English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2006

Julia Sweeney: Letting go of God

ジュリア・スウィーニー: 神様との決別

Filmed
Views 3,828,616

ジュリア・スウィーニー(出演作 God Said, "Ha!")が2006年に行ったソロ・ショー「神様との決別」(Letting Go of God)から、初めの15分間を演じます。ある日、彼女の家を訪ねて来た2人の若いモルモン宣教師が、彼女自身の信念を考え直すきっかけを作り出します。

- Actor, comedian, playwright
Julia Sweeney creates comedic works that tackle deep issues: cancer, family, faith. Full bio

On September9月 10, the morning of my seventh第七 birthdayお誕生日,
9月10日 私が7才になった誕生日の朝
00:25
I came来た downstairs階下 to the kitchenキッチン, where my mother was washing洗浄 the dishes料理
母は台所で食器洗いをして
00:28
and my fatherお父さん was reading読書 the paper or something,
父は新聞を読んでいたの
00:32
and I sortソート of presented提示された myself私自身 to them in the doorway戸口, and they said,
私の姿を見て 両親は“お誕生日おめでとう”
00:35
"Hey, happyハッピー birthdayお誕生日!" And I said, "I'm sevenセブン."
”7才になったよ” と私
00:38
And my fatherお父さん smiled微笑んだ and said,
父がニコッとして言ったの
00:43
"Well, you know what that means手段, don't you?"
“7才になる意味はわかってるね?”
00:45
And I said, "Yeah, that I'm going to have a partyパーティー and a cakeケーキ
“ケーキを食べたりプレゼントを貰うってこと?”
00:47
and get a lot of presentsプレゼント?" And my dadパパ said, "Well, yes.
“そうとも言えるけど もっと大事なのは
00:50
But, more importantly重要なこと, beingであること sevenセブン means手段 that you've reached到達した the age年齢 of reason理由,
7才は分別年齢に達したってことさ
00:54
and you're now capable可能な of committingコミットする any and all sins againstに対して God and man."
神と人に対して罪を犯す可能性があるんだよ”
00:59
(Laughter笑い)
(笑)
01:03
Now, I had heard聞いた this phraseフレーズ, "age年齢 of reason理由," before.
“分別年齢”って表現はその前から聞いたことはあった
01:06
Sisterシスター Maryメアリー Kevinケビン had been bandying包帯 it about
2年生のクラスで シスターが言ってたの
01:09
my second-grade二年生 classクラス at school学校. But when she said it,
でもシスターが言ってたのは
01:12
the phraseフレーズ seemed見えた all caught捕らえられた up in the excitement興奮 of preparations準備
初めての聖餐や懺悔の準備に関わる―
01:14
for our first communion聖体拝領 and our first confession告白,
興奮のように聞こえたのよ
01:17
and everybodyみんな knew知っていた that was really all about the white dressドレス and the white veilベール,
白いドレスを着てベールをつけることだって思ってた
01:19
and anywayとにかく, I hadn'tなかった really paid支払った all that much attention注意 to that phraseフレーズ, "age年齢 of reason理由."
“分別年齢”という表現は 深く考えたことがなかったから
01:24
So, I said, "Yeah, yeah, age年齢 of reason理由. What does that mean again?"
“もう一度おしえて” と言ったの
01:28
And my dadパパ said, "Well, we believe in the Catholicカトリック Church教会
父が言うには “カトリック教会ではね
01:33
that God knows知っている that little kids子供たち don't know the difference betweenの間に right and wrong違う,
小さな子どもは善悪の区別が出来ないと神はわかってるけど
01:36
but when you're sevenセブン, you're old古い enough十分な to know better.
7才だと分別できるようになるんだ
01:40
So, you've grown成長した up, and reached到達した the age年齢 of reason理由, and now
もう大きくなったから これからは
01:42
God will start開始 keeping維持 notesノート on you and beginベギン your permanent永久的な record記録."
神様がお前の永久記録をつけ始めるのさ”
01:46
(Laughter笑い)
(笑)
01:50
And I said, "Oh. Wait a minute. You mean all that time,
“そうなんだ でも待って 今日までずっと良い子にしてたのに
01:51
up tillまで today今日, all that time I was so good, God didn't notice通知 it?"
神様は気づいてくれなかったの?”
01:58
And my momママ said, "Well, I noticed気づいた it."
“いや 私は気づいてたよ” と母
02:04
(Laughter笑い)
(笑)
02:07
And I thought, "How could I not have known既知の this before?
私は思ったわ “どうして
02:09
How could it not have sunk沈んだ in when they'd彼らは been telling伝える me?
今まで知らなかったのかしら?
02:11
All that beingであること good and no realリアル creditクレジット for it.
良い子にしてた意味がないじゃない
02:13
And, worst最悪 of all, how could I not have realized実現した this very important重要 information情報
こんなに大事な情報を 意味がなくなる日まで
02:16
until〜まで the very day that it was basically基本的に useless役に立たない to me?"
知らなかったなんて最悪よ
02:19
So I said, "Well, Momママ and Dadパパ, what about Santaサンタ Clausクラウス?
“じゃあ サンタさんは 良い子か
02:23
I mean, Santaサンタ Clausクラウス knows知っている if you're naughtyいたずら or niceいい, right?"
悪い子かわかってるんでしょう?” と私
02:26
And my dadパパ said, "Yeah, but, honeyはちみつ,
父は “感謝祭と
02:30
I think that's technically技術的に just betweenの間に Thanksgiving感謝祭 and Christmasクリスマス."
クリスマスの間だけだと思うよ”
02:32
And my mother said, "Oh, Bobボブ, stop it. Let's just tell her.
母は “お父さん 教えちゃいましょうよ
02:35
I mean, she's sevenセブン. Julieジュリー, there is no Santaサンタ Clausクラウス."
この子は7才よ サンタなんていないの”
02:38
(Laughter笑い)
(笑)
02:42
Now, this was actually実際に not that upsetting怒らせる to me.
実はね これにはあまり驚きはしなかった
02:45
My parents had this whole全体 elaborate精巧な storyストーリー about Santaサンタ Clausクラウス:
出来過ぎた話だと思ってたの
02:49
how they had talked話した to Santaサンタ Clausクラウス himself彼自身 and agreed同意した
普通の家ではクリスマスイブの夜に
02:51
that instead代わりに of Santaサンタ delivering配信する our presentsプレゼント over the night of Christmasクリスマス Eveイブ,
サンタがプレゼントを届けて 翌朝一番に
02:54
like he did for everyすべて other family家族
プレゼントを開けるけど
02:57
who got to open開いた their彼らの surprises驚き first thing Christmasクリスマス morning,
うちは両親が事前にサンタと相談してたから
02:59
our family家族 would give Santaサンタ more time.
サンタが来る時間が遅いわけ
03:02
Santaサンタ would come to our house while we were at nine9人 o'clock high高い mass質量
来る時間は 大ミサが行われるクリスマスの朝9時
03:05
on Christmasクリスマス morning, but only if all of us kids子供たち did not make a fuss大騒ぎ.
でも良い子にしていないと来てくれない
03:08
Whichどの made me very suspicious疑わしい.
とっても怪しいと思ったわ
03:12
It was prettyかなり obvious明らか that it was really our parents giving与える us the presentsプレゼント.
両親がプレゼントを用意してるのは明らかだった
03:15
I mean, my dadパパ had a very distinctive独特の wrappingラッピング styleスタイル,
父の包装の仕方は独特だったし
03:19
and my mother's母親の handwriting手書き was so close閉じる to Santa'sサンタの.
母とサンタの筆跡はそっくり
03:22
Plusプラス, why would Santaサンタ saveセーブ time by having持つ to loopループ back
それに サンタが皆の家を回って
03:26
to our house after he'd彼は gone行った to everybodyみんな else's他の?
わざわざ うちまで戻ってくるなんて変よね
03:28
There's only one obvious明らか conclusion結論 to reachリーチ from this mountain of evidence証拠:
たくさんある証拠から導ける確かな結論は1つしかない
03:31
our family家族 was too strange奇妙な and weird奇妙な
我が家はあまりに異色すぎて
03:35
for even Santaサンタ Clausクラウス to come visit訪問,
サンタさえ来ない
03:38
and my poor貧しい parents were trying試す to protect保護する us from the embarrassment恥ずかしさ,
両親は陽気なサンタに拒否された恥ずかしさから
03:40
this humiliation屈辱 of rejection拒絶 by Santaサンタ, who was jolly愉快な --
私たちを守ろうと頑張っていた
03:43
but, let's face it, he was alsoまた、 very judgmental判断力のある.
でもサンタだって良い子にしかプレゼントをくれない
03:47
So, to find out that there was no Santaサンタ Clausクラウス at all was actually実際に sortソート of a relief救済.
だから サンタが架空だってことは ある意味 安心できたの
03:50
I left the kitchenキッチン not really in shockショック about Santaサンタ,
あまりショックを受けず台所を後にしたんだけど
03:55
but ratherむしろ I was just dumbfounded愚かな
分別年齢を知らなかったことは
03:58
about how I could have missed逃した this whole全体 age年齢 of reason理由 thing.
本当に唖然としちゃったわ
03:59
It was too late遅く for me, but maybe I could help someone誰か elseelse,
私には役に立たないけど この情報が使える―
04:03
someone誰か who could use the information情報.
誰かに教えてあげられる
04:06
They had to fitフィット two criteria基準:
それには基準が2つ
04:08
they had to be old古い enough十分な to be ableできる to understandわかる
分別年齢の概念を
04:10
the whole全体 concept概念 of the age年齢 of reason理由, and not yetまだ sevenセブン.
理解できて 7才未満であること
04:12
The answer回答 was clearクリア: my brother Billビル. He was six6.
弟のビルは6才だわ
04:16
Well, I finally最後に found見つけた Billビル about a blockブロック away from our house
弟は近所にある学校の遊び場で
04:19
at this publicパブリック school学校 playground遊び場. It was a Saturday土曜日,
遊んでた 土曜日だったの
04:22
and he was all by himself彼自身, just kicking蹴る a ball againstに対して the side of a wall.
1人でボール蹴りして遊んでいた弟に
04:24
I ran走った up to him and said, "Billビル!
私は走り寄って言ったの
04:28
I just realized実現した that the age年齢 of reason理由 starts開始する when you turn順番 sevenセブン,
“分別年齢は7才からだって 今わかったの
04:30
and then you're capable可能な of committingコミットする any and all sins
7才になると罪を犯す可能性が出ちゃうのよ”
04:33
againstに対して God and man." And Billビル said, "So?" And then I said,
”だから何?” “7才まであと1年あるじゃない
04:35
"So, you're six6. You have a whole全体 year to do anything you want to
それまで何をしても神様は気づかないのよ”
04:39
and God won't〜されません notice通知 it." And he said, "So?" And I said,
“それで?” と弟 “あんたバカね!”
04:43
"So? So everything!" And I turned回した to run走る. I was so angry怒っている with him.
走って帰ろうと思ったけど 頭に来たから
04:47
But when I got to the top of the stepsステップ, I turned回した around dramatically劇的に
階段を上った所で 思わせぶりに振り返り
04:53
and said, "Oh, by the way, Billビル, there is no Santaサンタ Clausクラウス."
“そういえばね サンタなんていないのよ”
04:55
(Laughter笑い)
(笑)
05:00
Now, I didn't know it at the time,
その当時は知らなかったんだけど
05:02
but I really wasn'tなかった turning旋回 sevenセブン on September9月 10.
9月10日に7才になったわけじゃなかった
05:04
For my 13thth birthdayお誕生日, I planned計画された a slumber眠り partyパーティー with all of my girlfriendsガールフレンド,
13歳の誕生日に お泊まり会を計画したの
05:07
but a coupleカップル of weeks beforehand予め my mother took取った me aside脇に and said,
でも その数週間前に 母に呼ばれて言われたの
05:11
"I need to speak話す to you privately私的に.
“話さなくちゃいけないことがあるの
05:14
September9月 10 is not your birthdayお誕生日. It's October10月 10." And I said, "What?"
誕生日は9月10日ではなく10月10日なの” “えっ?”
05:18
(Laughter笑い)
(笑)
05:24
And she said, "Listen. The cut-off断つ date日付 to start開始 kindergarten幼稚園 was September9月 15."
“幼稚園に入るには9月15日以前に生まれた子どもって言うもんだから”
05:25
(Laughter笑い)
(笑)
05:33
"So, I told them that your birthdayお誕生日 was on September9月 10,
“だから誕生日は9月10日だって言ったのよ
05:34
and then I wasn'tなかった sure that you weren'tなかった just going to go blab笑い it all over the place場所,
あなたが いろんなところで言いふらしたら困るから
05:37
so I started開始した to tell you your birthdayお誕生日 was September9月 10.
誕生日は9月10日だって言い始めたのよ
05:41
But, Julieジュリー, you were so ready準備完了 to start開始 school学校, honeyはちみつ. You were so ready準備完了."
でもね あなたは準備万端だったのよ”
05:45
I thought about it, and when I was four4つの,
私は4歳のとき
05:49
I was already既に the oldest最も古い of four4つの children子供,
既に4人兄弟の一番上で
05:51
and my mother even had another別の child to come,
母は5人目を妊娠中だったから
05:53
so what I think she understandably分かりやすく really meant意味した was that she was so ready準備完了,
母が意味していたのは 彼女が準備万端だったのよ
05:55
she was so ready準備完了. Then she said,
それで母は言ったの
05:58
"Don't worry心配, Julieジュリー, everyすべて year on October10月 10 when it was your birthdayお誕生日
“心配しないで 毎年10月10日の誕生日には
06:01
but you didn't realize実現する it, I made sure
気づかなかったでしょうけど
06:04
that you ate食べた a pieceピース of cakeケーキ that day."
ケーキを食べさせてたのよ”
06:06
(Laughter笑い)
(笑)
06:09
Whichどの was comforting慰め, but troubling厄介な.
嬉しいのか何なのか
06:12
My mother had been celebrating祝う my birthdayお誕生日 with me, withoutなし me.
私がその場にいながら 母は私抜きで誕生日を祝ってたの
06:14
What was so upsetting怒らせる about this new新しい pieceピース of information情報
これを聞いて動揺したのは
06:19
was not that I was going to have to change変化する the date日付 of my slumber眠り partyパーティー
お泊まり会の日を
06:22
with all of my girlfriendsガールフレンド,
変更することではなく
06:24
what was most最も upsetting怒らせる was that this meant意味した that I was not a Virgo乙女座.
実は乙女座じゃなかったってこと
06:26
I had a huge巨大 Virgo乙女座 posterポスター in my bedroom寝室,
部屋に大きな乙女座のポスターを貼っていて
06:30
and I read読む my horoscope星占い everyすべて singleシングル day, and it was so totally完全に me.
毎日星占いも読んでたの しかも占いは大当たり
06:33
(Laughter笑い)
(笑)
06:38
And this meant意味した that I was a Libra天秤座?
私は天秤座だったってこと?
06:40
So, I took取った the busバス downtownダウンタウン to get the new新しい Libra天秤座 posterポスター.
だから 私は天秤座のポスターを買いに行ったの
06:42
The Virgo乙女座 posterポスター is a picture画像 of a beautiful綺麗な woman女性 with long hairヘア,
乙女座のポスターは長い髪の美女が
06:46
sortソート of loungingゆったりとした by some water,
水辺で くつろいでいる絵だけど
06:49
but the Libra天秤座 posterポスター is just a huge巨大 scale規模.
天秤座は巨大な天秤だけ
06:51
This was around the time that I started開始した filling充填 out physically物理的に,
当時 私は成長期で
06:54
and I was filling充填 out a lot more than a lot of the other girls女の子,
他の子よりも成長が早かったから
06:56
and, frankly率直に, the whole全体 ideaアイディア that my astrological占星術 sign符号 was a scale規模
正直 サインが天秤だなんて
06:59
just seemed見えた ominous不吉 and depressing落ち込む.
不吉で憂鬱にしか感じなかった
07:03
(Laughter笑い)
(笑)
07:06
But I got the new新しい Libra天秤座 posterポスター,
でも新しいポスターを買って
07:09
and I started開始した to read読む my new新しい Libra天秤座 horoscope星占い,
天秤座の星占いを読み始めたら
07:11
and I was astonished驚いた to find that it was alsoまた、 totally完全に me.
あまりにも私にぴったりだったから驚いたわ
07:14
It wasn'tなかった until〜まで years later後で, looking back
分別年齢や誕生日の話を
07:20
on this whole全体 age-of-reason年齢の理由/change-of-birthday誕生日の変更 thing,
思い出して 7才になったと思ったときに
07:22
that it dawned夜明け on me: I wasn'tなかった turning旋回 sevenセブン
実はまだ6才だったと気づいたのは
07:25
when I thought I turned回した sevenセブン. I had a whole全体 other month
しばらくしてからなの 神様が私の記録を
07:27
to do anything I wanted to before God started開始した keeping維持 tabsタブ on me.
つけ始めるまで 自由な時間が1か月もあったのよ
07:30
Oh, life can be so cruel残酷な.
ああ 人生って残酷よね
07:34
One day, two Mormonモルモン missionaries宣教師 came来た to my doorドア.
ある日 モルモン宣教師2人組が訪ねて来たの
07:38
Now, I just liveライブ off a mainメイン thoroughfare道順 in Losロス Angelesアンジェルス,
ロスの賑やかな場所に住んでいたから
07:42
and my blockブロック is -- well, it's a naturalナチュラル beginning始まり
セールスや勧誘の人が 家々を
07:44
for people who are peddling行商 things doorドア to doorドア.
回り始める場所だったの
07:47
Sometimes時々 I get little old古い ladies女性 from the Seventh第七 Day Adventistアドベンティスト Church教会
セブンスデー・アドベンチスト教会の婦人が
07:50
showing表示 me these cartoon漫画 picturesピクチャー of heaven天国.
天国の絵を持って来たり
07:53
And sometimes時々 I get teenagersティーンエイジャー who promise約束する me that they won't〜されません join参加する a gangギャング
雑誌の購読契約をしてくれれば 僕はギャングになったり
07:55
and just start開始 robbing強奪 people if I only buy購入
強奪はしないよと言う
07:59
some magazineマガジン subscriptionsサブスクリプション from them.
10代の子が来ることもあった
08:01
So, normally通常は I just ignore無視する the doorbellドアベル, but on this day I answered答えた.
だから普段は居留守を使うんだけど この日は出たの
08:03
And there stood立っていた two boys男の子, each about 19,
糊がきいた白の半袖シャツを着た19歳位の
08:08
in white starched澱粉 short-sleeved半袖 shirtsシャツ, and they had little name tagsタグ
男の子が2人立っていて
08:10
that identified特定された them as official公式 representatives代表者
末日聖徒イエス・キリスト教会の代表者だと
08:14
of the Church教会 of Jesusイエス Christキリスト of Latter-day後日 Saints聖人,
書いてある小さな名札をつけていた
08:16
and they said they had a messageメッセージ for me from God.
その2人は 神からのお言葉を伝えに来たって言うの
08:20
I said, "A messageメッセージ for me? From God?" And they said, "Yes."
“神様から私宛ての伝言?” “そうです”
08:23
Now, I was raised育った in the Pacificパシフィック Northwest北西,
私は末日聖徒教会の信者がたくさんいる―
08:29
around a lot of Church教会 of Latter-day後日 Saints聖人 people and, you know,
アメリカの太平洋沿岸で育ったから
08:31
I've worked働いた with them and even dated日付 them,
仕事も一緒にしたり デートだってしたことがある
08:34
but I never really knew知っていた the doctrine教義 or what they said to people
でも 教義や 布教活動でどんなことを言うのか―
08:36
when they were out on a missionミッション, and I guess推測 I was, sortソート of, curious好奇心,
無知だったから 好奇心が出ちゃって
08:38
so I said, "Well, please, come in." And they looked見た really happyハッピー,
“お入りください” と言ったら とても嬉しそうだった
08:41
because I don't think this happens起こる to them all that oftenしばしば.
家に上がるなんて稀だと思うの
08:44
(Laughter笑い)
(笑)
08:47
And I sat座っている them down, and I got them glasses眼鏡 of water --
彼らには座ってもらい 水を差しだしたの
08:49
OK, I got it. I got them glasses眼鏡 of water.
水を差しだした部分からね
09:03
Don't touchタッチ my hairヘア, that's the thing.
髪を触っちゃいけないのよね
09:06
(Laughter笑い)
(笑)
09:08
You can't put a videoビデオ of myself私自身 in frontフロント of me
自分が映るビデオを目の前にして
09:11
and expect期待する me not to fix修正する my hairヘア.
髪を触らないなんて無理よ
09:14
(Laughter笑い)
(笑)
09:16
OK. So I sat座っている them down and I got them glasses眼鏡 of water,
彼らには座ってもらい 水を差しだした
09:17
and after niceties細心の注意 they said, "Do you believe that God loves愛する you with all his heartハート?"
軽い会話の後 “神が心から愛してくれていると信じますか?” って聞かれたの
09:23
And I thought, "Well, of courseコース I believe in God,
私は心の中で “もちろん神様のことは信じているけど
09:28
but, you know, I don't like that wordワード, heartハート,
心っていう言葉が引っかかる
09:32
because it anthropomorphizes擬人化する God,
神を擬人化しちゃうもの
09:34
and I don't like the wordワード, 'his'彼,' eitherどちらか, because that sexualizes性的な God."
それに神を ‘彼’として扱うのも好きじゃない”
09:37
But I didn't want to argue主張する semantics意味論 with these boys男の子,
でも語意で争いたくなかったから
09:41
so after a very long, uncomfortable不快な pause一時停止する, I said
ぎこちなくて長い沈黙の後
09:44
"Yes, yes, I do. I feel very loved愛された."
“はい 深い愛を感じます”
09:47
And they looked見た at each other and smiled微笑んだ,
模範解答だったかのように
09:52
like that was the right answer回答. And then they said,
彼らは顔を見合わせ にっこりした
09:53
"Do you believe that we're all brothersブラザーズ and sisters姉妹 on this planet惑星?"
“人類みな兄弟だと信じますか?”
09:56
And I said, "Yes, I do. Yes, I do." And I was so relieved安心した
“はい 信じます”
09:59
that it was a question質問 I could answer回答 so quickly早く.
即答できる質問でホッとしたわ
10:01
And they said, "Well, then we have a storyストーリー to tell you."
“聴かせたいお話があるんです”
10:04
And they told me this storyストーリー all about this guy named名前 Lehiリーハイ,
彼らは紀元前600年にエルサレムにいたという―
10:08
who lived住んでいました in Jerusalemエルサレム in 600 BC紀元前.
リーハイという男の話を始めたの
10:11
Now, apparently明らかに in Jerusalemエルサレム in 600 BC紀元前,
その当時は男も女も
10:14
everyoneみんな was completely完全に bad悪い and evil悪の. Everyすべて singleシングル one of them:
子どもも 赤ん坊も 胎児も
10:16
man, woman女性, child, infant幼児, fetus胎児.
みんな邪悪だったらしく
10:19
And God came来た to Lehiリーハイ and said to him, "Put your family家族 on a boatボート
リーハイは “ボートにみんなを乗せれば
10:22
and I will lead you out of here." And God did lead them.
ここから脱出させてあげよう” という啓示を受け
10:25
He led them to Americaアメリカ.
アメリカに移住したって言うの
10:29
I said, "Americaアメリカ? From Jerusalemエルサレム to Americaアメリカ by boatボート in 600 BC紀元前?"
“紀元前600年にボートでエルサレムからアメリカに来たって?”
10:32
And they said, "Yes."
“そうです”
10:40
(Laughter笑い)
(笑)
10:42
Then they told me how Lehiリーハイ and his descendants子孫
リーハイとその子孫は
10:44
reproduced再現 and reproduced再現, and over the courseコース of 600 years
600年の間 子孫を増やして
10:46
there were two great racesレース of them, the Nephitesニーファイスト and the Lamanitesレーマン人,
ニーファイ人とレーマン人の2つの人種に大きく分かれた
10:49
and the Nephitesニーファイスト were totally完全に, totally完全に good -- each and everyすべて one of them --
ニーファイ人は誰もが善良で
10:52
and the Lamanitesレーマン人 were totally完全に bad悪い and evil悪の --
レーマン人は誰もが
10:55
everyすべて singleシングル one of them just bad悪い to the bone.
骨の髄まで邪悪だったそうな
10:57
(Laughter笑い)
(笑)
10:59
Then, after Jesusイエス died死亡しました on the crossクロス for our sins,
キリストは十字架にかけられた後
11:00
on his way up to heaven天国 he stopped停止 by Americaアメリカ and visited訪問した the Nephitesニーファイスト.
天国へ行く途中 アメリカに寄ってニーファイ人を訪ね
11:03
(Laughter笑い)
(笑)
11:07
And he told them that if they all remained残った totally完全に, totally完全に good --
一人残らずニーファイ人が
11:08
each and everyすべて one of them --
善良でいるならば
11:11
they would win勝つ the war戦争 againstに対して the evil悪の Lamanitesレーマン人.
悪のレーマン人との戦いに勝たせてあげようと言ったんだって
11:13
But apparently明らかに somebody誰か blew吹っ飛んだ it,
でも 誰かが これをぶち壊しちゃった
11:16
because the Lamanitesレーマン人 were ableできる to kill殺します all the Nephitesニーファイスト.
レーマン人がニーファイ人を皆殺しにしたの
11:19
All but one guy, this guy named名前 Mormonモルモン,
でも 森に身を潜めて 生き延びた―
11:21
who managed管理された to survive生き残ります by hiding隠蔽 in the woods.
モルモンって男がいたのよ
11:23
And he made sure this whole全体 storyストーリー was written書かれた down
彼は事の全てを金版に神官文字で
11:26
in reformed改革された Egyptianエジプト人 hieroglyphics象形文字 chiseled彫刻された onto〜に goldゴールド platesプレート,
彫り刻み ニューヨークのパルミラ近くに
11:29
whichどの he then buried埋葬された near近く Palmyraパルミラ, New新しい Yorkヨーク.
埋めたそうなの
11:33
(Laughter笑い)
(笑)
11:37
Well, I was just on the edgeエッジ of my seatシート.
私は身を乗り出しちゃった
11:42
(Laughter笑い)
(笑)
11:45
I said, "What happened起こった to the Lamanitesレーマン人?"
“レーマン人はどうなったの?”
11:48
And they said, "Well, they becameなりました our Nativeネイティブ Americansアメリカ人 here in the U.S."
“彼らはアメリカでネイティブアメリカンとなりました”
11:51
And I said, "So, you believe the Nativeネイティブ Americansアメリカ人 are descended降下した
“邪悪な人たちの子孫がネイティブアメリカンだと
11:54
from a people who were totally完全に evil悪の?" And they said, "Yes."
信じてるの?” “そうです”
11:58
Then they told me how this guy named名前 Josephジョセフ Smithスミス
そして ジョセフ・スミスという人が
12:02
found見つけた those buried埋葬された goldゴールド platesプレート right in his backyard裏庭,
裏庭から金版と魔法の石を掘り出し
12:05
and he alsoまた、 found見つけた this magicマジック stone back there that he put into his hat帽子
それを帽子の中に入れて顔を埋めると
12:09
and then buried埋葬された his face into, and this allowed許可された him
神官文字から英語へと
12:12
to translate翻訳する the goldゴールド platesプレート from the reformed改革された Egyptianエジプト人 into English英語.
翻訳できたっていうの
12:15
Well, at this pointポイント I just wanted to give these two boys男の子
この時点で その男の子たちの
12:19
some advice助言 about their彼らの pitchピッチ.
売り込み方を指導したくなったわ
12:22
(Laughter笑い)
(笑)
12:24
I wanted to say, "OK, don't start開始 with this storyストーリー."
“その話から切り出しちゃだめよ” ってね
12:27
I mean, even the Scientologistsサイエントロジスト know to start開始 with a personality testテスト before they start開始 --
サイエントロジーだって ジヌーや宇宙の邪悪な帝王の話の前に
12:34
(Applause拍手)
(拍手)
12:39
-- telling伝える people all about XenuXenu, the evil悪の intergalactic銀河系間 overlord大将.
性格診断から始めるわよね
12:41
Well, then they said, "Do you believe that God speaks話す to us
2人は “義にかなう預言者を通じた―
12:46
throughを通して his righteous正義の prophets預言者?" And I said, "No, I don't."
神との対話を信じますか” “いいえ”
12:48
Because I was, sortソート of, upset動揺 about this Lamaniteレーマナイト storyストーリー
レーマン人や金版の話に
12:51
and this crazy狂った goldゴールド plateプレート storyストーリー, but the truth真実 was,
納得がいかなかったけど
12:53
I hadn'tなかった really thought this throughを通して, so I backpedaledバックペダル a little and I said,
実はよく考えてなかったから 少し考え直して
12:56
"Well, what exactly正確に do you mean by righteous正義の?
“義にかなう とか 預言者って
13:00
And what do you mean by prophets預言者? Like, could the prophets預言者 be women女性?"
どういう意味かしら? 女性でもなれるの?”
13:03
And they said, "No." And I said, "Why?" And they said,
“いいえ” と言う2人に私は理由を尋ねたの
13:07
"Well, it's because God gave与えた women女性 a gift贈り物 that is so spectacular素晴らしい,
“神は女たちに目覚ましい贈り物をしたので
13:11
it is so wonderful素晴らしい, that the only gift贈り物 he had left over to give men男性
男たちに残された唯一の贈り物が
13:16
was the gift贈り物 of prophecy預言."
預言なのです”
13:21
What is this wonderful素晴らしい gift贈り物 God gave与えた women女性, I wondered疑問に思った?
女が貰った贈り物って何だろう?
13:24
Maybe their彼らの greater大きい ability能力 to cooperate協力する and adapt適応する?
女性の協調性や適応力?
13:26
Women's婦人向け longerより長いです lifespan寿命? The fact事実 that women女性 tend傾向がある to be
男よりも長生きして 男よりも暴力的じゃないこと?
13:31
much lessもっと少なく violent暴力的な than men男性? But, no, it wasn'tなかった any of these giftsギフト.
でもそんなことじゃなかったの
13:34
They said, "Well, it's her ability能力 to bearくま children子供."
“子どもを産めることです” って言うの
13:38
I said, "Oh, come on. I mean, even if women女性 tried試した to have a baby赤ちゃん
“出産が原因で過労死しないと仮定して
13:41
everyすべて singleシングル year from the time they were 15 to the time they were 45,
女の人が15歳から45歳まで
13:44
assuming前提 they didn't die死ぬ from exhaustion疲労,
毎年子どもを産み続けたとしても
13:48
it still seems思われる like some women女性 would have some time left over
まだ神からの言葉を聴ける時間が
13:50
to hear聞く the wordワード of God." And they said, "No."
残っていそうだけど” “違います”
13:53
(Laughter笑い)
(笑)
13:57
Well, then they didn't look so fresh-faced新鮮な and cute可愛い to me any more,
彼らがもう初々しく見えなくなっちゃった
14:00
but they had more to say.
でも彼らは更に続けて
14:02
They said, "Well, we alsoまた、 believe that if you're a Mormonモルモン
“敬虔なモルモン教徒でいたならば
14:04
and if you're in good standing立っている with the church教会, when you die死ぬ
あなたが死を迎えるとき
14:07
you get to go to heaven天国 and be with your family家族 for all eternity永遠."
天国に行って永久に家族と一緒にいられるのです”
14:09
And I said, "Oh, dear親愛な --
“あら まあ!
14:14
(Laughter笑い)
(笑)
14:16
-- that wouldn'tしないだろう be suchそのような a good incentiveインセンティブ for me."
私には励みにもならないわね”
14:23
(Laughter笑い)
(笑)
14:25
And they said, "Oh -- hey, well, we alsoまた、 believe
さらに彼らは “天国では完全な状態の肉体を
14:26
that when you go to heaven天国 you get your body restored復元された
取り戻せると信じています
14:31
to you in its bestベスト original元の state状態.
例えば 足を失った人は
14:33
Like, if you'dあなたは lost失われた a leg, well, you get it back.
足を取り戻しますし
14:36
Or, if you'dあなたは gone行った blindブラインド, you could see."
盲人は視覚を取り戻します”
14:38
I said, "Oh -- now, I don't have a uterus子宮 because I had cancer
そこで私が “ガンで数年前に子宮を
14:40
a few少数 years ago. So, does this mean that if I went行った to heaven天国
摘出したけど 子宮も取り戻せるの?”
14:44
I would get my old古い uterus子宮 back?" And they said, "Sure."
“もちろんです”
14:47
And I said, "I don't want it back. I'm happyハッピー withoutなし it." Goshゴシュ.
“いらないわよ 無くて結構”
14:51
What if you had a nose jobジョブ and you liked好き it?
整形した鼻に満足している場合はどうなの?
14:57
(Laughter笑い)
(笑)
15:00
Would God force you to get your old古い nose back?
神は元の鼻をつけろ とでも言うのかしら
15:02
Well, then they gave与えた me this Book of Mormonモルモン,
その後モルモン書を渡されて
15:05
and they told me to read読む this chapter and that chapter,
後日戻って来るから
15:07
and they said they'd彼らは come back some day and checkチェック in on me,
読んでおくように言われたの
15:09
and I think I said something like, "Please don't hurry急いで,"
“それは結構よ”って―
15:11
or maybe it was just, "Please don't," and they were gone行った.
言ったと思うけど 彼らは帰って行った
15:13
OK, so, I initially当初 feltフェルト really superior優れました to these boys男の子,
月並みの信念に浸っている自分に
15:17
and smug酔っぱらい in my more conventional従来の faith信仰. But then,
初めは私の方が正しいと思ってたけど
15:20
the more I thought about it, the more I had to be honest正直な with myself私自身.
自分の信念も考え直すようになったの
15:23
If someone誰か came来た to my doorドア and I was hearing聴覚 Catholicカトリック theology神学
もし誰かが訪ねて来て カトリック神学や
15:26
and dogmaドグマ for the very first time, and they said,
教義を初めて聴かされ
15:29
"We believe that God impregnated含浸 a very young若い girl女の子
“神は性交渉なしに若い女の子を
15:32
withoutなし the use of intercourse性交,
身ごもらせて―
15:35
and the fact事実 that she was a virginバージン is maniacallyマニアックに important重要 to us --
その子が処女だって事実が大切なんだけど
15:37
(Laughter笑い)
(笑)
15:40
-- and she had a baby赤ちゃん, and that's the son息子 of God,"
彼女が神の子を産みました”
15:41
I mean, I would think that's equally均等に ridiculousばかげた.
なんて言われたら 馬鹿げてると思うもの
15:44
I'm just so used to that storyストーリー.
通説だから何も思わなかったのよ
15:47
(Laughter笑い)
(笑)
15:49
So, I couldn'tできなかった let myself私自身 feel condescending勘違いする towards方向 these boys男の子.
だから 2人には偉そうな顔ができなかった
15:50
But the question質問 they asked尋ねた me when they first arrived到着した
でも 最初に質問された―
15:53
really stuck立ち往生 in my head:
神に心から愛されていると
15:55
Did I believe that God loved愛された me with all his heartハート?
信じるかという質問だけが頭から離れませんでした
15:57
Because I wasn'tなかった exactly正確に sure how I feltフェルト about that question質問.
なぜなら 自分の真意が曖昧だったからです
16:01
Now, if they'd彼らは asked尋ねた me,
もし 神があなたを
16:03
Do you feel that God loves愛する you with all his heartハート?
心から愛しているのを感じますかって聞かれたら
16:05
Well, that would have been much different異なる, I think I would have instantly即座に answered答えた,
私の答えはずいぶん違って こんな感じで即答したと思います
16:09
"Yes, yes, I feel it all the time. I feel God's神の love when I'm hurt傷つける and confused混乱した,
“はい 傷ついたり迷ったりしているときに神様の愛を感じます
16:12
and I feel consoled慰められた and cared世話された for. I take shelterシェルター in God's神の love
癒しと労りを感じます なぜ惨事が起こるのか―
16:17
when I don't understandわかる why tragedy悲劇 hitsヒット,
分からない時は神の愛に助けを求め
16:22
and I feel God's神の love when I look with gratitude感謝 at all the beauty美しさ I see."
感謝の念で美を見るときに神の愛を感じます”
16:24
But since以来 they asked尋ねた me that question質問 with the wordワード believe in it,
でも 質問の中で信じるという言葉が使われたから
16:28
somehow何とか it was all different異なる,
答えがずいぶんと変わってしまいました
16:31
because I wasn'tなかった exactly正確に sure if I believed信じる what I so clearlyはっきりと feltフェルト.
感じると信じるは別物のような感じがしたからです
16:33
Translated by Takako Sato
Reviewed by Marika Taniguchi

▲Back to top

About the speaker:

Julia Sweeney - Actor, comedian, playwright
Julia Sweeney creates comedic works that tackle deep issues: cancer, family, faith.

Why you should listen

Known for her stint on Saturday Night Live and her powerful solo shows, Julia Sweeney has carved out her own territory in entertainment, one that moves between the personal and the political, the controversial and the comical. Her piece Letting Go of God traces a spiritual journey that takes an unexpected turn toward science (a turn that, incidentally, also led her to TED) and ends with atheism. Her latest book is If It's Not One Thing, It's Your Mother, on parenting and being parented.

In this, as in all her performances, Sweeney projects a warmth and sincerity on stage that's unmatched in today's theater; you immediately feel you're chatting with an old friend. And this gift of intimacy allows her to achieve the impossible: an utterly disarming show that honestly confronts the most controversial topic of our times. Her earlier shows God Said “Ha!” and In the Family Way also garnered praise and prizes for their pairings of humor and poignant truth.

More profile about the speaker
Julia Sweeney | Speaker | TED.com