English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxGhent

Veerle Provoost: Do kids think of sperm donors as family?

ヴィーラ・プロブースト: 子供たちは精子提供者を家族だと考えているか?

Filmed
Views 1,057,331

親、そして家族をどう定義したらいいでしょうか? 生物倫理学者のヴィーラ・プロブーストは、こうした問いについて、「伝統的ではない家族」という文脈で考えています。つまり、養子縁組や再婚、代理母や精子提供によってできた家族です。このトークで、彼女は親や子供たちがどのようにして自分たちの家族の物語を作り上げているかについて話します。

- Bioethicist
Veerle Provoost studies genetic and social parenthood in the context of donor conception. Full bio

What is a parent?
親とは何でしょう?
00:12
What is a parent?
親とは何でしょうか?
00:15
It's not an easy簡単 question質問.
簡単な問いではありません
00:19
Today今日 we have adoption採択,
現在では養子縁組や
00:21
stepfamilies踏み台,
複合家族や
00:24
surrogate代理 mothers母親の.
代理母などがあります
00:25
Manyたくさんの parents face toughタフ questions質問
多くの親が難しい問いや
00:27
and toughタフ decisions決定.
決断に直面しています
00:31
Shallしなければならない we tell our child
about the sperm精子 donation寄付?
我が子に精子の提供について
伝えるべきか?
00:33
If so, when?
伝えるなら いつ?
00:39
What words言葉 to use?
どんな言葉で伝えればいいか?
00:41
Sperm精子 donorsドナー are oftenしばしば referred言及
to as "biological生物学的 fathers父親,"
精子提供者は度々
「生物学的父親」と呼ばれますが
00:43
but should we really
be usingを使用して the wordワード "fatherお父さん?"
本当に「父親」という言葉を
用いるべきなのでしょうか?
00:49
As a philosopher哲学者 and socialソーシャル scientist科学者,
哲学者として
そして社会科学者として
00:53
I have been studying勉強する these questions質問
about the concept概念 of parenthood親父.
私は親であるとは どういうことかを
研究してきました
00:56
But today今日, I will talk to you
about what I learned学んだ
しかし今日お話ししたいのは
親や子供たちと
01:01
from talking話す to parents and children子供.
話す中でわかったことです
01:04
I will showショー you that they know
what matters問題 most最も in a family家族,
彼らは家族にとって
もっとも重要なことを知っています
01:07
even thoughしかし their彼らの family家族
looks外見 a little different異なる.
たとえ家族が他の家族と
少し違っていてもです
01:11
I will showショー you their彼らの creative創造的な ways方法
of dealing対処する with toughタフ questions質問.
彼らは自分なりの工夫にあふれた
難しい問題への対処法を持っています
01:15
But I will alsoまた、 showショー you
the parents'親' uncertainties不確実性.
それと同時に
親の不安についてもお話しします
01:21
We interviewedインタビューされた couplesカップル
私たちがインタビューしたのは
01:27
who received受け取った fertility生殖能力 treatment処理
at Ghentゲント University大学 Hospital病院,
ゲント大学病院で
提供された精子を用いて
01:28
usingを使用して sperm精子 from a donorドナー.
不妊治療を受けたカップルでした
01:33
In this treatment処理 timelineタイムライン,
この治療の時間経過で
01:35
you can see two pointsポイント
at whichどの we conducted導かれた interviewsインタビュー.
インタビューを行った
2つの時点がわかると思います
01:36
We included含まれる heterosexual異性愛者 couplesカップル,
私たちは異性同士のカップルも
含めました
01:40
where the man for some reason理由
did not have good-quality良品質 sperm精子,
何らかの理由で男性が
良質な精子を持たない場合です
01:44
and lesbianレズビアン couplesカップル who obviously明らかに
needed必要な to find sperm精子 elsewhere他の場所.
それから明らかに精子を他から必要とする
レズビアンのカップルも含めました
01:48
We alsoまた、 included含まれる children子供.
インタビューは
子供たちにも行いました
01:54
I wanted to know
私はその子供たちが
01:58
how those children子供 define定義する conceptsコンセプト
like parenthood親父 and family家族.
親であることや家族といった概念を
どう捉えているか知りたかったのです
02:00
In fact事実, that is what I asked尋ねた them,
実際 そういった質問をしました
02:06
only not in that way.
ただ その聞き方は異なり
02:10
I drew描いた an apple林檎 tree instead代わりに.
代わりにリンゴの木を描きました
02:13
This way, I could ask尋ねる abstract抽象,
philosophical哲学的 questions質問
こうすることで
抽象的かつ哲学的な問いを
02:17
in a way that did not make them run走る off.
相手を怖がらせることなく
聞くことができたのです
02:20
So as you can see,
ご覧のように
02:25
the apple林檎 tree is empty空の.
リンゴの木には
実がついていません
02:27
And that illustrates説明する my research研究 approachアプローチ.
これは私の研究アプローチを
示しています
02:29
By designing設計 techniques技術 like this,
こうした手法を用いることによって
02:32
I can bring持参する as little meaning意味 and contentコンテンツ
as possible可能 to the interviewインタビュー,
インタビューに持ち込む意味や内容を
できる限り少なくできます
02:34
because I want to hear聞く that from them.
それこそを子供たちから
引き出すためです
02:40
I asked尋ねた them:
こんな質問をしました
02:44
What would your family家族 look like
if it were an apple林檎 tree?
家族がリンゴの木だとしたら
どんな風だと思う?
02:46
And they could take a paper apple林檎
for everyoneみんな who, in their彼らの view見る,
それから 彼らは自分にとって
家族だと思う人の分だけ
02:50
was a memberメンバー of the family家族,
紙のリンゴを手に取り
02:54
write書きます a name on it
and hangハング it whereverどこにでも they wanted.
名前を書いて
好きな場所に貼り付けます
02:56
And I would ask尋ねる questions質問.
さらに質問をします
02:59
Most最も children子供 started開始した
with a parent or a sibling兄弟.
ほとんどの子供たちは
親やきょうだいから始めました
03:02
One started開始した with "Boxerボクサー,"
ある子供は「ボクサー」から
始めました
03:05
the deadデッド dog of his grandparents祖父母.
祖父母が飼っていた
死んだ犬だそうです
03:08
At this pointポイント, noneなし of the children子供
started開始した mentioning言及 the donorドナー.
この時点では 精子提供者について
言及する子供はいませんでした
03:11
So, I asked尋ねた them about their彼らの birth誕生 storyストーリー.
そこで 生まれた時の話を
聞いてみます
03:16
I said, "Before you were bornうまれた,
「あなたが生まれる前は
03:21
it was just your momママ and dadパパ,
お母さんとお父さんだけか
03:23
or momママ and mommyママ.
お母さんたちしか
いませんでした
03:25
Can you tell me how you came来た
into the family家族?"
あなたが家族に加わったときの話を
教えてくれる?」
03:27
And they explained説明した.
すると説明をしてくれます
03:31
One said,
ある子供はこう言いました
03:33
"My parents did not have good seeds種子,
「両親は良い種を
持っていなかったけれど
03:35
but there are friendlyフレンドリーな men男性 out there
who have spareスペア seeds種子.
余分に種を持っている
良い男の人たちがいるんだ
03:38
They bring持参する them to the hospital病院,
その人たちは
病院に種を持ってきて
03:43
and they put them in a big大きい jar.
大きな瓶に入れるんだよ
03:45
My mommyママ went行った there,
ママはそこに行って
03:48
and she took取った two from the jar,
瓶から2つもらってきたんだ
03:49
one for me and one for my sisterシスター.
1つは私
もう1つは妹のために
03:52
She put the seeds種子 in her belly --
ママは種をお腹に入れて―
03:55
somehow何とか --
よくわからないけど―
03:58
and her belly grew成長しました really big大きい,
お腹がとても大きくなって
04:00
and there I was."
私が生まれたの」
04:02
Hmmうーん.
う〜ん
04:05
So only when they started開始した
mentioning言及 the donorドナー,
子供たちが提供者について
話し始めてようやく
04:08
I asked尋ねた questions質問 about him,
usingを使用して their彼らの own自分の words言葉.
私は彼らの言葉を使って
提供者について尋ねます
04:12
I said,
私はこう言います
04:15
"If this would be an apple林檎
for the friendlyフレンドリーな man with the seeds種子,
「これが種を持っていた
良い男の人のリンゴだとしたら
04:17
what would you do with it?"
これをどうする?」
04:21
And one boy男の子 was thinking考え out loud大声で,
ある男の子は
リンゴを手に持ったまま
04:24
holdingホールディング the apple林檎.
考えながら
04:26
And he said,
こう言いました
04:27
"I won't〜されません put this one
up there with the othersその他.
「このリンゴは
他のとは一緒にしないよ
04:29
He's not part of my family家族.
家族の一員では ないんだもの
04:33
But I will not put him on the ground接地.
でも地面にも置かないよ
04:36
That's too coldコールド and too hardハード.
地面は冷たいし固いから
04:38
I think he should be in the trunkトランク,
この人は木の幹にいるべきだよ
04:41
because he made my family家族 possible可能.
僕の家族を作ってくれたんだから
04:44
If he would not have done完了 this,
この人がいなかったら
04:47
that would really be sad悲しい
because my family家族 would not be here,
とても悲しいことになっていたよ
だって僕の家族はなかったし
04:49
and I would not be here."
僕もここにいなかったから」
04:53
So alsoまた、, parents
constructed建設された family家族 tales物語 --
同じように 親もまた
家族の物語―
04:57
tales物語 to tell their彼らの children子供.
子供に聞かせる物語を
作っていました
05:01
One coupleカップル explained説明した their彼らの insemination授精
あるカップルは
人工授精を説明するために
05:04
by taking取る their彼らの children子供 to a farmファーム
子供たちを農場に連れていき
05:07
to watch a vet獣医 inseminate授精する cows.
獣医が牛の人工授精をするのを
見せました
05:11
And why not?
それもありですよね?
05:15
It's their彼らの way of explaining説明する;
彼らなりの説明の仕方なのです
05:17
their彼らの do-it-yourselfそれを自分で行う
with family家族 narratives物語.
手作りの家族の物語なのです
05:19
DIYDIY.
手作りのものです
05:22
And we had another別の coupleカップル
who made books --
また別のカップルは
本を作りました
05:24
a book for each child.
1人の子供につき
1冊ずつです
05:26
They were really works作品 of artアート
芸術作品とも言えるもので
05:28
containing含有 their彼らの thoughts思考 and feelings感情
throughout全体を通して the treatment処理.
不妊治療中に考えたことや
気持ちが書かれていました
05:30
They even had the hospital病院
parkingパーキング tickets切符売場 in there.
病院の駐車券も入っていました
05:34
So it is DIYDIY:
こうした物語は手作りです
05:37
finding所見 ways方法, words言葉 and imagesイメージ
家族の物語を
子どもに伝えるための
05:39
to tell your family家族 storyストーリー to your child.
方法や言葉やイメージを
見つけて作られます
05:41
And these stories物語 were highly高く diverse多様,
こうした物語は
実に様々ですが
05:45
but they all had one thing in common一般:
1つだけ
共通していることがありました
05:48
it was a tale物語 of longing憧れ for a child
子供がどうしてもほしいと
追い求める物語であり
05:53
and a questクエスト for that child.
その子供を手にするまでの物語です
05:57
It was about how special特別
and how deeply深く loved愛された their彼らの child was.
その子がどれほど特別で
いかに深く愛されているかが語られていました
06:00
And research研究 so far遠い showsショー
that these children子供 are doing fine.
研究によると こうした子供たちに
特に問題はありません
06:07
They do not have
more problems問題 than other kids子供たち.
他の子供よりも問題がある
ということはないのです
06:11
Yetまだ, these parents alsoまた、 wanted
to justify正当化する their彼らの decisions決定
しかし こうした親たちは
自分たちの物語を通して
06:14
throughを通して the tales物語 they tell.
自らの決断を正当化したいと
考えていました
06:19
They hoped望んでいた that their彼らの children子供
would understandわかる their彼らの reasons理由
こうした方法で
家族をもうけた理由を
06:21
for making作る the family家族 in this way.
我が子にわかってほしいと
願うのです
06:24
Underlying基盤 was a fear恐れ
that their彼らの children子供 mightかもしれない disapprove不承認
その背景にあるのは
子供たちが血のつながっていない親に
06:27
and would reject拒絶する the non-genetic非遺伝 parent.
不満を示し
拒絶するのではという恐怖です
06:31
And that fear恐れ is understandable理解できる,
この恐怖は理解できるものです
06:34
because we liveライブ in a very heteronormative異質性
私たちは
異性愛を規範とする社会―
06:37
and geneticized遺伝的にされた society社会 --
遺伝に基づいた社会に生きています
06:40
a world世界 that still believes信じる
真の家族とは
06:42
that true真実 families家族 consist構成する
of one momママ, one dadパパ
1人の母親と1人の父親と
血のつながった子供たちで
06:43
and their彼らの genetically遺伝的に related関連する children子供.
構成されていると考える世界です
06:48
Well.
さて
06:51
I want to tell you about a teenage十代 boy男の子.
10代の男の子の話をしましょう
06:54
He was donor-conceived寄付者が考える
but not part of our study調査.
彼も精子提供で生まれた子ですが
研究には参加していませんでした
06:57
One day, he had an argument引数
with his fatherお父さん,
ある日 父親とけんかをして
07:00
and he yelled叫んだ,
彼はこう怒鳴りました
07:03
"You're telling伝える me what to do?
「ああしろ こうしろって
僕に言えるのか?
07:05
You're not even my fatherお父さん!"
父親でもないくせに!」
07:07
That was exactly正確に what
the parents in our study調査 feared恐れる.
これこそ 研究に参加していた親が
恐れていたことでした
07:11
Now, the boy男の子 soonすぐに feltフェルト sorry,
and they made up.
この少年はすぐに反省し
父親と仲直りしました
07:15
But it is the reaction反応 of his fatherお父さん
that is most最も interesting面白い.
しかし非常に興味深いのは
父親の反応です
07:19
He said,
父親はこう言いました
07:24
"This outburst爆発 had nothing to do
with the lack欠如 of a genetic遺伝的な linkリンク.
「この激しい言葉遣いは
血のつながりがないこととは関係ない
07:25
It was about puberty思春期 --
思春期だから―
07:31
beingであること difficult難しい.
難しい時期だからだ
07:35
It's what they do at that age年齢.
そういう年頃なんだ
07:36
It will passパス."
そのうちに過ぎ去るよ」
07:38
What this man showsショー us
この男性が教えてくれるのは
07:41
is that when something goes行く wrong違う,
何か問題が起きたからといって
07:43
we should not immediatelyすぐに think
すぐさま 自分の家族が
07:46
it is because the family家族
is a little different異なる.
他と違っているせいだと
考えてはならないということです
07:48
These things happen起こる in all families家族.
こうしたことは
どんな家族にも起こるのです
07:51
And everyすべて now and then,
そして折に触れて
07:55
all parents mayかもしれない wonderワンダー:
すべての親が考えます
07:57
Am I a good enough十分な parent?
親として合格だろうか?と
08:00
These parents, too.
こうした親も同じです
08:03
They, above上の all, wanted to do
what's bestベスト for their彼らの child.
彼らも子供たちのために
最善を尽くしたいと思っています
08:05
But they alsoまた、 sometimes時々 wondered疑問に思った:
でも 彼らはこうも思うのです
08:09
Am I a realリアル parent?
自分は本当の親だろうか?と
08:12
And their彼らの uncertainties不確実性 were presentプレゼント
long before they even were parents.
こうした不安は親になる前から
つきまとっていたものです
08:14
At the start開始 of treatment処理,
不妊治療の始めに
08:18
when they first saw the counselorカウンセラー,
初めてカウンセラーと会った時
08:19
they paid支払った close閉じる attention注意
to the counselorカウンセラー,
親は彼らにじっと注目をしました
08:22
because they wanted to do it right.
なぜなら上手くやりたいと
思ったからです
08:24
Even 10 years later後で,
10年が経った後でもなお
08:27
they still remember思い出す
the advice助言 they were given与えられた.
当時のアドバイスを
覚えているものなのです
08:30
So when they thought about the counselorカウンセラー
親がカウンセラーのことや
08:36
and the advice助言 they were given与えられた,
受けたアドバイスのことを
考えると
08:40
we discussed議論する that.
そのことも話し合いました
08:42
And we saw one lesbianレズビアン coupleカップル who said,
あるレズビアンのカップルは
こう言いました
08:43
"When our son息子 asks尋ねる us,
「息子に聞かれることがあります
08:48
'Do I have a dadパパ?'
『僕にお父さんはいるの?』と
08:50
we will say 'No'いいえ, you do not have a dadパパ.'
すると『お父さんはいないよ』
と答えます
08:53
But we will say nothing more,
not unless限り he asks尋ねる,
でもそれ以上は言いません
聞かれない限りはね
08:56
because he mightかもしれない not be ready準備完了 for that.
息子に心の準備が
できていないかもしれないと
09:00
The counselorカウンセラー said so."
カウンセラーが言ったんです」
09:02
Well.
さて
09:05
I don't know; that's quiteかなり different異なる
どうでしょう
子供の質問への答えとしては
09:07
from how we respond応答する
to children's子供たち questions質問.
かなり変わっていますね
09:09
Like, "Milk牛乳 -- is that made in a factory工場?"
例えば「牛乳は工場でできるの?」
と聞かれたら
09:12
We will say, "No, it comes来る from cows,"
こう答えるでしょう
「いいえ 牛からできるのよ」と
09:15
and we will talk about the farmer農家,
それから酪農家の話をして
09:18
and the way the milkミルク ends終わり up in the shopショップ.
牛乳がお店に届くまでの話を
することでしょう
09:20
We will not say,
こうは言わないはずです
09:23
"No, milkミルク is not made in a factory工場."
「いいえ 牛乳は
工場では作られないのよ」
09:26
So something strange奇妙な happened起こった here,
ですから どこかおかしいですし
09:32
and of courseコース these children子供 noticed気づいた that.
もちろん子供たちも
それには気づきます
09:34
One boy男の子 said,
ある男の子が言いました
09:37
"I asked尋ねた my parents loads負荷 of questions質問,
「両親にたくさん質問をしたけど
09:39
but they acted行動した really weird奇妙な.
2人とも変な態度だったんだ
09:41
So, you know, I have a friend友人 at school学校,
and she's made in the same同じ way.
学校に友達がいるんだけど
その子も同じ方法で生まれたんだ
09:44
When I have a question質問,
I just go and ask尋ねる her."
聞きたいことがあると
その子に聞きに行くんだよ」
09:49
Clever賢い guy.
賢い子ですね
09:53
Problem問題 solved解決した.
一件落着はしましたが
09:55
But his parents did not notice通知,
彼の両親は
気づいていませんでした
09:57
and it certainly確かに was not
what they had in mindマインド,
これは両親が考えていたことでも
10:00
norまた what the counselorカウンセラー had in mindマインド
カウンセラーの
考えでもありませんでした
10:03
when they were saying言って how important重要
it is to be an open-communicationオープンコミュニケーション family家族.
何でもオープンに話せる家族であることの
重要性について語っていたというのに
10:05
And that's the strange奇妙な thing about advice助言.
これがアドバイスの
奇妙な点です
10:12
When we offer提供 people pills丸薬,
we gatherギャザー evidence証拠 first.
薬を提供する際には
まず証拠を集めます
10:14
We do testsテスト,
実験を行い
10:18
we do follow-upファローアップ studies研究.
追跡調査を行います
10:19
We want to know, and rightly正しく so,
what this pillピル is doing
当然のこととして
私たちは薬の効能と
10:21
and how it affects影響を与える people's人々の lives人生.
人々への影響を知りたいのです
10:25
And advice助言?
アドバイスはどうでしょう?
10:28
It is not enough十分な for advice助言,
専門家のアドバイスとしては
10:30
or for professionals専門家 to give advice助言
that is theoretically理論的に sound,
理論的に正しく
善意から出るだけでは
10:32
or well-meant意味のある.
不十分なのです
10:37
It should be advice助言
that there is evidence証拠 for --
アドバイスには裏付けが必要です
10:39
evidence証拠 that it actually実際に
improves改善する patients'患者さんは、 lives人生.
実際に患者の生活を
改善するという裏付けが
10:42
So the philosopher哲学者 in me
would now like to offer提供 you a paradox逆説:
私は哲学者として
皆さんにパラドクスを差し上げましょう
10:48
I adviseアドバイス you to stop following以下 advice助言.
私は皆さんにアドバイスに
従うのをやめるようアドバイスします
10:54
But, yes.
その通りでしょう
10:59
(Applause拍手)
(拍手)
11:02
I will not end終わり here with what went行った wrong違う;
起きてしまった間違いで
締めくくるのはやめましょう
11:06
I would not be doing justice正義
to the warmth暖かさ we found見つけた in those families家族.
こうした家族にある温かさに
失礼になりますから
11:09
Remember忘れない the books
and the trip旅行 to the farmer農家?
本の話と農場へ行った話を
覚えていますか?
11:14
When parents do things that work for them,
親が自分たちにとって
上手くいく方法をとると
11:17
they do brilliantブリリアント things.
素晴らしいことが起こります
11:21
What I want you to remember思い出す
as membersメンバー of families家族,
皆さんに家族の一員として
覚えていてほしいことがあります
11:24
in no matter問題 what form or shape形状,
どんな形の家族であっても
11:28
is that what families家族 need
are warm暖かい relationships関係.
家族に必要なのは
温かい関係性だということです
11:30
And we do not need to be
professionals専門家 to create作成する those.
そのために
専門家である必要はありません
11:37
Most最も of us do just fine,
私たちのほとんどが
上手くやれます
11:41
althoughただし、 it mayかもしれない be hardハード work,
苦労もするでしょうし
11:44
and from time to time,
we can do with some advice助言.
時にはアドバイスが
必要なこともあるでしょう
11:47
In that case場合,
そんなときには
11:51
bearくま in mindマインド three things.
3つのことを思い出してください
11:52
Work with advice助言
that works作品 for your family家族.
自分の家族の役に立つアドバイスを
聞くようにしましょう
11:55
Remember忘れない -- you're the expert専門家,
because you liveライブ your family家族 life.
あなたこそが専門家です
その家族と生活しているのはあなたなのです
12:00
And finally最後に,
それから最後に
12:06
believe in your abilities能力
and your creativity創造性,
自分の能力と創造性を信じてください
12:08
because you can do it yourselfあなた自身.
なぜなら自分で手作りすることが
できるのですから
12:13
Thank you.
ありがとうございました
12:17
(Applause拍手)
(拍手)
12:18
Translated by Moe Shoji
Reviewed by Shoko Takaki

▲Back to top

About the speaker:

Veerle Provoost - Bioethicist
Veerle Provoost studies genetic and social parenthood in the context of donor conception.

Why you should listen

Veerle Provoost is a professor at the Bioethics Institute Ghent of Ghent University and a member of the Network on Ethics of Families. For her current research she coordinates a team of researchers who work on a study about genetic and social parenthood in the context of donor conception.

Using empirical research methods and Socratic conversation techniques, Provoost studies how professionals and ordinary people reason about health and how they make decisions in health-related contexts. In her courses on empirical research methods for ethics and bioethics, she teaches students how to look beyond mere experiences or general attitudes and to explore the principles and values that guide people's reasoning and decision-making. Her research shows that patients may bring their own sets of principles when making medical decisions, principles that may be very different from what medical staff anticipated and may feature around moral elements that may completely escape the attention of ethicists. For one, the moral reasoning of everyday people is centered more around relationships than around the principles that are at the core of scholarly bioethics.

In her talk TEDxGhent talk, she explains how we can gain valuable insights from families of children conceived with donor sperm and their views about what a family really is. These alternative families teach us what matters most in the decisions we all make for our children, whether or not they are genetically related to us. The parents and children she studied created their own family stories (about how their families were made) in highly diverse but very creative ways. However, some parents thought that they should strictly follow the advice of experts in their communication with their children. Because of that, they discounted their own competence. Based on her research experience, Provoost warns us for the negative effects of problematizing these families. Because no matter what a family looks like, or how it is made, parents should believe in their abilities and their creativity. As they know their families best, they are the real experts in how to find the best way to tell their own family story to their own child.

More profile about the speaker
Veerle Provoost | Speaker | TED.com