English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2015

Chris Burkard: The joy of surfing in ice-cold water

クリス・バーカード: 凍て付く海でサーフィンをする喜び

Filmed
Views 1,818,298

追いかける価値があるものにはほんの少しだけ苦しみが必要だ、とサーフィン写真家のクリス・バーカードは言います。そして、極寒かつ僻地の海で撮影された驚くべき写真と共に、平凡への革命について語ります。

- Surf photographer
Chris Burkard travels to remote, risky and often icy locations to capture stunning images that turn traditional surf photography on its head. Full bio

So if I told you that
this was the face of pureピュア joy喜び,
もし私が この写真は
喜んでいる顔だと言ったら
00:13
would you call me crazy狂った?
クレイジーだと感じるかもしれません
00:19
I wouldn'tしないだろう blame責任 you,
でも怒ったりしません
00:22
because everyすべて time I look at this
Arctic北極 selfieセルフ, I shiver震える just a little bitビット.
この北極での自撮り写真を見ると
いつも寒気がします
00:23
I want to tell you
a little bitビット about this photograph写真.
今日はこの写真について
お話しします
00:28
I was swimming水泳 around
in the Lofotenロフォーテン Islands諸島 in Norwayノルウェー,
ノルウェーのロフォーテン諸島周辺で
泳いでおり
00:31
just inside内部 the Arctic北極 Circleサークル,
北極圏の内側にありますが
00:35
and the water was hoveringホバリング
right at freezing凍結.
水は凍結寸前です
00:37
The air空気? A brisk活発な -10 with windchill風の寒さ,
空気は冷たく マイナス10度
00:40
and I could literally文字通り feel the blood血液
trying試す to leave離れる my hands,
そして文字通り手・脚・顔から
血の気が引いていくのを感じます
00:44
feetフィート and face, and rushラッシュ
to protect保護する my vital重要な organs器官.
重要な臓器を守るためです
00:47
It was the coldest最も冷たい I've ever been.
経験した中で最低の気温です
00:52
But even with swollen腫れた lips, sunken沈んだ eyes,
and cheeks flushedフラッシュした red,
唇は腫れて 目はくぼみ
頬は赤くなりましたが
00:55
I have found見つけた that this place場所 right here
is somewhereどこかで I can find great joy喜び.
ここは とても楽しい所だと気付いたのです
00:59
Now, when it comes来る to pain痛み,
psychologist心理学者 Brockブロック Bastianバスティアン
ところで 痛みに関して
心理学者のブロック・バスティアンは
01:06
probably多分 said it bestベスト when he wrote書きました,
最も適切な表現をしたと思います
01:09
"Pain痛み is a kind種類 of shortcutショートカット
to mindfulness思いやり.
「痛みとは集中力への近道である
01:11
It makes作る us suddenly突然 aware承知して
of everything in the environment環境.
周りにある全ての物を気付かせてくれる
01:14
It brutally残酷に draws描く us in
容赦なく
01:18
to a virtualバーチャル sensory感覚 awareness意識
of the world世界 much like meditation瞑想."
瞑想のような世界の気付きへと導いてくれる」
01:20
If shivering震え is a form of meditation瞑想,
then I would consider検討する myself私自身 a monkモンク.
身震いが瞑想の形だとすれば
私は修道士と言えるでしょう
01:25
(Laughter笑い)
(笑)
01:28
Now, before we get into the why
身も凍る海でサーフィンをしたい
と何故 誰も思わなかったのか
01:29
would anyone誰でも ever want to surfサーフ
in freezing凍結 coldコールド water?
という話の前に
01:32
I would love to give you
a little perspective視点
映像をお見せしたいと思います
01:35
on what a day in my life can look like.
私の一日です
01:38
(Music音楽)
(音楽)
01:41
(Videoビデオ) Man: I mean, I know
we were hoping望んでいる for good waves,
良い波を探しているけど
02:28
but I don't think anybody thought
that was going to happen起こる.
予測不能だと思う
02:31
I can't stop shaking振る.
震えが止まらない
02:34
I am so coldコールド.
とても寒い
02:36
(Music音楽)
(音楽)
02:40
(Applause拍手)
(拍手)
02:43
Chrisクリス BurkardBurkard: So,
surfサーフ photographer写真家, right?
サーフィンの写真家です
02:48
I don't even know
if it's a realリアル jobジョブ titleタイトル, to be honest正直な.
果たして そんな肩書きがあるのか
分かりません
02:51
My parents definitely絶対に didn't think so
両親は認めてくれませんでした
02:54
when I told them at 19 I was quitting辞める
my jobジョブ to pursue追求する this dream careerキャリア:
19才のとき この夢の仕事をする為
仕事を辞めるんだと言った時です
02:56
blue skies, warm暖かい tropicalトロピカル beachesビーチ,
and a tanタン that lasts続く all year long.
青い空 温暖なトロピカルビーチ
そして一年中残る日焼け
03:01
I mean, to me, this was it.
Life could not get any better.
これ以上は望めない無い生活です
03:06
Sweating発汗 it out, shooting射撃 surfersサーファー
in these exoticエキゾチック touristツーリスト destinations行き先.
魅力的な観光地の誘惑に負けず
サーファーを撮影するのです
03:10
But there was just this one problem問題.
でも一つだけ問題があります
03:14
You see, the more time I spent過ごした traveling旅行
to these exoticエキゾチック locations場所,
魅力的な土地を旅する程に
03:16
the lessもっと少なく gratifying喜ばしい it seemed見えた to be.
満足感は減っていくのです
03:20
I setセット out seekingシーク adventure冒険,
and what I was finding所見 was only routineルーチン.
冒険を探し始めても
辿り着くのはありふれた場所で
03:23
It was things like wi-fiWi-Fi, TVテレビ, fine diningダイニング,
and a constant定数 cellular携帯電話 connection接続
それは Wi-Fi ・テレビ・高級料理や
いつでも繋がる携帯電話がある
03:27
that to me were all the trappings飾り付け
of places場所 heavily重く touristed観光客
有名な観光地の証でした
03:32
in and out of the water,
水の中も外もです
03:35
and it didn't take long
for me to start開始 feeling感じ suffocated窒息した.
そしてすぐに息苦しくなりました
03:37
I began始まった craving渇望 wild野生, open開いた spacesスペース,
そしてより広大な自然を求めはじめ
03:43
and so I setセット out to find the places場所
othersその他 had written書かれた off
誰も記していない場所を探し始めました
03:47
as too coldコールド, too remote遠隔の,
and too dangerous危険な to surfサーフ,
とても寒く とても辺ぴで
サーフィンには危険すぎる
03:50
and that challengeチャレンジ intrigued興味をそそられる me.
このチャレンジにそそられました
03:54
I began始まった this sortソート of personal個人的 crusade十字軍
againstに対して the mundane世俗,
平凡への革命という挑戦を始めたのです
03:57
because if there's
one thing I've realized実現した,
一つ気付いたことがあります
04:01
it's that any careerキャリア,
どんな職業でも言えることかもしれません
04:04
even one as seemingly一見 glamorousグラマラス
as surfサーフ photography写真,
サーフィンの写真家は一見華やかに見えますが
04:05
has the danger危険 of becoming〜になる monotonous単調.
単調になる危険があります
04:09
So in my searchサーチ to breakブレーク up
this monotony単調, I realized実現した something:
この退屈さを壊す方法を
探しながら気付いたのは
04:12
There's only about a third三番
of the Earth's地球の oceans that are warm暖かい,
暖い海は地球上の海の
3分の1しかありません
04:15
and it's really just that thin薄いです bandバンド
around the equator赤道.
赤道周囲の狭い海域だけです
04:18
So if I was going to find perfect完璧な waves,
完璧な波を探しに行こうと思えば
04:21
it was probably多分 going
to happen起こる somewhereどこかで coldコールド,
寒いところに行くことにもなるでしょう
04:24
where the seas are notoriously悪名高い rough荒い,
海は最悪に荒れているかもしれません
04:26
and that's exactly正確に where I began始まった to look.
そしてそれは事実であると判りました
04:28
And it was my first trip旅行 to Icelandアイスランド
初めて行った アイスランドで
04:31
that I feltフェルト like I found見つけた
exactly正確に what I was looking for.
求めていたものを見付けたと感じました
04:33
I was blown吹かれた away
by the naturalナチュラル beauty美しさ of the landscape風景,
自然の美しい風景に圧倒されました
04:36
but most最も importantly重要なこと, I couldn'tできなかった believe
we were finding所見 perfect完璧な waves
しかし重要なのは
こんな辺境の地で
04:40
in suchそのような a remote遠隔の and rugged頑丈な
part of the world世界.
完璧な波を見つけられると思わなかったことです
04:44
At one pointポイント, we got to the beachビーチ
そして浜に到着すると
04:47
only to find massive大規模 chunksチャンク of ice
had piled積み重なった on the shoreline海岸線.
海岸線にはびっくりする程
大量の氷がありました
04:49
They created作成した this barrierバリア
betweenの間に us and the surfサーフ,
サーフィンへの障壁です
04:53
and we had to weave織る
throughを通して this thing like a maze迷路
迷路のような氷をぬって行くのです
04:55
just to get out into the lineup並ぶ.
波打ち際まで出て
04:57
and once一度 we got there,
海に入ると
04:59
we were pushing押して aside脇に these ice chunksチャンク
trying試す to get into waves.
波に乗るために氷を押し退けて進むのです
05:00
It was an incredible信じられない experience経験,
one I'll never forget忘れる,
とてつもない経験です
一生忘れられないでしょう
05:03
because amidst真っ只中 those harsh厳しい conditions条件,
このような厳しい環境下で
05:07
I feltフェルト like I stumbledつまずいた onto〜に
one of the last quiet静か places場所,
「最後の静寂な所」に
偶然辿り着いたと感じました
05:10
somewhereどこかで that I found見つけた a clarity透明度
and a connection接続 with the world世界
頭脳が鮮明になり世界と繋がりを感じます
05:14
I knew知っていた I would never find
on a crowded混雑した beachビーチ.
混雑した海では得られません
05:17
I was hookedフック. I was hookedフック. (Laughter笑い)
もう病み付きです
(笑)
05:22
Coldコールド water was constantly常に on my mindマインド,
絶えず冷たい水が意識にあります
05:25
and from that pointポイント on,
それからというもの
05:28
my careerキャリア focused集中した on these typesタイプ of harsh厳しい
and unforgiving容赦のない environments環境,
このような厳しい環境に焦点を合わせていて
05:29
and it took取った me to places場所 like Russiaロシア,
Norwayノルウェー, Alaskaアラスカ, Icelandアイスランド, Chileチリ,
ロシア・ノルウェー・アラスカ
アイスランド・チリ
05:32
the Faroeフェロー Islands諸島,
and a lot of places場所 in betweenの間に.
フェロー諸島などに行きました
05:36
And one of my favoriteお気に入り things
about these places場所
これらの土地で好きなところは
05:39
was simply単に the challengeチャレンジ and
the creativity創造性 it took取った just to get there:
単に挑戦であること
そして辿り着くまでの創造性です
05:42
hours時間, days日々, weeks spent過ごした on GoogleGoogle Earth地球
Google Earth で何日も何週間も
05:46
trying試す to pinpointピンポイント any remote遠隔の stretchストレッチ
of beachビーチ or reefリーフ we could actually実際に get to.
辿り着けそうな 辺境の
岩礁や浜を探索します
05:48
And once一度 we got there,
the vehicles乗り物 were just as creative創造的な:
そして目的地に辿り着けば
乗り物まで創造的です
05:53
snowmobilesスノーモービル, six-wheel6輪
Sovietソビエト troop部隊 carriersキャリア,
スノーモービルや
6輪のソビエト製装甲車
05:56
and a coupleカップル of super-sketchy超スケッチ
helicopterヘリコプター flightsフライト.
そして 超不安なヘリコプター
05:59
(Laughter笑い)
(笑)
06:03
Helicoptersヘリコプター really scare恐怖 me, by the way.
ヘリコプターは本当に恐怖でした
06:05
There was this one particularly特に
bumpy凹凸のある boatボート rideライド
ここではボートに乗って
激流を登りました
06:08
up the coast海岸 of Vancouverバンクーバー Island
to this kind種類 of remote遠隔の surfサーフ spotスポット,
バンクーバー島の
人里離れたサーフ場では
06:11
where we ended終了しました up watching見ている
helplessly無力に from the water
どうすることもできず
見守ることしかできません
06:14
as bearsクマ ravaged荒廃した our campキャンプ siteサイト.
熊がテントを破壊するところをです
06:16
They walked歩いた off with our foodフード
and bitsビット of our tentテント,
熊は食料とテントの一部を持って行きました
06:19
clearlyはっきりと letting〜する us know that we
were at the bottom of the foodフード chain
食物連鎖の最下層にいることを
思い知らされました
06:22
and that this was their彼らの spotスポット, not ours私たちのもの.
彼等の場所で我々のものではないのです
06:25
But to me, that trip旅行
でも この旅は
06:27
was a testament証言 to the wildness野生
I traded取引された for those touristy観光 beachesビーチ.
賑やかなビーチと引き換えに得た
野生の証しと言えます
06:29
Now, it wasn'tなかった until〜まで I traveled旅行した
to Norwayノルウェー -- (Laughter笑い) --
これはノルウェーに行ったときの写真です
06:36
that I really learned学んだ
to appreciate感謝する the coldコールド.
寒いということを本当に理解しました
06:40
So this is the place場所
そう ここは
06:44
where some of the largest最大,
the most最も violent暴力的な storms in the world世界
世界で最も強烈な嵐が発生し
06:46
send送信する huge巨大 waves smashingスマッシュ
into the coastline海岸線.
海岸線に巨大な波が押し寄せる場所です
06:49
We were in this tiny小さな, remote遠隔の fjordフィヨルド,
just inside内部 the Arctic北極 Circleサークル.
北極圏にある僻地のフィヨルドにいます
06:52
It had a greater大きい population人口
of sheep than people,
人間より羊の個体数が断然多く
06:56
so help if we needed必要な it
was nowhereどこにも to be found見つけた.
助けを求めたくても呼べません
06:59
I was in the water
taking取る picturesピクチャー of surfersサーファー,
サーファーの写真を撮る為に
海中にいたところ
07:02
and it started開始した to snow.
雪が降り始めました
07:05
And then the temperature温度 began始まった to dropドロップ.
そして気温が下り始めたのです
07:08
And I told myself私自身, there's not a chanceチャンス
you're getting取得 out of the water.
地上に上がるべきではない
と言い聞かせました
07:12
You traveled旅行した all this way, and this is
exactly正確に what you've been waiting待っている for:
わざわざ旅をして
待ちに待った状況だろう
07:15
freezing凍結 coldコールド conditions条件
with perfect完璧な waves.
凍て付く状況と完璧な波だ
07:19
And althoughただし、 I couldn'tできなかった even feel
my finger to push押す the trigger引き金,
シャッターを切る指は
感覚がなくなっていましたが
07:21
I knew知っていた I wasn'tなかった getting取得 out.
出ないと決めたのです
07:24
So I just did whateverなんでも I could.
I shook揺れた it off, whateverなんでも.
指を動かしたり
できることはやりました
07:26
But that was the pointポイント that I feltフェルト
気付いたときには
07:28
this wind gush吐き出す throughを通して
the valley and hitヒット me,
谷から吹き荒れる風に打たれ
07:30
and what started開始した as this light snowfall降雪
quickly早く becameなりました a full-onフルオン blizzard猛吹雪,
小降りだった雪は吹雪に変りました
07:32
and I started開始した to lose失う
perception知覚 of where I was.
そして視界はなくなりました
07:38
I didn't know if I was drifting漂流
out to sea or towards方向 shore海岸,
沖に流されているのか岸に向かっているのか
さっぱりわかりませんでした
07:42
and all I could really make out
was the faintかすかな sound of seagullsカモメ
かすかに聞こえるカモメの声と
07:46
and crashingクラッシュ waves.
押し寄せる波で何とかなりました
07:50
Now, I knew知っていた this place場所 had a reputation評判
for sinking沈む ships and grounding接地 planes飛行機,
ここは船が沈没したり
飛行機が墜落する有名な場所です
07:52
and while I was out there floatingフローティング,
I started開始した to get a little bitビット nervous神経質な.
漂っている間は少し不安にもなりましたが
07:57
Actually実際に, I was totally完全に freaking怖がらせる out --
実際びびってました
08:02
(Laughter笑い) -- and I was
borderline境界線 hypothermic低体温,
(笑)
そして低体温症の直前で
08:04
and my friends友達 eventually最終的に
had to help me out of the water.
友人に助け出してもらいました
08:08
And I don't know if it was
deliriumせん妄 setting設定 in or what,
精神錯乱状態になっていたのかもしれません
08:11
but they told me later後で
後になって教えてもらったのですが
08:14
I had a smileスマイル on my face the entire全体 time.
ずっと笑っていたようです
08:16
Now, it was this trip旅行
これが私の旅です
08:22
and probably多分 that exact正確 experience経験
where I really began始まった to feel
まさにこの経験を通して感じたことは
08:24
like everyすべて photograph写真 was precious貴重な,
貴重な写真は全て
08:28
because all of a sudden突然 in that moment瞬間,
it was something I was forced強制された to earn獲得する.
その瞬間に追い込まれたからこそ
得られたものだからです
08:32
And I realized実現した, all this shivering震え
had actually実際に taught教えた me something:
そしてこの身震いする寒さは
人生において
08:37
In life, there are no shortcutsショートカット to joy喜び.
喜びは近道しては得られない
ことを教えてくれました
08:42
Anything that is worth価値 pursuing追求
is going to require要求する us to suffer苦しむ
追いかける価値があるものは
苦しみを必要とするかもしれない
08:47
just a little bitビット,
少しだけです
08:50
and that tiny小さな bitビット of suffering苦しみ
that I did for my photography写真,
ほんの少しの苦しみが
この写真にあります
08:52
it added追加された a value to my work
that was so much more meaningful意味のある to me
苦しみは私の仕事に価値を与え
より意味のあるものになります
08:56
than just trying試す to fill埋める
the pagesページ of magazines雑誌.
雑誌のページを埋めることよりもです
08:59
See, I gave与えた a pieceピース of myself私自身
in these places場所,
厳しい環境に自分の身を置いて
09:03
and what I walked歩いた away with
ずっと探していた
09:10
was a senseセンス of fulfillment履行
I had always been searching検索 for.
充足感の様な物を持ち帰れるのです
09:12
So I look back at this photograph写真.
この写真を見返すと
09:18
It's easy簡単 to see frozenフローズン fingers
and coldコールド wetsuitsウェットスーツ
凍り付いた指と冷いウエットスーツを
思い出します
09:21
and even the struggle闘争
that it took取った just to get there,
そこに辿り着くまでの
苦労さえ思い出します
09:26
but most最も of all,
what I see is just joy喜び.
でも何よりも感じるのは
喜びです
09:29
Thank you so much.
ありがとうございました
09:33
(Applause拍手)
(拍手)
09:35
Translated by Takafusa Kitazume
Reviewed by Mari Arimitsu

▲Back to top

About the speaker:

Chris Burkard - Surf photographer
Chris Burkard travels to remote, risky and often icy locations to capture stunning images that turn traditional surf photography on its head.

Why you should listen

For most people, surfing evokes sunny sand and warm, blue water in tropical locales. In his book Distant Shores, self-taught photographer Chris Burkard detours to the coastlines of Norway, Iceland and Alaska, shooting surfers as they ride waves on icy beaches that have rarely been photographed -- let alone surfed.

Traveling to often dangerous extremes to discover unknown landscapes, Burkard composes images that transcend the simple action shots of action photography, placing nature at the center of his compositions.

More profile about the speaker
Chris Burkard | Speaker | TED.com