English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED@UPS

Wanis Kabbaj: What a driverless world could look like

ワニス・カバジ: 自動運転の世界とはどんなものか

Filmed
Views 2,976,865

もしも血管を流れる血液のように、交通が円滑に効率よく町中を流れるとしたらどうでしょう。交通マニアのワニス・カバジは、生物の特性にヒントを得て、未来の輸送システムをデザインできると考えています。この前向きな講演では、活力ある自動運転世界を現実のものにするのに役立つであろうモジュール着脱可能型のバス、空飛ぶタクシー、吊り下げ式のまゆ型乗り物のネットワークのような面白いコンセプトを垣間見ることができます。

- Transportation geek
Wanis Kabbaj works at the intersection of biology and transportation. Full bio

Someいくつか people are obsessed執拗な
by Frenchフランス語 winesワイン.
フランス産ワインに
こだわりがある人もいれば
00:12
Othersその他 love playing遊ぶ golfゴルフ
ゴルフをするのを好む人も
00:16
orまたは devouring食べる literature文献.
文学に夢中な人もいます
00:18
One1 つ of myじぶんの greatest最大 pleasures快楽
in life is, I have to admit認める,
私の人生における
最上の楽しみのひとつは 正直言って
00:20
a bitビット special特別.
少し特別です
00:24
I cannotできない telltell you君は howどうやって muchたくさん I enjoy楽しんで
watching見ている cities都市 fromから the sky,
空から街を眺めるんです
それも飛行機の窓から
00:25
fromから an airplane飛行機 window.
この楽しさは伝えきれません
00:30
Someいくつか cities都市 are calmly静かに industrious勤勉,
いくつかの街は
穏やかに勤勉さを醸し出しています
00:32
like Dusseldorfデュッセルドルフ
ドュッセルドルフや
00:35
orまたは Louisvilleルイビル.
ルイビルのように
00:37
Othersその他 projectプロジェクト an energyエネルギー
thatそれ they彼ら can hardlyほとんど contain含む,
抑えきれないエネルギーを
放出する街もあります
00:39
like New新しい Yorkヨーク
ニューヨークや
00:43
orまたは Hong香港 Kong香港.
香港のように
00:44
And then次に you君は have Parisパリ
それからパリや
00:46
orまたは Istanbulイスタンブール,
イスタンブールなど
00:49
and their彼らの patina緑青 full満員 of history歴史.
歴史にあふれ風格がある街もあります
00:51
I see見る cities都市 as living生活 beings存在.
私には街が生き物のように見えます
00:54
And whenいつ I discover発見する themそれら fromから far遠い above上の,
そして私は はるか上空から
そうした街を見つけると
00:56
I like to find見つける thoseそれら mainメイン streets通り
and highwaysハイウェイ thatそれ structure構造 their彼らの spaceスペース.
街の空間を作り上げている
大通りや高速道路を探すのが好きです
00:59
Especially特に at night,
特に夜が良いのです
01:04
whenいつ commuters通勤者 make作る theseこれら arteries動脈
look見える dramatically劇的に red and goldenゴールデン:
通勤者で 街の動脈とも言える
幹線道路が印象的な赤と金色に染まり
01:05
the city's都市の vascular血管 systemシステム
performing実行する itsその vital重要な function関数
街の血管系がその生体機能を
発揮するのです
01:10
right before yourきみの eyes.
それも私達の目の前で
01:15
Butだがしかし whenいつ I'm私は sitting座っている in myじぶんの car
しかし車に座って
01:17
after an hour時間 and a halfハーフ
of commute通勤する everyすべて day,
日々の通勤で1時間半経った後では
01:21
thatそれ reality現実 looks外見 very非常に different異なる.
その現実は全く違って見えます
01:24
(Laughter笑い)
(笑)
01:26
Nothing何もない --
何事も
01:27
notない publicパブリック radio無線,
公共ラジオも
01:28
noいいえ podcastポッドキャスト --
ポッドキャストも
01:30
(Laughter笑い)
(笑)
01:31
Notじゃない even mindfulness思いやり meditation瞑想
マインドフルネスの瞑想をもってしても
01:32
makes作る thisこの time時間 worth価値 living生活.
その時間は有意義にはなりません
01:34
(Laughter笑い)
(笑)
01:36
Isn'tはないです。 itそれ absurd不条理な
おかしくないですか
01:38
thatそれ we我々 created作成した cars
thatそれ can reachリーチ 130 milesマイル per〜ごと hour時間
私達は 時速210キロを出せる
自動車を作ったのに
01:39
and we我々 now driveドライブ themそれら at the same同じ speed速度
as 19th-century世紀 horseうま carriagesキャリッジ?
その車を19世紀の馬車と
同じスピードで運転しているなんて
01:43
(Laughter笑い)
(笑)
01:49
In the US alone単独で,
アメリカ国内だけでも
01:50
we我々 spent過ごした 29.6 billion hours時間
commuting通勤 in 2014.
私達は2014年に269億時間を
通勤に費やしています
01:52
With thatそれ amount of time時間,
それだけの時間があれば
01:58
ancient古代 Egyptiansエジプト人 could have built建てられた
26 Pyramidsピラミッド of Gizaギザ.
古代エジプト人はギザのピラミッドを
26基作れたでしょう
01:59
(Laughter笑い)
(笑)
02:04
We私たち do thatそれ in one1 year.
それを一年で費やすのです
02:05
A monumental記念碑的な waste廃棄物 of time時間,
energyエネルギー and human人間 potential潜在的な.
途方もない時間、エネルギー
人間の可能性の浪費です
02:06
For decades数十年,
数十年に渡り
02:12
our我々の remedy救済 for congestion混雑 was simple単純:
私達の渋滞対策は単純でした
02:13
buildビルドする new新しい roads道路 orまたは enlarge拡大する existing既存の onesもの.
新しい道路を建設するか
既在の道路を拡張することです
02:15
And itそれ worked働いた.
それは うまく行きました
02:19
Itそれ worked働いた admirably素晴らしい for Parisパリ,
パリでは見事に成功しました
02:20
whenいつ the cityシティ tore引き裂く downダウン
hundreds数百 of historical歴史的 buildings建物
パリ市は数百もの歴史的建物を取り壊し
02:22
to create作成する 85 milesマイル
135メートルもの
02:25
of transportation-friendly交通に優しい boulevards大通り.
交通に配慮した大通りを作りました
02:27
And itそれ stillまだ works作品 today今日
in fast-growing急成長 emerging新興 cities都市.
そして それは今日でも 急速に発展する
新興の街ではうまく行っています
02:30
Butだがしかし in moreもっと established設立 urban都市 centersセンター,
しかしもっと確立された中心市街地では
02:34
significant重要な networkネットワーク expansions拡張
are almostほぼ impossible不可能:
交通網を著しく拡張するのは
まず不可能です
02:36
habitat生息地 is justちょうど too dense高密度,
住居が密集しすぎですし
02:40
realリアル estateエステート, too expensive高価な
不動産は高すぎ
02:42
and publicパブリック finances財政, too fragile壊れやすい.
そして公共財政は脆すぎます
02:44
Our私たち city's都市の vascular血管 systemシステム
is getting取得 clogged詰まった, it'sそれは getting取得 sick病気,
私達の街の血管系は詰まりつつあり
病気に向かっています
02:47
and we我々 should pay支払う attention注意.
私達は注意をはらうべきなんです
02:51
Our私たち current現在 way
of thinking考え is notない workingワーキング.
私達の現行の考え方では
うまく行っていません
02:53
For our我々の transportation交通 to flowフロー,
輸送の流れをよくするためには
02:56
we我々 need必要 a new新しい sourceソース of inspirationインスピレーション.
新しい着想の源が必要です
02:58
Soだから after 16 years
workingワーキング in transportation交通,
さて 輸送業で
16年ほど経験を積んだ頃
03:02
myじぶんの "ahaアハ moment瞬間" happened起こった
whenいつ speaking話し中 with〜と a biotechバイオテクノロジー customer顧客.
生物工学の顧客と話しているとき
「目からうろこの瞬間」が訪れました
03:05
She彼女が was telling伝える me howどうやって her彼女 treatment処理
その顧客は いかに自らの治療で
03:09
was leveraging活用 specific特定 propertiesプロパティ
of our我々の vascular血管 systemシステム.
血管系の特異性に影響を与えるか
教えてくれました
03:11
"Wowワオ," I thought, "Our私たち vascular血管 systemシステム --
「なるほど」と思いました
「私達の血管系 すなわち
03:15
allすべて the veins静脈 and arteries動脈 in our我々の body
体内のすべての静脈と動脈は日々
03:18
making作る miracles奇跡 of logisticsロジスティクス everyすべて day."
奇跡のような物流管理を
成し遂げているのだ」
03:21
Thisこれ is the moment瞬間 I realized実現した
このとき気づいたのです
03:25
thatそれ biology生物学 has been
in the transportation交通 businessビジネス
生物は数十億年にもわたって
この輸送業に携わってきています
03:27
for billions何十億 of years.
生物は数十億年にもわたって
この輸送業に携わってきています
03:30
Itそれ has been testingテスト countless無数 solutionsソリューション
それは無数の解決法を試してきました
03:32
to move動く nutrients栄養素, gasesガス and proteinsタンパク質.
栄養、ガス、たんぱく質を
流通させるためです
03:34
Itそれ really本当に is the world's世界の most最も
sophisticated洗練された transportation交通 laboratory研究室.
実にそれは世界で
最も高性能な輸送試験所です
03:38
Soだから, what ifif the solution溶液 to our我々の trafficトラフィック
challenges挑戦 was inside内部 us?
交通問題への解決法が
私達の中にあるとしたらどうでしょう
03:43
I wanted to know知っている:
私は知りたかったのです
03:49
Whyなぜでしょうか is itそれ thatそれ blood血液 flows流れ
in our我々の veins静脈 most最も of our我々の lives人生,
なぜ血液は生涯のほとんどにわたって
血管を流れるのに
03:51
whenいつ our我々の big大きい cities都市 get clogged詰まった
on a daily毎日 basis基礎?
大都市では日常的に
流れが滞ってしまうのか?
03:55
And the reality現実 is thatそれ you'reあなたは looking
at two very非常に different異なる networksネットワーク.
実際のところ これらの二つは
大変異なるネットワークです
03:58
I don'tしない know知っている ifif you君は realize実現する,
お気づきかわかりませんが
04:04
butだけど each of us has 60,000 milesマイル
of blood血液 vessels船舶 in our我々の bodies --
私達 ひとりひとりの体内には
10万キロメートルの血管があります
04:06
60,000 milesマイル.
10万キロです
04:10
That'sそれです two-and-a-half2・1/2 times
the Earth's地球の circumference,
地球の2周半分のものが
04:12
inside内部 you君は.
体内にあるんです
04:14
What itそれ means手段 is thatそれ blood血液 vessels船舶
are everywhereどこにでも inside内部 us,
つまり血管は私達の体内の
いたるところにある ということです
04:16
notない justちょうど under the surface表面 of our我々の skin.
皮膚表面のすぐ下だけではありません
04:20
Butだがしかし ifif you君は look見える at our我々の cities都市,
しかし私達の都市を見てみると
04:22
yesはい, we我々 have some一部
underground地下 subway地下鉄 systemsシステム
なるほど 多少の地下鉄網もあれば
04:24
and some一部 tunnelsトンネル and bridges,
トンネルや橋もあり
04:27
and alsoまた、 some一部 helicoptersヘリコプター in the sky.
そしてまた空にはヘリコプターが
飛んでいます
04:30
Butだがしかし the vast広大 majority多数 of our我々の trafficトラフィック
is focused集中した on the ground接地,
しかし交通の大部分は
地上に集中しています
04:32
on the surface表面.
つまり表面だけです
04:36
Soだから in otherその他 words言葉,
言い方を変えますと
04:38
whilewhile our我々の vascular血管 systemシステム uses用途
the three dimensionsディメンション inside内部 us,
血管系は体内の三次元を使うのに対し
04:39
our我々の urban都市 transportation交通
is mostly主に two-dimensional二次元.
都市交通は ほぼ二次元です
04:44
And soそう what we我々 need必要
is to embrace擁する thatそれ verticality垂直性.
ですから私達は
もっと垂直方向も利用するべきなのです
04:47
Ifもし our我々の surface表面 gridグリッド is saturated飽和した,
もし表面に広がる交通網が飽和状態ならば
04:51
well, let'sさあ elevate昇る our我々の trafficトラフィック.
交通を上にあげてみましょう
04:53
Thisこれ Chinese中国語 concept概念 of a busバス
thatそれ can straddleストラドル trafficトラフィック jams渋滞 --
この中国の交通渋滞をまたぐバスの構想は
04:56
thatそれ was an eye-opener目を逸らす on new新しい ways方法
to think思う about spaceスペース and movement移動
都市における空間と移動に関する
新しく画期的な考え方でした
05:00
inside内部 our我々の cities都市.
都市における空間と移動に関する
新しく画期的な考え方でした
05:05
And we我々 can go higher高い,
また更に上に行って
05:06
and suspendサスペンド our我々の transportation交通
like we我々 did with〜と our我々の electrical電気 gridグリッド.
送電網のように
交通を吊るすこともできます
05:08
Tel電話番号 Avivアビブ and Abuアブ Dhabiダビ
are talking話す about testingテスト
テルアビブやアブダビでは
磁気で吊り下げられた まゆ型の乗り物の
05:13
theseこれら futuristic未来 networksネットワーク
of suspended中断した magnetic磁気 podsポッド.
将来型交通網の試験導入が
検討されています
05:17
And we我々 can keepキープ climbingクライミング, and fly飛ぶ.
そして私達はどんどん上に行き
飛ぶこともできます
05:21
The fact事実 thatそれ a company会社 like Airbusエアバス
エアバスのような会社が
05:25
is now seriously真剣に workingワーキング
on flying飛行 urban都市 taxisタクシー
空飛ぶタクシーの実用化に向け
真剣に取り組んでいるという事実は
05:27
is telling伝える us something何か.
私達に何かを訴えています
05:30
Flying飛行 cars are finally最後に moving動く
fromから science-fictionSF déjà vuヴュ
空飛ぶ車はついに
よくあるサイエンス・フィクションから
05:32
to attractive魅力的 business-caseビジネスケース territory地域.
魅力的な事業例の域へ
動き出しています
05:37
And that'sそれは an excitingエキサイティング moment瞬間.
ワクワクする瞬間です
05:40
Soだから building建物 thisこの 3-D-D
transportation交通 networkネットワーク
さて この3Dの輸送ネットワークを
構築することは
05:42
is one1 of the ways方法 we我々 can mitigate緩和する
and solve解決する trafficトラフィック jams渋滞.
交通渋滞を軽減し
解決する方法のひとつですが
05:45
Butだがしかし it'sそれは notない the onlyのみ one1.
唯一の方法ではありません
05:50
We私たち have to question質問
私達は見直さないといけません
05:52
otherその他 fundamental基本的な choices選択肢
thatそれ we我々 made, like the vehicles乗り物 we我々 useつかいます.
どの乗り物を使うかというような
他の根本的な選択をです
05:53
Justちょうど imagine想像する a very非常に familiar身近な sceneシーン:
よくある こんな場面を想像してください
05:58
You'veあなたがしました。 been driving運転 for 42 minutes.
あなたが運転を始めて42分たった頃
06:00
The two kids子供たち behind後ろに you君は
are getting取得 restless落ち着きのない.
後部座席の二人の子供は
落ち着きがなくなってきました
06:03
And you'reあなたは late遅く.
あなたは遅刻しそうです
06:06
Do you君は see見る thatそれ slowスロー car in frontフロント of you君は?
前方の のろのろ運転の車が見えますか
06:08
Alwaysいつも comes来る whenいつ you'reあなたは late遅く, right?
遅刻しそうなときに限って現れますね
06:11
(Laughter笑い)
(笑)
06:13
Thatそれ driverドライバ is looking for parkingパーキング.
あの運転手は駐車場を探しているのです
06:14
Thereそこ is noいいえ parkingパーキング spotスポット
available利用可能な in the areaエリア,
周辺に空いている駐車場はありませんが
06:17
butだけど howどうやって would he know知っている?
彼は知るわけがありません
06:19
Itそれ is estimated推定 thatそれ upアップ to 30 percentパーセント
of urban都市 trafficトラフィック is generated生成された
都市部の交通量の30%近くは
駐車場を探す運転手によって
06:21
by driversドライバー looking for parkingパーキング.
引き起こされると推測されています
06:26
Do you君は see見る the 100 cars aroundまわり you君は?
周辺の100台の車が見えますか
06:29
Eighty-five85 of themそれら
onlyのみ have one1 passenger旅客.
うち85台には一人しか乗っていません
06:31
Thoseそれら 85 driversドライバー could allすべて fitフィット
in one1 Londonianロンドンの red busバス.
その運転手85人は
ロンドンの赤バス一台に収まりますよね
06:34
Soだから the question質問 is:
そこで質問ですが
06:39
Whyなぜでしょうか are we我々 wasting無駄にする soそう muchたくさん spaceスペース
ifif itそれ is what we我々 need必要 the most最も?
なぜ私達は 最も必要である空間を
こんなに無駄にするのでしょう
06:40
Whyなぜでしょうか are doing thisこの to ourselves自分自身?
なぜ自ら こんなことをするのでしょう
06:43
Biology生物学 would never決して do thisこの.
生物なら絶対にそうしないでしょう
06:45
Spaceスペース inside内部 our我々の arteries動脈
is fully完全に utilized利用された.
私達の動脈の中の空間は
十分に利用されています
06:48
At everyすべて heartbeatハートビート,
心拍のたびに
06:51
a higher高い blood血液 pressure圧力 literally文字通り compactsコンパクト
millions何百万 of red blood血液 cells細胞
上昇した血圧で
数百万の赤血球は文字通り圧縮され
06:53
into massive大規模 trains列車 of oxygen酸素
大量の酸素の連なりとなり
06:57
thatそれ quickly早く flowフロー throughout全体を通して our我々の body.
素早く体の隅々にまで流れます
06:59
And the tiny小さな spaceスペース inside内部 our我々の red
blood血液 cells細胞 is notない wasted無駄な, eitherどちらか.
そして赤血球の小さな空間も
無駄にはされません
07:01
In healthy健康 conditions条件,
健康な状態ならば
07:06
moreもっと thanより 95 percentパーセント
of their彼らの oxygen酸素 capacity容量 is utilized利用された.
赤血球が運べる酸素の最大量の
95パーセント以上が利用されます
07:08
Can you君は imagine想像する ifif the vehicles乗り物
we我々 used in our我々の cities都市
想像できるでしょうか
もし私達が街で乗る乗り物が
07:12
were 95 percentパーセント full満員,
95パーセント満たされていれば
07:15
allすべて the additional追加 spaceスペース
you君は would have to walk歩く, to bike自転車
歩いたり自転車に乗ったりできる
余分な空間が十分にでき
07:17
and to enjoy楽しんで our我々の cities都市?
私達は都市を楽しめます
07:20
The reason理由 blood血液 is soそう
incredibly信じられないほど efficient効率的な
血液が信じられないほど
効率的である理由は
07:22
is thatそれ our我々の red blood血液 cells細胞
are notない dedicated専用
赤血球が特定の臓器や組織のためだけに
07:26
to specific特定 organs器官 orまたは tissues組織;
貢献するのではないからです
07:29
otherwiseさもないと, we我々 would probably多分 have
trafficトラフィック jams渋滞 in our我々の veins静脈.
さもなければ きっと血管の中に
交通渋滞が起きるでしょう
07:31
No違います, they're彼らは shared共有.
赤血球は共有されています
07:34
They're彼らは shared共有 by allすべて
the cells細胞 of our我々の body.
体内のすべての細胞によって共有されます
07:35
And becauseなぜなら our我々の networkネットワーク is soそう extensive広範,
そして私達のネットワークは
大変 広範囲にわたるため
07:38
each one1 of our我々の 37 trillion1兆 cells細胞
gets取得 itsその own自分の deliveries配達 of oxygen酸素
37兆個の細胞のひとつひとつが
必要に応じて的確に
07:41
precisely正確に whenいつ itそれ needsニーズ themそれら.
酸素の配達を受けます
07:46
Blood血液 is bothどちらも a collective集団
and individual個人 form of transportation交通.
血液は集合的かつ個別的な
輸送形式をとっています
07:48
Butだがしかし for our我々の cities都市,
しかし私達の都市をみてみると
07:53
we've私たちは been stuck立ち往生.
渋滞しています
07:55
We've私たちは been stuck立ち往生 in an endless無限 debateディベート
私達は終わりなき議論に足止めされています
07:56
betweenの間に creating作成 a car-centric車中心の society社会
orまたは extensive広範 mass-transit大量輸送 systemsシステム.
自動車中心の社会か
大がかりな大量輸送システムのどちらを作るか
07:58
I think思う we我々 should transcend超越する thisこの.
この議論を超越すべきだと思います
08:04
I think思う we我々 can create作成する vehicles乗り物
thatそれ combine結合する the convenience利便性 of cars
私達は自動車の便利さと
電車やバスの機能性を兼ね備えた
08:05
and the efficiencies効率 of trains列車 and busesバス.
乗り物が作れると思います
08:10
Justちょうど imagine想像する.
想像してください
08:13
You'reあなたは comfortably快適に sitting座っている
in a fast速い and smooth滑らかな urban都市 train列車,
あなたは1200人の乗客とともに
速くて乗り心地のよい都市型電車に
08:14
along一緒に with〜と 1,200 passengers乗客.
快適に座っています
08:19
The problem問題 with〜と urban都市 trains列車
都市型電車の問題点は
08:21
is thatそれ sometimes時々 you君は have to stopやめる
five, ten, fifteen15 times
時には 自分の目的地に着くまでに
5回、10回、15回と
08:23
before yourきみの final最後の destination.
停まらなければならないことです
08:28
What ifif in thisこの train列車
you君は didn'tしなかった have to stopやめる?
停まらなくてもよい電車であったら
どうでしょう
08:30
In thisこの train列車,
この電車では
08:33
wagonsワゴン can detachデタッチ dynamically動的に
whilewhile you'reあなたは moving動く
動いている間に車両が
力学的に切り離されます
08:35
and become〜になる express表現する, driverlessドライバーレス busesバス
そして急行や自動運転バスになります
08:39
thatそれ move動く on a secondary二次的 road道路 networkネットワーク.
二次的道路ネットワークに進むのです
08:41
And soそう withoutなし a singleシングル stopやめる,
そして一度も停車することなく
08:44
norまた a lengthy長い transfer転送,
時間のかかる乗り換えもなく
08:45
you君は are now sitting座っている in a busバス
thatそれ is headed先行 toward〜に向かって yourきみの suburb郊外.
バスに乗って目的の郊外に
向かっているわけです
08:47
And whenいつ you君は get close閉じる,
そして近くなってくると
08:51
the sectionセクション you'reあなたは sitting座っている in detaches分離する
あなたの座っている部分が分離し
08:53
and self-drives自己運転 you君は
right to yourきみの doorstep玄関口.
あなたの玄関先まで自動運転します
08:56
Itそれ is collective集団 and individual個人
at the same同じ time時間.
それは集合的であると同時に個別的です
09:00
Thisこれ could be one1 of the shared共有,
modularモジュラー, driverlessドライバーレス vehicles乗り物 of tomorrow明日.
これは共用モジュール式の
未来の自動運転車のひとつとなりえます
09:03
Now ...
さて
09:09
as ifif walking歩く in a cityシティ
buzzing吹き鳴らす with〜と drones無人機,
ドローンがぶんぶん飛び回り
09:11
flying飛行 taxisタクシー, modularモジュラー busesバス
and suspended中断した magnetic磁気 podsポッド
空飛ぶタクシー、モジュール式のバス
吊下げ式まゆ型乗り物が動き回る都市でも
09:14
was notない exoticエキゾチック enough十分な,
まだ十分目新しくないかのように
09:18
I think思う thereそこ is another別の force in actionアクション
別の力が働いているように思います
09:21
thatそれ will make作る urban都市 trafficトラフィック mesmerizing魅了する.
都市型交通を魅力的にする力です
09:23
Ifもし you君は think思う about itそれ,
考えてみると
09:26
the current現在 generation世代 of driverlessドライバーレス cars
is justちょうど trying試す to earn獲得する itsその way
現世代の自動運転車は
人間が人間のために作った交通網に
09:28
into a trafficトラフィック gridグリッド
made by and for humans人間.
参画しようとしているだけです
09:33
They're彼らは trying試す to learn学ぶ trafficトラフィック rulesルール,
whichどの is relatively比較的 simple単純,
自動運転車に交通ルールを学ばせるのは
比較的簡単ですが
09:36
and coping対処する with〜と human人間 unpredictability予測不能,
人間の予測不可能さに対処させるのは
09:40
whichどの is moreもっと challenging挑戦.
もっと大変です
09:42
Butだがしかし what would happen起こる
whenいつ whole全体 cities都市 become〜になる driverlessドライバーレス?
しかし街全体が自動運転になったら
どうなるでしょう
09:45
Would we我々 need必要 trafficトラフィック lightsライト?
信号は必要でしょうか
09:48
Would we我々 need必要 lanesレーン?
車線は必要でしょうか
09:50
Howどう about speed速度 limits限界?
制限速度はどうでしょう
09:52
Red blood血液 cells細胞 are notない flowing流れる in lanesレーン.
赤血球は車線の中を流れません
09:54
They彼らが never決して stopやめる at red lightsライト.
赤信号で停まることもありません
09:57
In the first最初 driverlessドライバーレス cities都市,
初の自動運転の街には
09:59
you君は would have noいいえ red lightsライト and noいいえ lanesレーン.
赤信号も車線もありません
10:01
And whenいつ allすべて the cars
are driverlessドライバーレス and connected接続された,
そして すべての車が自動運転で連結されると
10:04
everythingすべて is predictable予測可能な
and reaction反応 time時間, minimum最小.
すべてが予測可能で
反応時間も最小限で済みます
10:07
They彼らが can driveドライブ muchたくさん fasterもっと早く
自動運転車はさらに速く
走れるようになり
10:11
and can take anyどれか rationalラショナル initiativeイニシアチブ
thatそれ can speed速度 themそれら upアップ
合理的な考えにもとづき動くことで
自らや 周辺の車の速度も
10:13
orまたは the cars aroundまわり themそれら.
上げられるようになります
10:16
Soだから instead代わりに of rigid堅い trafficトラフィック rulesルール,
つまり厳しい交通ルールの代わりに
10:18
flowフロー will be regulated規制された
交通の流れは
10:22
by a meshメッシュ of dynamic動的 and constantly常に
self-improving自己改善 algorithmsアルゴリズム.
動的で絶えず自己改善を続ける
アルゴリズムの網によって規制されます
10:23
The result結果: a strange奇妙な trafficトラフィック
結果 不思議な交通ができあがります
10:30
thatそれ mixesミックス the fast速い and smooth滑らかな
rigor厳しい of Germanドイツ人 autobahnsオートバンズ
ドイツのアウトバーンの速くて円滑な緻密さと
10:33
and the creative創造的な vitality活力
of the intersections交差点 of Mumbaiムンバイ.
ムンバイの交差点に見られる
独創的な生きる力が合わさったものです
10:36
(Laughter笑い)
(笑)
10:40
Trafficトラフィック will be functionally機能的に exuberant豊かな.
交通は機能的に豊かなものになるでしょう
10:42
Itそれ will be liquid液体 like our我々の blood血液.
それは私達の血液のように液状になります
10:44
And by a strange奇妙な paradox逆説,
そして奇妙な逆説により
10:46
the moreもっと robotizedロボット化された
our我々の trafficトラフィック gridグリッド will be,
交通網が機械化されれば されるほど
10:48
the moreもっと organicオーガニック and alive生きている
itsその movement移動 will feel感じる.
その動きは更に有機的で活動的に
感じられるでしょう
10:51
Soだから yesはい,
そうです
10:55
biology生物学 has allすべて the attributes属性
of a transportation交通 genius天才 today今日.
生物は 今日話した最高の交通にある特性を
全て持ち合わせています
10:56
Butだがしかし thisこの processプロセス has taken撮影
billions何十億 of years,
しかし そこに至るまで
数十億年かかっています
11:00
and went行った throughを通して allすべて sortsソート
of iterations反復 and mutations突然変異.
そして あらゆる種類の
反復や変化を経てきました
11:03
We私たち can'tできない wait待つ billions何十億 of years
to evolve進化する our我々の transportation交通 systemシステム.
私達は交通システムの発展を
数十億年も待つことはできません
11:06
We私たち now have the dreams,
私達には今 夢があり
11:10
the conceptsコンセプト
概念があり
11:12
and the technology技術
技術もあります
11:14
to create作成する 3-D-D transportation交通 networksネットワーク,
3D交通ネットワークを作り
11:16
invent発明する new新しい vehicles乗り物
新しい乗り物を発明し
11:19
and change変化する the flowフロー in our我々の cities都市.
都市の流れを変えるのです
11:21
Let'sしてみましょう do itそれ.
やってみましょう
11:23
Thankありがとうございます you君は.
ありがとうございました
11:24
(Applause拍手)
(拍手)
11:25
Translated by Yasuko Takehara Bramble
Reviewed by Yuko Yoshida

▲Back to top

About the speaker:

Wanis Kabbaj - Transportation geek
Wanis Kabbaj works at the intersection of biology and transportation.

Why you should listen

As the director of global strategy for healthcare logistics at UPS, Wanis Kabbaj finds ways for organizations to transport their temperature-sensitive medicines and biotechnologies safely around the world. Before this, he supported UPS's global forwarding department, helping multinational corporations manage their air freight across 200 countries.

Prior to working at UPS, Kabbaj contributed to the brand strategy at Renault-Nissan as they expanded into emerging economies. He is a dual citizen of Morocco and France and holds an MBA from the ESSEC Business School in Paris.

More profile about the speaker
Wanis Kabbaj | Speaker | TED.com