English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2008

Karen Armstrong: My wish: The Charter for Compassion

カレン・アームストロング: 私の願い―思いやりの憲章

Filmed
Views 1,341,616

「人はみな信仰心を持ちたがっている。宗教が調和のための力となるように行動を起こさなくてはいけない。」学者であるカレン・アームストロングは説きます。彼女はTEDコミュニティーに対して「思いやりの憲章」をつくり、全宗教の中心的教義である「黄金律」を回復させる活動に力を貸して欲しいと求めます。

- Religious scholar
Karen Armstrong is a provocative, original thinker on the role of religion in the modern world. Full bio

Well, this is suchそのような an honor名誉. And it's wonderful素晴らしい to be
この場にいることは大変な名誉であり
世界に変化をもたらす―
00:12
in the presence存在 of an organization組織 that is really making作る a difference in the world世界.
組織の中にいることを
本当に素晴らしいと感じています
00:18
And I'm intensely激しく grateful感謝する for the opportunity機会 to speak話す to you today今日.
本日は皆さんにお話する機会をいただき
心から感謝しています
00:24
And I'm alsoまた、 ratherむしろ surprised驚いた, because when I look back on my life
そして私は驚いてもいます
自分の人生を振り返ると
00:30
the last thing I ever wanted to do was write書きます, or be in any way involved関係する in religion宗教.
宗教に関わるなんて 私が一番
やりたくなかった事だからです
00:37
After I left my convent修道院, I'd finished完成した with religion宗教, frankly率直に.
修道院を出た後
私は宗教とは縁が切れたと
00:46
I thought that was it.
思っていました
00:50
And for 13 years I kept保管 clearクリア of it. I wanted to be an English英語 literature文献 professor教授.
13年間 宗教を避けていました
英文学の教授になりたかったのです
00:51
And I certainly確かに didn't even want to be a writerライター, particularly特に.
もちろん物書きにだって
なるつもりはありませんでした
00:59
But then I suffered苦しんだ a seriesシリーズ of careerキャリア catastrophes惨事,
しかし 仕事がどうにも うまく行かず
01:03
one after the other, and finally最後に found見つけた myself私自身 in televisionテレビ. (Laughter笑い)
いろいろあって 気がついたら
テレビに出ていました(笑)
01:08
I said that to Billビル Moyersモイヤーズ, and he said, "Oh, we take anybody." (Laughter笑い)
ビル・モイヤーズにそう話すと
「ああ うちは誰でも出すんだ」(笑)
01:18
And I was doing some ratherむしろ controversial議論の余地のある religious宗教的 programsプログラム.
賛否両論が沸き起こる宗教番組を
手がけましたが
01:22
This went行った down very well in the U.K., where religion宗教 is extremely極端な unpopular人気がない.
宗教が極めて不人気なイギリスで
この番組は好評でした
01:27
And so, for once一度, for the only time in my life, I was finally最後に in the mainstream主流.
つまり人生で一度だけ 私は
主流派の仲間入りをしたという訳です
01:34
But I got sent送られた to Jerusalemエルサレム to make a film about early早い Christianityキリスト教.
その後 初期キリスト教に関する
映画のためにエルサレムに行かされ
01:39
And there, for the first time, I encountered遭遇した the other religious宗教的 traditions伝統:
そこで初めて
他の宗教に出会いました
01:46
Judaismユダヤ教 and Islamイスラム教, the sisterシスター religions宗教 of Christianityキリスト教.
ユダヤ教とイスラム教―
キリスト教の姉妹宗教です
01:51
And while I found見つけた I knew知っていた nothing about these faiths信仰 at all --
私の経歴は
宗教色が強かったにも関わらず
01:56
despite何と my own自分の intensely激しく religious宗教的 backgroundバックグラウンド,
これらの信仰については
何も知らないということに気づきました
02:00
I'd seen見た Judaismユダヤ教 only as a kind種類 of prelude前奏曲 to Christianityキリスト教,
ユダヤ教はキリスト教の前身としか
見ていませんでしたし
02:05
and I knew知っていた nothing about Islamイスラム教 at all.
イスラム教については
全く知りませんでした
02:08
But in that cityシティ, that tortured拷問された cityシティ,
しかし その混乱している街の中で
02:11
where you see the three faiths信仰 jostling目白押し so uneasily不安 together一緒に,
3つの信仰がぶつかり合い
ピリピリしているのを見ていると
02:14
you alsoまた、 become〜になる aware承知して of the profound深遠な connection接続 betweenの間に them.
それらが深く結びついていることに
気づきます
02:20
And it has been the study調査 of other religious宗教的 traditions伝統 that brought持ってきた me back
そして他の宗教を研究することにより
02:23
to a senseセンス of what religion宗教 can be, and actually実際に enabled有効 me
宗教とは何であるか考え直し
自分の信仰を―
02:28
to look at my own自分の faith信仰 in a different異なる light.
別の視点から見ることが
できるようになりました
02:32
And I found見つけた some astonishing驚く things in the courseコース of my study調査
研究の中で 思いもよらない
驚くべき発見が いくつかありました
02:35
that had never occurred発生した to me. Frankly率直に, in the days日々 when I thought I'd had it with religion宗教,
正直なところ
宗教に別れを告げた頃の私は
02:39
I just found見つけた the whole全体 thing absolutely絶対に incredible信じられない.
宗教のすべてを
まったく信用していなかったのです
02:46
These doctrines教説 seemed見えた unproven証明されていない, abstract抽象.
教義というのは根拠もなく
抽象的なものです
02:49
And to my astonishment驚き, when I began始まった seriously真剣に studying勉強する other traditions伝統,
驚いたことに 他の宗教の教えを
真剣に学び始めた結果
02:55
I began始まった to realize実現する that belief信念 -- whichどの we make suchそのような a fuss大騒ぎ about today今日 --
私は気づいたのです
今日騒がれている信念というものは
03:02
is only a very recent最近 religious宗教的 enthusiasm熱意
17世紀頃の西洋で起きた
03:08
that surfaced表面化した only in the West西, in about the 17thth century世紀.
ごく最近の狂信的な現象だったのです
03:13
The wordワード "belief信念" itself自体 originally元々 meant意味した to love, to prize, to holdホールド dear親愛な.
「信念」という言葉は 元々
愛や尊重 慈しみを意味しました
03:19
In the 17thth century世紀, it narrowed狭められた its focusフォーカス,
17世紀に 意味が狭くなりました
03:26
for reasons理由 that I'm exploring探検する in a book I'm writing書き込み at the moment瞬間,
その理由は 現在執筆中の本で
取り上げていますが
03:30
to include含める -- to mean an intellectual知的 assent同意する to a setセット of propositions命題, a credo信条.
ある信条に同意する知的行為を
意味するようになりました
03:33
"I believe:" it did not mean, "I accept受け入れる certainある creedal信じる articles記事 of faith信仰."
「信じる」とは「信仰の教義を
受け入れる」という意味ではなく
03:42
It meant意味した: "I commitコミット myself私自身. I engage従事する myself私自身."
「身を捧げ 関与すること」を
意味しました
03:48
Indeed確かに, some of the world世界 traditions伝統 think very little of religious宗教的 orthodoxy正統.
実際 世界には正統主義を
重要視していない宗教もあります
03:52
In the Quranコーラン, religious宗教的 opinion意見 -- religious宗教的 orthodoxy正統 -- is dismissed解雇された as "zannaザンナ:"
コーランにおいて正統主義は
「ザンナ」という言葉で片付けられ
03:59
self-indulgent自己嫌悪感 guesswork推測 about matters問題 that nobody誰も can be certainある of one way or the other,
確かめようもない 都合のいい
当てずっぽうだと言われています
04:05
but whichどの makes作る people quarrelsome喧嘩 and stupidly愚かに sectarian宗派. (Laughter笑い)
そのせいで皆がムキになって
宗派を作っちゃうんです(笑)
04:11
So if religion宗教 is not about believing信じる things, what is it about?
信じることでないのならば
宗教とは何でしょう
04:14
What I've found見つけた, across横断する the boardボード, is that religion宗教 is about behaving行動する differently異なって.
どの宗教でも教えられているのは
行動を変えることです
04:21
Instead代わりに of deciding決定する whetherかどうか or not you believe in God, first you do something.
神を信じるかどうか以前に
何らかの行動があって そこには―
04:26
You behave行動する in a committedコミットした way,
信条が現れます
04:32
and then you beginベギン to understandわかる the truths真実 of religion宗教.
それが宗教の真理を
理解する始まりです
04:33
And religious宗教的 doctrines教説 are meant意味した to be summons召喚 to actionアクション;
宗教の教義は行為につながるように
作られていますから
04:37
you only understandわかる them when you put them into practice練習.
実践しなければ理解はできないのです
04:44
Now, pride誇り of place場所 in this practice練習 is given与えられた to compassion思いやり.
そして この実践の最上位にあるのは
「思いやり」です
04:48
And it is an arresting逮捕する fact事実 that right across横断する the boardボード,
思いやりとは
ここまで皆さんと考えてきたように
04:56
in everyすべて singleシングル one of the majorメジャー world世界 faiths信仰, compassion思いやり --
他人の気持ちを
感じ取る能力のことですが
05:01
the ability能力 to feel with the other in the way we've私たちは been thinking考え about this eveningイブニング --
注目すべきは世界中のどの信仰でも
信心深さを試すとともに
05:05
is not only the testテスト of any true真実 religiosity信仰の自由, it is alsoまた、 what will bring持参する us
ユダヤ教やキリスト教やイスラム教で
言うところの「神」の存在を
05:10
into the presence存在 of what Jewsユダヤ人, Christiansキリスト教徒 and Muslimsイスラム教徒 call "God" or the "Divine."
確実なものにしているのが
思いやりだ という事実です
05:18
It is compassion思いやり, says言う the Buddha, whichどの bringsもたらす you to Nirvana涅槃.
「思いやりこそが人を涅槃へ導く」と
ブッダも言っています
05:23
Why? Because in compassion思いやり, when we feel with the other,
何故でしょう
それは他人を思いやる時
05:29
we dethrone廃墟 ourselves自分自身 from the centerセンター of our world世界 and we put
人は自分のことを忘れ
相手のことを中心に考えます
05:33
another別の person there. And once一度 we get rid除去する of ego自我, then we're ready準備完了 to see the Divine.
エゴを取り除くことができれば
人は神に会えるのです
05:38
And in particular特に, everyすべて singleシングル one of the majorメジャー world世界 traditions伝統 has highlighted強調表示された -- has said --
世界の主要な各宗教の教えの中で
もれなく強調され
05:46
and put at the coreコア of their彼らの tradition伝統 what's become〜になる known既知の as the Goldenゴールデン Ruleルール.
教義の中心に据えられている事柄は
「黄金律」として知られています
05:54
First propounded提唱された by Confucius孔子 five centuries世紀 before Christキリスト:
「黄金律」の最初の提唱者は孔子で
紀元前5世紀のことです
05:59
"Do not do to othersその他 what you would not like them to do to you."
「己の欲せざるところ
他に施すことなかれ」
06:03
That, he said, was the central中央 thread whichどの ran走った throughを通して all his teaching教える
これは 彼の教義全体を通じて
根幹をなすものですから
06:07
and that his disciples弟子 should put into practice練習 all day and everyすべて day.
彼の弟子たちは日々この教えを
実行することになっていました
06:11
And it was -- the Goldenゴールデン Ruleルール would bring持参する them to the transcendent超越的 value that he calledと呼ばれる "renレン,"
「黄金律」は孔子が「仁」と呼んだ
卓越の境地へと彼らを導きます
06:16
human-heartedness人間の心意気, whichどの was a transcendent超越的 experience経験 in itself自体.
「仁」それ自体が
卓越した体験なのです
06:21
And this is absolutely絶対に crucial重大な to the monotheisms一神教, too.
そして これは一神教においても
非常に重要なことです
06:27
There's a famous有名な storyストーリー about the great rabbiラビ, Hillelヒレル, the olderより古い contemporaryコンテンポラリー of Jesusイエス.
イエスの前の時代の偉大なラビ
ヒレルの有名な逸話です
06:34
A pagan異教徒 came来た to him and offered提供された to convert変換する to Judaismユダヤ教 if the rabbiラビ could
ある異教徒が もしヒレルが片足立ちで
ユダヤ教のすべてを暗唱できたら
06:37
recite暗唱する the whole全体 of Jewishユダヤ人 teaching教える while he stood立っていた on one leg.
ユダヤ教に改宗すると持ちかけました
06:42
Hillelヒレル stood立っていた on one leg and said, "That whichどの is hateful憎む to you,
ヒレルは片足で立ち 言いました
「汝が憎むことを隣人にするなかれ
06:45
do not do to your neighbor隣人. That is the Torahトーラー. The rest残り is commentary解説.
それが教えのすべてだ
それ以外は解説にすぎぬ
06:49
Go and study調査 it." (Laughter笑い)
さあ 学んできなさい」(笑)
06:54
And "go and study調査 it" was what he meant意味した.
「学んできなさい」
それが彼の意味するところでした
06:56
He said, "In your exegesis釈義, you must必須 make it clearクリア
彼は言います
「貴方なりの解釈で理解なさい
07:00
that everyすべて singleシングル verse of the Torahトーラー is a commentary解説, a gloss光沢 upon〜に the Goldenゴールデン Ruleルール."
教えの一節一節はすべて
黄金律の解説なのだ」と
07:04
The great Rabbiラビ Meirミール said that any interpretation解釈 of Scripture聖書 whichどの
偉大なラビであるメイールの言葉です
「聖書のどんな解釈も
07:12
led to hatred憎しみ and disdain軽蔑, or contempt軽蔑 of other people --
相手が どんな人であれ
他人への憎しみや
07:19
any people whatsoever何でも -- was illegitimate違法.
侮辱につながるものは
まがい物である」
07:24
Saint聖人 Augustineオーガスティン made exactly正確に the same同じ pointポイント.
アウグスティヌスの主張も
まったく同じです
07:27
Scripture聖書, he says言う, "teaches教える nothing but charity慈善団体, and we must必須 not leave離れる
「聖書が教えるのは
他ならぬ慈悲の心であるから
07:30
an interpretation解釈 of Scripture聖書 until〜まで we have found見つけた a compassionate思いやりのある interpretation解釈 of it."
思いやりのある解釈ができるまで
聖書の解釈を止めてはいけない」
07:36
And this struggle闘争 to find compassion思いやり in some of these ratherむしろ rebarbative再現性のある textsテキスト
聖書の退屈な文章からでも 思いやりを
見つけ出せるよう頑張っておけば
07:43
is a good dressドレス rehearsalリハーサル for doing the same同じ in ordinary普通の life. (Applause拍手)
日常生活という本番で
同じことができるのです(拍手)
07:49
But now look at our world世界. And we are living生活 in a world世界 that is --
しかし 今日 我々の世界を見ると
宗教はハイジャックされています
07:55
where religion宗教 has been hijackedハイジャックされた. Where terroristsテロリスト cite引用する QuranicQuranic verses to justify正当化する their彼らの atrocities残虐行為.
テロリストたちはコーランの祈りを利用して
自分たちの残虐行為を正当化しています
08:02
Where instead代わりに of taking取る Jesus'イエス' words言葉, "Love your enemies.
「汝の敵を愛せ 他者を裁くことなかれ」
というイエスの言葉と裏腹に
08:13
Don't judge裁判官 othersその他," we have the spectacle光景 of Christiansキリスト教徒 endlessly無限に judging判断する other people,
キリスト教徒は
堂々と他者を裁き続け
08:20
endlessly無限に usingを使用して Scripture聖書 as a way of arguing議論する with other people,
聖書を議論の道具に使って
他人を非難し続けています
08:27
puttingパッティング other people down. Throughout全面的に the ages年齢, religion宗教 has been used to oppress抑圧する othersその他,
いつの時代にも 宗教は
他者を抑圧するために使われてきました
08:33
and this is because of human人間 ego自我, human人間 greed貪欲.
人間のエゴと強欲のゆえです
08:41
We have a talent才能 as a species for messingいじめる up wonderful素晴らしい things.
我々人間には素晴らしいものを
台無しにしてしまう才能があります
08:45
So the traditions伝統 alsoまた、 insisted主張した -- and this is an important重要 pointポイント, I think --
だから戒律は強く求めるのです
ここは重要な点ですよ
08:50
that you could not and must必須 not confine閉じ込める your compassion思いやり
思いやりを向ける相手を自分の身内―
つまり自国や
08:57
to your own自分の groupグループ: your own自分の nation国家, your own自分の co-religionists共宗教家,
自分と同じ宗教や国籍の人だけに
限定してはいけないのです
09:00
your own自分の fellow仲間 countrymenカントリーマン. You must必須 have what one of the Chinese中国語 sagesセージ calledと呼ばれる "jianジアン ai":
中国の賢人が説いた
「兼愛」を持たなくてはなりません
09:07
concern懸念 for everybodyみんな. Love your enemies. Honor名誉 the strangerストレンジャー.
皆を気遣い 敵を愛し
他人に敬意を払うのです
09:12
We formed形成された you, says言う the Quranコーラン, into tribes部族 and nations so that you mayかもしれない know one another別の.
「部族や国家は お互いを分かり合う
ためにあるのだ」とコーランは説きます
09:18
And this, again -- this universalユニバーサル outreachアウトリーチ -- is getting取得 subdued抑圧された in the strident無秩序な use of religion宗教 --
しかし こうした普遍的な働きかけもまた
暴走する欲のために―
09:24
abuse乱用 of religion宗教 -- for nefarious凶悪 gains利益.
宗教の乱用や悪用によって
制圧されようとしています
09:34
Now, I've lost失われた countカウント of the number of taxiタクシー driversドライバー who,
タクシーに乗って
私の仕事の話になると 運転手に
09:40
when I say to them what I do for a living生活, inform通知する me that religion宗教
「世界大戦の原因はいつも宗教だ」と
しょっちゅう言われます
09:44
has been the cause原因 of all the majorメジャー world世界 wars戦争 in history歴史. Wrong違う.
しかし これは間違っています
09:49
The causes原因 of our presentプレゼント woes悲しみ are political政治的.
現在の災厄の原因は政治的なものです
09:53
But, make no mistake間違い about it, religion宗教 is a kind種類 of fault不具合 lineライン,
とはいえ 確かに宗教は
断層線のようなものですから
09:58
and when a conflict紛争 gets取得 ingrained飢えた in a region領域, religion宗教 can get sucked吸い込まれた in
ある地域内で争いの根が深くなると
宗教は巻き込まれて
10:09
and become〜になる part of the problem問題. Our modernity近代 has been exceedingly極めて violent暴力的な.
問題の一部を担ってしまいます
極めて暴力的な時代です
10:13
Betweenの間に 1914 and 1945, 70 million百万 people died死亡しました in Europeヨーロッパ alone単独で as a result結果 of armed武装した conflict紛争.
1914年から1945年の間に 欧州だけで
7千万人が武力紛争で命を落としました
10:18
And so manyたくさんの of our institutions機関, even footballフットボール, whichどの used to be a pleasant楽しい pastime娯楽,
人々の楽しみであった
サッカーのようなものでさえ
10:28
now causes原因 riots暴動 where people even die死ぬ.
その多くが 今では死人が出るような
暴動の原因になります
10:37
And it's not surprising驚くべき that religion宗教, too, has been affected影響を受けた by this violent暴力的な ethosエモス.
当然 宗教もまた
こうした暴力的な風潮に影響されています
10:42
There's alsoまた、 a great deal対処, I think, of religious宗教的 illiteracy文盲 around.
宗教に対する理解のなさも
大きいと思います
10:49
People seem思われる to think, now equate同じ religious宗教的 faith信仰 with believing信じる things.
人々は信仰と 物事を信じることが
同じだと思っているようです
10:57
As thoughしかし that -- we call religious宗教的 people oftenしばしば believers信者,
最も重要なのは
思いやりの心や黄金律なのですが
11:02
as thoughしかし that were the mainメイン thing that they do. And very oftenしばしば, secondary二次的 goalsゴール
さほど重要でない目的ほど
前に出されるというのはよくある話で
11:07
get pushed押された into the first place場所, in place場所 of compassion思いやり and the Goldenゴールデン Ruleルール.
「信者」という呼び方のせいもあって
信じることが中心のように見えます
11:14
Because the Goldenゴールデン Ruleルール is difficult難しい. I sometimes時々 -- when I'm speaking話し中 to
そうなってしまう理由は
黄金律が難しいからです
11:20
congregations会衆 about compassion思いやり, I sometimes時々 see
私が思いやりについて講演をすると
11:26
a mutinous突然変異 expression表現 crossing交差点 some of their彼らの faces because
聴衆の中に反抗的な表情をする人が
チラホラいます
11:30
a lot of religious宗教的 people prefer好む to be right, ratherむしろ than compassionate思いやりのある. (Laughter笑い)
宗教家の多くは「思いやり」よりも
「正しさ」を好みますからね(笑)
11:37
Now -- but that's not the whole全体 storyストーリー.
さて 話はそれだけではありません
11:43
Since以来 September9月 the 11thth, when my work on Islamイスラム教 suddenly突然 propelled推進された me
911事件以降
私はイスラム教に関する活動によって
11:47
into publicパブリック life, in a way that I'd never imagined想像した, I've been ableできる to sortソート of go all over the world世界,
思いがけない形で表舞台に連れ出され
世界中どこへでも行けるようになり
11:53
and finding所見, everywhereどこにでも I go, a yearning憧れ for change変化する.
行く先々で 変革への切望を
目の当たりにしてきました
12:00
I've just come back from Pakistanパキスタン, where literally文字通り thousands of people came来た to my lectures講義,
先日のパキスタンでは何千もの人々が
私の講演に詰めかけました
12:06
because they were yearning憧れ, first of all, to hear聞く a friendlyフレンドリーな Western西洋 voice音声.
彼らは西洋から発信される
友好的な意見を希求しているのです
12:14
And especially特に the young若い people were coming到来. And were asking尋ねる me --
特に若者が多かったです
彼らからの質問は
12:18
the young若い people were saying言って, "What can we do? What can we do to change変化する things?"
「状況を変えるために
私たちに何ができますか」
12:25
And my hostsホスト in Pakistanパキスタン said, "Look, don't be too polite丁寧 to us.
講演の司会者が言いました
「遠慮は要りません
12:30
Tell us where we're going wrong違う. Let's talk together一緒に about where religion宗教 is failing失敗する."
我々がどこで誤り 宗教がどこから
おかしくなったのか語り合いましょう」
12:37
Because it seems思われる to me that with -- our current現在 situation状況 is so serious深刻な
私が思うに 今の状況はあまりに深刻で
12:43
at the moment瞬間 that any ideologyイデオロギー that doesn't promote促進する a senseセンス of globalグローバル understanding理解
国際理解や相互認識を無視した
イデオロギーは どれも
12:50
and globalグローバル appreciation感謝 of each other is failing失敗する the testテスト of the time.
時の流れに
ついて行けなくなってきています
12:59
And religion宗教, with its wideワイド following以下 ... Here in the Unitedユナイテッド States,
そして宗教は幅広い支持を持ち
最近の調査によると アメリカでは
13:05
people mayかもしれない be beingであること religious宗教的 in a different異なる way, as a report報告する has just shown示された --
やり方は様々ですが 結局のところ
人々は信仰心を持とうとしています
13:11
but they still want to be religious宗教的. It's only Western西洋 Europeヨーロッパ that has retained保持された its secularism世俗主義,
世俗主義を貫いているのは
西ヨーロッパだけで
13:17
whichどの is now beginning始まり to look ratherむしろ endearingly愛情を込めて old-fashioned昔ながらの.
その古めかしさは
もはや滑稽にすら見えます
13:25
But people want to be religious宗教的, and religion宗教 should be made
人々は宗教を求めているのです
そして宗教は
13:28
to be a force for harmony調和 in the world世界, whichどの it can and should be --
世界の調和のための力であり
そうなるべきなのです
13:35
because of the Goldenゴールデン Ruleルール.
その理由は黄金律です
13:40
"Do not do to othersその他 what you would not have them do to you":
「自分がされたくないことを
他人にしてはいけない」
13:43
an ethosエモス that should now be applied適用された globally世界的に.
世界中に広めるべき精神です
13:47
We should not treat治療する other nations as we would not wish望む to be treated治療された ourselves自分自身.
自分がされたくないような扱いを
他の国に対してすべきではありません
13:50
And these -- whateverなんでも our wretched悲惨な beliefs信念 -- is a religious宗教的 matter問題, it's a spiritualスピリチュアル matter問題.
こうした信念は どんなに出来が悪くとも
宗教的 精神的な問題であり
13:57
It's a profound深遠な moral道徳 matter問題 that engages従事する and should engage従事する us all.
我々皆が関与すべき
重大な道徳上の問題なのです
14:05
And as I say, there is a hunger飢え for change変化する out there.
先ほども申し上げたとおり
世界には変革への渇望があります
14:10
Here in the Unitedユナイテッド States, I think you see it in this election選挙 campaignキャンペーン: a longing憧れ for change変化する.
ここアメリカでも 今回の大統領選で
変革への切望をご覧になったでしょう
14:14
And people in churches教会 all over and mosquesモスク all over this continent大陸 after September9月 the 11thth,
911事件以後 教会からもモスクからも
アメリカ中の人たちが集い
14:20
coming到来 together一緒に locallyローカルに to create作成する networksネットワーク of understanding理解.
各地で協力して
理解のネットワークを作ってきました
14:30
With the mosqueモスク, with the synagogueシナゴーグ, saying言って, "We must必須 start開始 to speak話す to one another別の."
モスクも礼拝堂も唱えます
「対話を始めなくてはいけない」
14:36
I think it's time that we moved移動した beyond超えて the ideaアイディア of toleration耐性 and move動く toward〜に向かって appreciation感謝 of the other.
他者に対し忍耐で臨むという考えを越え
他者を理解する時代がやってきました
14:41
I'd -- there's one storyストーリー I'd just like to mention言及.
もう1つお話ししたいことがあります
14:52
This comes来る from "The Iliadイリアス." But it tells伝える you what this spirituality精神性 should be.
出典は「イーリアス」ですが
この崇高な精神性についてです
14:57
You know the storyストーリー of "The Iliadイリアス," the 10-year-年 war戦争 betweenの間に Greeceギリシャ and Troyトロイ.
「イーリアス」と言えば
ギリシャとトロイの10年戦争の話ですね
15:03
In one incident入射, Achillesアキレス, the famous有名な warrior戦士 of Greeceギリシャ, takes his troops out of the war戦争,
ある時 ギリシャの名将アキレウスが
手勢を連れて戦地を離れた折
15:08
and the whole全体 war戦争 effort努力 suffers苦しむ. And in the courseコース of the ensuing続く muddle混乱する,
戦局は苦境に陥り その後の混戦の中で
彼の親友だったパトロクロスが
15:13
his beloved愛する friend友人, Patroclusパトロクロス, is killed殺された -- and killed殺された in singleシングル combat戦闘
一騎討ちの決闘の末
トロイの王子ヘクトールに殺されました
15:19
by one of the Trojanトロイの木馬 princes王子, Hectorヘクター. And Achillesアキレス goes行く mad怒っている with grief悲しみ and rage怒り and revenge復讐,
アキレウスは悲しみと怒りと復讐心から
激昂し
15:25
and he mutilates切り裂き the body. He kills殺す Hectorヘクター, he mutilates切り裂き his body
ヘクトールを殺し その遺体を切り刻み
家族が埋葬を望んでも―
15:30
and then he refuses拒否 to give the body back for burial埋葬 to the family家族,
遺体を渡しませんでした
ギリシャ精神では
15:40
whichどの means手段 that, in Greekギリシャ語 ethosエモス, Hector'sヘクター soul will wanderさまよう eternally永遠に, lost失われた.
この仕打ちによってヘクトールの霊魂は
永遠にさまようことになります
15:44
And then one night, Priamプリヤム, kingキング of Troyトロイ, an old古い man,
ある夜 高齢のトロイ王
プリアモスが
15:51
comes来る into the Greekギリシャ語 campキャンプ incognitoシークレット, makes作る his way to Achilles'アキレス' tentテント
お忍びでギリシャ陣営の
アキレウスの幕舎を訪れ
15:55
to ask尋ねる for the body of his son息子.
息子の遺体を求めました
16:00
And everybodyみんな is shockedショックを受けた when the old古い man takes off his head coveringカバーする and showsショー himself彼自身.
老人が覆いを脱いで姿を見せた時
皆がショックを受けました
16:03
And Achillesアキレス looks外見 at him and thinks考える of his fatherお父さん. And he starts開始する to weep泣く.
アキレウスはプリアモスを見て
自分の父を思い 涙を流しました
16:10
And Priamプリヤム looks外見 at the man who has murdered殺された so manyたくさんの of his sons息子,
プリアモスはアキレウスに
息子を何人も殺されていましたが
16:18
and he, too, starts開始する to weep泣く. And the sound of their彼らの weeping泣く filled満たされた the house.
彼もまたアキレウスの姿に涙を流しました
テント内は泣き声で満たされました
16:22
The Greeksギリシャ人 believed信じる that weeping泣く together一緒に created作成した a bondボンド betweenの間に people.
ギリシャでは共に泣くと
絆が生まれると信じられていました
16:27
And then Achillesアキレス takes the body of Hectorヘクター, he hands it very tenderlyやわらかく to the fatherお父さん,
アキレウスはヘクトールの遺体を
父親であるプリアモスへ丁重に手渡し
16:32
and the two men男性 look at each other, and see each other as divine神聖な.
二人は見つめ合い
互いの中に神を見出しました
16:40
That is the ethosエモス found見つけた, too, in all the religions宗教.
これもまた 全ての宗教に
見られる考え方です
16:45
It's what is meant意味した by overcoming克服する the horrorホラー that we feel when we are under threat脅威 of our enemies,
それは敵に対する恐怖心に
打ち勝つということであり
16:53
and beginning始まり to appreciate感謝する the other.
他者への理解の始まりです
16:59
It's of great importance重要度 that the wordワード for "holy聖なる" in Hebrewヘブライ語, applied適用された to God, is "Kadoshカドシュ": separate別々の, other.
ヘブライ語で「神」を表す語が「別の」
という意味である点は非常に重要です
17:02
And it is oftenしばしば, perhapsおそらく, the very otherness他者性 of our enemies whichどの can
おそらく 敵という存在が
「別」であるからこそ 私たちは
17:11
give us intimationsおとぎ話 of that utterly全く mysterious不思議な transcendence超越 whichどの is God.
完全なる神秘の超越である「神」から
啓示を授かるのでしょう
17:17
And now, here'sここにいる my wish望む:
そして 私の願いは
17:23
I wish望む that you would help with the creation創造,
「思いやりの憲章」を構築し
始動させ 広めるという活動を
17:26
launch打ち上げ and propagation伝搬 of a Charterチャーター for Compassion同情,
皆さんに手伝っていただくことです
17:32
crafted細工された by a groupグループ of inspirationalインスピレーション thinkers思想家 from
「思いやりの憲章」とは
アブラハムの3宗教―
17:38
the three Abrahamicアブラハム traditions伝統 of Judaismユダヤ教, Christianityキリスト教 and Islamイスラム教,
ユダヤ教 キリスト教 イスラム教の
思想家の混成チームが
17:44
and basedベース on the fundamental基本的な principle原理 of the Goldenゴールデン Ruleルール.
「黄金律」の基本原理に則って
作ったものです
17:48
We need to create作成する a movement移動 among all these people that I meet会う in my travels旅行 --
私が旅の途中で出会ってきた人々は皆
共に活動することを望んでいます
17:53
you probably多分 meet会う, too -- who want to join参加する up, in some way,
皆さんも心当たりがあるでしょう
彼らの間に何らかの運動を起こし
18:01
and reclaim再生する their彼らの faith信仰, whichどの they feel, as I say, has been hijackedハイジャックされた.
ハイジャックされた信仰を
取り戻す必要があるのです
18:05
We need to empower力を与える people to remember思い出す the compassionate思いやりのある ethosエモス,
人々が思いやりの精神を思い出せるよう
力づけ導く必要があるのです
18:10
and to give guidelinesガイドライン. This Charterチャーター would not be a massive大規模 document資料.
この憲章は分厚い文書ではありません
18:16
I'd like to see it -- to give guidelinesガイドライン as to how to interpret解釈する the Scriptures聖書,
乱用されてきた教えを どう解釈するか
その指針を載せたいと考えています
18:20
these textsテキスト that are beingであること abused虐待された. Remember忘れない what the rabbisウサギ and what Augustineオーガスティン
ラビたちやアウグスティヌスが説いた
聖書が準拠すべき―
18:28
said about how Scripture聖書 should be governed支配 by the principle原理 of charity慈善団体.
慈悲の原理を思い出してください
18:34
Let's get back to that. And the ideaアイディア, too, of Jewsユダヤ人, Christiansキリスト教徒 and Muslimsイスラム教徒 --
そこに立ち戻りましょう
ユダヤ教徒 キリスト教徒 イスラム教徒は
18:37
these traditions伝統 now so oftenしばしば at loggerheadsロガーヘッド -- workingワーキング together一緒に to
今は仲違いばかりしていますが
協力してこの憲章を作ったのですよ
18:43
create作成する a document資料 whichどの we hope希望 will be signed署名された by a thousand, at least少なくとも,
世界中の主な宗教的リーダーのうち
少なくとも千人に
18:48
of majorメジャー religious宗教的 leaders指導者 from all the traditions伝統 of the world世界.
署名してもらいたいと思っています
18:55
And you are the people. I'm just a solitary孤独な scholar学者.
主役は皆さんです
私は単なる世間知らずの学者です
18:59
Despiteにもかかわらず the ideaアイディア that I love a good time, whichどの I was ratherむしろ amazed驚く to see coming到来 up on me
遊び好きなんて言われて
驚いたこともありましたが
19:03
-- I actually実際に spend費やす a great deal対処 of time alone単独で, studying勉強する, and I'm not very --
私はずっと一人で研究一筋でしたから
メディアの知識のある皆さんに
19:09
you're the people with mediaメディア knowledge知識 to explain説明する to me how we can get this to everybodyみんな,
この考えを世界中に届ける術を
教えていただきたいのです
19:15
everybodyみんな on the planet惑星. I've had some preliminary予備的な talks交渉,
私は すでに
いくつか予備交渉をしていまして
19:22
and Archbishop大司教 Desmondデスモンド Tutuツツ, for example,
例えばデズモンド・ツツ大主教は
この憲章に
19:26
is very happyハッピー to give his name to this, as is Imamイマーム FeisalFeisal Raufラウフ, the Imamイマーム in New新しい Yorkヨーク Cityシティ.
喜んで名を連ねて下さいました
ニューヨークのファイサル・ラウフ導師もです
19:29
Alsoまた、, I would be workingワーキング with the Allianceアライアンス of Civilizations文明 at the Unitedユナイテッド Nations国家.
さらに国連の「文明の同盟」とも
連携していく予定です
19:39
I was part of that Unitedユナイテッド Nations国家 initiativeイニシアチブ calledと呼ばれる the Allianceアライアンス of Civilizations文明,
「文明の同盟」は国連のイニシアチブで
アナン事務総長の呼びかけにより
19:47
whichどの was asked尋ねた by Kofiコフィー Annanアナン to diagnose診断する the causes原因 of extremism過激主義,
私も参画していました
過激思想の原因を突き止め
19:55
and to give practical実用的な guidelinesガイドライン to memberメンバー states about how to avoid避ける the escalationエスカレーション of furtherさらに extremism過激主義.
思想の過激化を回避するための指針を
加盟国に提示するのが目的です
20:01
And the Allianceアライアンス has told me that they are very happyハッピー to work with it.
同盟側は喜んで協力すると
言ってくれています
20:10
The importance重要度 of this is that this is -- I can see some of you starting起動 to look worried心配している,
国連と聞いて
心配になった方もいらっしゃるでしょう
20:14
because you think it's a slowスロー and cumbersome面倒 body --
動きの鈍い面倒な組織だと
思われていますからね
20:20
but what the Unitedユナイテッド Nations国家 can do is give us some neutrality中立,
しかし国連の関与は重要です
20:23
so that this isn't seen見た as a Western西洋 or a Christianキリスト教の initiativeイニシアチブ, but that it's coming到来,
それにより中立性が生まれ
西側やキリスト教の主導と受け取られず
20:26
as it were, from the Unitedユナイテッド Nations国家, from the world世界 --
いわば国連発信 世界発信で
20:32
who would help with the sortソート of bureaucracy官僚 of this.
お役所的に運営できると
見てもらえるのです
20:35
And so I do urge衝動 you to join参加する me in making作る -- in this charterチャーター --
ですから 私は皆さんに
ぜひ参加していただきたいのです
20:41
to building建物 this charterチャーター, launching打ち上げ it and propagating伝播する it so that it becomes〜になる --
この憲章を作り上げ 公開し 広め
やがて世界中のどの大学にも―
20:47
I'd like to see it in everyすべて collegeカレッジ, everyすべて church教会, everyすべて mosqueモスク, everyすべて synagogueシナゴーグ in the world世界,
教会にも モスクにも 礼拝堂にも
憲章が掲げられ
20:55
so that people can look at their彼らの tradition伝統, reclaim再生する it, and make religion宗教 a sourceソース of peace平和 in the world世界,
人々がそれぞれの教えを目にし 取り戻し
宗教が世界平和の源となるように
21:04
whichどの it can and should be. Thank you very much. (Applause拍手)
それは可能であり そうなるべきなのです
どうもありがとうございました(拍手)
21:13
Translated by Tatsuma Nagano
Reviewed by Emi Kamiya

▲Back to top

About the speaker:

Karen Armstrong - Religious scholar
Karen Armstrong is a provocative, original thinker on the role of religion in the modern world.

Why you should listen

Religious thinker Karen Armstrong has written more than 20 books on faith and the major religions, studying what Islam, Judaism and Christianity have in common, and how our faiths shaped world history and drive current events.

A former nun, Armstrong has written two books about this experience: Through the Narrow Gate, about her seven years in the convent, and The Spiral Staircase, about her subsequent spiritual awakening, when she developed her iconoclastic take on the major monotheistic religions -- and on the strains of fundamentalism common to all. She is a powerful voice for ecumenical understanding.

Armstrong's 2008 TED Prize wish asks us to help her assemble the Charter for Compassion, a document around which religious leaders can work together for peace. In late fall 2008, the first draft of the document was written by the world, via a sharing website.

In February 2009 the words of the world were collected and given to the Council of Conscience, a gathering of religious leaders and thinkers, who are now crafting the final document. The Charter will be launched in November 2009. 

More profile about the speaker
Karen Armstrong | Speaker | TED.com