事柄の考え方が
変わったのですから
02:04
that has changedかわった
how I think about everything,
感情を司る脳の
神経伝達組織の働きから
02:07
from the behavior動作 of neurotransmitters神経伝達物質
in our emotional感情の brain,
人との関わり方の動力学まで
すべてです
02:11
to the dynamicsダイナミクス of our
interpersonal対人関係 relationships関係.
司法制度もそうです
02:14
To our judicial司法 systemシステム.
まず 脳の話をしましょう
02:17
And it starts開始する with our brain.
脳のこんな部位を聞いたことが
ありませんか
02:19
There's an areaエリア of your brain
you've probably多分 heard聞いた referred言及 to
「報酬中枢」というものです
02:22
as the "reward褒賞 centerセンター."
その部位を「報酬中枢」と呼ぶのは
02:23
I think calling呼び出し it the reward褒賞 centerセンター
顔を「鼻」と呼ぶようなものです
02:25
is a little bitビット like calling呼び出し
your face your nose.
主な特徴の1つではありますが
02:27
That is one prominent著名な feature特徴,
他の部分を無視した呼び名なので
顔全体の働きを理解する上で
02:30
but it ignores無視する some other parts部品
and will leave離れる you really confused混乱した
非常に混乱してしまいます
02:34
if you're trying試す to understandわかる
how faces work.
実際には絡み合いながらも
別個の3つのシステムから成っています
02:37
It's actually実際に three intertwined絡み合った
but separable切っても切れない systemsシステム.
最初のシステムは「快感」です
02:40
The first systemシステム is liking好み.
これは報酬に似ていて
02:42
Whichどの is like reward褒賞,
感情を司る脳の
オピオイドを分泌する部位です
02:43
so this is the opioidオピオイド hotspotsホットスポット
in your emotional感情の brain.
快感の度合いを測定します
02:46
It assesses査定 hedonic快楽 impact影響 --
「この刺激は快いか?
02:48
"Does this stimulus刺激 feel good?
どれくらい快いか?
02:50
How good?
この刺激は不快か?
02:51
Does this stimulus刺激 feel bad悪い?
どのくらい不快か?」
02:53
How bad悪い?"
新生児の舌に
砂糖水を垂らすと
02:54
If you dropドロップ sugarシュガー water
on the tongue of a newborn新生児 infant幼児,
オピオイドを分泌する快感のシステムは
すぐさま反応します
02:57
the opioid-likingオピオイド好み systemシステム
setsセット off fireworks花火.
それから「欲求」システムです
03:00
And then there's the wanting欲しい systemシステム.
広大なドーパミン作動性ネットワークが
伝達するもので
03:02
Wanting欲しい is mediated仲介する
by this vast広大 dopaminergicドーパミン作動性 networkネットワーク
感情を司る脳の内外にあります
03:06
in and beyond超えて the emotional感情の brain.
これは私たちを刺激に引き寄せたり
遠ざけたりします
03:08
It motivates動機づける us to move動く toward〜に向かって
or away from a stimulus刺激.
欲求はクッキーを
もう1枚欲しいとついてくる
03:13
Wanting欲しい is more like your toddler幼児,
following以下 you around,
よちよち歩きの子供のようです
03:15
asking尋ねる for another別の cookieクッキー.
快感と欲求は関連していますが
03:17
So wanting欲しい and liking好み are related関連する.
同一ではありません
03:20
They are not identical同一.
3つ目のシステムは
「学習」です
03:21
And the third三番 systemシステム is learning学習.
これはパブロフの犬のことです
03:24
Learning学習 is Pavlov'sパブロフ dogs.
パブロフを覚えていますか?
03:25
You remember思い出す Pavlovパブロフ?
ベルの音で犬がよだれを
垂らすようにした人です
03:27
He makes作る dogs salivate触手を伸ばす
in response応答 to a bellベル.
簡単なことで 犬に餌を与えると
自然によだれが出ます
03:29
It's easy簡単, you give a dog foodフード,
salivates唾液 automatically自動的に,
そこでベルを鳴らします
03:31
and you ringリング a bellベル.
餌、よだれ、ベル
03:33
Foodフード, salivate触手を伸ばす, bellベル.
餌、ベル、よだれ
03:34
Foodフード, bellベル, salivate触手を伸ばす.
ベル、よだれ
03:35
Bellベル, salivate触手を伸ばす.
では よだれが出たのは
犬がベルを食べたいからでしょうか?
03:38
Does that salivation唾液の分泌 mean
that the dog wants to eat食べる the bellベル?
犬はベルがうまそうだと
思ったのでしょうか?
03:44
Does it mean that the dog
finds見つけた the bellベル deliciousおいしい?
違います
03:48
No.
パブロフはベルを
餌に「関連付けた」のです
03:49
What Pavlovパブロフ did
was make the bellベル food-related食品関連.
欲求、快感、学習が
切り離されていることを理解すると
03:54
When we see this separateness分離
of wanting欲しい, liking好み and learning学習,
これを説明する枠組みが
見えてきますが
03:58
this is where we find
an explanatory説明的な frameworkフレームワーク
研究者によって
「興奮の不一致」と呼ばれるものです
04:00
for understanding理解 what researchers研究者 call
arousal覚醒 nonconcordancenonconcordance.
「不一致」というのは単純に
04:04
NonconcordanceNonconcordance, very simply単に,
よだれのような生理的反応と
04:06
is when there is a lack欠如
of predictive予測的 relationship関係
主観的な快感や欲求の経験との間に
04:08
betweenの間に your physiological生理学的
response応答, like salivation唾液の分泌,
予想しうる関連性が
ないことを意味します
04:11
and your subjective主観的 experience経験
of pleasure喜び and desire慾望.
これは人間の持つ
あらゆる感情や刺激のシステムに起こり
04:16
That happens起こる in everyすべて emotional感情の
and motivational意欲的な systemシステム that we have,
セックスもそうです
04:20
includingを含む sexセックス.
ここ30年間の研究によると
04:22
Research研究 over the last 30 years
セックスに関連付けられた
刺激に反応して
04:23
has found見つけた that genital性器
blood血液 flowフロー can increase増加する
性器の血流が増加することが
分かっています
04:26
in response応答 to sex-relatedセックス関連 stimuli刺激
このセックスに関連付けられた刺激が
04:29
even if those sex-relatedセックス関連 stimuli刺激
are not alsoまた、 associated関連する
主観的な快感や欲求の経験に
関連していないとしてもです
04:32
with the subjective主観的 experience経験
of wanting欲しい and liking好み.
実際のところ 性器の反応と
04:35
In fact事実, the predictive予測的 relationship関係
主観的経験の間に
04:37
betweenの間に genital性器 response応答
and subjective主観的 experience経験
予想しうる関連性がある可能性は
10~50%なんです
04:40
is betweenの間に 10 and 50 percentパーセント.
これは とっても幅が広い数字です
04:43
Whichどの is an enormous巨大な range範囲.
ただ性器の血流を観察するだけでは
04:46
You just can't predict予測する necessarily必ずしも
セックスに関連付けられた刺激を
その人がどう感じたかを
04:50
how a person feels感じる
about that sex-relatedセックス関連 stimulus刺激
必ずしも予想できないのです
04:53
just by looking
at their彼らの genital性器 blood血液 flowフロー.
これを夫に説明すると
これぞと言える例を挙げてくれました
04:55
When I explained説明した this to my husband,
he gave与えた me the bestベスト possible可能 example.
夫が言うには
04:59
He was like,
「じゃあ 僕の高校時代の経験に
説明がつくなあ...
05:00
"So, that could explain説明する this one time,
when I was in high高い school学校, I ...
『ドーナツの穴』と聞いて
勃起したことがあるんだ」
05:04
I got an erection勃起 in response応答
to the phraseフレーズ 'doughnut' ドーナツ hole.'"
(笑)
05:07
(Laughter笑い)
夫はドーナツに欲情したのか?
05:09
Did he want to have sexセックス with the doughnutドーナツ?
違います
05:11
No.
テストステロン満載の
10代の男の子は
05:12
He was a teenage十代 boy男の子
flooded浸水した with testosteroneテストステロン,
すべてを ほんの少し
セックスに関連付けてしまうのです
05:15
whichどの makes作る everything
a little bitビット sex-relatedセックス関連.
これはどちらもあり得るんです
05:18
And it can go in bothどちらも directions行き方.
ある晩に ペニスがなかなか勃起せず
困ってしまうこともあれば
05:20
A person with a penis陰茎 mayかもしれない struggle闘争
to get an erection勃起 one eveningイブニング,
翌朝 起きると勃起していて
05:24
and then wake目覚め up the very next
morning with an erection勃起,
厄介でしかないこともあります
05:26
when it's nothing but a hassle面倒.
30代の女友達が電話で
こう言ったことがあります
05:29
I got a phone電話 call from
a 30-something-何か friend友人, a woman女性,
「パートナーと コトの最中に
05:31
she said, "So, my partnerパートナー and I
were in the middle中間 of doing some things
『今すぐあなたが欲しい』と言ったら
05:35
and I was like, 'I'私 want you right now.'
彼ったら『まだ濡れてないよ
君は優しいね』と言ったの
05:37
And he said, 'No'いいえ, you're still dryドライ,
you're just beingであること niceいい.'
私はその気満々だったのに
05:42
And I was so ready準備完了.
どうしたのかな ホルモンかな?
医者に行くべき?
05:43
So what's the matter問題, is it hormonalホルモン,
should I talk to a doctor医師,
どうしよう」
05:46
what's going on?"
その答えは?
05:47
Answer回答?
興奮の不一致です
05:49
It's arousal覚醒 nonconcordancenonconcordance.
望ましくない痛みを経験しているなら
医療関係者に相談してください
05:50
If you're experiencing経験する unwanted不要な pain痛み,
talk to a medical医療 providerプロバイダ.
そうでなければ
興奮の不一致です
05:54
Otherwiseさもないと -- arousal覚醒 nonconcordancenonconcordance.
性器の反応は 必ずしも
主観的な快感と欲求の経験を
05:56
Your genital性器 behavior動作
just doesn't necessarily必ずしも predict予測する
予測しないというだけのことです
05:59
your subjective主観的 experience経験
of liking好み and wanting欲しい.
大学時代に別の友達が
06:02
Anotherもう一つ friend友人, back in collegeカレッジ,
性的な関係で初めて
SMを試みた経験を話してくれました
06:04
told me about her first experiences経験
of powerパワー play遊びます in a sexual性的 relationship関係.
パートナーが彼女を
06:07
She told me that her partnerパートナー tied結ばれた her up
こんな風に 腕を頭の上に縛って
彼女を立たせたまま
06:09
with her arms武器 over her head like this,
she's standing立っている up and he positionsポジション her
クリトリスに棒が当たるように
またがらせたそうです
06:13
so she's straddling跨いで a barバー, pressesプレス up
againstに対して her clitorisクリトリス, like this.
私の友達は立って縛られたまま
男性はどこかに行きました
06:16
So there's my friend友人, standing立っている there,
and the guy leaves.
SMですからね
06:19
It's a powerパワー play遊びます.
放置プレイです
06:20
Leaves her alone単独で.
私の友達はこう思いました
06:21
So there's my friend友人, and she goes行く,
「すごい退屈」
06:24
"I'm bored退屈な."
(笑)
06:25
(Laughter笑い)
男性が戻ってきたので
彼女は「飽きちゃった」と言いました
06:26
And the guy comes来る back
and she says言う, "I am bored退屈な."
彼は彼女と
彼女のまたがった棒を見て
06:30
And he looks外見 at her
and he looks外見 at the barバー
「でも 濡れてるよ?」
と言いました
06:32
and he says言う, "Then why are you wet湿った?"
なぜ濡れていたのか?
06:36
Why was she wet湿った?
クリトリスを直接圧迫することは
セックスに関連付いていますか?
06:38
Is it sex-relatedセックス関連 to have pressure圧力
directly直接 againstに対して your clitorisクリトリス?
していますね
06:42
Yeah.
彼女がその経験に快感や欲求を
感じたかは分かりますか?
06:43
Does that tell him whetherかどうか
she wants or likes好きな人 what's happeningハプニング?
分かりません
06:47
Nopeいいえ.
彼女がその経験に快感や欲求を
感じたかを教えてくれるのは?
06:49
What does tell him whetherかどうか
she wants or likes好きな人 what's happeningハプニング?
彼女自身です!
06:54
She does!
彼女は自分の欲求と快感を
認識し 言葉にしたのです
06:55
She recognized認識された and articulated関節式
what she wanted and liked好き.
彼はただ彼女の言うことを
聞くだけでよかったのです
06:59
All he had to do was listen to her words言葉.
電話をしてきた友達への
解決策は何でしょう?
07:02
My friend友人 on the phone電話 --
what's the solution溶液?
パートナーに「話を聞いて」
と言えばいいのです
07:05
You tell your partnerパートナー,
"Listen to your words言葉."
ローションも買いましょう
07:09
Alsoまた、, buy購入 some lube潤滑油.
(笑)
07:11
(Laughter笑い)
(拍手)
07:13
(Applause拍手)
ローションに拍手を
07:14
Applause拍手 for lube潤滑油, absolutely絶対に.
(笑)
07:16
(Applause拍手)
どこの誰でも必要ですからね
07:18
Everyoneみんな, everywhereどこにでも.
でも「話を聞いて」という話の中でも
深刻なものをお話しします
07:20
But I want to tell you a darkerより暗い
listen-to-her-words彼女言葉に耳を傾ける storyストーリー.
講義で興奮の不一致を扱った後
07:23
This one comes来る from a note注意
that a student学生 sent送られた me
ある学生がくれたメモに
書かれていたお話です
07:26
after I gave与えた a lecture講義
about arousal覚醒 nonconcordancenonconcordance.
彼女には付き合って間もない
パートナーがいて 色々試しており
07:28
She was with a partnerパートナー,
a new新しい partnerパートナー, gladうれしい to be doing things,
これ以上は進みたくない
というところに達したので
07:32
and they reached到達した a pointポイント
07:33
where that was as far遠い
as she was interested興味がある in going
「嫌だ」と言いました
07:36
and so she said no.
パートナーは「でも濡れてるよ
大丈夫 恥ずかしがらないで」と
07:37
And the partnerパートナー said, "No, you're wet湿った,
you're so ready準備完了, don't be shyシャイ."
恥ずかしい?
07:42
Shyシャイ?
まるで好きな人に「嫌だ」と伝えるのに
彼女がまったく勇気などー
07:43
As if it hadn'tなかった taken撮影 all the courage勇気
and confidence信頼 she had
振り絞らなかったかのようです
07:47
to say no to someone誰か she liked好き.
傷つけたくない相手に
「嫌だ」と言ったんですよ
07:49
Whose feelings感情 she did not want to hurt傷つける.
でも 彼女は繰り返しました
07:52
But she said it again.
「嫌なの」と言ったのです
07:55
She said no.
彼は聞いてくれたでしょうか?
07:57
Did he listen to her words言葉?
#MeTooやタイムズ・アップの時代にあって
多くの人々に こう聞かれます
08:01
In the age年齢 of Me Too
and Time's時間 Up, people ask尋ねる me,
「どうしたら相手の快感や欲求が
分かるのだろう?
08:05
"How do I even know
what my partnerパートナー wants and likes好きな人?
同意は言葉で交わさないと
いけないのか?」
08:08
Is all consent同意 to be verbal口頭
and contractual契約上の now?"
同意が曖昧な場合もありますし
08:10
There are times when consent同意 is ambiguousあいまいな
それについて大規模な
文化レベルでの対話を持たねばなりません
08:12
and we need a large-scale大規模な
cultural文化的 conversation会話 about that.
でも この通説を排除したら
同意がいかに明白であるかについて
08:17
But can we make sure we're noticing気づく
how clearクリア consent同意 is
確認することはできませんか?
08:21
if we eliminate排除する this myth神話?
これまでにお話しした
どの例でも
08:23
In everyすべて example I've described記載された so far遠い,
一方が 快感や欲求を認識し
言葉にしています
08:25
one partnerパートナー recognized認識された and articulated関節式
what they wanted and liked好き:
「今すぐあなたが欲しい」
08:29
"I want you right now."
「嫌だ」
08:31
"No."
それを相手は間違っていると
決めつけたのです
08:32
And their彼らの partnerパートナー told them
they were wrong違う.
相手の正気を疑い
08:35
It's gaslightinggaslighting.
深刻で相手を貶める行為です
08:37
Profound深遠な and degrading劣化する.
「君は こう言うが
08:39
You say you feel one way,
身体はそうではないと
示しているじゃないか」
08:40
but your body proves証明する
that you feel something elseelse.
こんなことが まかり通るのは
性にまつわる事柄だけです
08:43
And we only do this around sexualityセクシュアリティ,
なぜなら 興奮の不一致は
08:46
because arousal覚醒 nonconcordancenonconcordance
あらゆる感情や刺激のシステムに
起こることなんです
08:47
happens起こる with everyすべて emotional感情の
and motivational意欲的な systemシステム we have.
虫食いのあるリンゴをかじって
唾液が分泌されたら
08:50
If my mouth waters
when I bite一口 into a wormyワーム apple林檎,
こう言おうと思いますか?
08:54
does anybody say to me,
「君は嫌だと言うが
体は欲しがっているよ」なんて?
08:56
"You said no, but your body said yes?"
(笑)
08:59
(Laughter笑い)
この間違いをするのは
パートナーだけではありません
09:00
And it's not only our partnersパートナー
who get it wrong違う.
米国司法教育プログラムの出版物に
こういうものがあります
09:03
The Nationalナショナル Judicial司法 Education教育 Programプログラム
published出版された a document資料
『判事が語る―
成人被害者の性的暴行事件において
09:06
calledと呼ばれる "Judges判定 Tell: What I Wishウィッシュ
I Had Known知られている Before I Presided主宰
審理の前に知っていたかったこと』
09:11
in a Case場合 of an Adult大人 Victim犠牲者
of Sexual性的 Assaultアサルト."
第13項はこうです
09:14
Number 13:
「時に 被害者は男女を問わず
身体的反応を経験することがあるが
09:15
On occasion機会, the victim犠牲者, female女性 or male男性,
mayかもしれない experience経験 a physical物理的 response応答,
これは性的欲求や同意を意味する
反応であるとはいえない」
09:20
but this is not a sexual性的 response応答
in the senseセンス of desire慾望 or mutuality相互性."
さらに暗い話題になっていきますが
09:24
This bringsもたらす me one stepステップ closerクローザー
into the darkness,
最後には光が見えますので
ついてきてください
09:26
and then I promise約束する
we will find our way into the light.
複数回にわたる
同意のない性的接触を伴う―
09:29
I'm thinking考え of a recent最近 court裁判所 case場合
involving関与する multiple複数 instancesインスタンス
最近の判例について話します
09:32
of non-consensual非和姦 sexual性的 contact接触.
皆さんが陪審員席にいて
09:34
Imagine想像する you're on the jury陪審
被害者はオーガズムに達した
という情報を得たらどうでしょう
09:35
and you learn学ぶ that the victim犠牲者 had orgasmsオルガスム.
事件に対する直感的な反応は
変わりますか?
09:39
Does it change変化する how your gut
responds応答する to the case場合?
確認しておきますが
オーガズムは生理反応です
09:42
Let me remind思い出させる you,
orgasmオーガズム is physiological生理学的;
不随意におこる緊張の緩和であり
09:44
it is a spontaneous自発,
involuntary不随意の release解放 of tensionテンション,
性に関連付けられた刺激への
反応として起こります
09:47
generated生成された in response応答
to sex-relatedセックス関連 stimuli刺激.
それでも 加害者の弁護士が陪審員に
オーガズムのことを知らせたのは
09:51
But the perpetrator加害者’s lawyer弁護士 made sure
the jury陪審 knew知っていた about those orgasmsオルガスム
オーガズムが同意に代わるものだと
考えていたからです
09:55
because he thought the orgasmsオルガスム
could be construed解釈される as consent同意.
この事件は家庭内での児童性的虐待だった
と付け加えておきます
10:00
I will alsoまた、 add追加する that this was a child
beingであること abused虐待された by an adult大人 in the family家族.
深呼吸をしましょうか
10:04
I invite招待する you to breathe呼吸する.
こうした話は
様々な感情を呼び起こします
10:06
That kind種類 of storyストーリー can give a person
all kind種類 of feelings感情,
怒りや恥や
混乱の末の性的興奮など
10:09
from rage怒り to shame to confused混乱した arousal覚醒
なぜなら ぞっとするような話でも
10:13
because it is sex-relatedセックス関連,
性に関連付けられてはいるからです
10:15
even thoughしかし it is appallingぞっとする.
他人ばかりの空間で
そんな感情を抱えているのが
10:19
But even thoughしかし I know it's difficult難しい
なかなか困難な状況であっても
10:21
to sit座る with those feelings感情
in a roomルーム full満員 of strangers見知らぬ人,
様々な感情の交錯から
抜け出すことができたならば
10:24
if we can find our way throughを通して
all of the messy厄介な feelings感情,
その子供を思いやる一筋の光明へ続く道を
見いだすことができるはずです
10:27
I believe we will find our way
to the light of compassion思いやり
10:32
for that child,
本来は守って然るべき立場にいる
大人によって
10:34
whoseその relationship関係
with her body was damaged損傷した
身体との関係を傷つけられた
その子供に
10:36
by an adult大人 whoseその jobジョブ it was
to protect保護する it.
そして 信頼に足る大人が存在し
こう述べたことに救われるでしょう
10:40
And we'll私たちは find hope希望
that there was a trustworthy信頼できる adult大人
「性器の反応は
10:44
who could say, "Genital性器 response応答
性に関連する刺激を示すのみで
快感や欲求を示すものではなく
10:46
just means手段 it was a sex-relatedセックス関連 stimulus刺激;
doesn't mean it was wanted or liked好き,
同意があったとは
到底認められない」と
10:50
certainly確かに doesn't mean
it was consented同意した to.
(拍手)
10:53
(Applause拍手)
この思いやりと希望こそが
私が世界中を回って
10:58
That compassion思いやり and that hope希望
are why I travel旅行 all over,
耳を傾ける人に
このことを語り続ける理由です
11:03
talking話す about this
to anyone誰でも who will listen.
私が話す まさにその瞬間にも
人々が救われるのが分かります
11:05
I can see it helping助ける people,
even as I say the words言葉.
皆さんにも その言葉を
伝えてほしいのです
11:11
I invite招待する you to say the words言葉.
千人もの他人の前で
「クリトリス」と言う必要はありません
11:15
You don't have to say "clitorisクリトリス"
in frontフロント of 1000 strangers見知らぬ人.
でも 勇気を持って
一度 対話の機会を持ってください
11:18
But do have one brave勇敢な conversation会話.
性的暴行を経験した人に
このことを話してください
11:22
Tell this to someone誰か you know
who has experienced経験豊富な sexual性的 violence暴力 --
周りに必ずいるはずです
11:25
you definitely絶対に know someone誰か.
アメリカでは 女性の3人に1人
11:26
In the US it's one in three women女性.
男性の6人に1人
11:29
One in six6 men男性.
トランスジェンダーの人の
およそ半数が経験しています
11:30
Almostほぼ halfハーフ of transgenderトランスジェンダー folks人々.
「性器の反応は
性に関連付けられた刺激を示すのみで
11:33
Say "Genital性器 response応答 means手段
it's a sex-relatedセックス関連 stimulus刺激.
快感や欲求とは無関係だ」
と言いましょう
11:37
It doesn't mean it was wanted or liked好き."
あなたの知っている判事や弁護士や
11:39
Say it to a judge裁判官 you know
or a lawyer弁護士 you know,
警官や性的暴行事件の陪審員を
務めるかもしれない人に伝えてください
11:42
or a cop警官 or anyone誰でも who mightかもしれない sit座る
on a jury陪審 in a sexual性的 assault暴行 case場合.
「中には 快感や欲求を
感じない事柄には
11:46
Say "Some people think
that your body doesn't respond応答する
体は反応しないと
思っている人がいるみたい
11:48
if you don't want
or like what's happeningハプニング,
そうであればいいけど
11:51
if only that were true真実.
本当は 興奮の不一致だよ」と
11:52
Instead代わりに, arousal覚醒 nonconcordancenonconcordance.
周囲にいる混乱した10代の若者に
伝えてあげましょう
11:55
Say this to the confused混乱した
teenagerティーンエイジャー in your life
何が何だか答えを出そうと
精一杯のはずですから
11:58
who is just trying試す to figure数字 out
what, even, what?
あなたがカビの生えた果物を食べて
唾液が分泌されたって
12:03
Say, if you bite一口 this moldy奇妙な fruitフルーツ
and your mouth waters,
誰もこう言わないでしょう
12:08
nobody誰も would say to you,
「好きなのを認めたくないだけだろ」
なんてね
12:10
"Well, you just don't want to admit認める
how much you like it."
これは下半身についても同じで
興奮の不一致です
12:13
Same同じ goes行く for down below以下,
arousal覚醒 nonconcordancenonconcordance.
パートナーに伝えてください
12:17
Say it to your partnerパートナー.
私の快感や欲求を伝えるのは
私の性器じゃなくて
12:19
My genitals性器 do not tell you
what I want or like.
私自身なのだと
12:22
I do.
(拍手)
12:24
(Applause拍手)
この通説は大変根深く
12:30
The rootsルーツ of this myth神話 are deep深い
私たちの文化の非常に後ろ暗い力と
絡み合っています
12:31
and they are entangledもつれた with some
very darkダーク forces in our culture文化.
でも 勇気を出して
対話を持つたびに
12:35
But with everyすべて brave勇敢な conversation会話 we have,
混乱した10代の若者にとって
世界が ほんの少し生きやすく
12:38
we make the world世界
that little bitビット better, a little simplerより単純な
シンプルな場所になります
12:41
for the confused混乱した teenagerティーンエイジャー.
自分がおかしいのではと不安な
電話越しの友達を少し安心させられます
12:43
A little easierより簡単に for your friend友人
on the phone電話, worried心配している that she's broken壊れた.
性的暴行事件の被害者にとって
この世界を少し生きやすく
12:48
A little easierより簡単に and saferより安全な
安全な場所にできます
女性の3人に1人
12:51
for the survivors生存者, one in three women女性.
男性の6人に1人
12:53
One in six6 men男性.
トランスジェンダーの半数のために
12:55
Halfハーフ of transトランス folks人々.
私もまたそうです
12:58
Me too.
みなさんが勇気を出して
対話を持ってくださることに
13:00
So for everyすべて brave勇敢な conversation会話 you have,
お礼を言います
13:04
thank you.
(拍手)
13:05
(Applause拍手)
ありがとうございました
13:13
Thank you.
ありがとう
13:15
Thanksありがとう.
(拍手)
13:16
(Applause拍手)
(ヘレン・ウォルターズ)
エミリー こちらへ
13:20
Helenヘレン Waltersウォルターズ: Emilyエミリー, come up here.
どうもありがとう
13:22
Thank you so much.
いつものことでしょうが
13:23
I know that you do this all the time,
ステージ上で勇気を持って
このお話をされたことに
13:25
and yetまだ, still, I'm so grateful感謝する to you
for having持つ the courage勇気
感謝でいっぱいです
13:28
to come and talk about that on this stageステージ.
大変勇気の要ることですし
お礼を言わせてください
13:30
It really took取った a lot
and we're very grateful感謝する to you.
ありがとう
13:33
So thank you.
(エミリー・ナゴスキ)
お話しできて光栄です
13:34
Emilyエミリー NagoskiNagoski: I am grateful感謝する to be here.
(ヘレン)普段のお仕事では
13:36
HWHW: So in your regular定期的 day jobジョブ,
トークの冒頭で話されていたように
13:38
I imagine想像する, as you put
at the top of the talk,
たくさん質問を受けると思います
13:40
you get asked尋ねた a lot of questions質問.
いつも聞かれる質問を
1つ挙げるなら何でしょう?
13:41
But what's the one question質問
that you get asked尋ねた all the time
カンファレンスの間中
千回も聞かれずに済むように
13:45
that you can shareシェア with everyoneみんな here
so you don't have to answer回答 it 1000 times
ここで伝えておきたいことは?
13:50
throughout全体を通して the rest残り of the week週間?
(エミリー)
一番よく聞かれる質問は
13:51
ENEN: The question質問 I get asked尋ねた most最も oftenしばしば
他のほぼすべての質問の
根底にある質問です
13:53
is actually実際に the question質問 underneath下の
prettyかなり much all the other questions質問,
「バイブレーター中毒になるか」や
13:57
so, can you get addicted中毒 to your vibratorバイブレーター,
「勃起不全をどうしたらいいか」など
13:59
please help me
with my erectile勃起 dysfunction機能不全?
これらの根底にあるのは
「自分は普通だろうか」という問いです
14:01
Underneath下に everyすべて question質問 is actually実際に
the question質問, "Am I normal正常?"
これに対する私の答えは
14:04
To whichどの my answer回答 in my mindマインド is,
「そもそも普通とは何か
どうして普通であろうとするのか」です
14:07
what even is normal正常 and why is that
what you want your sexualityセクシュアリティ to be?
どうして性については
普通でありたいのでしょう?
14:11
Why do we only want to be normal正常
around sexualityセクシュアリティ?
並外れていた方が
いいと思いませんか?
14:14
Don't we want to be extraordinary特別な?
普通のセックスがいいのか
すごいセックスがいいのか?
14:16
Like, do you just want normal正常 sexセックス
or do you want awesome驚くばかり sexセックス in your life?
思うに 性にまつわる事柄では
14:20
I think, thoughしかし, there's a lot of fear恐れ
人と違いすぎることを
恐れる傾向があります
14:22
around beingであること too different異なる sexually性的に.
「これは普通なのか」と
14:24
When people are asking尋ねる me,
人が聞いてくる時 実は
14:26
"Is this thing I'm experiencing経験する normal正常,"
「自分は属しているか」と
聞いているのです
14:28
what they're actually実際に
asking尋ねる me is, "Do I belong属する?"
この関係に属しているか?
14:31
Do I belong属する in this relationship関係,
このコミュニティに属しているか?
14:33
do I belong属する in this communityコミュニティ of people,
性を持つ人間として
この世に属しているか?と
14:36
do I belong属する on earth地球 as a sexual性的 person?
これらに対する答えは いつでも
もちろん「イエス」です
14:39
To whichどの the answer回答 is always
a resounding響く yes.
それを分かつ境界線―
限界はたった2つです
14:43
The only barrierバリア there is,
the only limit限界 there is, there are two:
1つ目は 望ましくない
セックスによる痛みがあるなら
14:47
one, if you're experiencing経験する
unwanted不要な sexual性的 pain痛み,
医療従事者に相談すること
14:50
talk to a medical医療 providerプロバイダ.
2つ目は 関係者全員が
自由な意志で参加していて
14:51
And two: As along一緒に as everybodyみんな involved関係する
is free無料 and gladうれしい to be there,
いつでもやめることができるならば
14:56
and free無料 to leave離れる wheneverいつでも they want to,
何をしたって許されるのです
14:58
you're allowed許可された to do
anything that you want to.
台本もなければ
はまるべき型もなく
15:00
There is no scriptスクリプト,
there is no boxボックス you have to fitフィット into,
同意があり
望ましくない痛みがない限り
15:03
you're allowed許可された, as long as there is
consent同意 and no unwanted不要な pain痛み,
好きなことをして
まったく構わないのです
15:07
you're totally完全に free無料 to do
whateverなんでも you want.
(ヘレン)素晴らしいですね
ありがとう
15:09
HWHW: Amazing素晴らしい. Thank you so much.
(エミリー)ありがとう
15:11
ENEN: Thank you.
(ヘレン)本当に素晴らしいです
15:12
HWHW: Thank you, you're incredible信じられない.
(拍手)
15:14
(Applause拍手)
Translated by Moe Shoji
Reviewed by Misato Noto

▲Back to top

About the speaker:

Emily Nagoski - Sex educator
Emily Nagoski teaches women to live with confidence and joy inside their bodies.

Why you should listen

Emily Nagoski is a sex educator and the author of the best-selling Come as You Are: The Surprising New Science that Will Transform Your Sex Life. As she writes: "As an undergrad at the University of Delaware, I wanted some volunteer work for my resume, so I got trained as a peer sex educator, going into residence halls to talk about condoms, contraception and consent. Though I loved the brain science I was studying in my classes (BA in psychology, minors in cognitive science and philosophy), it was my work as a sex educator that made me like who I am as a person. So that's the path I chose. I went to Indiana University for an MS in counseling and PhD in health behavior, completing a clinical internship at the Kinsey Institute, then went on to work at Smith College, where I taught a class called Women’s Sexuality.

"That first semester at Smith, I asked my students, as the last question on the final exam, 'What's one important thing you learned?' Half the students answered simply, 'I'm normal.' I decided that day to write Come As You Are, to share the science and sex positivity that helped my students know they're normal."

More profile about the speaker
Emily Nagoski | Speaker | TED.com