English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxCambridge

Michael Norton: How to buy happiness

マイケル・ノートン: 幸せを買う方法

Filmed
Views 3,581,958

TEDxケンブリッジにおいて、幸せはお金で買うことができるという興味深い研究についてマイケル・ノートンが話します。その方法とは自分以外のためにお金を使うことなのです。様々な向社会的なお金の使い方があなたや、あなたの仕事、そして(もちろん)他の人に恩恵をもたらすという驚きのデータをお聞き下さい。

- Social science researcher
Through clever studies, Michael Norton studies how we feel about what we buy and spend. Full bio

Soだから I want to talkトーク today今日 about moneyお金 and happiness幸福,
今日はお金と幸福について話したいと思います
00:15
whichどの are two thingsもの
多くの人が
00:18
thatそれ a lot of us spend費やす a lot of our我々の time時間 thinking考え about,
かなりの時間をかけて お金の増やし方や
00:20
eitherどちらか trying試す to earn獲得する themそれら orまたは trying試す to increase増加する themそれら.
幸福感を高める方法を考えています
00:22
And a lot of us resonate共鳴する with〜と thisこの phraseフレーズ.
宗教や自己啓発本で目にする
00:25
Soだから we我々 see見る itそれ in religions宗教 and self-help自助 books,
“お金で幸せは買えない”という言葉は
00:27
thatそれ moneyお金 can'tできない buy購入 happiness幸福.
多くの人の心に響くものですが
00:29
And I want to suggest提案する today今日 thatそれ, in fact事実, that'sそれは wrong違う.
今日は それが間違いだと
お話したいと思います
00:31
(Laughter笑い)
(笑)
00:34
I'm私は at a businessビジネス school学校, soそう that'sそれは what we我々 do.
私はビジネススクールでこんな事をやっているのです
00:36
Soだから that'sそれは wrong違う, and, in fact事実, ifif you君は think思う thatそれ,
もし皆さんが お金で幸せは買えないと思っているなら
00:38
you'reあなたは actually実際に justちょうど notない spending支出 itそれ right.
それは適切なお金の使い方ができていないからです
00:41
Soだから thatそれ instead代わりに of spending支出 itそれ the way you君は usually通常 spend費やす itそれ,
そこで いつもとは違う
00:43
maybe多分 ifif you君は spent過ごした itそれ differently異なって,
使い方をすることで
00:45
thatそれ mightかもしれない work a little少し bitビット betterより良い.
お金で幸せは買えるようになるかもしれません
00:47
And before I telltell you君は the ways方法 thatそれ you君は can spend費やす itそれ thatそれ will make作る you君は happierもっと幸せな,
幸せになるためのお金の使い方を話す前に
00:49
let'sさあ think思う about the ways方法 we我々 usually通常 spend費やす itそれ
まずはよくありがちな
00:52
thatそれ don'tしない, in fact事実, make作る us happierもっと幸せな.
幸せにならないお金の使い方について
考えてみましょう
00:54
We私たち had a little少し naturalナチュラル experiment実験.
少し前にCNNが 人は宝くじに当選すると
00:56
Soだから CNNCNN, a little少し whilewhile ago, wrote書きました thisこの interesting面白い article記事
どうなるのかという
00:58
on what happens起こる to people whenいつ they彼ら win勝つ the lottery宝くじ.
興味深い記事を載せていました
01:01
Itそれ turnsターン outでる people think思う whenいつ they彼ら win勝つ the lottery宝くじ their彼らの lives人生 are going to be amazing素晴らしい.
宝くじに当選すると素晴らしい人生を送れると
思われています
01:04
Thisこれ article's記事の about howどうやって their彼らの lives人生 get ruined台無し.
この記事は人生がどう狂ってしまうか
という内容です
01:07
Soだから what happens起こる whenいつ people win勝つ the lottery宝くじ
実際どうなったかというと
01:09
is, number one1, they彼ら spend費やす allすべて the moneyお金 and go into debt債務,
当選者は全財産を使い果たして
借金を作ってしまい
01:11
and number two, allすべて of their彼らの friends友達 and everyoneみんな they've彼らは everこれまで met会った
友人や会う人会う人が
01:14
find見つける themそれら and bugバグ themそれら for moneyお金.
お金をねだってくるようになりました
01:17
And itそれ ruins遺跡 their彼らの socialソーシャル relationships関係, in fact事実.
それにより彼らの人間関係は
めちゃめちゃになり
01:19
Soだから they彼ら have moreもっと debt債務 and worse悪化する friendships友情
結果 宝くじに当たる前よりも
01:21
thanより they彼ら had before they彼ら won勝った the lottery宝くじ.
借金の額は増え 友情は悪化してしまったのです
01:23
What was interesting面白い about the article記事
この記事で面白かったのは
01:25
was people started開始した commentingコメントする on the article記事, readers読者 of the thingもの.
読者が寄せたコメントです
01:27
And instead代わりに of talking話す about
彼らが すぐさま話し始めたのは
01:30
howどうやって itそれ had made themそれら realize実現する thatそれ moneyお金 doesn'tしない lead to happiness幸福,
お金は幸せにつながらないということに
01:32
everyoneみんな instantly即座に started開始した saying言って,
気づかされたということではなく
01:34
"Youあなたが know知っている what I would do ifif I won勝った the lottery宝くじ ... ?"
"もし自分が宝くじに当たったらどうするか"という
01:36
and fantasizing幻想的な about what they'd彼らは do.
空想話でした
01:38
And here'sここにいる justちょうど two of the onesもの we我々 saw thatそれ are justちょうど really本当に interesting面白い to think思う about.
この中でかなり興味深い点が2つありました
01:40
One1 つ person wrote書きました in, "Whenいつ I win勝つ, I'm私は going to buy購入 myじぶんの own自分の little少し mountain
まず「当選したら ちょっとした山を購入して
01:43
and have a little少し house on top."
その頂上に小さな家を建てるよ」というコメント
01:46
(Laughter笑い)
(笑)
01:48
And another別の person wrote書きました, "I would fill埋める a big大きい bathtubバスタブ with〜と moneyお金
また「自分ならバスタブをお札で埋めて
01:50
and get in the tub浴槽 whilewhile smoking喫煙 a big大きい fat脂肪 cigar葉巻
そのバスタブに浸かって 超太い葉巻を吸いながら
01:53
and sipping傷つける a glassガラス of champagneシャンパン."
シャンペンをすするな」というコメント
01:55
Thisこれ is even worse悪化する now: "Thenそうしたら I'd have a picture画像 taken撮影
更に悪いことに「それから その写真を撮って
01:57
and dozens数十 of glossies光沢 made.
光沢仕上げを施すんだ
01:59
Anyone誰でも begging乞う for moneyお金 orまたは trying試す to extort強奪 fromから me
それで 金を目的に近づいてくる相手には
02:01
would receive受け取る a copyコピー of the picture画像 and nothing何も elseelse."
その写真だけを渡してやるんだ」とも書いていました
02:03
(Laughter笑い)
(笑)
02:06
And soそう manyたくさんの of the commentsコメント were exactly正確に of thisこの typeタイプ,
相当数のコメントがまさにこういった内容でした
02:09
whereどこで people got moneyお金
実際に 当選者はお金を手にすることで
02:11
and, in fact事実, itそれ made themそれら antisocial反社会的.
非社交的になっていきました
02:13
Soだから I told言った you君は thatそれ itそれ ruins遺跡 people's人々の lives人生 and thatそれ their彼らの friends友達 bugバグ themそれら.
お金は人生を滅ぼし 友人関係を壊すだけではなく
02:15
Itそれ alsoまた、, moneyお金 oftenしばしば makes作る us feel感じる very非常に selfish利己的
人を非常に利己的な性格に変えてしまい
02:18
and we我々 do thingsもの onlyのみ for ourselves自分自身.
私たちは自分のためにしか行動しなくなります
02:20
Well maybe多分 the reason理由 thatそれ moneyお金 doesn'tしない make作る us happyハッピー
お金で私たちが幸せを得られないのは
02:22
is thatそれ we're私たちは always常に spending支出 itそれ on the wrong違う thingsもの,
いつも自分のために というお金の使い方が
02:24
and in particular特に, thatそれ we're私たちは always常に spending支出 itそれ on ourselves自分自身.
間違っているからかもしれません
02:26
And we我々 thought, I wonderワンダー what would happen起こる
そこで 人々がもう少し他の人のために
02:29
ifif we我々 made people spend費やす moreもっと of their彼らの moneyお金 on otherその他 people.
お金を使うようになったら
どうなるのかと考えてみました
02:31
Soだから instead代わりに of beingであること antisocial反社会的 with〜と yourきみの moneyお金,
つまり 人付き合いを避けるのではなく
02:33
what ifif you君は were a little少し moreもっと prosocialプロソニック with〜と yourきみの moneyお金?
人付き合いを積極的に行なったらどうなるか
02:36
And we我々 thought, let'sさあ make作る people do itそれ and see見る what happens起こる.
実際にそれを確認する実験を行いました
02:38
Soだから let'sさあ have some一部 people do what they彼ら usually通常 do
何人かの人にいつも通り自分のために
お金を使ってもらい
02:40
and spend費やす moneyお金 on themselves自分自身,
他の何人かの人には
02:42
and let'sさあ make作る some一部 people give moneyお金 away離れて,
自分以外のためにお金を
使ってもらいました
02:44
and measure測定 their彼らの happiness幸福 and see見る ifif, in fact事実, they彼ら get happierもっと幸せな.
そして 実際に幸せになるかどうかを
測定してみました
02:46
Soだから the first最初 way thatそれ we我々 did thisこの.
まず最初のステップです
02:49
On one1 Vancouverバンクーバー morning, we我々 went行った outでる on the campusキャンパス
ある朝 バンクーバーの
02:51
at University大学 of Britishイギリス人 Columbiaコロンビア
ブリティッシュ・コロンビア大学で
02:53
and we我々 approachedアプローチした people and said前記, "Do you君は want to be in an experiment実験?"
「実験に参加してみませんか?」
と学生に声をかけました
02:55
They彼らが said前記, "Yesうん."
了承してくれた人には
02:57
We私たち asked尋ねた themそれら howどうやって happyハッピー they彼ら were, and then次に we我々 gave与えた themそれら an envelopeエンベロープ.
その時の幸福度を尋ねてから
封筒を渡しました
02:59
And one1 of the envelopes封筒 had thingsもの in itそれ thatそれ said前記,
半数の封筒の中には使用例と一緒に
03:02
"By 5:00 pm午後 today今日, spend費やす thisこの moneyお金 on yourselfあなた自身."
「このお金を夕方5時までに自分のために使って下さい」
03:04
Soだから we我々 gave与えた some一部 examples of what you君は could spend費やす itそれ on.
と書いてあるメモとお金を入れました
03:07
Otherその他 people, in the morning, got a slipスリップ of paper thatそれ said前記,
もう半数の封筒には
03:10
"By 5:00 pm午後 today今日, spend費やす thisこの moneyお金 on somebody誰か elseelse."
「このお金を夕方5時までに他の人のために使って下さい」
03:12
Alsoまた、 inside内部 the envelopeエンベロープ was moneyお金.
と書いてあるメモとお金を入れました
03:15
And we我々 manipulated操作された howどうやって muchたくさん moneyお金 we我々 gave与えた themそれら.
渡した金額は事前に分けていたので
03:17
Soだから some一部 people got thisこの slipスリップ of paper and five dollarsドル.
5ドルを受け取った人もいれば
03:19
Someいくつか people got thisこの slipスリップ of paper and 20 dollarsドル.
20ドルを受け取った人もいます
03:22
We私たち let themそれら go about their彼らの day. They彼らが did whateverなんでも they彼ら wanted to do.
その後は自由に過ごしてもらいましたが
03:25
We私たち found見つけた outでる thatそれ they彼ら did in fact事実 spend費やす itそれ in the way thatそれ we我々 asked尋ねた themそれら to.
彼らは指示通りにお金を使ってくれていました
03:28
We私たち calledと呼ばれる themそれら upアップ at night and asked尋ねた themそれら,
その日の夜 参加者に尋ねました
03:31
"What'd you君は spend費やす itそれ on, and howどうやって happyハッピー do you君は feel感じる now?"
「何に使い 今の幸福感はどうか」
03:33
What did they彼ら spend費やす itそれ on?
彼らが何に使ったかというと
03:35
Well theseこれら are collegeカレッジ undergrads学部, soそう a lot of what they彼ら spent過ごした itそれ on for themselves自分自身
まぁ 大学生なので 自分のために使った人の多くは
03:37
were thingsもの like earringsイヤリング and makeup化粧.
化粧品などに使っていましたね
03:39
One1 つ woman女性 said前記 she彼女 bought買った a stuffedつめた animal動物 for her彼女 niece.
他には 姪にぬいぐるみを買ったという女性や
03:41
People gave与えた moneyお金 to homelessホームレス people.
路上生活者にお金を渡した人もいました
03:44
Huge巨大 effect効果 hereここに of Starbucksスターバックス.
影響力が凄かったのはスターバックスですね
03:46
(Laughter笑い)
(笑)
03:49
Soだから ifif you君は give undergraduates学部 five dollarsドル, itそれ looks外見 like coffeeコーヒー to themそれら
大学生に5ドル渡すと まずコーヒーのようです
03:51
and they彼ら run走る over to Starbucksスターバックス and spend費やす itそれ as fast速い as they彼ら can.
スターバックスへまっしぐら
03:54
Butだがしかし some一部 people bought買った a coffeeコーヒー for themselves自分自身, the way they彼ら usually通常 would,
だけど自分のためにコーヒーを買った人もいれば
03:57
butだけど otherその他 people said前記 thatそれ they彼ら bought買った a coffeeコーヒー for somebody誰か elseelse.
他の人のために買った人もいました
04:00
Soだから the very非常に same同じ purchase購入,
つまり 同じ買い物でも
04:02
justちょうど targeted目標 toward〜に向かって yourselfあなた自身
一方では自分のため
04:04
orまたは targeted目標 toward〜に向かって somebody誰か elseelse.
もう一方では他の人のためでした
04:06
What did we我々 find見つける whenいつ we我々 calledと呼ばれる themそれら backバック at the end終わり of the day?
その夜 明らかになったのですが
04:08
People who spent過ごした moneyお金 on otherその他 people got happierもっと幸せな.
他の人のために使った人は幸福感が増し
04:10
People who spent過ごした moneyお金 on themselves自分自身, nothing何も happened起こった.
自分のために使った人は変化なし
ということでした
04:12
Itそれ didn'tしなかった make作る themそれら lessもっと少なく happyハッピー, itそれ justちょうど didn'tしなかった do muchたくさん for themそれら.
別に彼らの幸福感が下がったわけではありません
04:14
And the otherその他 thingもの we我々 saw is the amount of moneyお金 doesn'tしない matter問題 thatそれ muchたくさん.
また 使った金額による影響もありませんでした
04:17
Soだから people thought thatそれ 20 dollarsドル would be way betterより良い thanより five dollarsドル.
5ドルと20ドルではかなり違うように思えますが
04:20
In fact事実, itそれ doesn'tしない matter問題 howどうやって muchたくさん moneyお金 you君は spent過ごした.
実際 いくら使ったかは関係ありませんでした
04:23
What really本当に matters問題 is thatそれ you君は spent過ごした itそれ on somebody誰か elseelse
本当に肝心なのは自分のためにではなく
04:26
ratherむしろ thanより on yourselfあなた自身.
だれかのために使ったという事実なのです
04:28
We私たち see見る thisこの again再び and again再び
このような実験を何度やっても
04:30
whenいつ we我々 give people moneyお金 to spend費やす on otherその他 people instead代わりに of on themselves自分自身.
同じような結果が出ました
04:32
Of courseコース, theseこれら are undergraduates学部 in Canadaカナダ --
もちろん これはカナダの大学生の場合なので
04:35
notない the world's世界の most最も representative代表 population人口.
世界の代表というわけではありません
04:37
They're彼らは alsoまた、 fairlyかなり wealthy裕福な and affluent豊かな and allすべて theseこれら otherその他 sortsソート of thingsもの.
彼らはかなり裕福で恵まれた環境にいます
04:39
We私たち wanted to see見る ifif thisこの holds保持 true真実 everywhereどこにでも in the world世界
これは裕福な国の人にしか該当しないのか
04:42
orまたは justちょうど among wealthy裕福な countries.
それとも世界中で当てはまるのか
04:45
Soだから we我々 went行った, in fact事実, to Ugandaウガンダ and ran走った a very非常に similar類似 experiment実験.
ウガンダで同じような実験を行ってみました
04:47
Soだから imagine想像する, instead代わりに of justちょうど people in Canadaカナダ,
カナダ人以外にもこの実験を行ったのです
04:49
we我々 said前記, "Name the last最終 time時間 you君は spent過ごした moneyお金 on yourselfあなた自身 orまたは otherその他 people.
お金を使った時のことを話してもらい
04:51
Describe説明する itそれ. Howどう happyハッピー did itそれ make作る you君は?"
その時の幸福感を尋ねました
04:54
Orまたは in Ugandaウガンダ, "Name the last最終 time時間 you君は spent過ごした moneyお金
ウガンダでも 最近 自分か他の人のために
04:56
on yourselfあなた自身 orまたは otherその他 people and describe説明する thatそれ."
お金を使った時のことを話してもらい
04:58
And then次に we我々 asked尋ねた themそれら howどうやって happyハッピー they彼ら are again再び.
その時 どれだけ幸せを感じたかを尋ねました
05:01
And what we我々 see見る is sortソート of amazing素晴らしい
すると驚くようなことが分かったのです
05:03
becauseなぜなら there'sそこに human人間 universalsユニバーサル on what you君は do with〜と yourきみの moneyお金
というのも お金の使い方には
普遍性があると同時に
05:05
and then次に realリアル cultural文化的 differences相違 on what you君は do as well.
文化的な違いもあったのです
05:07
Soだから for example,
例えば
05:10
one1 guy fromから Ugandaウガンダ says言う thisこの.
ウガンダのある男性は
05:12
He said前記, "I calledと呼ばれる a girl女の子 I wished望む to love."
「気になっている女性に電話した」と言っていました
05:14
They彼らが basically基本的に went行った outでる on a date日付,
デートに行ったそうですが
05:16
and he says言う at the end終わり thatそれ he didn'tしなかった "achieve達成する" her彼女 upアップ tillまで now.
まだ彼女を"落として"いないとのことでした
05:18
Here'sここにいる a guy fromから Canadaカナダ.
そしてカナダの男性です
05:21
Veryすごく similar類似 thingもの.
とても似たようなケースです
05:24
"I took取った myじぶんの girlfriendガールフレンド outでる for dinnerディナー.
「女友達を夕食に誘いました
05:26
We私たち went行った to a movie映画, we我々 left early早い,
そして映画を観に行って 早めに退館してから
05:28
and then次に went行った backバック to her彼女 roomルーム for ... " onlyのみ cakeケーキ -- justちょうど a pieceピース of cakeケーキ.
彼女の部屋に行ったけど... ケーキを食べて終わりました」
05:30
Human人間 universalユニバーサル -- soそう you君は spend費やす moneyお金 on otherその他 people,
世界共通です だれかのためにお金を使い
05:34
you'reあなたは beingであること niceいい to themそれら.
その人に優しく接するということは
05:36
Maybe多分 you君は have something何か in mindマインド, maybe多分 notない.
何かを企んでいるのかもしれないですね
05:38
Butだがしかし then次に we我々 see見る extraordinary特別な differences相違.
だけど大きく違う点もありました
05:40
Soだから look見える at theseこれら two.
2人の女性について見てみましょう
05:42
Thisこれ is a woman女性 fromから Canadaカナダ.
カナダの女性のケースですが
05:44
We私たち sayいう, "Name a time時間 you君は spent過ごした moneyお金 on somebody誰か elseelse."
だれかのためにお金を使った時のことを尋ねると
05:46
She彼女が says言う, "I bought買った a presentプレゼント for myじぶんの momママ.
その女性は「母親にプレゼントを買い
05:48
I drove運転した to the mallモール in myじぶんの car, bought買った a presentプレゼント, gave与えた itそれ to myじぶんの momママ."
渡しました」と答えました
05:50
Perfectly完璧に niceいい thingもの to do.
とても素晴らしい行為です
05:52
It'sそれは、します。 good良い to get giftsギフト for people thatそれ you君は know知っている.
知っている人にギフトを渡すというのは
良いですよね
05:54
Compare比較 thatそれ to thisこの woman女性 fromから Ugandaウガンダ.
これをウガンダの女性と比べてみます
05:56
"I was walking歩く and met会った a long-time長い時間 friend友人
その女性の答えです
「昔の友人に会うと
05:58
whoseその son息子 was sick病気 with〜と malariaマラリア.
その息子がマラリアに苦しんていました
06:00
They彼らが had noいいえ moneyお金, they彼ら went行った to a clinic診療所 and I gave与えた her彼女 thisこの moneyお金."
お金がないその女性に病院代として渡しました」
06:02
Thisこれ isn'tない $10,000, it'sそれは the local地元 currency通貨.
10,000ドルもの大金ではなく
現地通貨だったので
06:05
Soだから it'sそれは a very非常に small小さい amount of moneyお金, in fact事実.
金額自体は実際 微々たるものです
06:08
Butだがしかし enormously巨大 different異なる motivations動機 hereここに.
でも込められた想いは
大きく違います
06:10
Thisこれ is a realリアル medical医療 need必要,
本当に必要な治療のため
06:12
literally文字通り a life-saving救命 donation寄付.
文字通り命を救うための寄付です
06:14
Above上記, it'sそれは justちょうど kind種類 of, I bought買った a gift贈り物 for myじぶんの mother.
最初の女性は 母親にギフトを買っただけでした
06:16
What we我々 see見る again再び thoughしかし
ですが ここで改めて確認できるのは
06:18
is thatそれ the specific特定 way thatそれ you君は spend費やす on otherその他 people
幸福感を得るためには
06:20
isn'tない nearlyほぼ as important重要
お金の使い道よりも
06:22
as the fact事実 thatそれ you君は spend費やす on otherその他 people
だれかのために使ったという事実の方が
06:24
in order注文 to make作る yourselfあなた自身 happyハッピー,
重要だということです
06:26
whichどの is really本当に quiteかなり important重要.
これは本当に大事な点です
06:28
Soだから you君は don'tしない have to do amazing素晴らしい thingsもの with〜と yourきみの moneyお金 to make作る yourselfあなた自身 happyハッピー.
つまり 幸せを感じるためには
驚くべき使い方は必要ないのです
06:30
Youあなたが can do small小さい, trivial自明 thingsもの and yetまだ stillまだ get theseこれら benefits利点 fromから doing thisこの.
ちょっとした些細なことでも
幸せを感じることができるのです
06:33
Theseこれら are onlyのみ two countries.
これは僅か2か国のケースです
06:36
We私たち alsoまた、 wanted to go even broaderより広い and look見える at everyすべて country in the world世界 ifif we我々 could
私たちはお金と幸福の関係を更に追求するため
06:38
to see見る what the relationship関係 is betweenの間に moneyお金 and happiness幸福.
あらゆる国々で調べたいと考えました
06:41
We私たち got dataデータ fromから the Gallupギャラップ Organization組織,
そこで 最近の選挙調査で有名な
06:44
whichどの you君は know知っている fromから allすべて the political政治的 polls世論調査 thatそれ have been happeningハプニング lately最近.
世論調査企業のギャラップ社からデータを得ました
06:46
They彼らが ask尋ねる people, "Did you君は donate寄付する moneyお金 to charity慈善団体 recently最近?"
そこには「最近 慈善活動に寄付をしましたか」と
06:49
and they彼ら ask尋ねる themそれら, "Howどう happyハッピー are you君は with〜と yourきみの life in general一般?"
「人生の幸福度はどれくらいですか」
という質問がありました
06:51
And we我々 can see見る what the relationship関係 is betweenの間に thoseそれら two thingsもの.
そこからお金と幸福の関係を見ることができます
06:54
Are they彼ら positively積極的に correlated相関? Giving贈る moneyお金 makes作る you君は happyハッピー.
寄付をすることと幸福感の関係には
06:56
Orまたは are they彼ら negatively否定的に correlated相関?
正または負の相関性はあったのでしょうか?
06:59
On thisこの map地図, green will mean平均 they're彼らは positively積極的に correlated相関
この地図上では
緑色が正の相関性を示し
07:01
and red means手段 they're彼らは negatively否定的に correlated相関.
赤色が負の相関性を示しています
07:03
And you君は can see見る, the world世界 is crazily狂った green.
ご覧のように圧倒的に緑色が占めています
07:06
Soだから in almostほぼ everyすべて country in the world世界
つまりデータがある中では
07:08
whereどこで we我々 have thisこの dataデータ,
世界中のほぼ全ての国で
07:10
people who give moneyお金 to charity慈善団体 are happierもっと幸せな people
慈善活動に寄付している人たちの方が
07:12
thatそれ people who don'tしない give moneyお金 to charity慈善団体.
寄付しない人たちに比べて幸福度が高かったのです
07:14
I know知っている you'reあなたは allすべて looking at thatそれ red country in the middle中間.
みなさん 真ん中辺りの赤色の国が気になりますよね
07:16
I would be a jerkジャーク and notない telltell you君は what itそれ is,
そこに触れない嫌なやつにもなれますが
07:19
butだけど in fact事実, it'sそれは Central中央 Africanアフリカ Republic共和国.
実のところ そこは中央アフリカ共和国です
07:21
Youあなたが can make作る upアップ stories物語. Maybe多分 it'sそれは different異なる thereそこ for some一部 reason理由 orまたは another別の.
勝手な想像もできますが
きっとなにか要因があるのでしょう
07:23
Justちょうど below以下 thatそれ to the right is Rwandaルワンダ thoughしかし,
そのすぐ右下にあるのはルワンダですが
07:25
whichどの is amazingly驚くほど green.
そこはくっきりとした緑色です
07:27
Soだから almostほぼ everywhereどこにでも we我々 look見える
ということで 確認できるほぼ全ての国で
07:29
we我々 see見る thatそれ giving与える moneyお金 away離れて makes作る you君は happierもっと幸せな
だれかのためにお金を使うことで
07:31
thanより keeping維持 itそれ for yourselfあなた自身.
幸せを感じているのです
07:33
What about yourきみの work life, whichどの is whereどこで we我々 spend費やす allすべて the rest残り of our我々の time時間
次に 職場ではどうでしょう
親しい人以外と
07:35
whenいつ we're私たちは notない with〜と the people we我々 know知っている.
過ごす時間が多い所です
07:38
We私たち decided決定しました to infiltrate浸潤する some一部 companies企業 and do a very非常に similar類似 thingもの.
私たちは複数の企業で同じような実験をしてみました
07:40
Soだから theseこれら are sales販売 teamsチーム in Belgiumベルギー.
ベルギーの営業チームです
07:43
They彼らが work in teamsチーム; they彼ら go outでる and sell売る to doctors医師
彼らはチームで働いていて
医師を訪れ
07:45
and try to get themそれら to buy購入 drugs薬物.
医薬品を販売するのが仕事です
07:47
Soだから we我々 can look見える and see見る howどうやって well they彼ら sell売る thingsもの
そこで私たちは彼らがチームの一員として
07:49
as a function関数 of beingであること a memberメンバー of a teamチーム.
どれだけ販売しているのかを観察しました
07:52
Someいくつか teamsチーム, we我々 give people on the teamチーム some一部 moneyお金 for themselves自分自身
カナダの学生と同様 あるチームには
07:54
and sayいう, "Spend費やす itそれ howeverしかしながら you君は want on yourselfあなた自身,"
「自分のためにお金を使って下さい」と伝え
07:56
justちょうど like we我々 did with〜と the undergrads学部 in Canadaカナダ.
お金を渡しました
07:58
Butだがしかし otherその他 teamsチーム we我々 sayいう, "Here'sここにいる 15 euroユーロ.
他のチームには「15ユーロを渡します
08:00
Spend費やす itそれ on one1 of yourきみの teammatesチームメイト thisこの week週間.
今週 チームメートのどなたかへの
プレゼントなどに使って下さい」
08:02
Buy購入 themそれら something何か as a gift贈り物 orまたは a presentプレゼント and give itそれ to themそれら.
と伝え お金を渡しました
08:04
And then次に we我々 can see見る, well now we've私たちは got teamsチーム thatそれ spend費やす on themselves自分自身
そして 自分のためにお金を使ったチームと
08:07
and we've私たちは got theseこれら prosocialプロソニック teamsチーム
チームを良くするためにお金を使ったチームを
08:10
who we我々 give moneyお金 to make作る the teamチーム a little少し bitビット betterより良い.
比較しました
08:12
The reason理由 I have a ridiculousばかげた pinataピナタ thereそこ
ここに写っているピニャータ人形は
08:14
is one1 of the teamsチーム pooledプールされた their彼らの moneyお金 and bought買った a pinataピナタ,
チームがお金をまとめて買った物です
08:16
and they彼ら allすべて got aroundまわり and smashed壊された the pinataピナタ and allすべて the candyキャンディー fell落ちた outでる and thingsもの like thatそれ.
みんなで叩くと中からお菓子が出てくるといった物です
08:18
A very非常に silly愚かな, trivial自明 thingもの to do,
本当に他愛のないことですが
08:21
butだけど think思う of the difference on a teamチーム thatそれ didn'tしなかった do thatそれ at allすべて,
手に入れた15ユーロを自分のポケットに入れたり
08:23
thatそれ got 15 euroユーロ, put itそれ in their彼らの pocketポケット,
自分用のコーヒー代にでも使ったチームと
08:26
maybe多分 bought買った themselves自分自身 a coffeeコーヒー,
みんなで一緒になって何かを買って
08:28
orまたは teamsチーム thatそれ had thisこの prosocialプロソニック experience経験
グループで活動するといった向社会的な行動を
とったチームとの
08:30
whereどこで they彼ら allすべて bonded結合した together一緒に to buy購入 something何か and do a groupグループ activityアクティビティ.
違いを見てみると
08:32
What we我々 see見る is thatそれ, in fact事実, the teamsチーム thatそれ are prosocialプロソニック sell売る moreもっと stuffもの
向社会的なチームは
自分のためにお金を使ったチームよりも
08:35
thanより the teamsチーム thatそれ onlyのみ got moneyお金 for themselves自分自身.
より多くの売上がありました
08:38
And one1 way to think思う about itそれ
考えられる1つは
08:40
is for everyすべて 15 euroユーロ you君は give people for themselves自分自身,
自分のためにという
08:42
they彼ら put itそれ in their彼らの pocketポケット, they彼ら don'tしない do anything何でも different異なる thanより they彼ら did before.
通常のお金の使い道だと
何も変わらないということです
08:44
Youあなたが don'tしない get anyどれか moneyお金 fromから thatそれ.
そこから一切お金は増えません
08:47
Youあなたが actually実際に lose失う moneyお金 becauseなぜなら itそれ doesn'tしない motivate動機づける themそれら to perform実行する anyどれか betterより良い.
仕事のやる気につながらないので
使ったら終わりなのです
08:49
Butだがしかし whenいつ you君は give themそれら 15 euroユーロ to spend費やす on their彼らの teammatesチームメイト,
しかし15ユーロをチームメートのために使うと
08:52
they彼ら do soそう muchたくさん betterより良い on their彼らの teamsチーム
そのチームの業績は大幅に上がり
08:54
thatそれ you君は actually実際に get a huge巨大 win勝つ on investing投資 thisこの kind種類 of moneyお金.
金額以上に大きな利益を
上げることができるのです
08:56
And I realize実現する thatそれ you'reあなたは probably多分 thinking考え to yourselvesあなた自身,
多分皆さんはこうお考えでしょうね
08:59
thisこの is allすべて fine,
これはとても良いことだけど
09:01
butだけど there'sそこに a contextコンテキスト that'sそれは incredibly信じられないほど important重要 for publicパブリック policyポリシー
大変重要な社会政策に対しては
09:03
and I can'tできない imagine想像する itそれ would work thereそこ.
上手く機能しないだろうなと
09:05
And basically基本的に thatそれ ifif he doesn'tしない showショー me thatそれ itそれ works作品 hereここに,
そこで機能することを証明しない限り
09:07
I don'tしない believe信じる anything何でも he said前記.
私の話は何1つ信じないと
09:09
And I know知っている what you'reあなたは allすべて thinking考え about are dodgeballドッジボール teamsチーム.
皆さんが考えてるのは
ドッジボール・チームについてですね
09:11
(Laughter笑い)
(笑)
09:14
Thisこれ was a huge巨大 criticism批判 thatそれ we我々 got
これは私たちがよく受けていた批判なんです
09:16
to sayいう, ifif you君は can'tできない showショー itそれ with〜と dodgeballドッジボール teamsチーム, thisこの is allすべて stupid愚か.
ドッジボール・チームで証明できないなら
意味が無いだろうと
09:18
Soだから we我々 went行った outでる and found見つけた theseこれら dodgeballドッジボール teamsチーム
そこで 私たちはドッジボール・チームを探して
09:21
and infiltrated浸潤した themそれら.
彼らに近づきました
09:23
And we我々 did the exact正確 same同じ thingもの as before.
そして また同じ実験をしてみました
09:25
Soだから some一部 teamsチーム, we我々 give people on the teamチーム moneyお金, they彼ら spend費やす itそれ on themselves自分自身.
半数のチームには自分のために使うお金を渡し
09:27
Otherその他 teamsチーム, we我々 give themそれら moneyお金
もう半数のチームには
09:30
to spend費やす on their彼らの dodgeballドッジボール teammatesチームメイト.
チームメートのために使うお金を渡しました
09:32
The teamsチーム thatそれ spend費やす moneyお金 on themselves自分自身
自分のためにお金を使ったチームの
09:34
are justちょうど the same同じ winning勝つ percentagesパーセンテージ as they彼ら were before.
勝率は以前と変わりませんでした
09:36
The teamsチーム thatそれ we我々 give the moneyお金 to spend費やす on each otherその他,
お互いのためにお金を使ったチームは
09:38
they彼ら become〜になる different異なる teamsチーム
様変わりしました
09:40
and, in fact事実, they彼ら dominate支配的 the leagueリーグ by the time時間 they're彼らは done完了.
実際に リーグ優勝をしたチームもありました
09:42
Across allすべて of theseこれら different異なる contexts文脈 --
あらゆる環境
09:44
yourきみの personal個人的 life, you君は work life,
例えば 私生活や職場
09:46
even silly愚かな thingsもの like intramural学内の sportsスポーツ --
スポーツ・サークルなどでも
09:48
we我々 see見る spending支出 on otherその他 people has a biggerより大きい returnリターン for you君は
だれかのためにお金を使うと
09:50
thanより spending支出 on yourselfあなた自身.
より大きな見返りがあることが証明されました
09:52
And soそう I'll justちょうど sayいう, I think思う ifif you君は think思う moneyお金 can'tできない buy購入 happiness幸福
つまり “もしお金で幸せは買えない”と思っているなら
09:55
you'reあなたは notない spending支出 itそれ right.
それは使い方が間違っているのです
09:57
The implication含意 is notない you君は should buy購入 thisこの product製品 instead代わりに of thatそれ product製品
これは この商品の方があの商品を買うより
09:59
and that'sそれは the way to make作る yourselfあなた自身 happierもっと幸せな.
幸せになれるということではありません
10:02
It'sそれは、します。 in fact事実, thatそれ you君は should stopやめる thinking考え
自分のために何を買おうかと
10:04
about whichどの product製品 to buy購入 for yourselfあなた自身
考えるのは止めて
10:06
and try giving与える some一部 of itそれ to otherその他 people instead代わりに.
そのお金の一部でも
誰かのために使ってみてください
10:08
And we我々 luckily幸運にも have an opportunity機会 for you君は.
この機会に是非紹介したいものがあります
10:11
DonorsChooseドナーズチョイス.org組織 is a non-profit非営利
主に低収入の公立学校に勤める教師のための
10:14
for mainly主に publicパブリック school学校 teachers教師 in low-income低収入 schools学校.
DonorsChoose.org という非営利団体です
10:16
They彼らが post役職 projectsプロジェクト,
ここでは教師による様々な希望が出されています
10:19
soそう they彼ら sayいう, "I want to teach教える Huckleberryハックルベリー Finnフィン to myじぶんの classクラス and we我々 don'tしない have the books,"
例えば 「ハックルベリー・フィンの本や
10:21
orまたは "I want a microscope顕微鏡 to teach教える myじぶんの students学生の science科学
科学の授業で使うための顕微鏡を
10:23
and we我々 don'tしない have a microscope顕微鏡."
必要としています」 といったものです
10:25
Youあなたが and I can go on and buy購入 itそれ for themそれら.
そこで彼らのために私たちが代わりに購入すると
10:27
The teacher先生 writes書き込み you君は a thank感謝 you君は note注意. The kids子供たち write書きます you君は a thank感謝 you君は note注意.
その先生や生徒たちから礼状が届きます
10:29
Sometimes時々 they彼ら send送信する you君は picturesピクチャー of themそれら usingを使用して the microscope顕微鏡.
時には顕微鏡を使っている写真が届いたりもします
10:32
It'sそれは、します。 an extraordinary特別な thingもの.
これは凄く感慨深いものです
10:34
Go to the websiteウェブサイト and start開始 yourselfあなた自身 on the processプロセス
ここのウェブサイトを訪れ
改めて考えてみてください
10:36
of thinking考え, again再び, lessもっと少なく about "Howどう can I spend費やす moneyお金 on myself私自身?"
「自分のためにどう使おうか」ではなく
10:38
and moreもっと about "Ifもし I've私は got five dollarsドル orまたは 15 dollarsドル,
「5ドルとか15ドルのお金で
10:41
what can I do to benefit利益 otherその他 people?"
だれかのために何ができるか」と
10:44
Becauseというのは ultimately最終的に whenいつ you君は do thatそれ, you'llあなたは find見つける thatそれ you'llあなたは benefit利益 yourselfあなた自身 muchたくさん moreもっと.
最終的には使った以上に得られるものがあるはずです
10:46
Thankありがとうございます you君は.
ありがとうございます
10:49
(Applause拍手)
(拍手)
10:51
Translated by Wataru Yamazato
Reviewed by Yuri Nakanishi

▲Back to top

About the speaker:

Michael Norton - Social science researcher
Through clever studies, Michael Norton studies how we feel about what we buy and spend.

Why you should listen

Michael I. Norton is a professor of business administration in the marketing unit at the Harvard Business School. He holds a B.A. in Psychology and English from Williams and a Ph.D. in Psychology from Princeton. Prior to joining HBS, Professor Norton was a Fellow at the MIT Media Lab and MIT’s Sloan School of Management. His work has been published in a number of leading academic journals, including Science, the Journal of Personality and Social Psychology, Psychological Science, and the Annual Review of Psychology, and has been covered in media outlets such as the Economist, the Financial Times, the New York Times, the Wall Street Journal, and the Washington Post.

His research has twice been featured in the New York Times Magazine Year in Ideas issue, in 2007 (Ambiguity Promotes Liking) and 2009 (The Counterfeit Self). His “The IKEA Effect: When Labor Leads to Love” was featured in Harvard Business Review‘s Breakthrough Ideas for 2009.

More profile about the speaker
Michael Norton | Speaker | TED.com