English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2012

Elyn Saks: A tale of mental illness -- from the inside

エリン・サックス 精神疾患についての内側からのお話

Filmed
Views 3,301,450

「オフィスをめちゃくちゃに壊してしまっても大丈夫ですか?」 エリン・サックスはこのような質問を医者に投げかけました。しかも冗談ではなく。サックスは、2007年に自分の統合失調症の経験を公に語りました。投薬とセラピーにより落ち着いてはいるものの、今もこの病気を抱えています。サックスはこの講演で、精神疾患の患者をはっきりと率直に、そして思いやりをもって見るように語りかけます。

- Mental health law scholar
Elyn Saks asks bold questions about how society treats people with mental illness. Full bio

Soだから I'm私は a woman女性 with〜と chronic慢性の schizophrenia統合失調症.
私は女性で統合失調症を患っています
00:16
I've私は spent過ごした hundreds数百 of days日々
何百日もの間
00:18
in psychiatric精神科 hospitals病院.
精神病院で過ごしてきました
00:20
I mightかもしれない have ended終了しました upアップ spending支出
人生のほとんどを精神病棟に
00:21
most最も of myじぶんの life on the backバック ward of a hospital病院,
隔離されそうになりながら
00:23
butだけど thatそれ isn'tない howどうやって myじぶんの life turned回した outでる.
違う人生を歩みました
00:25
In fact事実, I've私は managed管理された to stay滞在 clearクリア of hospitals病院
実際のところ 30年近くもの間
00:27
for almostほぼ three decades数十年,
精神病院を何とか避けてきました
00:31
perhapsおそらく myじぶんの proudest誇り accomplishment達成.
これは最も誇りに思っていることです
00:32
That'sそれです notない to sayいう thatそれ I've私は remained残った clearクリア
精神疾患との闘いをずっと
00:34
of allすべて psychiatric精神科 struggles闘争.
避けてきたのではありません
00:36
After I graduated卒業した fromから the Yaleイェール Law法律 School学校 and
エール大学ロースクールを卒業して
初めて法律の仕事に就いてから
00:38
got myじぶんの first最初 law法律 jobジョブ, myじぶんの New新しい Havenヘブン analystアナリスト, DrDr. White,
かかりつけの精神分析医だった
ホワイト先生は
00:40
announced発表 to me thatそれ he was going to close閉じる his practice練習
数カ月後に診療を辞めると告げました
00:43
in three months数ヶ月, severalいくつかの years
私がニューヘブンを去ろうとした
00:46
before I had planned計画された to leave離れる New新しい Havenヘブン.
数年前のことでした
00:48
White had been enormously巨大 helpful役に立つ to me,
先生にはとても世話になっていました
00:50
and the thought of his leaving去る
彼が離れていくと思うだけで
大変打ちのめされました
00:52
shattered砕けた me.
彼が離れていくと思うだけで
大変打ちのめされました
00:53
My私の bestベスト friend友人 Steveスティーブ,
親友のスティーブが
00:55
sensingセンシング thatそれ something何か was terriblyひどく wrong違う,
私に何か酷いことが起こったと感じ取って
00:57
flew飛んだ outでる to New新しい Havenヘブン to be with〜と me.
ニューヘブンまで飛んできてくれました
00:59
Now I'm私は going to quote見積もり fromから some一部 of myじぶんの writings執筆:
自分の著作から引用します
01:00
"I opened開かれた the doorドア to myじぶんの studioスタジオ apartmentアパート.
「アパートの扉を開けました
01:02
Steveスティーブ would later後で telltell me thatそれ,
スティーブは後にこう言うでしょう
01:05
for allすべて the times he had seen見た me psychotic精神病, nothing何も
私の精神疾患をずっと診てきたけど
01:07
could have prepared準備された him for what he saw thatそれ day.
この日の私は最悪な状態だった と
01:10
For a week週間 orまたは moreもっと, I had barelyかろうじて eaten食べた.
1週間以上 ほとんど何も食べませんでした
01:12
I was gaunt夢中. I walked歩いた
私はやせ衰え
01:15
as thoughしかし myじぶんの legs were wooden木製.
歩く足は棒のようでした
01:17
My私の face looked見た and feltフェルト like a maskマスク.
私の表情はまるで能面でした
01:19
I had closed閉まっている allすべて the curtainsカーテン in the apartmentアパート, soそう
アパートのカーテンを一日中閉じていたので
01:22
in the middle中間 of the day
アパートのカーテンを一日中閉じていたので
01:25
the apartmentアパート was in near近く total合計 darkness.
アパートの中は真っ暗でした
01:26
The air空気 was fetidフェティッド, the roomルーム a shambles騒ぎ.
悪臭が漂い 部屋は荒れ放題でした
01:28
Steveスティーブ, bothどちらも a lawyer弁護士 and a psychologist心理学者, has treated治療された
スティーブは弁護士かつ心理学者で
01:30
manyたくさんの patients患者 with〜と severe厳しい mental精神的な illness病気, and to thisこの day
重度の精神疾患の患者を多数診てきましたが
01:34
he'll地獄 sayいう I was as bad悪い as anyどれか he had everこれまで seen見た.
これほど重体な患者は見たことないと言うでしょう
01:37
'Hiこんにちは,' I said前記, and then次に I returned戻ってきた to the couchソファー,
私は『こんにちは』と言い ソファに戻りました
01:39
whereどこで I sat座っている in silence沈黙 for severalいくつかの moments瞬間.
そのまま座ってしばらく黙っていました
01:43
'Thankありがとうございます you君は for coming到来, Steveスティーブ.
『スティーブ 来てくれてありがとう
01:45
Crumbling崩壊 world世界, wordワード, voice音声.
崩れつつある世界 言葉 声
01:46
Tell教えてください。 the clocksクロック to stopやめる.
時計を止めて 時間が 時間がきたから』
01:51
Time時間 is. Time時間 has come.'
時計を止めて 時間が 時間がきたから』
01:52
'White is leaving去る,' Steveスティーブ said前記 somberlyおどろく.
『ホワイト先生が行ってしまうんだね』
スティーブは陰鬱に言いました
01:54
'I'm私は beingであること pushed押された into a grave. The situation状況 is grave,' I moan息子.
『私はお墓行きよ 深刻よ』 私は嘆きました
01:57
'Gravity重力 is pulling引っ張る me downダウン.
『重力が私を引き寄せている
02:01
I'm私は scared怖い. Tell教えてください。 themそれら to get away離れて.'"
怖いわ みんな逃げてと言って』」
02:02
As a young若い woman女性, I was in a psychiatric精神科 hospital病院
若い頃から 私は3回ほど
02:05
on three different異なる occasions機会 for lengthy長い periods期間.
精神病院に長期入院してきました
02:08
My私の doctors医師 diagnosed診断された me with〜と chronic慢性の schizophrenia統合失調症,
医師は私を統合失調症と診断し
02:11
and gave与えた me a prognosis予後 of "grave."
予後は「深刻」だと宣告しました
02:14
Thatそれ is, at bestベスト, I was expected期待される to liveライブ in a boardボード and careお手入れ,
要するに 介護施設に入れられ
02:16
and work at menial卑劣な jobsジョブ.
単調な労働をする運命でした
02:20
Fortunately幸いにも, I did notない actually実際に
幸運にも そうはなりませんでした
02:21
enact制定する thatそれ grave prognosis予後.
幸運にも そうはなりませんでした
02:23
Instead代わりに, I'm私は a chaired議長 Professor教授 of Law法律, Psychology心理学
私は南カリフォルニア大学ロースクールの
02:25
and Psychiatry精神医学 at the USCUSC Gouldグールド School学校 of Law法律,
法学 心理学 精神医学教授です
02:28
I have manyたくさんの close閉じる friends友達
良き友人たちに恵れました
02:31
and I have a beloved愛する husband, Will, who'sだれの hereここに with〜と us today今日.
最愛の夫であるウィルもここに来ています
02:32
(Applause拍手) Thankありがとうございます you君は.
(拍手) ありがとうございます
02:35
He's彼は definitely絶対に the star of myじぶんの showショー.
彼は紛れもなく 私の人生のスターです
02:42
I'd like to shareシェア with〜と you君は howどうやって thatそれ happened起こった, and alsoまた、
これから 私が精神疾患になった経過と
02:45
describe説明する myじぶんの experience経験 of beingであること psychotic精神病.
その体験をお話しします
02:48
I hasten早く to add追加する thatそれ it'sそれは myじぶんの experience経験,
前置きしますが これは私の体験談です
02:51
becauseなぜなら everyoneみんな becomes〜になる psychotic精神病 in his orまたは her彼女 own自分の way.
みんな 精神疾患の症状は違います
02:53
Let'sしてみましょう start開始 with〜と the definition定義 of schizophrenia統合失調症.
まずは 統合失調症の定義から始めます
02:56
Schizophrenia統合失調症 is a brain disease疾患.
統合失調症は脳の病気です
02:59
Itsその defining定義する feature特徴 is psychosis精神病, orまたは beingであること
それはれっきとした精神病で
03:01
outでる of touchタッチ with〜と reality現実.
つまり 現実感が喪失されます
03:04
Delusions妄想 and hallucinations幻覚
妄想と幻覚が この病気の特徴です
03:05
are hallmarks特徴 of the illness病気.
妄想と幻覚が この病気の特徴です
03:07
Delusions妄想 are fixed一定 and false beliefs信念 thatそれ aren'tない responsive応答性の
妄想とは ありもしないことへの誤った固定観念で
03:09
to evidence証拠, and hallucinations幻覚 are false sensory感覚 experiences経験.
幻覚とは ありもしない誤った知覚です
03:11
For example, whenいつ I'm私は psychotic精神病 I oftenしばしば have
例えば 私が精神疾患のときは
03:15
the delusion妄想 thatそれ I've私は killed殺された hundreds数百 of thousands
頭の中で何十万人もの人たちを
殺害したという妄想を経験します
03:18
of people with〜と myじぶんの thoughts思考.
頭の中で何十万人もの人たちを
殺害したという妄想を経験します
03:20
I sometimes時々 have the ideaアイディア thatそれ
頭の中で核爆発が起きると
考えることもあります
03:21
nuclear explosions爆発 are about to be setセット off in myじぶんの brain.
頭の中で核爆発が起きると
考えることもあります
03:23
Occasionallyときどき, I have hallucinations幻覚,
幻覚もあります
03:26
like one1 time時間 I turned回した aroundまわり and saw a manおとこ
振り返ると男がナイフを
振り上げていたこともあります
03:28
with〜と a raised育った knifeナイフ.
振り返ると男がナイフを
振り上げていたこともあります
03:30
Imagine想像する having持つ a nightmare悪夢 whilewhile you'reあなたは awake起きている.
目が覚めている間に悪夢を
見ると想像してください
03:31
Oftenしばしば, speechスピーチ and thinking考え become〜になる disorganized混乱した
しばしば発話と思考が
制御不能になり
03:34
to the pointポイント of incoherenceインコヒーレンス.
支離滅裂になります
03:37
Looseルーズ associations団体 involves関係する puttingパッティング together一緒に words言葉
何とか連想して 似たような言葉を並べますが
03:39
thatそれ mayかもしれない sound a lot alike似ている butだけど don'tしない make作る senseセンス,
何の意味も成さず 言葉がごちゃ混ぜになり
03:42
and ifif the words言葉 get jumbled混乱した upアップ enough十分な, it'sそれは calledと呼ばれる "wordワード saladサラダ."
「ワードサラダ」と呼ばれる状態になります
03:44
Contrary反対 to what manyたくさんの people think思う, schizophrenia統合失調症 is notない
統合失調症は普通考えるような
03:47
the same同じ as multiple複数 personality disorder障害 orまたは splitスプリット personality.
多重人格や人格分裂とは異なります
03:51
The schizophrenic統合失調症 mindマインド is notない splitスプリット, butだけど shattered砕けた.
統合失調症は 心が分裂するのでなく
粉々になるのです
03:55
Everyoneみんな has seen見た a street通り person,
みなさん路上生活者を
見たことがあるでしょう
03:58
unkemptいけない, probably多分 ill-fed無給,
だらしなく げっそりとして
04:01
standing立っている outside外側 of an office事務所 building建物 muttering呟く
ビルの外に立っては 独り言をつぶやいたり
04:03
to himself彼自身 orまたは shouting叫ぶ.
叫んでいます
04:05
Thisこれ person is likelyおそらく to have some一部 form of schizophrenia統合失調症.
このような人は おそらく何らかの統合失調症です
04:07
Butだがしかし schizophrenia統合失調症 presentsプレゼント itself自体 across横断する a wideワイド arrayアレイ
しかし 統合失調症は
04:10
of socioeconomic社会経済的 status状態, and thereそこ are people
様々な経済社会層に見られ
04:12
with〜と the illness病気 who are full-timeフルタイム professionals専門家
正規雇用者で責任ある立場の専門職が
04:15
with〜と majorメジャー responsibilities責任.
この病気を患う事もあります
04:17
Several複数 years ago, I decided決定しました
数年前 私は
04:20
to write書きます downダウン myじぶんの experiences経験 and myじぶんの personal個人的 journey,
自分の経験と遍歴を書き記すことにしました
04:21
and I want to shareシェア some一部 moreもっと of thatそれ storyストーリー with〜と you君は today今日
今日は それに加えて私の内情を
04:24
to convey伝える the inside内部 view見る.
みなさんにお話したいと思います
04:27
Soだから the following以下 episodeエピソード happened起こった the seventh第七 week週間
それは エール大学ロースクール1年生の
04:28
of myじぶんの first最初 semester学期 of myじぶんの first最初 year at Yaleイェール Law法律 School学校.
1学期 7週間目のことでした
04:31
Quoting引用 fromから myじぶんの writings執筆:
著作から引用します
04:34
"My私の two classmates同級生, Rebel反乱軍 and Valヴァル, and I had made the date日付
「同級生のレベルとヴァルと私は 金曜の晩に
04:36
to meet会う in the law法律 school学校 libraryとしょうかん on Friday金曜日 night
ロースクールの図書館で落ち合い
04:40
to work on our我々の memoメモ assignment割り当て together一緒に.
一緒に覚書の宿題をすることにしました
04:43
Butだがしかし we我々 didn'tしなかった get far遠い before I was talking話す in ways方法
しかし 取り掛かってすぐ 私は
04:45
thatそれ made noいいえ senseセンス.
意味不明な話をし始めました
04:47
'Memosメモ are visitations訪問,' I informed知らされた themそれら.
『覚書は神の言葉だ』 私は告げました
04:48
'They彼らが make作る certainある pointsポイント. The pointポイント is on yourきみの head.
『そこにはポイントがある 頭上にある
04:51
Patパット used to sayいう thatそれ. Have you君は killed殺された you君は anyone誰でも?'
パットが言ってたのよ 人殺しでもしたの?』
04:54
Rebel反乱軍 and Valヴァル looked見た at me
レベルとヴァルは 顔面に水を
04:56
as ifif they彼ら orまたは I had been
浴びたような目付きで私を見ました
04:58
splashed飛び散った in the face with〜と coldコールド water.
浴びたような目付きで私を見ました
05:00
'What are you君は talking話す about, Elynエリン?'
『エリン 一体何を言っているの?』
05:02
'Ohああ, you君は know知っている, the usual通常の. Who'sだれの what, what's何ですか who,
『ええ 分かってるわ いつものこと 何が誰 誰が何
05:03
heaven天国 and hell地獄. Let'sしてみましょう go outでる on the roofルーフ.
天国と地獄 ねえ 屋根の上に行きましょう
05:06
It'sそれは、します。 a flat平らな surface表面. It'sそれは、します。 safe安全.'
平らだし 安全だから』
05:08
Rebel反乱軍 and Valヴァル followed続く
レベルとヴァルは 私についてきて
05:10
and they彼ら asked尋ねた what had gotten得た into me.
私に何があったのかと聞きました
05:12
'Thisこれ is the realリアル me,' I announced発表,
『これは本当の私よ』 私は頭上で
05:13
waving波打つ myじぶんの arms武器 above上の myじぶんの head.
手を振りながら言いました
05:15
And then次に, late遅く on a Friday金曜日 night, on the roofルーフ
そして 金曜日の夜遅くに
05:16
of the Yaleイェール Law法律 School学校,
エール大学ロースクールの屋根の上で
05:19
I began始まった to sing歌う, and notない quietly静かに eitherどちらか.
私は歌いだしました それも大声で
05:20
'Come to the Floridaフロリダ州 sunshine日光 bushブッシュ.
『フロリダにおいで いい天気よ ブッシュさん
05:23
Do you君は want to danceダンス?'
ねえ 踊りましょうよ?』
05:26
'Are you君は on drugs薬物?' one1 asked尋ねた. 'Are'Are you君は high高い?'
『クスリやってハイになってるの?』 一人が言いました
05:27
'High高い? Me? No違います way, noいいえ drugs薬物.
『私がハイ? そんなことないわよ クスリもやってないし
05:30
Come to the Floridaフロリダ州 sunshine日光 bushブッシュ,
フロリダにおいで いい天気よ ブッシュさん
05:32
whereどこで thereそこ are lemonsレモン, whereどこで they彼ら make作る demons悪魔.'
そこにはレモンがあってさ それが悪魔になってさ
05:35
'You'reあなたは frightening恐ろしい me,' one1 of themそれら said前記, and Rebel反乱軍 and Valヴァル
『怖い人ね』 一人が言いました
そしてレベルとヴァルは
05:38
headed先行 backバック into the libraryとしょうかん.
図書館に戻って行きました
05:41
I shrugged肩をすくめた and followed続く themそれら.
私は肩をすくめ 二人を追いました
05:42
Back戻る inside内部, I asked尋ねた myじぶんの classmates同級生 ifif they彼ら were
中に入ると二人に尋ねました
05:44
having持つ the same同じ experience経験 of words言葉 jumpingジャンプする aroundまわり
宿題を見て私みたいに言葉が
05:48
our我々の cases症例 as I was.
次々飛び出す経験ってないって
05:50
'I think思う someone's誰かの infiltrated浸潤した myじぶんの copiesコピー of the cases症例,' I said前記.
『誰かが私の分身に入り込んだ気がするの』
と言いました
05:51
'We've私たちは got to case場合 the jointジョイント.
『関節を囲ってるんじゃないかな
05:55
I don'tしない believe信じる in joints関節, butだけど
関節ってのは信じないけど
05:57
they彼ら do holdホールド yourきみの body together一緒に.'" --
体をつなげているからね』」
05:59
It'sそれは、します。 an example of loose緩む associations団体. --
意味のない連想の一例です
06:00
"Eventually最終的に I made myじぶんの way backバック to myじぶんの dorm roomルーム,
「結局 私は寮に戻りました
06:02
and once一度 thereそこ, I couldn'tできなかった settle解決する downダウン.
しかし 私は落ち着けませんでした
06:05
My私の head was too full満員 of noiseノイズ,
頭の中は騒音だらけで
06:07
too full満員 of orangeオレンジ trees and law法律 memosメモ I could notない write書きます
オレンジの木やら 終らない法律の覚書やら
06:09
and mass質量 murders殺人 I knew知っていた I would be responsible責任ある for.
自分がやった大量殺人でいっぱいでした
06:13
Sitting座る on myじぶんの bedベッド, I rocked揺れる backバック and forth前進,
ベッドの上に座って 体を揺すりながら
06:15
moaning呼吸 in fear恐れ and isolation隔離."
恐怖と孤独にうめいていました」
06:19
Thisこれ episodeエピソード led to myじぶんの first最初 hospitalization入院 in Americaアメリカ.
このせいで 私は初めて米国で入院しました
06:21
I had two earlier先に in Englandイングランド.
既に英国で2度入院しています
06:24
Continuing続ける with〜と the writings執筆:
著作の引用を続けます
06:26
"The next morning I went行った to myじぶんの professor's教授の office事務所 to ask尋ねる
「次の朝 教授の部屋に行って
06:28
for an extension拡張 on the memoメモ assignment割り当て,
覚書の宿題期限の延長をお願いしました
06:30
and I began始まった gibberingげっ歯類 unintelligably分かりにくい
そして前夜のように訳もわからず まくしたてました
06:32
as I had the night before,
そして前夜のように訳もわからず まくしたてました
06:34
and he eventually最終的に brought持ってきた me to the emergency緊急 roomルーム.
とうとう 私は緊急治療室に連れて行かれました
06:35
Once一度 thereそこ, someone誰か I'll justちょうど callコール 'The' Doctor'医師'
そこで 私が『先生』と呼ぶ人とその取り巻きどもが
06:37
and his whole全体 teamチーム of goonsくそ swooped凍った downダウン,
私に襲いかかり
06:41
lifted持ち上げられた me high高い into the air空気,
空中に高々と持ち上げ
06:43
and slammedスラム me downダウン on a metal金属 bedベッド
金属ベッドに叩きつけました
06:44
with〜と suchそのような force thatそれ I saw stars.
目から星が飛ぶ程の暴力でした
06:46
Thenそうしたら they彼ら strapped縛られた myじぶんの legs and arms武器 to the metal金属 bedベッド
そして太い革の紐で 手足を
金属ベッドに縛り付けました
06:48
with〜と thick厚い leatherレザー strapsストラップ.
そして太い革の紐で 手足を
金属ベッドに縛り付けました
06:51
A sound came来た outでる of myじぶんの mouth thatそれ I'd never決して heard聞いた before:
聞いたこともない声が
自分の口から出ました
06:52
halfハーフ groan声援, halfハーフ scream悲鳴,
うめきと叫びが混ざりあい
06:56
barelyかろうじて human人間 and pureピュア terrorテロ.
人間とは思えぬ恐怖の声でした
06:58
Thenそうしたら the sound came来た again再び,
そして 再び生の声が
07:01
forced強制された fromから somewhereどこかで deep深い inside内部 myじぶんの belly
腹の奥底から喉を這って出てきました」
07:03
and scraping削る myじぶんの throat raw."
腹の奥底から喉を這って出てきました」
07:05
Thisこれ incident入射 resulted結果 in myじぶんの involuntary不随意の hospitalization入院.
この事件により 私は強制入院となりました
07:06
One1 つ of the reasons理由 the doctors医師 gave与えた for hospitalizing入院する me
医師が 私の意思を無視して入院させた
07:10
againstに対して myじぶんの will was thatそれ I was
理由の一つは「深刻な障害を負っている」でした
07:14
"gravely重大な disabled無効."
理由の一つは「深刻な障害を負っている」でした
07:15
To supportサポート thisこの view見る, they彼ら wrote書きました in myじぶんの chartチャート thatそれ I was unableできない
その根拠は 私がエール大学ロースクールの
07:17
to do myじぶんの Yaleイェール Law法律 School学校 homework宿題.
宿題ができなかったことです
07:20
I wondered疑問に思った what thatそれ meant意味した about muchたくさん of the rest残り of New新しい Havenヘブン.
それってエール大学の他の学生はどうなのよ
07:22
(Laughter笑い)
(笑)
07:25
During the next year, I would
その翌年 私は精神病院で
07:26
spend費やす five months数ヶ月 in a psychiatric精神科 hospital病院.
5ヶ月を過ごすこととなりました
07:29
At times, I spent過ごした upアップ to 20 hours時間 in mechanical機械的 restraints拘束,
時に 20時間もの間 身体拘束され
07:31
arms武器 tied結ばれた, arms武器 and legs tied結ばれた downダウン,
手足を紐で縛られ
07:34
arms武器 and legs tied結ばれた downダウン with〜と a netネット tied結ばれた
胸部にはきつく網が張られました
07:38
tightlyしっかりと across横断する myじぶんの chest.
胸部にはきつく網が張られました
07:40
I never決して struck打たれた anyone誰でも.
私は人を殴ったことなどありません
07:42
I never決して harmed害を受けた anyone誰でも. I never決して made anyどれか direct直接 threats脅威.
人を傷つけたことも脅したこともありません
07:44
Ifもし you'veあなたは never決して been restrained拘束された yourselfあなた自身, you君は mayかもしれない have
身体拘束された経験がない方には
07:47
a benign良性 image画像 of the experience経験.
その恐怖感は分からないでしょう
07:50
There'sあります。 nothing何も benign良性 about itそれ.
恐怖以外の何物でもありません
07:53
Everyすべて week週間 in the Unitedユナイテッド States,
アメリカでは 身体拘束で
07:55
it'sそれは been estimated推定 thatそれ one1 to three people die死ぬ in restraints拘束.
毎週1~3人が 死亡すると言われます
07:56
They彼らが strangle絞首刑, they彼ら aspirate吸引する their彼らの vomit吐き気,
縛り付けられたせいで 嘔吐し
07:59
they彼ら suffocate窒息する, they彼ら have a heartハート attack攻撃.
窒息し 心不全に至ります
08:02
It'sそれは、します。 unclear不明 whetherかどうか usingを使用して mechanical機械的 restraints拘束
身体拘束は 人命を救うのか
08:04
is actually実際に saving貯蓄 lives人生 orまたは costing原価計算 lives人生.
犠牲を増やすだけなのか不明です
08:07
Whileしばらくの間 I was preparing準備 to write書きます myじぶんの student学生 note注意
エール大学ロースクールの機関紙に
08:09
for the Yaleイェール Law法律 Journalジャーナル on mechanical機械的 restraints拘束,
身体拘束の記事を寄稿しようとして
08:12
I consulted相談した an eminent著名な law法律 professor教授 who was alsoまた、
精神科医も勤める著名な
法律の教授に相談しました
08:14
a psychiatrist精神科医,
精神科医も勤める著名な
法律の教授に相談しました
08:17
and said前記 surely確かに he would agree同意する
彼は身体拘束が屈辱的で
08:18
thatそれ restraints拘束 must必須 be degrading劣化する,
苦痛を伴い 恐ろしいことは認めました
08:19
painful痛い and frightening恐ろしい.
苦痛を伴い 恐ろしいことは認めました
08:22
He looked見た at me in a knowing知っている way, and said前記,
彼は それとない目で私を見て
08:23
"Elynエリン, you君は don'tしない really本当に understandわかる:
「エリン 君は分かっていないけど
08:25
Theseこれら people are psychotic精神病.
彼らは精神疾患なんだよ
08:28
They're彼らは different異なる fromから me and you君は.
君や私とは違うんだよ
08:29
They彼らが wouldn'tしないだろう experience経験 restraints拘束 as we我々 would."
彼らが感じる身体拘束は私たちとは違うのさ」
08:31
I didn'tしなかった have the courage勇気 to telltell him in thatそれ moment瞬間 thatそれ,
その瞬間 私たちも教授と変わらないと
08:34
noいいえ, we're私たちは notない thatそれ different異なる fromから him.
言う勇気はありませんでした
08:36
We私たち don'tしない like to be strapped縛られた downダウン to a bedベッド
何時間もベッドに縛り付けられ
08:38
and left to suffer苦しむ for hours時間 anyどれか moreもっと thanより he would.
苦しむことを好む人は誰もいません
08:41
In fact事実, until〜まで very非常に recently最近,
実際 ごく最近まで
08:43
and I'm私は sure確かに some一部 people stillまだ holdホールド itそれ as a view見る,
身体拘束が精神疾患者が安心させると
08:45
thatそれ restraints拘束 help助けて psychiatric精神科 patients患者 feel感じる safe安全.
考える人たちがいるのは確かです
08:47
I've私は never決して met会った a psychiatric精神科 patient患者
その意見に同意する精神疾患者に
会ったことは一度もありません
08:50
who agreed同意した with〜と thatそれ view見る.
その意見に同意する精神疾患者に
会ったことは一度もありません
08:53
Today今日, I'd like to sayいう I'm私は very非常に pro-psychiatryプロ精神医学
今の私は精神医学にとても好意的でも
08:54
butだけど very非常に anti-force抗力.
暴力には大反対です
08:57
I don'tしない think思う force is effective効果的な as treatment処理, and I think思う
暴力に治療効果があるとは思いませんし
08:58
usingを使用して force is a terribleひどい thingもの to do to another別の person
酷い病気を抱えた人に暴力を振るうなんて
09:01
with〜と a terribleひどい illness病気.
酷いことです
09:04
Eventually最終的に, I came来た to Losロス Angelesアンジェルス
結局 私は 南カリフォルニア大学ロースクールの
09:05
to teach教える at the University大学 of Southern南方の Californiaカリフォルニア Law法律 School学校.
教員としてロサンゼルスに来ることになりました
09:08
For years, I had resisted抵抗した medication投薬,
何年もの間 あらゆる努力をして
09:11
making作る manyたくさんの, manyたくさんの efforts尽力 to get off.
服薬を拒み続けました
09:13
I feltフェルト thatそれ ifif I could manage管理する withoutなし medication投薬,
服薬なしで何とかやっていければ
09:15
I could prove証明する thatそれ, after allすべて,
本当は精神的に病いではなく
09:18
I wasn'tなかった really本当に mentally精神的に ill病気, itそれ was some一部 terribleひどい mistake間違い.
何かの酷い間違いだと証明できると思いました
09:20
My私の mottoモットー was the lessもっと少なく medicine医学, the lessもっと少なく defective欠陥のある.
私のモットーは 薬が減らせば欠陥も減る でした
09:22
My私の L.A. analystアナリスト, DrDr. Kaplanカプラン, was urging促す me
ロサンゼルスでの私の精神分析医
カプラン先生は
09:26
justちょうど to stay滞在 on medication投薬 and get on with〜と myじぶんの life,
普通の生活に戻れるよう服薬を強く勧めました
09:29
butだけど I decided決定しました I wanted to make作る one1 last最終 collegeカレッジ try to get off.
しかし 私は二度と服用しまいと決意していました
09:31
Quoting引用 fromから the textテキスト:
テキストから引用します
09:35
"I started開始した the reduction削減 of myじぶんの meds, and within以内 a shortショート time時間
「服薬を減らし始めるとすぐに
09:36
I began始まった feeling感じ the effects効果.
影響を感じ始めました
09:40
After returning返す fromから a trip旅行 to Oxfordオックスフォード, I marched行進した into
オックスフォードへの出張から戻った後に
09:42
Kaplan'sカプランズ office事務所, headed先行 straightまっすぐ for the cornerコーナー, crouchedぶら下がった downダウン,
カプラン先生を訪れると部屋の角に向かい
09:45
covered覆われた myじぶんの face, and began始まった shaking振る.
しゃがみこみ 顔を覆い 震えだしました
09:48
Allすべての aroundまわり me I sensed感知された evil悪の beings存在 poised態勢を整えた with〜と daggers断食.
ナイフを持った悪魔が取り囲んでいました
09:50
They'd彼らは sliceスライス me upアップ in thin薄いです slicesスライス
私を切り刻もうか 焼けた石炭を
09:54
orまたは make作る me swallow飲み込む hotホット coals石炭.
飲み込ませようとしていました
09:56
Kaplanカプラン would later後で describe説明する me as 'writhing'writhing in agony苦しみ.'
カプラン先生は私をこう言うでしょう
『苦痛で悶え苦しんでいた』 と
09:57
Even in thisこの state状態, what he accurately正確に described記載された as
そのような 急性で進行性の
10:01
acutely鋭く and forwardly前方に psychotic精神病,
精神疾患の状態でありながら
10:04
I refused拒否された to take moreもっと medication投薬.
私は服薬を拒否しました
10:06
The missionミッション is notない yetまだ completeコンプリート.
ミッションは未だ終わっていません
10:08
Immediately直ちに after the appointment予定 with〜と Kaplanカプラン,
私はカプラン先生の後すぐに
10:10
I went行った to see見る DrDr. Marderマード, a schizophrenia統合失調症 expert専門家
統合失調症の専門家
マーダー先生に会いに行きました
10:13
who was following以下 me for medication投薬 side effects効果.
彼は私の投薬の副作用を追跡調査していました
10:15
He was under the impression印象 thatそれ I had a mildマイルド psychotic精神病 illness病気.
彼は私の精神疾患は軽度だと思っていました
10:18
Once一度 in his office事務所, I sat座っている on his couchソファー, folded折り畳まれた over,
以前 私は彼のオフィスのソファにうずくまって
10:21
and began始まった muttering呟く.
つぶやきだしました
10:24
'Head explosions爆発 and people trying試す to kill殺します.
『頭が爆発 殺しに来る人たち
10:26
Is itそれ okayはい ifif I totally完全に trashごみ yourきみの office事務所?'
オフィスをめちゃくちゃに壊しても大丈夫ですか?』
10:28
'Youあなたが need必要 to leave離れる ifif you君は think思う you'reあなたは going to do thatそれ,'
『そう思うならば 出て行ってくれないかな』
10:30
said前記 Marderマード.
マーダー先生は言いました
10:33
'Okayオーケー. Small小さい. Fire火災 on ice. Tell教えてください。 themそれら notない to kill殺します me.
『大丈夫よ 小さいし 氷の上の炎だし 殺すなって言って
10:34
Tell教えてください。 themそれら notない to kill殺します me. What have I done完了 wrong違う?
殺すなって言って 私何か悪いことでもした?
10:37
Hundreds百人 of thousands with〜と thoughts思考, interdiction阻止.'
何万もの思考 そんなの禁止』
10:39
'Elynエリン, do you君は feel感じる like you'reあなたは
『エリン 君は自分自身や他人に
危害を与えると思うかい?
10:41
dangerous危険な to yourselfあなた自身 orまたは othersその他?
『エリン 君は自分自身や他人に
危害を与えると思うかい?
10:43
I think思う you君は need必要 to be in the hospital病院.
君は入院すべきだと思うよ
10:45
I could get you君は admitted認められた right away離れて, and the whole全体 thingもの
すぐに入院手続きできる
10:47
could be very非常に discrete離散.'
それも 密かにだ』
10:49
'Ha, ha, ha.
『ハ・ハ・ハ
10:50
You'reあなたは offering募集 to put me in hospitals病院?
あんた 私を入院させようとしているの?
10:52
Hospitals病院 are bad悪い, they're彼らは mad怒っている, they're彼らは sad悲しい.
病院は 酷く 狂っていて 悲しいところ
10:54
One1 つ must必須 stay滞在 away離れて. I'm私は God, orまたは I used to be.'"
そんなの逃げ出さなきゃね
私は神よ もしくは神の生まれ変わりよ』」
10:57
At thatそれ pointポイント in the textテキスト,
著作の
11:01
whereどこで I said前記 "I'm私は God, orまたは I used to be," myじぶんの husband
「私は神よ もしくは神の生まれ変わりよ」の箇所で
11:02
made a marginal限界的 note注意.
夫は欄外に注を書きました
11:04
He said前記, "Did you君は quit終了する orまたは were you君は fired撃たれた?"
「おまえは神を辞めたか クビになったのかい?」
(笑)
11:05
(Laughter笑い)
「おまえは神を辞めたか クビになったのかい?」
(笑)
11:07
"'I'私 give life and I take itそれ away離れて.
「私は生命を与え それを取り去らう
11:09
Forgive許す me, for I know知っている notない what I do.'
許して 自分は何も知らないのだから」
11:13
Eventually最終的に, I broke壊れた downダウン in frontフロント of friends友達, and
結局 私は友人たちの前で屈し
11:14
everybodyみんな convinced確信している me to take moreもっと medication投薬.
みんな私に服薬を説得しました
11:18
I could noいいえ longerより長いです deny否定する the truth真実,
もはや 現実を否定することはできず
11:20
and I could notない change変化する itそれ.
変えることもできませんでした
11:22
The wall thatそれ kept保管 me, Elynエリン, Professor教授 Saksサックス,
私 エリン・サックス教授と
11:24
separate別々の fromから thatそれ insane狂人 woman女性 hospitalized入院した years past過去,
精神病院に何年も入院した狂気の女性を
分け隔てていた壁が粉々に崩れ落ちました
11:26
lay寝る smashed壊された and in ruins遺跡."
精神病院に何年も入院した狂気の女性を
分け隔てていた壁が粉々に崩れ落ちました
11:30
Everythingすべてが about thisこの illness病気 says言う I shouldn'tすべきではない be hereここに,
この病状の私が ここにいるのは不適当です
11:32
butだけど I am. And I am, I think思う, for three reasons理由:
しかし 私は今ここにいます
3つ理由があります
11:34
Firstまずは, I've私は had excellent優れた treatment処理.
第一に 私は優れた治療を受けてきました
11:37
Four-四- to five-day-a-week週5日 psychoanalytic精神分析 psychotherapy心理療法
精神分析療法を 週に4~5 日 何十年も継続して
11:40
for decades数十年 and continuing続ける, and excellent優れた psychopharmacology精神薬理学.
優れた精神薬理を受けています
11:43
Second二番目, I have manyたくさんの close閉じる family家族 membersメンバー and friends友達 who know知っている me
第二に 私は病気を理解してくれる
家族と友人に恵まれてきました
11:45
and know知っている myじぶんの illness病気.
第二に 私は病気を理解してくれる
家族と友人に恵まれてきました
11:50
Theseこれら relationships関係 have given与えられた myじぶんの life a meaning意味
家族や友人が 私の人生に意味を与え
11:51
and a depth深さ, and they彼ら alsoまた、 helped助けた me navigateナビゲートする
さらには 症状が表れた時には
11:53
myじぶんの life in the face of symptoms症状.
どう生きるべきかを指南してくれました
11:55
Third三番, I work at an enormously巨大 supportive支持的な workplace職場
第三に 私は南カリフォルニア大学ロースクールの
非常に協力的な職場で働いています
11:57
at USCUSC Law法律 School学校.
第三に 私は南カリフォルニア大学ロースクールの
非常に協力的な職場で働いています
12:00
Thisこれ is a place場所 thatそれ notない onlyのみ accommodates収容する myじぶんの needsニーズ
ここは 私のニーズを許容してくれるだけでなく
12:02
butだけど actually実際に embraces包む themそれら.
それを喜んで受け入れてくれます
12:05
It'sそれは、します。 alsoまた、 a very非常に intellectually知的に stimulating刺激する place場所,
非常に知的に刺激的な場所であり
12:06
and occupying占領している myじぶんの mindマインド with〜と complex複合体 problems問題
複雑な問題に没頭することは
12:09
has been myじぶんの bestベスト and most最も powerful強力な and most最も reliable信頼性のある
精神疾患から自分を守る最強かつ
最も信頼できる方法でした
12:12
defense防衛 againstに対して myじぶんの mental精神的な illness病気.
精神疾患から自分を守る最強かつ
最も信頼できる方法でした
12:15
Even with〜と allすべて thatそれexcellent優れた treatment処理, wonderful素晴らしい family家族 and
それでも 優れた治療 素晴らしい家族
12:17
friends友達, supportive支持的な work environment環境
協力的な職場環境にも関わらず
12:20
I did notない make作る myじぶんの illness病気 publicパブリック
私は 人生の比較的晩年まで
病気を公表しませんでした
12:22
until〜まで relatively比較的 late遅く in life,
私は 人生の比較的晩年まで
病気を公表しませんでした
12:25
and that'sそれは becauseなぜなら the stigma汚名 againstに対して mental精神的な illness病気
精神疾患に対する偏見は極めて強く
12:26
is soそう powerful強力な thatそれ I didn'tしなかった feel感じる safe安全 with〜と people knowing知っている.
知られる不安が大き過ぎました
12:29
Ifもし you君は hear聞く nothing何も elseelse today今日,
どうか これだけは聞いて下さい
12:31
pleaseお願いします hear聞く thisこの: Thereそこ are notない "schizophrenics統合失調症."
「統合失調症患者」はいません
12:34
Thereそこ are people with〜と schizophrenia統合失調症, and theseこれら people
統合失調症を持った人々なのです
そのような人は
12:37
mayかもしれない be yourきみの spouse配偶者, they彼ら mayかもしれない be yourきみの child,
皆さんの配偶者 子供
12:40
they彼ら mayかもしれない be yourきみの neighbor隣人, they彼ら mayかもしれない be yourきみの friend友人,
隣人 友人
同僚かもしれません
12:42
they彼ら mayかもしれない be yourきみの coworker同僚.
隣人 友人
同僚かもしれません
12:45
Soだから let me shareシェア some一部 final最後の thoughts思考.
最後に 共有したいことがあります
12:46
We私たち need必要 to invest投資する moreもっと resourcesリソース into research研究 and treatment処理
それは 精神疾患の研究と治療に
もっと多くのリソースを投資する
12:49
of mental精神的な illness病気.
必要があることです
12:53
The betterより良い we我々 understandわかる theseこれら illnesses病気, the betterより良い
精神疾患を理解すればするほど
12:54
the treatments治療 we我々 can provide提供する, and the betterより良い the treatments治療
より良い治療を提供でき
12:56
we我々 can provide提供する, the moreもっと we我々 can offer提供 people careお手入れ,
さらには より充実したケアを提供でき
12:58
and notない have to useつかいます force.
暴力など不要になります
13:00
Alsoまた、, we我々 must必須 stopやめる criminalizing犯罪化する mental精神的な illness病気.
また 精神疾患を犯罪扱いしてはなりません
13:02
It'sそれは、します。 a national全国 tragedy悲劇 and scandalスキャンダル thatそれ the L.A. County Jail刑務所
これは全国的な悲劇でありスキャンダルですが
13:05
is the biggest最大 psychiatric精神科 facility施設 in the Unitedユナイテッド States.
ロサンゼルス刑務所は国内最大の
精神疾患患者の収容施設です
13:09
Americanアメリカ人 prisons刑務所 and jails刑務所 are filled満たされた with〜と people who suffer苦しむ
アメリカの刑務所と拘置所は
深刻な精神疾患患者でいっぱいです
13:12
fromから severe厳しい mental精神的な illness病気, and manyたくさんの of themそれら are thereそこ
彼らの多くは 適切な治療を受けられず
13:15
becauseなぜなら they彼ら never決して received受け取った adequate十分な treatment処理.
収監されるのです
13:18
I could have easily簡単に ended終了しました upアップ thereそこ orまたは on the streets通り myself私自身.
私の行きつく先も刑務所や路上だったのでしょう
13:20
A messageメッセージ to the entertainment娯楽 industry業界 and to the press押す:
芸能界とメディアの方々は
13:23
On the whole全体, you'veあなたは done完了 a wonderful素晴らしい jobジョブ fighting戦う stigma汚名
これまで あらゆる偏見と戦い
13:27
and prejudice偏見 of manyたくさんの kinds種類.
目覚ましい仕事をしてきました
13:31
Pleaseどうぞ, continue持続する to let us see見る characters文字 in yourきみの movies映画,
引き続き 映画や演劇やコラムで
13:32
yourきみの plays演劇, yourきみの columns,
重度の精神疾患に苦しむ患者を
13:35
who suffer苦しむ with〜と severe厳しい mental精神的な illness病気.
描いてください
13:38
Portray描く themそれら sympathetically共感する,
共感をもって描いてください
それも診断するのではなく
13:39
and portray描く themそれら in allすべて the richness豊か and depth深さ
共感をもって描いてください
それも診断するのではなく
13:41
of their彼らの experience経験 as people and notない as diagnoses診断.
患者の経験の豊かさと
深さを描いてください
13:44
Recently最近, a friend友人 posedポーズされた a question質問:
最近 友人から質問を受けました
13:47
Ifもし thereそこ were a pillピル I could take
即座に病気が治る薬があったとしたら
13:50
thatそれ would instantly即座に cure治す me, would I take itそれ?
その薬を飲みますか?
13:51
The poet詩人 Rainerライナー Mariaマリア Rilkeリルケ
詩人のライナー・マリア・リルケは
13:53
was offered提供された psychoanalysis精神分析.
精神分析療法を勧められました
13:56
He declined拒否した, saying言って, "Don'tできません take myじぶんの devils悪魔 away離れて,
彼はこう言って断りました
「悪魔を引き離さないで 天使まで逃げ出すから」
13:57
becauseなぜなら myじぶんの angels天使 mayかもしれない flee逃げる too."
彼はこう言って断りました
「悪魔を引き離さないで 天使まで逃げ出すから」
14:00
My私の psychosis精神病, on the otherその他 handハンド,
一方 私の場合は白昼の悪夢です
14:01
is a waking目覚める nightmare悪夢 in whichどの myじぶんの devils悪魔 are soそう terrifying恐ろしい
悪魔があまりに恐ろしいので
14:04
thatそれ allすべて myじぶんの angels天使 have already既に fled逃げた.
天使まで逃げてしまいました
14:06
Soだから would I take the pillピル? In an instantインスタント.
だから薬を飲むかって?
ええ すぐにでも
14:08
Thatそれ said前記, I don'tしない wish望む to be seen見た as regretting後悔する
とは言っても 精神疾患でない人生を送れずに
14:12
the life I could have had ifif I'd notない been mentally精神的に ill病気,
後悔していると見て欲しくないし
14:15
norまた am I asking尋ねる anyone誰でも for their彼らの pity残念.
同情も求めていません
14:17
What I ratherむしろ wish望む to sayいう is thatそれ the humanity人類 we我々 allすべて shareシェア
言いたいのは
精神疾患患者と健常者に共通する
14:20
is moreもっと important重要 thanより the mental精神的な illness病気 we我々 mayかもしれない notない.
人類愛こそ重要だということです
14:23
What thoseそれら of us who suffer苦しむ with〜と mental精神的な illness病気 want
精神疾患を患う私たちが求めることは
14:25
is what everybodyみんな wants:
みんなが求めることと同じです
14:28
in the words言葉 of Sigmundジグムンド Freudフロイト, "to work and to love."
それはフロイトの言う
「働くことと愛すること」です
14:29
Thankありがとうございます you君は. (Applause拍手)
ありがとうございました (拍手)
14:32
(Applause拍手)
(拍手)
14:35
Thankありがとうございます you君は. Thankありがとうございます you君は. You'reあなたは very非常に kind種類. (Applause拍手)
ご親切に拝聴頂き ありがとうございました (拍手)
14:35
Thankありがとうございます you君は. (Applause拍手)
ありがとうございました (拍手)
14:40
Translated by Shinji Nakagawa
Reviewed by Akira Kan

▲Back to top

About the speaker:

Elyn Saks - Mental health law scholar
Elyn Saks asks bold questions about how society treats people with mental illness.

Why you should listen

As a law scholar and writer,  Elyn Saks speaks for the rights of mentally ill people. It's a gray area: Too often, society's first impulse is to make decisions on their behalf. But it's a slippery slope from in loco parentis to a denial of basic human rights. Saks has brilliantly argued for more autonomy -- and in many cases for a restoration of basic human dignity.

In 2007, deep into her career, she dropped a bombshell -- her autobiography, The Center Cannot Hold. In it, she reveals the depth of her own schizophrenia, now controlled by drugs and therapy. Clear-eyed and honest about her own condition, the book lent her new ammunition in the quest to protect the rights and dignity of the mentally ill.

In 2009, she was selected as a MacArthur Fellow. 

Read more on io9.com: I’m Elyn Saks and this is what it’s like to live with schizophrenia »

More profile about the speaker
Elyn Saks | Speaker | TED.com