English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2014

Jeremy Kasdin: The flower-shaped starshade that might help us detect Earth-like planets

ジェレミー・カスディン: 地球に似た惑星を発見できるかもしれない―花形スターシェード

Filmed
Views 1,283,462

天文学者によると、この銀河系内にある全ての恒星には必ず一つ惑星が存在し、その内5分の1の惑星に生命が存在するといいます。しかし、まだ我々はそれを直接見ることができません。ジェレミー・カスディンらのチームは、突拍子もないデザインと技術でこれに挑もうとしています。花びら型の「スターシェード」を使うことによって、5万km離れた所から、望遠鏡で惑星の写真を撮ることができるのです。彼曰く、これは「科学研究として実現できる最もすごいこと」なのです。

- Planet finder
Using innovative orbiting instruments, aerospace engineer Jeremy Kasdin hunts for the universe’s most elusive objects — potentially habitable worlds. Full bio

The universe宇宙 is teeming溢れる with〜と planets惑星.
この宇宙は惑星に満ちています
00:12
I want us, in the next decade10年,
今後10年で
地球に似た惑星を発見し―
00:16
to buildビルドする a spaceスペース telescope望遠鏡 that'llそれは be ableできる to image画像
今後10年で
地球に似た惑星を発見し―
00:17
an Earth地球 about another別の star
生命の有無を確認できる
宇宙望遠鏡を開発したいと思っています
00:20
and figure数字 outでる whetherかどうか itそれ can harbor life.
生命の有無を確認できる
宇宙望遠鏡を開発したいと思っています
00:22
My私の colleagues同僚 at the NASANASA
Jetジェット Propulsion推進 Laboratory研究室
NASAジェット推進研究所や
プリンストンのメンバーと共同で
00:25
at Princetonプリンストン and I are workingワーキング on technology技術
NASAジェット推進研究所や
プリンストンのメンバーと共同で
00:27
thatそれ will be ableできる to do justちょうど thatそれ in the coming到来 years.
こうした技術を開発中です
00:30
Astronomers天文学者 now believe信じる thatそれ everyすべて star
天文学者によると
恒星には必ず一つの惑星があり
00:33
in the galaxy銀河 has a planet惑星,
天文学者によると
恒星には必ず一つの惑星があり
00:35
and they彼ら speculate推測する thatそれ upアップ to one1 fifth五番目 of themそれら
その5分の1は生命がいる
地球に似た惑星だと推測されています
00:37
have an Earth-like地球のような planet惑星
その5分の1は生命がいる
地球に似た惑星だと推測されています
00:39
thatそれ mightかもしれない be ableできる to harbor life,
その5分の1は生命がいる
地球に似た惑星だと推測されています
00:41
butだけど we我々 haven't持っていない seen見た anyどれか of themそれら.
しかし まだ見れてはいません
間接的に検出しただけです
00:42
We've私たちは onlyのみ detected検出された themそれら indirectly間接的に.
しかし まだ見れてはいません
間接的に検出しただけです
00:44
Thisこれ is NASA'sNASAの famous有名な picture画像 of the pale淡い blue dotドット.
これはNASAの有名な
青白い点をとらえた写真です
00:47
Itそれ was taken撮影 by the Voyagerボイジャー spacecraft宇宙船 in 1990,
これはNASAの有名な
青白い点をとらえた写真です
00:50
whenいつ they彼ら turned回した itそれ aroundまわり as
itそれ was exiting終了する the solar太陽 systemシステム
1990年 宇宙探査機ボイジャーが―
00:53
to take a picture画像 of the Earth地球
60億km離れた太陽系の外から
地球を撮影しました
00:56
fromから six6 billion kilometersキロメートル away離れて.
60億km離れた太陽系の外から
地球を撮影しました
00:57
I want to take thatそれ
地球に似た別の惑星を
この写真のように撮影したいのです
01:00
of an Earth-like地球のような planet惑星 about another別の star.
地球に似た別の惑星を
この写真のように撮影したいのです
01:01
Whyなぜでしょうか haven't持っていない we我々 done完了 thatそれ? Whyなぜでしょうか is thatそれ hardハード?
なぜそれが難しいのでしょうか?
01:04
Well to see見る, let'sさあ imagine想像する we我々 take
なぜそれが難しいのでしょうか?
01:06
the Hubbleハッブル Spaceスペース Telescope望遠鏡
例えばハッブル宇宙望遠鏡を
火星の軌道に持っていくと
01:08
and we我々 turn順番 itそれ aroundまわり and we我々 move動く itそれ outでる
例えばハッブル宇宙望遠鏡を
火星の軌道に持っていくと
01:10
to the orbit軌道 of Mars火星.
例えばハッブル宇宙望遠鏡を
火星の軌道に持っていくと
01:11
We'll私たちは see見る something何か like thatそれ,
このように
地球は少しぼやけて見えます
01:13
a slightly少し blurryぼやけた picture画像 of the Earth地球,
このように
地球は少しぼやけて見えます
01:14
becauseなぜなら we're私たちは a fairlyかなり small小さい telescope望遠鏡
火星の軌道に比べると
望遠鏡が小さすぎるからです
01:16
outでる at the orbit軌道 of Mars火星.
火星の軌道に比べると
望遠鏡が小さすぎるからです
01:18
Now let'sさあ move動く ten times furtherさらに away離れて.
さらに10倍離れた距離にある
天王星の軌道に移動しましょう
01:20
Hereここは we我々 are at the orbit軌道 of Uranus天王星.
さらに10倍離れた距離にある
天王星の軌道に移動しましょう
01:22
It'sそれは、します。 gotten得た smaller小さい, it'sそれは got lessもっと少なく detail詳細, lessもっと少なく resolve解決する.
より小さくなり詳細がわかりません
月はまだ小さく見えます
01:24
We私たち can stillまだ see見る the little少し moon,
より小さくなり詳細がわかりません
月はまだ小さく見えます
01:26
butだけど let'sさあ go ten times furtherさらに away離れて again再び.
さらに10倍離れた太陽系の外縁にある
カイパーベルトに移動すると
01:28
Hereここは we我々 are at the edgeエッジ of the solar太陽 systemシステム,
さらに10倍離れた太陽系の外縁にある
カイパーベルトに移動すると
01:30
outでる at the Kuiperクイパー Beltベルト.
さらに10倍離れた太陽系の外縁にある
カイパーベルトに移動すると
01:32
Now it'sそれは notない resolved解決済み at allすべて.
今度はほとんど像になりません
カール・セーガン氏によるものです
01:33
It'sそれは、します。 thatそれ pale淡い blue dotドット of Carlカール Sagan'sSagan's.
今度はほとんど像になりません
カール・セーガン氏によるものです
01:35
Butだがしかし let'sさあ move動く yetまだ again再び ten times furtherさらに away離れて.
さらに10倍離れた距離にある
オールトの雲に移動しましょう
01:38
Hereここは we我々 are outでる at the Oortオーツ Cloud,
さらに10倍離れた距離にある
オールトの雲に移動しましょう
01:40
outside外側 the solar太陽 systemシステム,
太陽系の外です
01:41
and we're私たちは starting起動 to see見る the sun太陽
太陽が視界に入り
惑星の位置に重なります
01:43
move動く into the fieldフィールド of view見る
太陽が視界に入り
惑星の位置に重なります
01:45
and get into whereどこで the planet惑星 is.
太陽が視界に入り
惑星の位置に重なります
01:46
One1 つ moreもっと time時間, ten times furtherさらに away離れて.
さらに10倍離れた距離にある
ケンタウルス座アルファ星では
01:47
Now we're私たちは at Alphaアルファ Centauriセンタウリ,
さらに10倍離れた距離にある
ケンタウルス座アルファ星では
01:50
our我々の nearest最も近い neighbor隣人 star,
ここは太陽に最も近い恒星ですが
惑星は消えてしまいました
01:51
and the planet惑星 is gone行った.
ここは太陽に最も近い恒星ですが
惑星は消えてしまいました
01:52
Allすべての we're私たちは seeing見る is the big大きい beamingビーム image画像 of the star
見えているのは惑星よりも
100億倍明るい恒星の光だけです
01:54
that'sそれは ten billion times brighterより明るい thanより the planet惑星,
見えているのは惑星よりも
100億倍明るい恒星の光だけです
01:56
whichどの should be in thatそれ little少し red circleサークル.
赤い丸に惑星があるはずですが
これを発見するのだから難しい
01:59
That'sそれです what we我々 want to see見る. That'sそれです whyなぜ it'sそれは hardハード.
赤い丸に惑星があるはずですが
これを発見するのだから難しい
02:01
The light fromから the star is diffracting回折する.
恒星からの光は回折し
望遠鏡の内部で散乱します
02:03
It'sそれは、します。 scattering散乱 inside内部 the telescope望遠鏡,
恒星からの光は回折し
望遠鏡の内部で散乱します
02:06
creating作成 thatそれ very非常に bright明るい image画像
これで画像が明るくなりすぎ
惑星が見えなくなるのです
02:07
thatそれ washes洗濯 outでる the planet惑星.
これで画像が明るくなりすぎ
惑星が見えなくなるのです
02:09
Soだから to see見る the planet惑星,
惑星を見るためにはこの光を
取り除く必要があります
02:11
we我々 have to do something何か about allすべて of thatそれ light.
惑星を見るためにはこの光を
取り除く必要があります
02:12
We私たち have to get rid除去する of itそれ.
惑星を見るためにはこの光を
取り除く必要があります
02:14
I have a lot of colleagues同僚 workingワーキング on
そこで多くの仲間と共に
素晴らしい技術を開発しています
02:15
really本当に amazing素晴らしい technologiesテクノロジー to do thatそれ,
そこで多くの仲間と共に
素晴らしい技術を開発しています
02:17
butだけど I want to telltell you君は about one1 today今日
これから一つをご紹介しますが
02:19
thatそれ I think思う is the coolest最も冷たい,
これから一つをご紹介しますが
02:21
and probably多分 the most最も likelyおそらく to get us an Earth地球
おそらく10年以内に
地球に似た惑星を捉えられる技術です
02:22
in the next decade10年.
おそらく10年以内に
地球に似た惑星を捉えられる技術です
02:24
Itそれ was first最初 suggested示唆 by Lymanライマン Spitzerスピッツァー,
1962年 宇宙望遠鏡の父
ライマン・スピッツァーが考案しました
02:26
the fatherお父さん of the spaceスペース telescope望遠鏡, in 1962,
1962年 宇宙望遠鏡の父
ライマン・スピッツァーが考案しました
02:28
and he took取った his inspirationインスピレーション fromから an eclipse日食.
皆さんが見たことのある
日食のような現象「食」からヒントを得ています
02:31
You'veあなたがしました。 allすべて seen見た thatそれ. That'sそれです a solar太陽 eclipse日食.
皆さんが見たことのある
日食のような現象「食」からヒントを得ています
02:33
The moon has moved移動した in frontフロント of the sun太陽.
月が太陽の前に移動し
光を遮っているため
02:35
Itそれ blocksブロック outでる most最も of the light
月が太陽の前に移動し
光を遮っているため
02:37
soそう we我々 can see見る thatそれ dim暗い coronaコロナ aroundまわり itそれ.
周りにコロナがぼんやりと見えます
02:39
Itそれ would be the same同じ thingもの ifif I put myじぶんの thumb親指 upアップ
目に入るスポットライトの光を
親指で遮ると
02:42
and blockedブロックされた thatそれ spotlightスポットライト
that'sそれは getting取得 right in myじぶんの eye,
目に入るスポットライトの光を
親指で遮ると
02:43
I can see見る you君は in the backバック row.
後ろの席の人が見えるのと同じです
どうなっているのでしょうか?
02:46
Well, what's何ですか going on?
後ろの席の人が見えるのと同じです
どうなっているのでしょうか?
02:48
Well the moon
月は地球に影を投げかけています
02:49
is casting鋳造 a shadow downダウン on the Earth地球.
月は地球に影を投げかけています
02:51
We私たち put a telescope望遠鏡 orまたは a cameraカメラ in thatそれ shadow,
影に望遠鏡やカメラを置き
そこから太陽を見ると
02:53
we我々 look見える backバック at the sun太陽,
影に望遠鏡やカメラを置き
そこから太陽を見ると
02:57
and most最も of the light'sライト been removed除去された
光の大部分が取り除かれ
コロナ内の詳しい様子を見ることができます
02:58
and we我々 can see見る thatそれ dim暗い, fine structure構造
光の大部分が取り除かれ
コロナ内の詳しい様子を見ることができます
03:00
in the coronaコロナ.
光の大部分が取り除かれ
コロナ内の詳しい様子を見ることができます
03:02
Spitzer'sスピッツァー suggestion提案 was we我々 do thisこの in spaceスペース.
スピッツァーの考えは
これを宇宙でやるということです
03:03
We私たち buildビルドする a big大きい screen画面, we我々 fly飛ぶ itそれ in spaceスペース,
大きなスクリーンを作り
それを宇宙で操縦します
03:06
we我々 put itそれ upアップ in frontフロント of the star,
恒星の前に移動し
光の大部分を遮断します
03:09
we我々 blockブロック outでる most最も of the light,
恒星の前に移動し
光の大部分を遮断します
03:11
we我々 fly飛ぶ a spaceスペース telescope望遠鏡 in
thatそれ shadow that'sそれは created作成した,
できた影の中に望遠鏡を置くと
惑星を見ることができます
03:12
and boomブーム, we我々 get to see見る planets惑星.
できた影の中に望遠鏡を置くと
惑星を見ることができます
03:15
Well thatそれ would look見える something何か like thisこの.
このように見えるはずです
03:17
Soだから there'sそこに thatそれ big大きい screen画面,
こんなに大きなスクリーンでも
惑星は見つかりません
03:20
and there'sそこに noいいえ planets惑星,
こんなに大きなスクリーンでも
惑星は見つかりません
03:22
becauseなぜなら unfortunately残念ながら itそれ doesn'tしない
actually実際に work very非常に well,
残念なことに
これはうまく機能しておらず
03:22
becauseなぜなら the light waves of the light and waves
光波がスクリーンの周りで
回折しているからです
03:25
diffracts回折する aroundまわり thatそれ screen画面
光波がスクリーンの周りで
回折しているからです
03:28
the same同じ way itそれ did in the telescope望遠鏡.
望遠鏡の時と同様です
03:29
It'sそれは、します。 like water bending曲げ aroundまわり a rock in a streamストリーム,
これは川の水が岩をよけるように
流れるようなものです
03:31
and allすべて thatそれ light justちょうど destroys破壊する the shadow.
光が影を消してしまい
これでは惑星を見ることができません
03:34
It'sそれは、します。 a terribleひどい shadow. And we我々 can'tできない see見る planets惑星.
光が影を消してしまい
これでは惑星を見ることができません
03:36
Butだがしかし Spitzerスピッツァー actually実際に knew知っていた the answer回答.
しかしスピッツァーは
どうすれば良いか知っていました
03:39
Ifもし we我々 can featherフェザー the edgesエッジ, soften柔らかくする thoseそれら edgesエッジ
境界をぼかして回折を抑えれば
惑星を見ることができます
03:41
soそう we我々 can controlコントロール diffraction回折,
境界をぼかして回折を抑えれば
惑星を見ることができます
03:43
well then次に we我々 can see見る a planet惑星,
境界をぼかして回折を抑えれば
惑星を見ることができます
03:45
and in the last最終 10 years orまたは soそう we've私たちは come upアップ
ここ10年でその最適な方法を見つけました
03:47
with〜と optimal最適な solutionsソリューション for doing thatそれ.
ここ10年でその最適な方法を見つけました
03:48
Itそれ looks外見 something何か like thatそれ.
これです
花びらスターシェードと呼んでいます
03:50
We私たち callコール thatそれ our我々の flower petal花弁 starshadeスターシェイド.
これです
花びらスターシェードと呼んでいます
03:54
Ifもし we我々 make作る the edgesエッジ of thoseそれら petals花弁 exactly正確に right,
花びらの端を直立させ形状を変えると
回折を制御することができます
03:56
ifif we我々 controlコントロール their彼らの shape形状,
花びらの端を直立させ形状を変えると
回折を制御することができます
03:59
we我々 can controlコントロール diffraction回折,
花びらの端を直立させ形状を変えると
回折を制御することができます
04:01
and now we我々 have a greatすばらしいです shadow.
良い影が出来ました
これで約100億倍暗くなります
04:02
It'sそれは、します。 about 10 billion times dimmer調光器 thanより itそれ was before,
良い影が出来ました
これで約100億倍暗くなります
04:04
and we我々 can see見る the planets惑星 beamビーム outでる justちょうど like thatそれ.
そして惑星を見ることができました
04:06
Thatそれ, of courseコース, has to be biggerより大きい thanより myじぶんの thumb親指.
スターシェードの大きさは
04:10
Thatそれ starshadeスターシェイド is about
もちろん親指よりは大きく
フットボール競技場の約半分のサイズです
04:12
the sizeサイズ of halfハーフ a footballフットボール fieldフィールド
もちろん親指よりは大きく
フットボール競技場の約半分のサイズです
04:13
and itそれ has to fly飛ぶ 50,000 kilometersキロメートル
away離れて fromから the telescope望遠鏡
5万km離れた所から望遠鏡に影を作れば
惑星を見ることができるのです
04:15
thatそれ has to be held開催 right in itsその shadow,
5万km離れた所から望遠鏡に影を作れば
惑星を見ることができるのです
04:18
and then次に we我々 can see見る thoseそれら planets惑星.
5万km離れた所から望遠鏡に影を作れば
惑星を見ることができるのです
04:20
Thisこれ sounds formidable恐るべき,
手ごわそうに思えますが
04:22
butだけど brilliantブリリアント engineersエンジニア, colleagues同僚 of mine鉱山 at JPLJPL,
NASAジェット推進研究所の優秀な仲間は
素晴らしいデザインを発明しました
04:24
came来た upアップ with〜と a fabulous素晴らしい design設計 for howどうやって to do thatそれ
NASAジェット推進研究所の優秀な仲間は
素晴らしいデザインを発明しました
04:27
and itそれ looks外見 like thisこの.
このように巻き付いている状態から
望遠鏡から分離し
04:30
Itそれ starts開始する wrapped包まれた aroundまわり a hubハブ.
このように巻き付いている状態から
望遠鏡から分離し
04:31
Itそれ separates分離する fromから the telescope望遠鏡.
このように巻き付いている状態から
望遠鏡から分離し
04:32
The petals花弁 unfurl広げる, they彼ら open開いた upアップ,
花びらは広がり
望遠鏡は回転します
04:34
the telescope望遠鏡 turnsターン aroundまわり.
花びらは広がり
望遠鏡は回転します
04:37
Thenそうしたら you'llあなたは see見る itそれ flipフリップ and fly飛ぶ outでる
望遠鏡から5万kmの地点へ
飛び出していくのがわかります
04:38
thatそれ 50,000 kilometersキロメートル away離れて fromから the telescope望遠鏡.
望遠鏡から5万kmの地点へ
飛び出していくのがわかります
04:41
It'sそれは、します。 going to move動く in frontフロント of the star
このように恒星の前に移動し
素晴らしい影を作り出します
04:44
justちょうど like thatそれ, creates作成する a wonderful素晴らしい shadow.
このように恒星の前に移動し
素晴らしい影を作り出します
04:46
Boomブーム, we我々 get planets惑星 orbiting周回する about itそれ.
軌道を回る惑星を
見ることができました(拍手)
04:50
(Applause拍手)
軌道を回る惑星を
見ることができました(拍手)
04:53
Thankありがとうございます you君は.
ありがとう
04:55
That'sそれです notない science科学 fictionフィクション.
SFの話などではありません
この開発に5、6年間取り組んできました
04:57
We've私たちは been workingワーキング on thisこの
for the last最終 five orまたは six6 years.
SFの話などではありません
この開発に5、6年間取り組んできました
04:59
Last前の summer, we我々 did a really本当に coolクール testテスト
去年の夏 カリフォルニアで
すごい試験をしてきました
05:02
outでる in Californiaカリフォルニア at Northropノースロップ Grummanグルマン.
去年の夏 カリフォルニアで
すごい試験をしてきました
05:05
Soだから thoseそれら are four4つの petals花弁.
花びらが4つの
スターシェードのミニチュア版です
05:07
Thisこれ is a sub-scaleサブスケール star shadeシェード.
花びらが4つの
スターシェードのミニチュア版です
05:09
It'sそれは、します。 about halfハーフ the sizeサイズ of the one1 you君は justちょうど saw.
さっきの半分ぐらいの大きさです
05:10
You'llあなたは see見る the petals花弁 unfurl広げる.
花びらが広がっていきます
4名のインターンの学部生が作ったものです
05:13
Thoseそれら four4つの petals花弁 were built建てられた by four4つの undergraduates学部
花びらが広がっていきます
4名のインターンの学部生が作ったものです
05:14
doing a summer internshipインターンシップ at JPLJPL.
花びらが広がっていきます
4名のインターンの学部生が作ったものです
05:16
Now you'reあなたは seeing見る itそれ deploy展開する.
花びらは回転して
正しい位置につかなければなりません
05:19
Thoseそれら petals花弁 have to rotate回転する into place場所.
花びらは回転して
正しい位置につかなければなりません
05:20
The baseベース of thoseそれら petals花弁
花びらの基底部は0.1mmという単位で
毎回同じ場所に動く必要があるのです
05:22
has to go to the same同じ place場所 everyすべて time時間
花びらの基底部は0.1mmという単位で
毎回同じ場所に動く必要があるのです
05:23
to within以内 a tenth10番目 of a millimeterミリメートル.
花びらの基底部は0.1mmという単位で
毎回同じ場所に動く必要があるのです
05:26
We私たち ran走った thisこの testテスト 16 times,
16回の試験全てで 0.1mm単位の
正確な移動を行うことができました
05:27
and 16 times itそれ went行った into the exact正確 same同じ place場所
16回の試験全てで 0.1mm単位の
正確な移動を行うことができました
05:29
to a tenth10番目 of a millimeterミリメートル.
16回の試験全てで 0.1mm単位の
正確な移動を行うことができました
05:32
Thisこれ has to be done完了 very非常に precisely正確に,
正確に行わなければならないですが
この技術を確立し宇宙に応用できれば
05:33
butだけど ifif we我々 can do thisこの, ifif we我々 can buildビルドする thisこの technology技術,
正確に行わなければならないですが
この技術を確立し宇宙に応用できれば
05:35
ifif we我々 can get itそれ into spaceスペース,
このようなものを見ることができるかもしれません
05:38
you君は mightかもしれない see見る something何か like thisこの.
このようなものを見ることができるかもしれません
05:39
That'sそれです a picture画像 of one1 our我々の nearest最も近い neighbor隣人 stars
ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された
太陽に最も近い恒星の写真です
05:41
taken撮影 with〜と the Hubbleハッブル Spaceスペース Telescope望遠鏡.
ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された
太陽に最も近い恒星の写真です
05:43
Ifもし we我々 can take a similar類似 spaceスペース telescope望遠鏡,
少し大きい宇宙望遠鏡を使用し
05:46
slightly少し larger大きい,
少し大きい宇宙望遠鏡を使用し
05:48
put itそれ outでる thereそこ,
この前に遮光器を置くと
このように見えるかもしれません
05:49
fly飛ぶ an occulterオクルター in frontフロント of itそれ,
この前に遮光器を置くと
このように見えるかもしれません
05:51
what we我々 mightかもしれない see見る is something何か like thatそれ --
この前に遮光器を置くと
このように見えるかもしれません
05:52
that'sそれは a family家族 portraitポートレート of our我々の
solar太陽 systemシステム -- butだけど notない ours私たちのもの.
これは太陽系の家族写真ですが
見たいのは別の太陽系です
05:54
We're我々 はしています。 hoping望んでいる it'llそれはよ be someone誰か else's他の solar太陽 systemシステム
これは太陽系の家族写真ですが
見たいのは別の太陽系です
05:57
as seen見た throughを通して an occulterオクルター,
遮光器―スターシェイドを通して
見られたらと思っています
06:00
throughを通して a starshadeスターシェイド like thatそれ.
遮光器―スターシェイドを通して
見られたらと思っています
06:02
Youあなたが can see見る Jupiter木星, you君は can see見る Saturn土星,
木星や土星
天王星や海王星などが見えます
06:03
Uranus天王星, Neptuneネプチューン, and right thereそこ in the centerセンター,
木星や土星
天王星や海王星などが見えます
06:05
next to the residual残余 light
そして中央の光の隣にある
青白い点が地球です
06:07
is thatそれ pale淡い blue dotドット. That'sそれです Earth地球.
そして中央の光の隣にある
青白い点が地球です
06:09
We私たち want to see見る thatそれ, see見る ifif there'sそこに water,
これを見つけ そこに水や酸素や
オゾンがあるかどうかがわかれば
06:11
oxygen酸素, ozoneオゾン,
これを見つけ そこに水や酸素や
オゾンがあるかどうかがわかれば
06:13
the thingsもの thatそれ mightかもしれない telltell us thatそれ itそれ could harbor life.
生命の存在を確認できるかもしれません
06:14
I think思う thisこの is the coolest最も冷たい possible可能 science科学.
これは科学で可能な最もすごいことだと思います
だからこそ我々は取り組んでいるのです
06:17
That'sそれです whyなぜ I got into doing thisこの,
これは科学で可能な最もすごいことだと思います
だからこそ我々は取り組んでいるのです
06:19
becauseなぜなら I think思う thatそれ will change変化する the world世界.
これで世界は変わると考えているからです
惑星が見られれば全てが変わるのです
06:21
Thatそれ will change変化する everythingすべて whenいつ we我々 see見る thatそれ.
これで世界は変わると考えているからです
惑星が見られれば全てが変わるのです
06:23
Thankありがとうございます you君は.
ありがとうございました
06:25
(Applause拍手)
(拍手)
06:27
Translated by Hidehito Sumitomo
Reviewed by Yuko Yoshida

▲Back to top

About the speaker:

Jeremy Kasdin - Planet finder
Using innovative orbiting instruments, aerospace engineer Jeremy Kasdin hunts for the universe’s most elusive objects — potentially habitable worlds.

Why you should listen
At Princeton’s High Contrast Imaging Laboratory, Jeremy Kasdin is collaborating on a revolutionary space-based observatory that will unveil previously unseen (and possibly Earth-like) planets in other solar systems.

One of the observatory’s startling innovations is the starshade, an orbiting "occulter" that blocks light from distant stars that ordinarily outshine their dim planets, making a clear view impossible. When paired with a space telescope, the starshade adds a new and powerful instrument to NASA’s cosmic detection toolkit.
More profile about the speaker
Jeremy Kasdin | Speaker | TED.com