English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2010

William Li: Can we eat to starve cancer?

ウィリアム・リー: 癌が消滅する食し方

Filmed
Views 4,176,226

ウィリアム・リーが、ガンの新しい治療方法を披露します。その方法とは血管新生と呼ばれる、腫瘍を肥大させる血管をターゲットにしています。きわめて重要な第一ステップは、進行するガンを食い止める抗ガン作用のある食品を食べることです。

- Cancer researcher
William Li heads the Angiogenesis Foundation, a nonprofit that is re-conceptualizing global disease fighting. Full bio

Goodよし afternoon午後.
こんにちは
00:17
There'sあります。 a medical医療 revolution革命 happeningハプニング allすべて aroundまわり us,
我々の周りでは医学革命が起きています
00:19
and it'sそれは one1 that'sそれは going to help助けて us conquer征服する
社会が最も恐れる
00:22
some一部 of society's社会の most最も dreaded恐れる conditions条件,
ガンを含む様々な状況を
00:24
includingを含む cancer.
克服するのに役立つものです
00:26
The revolution革命 is calledと呼ばれる angiogenesis血管新生,
その革命は血管新生と呼ばれ
00:28
and it'sそれは basedベース on the processプロセス
体内で血管が増える―
00:31
thatそれ our我々の bodies useつかいます to grow成長する blood血液 vessels船舶.
プロセスが基盤となっています
00:33
Soだから whyなぜ should we我々 careお手入れ about blood血液 vessels船舶?
血管に重点を置くのは
00:36
Well, the human人間 body is literally文字通り packed詰め込まれた with〜と themそれら:
人間の体は血管だらけだからです
00:38
60,000 milesマイル worth価値 in a typical典型的な adult大人.
その長さは平均的な成人で約10万km
00:41
End終わり to end終わり, thatそれ would form a lineライン
一直線につなげると
00:44
thatそれ would circleサークル the earth地球 twice二度.
地球を2周する長さです
00:46
The smallest最小 blood血液 vessels船舶 are calledと呼ばれる capillaries毛細血管;
一番細い血管は毛細血管で
00:49
we've私たちは got 19 billion of themそれら in our我々の bodies.
体内には190億もの毛細血管があります
00:52
And theseこれら are the vessels船舶 of life, and,
毛細血管は生きる上で欠かせないもので
00:55
as I'll showショー you君は,
これからご覧いただきますが
00:58
they彼ら can alsoまた、 be the vessels船舶 of death.
死の脈管にもなります
01:00
Now the remarkable顕著 thingもの about blood血液 vessels船舶
血管の驚くべき点は
01:03
is thatそれ they彼ら have thisこの ability能力
血管が生成されるいかなる環境にも
01:05
to adapt適応する to whateverなんでも environment環境 they're彼らは growing成長する in.
順応することです
01:07
For example, in the liver they彼ら form channelsチャンネル
肝臓では血液を
01:09
to detoxify解毒する the blood血液;
解毒するための管を作りだし
01:11
in the lung they彼ら lineライン air空気 sacs for gasガス exchange交換;
肺では肺胞を張りめぐらし ガス交換をします
01:13
in muscle they彼ら corkscrewコルクスクリュー soそう thatそれ muscles筋肉 can contract契約する
筋肉では 血液の循環を妨げずに
01:16
withoutなし cutting切断 off circulationサーキュレーション;
筋肉が収縮できるように らせん状になっています
01:18
and in nerves神経 they彼ら courseコース along一緒に like powerパワー lines,
神経内は電線のように
01:21
keeping維持 thoseそれら nerves神経 alive生きている.
巡っています
01:23
We私たち get most最も of theseこれら blood血液 vessels船舶
血管のほとんどは
01:25
whenいつ we're私たちは actually実際に stillまだ in the womb子宮,
胎児の時につくられます
01:27
And what thatそれ means手段 is thatそれ as adults大人,
と言うのも 大人になると
01:29
blood血液 vessels船舶 don'tしない normally通常は grow成長する.
稀なケースを除いて
01:32
Except例外 in a few少数 special特別 circumstances状況:
血管は通常つくられることはありません
01:34
In women女性, blood血液 vessels船舶 grow成長する everyすべて month
女性の子宮では 毎月
01:38
to buildビルドする the lining裏地 of the uterus子宮;
血管が子宮内膜をつくります
01:40
during pregnancy妊娠, they彼ら form the placenta胎盤,
妊娠すると それが胎盤となり
01:42
whichどの connects接続する momママ and baby赤ちゃん.
母親と胎児をつなぎます
01:44
And after injury損傷, blood血液 vessels船舶
怪我をすると 血管は
01:47
actually実際に have to grow成長する under the scab疥癬
傷を治すために
01:49
in order注文 to heal癒し a wound創傷.
かさぶたの下でつくられています
01:51
And thisこの is actually実際に what itそれ looks外見 like,
こんな感じです
01:53
hundreds数百 of blood血液 vessels船舶
何百もの血管が
01:55
allすべて growing成長する toward〜に向かって the centerセンター of the wound創傷.
傷の中心のほうに生成されています
01:57
Soだから the body has the ability能力 to regulate調整する
どんな時でも体は
01:59
the amount of blood血液 vessels船舶 thatそれ are presentプレゼント at anyどれか given与えられた time時間.
存在する血管の数を制限することができます
02:02
Itそれ does thisこの throughを通して an elaborate精巧な
血管新生の刺激物質や
02:05
and elegantエレガント systemシステム of checks小切手 and balancesバランス,
阻害物質を分泌して
02:07
stimulators刺激装置 and inhibitors阻害剤 of angiogenesis血管新生,
均衡と抑制を行います
02:09
suchそのような thatそれ, whenいつ we我々 need必要 a brief簡潔な burstバースト of blood血液 vessels船舶,
体が血管の増加を必要とするとき
02:12
the body can do thisこの by releasing解放する stimulators刺激装置,
刺激物質を放ち 血管を増やします
02:15
proteinsタンパク質 calledと呼ばれる angiogenic血管新生 factors要因
血管新生因子という たんぱく質が
02:18
thatそれ act行為 as naturalナチュラル fertilizer肥料
天然肥料のような役割を果たし
02:20
and stimulate刺激する new新しい blood血液 vessels船舶 to sprout.
新しい血管が形成されるように促進します
02:22
And whenいつ thoseそれら excess過剰 vessels船舶 are noいいえ longerより長いです needed必要な,
余分な血管が必要ではなくなると
02:24
the body prunesプルーン themそれら backバック to baselineベースライン
体は自然に血管新生の阻害物質を出して
02:26
usingを使用して naturally当然 occurring発生する inhibitors阻害剤 of angiogenesis血管新生.
基準線まで切り戻します
02:29
Now thereそこ are otherその他 situations状況 whereどこで we我々 start開始 beneath下の the baselineベースライン
基準線以下から標準値に戻すため
02:33
and we我々 need必要 to grow成長する moreもっと blood血液 vessels船舶 justちょうど to get backバック to normal正常 levelsレベル --
血管を増やす必要がある場合もあります
02:35
for example, after an injury損傷 --
例えば怪我をした後です
02:38
and a body can do thatそれ too,
体は血管を自己調整できますが
02:40
butだけど onlyのみ to thatそれ normal正常 levelレベル,
標準値である―
02:42
thatそれ setセット pointポイント.
設定点までです
02:44
Butだがしかし what we我々 now know知っている is thatそれ for a number of diseases病気,
しかし現在わかっているのは 数々の病気には
02:46
thereそこ are defects欠陥 in the systemシステム
このシステムに不具合があり
02:49
whereどこで the body can'tできない pruneプルーン backバック extra余分な blood血液 vessels船舶
体は余分な血管を戻したり
02:51
orまたは can'tできない grow成長する enough十分な new新しい onesもの
新しい血管を増やす事を
02:54
in the right place場所 at the right time時間.
必要な場所と時間に行えません
02:56
And in theseこれら situations状況, angiogenesis血管新生
このような状況下では 血管新生は
02:58
is outでる of balanceバランス.
不安定な状態です
03:00
And whenいつ angiogenesis血管新生 is outでる of balanceバランス,
血管新生が不安定だと
03:02
a myriad無数 of diseases病気 result結果.
数々の病気が現れます
03:04
For example, insufficient不十分 angiogenesis血管新生 --
血管新生が不十分なとき
03:06
notない enough十分な blood血液 vessels船舶 --
つまり血管が足りないと
03:08
leadsリード to wounds創傷 thatそれ don'tしない heal癒し, heartハート attacks攻撃,
慢性創傷や心臓発作
03:10
legs withoutなし circulationサーキュレーション, death fromから strokeストローク,
脚の血行不良や脳卒中
03:13
nerve神経 damage損傷.
神経損傷に陥ります
03:15
And on the otherその他 end終わり, excessive過度の angiogenesis血管新生 --
反対に血管新生が過剰な場合
03:17
too manyたくさんの blood血液 vessels船舶 -- drivesドライブ disease疾患,
要は血管が多すぎても 病気になります
03:19
and we我々 see見る thisこの in cancer, blindness失明,
例えば ガンや失明
03:22
arthritis関節炎, obesity肥満,
関節炎 肥満
03:24
Alzheimer'sアルツハイマー病 disease疾患.
アルツハイマー病が挙げられます
03:26
In total合計, thereそこ are moreもっと thanより 70 majorメジャー diseases病気
全て合わせると 70以上の主要な病気で
03:28
affecting影響 moreもっと thanより a billion people worldwide世界的に,
世界中で10億人以上の人たちを苦しめています
03:31
thatそれ allすべて look見える on the surface表面 to be different異なる fromから one1 another別の,
外見だと別の病気に見えますが
03:34
butだけど allすべて actually実際に shareシェア
全ての病気に
03:36
abnormal異常な angiogenesis血管新生
共通して見られるのは
03:38
as their彼らの common一般 denominator分母.
血管新生の異常です
03:40
And thisこの realization実現 is allowing許す us
この認識は
03:42
to reconceptualize再概念化する
血管新生を調整することで
03:44
the way thatそれ we我々 actually実際に approachアプローチ theseこれら diseases病気
このような病気を
03:46
by controlling制御する angiogenesis血管新生.
治療できることを示唆しています
03:48
Now I'm私は going to focusフォーカス on cancer
ここで ガンに焦点を置きます
03:51
becauseなぜなら angiogenesis血管新生 is a hallmark顕著な of cancer,
どんなガンでも 血管新生の特徴が
03:53
everyすべて typeタイプ of cancer.
見られるからです
03:56
Soだから hereここに we我々 go.
では始めましょう
03:58
Thisこれ is a tumor腫瘍: darkダーク, grayグレー, ominous不吉 mass質量
濃いグレーの不気味な固まりは
04:00
growing成長する inside内部 a brain.
脳腫瘍です
04:02
And under the microscope顕微鏡, you君は can see見る
顕微鏡で見ると
04:04
hundreds数百 of theseこれら brown褐色 staining染色 blood血液 vessels船舶,
何百もの毛細血管が
04:06
capillaries毛細血管 thatそれ are feeding給餌 cancer cells細胞,
酸素と栄養分を
04:08
bringing持参 oxygen酸素 and nutrients栄養素.
ガン細胞に運んでいるのがわかります
04:10
Butだがしかし cancers don'tしない start開始 outでる like thisこの.
しかし ガンはこのように発生しません
04:13
And, in fact事実, cancers don'tしない start開始 outでる
ガンは血液の供給によって
04:15
with〜と a blood血液 supply供給.
発生するのではありません
04:17
They彼らが start開始 outでる as small小さい, microscopic微視的 nests of cells細胞
非常に小さな細胞巣から発生し
04:19
thatそれ can onlyのみ grow成長する to
大きさにして
04:22
one1 halfハーフ a cubicキュービック millimeterミリメートル in sizeサイズ;
0.5立方ミリメートルにしかなりません
04:24
that'sそれは the tip先端 of a ballpointボールペン penペン.
ボールペンのペン先ほどです
04:27
Thenそうしたら they彼ら can'tできない get anyどれか larger大きい becauseなぜなら they彼ら don'tしない have a blood血液 supply供給,
血液の供給がなければ
04:29
soそう they彼ら don'tしない have enough十分な oxygen酸素 orまたは nutrients栄養素.
酸素や栄養分が届かないため 大きくなりません
04:31
In fact事実, we're私たちは probably多分 formingフォーミング theseこれら
実のところ 我々の体内では
04:34
microscopic微視的 cancers allすべて the time時間 in our我々の body.
このようなガンが常に作られています
04:36
Autopsy剖検 studies研究 fromから people who died死亡しました in car accidents事故
解剖研究では 車の事故で亡くなった―
04:40
have shown示された thatそれ about 40 percentパーセント of women女性
40~50歳の女性の約4割に
04:43
betweenの間に the ages年齢 of 40 and 50
微小の乳ガンが
04:46
actually実際に have microscopic微視的
あったことが
04:48
cancers in their彼らの breasts,
示されています
04:50
about 50 percentパーセント of men男性 in their彼らの 50s and 60s
50~60代の男性の約半数には
04:52
have microscopic微視的 prostate前立腺 cancers,
微小の前立腺ガンがあり
04:54
and virtually事実上 100 percentパーセント of us,
事実上 我々誰もが
04:57
by the time時間 we我々 reachリーチ our我々の 70s,
70代になるまでには
04:59
will have microscopic微視的 cancers growing成長する in our我々の thyroid甲状腺.
甲状腺に微小のガンができるのです
05:01
Yetまだ, withoutなし a blood血液 supply供給,
しかし 血液の供給がなければ
05:04
most最も of theseこれら cancers
このようなガンの大半が
05:06
will never決して become〜になる dangerous危険な.
悪性になることはありません
05:08
DrDr. Judahユダ Folkmanフォークマン, who was myじぶんの mentor指導者
血管新生の権威である―
05:10
and who was the pioneerパイオニア of the angiogenesis血管新生 fieldフィールド,
我が師 フォークマン博士は この状態を
05:12
once一度 calledと呼ばれる thisこの "cancer withoutなし disease疾患."
“病気ではないガン” と呼んでいました
05:15
Soだから the body's身体 ability能力 to balanceバランス angiogenesis血管新生,
血管新生の釣り合いを保つ―
05:19
whenいつ it'sそれは workingワーキング properly正しく,
体の力は 正常であれば
05:22
prevents予防する blood血液 vessels船舶 fromから feeding給餌 cancers.
ガンを成長させる血管を防ぐのです
05:24
And thisこの turnsターン outでる to be
これはガンに対する
05:26
one1 of our我々の most最も important重要 defense防衛 mechanismsメカニズム
一番重要な
05:28
againstに対して cancer.
防衛機制です
05:31
In fact事実, ifif you君は actually実際に blockブロック angiogenesis血管新生
血管新生を遮断して
05:33
and prevent防ぐ blood血液 vessels船舶 fromから everこれまで reaching到達 cancer cells細胞,
ガン細胞に血管が届かないようにすれば
05:35
tumors腫瘍 simply単に can'tできない grow成長する upアップ.
腫瘍は大きくなれません
05:37
Butだがしかし once一度 angiogenesis血管新生 occurs発生する,
しかし 血管新生が始まってしまうと
05:39
cancers can grow成長する exponentially指数関数的に.
ガン細胞は急激に大きくなります
05:41
And thisこの is actually実際に howどうやって
このようにガン細胞は
05:44
a cancer goes行く fromから beingであること
無害の状態から
05:46
harmless無害な to deadly致命的.
致命的になっていきます
05:48
Cancer cells細胞 mutate突然変異
ガン細胞は突然変異を起こし
05:50
and they彼ら gain利得 the ability能力 to release解放
天然肥料である―
05:52
lots of thoseそれら angiogenic血管新生 factors要因, naturalナチュラル fertilizer肥料,
血管新生因子をたくさん放出し
05:54
thatそれ tip先端 the balanceバランス in favor好意 of blood血液 vessels船舶
栄養補給のための
05:56
invading侵入する the cancer.
血管をつくろうとします
05:58
And once一度 thoseそれら vessels船舶 invade侵入する the cancer,
この血管が形成してしまうと
06:00
itそれ can expand拡大する, itそれ can invade侵入する local地元 tissues組織.
ガン細胞は大きくなり 周囲の細胞もやられてしまいます
06:02
And the same同じ vessels船舶 thatそれ are feeding給餌 tumors腫瘍
腫瘍を大きくさせる同じ血管が
06:05
allow許す cancer cells細胞 to exit出口 into the circulationサーキュレーション
ガン細胞を血液循環に取り込み
06:07
as metastases転移.
転移させます
06:10
And, unfortunately残念ながら, thisこの late遅く stageステージ of cancer
残念ながら ガン患者が
06:12
is the one1 at whichどの it'sそれは most最も likelyおそらく
ガンと診断されるのは
06:15
to be diagnosed診断された,
このステージに来たときが ほとんどで
06:17
whenいつ angiogenesis血管新生 is already既に turned回した on
血管新生は既に活発化して
06:19
and cancer cells細胞 are growing成長する like wild野生.
ガン細胞は歯止めがかかりません
06:21
Soだから, ifif angiogenesis血管新生
ですから血管新生が
06:25
is a tipping転倒 pointポイント
良性腫瘍と悪性腫瘍を
06:27
betweenの間に a harmless無害な cancer and a harmful有害な one1,
分け隔てる境目となるならば
06:29
then次に one1 majorメジャー part of the angiogenesis血管新生 revolution革命
血管新生革命を推し進めるのに鍵をにぎる要素の一つは
06:32
is a new新しい approachアプローチ to treating治療する cancer
血管供給を遮ることで
06:35
by cutting切断 off the blood血液 supply供給.
ガン治療を行う新しい方法です
06:37
We私たち callコール thisこの antiangiogenic抗血管新生性の therapy治療,
これは血管新生抑制療法と呼ばれる治療法で
06:40
and it'sそれは completely完全に different異なる fromから chemotherapy化学療法
化学療法とはまったく異なります
06:43
becauseなぜなら itそれ selectively選択的に aims目的
ガンを大きくする―
06:45
at the blood血液 vessels船舶 thatそれ are feeding給餌 the cancers.
血管のみを狙った治療なのです
06:47
And we我々 can do thisこの becauseなぜなら
それが可能なのも
06:50
tumor腫瘍 blood血液 vessels船舶 are unlike違う normal正常, healthy健康 vessels船舶
腫瘍を大きくする血管は
06:52
we我々 see見る in otherその他 places場所 of the body:
健康な血管とは違うからです
06:54
They're彼らは abnormal異常な;
腫瘍の血管は異常で
06:56
they're彼らは very非常に poorly不完全に constructed建設された;
つくりが脆いため
06:58
and, becauseなぜなら of thatそれ, they're彼らは highly高く vulnerable脆弱な
狙いを定めて治療をすると
07:00
to treatments治療 thatそれ targetターゲット themそれら.
効果があります
07:02
In effect効果, whenいつ we我々 give cancer patients患者
実際のガン患者に
07:05
antiangiogenic抗血管新生性の therapy治療 --
血管新生抑制治療を行い
07:07
hereここに, an experimental実験的 drugドラッグ for a glioma神経膠腫,
グリオーマという脳腫瘍の試験薬を
07:09
whichどの is a typeタイプ of brain tumor腫瘍 --
投与しました
07:12
you君は can see見る thatそれ thereそこ are dramatic劇的 changes変更 thatそれ occur発生する
血管が遮られると劇的な変化が
07:14
whenいつ the tumor腫瘍 is beingであること starved飢えた.
起きる事がわかります
07:17
Here'sここにいる a woman女性 with〜と a breast cancer
この女性は乳ガンで
07:19
beingであること treated治療された with〜と the antiangiogenic抗血管新生性の drugドラッグ calledと呼ばれる Avastinアバスチン,
血管新生抑制剤であるアバスチンで治療中です
07:21
whichどの is FDAFDA approved承認された.
FDAで認可されている薬です
07:24
And you君は can see見る thatそれ the haloハロー of blood血液 flowフロー
ガンを進行させていた血流の輪が
07:26
disappears消える after treatment処理.
治療後になくなっているのがわかります
07:29
Well, I've私は justちょうど shown示された you君は
血管新生抑制治療は
07:32
two very非常に different異なる typesタイプ of cancer
この2種類のガンに
07:34
thatそれ bothどちらも responded応答した to antiangiogenic抗血管新生性の therapy治療.
効果を発揮しました
07:36
Soだから, a few少数 years ago, I asked尋ねた myself私自身,
数年前 私が自問したのは
07:39
"Can we我々 take thisこの one1 stepステップ furtherさらに
これを一歩進めて
07:41
and treat治療する otherその他 cancers,
他の動物の
07:43
even in otherその他 species?"
ガン治療にも使えるかどうか でした
07:45
Soだから hereここに is a nine9人 year-old boxerボクサー named名前 Miloミロ
9歳のボクサー犬 マイロです
07:49
who had a very非常に aggressive積極的な tumor腫瘍
肩に悪性の
07:51
calledと呼ばれる a malignant悪性 neurofibroma神経線維腫 growing成長する on his shoulderショルダー.
神経線維腫ができています
07:53
Itそれ invaded侵略された into his lungs.
肺に転移して
07:56
His彼の veterinarian獣医 onlyのみ gave与えた him three months数ヶ月 to liveライブ.
獣医の診断は余命3か月でした
07:58
Soだから we我々 created作成した a cocktailカクテル of antiangiogenic抗血管新生性の drugs薬物
我々は血管新生抑制薬の混ぜ物を
08:00
thatそれ could be mixed混合 into his dog foodフード
ドッグフードに入れて食べさせ
08:03
as well as an antiangiogenic抗血管新生性の creamクリーム
腫瘍に塗るための
08:05
thatそれ could be applied適用された on the surface表面 of the tumor腫瘍.
血管新生抑制クリームもつくりました
08:07
And within以内 a few少数 weeks of treatment処理,
数週間もしないうちに
08:10
we我々 were ableできる to slowスロー downダウン thatそれ cancer'sがん growth成長
ガンの進行が弱まったことが確認され
08:12
suchそのような thatそれ we我々 were ultimately最終的に ableできる to extend拡張する milo'sミロの survival生存
獣医が予想していた余命を
08:15
to six6 times what the veterinarian獣医 had initially当初 predicted予測された,
6倍に延ばすことができました
08:18
allすべて with〜と a very非常に good良い quality品質 of life.
充実した生活をおくりながらです
08:21
And we我々 subsequently続いて treated治療された moreもっと thanより 600 dogs.
その後 治療した犬は600頭以上
08:24
We私たち have about a 60 percentパーセント response応答 rateレート
奏効率は約60%で
08:27
and improved改善された survival生存 for theseこれら petsペット
安楽死になるところだった―
08:29
thatそれ were about to be euthanized安楽死させた.
ペットの寿命を延ばしました
08:31
Soだから let me showショー you君は a coupleカップル of
もっと興味深い例を
08:34
even moreもっと interesting面白い examples.
二つお見せします
08:36
Thisこれ is 20-year-old-歳 dolphinイルカ living生活 in Floridaフロリダ州,
フロリダにいる20歳のイルカです
08:38
and she彼女 had theseこれら lesions病変 in her彼女 mouth
口の中にできた傷が
08:40
thatそれ, over the courseコース of three years,
3年の間に
08:42
developed発展した into invasive侵襲的 squamous扁平な cell細胞 cancers.
浸潤性扁平上皮ガンになりました
08:44
Soだから we我々 created作成した an antiangiogenic抗血管新生性の pasteペースト.
そこで我々は血管新生抑制ペーストをつくり
08:47
We私たち had itそれ painted描きました on top of the cancer
週に3回
08:50
three times a week週間.
ガンに塗りました
08:52
And over the courseコース of sevenセブン months数ヶ月,
7か月の間に
08:54
the cancers completely完全に disappeared消えた,
ガンは完全に消え
08:56
and the biopsies生検 came来た backバック as normal正常.
生命組織検査は正常値に戻りました
08:58
Here'sここにいる a cancer growing成長する on the lipリップ
これは唇にガンができた―
09:02
of a WuarterWuarter horseうま named名前 Guinnessギネス.
ギネスという名の馬です
09:04
It'sそれは、します。 a very非常に, very非常に deadly致命的 typeタイプ of cancer calledと呼ばれる an angiosarcoma血管肉腫.
血管肉腫という致命的なガンです
09:06
Itそれ had already既に spread普及 to his lymphリンパ nodesノード,
リンパ節に転移していたため
09:09
soそう we我々 used an antiangiogenic抗血管新生性の skin creamクリーム for the lipリップ
血管新生抑制剤のスキンクリームを唇に塗り
09:11
and an oralオーラル cocktailカクテル, soそう we我々 could treat治療する fromから the inside内部
内服薬も使用して 内と外から
09:14
as well as the outside外側.
治療しました
09:17
And over the courseコース of six6 months数ヶ月,
6か月の治療の末
09:19
he experienced経験豊富な a completeコンプリート remission寛解.
ガンは完治しました
09:21
And hereここに he is six6 years later後で,
これはその6年後
09:24
Guinnessギネス, with〜と his very非常に happyハッピー ownerオーナー.
ギネスと飼い主の幸せな姿です
09:27
(Applause拍手)
(拍手)
09:30
Now, obviously明らかに, antiangiogenic抗血管新生性の therapy治療
明らかに 血管新生抑制療法は
09:33
could be used for a wideワイド range範囲 of cancers.
様々なガンに効きます
09:35
And, in fact事実, the first最初 pioneering先駆者 treatments治療
人間や犬用の
09:38
for people, as well as dogs,
先駆的治療は
09:40
are already既に becoming〜になる available利用可能な.
既に利用できるようになっています
09:42
There'sあります。 12 different異なる drugs薬物, 11 different異なる cancer typesタイプ.
11種類のガンに12種類の薬があります
09:44
Butだがしかし the realリアル question質問 is:
しかし実際問題として
09:47
Howどう well do theseこれら work in practice練習?
効果が気になります
09:49
Soだから here'sここにいる actually実際に the patient患者 survival生存 dataデータ
これはガン患者の生存データで
09:51
fromから eight8 different異なる typesタイプ of cancer.
8種類のガンが対象になっています
09:54
The barsバー represent代表する survival生存 time時間
この棒線が示す生存時間は
09:56
taken撮影 fromから the era時代
化学療法や手術―
09:58
in whichどの thereそこ was onlyのみ chemotherapy化学療法,
放射線治療しか
10:00
orまたは surgery手術, orまたは radiation放射線 available利用可能な.
治療法がなかった頃のものです
10:02
Butだがしかし starting起動 in 2004,
しかし2004年に
10:05
whenいつ antiangiogenic抗血管新生性の therapiesセラピー first最初 becameなりました available利用可能な,
血管新生抑制治療が
10:07
well you君は can see見る thatそれ thereそこ has been
初めて登場して以来
10:09
a 70 to 100 percentパーセント
生存期間は
10:11
improvement改善 in survival生存
70~100%も向上しました
10:13
for people with〜と kidney腎臓 cancer, multiple複数 myeloma骨髄腫,
腎臓ガンや多発性骨髄腫や大腸ガン
10:15
colorectal結腸直腸 cancer, and gastrointestinal胃腸の stromal間質 tumors腫瘍.
消化管間質腫瘍の患者から得られた数値です
10:18
That'sそれです impressive印象的な.
素晴らしいことですが
10:22
Butだがしかし for otherその他 tumors腫瘍 and cancer typesタイプ,
他の腫瘍やガンに見られる―
10:24
the improvements改善 have onlyのみ been modest控えめな.
向上率は大きくなかったため
10:27
Soだから I started開始した asking尋ねる myself私自身,
なぜ向上できないのかと
10:30
"Whyなぜでしょうか haven't持っていない we我々 been ableできる to do betterより良い?"
問い続けてきました
10:32
And the answer回答, to me, is obvious明らか;
私には答えは明らかです
10:35
we're私たちは treating治療する cancer too late遅く in the gameゲーム,
ガンの治療開始時期が
10:37
whenいつ it'sそれは already既に established設立
遅すぎて
10:39
and, oftentimesしばしば, it'sそれは already既に spread普及 orまたは metastasized転移した.
転移していることが多いのです
10:41
And as a doctor医師, I know知っている
私は医師なので
10:44
thatそれ once一度 a disease疾患 progresses進行する to an advanced高度な stageステージ,
ガンが進行期の末期まで進んでしまうと
10:46
achieving達成する a cure治す
不可能でないとしても
10:49
can be difficult難しい, ifif notない impossible不可能.
ガンの克服は困難だとわかっています
10:51
Soだから I went行った backバック to the biology生物学
ですから私は
10:54
of angiogenesis血管新生
血管新生の生態に戻って
10:56
and started開始した thinking考え:
考察し始めました
10:58
Could the answer回答 to cancer
血管新生を阻止させて
11:00
be preventing予防する angiogenesis血管新生,
ガン細胞の増殖を食い止めることが
11:02
beating打つ cancer at itsその own自分の gameゲーム
ガンの解決策になるのか―
11:05
soそう the cancers could never決して become〜になる dangerous危険な?
疑問に感じたからです
11:07
Thisこれ could help助けて healthy健康 people
これは健康な人々や
11:11
as well as people who've誰が already既に beaten殴られた cancer
今までにガンを克服し
11:13
once一度 orまたは twice二度
再発することを防ぎたいと
11:15
and want to find見つける a way to keepキープ itそれ fromから coming到来 backバック.
思っている人の助けになります
11:17
Soだから to look見える for a way to prevent防ぐ angiogenesis血管新生 in cancer,
ガンにおける血管新生を妨げる方法を見つけるべく
11:20
I went行った backバック to look見える at cancer'sがん causes原因.
私はガンの原因に着目しました
11:23
And what really本当に intrigued興味をそそられる me
興味を持ったのは
11:25
was whenいつ I saw thatそれ dietダイエット
食べ物がガンを誘発する
11:27
accountsアカウント for 30 to 35 percentパーセント
環境要因の
11:29
of environmentally環境的に caused原因 cancers.
30~35%を占めていたことです
11:31
Now, the obvious明らか thingもの is to think思う about
ここで明確なのは
11:34
what we我々 could remove除去する fromから our我々の dietダイエット, what to stripストリップ outでる, take away離れて.
食事から取り除けるものを検討することです
11:36
Butだがしかし I actually実際に took取った a completely完全に opposite反対の approachアプローチ
しかし私はまったく逆の方法を取り
11:40
and began始まった asking尋ねる: What could we我々 be adding追加する to our我々の dietダイエット
食生活に加えられるものを考えました
11:43
that'sそれは naturally当然 antiangiogenic抗血管新生性の,
もともと血管新生抑制の作用があり
11:46
thatそれ could boostブースト the body's身体 defense防衛 systemシステム
体の防御システムを高めて
11:49
and beatビート backバック thoseそれら blood血液 vessels船舶 thatそれ are feeding給餌 cancers?
ガン細胞を増やす血管をやっつけるものです
11:51
In otherその他 words言葉, can we我々 eat食べる to starve飢えている cancer? (Laughter笑い)
つまり食べ物でガンを退治する可能性を問い
11:54
Well, the answer's答え yesはい,
肯定的な結果を導きました
11:58
and I'm私は going to showショー you君は howどうやって.
その方法をご覧いただきます
12:00
Our私たち searchサーチ for thisこの
この研究のために
12:02
has taken撮影 us to the market市場, the farmファーム and to the spiceスパイス cabinetキャビネット,
市場や農場や香辛料に目を向けました
12:04
becauseなぜなら what we've私たちは discovered発見された
我々が発見したのは
12:07
is thatそれ mother nature自然 has lacedレース a large number
大自然が血管新生の
12:09
of foods食べ物 and beverages飲料 and herbsハーブ
阻害物質を
12:11
with〜と naturally当然 occurring発生する inhibitors阻害剤
食品 飲み物 香草に
12:13
of angiogenesis血管新生.
組み込んでいることでした
12:15
Soだから here'sここにいる a testテスト systemシステム we我々 developed発展した.
我々は試験システムを開発しました
12:17
At the centerセンター is a ringリング fromから whichどの hundreds数百 of blood血液 vessels船舶
中央の輪から放射線状に
12:19
are growing成長する outでる in a starburstスターバースト fashionファッション.
血管が広がっています
12:21
And we我々 can useつかいます thisこの systemシステム
このシステムを利用して
12:23
to testテスト dietary食物 factors要因
口にしたものから得られる―
12:25
at concentrations濃度 thatそれ are obtainable入手可能な by eating食べる.
食品因子の度合いを検査するのです
12:27
Soだから let me showショー you君は what happens起こる whenいつ we我々 put in
赤ぶどうのエキスを入れたときに
12:30
an extractエキス fromから red grapesブドウ.
起きたことをお見せします
12:32
The activeアクティブ ingredient's材料 resveratrolレスベラトロール,
有効成分はレスべラトロール
12:35
it'sそれは alsoまた、 found見つけた in red wineワイン.
赤ワインにも含まれていて
12:37
Thisこれ inhibits阻害する abnormal異常な angiogenesis血管新生
異常な血管新生の働きを
12:39
by 60 percentパーセント.
6割も抑えます
12:42
Here'sここにいる what happens起こる whenいつ we我々 added追加された an extractエキス fromから strawberriesいちご;
苺のエキスを加えると 血管新生は
12:44
itそれ potently強力に inhibits阻害する angiogenesis血管新生.
強烈に抑制されます
12:47
And extractエキス fromから soybeans大豆.
そして 大豆のエキス
12:50
And hereここに is a growing成長する listリスト of our我々の
これは我々が研究したいと思っている―
12:54
antiangiogenic抗血管新生性の foods食べ物 and beverages飲料
血管新生抑制食品と飲み物のリストで
12:56
thatそれ we're私たちは interested興味がある in studying勉強する.
項目は増えています
12:58
For each foodフード typeタイプ,
それぞれの食品は
13:00
we我々 believe信じる thatそれ thereそこ are different異なる potencies効力
特徴や変種により
13:02
within以内 different異なる strains and varietals品種.
効能が異なるはずなので
13:04
And we我々 want to measure測定 thisこの becauseなぜなら,
測定したいのです
13:07
well, whilewhile you'reあなたは eating食べる a strawberryイチゴ
苺を食べたり
13:09
orまたは drinking飲酒 teaお茶,
お茶を飲んだりする際には
13:11
whyなぜ notない select選択する the one1 that'sそれは most最も potent強力な
抗ガン作用が一番高い種類を
13:13
for preventing予防する cancer.
選んではどうでしょうか
13:15
Soだから hereここに are four4つの different異なる teas紅茶 thatそれ we've私たちは testedテストされた.
我々は4種のお茶で実験しました
13:17
They're彼らは allすべて common一般 onesもの:
よく飲まれている種類です
13:20
Chinese中国語 jasmineジャスミン, Japanese日本語 sencha煎茶,
ジャスミン茶 煎茶
13:22
Earl伯爵 Greyグレー and a special特別 blendブレンド thatそれ we我々 prepared準備された.
アールグレイ 我々がつくったブレンド茶
13:24
And you君は can see見る clearlyはっきりと
お茶の効能が
13:26
thatそれ the teas紅茶 vary変化する in their彼らの potency効力
異なるのは
13:28
fromから lessもっと少なく potent強力な to moreもっと potent強力な.
一目瞭然ですね
13:30
Butだがしかし what's何ですか very非常に coolクール
面白いことに
13:33
is whenいつ we我々 actually実際に combined結合された the two
効能が低かった2種類の
13:35
lessもっと少なく potent強力な teas紅茶 together一緒に,
お茶を混ぜて
13:37
the combination組み合わせ, the blendブレンド,
ブレンド茶にすると
13:39
is moreもっと potent強力な thanより eitherどちらか one1 alone単独で.
それぞれ単独のときより効能が増しました
13:41
Thisこれ means手段 there'sそこに foodフード synergy相乗効果.
食品の相乗効果です
13:44
Here'sここにいる some一部 moreもっと dataデータ fromから our我々の testingテスト.
我々の試験からのデータですが
13:49
Now, in the lab研究室, we我々 can simulateシミュレートする tumor腫瘍 angiogenesis血管新生
実験室で腫瘍の血管新生を再現し
13:51
represented代表的な hereここに in a black barバー.
黒線で示しました
13:54
And usingを使用して thisこの systemシステム, we我々 can testテスト the potency効力 of cancer drugs薬物.
抗がん剤の効能を調べるためです
13:56
Soだから the shorter短い the barバー,
線が短いほど
13:59
lessもっと少なく angiogenesis血管新生, that'sそれは good良い.
血管新生が少なく 好ましいことを意味します
14:01
And hereここに are some一部 common一般 drugs薬物
この一般的な薬は
14:04
thatそれ have been associated関連する with〜と reducing還元する the riskリスク
人間のガン発症のリスクを
14:06
of cancer in people.
減らすことに使われています
14:08
Statinsスタチン, nonsteroidal非ステロイド性 anti-inflammatory抗炎症 drugs薬物
非ステロイド系抗炎症薬の
14:10
and a few少数 othersその他,
スタチンや 他数種の薬は
14:12
they彼ら inhibit阻害する angiogenesis血管新生 too.
血管新生を阻害しますが
14:14
And hereここに are the dietary食物 factors要因
そのような薬に負けない
14:17
going head to head againstに対して theseこれら drugs薬物.
力をもつ食事因子がこれです
14:19
Youあなたが can see見る, they彼ら clearlyはっきりと holdホールド their彼らの own自分の
その威力が見てとれます
14:22
and, in some一部 cases症例, they're彼らは moreもっと potent強力な
場合によっては
14:24
thanより the actual実際の drugs薬物.
実際の薬より強力です
14:26
Soy大豆, parsleyパセリ, garlicニンニク,
大豆 パセリ にんにく
14:28
grapesブドウ, berriesベリー;
ぶどう ベリー類
14:30
I could go home自宅 and cookクック a tastyおいしい mealお食事
このような食品を使って
14:32
usingを使用して theseこれら ingredients材料.
美味しい料理を作れますね
14:34
Soだから imagine想像する ifif we我々 could create作成する
我々が世界初の
14:36
the world's世界の first最初 rating評価 systemシステム
格付けシステムを作れたら
14:38
in whichどの we我々 could scoreスコア foods食べ物
血管新生を抑制する―
14:40
accordingに従って to their彼らの antiangiogenic抗血管新生性の,
抗ガン作用をもとに
14:42
cancer-preventativeがん予防 propertiesプロパティ.
食品を評価できるでしょう
14:44
And that'sそれは what we're私たちは doing right now.
我々は現在その実現に向けているところです
14:46
Now, I've私は shown示された you君は a bunch of lab研究室 dataデータ,
研究データはこれくらいにしましょう
14:49
and soそう the realリアル question質問 is:
ガンにおける血管新生を
14:51
What is the evidence証拠 in people
食い止める特定の食品を
14:53
thatそれ eating食べる certainある foods食べ物 can reduce減らす
食べている人から
14:55
angiogenesis血管新生 in cancer?
どのような裏付けがとれるのかが気になります
14:57
Well, the bestベスト example I know知っている
私が知る 一番良い例は
15:00
is a study調査 of 79,000 men男性
7万9千人の男性を
15:02
followed続く over 20 years,
20年間 追跡研究した例です
15:04
in whichどの itそれ was found見つけた thatそれ men男性 who consumed消費された
調理したトマトを1週間に
15:06
cooked調理された tomatoesトマト two to three times a week週間
数回食べた男性は
15:08
had upアップ to a 50 percentパーセント reduction削減
前立腺ガン発生率が
15:10
in their彼らの riskリスク of developing現像 prostate前立腺 cancer.
半分に抑えられていました
15:13
Now, we我々 know知っている thatそれ tomatoesトマト are a good良い sourceソース of lycopeneリコペン,
トマトにはリコピンが豊富に含まれています
15:16
and lycopeneリコペン is antiangiogenic抗血管新生性の.
リコピンは血管新生抑制物質ですが
15:19
Butだがしかし what's何ですか even moreもっと interesting面白い fromから thisこの study調査
この研究のもっと興味深い点は
15:22
is thatそれ in thoseそれら men男性 who did develop開発する prostate前立腺 cancer,
前立腺ガンを発症した男性でも
15:24
thoseそれら who ate食べた moreもっと servingsサービング of tomatoトマト sauceソース
トマトソースを より多く食べていた人には
15:27
actually実際に had fewer少ない blood血液 vessels船舶
ガンを大きくする―
15:30
feeding給餌 their彼らの cancer.
血管が少なかったのです
15:32
Soだから thisこの human人間 study調査 is a primeプライム example
人間におけるこの研究は
15:34
of howどうやって antiangiogenic抗血管新生性の substances物質
食品に含まれる血管新生抑制物質と
15:36
presentプレゼント in foodフード and consumed消費された at practical実用的な levelsレベル
現実的に消費される量が いかにガンに対して
15:38
can impact影響 on cancer.
インパクトを出せるかという素晴らしい例です
15:41
And we're私たちは now studying勉強する
現在 我々は
15:43
the role役割 of a healthy健康 dietダイエット
オーニッシュ氏と
15:45
with〜と Deanディーン Ornishオルニッシュ at UCSFUCSF and Tuftsタフト University大学
UCSFとタフツ大学と共同で
15:47
on the role役割 of thisこの healthy健康 dietダイエット on markersマーカー of angiogenesis血管新生
健康的な食事が血中の血管新生マーカーに
15:50
thatそれ we我々 can find見つける in the bloodstream血流.
どのような影響をもたらすのか研究中です
15:53
Now, obviously明らかに, what I've私は shared共有 with〜と you君は has some一部 far-ranging遠くまで implications意義,
私がお見せしたのは 明らかにガン研究を越えた
15:56
even beyond超えて cancer research研究.
幅広い意味をもっています
15:59
Becauseというのは ifif we're私たちは right, itそれ could impact影響 on consumer消費者 education教育,
我々が正しければ消費者教育や
16:01
foodフード servicesサービス, publicパブリック health健康
食品サービス 公衆衛生
16:04
and even the insurance保険 industry業界.
そして保険会社にさえ影響をもたらせます
16:06
And, in fact事実, some一部 insurance保険 companies企業
実際に一部の保険会社は
16:08
are already既に beginning始まり to think思う along一緒に theseこれら lines.
このようなことを検討し始めています
16:10
Checkチェック outでる thisこの ad広告 fromから Blue Crossクロス Blue Shieldシールド of Minnesotaミネソタ州.
この保険会社の広告を見てください
16:12
And for manyたくさんの people aroundまわり the world世界,
世界中の多くの方にとって
16:16
dietary食物 cancer prevention防止
抗ガン食事療法は
16:18
mayかもしれない be the onlyのみ practical実用的な solution溶液
現実的な唯一の解決策かもしれません
16:20
becauseなぜなら notない everybodyみんな can afford余裕 expensive高価な end-stage末期 cancer treatments治療,
末期ガン治療は高額だからです
16:22
butだけど everybodyみんな could benefit利益 fromから
しかし地元でできる地球に優しい―
16:25
a healthy健康 dietダイエット basedベース on local地元, sustainable持続可能な,
血管新生を抑制する農作物でつくる健康的な食事は
16:27
antiangiogenic抗血管新生性の crops作物.
誰もが恩恵を受けられます
16:30
Now, finally最後に,
最後になりますが
16:33
I've私は talked話した to you君は about foodフード,
食品の話や
16:35
and I've私は talked話した to you君は about cancer,
ガンに関して 話してきましたが
16:37
soそう there'sそこに justちょうど one1 moreもっと disease疾患 thatそれ I have to telltell you君は about
もう一つ 付け加えなくてはいけません
16:39
and that'sそれは obesity肥満.
肥満についてです
16:42
Becauseというのは itそれ turnsターン outでる thatそれ
脂肪組織は
16:44
adipose脂肪 tissue組織, fat脂肪,
血管新生に左右されることが
16:46
is highly高く angiogenesis血管新生 dependent依存.
わかったからです
16:48
And, like a tumor腫瘍, fat脂肪 grows成長する whenいつ blood血液 vessels船舶 grow成長する.
血管が増えると脂肪は大きくなります
16:50
Soだから the question質問 is: Can we我々 shrinkシュリンク fat脂肪
では 血液供給を止めることで
16:53
by cutting切断 off itsその blood血液 supply供給?
脂肪を縮小できるのでしょうか
16:56
Soだから the top curve曲線 showsショー the body weight重量
上のカーブは遺伝子操作で肥満にした
16:58
of a genetically遺伝的に obese肥満 mouseマウス
ネズミの体重です
17:01
thatそれ eats食べる nonstopノンストップ
テニスボールのように太るまで
17:03
until〜まで itそれ turnsターン fat脂肪, like thisこの furry毛むくじゃら tennisテニス ball.
食べ続けるネズミです
17:05
And the bottom curve曲線 is the weight重量 of a normal正常 mouseマウス.
下のカーブは普通のネズミの体重です
17:09
Ifもし you君は take the obese肥満 mouseマウス and give itそれ
肥満のネズミに 血管新生の
17:12
an angiogenesis血管新生 inhibitor阻害剤, itそれ loses敗れる weight重量.
阻害物質を与えると 減量しますが
17:14
Stop停止 the treatment処理, gains利益 the weight重量 backバック.
治療を止めると体重は戻ります
17:16
Restart再起動 the treatment処理, loses敗れる the weight重量 again再び.
治療を再開すると また減量し
17:18
Stop停止 the treatment処理, itそれ gains利益 the weight重量 backバック.
治療を止めると また増量します
17:20
And, in fact事実, you君は can cycleサイクル the weight重量 upアップ and downダウン
血管新生を抑制するだけで
17:22
simply単に by inhibiting阻害する angiogenesis血管新生.
体重は上下するため
17:24
Soだから thisこの approachアプローチ thatそれ we're私たちは taking取る for cancer prevention防止
抗ガン用として取り組んでいる この方法は
17:27
mayかもしれない alsoまた、 have an application応用
肥満に対しても
17:29
for obesity肥満.
応用できるかもしれません
17:31
The really本当に, truly真に interesting面白い thingもの about thisこの
このうえなく興味をさそうのは
17:33
is thatそれ we我々 can'tできない take theseこれら obese肥満 miceマウス
肥満のネズミの体重を
17:35
and make作る themそれら lose失う moreもっと weight重量
平均的なネズミの体重以下に
17:37
thanより what the normal正常 mouse'sマウスの weight重量 is supposed想定される to be.
落とす事はできないことです
17:39
In otherその他 words言葉, we我々 can'tできない create作成する supermodelスーパーモデル miceマウス.
スーパーモデル並みの
17:42
(Laughter笑い)
ネズミは作れません
17:44
And thisこの speaks話す to the role役割 of angiogenesis血管新生
これは血管新生が
17:46
in regulating規制する healthy健康 setセット pointsポイント.
健康を制御する設定値の役目を果たすことを指しています
17:48
Albertアルバート Szent-Gyorgiセジェントギョルギ once一度 said前記 thatそれ,
セントジェルジは かつて言いました
17:51
"Discovery発見 consists〜する of seeing見る what everyoneみんな has seen見た,
“発見とは誰もが見たことを見て
17:53
and thinking考え what noいいえ one1 has thought."
誰も考えなかったことを考え 生まれる”
17:56
I hope希望 I've私は convinced確信している you君は
ガンや肥満や他の病気の
17:58
thatそれ, for diseases病気 like cancer, obesity肥満 and otherその他 conditions条件,
共通の要素である血管新生に太刀打ちする
18:00
thatそれ thereそこ mayかもしれない be a greatすばらしいです powerパワー
威力の可能性が
18:03
in attacking攻撃 their彼らの common一般 denominator分母: angiogenesis血管新生.
あることをわかっていただけたでしょうか
18:05
And that'sそれは what I think思う the world世界 needsニーズ now. Thankありがとうございます you君は.
これこそ世界に今 必要なものです ありがとう
18:08
(Applause拍手)
(拍手)
18:11
June六月 Cohenコーエン: I have a quickクイック question質問 for you君は. Soだから theseこれら drugs薬物 aren'tない exactly正確に ...
このような薬は現在
18:22
they're彼らは notない exactly正確に in mainstream主流 cancer treatments治療 right now.
ガン治療の主流であるとは言えません
18:25
For anyone誰でも outでる hereここに who has cancer,
ガン患者の方には
18:28
what would you君は recommendお勧めする?
何を勧めますか
18:30
Do you君は recommendお勧めする pursuing追求 theseこれら treatments治療 now, for most最も cancer patients患者?
このような治療を勧めますか
18:32
Williamウィリアム Li: Soだから thereそこ are antiangiogenic抗血管新生性の treatments治療
これは米食品医薬品局が
18:35
thatそれ are FDAFDA approved承認された,
承認している血管新生抑制治療です
18:37
and ifif you'reあなたは a cancer patient患者
ガン患者である場合や
18:39
orまたは workingワーキング for one1 orまたは advocating主張する for one1,
ガン患者に携わる方である場合は
18:41
you君は should ask尋ねる about themそれら.
ぜひ検討すべきです
18:43
And thereそこ are manyたくさんの clinical臨床的 trials試行.
治験もたくさん行われています
18:45
The Angiogenesis血管新生 Foundation財団 is following以下 almostほぼ 300 companies企業,
約300社が100種類ほどの生物製剤を
18:48
and thereそこ are about 100 moreもっと
開発中であることを
18:51
drugs薬物 in thatそれ pipelineパイプライン.
我々は把握しています
18:53
Soだから consider検討する the approved承認された onesもの,
ですから承認された薬を考慮し
18:55
look見える for clinical臨床的 trials試行,
治験も試してほしいです
18:57
butだけど then次に betweenの間に what the doctor医師 can do for you君は,
医者まかせだけでなく
18:59
we我々 need必要 to start開始 asking尋ねる what can we我々 do for ourselves自分自身.
自分でできることを考えるのも大切です
19:01
And thisこの is one1 of the themesテーマ thatそれ I'm私は talking話す about
これは私が話をしているテーマの一つで
19:03
is we我々 can empower力を与える ourselves自分自身 to do the thingsもの
医師が施すことができないものを
19:05
thatそれ doctors医師 can'tできない do for us,
自分たちでできるようにするということです
19:07
whichどの is to useつかいます knowledge知識 and take actionアクション.
知識を使い 行動を起こすのです
19:09
And ifif Mother Nature自然 has given与えられた us some一部 clues手がかり,
大自然が我々にヒントを与えてくれているなら
19:11
we我々 think思う thatそれ thereそこ mightかもしれない be a new新しい future未来
我々が口にするものの価値に
19:14
in the value of howどうやって we我々 eat食べる.
新しい未来があるかもしれません
19:16
And what we我々 eat食べる is really本当に our我々の chemotherapy化学療法 three times a day.
我々の食事は一日3回の化学療法です
19:18
JCJC: Right. And along一緒に thoseそれら lines,
そうおっしゃるということは
19:21
for people who mightかもしれない have riskリスク factors要因 for cancer,
ガン発病のリスクを抱える人たちに
19:23
would you君は recommendお勧めする pursuing追求 anyどれか treatments治療 sortソート of prophylactically予防的
ガンを予防する治療を勧めますか
19:26
orまたは simply単に pursuing追求 the right dietダイエット
それともトマトソースを多く摂るなど
19:29
with〜と lots of tomatoトマト sauceソース?
正しい食事を心がけるだけでいいですか
19:31
WLWL: Well, you君は know知っている, there'sそこに abundant豊富 epidemiological疫学的 evidence証拠.
疫学的証拠は十分にあります
19:33
And I think思う in the information情報 age年齢,
情報化時代にいるのですから
19:36
itそれ doesn'tしない take long長いです to go to a credible信頼できる sourceソース
国立医学図書館のデータベースのように
19:38
like PubMedPubMed, the Nationalナショナル Libraryとしょうかん of Medicine医学,
確かな情報源はすぐに見つけられます
19:40
to look見える for epidemiological疫学的 studies研究
食事や一般薬に基づく
19:42
for cancer riskリスク reduction削減
ガンのリスク軽減のための
19:44
basedベース on dietダイエット and basedベース on common一般 medications.
疫学研究の情報を探せます
19:46
And that'sそれは certainly確かに something何か thatそれ anybody can look見える into.
これは誰でも調べられることです
19:49
JCJC: Okayオーケー. Well, thank感謝 you君は soそう muchたくさん.
ありがとうございました
19:51
(Applause拍手)
(拍手)
19:53
Translated by Takako Sato
Reviewed by Kayo Mizutani

▲Back to top

About the speaker:

William Li - Cancer researcher
William Li heads the Angiogenesis Foundation, a nonprofit that is re-conceptualizing global disease fighting.

Why you should listen

Many of society’s most devastating diseases -- cancer, cardiovascular disease, diabetes and Alzheimer’s, to name a few -- share a common denominator: faulty angiogenesis, the body’s growth of new capillary blood vessels. Given excessive or insufficient blood vessel growth, serious health issues arise. While researching under Harvard surgeon Judah Folkman, who pioneered the study of angiogenesis, Li learned how angiogenesis-based medicine helps patients overcome numerous diseases by restoring the balance of blood-vessel growth.
 
Li co-founded the Angiogenesis Foundation in 1994. The foundation’s Project ENABLE -- a global system that integrates patients, medical experts and healthcare professionals -- democratizes the spread and implementation of knowledge about angiogenesis-based medicines, diet and lifestyle. Some 40,000 physicians have been educated on new treatments, ranging from cancer care to wound care, by the foundation’s faculty of medical experts, and they are bringing new, lifesaving and disease-preventing techniques to people around the world.

More profile about the speaker
William Li | Speaker | TED.com