ABOUT THE SPEAKER
Mennat El Ghalid - Mycologist
Mennat El Ghalid research aims to understand the molecular mechanisms underlying fungal biology and pathogenicity.

Why you should listen

Mycologist Mennat El Ghalid received an Initial Training Networks - Marie Skłodowska-Curie fellowship to pursue her PhD project in the Molecular Genetics of Fungal Pathogenicity Unit and the International Campus of Excellence in Agrifood CeiA3 at the Universidad de Cordoba (Spain). During her PhD, her former team and herself identified the compounds secreted from the plant roots attracting Fusarium oxysporum, a soilborne plant pathogenic fungus and characterized the underlying mechanisms of attraction. Such compounds were tracked since the 19th century. The discovery was published in the Nature Journal.

El Ghalid became a TED Fellow in 2017 and have been selected as one of the 100 women honorees for OkayAfrica's 2018 #OKAY100Women list for her dedicated work and for being a promising talent within the field of STEM. She is currently working at Institut Pasteur (France) in the Biology and Pathogenicity Unit to study Candida albicans, an opportunistic pathogenic fungus and the main cause of fungal infections in immunocompromised humans.

More profile about the speaker
Mennat El Ghalid | Speaker | TED.com
TEDGlobal 2017

Mennat El Ghalid: How fungi recognize (and infect) plants

メナット・エル・ガリド: 菌類は侵す植物をいかに見付けるのか

Filmed:
1,016,901 views

植物にとって最も破壊的な病原体である菌類のため、毎年5億人を食べさせられるくらいの農作物が失われています。菌類学者でTEDフェローのメナット・エル・ガリドが、菌類が植物を攻撃するのに使う分子的なシグナルの理解が大きく進んだ経緯についてお話しします。
- Mycologist
Mennat El Ghalid research aims to understand the molecular mechanisms underlying fungal biology and pathogenicity. Full bio

Double-click the English transcript below to play the video.

00:12
"Will the blight疫病 end終わり the chestnut?
0
825
2690
胴枯病は栗の木を
絶えさせるのか
農夫らはそうは思わない
00:15
The farmers農民 ratherむしろ guess推測 not.
1
3857
2000
00:17
It keeps維持する smoulderingくすぶる at the rootsルーツ
2
5881
2238
根でくすぶりながら
新たな芽を送り出し続ける
00:20
And sending送信 up new新しい shoots芽吹く
3
8143
2008
00:22
Till〜まで another別の parasite寄生虫
4
10175
1666
別の寄生者が現れ
00:23
Shallしなければならない come to end終わり the blight疫病."
5
11865
2404
胴枯病を絶えさせるまで
[ロバート・フロスト 1936年]
00:28
At the beginning始まり of the 20thth century世紀,
6
16510
2039
20世紀初めに
40億本もあった
アメリカ東海岸の栗の木が
00:30
the eastern東部 Americanアメリカ人 chestnut population人口,
counting数える nearlyほぼ four4つの billion trees,
7
18573
4647
00:35
was completely完全に decimated間引きされた
by a fungal真菌 infection感染.
8
23244
3101
菌類感染のため
壊滅しました
00:38
Fungi真菌 are the most最も destructive破壊的
pathogens病原体 of plants植物,
9
26369
3208
経済的に重要な作物も含めた
植物にとって
菌類は 最も破壊的な
病原体です
00:41
includingを含む crops作物 of majorメジャー
economic経済的 importance重要度.
10
29601
2722
真菌感染症による
農作物の損失は
00:44
Can you imagine想像する that today今日,
11
32673
1561
00:46
crop作物 losses損失 associated関連する
with fungal真菌 infection感染
12
34258
2867
世界で年に
数十億ドル規模にもなるなんて
00:49
are estimated推定 at billions何十億 of dollarsドル
per〜ごと year, worldwide世界的に?
13
37149
3916
想像できますか?
00:53
That representsは表す enough十分な foodフード caloriesカロリー
to feedフィード halfハーフ a billion people.
14
41585
3698
カロリーにして
5億人を食べさせるに足る量です
00:57
And this leadsリード to severe厳しい repercussions反響,
15
45609
2358
これは大きな影響を
もたらします
00:59
includingを含む episodesエピソード of famine飢饉
in developing現像 countries,
16
47991
3420
発展途上国における飢饉
01:03
large reduction削減 of income所得
for farmers農民 and distributorsディストリビューター,
17
51435
3404
農家や流通業者の
収入の大幅な減少
消費者にとっての
価格の高騰
01:06
high高い prices価格 for consumers消費者
18
54863
1928
01:08
and riskリスク of exposure暴露 to mycotoxinマイコトキシン,
poison produced生産された by fungi真菌.
19
56815
4724
菌類が作る毒素
マイコトキシンにさらされるリスク
私たちが直面している問題は
01:14
The problems問題 that we face
20
62318
1262
01:15
is that the current現在 method方法
used to prevent防ぐ and treat治療する
21
63604
2717
そういう恐ろしい病気を防ぎ
処置するための
現在の方法は
01:18
those dreadful恐ろしい diseases病気,
22
66345
1542
自然の抵抗力を利用する
遺伝的防除にせよ
01:19
suchそのような as genetic遺伝的な controlコントロール,
exploiting悪用 naturalナチュラル sourcesソース of resistance抵抗,
23
67911
4309
輪作や 種子処理
その他のものにせよ
01:24
crop作物 rotation回転 or seedシード
treatment処理, among othersその他,
24
72244
3381
01:27
are still limited限られた or ephemeral一時的な.
25
75649
2682
限定的 短期的だ
ということです
01:30
They have to be constantly常に renewed更新された.
26
78879
2420
絶えず繰り返さなければ
なりません
01:33
Thereforeしたがって、, we urgently緊急に need
to develop開発する more efficient効率的な strategies戦略
27
81323
4254
もっと効率的な方法を
速やかに開発する必要があり
そのためにも 新しい防かび法が
狙いを付けられる生物学的メカニズムを
01:37
and for this, research研究 is required必須
to identify識別する biological生物学的 mechanismsメカニズム
28
85601
5119
01:42
that can be targeted目標
by novel小説 antifungal抗真菌薬 treatments治療.
29
90744
3666
見極める必要があるのです
01:49
One feature特徴 of fungi真菌
is that they cannotできない move動く
30
97529
3134
菌類の特徴の1つは
移動はできず
伸びて成長するだけで
01:52
and only grow成長する by extension拡張
to form a sophisticated洗練された networkネットワーク,
31
100687
3525
菌糸体と呼ばれる高度な網状の構造を
形成するということです
01:56
the mycelium菌糸体.
32
104236
1150
01:58
In 1884, Antonアントン de Baryバリ,
the fatherお父さん of plant工場 pathology病理,
33
106284
4253
1884年に 植物病理学の父である
アントン・ド・バリーは
菌類は 宿主が出す
シグナルによって
02:02
was the first to presume推定する
that fungi真菌 are guided案内された by signalsシグナル
34
110561
3556
導かれるのではと
考えました
02:06
sent送られた out from the hostホスト plant工場,
35
114141
1936
宿主というのは
菌類が住み着く植物のことです
02:08
meaning意味 a plant工場 upon〜に whichどの
it can lodgeロッジ and subsist常食,
36
116101
4134
つまりこのシグナルが
灯台の役割を果たし
02:12
so signalsシグナル act行為 as a lighthouse灯台
37
120259
2358
02:14
for fungi真菌 to locate見つけ出す, grow成長する toward〜に向かって, reachリーチ
38
122641
5166
菌類は 植物を見付け
そちらへと成長し 到達し
侵入して支配してしまう
ということです
02:19
and finally最後に invade侵入する and colonizeコロニー化する a plant工場.
39
127831
3206
そのようなシグナルを
発見することは
02:23
He knew知っていた that the identification識別
of suchそのような signalsシグナル
40
131427
2946
菌類と植物の間のやり取りを
阻害する方法を開発するための鍵になると
02:26
would unlockロック解除する a great knowledge知識
that then serves奉仕する to elaborate精巧な strategy戦略
41
134397
4625
02:31
to blockブロック the interactionインタラクション
betweenの間に the fungus真菌 and the plant工場.
42
139046
3380
バリーはわかっていました
02:34
Howeverしかしながら, the lack欠如 of an appropriate適切な
method方法 at that moment瞬間
43
142752
3420
しかし当時は
そのための適切な手段がなく
そのメカニズムを 分子レベルで
解明することはできませんでした
02:38
prevented予防された him from identifying識別
this mechanism機構 at the molecular分子 levelレベル.
44
146196
4897
02:45
Using使用 purification精製 and mutational突然変異
genomicゲノム approachesアプローチ,
45
153323
3127
精製と突然変異を
使ったアプローチと
02:48
as well as a technique技術
46
156474
1524
菌糸の成長方向の測定を
可能にする手法により
02:50
allowing許す the measurement測定
of directed指示された hyphal菌糸 growth成長,
47
158022
3333
130年後の今
私がいたチームと私はついに
02:53
today今日 I'm gladうれしい to tell you
that after 130 years,
48
161379
4365
そのような植物シグナルの
特定に成功したことを
02:57
my former前者 teamチーム and I
could finally最後に identify識別する suchそのような plant工場 signalsシグナル
49
165768
4824
ここに ご報告します
03:02
by studying勉強する the interactionインタラクション
betweenの間に a pathogenic病原性 fungus真菌
50
170616
3357
Fusarium oxysporum
という病原菌と
その宿主となる
トマトの木の間の
03:05
calledと呼ばれる Fusariumフザリウム oxysporum
51
173997
1683
03:07
and one of its hostホスト plants植物,
the tomatoトマト plant工場.
52
175704
3174
やり取りの研究から
得られた結果です
03:12
As well, we could characterize特徴付ける
53
180310
1751
私たちはまた
そういうシグナルを受け取る
菌類の受容体と
03:14
the fungal真菌 receptor受容体
receiving受信 those signalsシグナル
54
182085
2915
植物に向けた成長を促す
菌類の中で起きる反応の一部を
03:17
and part of the underlying根底にある reaction反応
occurring発生する within以内 the fungus真菌
55
185024
3696
03:20
and leading先導 to its direct直接 growth成長
toward〜に向かって the plant工場.
56
188744
3219
明らかにできました
(拍手)
03:24
(Applause拍手)
57
192879
2674
ありがとうございます
(拍手)
03:27
Thank you.
58
195577
1151
03:28
(Applause拍手)
59
196752
1254
そのような
分子過程の理解は
03:30
The understanding理解
of suchそのような molecular分子 processesプロセス
60
198030
2763
03:32
offersオファー a panelパネル of potential潜在的な molecules分子
61
200817
2498
新しい防かび法を
生み出すのに使いうる
03:35
that can be used to create作成する
novel小説 antifungal抗真菌薬 treatments治療.
62
203339
3800
様々な分子を
教えてくれます
03:39
And those treatments治療 would disrupt混乱する
63
207606
2396
そういった処理は
植物シグナルないしは
03:42
the interactionインタラクション betweenの間に
the fungus真菌 and the plant工場
64
210026
2739
シグナルを受け取る菌類の受容システムを
ブロックすることで
03:44
eitherどちらか by blockingブロッキング the plant工場 signal信号
65
212789
2698
菌類と植物のやり取りを
妨げます
03:47
or the fungal真菌 reception受付 systemシステム
whichどの receives受け取る those signalsシグナル.
66
215511
4341
菌類の感染は 農作物に
大きな打撃を与えてきました
03:51
Fungal真菌 infections感染症 have devastated荒廃した
agriculture農業 crops作物.
67
219876
3166
03:55
Moreoverさらに, we are now in an era時代
68
223066
2722
加えて 私たちは
農作物の生産を大幅に増やすことが
求められる時代を迎えています
03:57
where the demandデマンド of crop作物 production製造
is increasing増加する significantly有意に.
69
225812
3551
04:01
And this is due支払う to population人口 growth成長,
economic経済的 development開発,
70
229387
3865
人口増加や 経済発展
気候変動
バイオ燃料の需要などのためです
04:05
climate気候 change変化する and demandデマンド for bioバイオ fuels燃料.
71
233276
2666
04:08
Our understanding理解
of the molecular分子 mechanism機構
72
236751
3072
菌類と
トマトの木のような宿主植物の間の
04:11
of interactionインタラクション betweenの間に
a fungus真菌 and its hostホスト plant工場,
73
239847
3032
やり取りのメカニズムを
分子レベルで
理解することは
04:14
suchそのような as the tomatoトマト plant工場,
74
242903
1706
04:16
potentially潜在的 representsは表す a majorメジャー stepステップ
towards方向 developing現像 more efficient効率的な strategy戦略
75
244633
5341
菌類による植物の病気と闘う
より効率的な戦略の開発に繋がり
04:21
to combat戦闘 plant工場 fungal真菌 diseases病気
76
249998
2371
人々の生活や
食の安全
04:24
and thereforeしたがって、 solving解決する of problems問題
that affect影響を与える people's人々の lives人生,
77
252393
3525
経済成長に影響する
問題を解決するための
04:27
foodフード securityセキュリティ and economic経済的 growth成長.
78
255942
2452
大きな1歩となる
可能性があります
04:30
Thank you.
79
258418
1152
ありがとうございました
04:31
(Applause拍手)
80
259594
3906
(拍手)
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Claire Ghyselen

▲Back to top

ABOUT THE SPEAKER
Mennat El Ghalid - Mycologist
Mennat El Ghalid research aims to understand the molecular mechanisms underlying fungal biology and pathogenicity.

Why you should listen

Mycologist Mennat El Ghalid received an Initial Training Networks - Marie Skłodowska-Curie fellowship to pursue her PhD project in the Molecular Genetics of Fungal Pathogenicity Unit and the International Campus of Excellence in Agrifood CeiA3 at the Universidad de Cordoba (Spain). During her PhD, her former team and herself identified the compounds secreted from the plant roots attracting Fusarium oxysporum, a soilborne plant pathogenic fungus and characterized the underlying mechanisms of attraction. Such compounds were tracked since the 19th century. The discovery was published in the Nature Journal.

El Ghalid became a TED Fellow in 2017 and have been selected as one of the 100 women honorees for OkayAfrica's 2018 #OKAY100Women list for her dedicated work and for being a promising talent within the field of STEM. She is currently working at Institut Pasteur (France) in the Biology and Pathogenicity Unit to study Candida albicans, an opportunistic pathogenic fungus and the main cause of fungal infections in immunocompromised humans.

More profile about the speaker
Mennat El Ghalid | Speaker | TED.com