ABOUT THE SPEAKER
Nagin Cox - Spacecraft operations engineer
Nagin Cox explores Mars as part of the team that operates NASA's rovers.

Why you should listen

Nagin Cox has been exploring since she decided as a teenager that she wanted to work at NASA's Jet Propulsion Laboratory. She was born in Bangalore, India, and grew up in Kansas City, Kansas, and Kuala Lumpur, Malaysia. Her experiences as a child in a Muslim household showed her how easily we separate ourselves based on gender, race or nationality, and it inspired her to do something that brings people together instead of dividing them. The Space Program helps the world "look up" and remember that we are one world. Thus, she has known from the time she was 14 years old that she wanted to work on missions of robotic space exploration.  

Cox realized her childhood dream and has been a spacecraft operations engineer at NASA/JPL for over 20 years. She has held leadership and system engineering positions on interplanetary robotic missions including the Galileo mission to Jupiter, the Mars Exploration Rovers, the Kepler exoplanet hunter, InSight and the Mars Curiosity Rover.

In 2015, Cox was honored as the namesake for Asteroid 14061 by its discovers. She has also received the NASA Exceptional Service Medal and two NASA Exceptional Achievement Medals. She is a U.S. Department of State STEM Speaker and has spoken to audiences around the world on the stories of the people behind the missions. She has also served on Cornell University’s President's Council for Cornell Women.

Before her time at JPL, Cox served for 6 years in the US Air Force including duty as a Space Operations Officer at NORAD/US Space Command. She holds engineering degrees from Cornell University and the Air Force Institute of Technology as well as a psychology degree from Cornell. (Sometimes she is not sure which one she uses more: the engineering degree or the psychology degree.)

Cox is currently a Tactical Mission Lead on the Curiosity Rover, and every day at NASA/JPL exploring space is as rewarding as the first. You can contact her at nagincox(at)outlook.com.

More profile about the speaker
Nagin Cox | Speaker | TED.com
TEDxBeaconStreet

Nagin Cox: What time is it on Mars?

ナギーン・コックス: 火星では今何時?

Filmed:
2,047,965 views

ナギーン・コックスは第1世代の火星人です。米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所の宇宙船エンジニアとして、火星にある無人探査車を操作するチームで働いています。しかし火星の1日は地球の1日よりも40分長いため、この仕事には特有の、ときに笑いを誘う、苦難の数々が待ち受けています。
- Spacecraft operations engineer
Nagin Cox explores Mars as part of the team that operates NASA's rovers. Full bio

Double-click the English transcript below to play the video.

00:13
So manyたくさんの of you have probably多分 seen見た
the movie映画 "The Martian火星."
0
1054
3549
大半の方は 映画『オデッセイ』を
ご覧になっていると思いますが
見てない方のためにご説明しますと
火星に取り残された宇宙飛行士が
00:17
But for those of you who did not,
it's a movie映画 about an astronaut宇宙飛行士
1
5141
3817
00:20
who is stranded一本鎖 on Mars火星,
and his efforts尽力 to stay滞在 alive生きている
2
8982
4543
必死に生き延びようとする
姿を描いた映画です
00:25
until〜まで the Earth地球 can send送信する a rescueレスキュー missionミッション
to bring持参する him back to Earth地球.
3
13549
4496
地球上では救出作戦が練られ
最終的に彼は地球に帰還することができます
00:31
Gladly喜んで, they do re-establish再確立する communicationコミュニケーション
4
19205
3139
幸いにもある時点で
主人公ワトニー宇宙飛行士は
00:34
with the characterキャラクター,
astronaut宇宙飛行士 Watneyワトニー, at some pointポイント
5
22368
2538
途絶えていた交信手段を回復し
00:36
so that he's not as alone単独で
on Mars火星 until〜まで he can be rescued救出された.
6
24930
5271
救出されるまでの間
火星でそんなに孤独ではなくなります
映画を見ていても
いなくても
00:42
So while you're watching見ている the movie映画,
or even if you haven't持っていない,
7
30726
2762
火星というと
00:45
when you think about Mars火星,
8
33512
1548
00:47
you're probably多分 thinking考え about
how far遠い away it is and how distant遠い.
9
35084
4800
地球との距離について思いを馳せ
はるか遠くに存在するものと感じるでしょう
00:51
And, what mightかもしれない not
have occurred発生した to you is,
10
39908
2579
でも 想像したことも
ないかもしれませんが
00:54
what are the logisticsロジスティクス really like
of workingワーキング on another別の planet惑星 --
11
42511
3897
人が地球にいて
火星に探査車や人がいる状況で
00:58
of living生活 on two planets惑星
12
46432
2246
他の惑星で仕事し
2つの惑星で生活するには
01:00
when there are people on the Earth地球
and there are roversローバー or people on Mars火星?
13
48702
5834
実際どのような調整が
必要になるのでしょう?
01:06
So think about when you have friends友達,
families家族 and co-workers同僚
14
54560
4158
友だちや家族 同僚が
西海岸のカリフォルニア
または世界のどこか別の場所にいると
想像してください
01:10
in Californiaカリフォルニア, on the West西 Coast海岸
or in other parts部品 of the world世界.
15
58742
3158
01:14
When you're trying試す
to communicate通信する with them,
16
62225
2053
東海岸の皆さんが
連絡を取ろうとして
01:16
one of the things
you probably多分 first think about is:
17
64302
2438
まず考えるのはおそらく
「カリフォルニアでは
今何時だろう?」
01:18
wait, what time is it in Californiaカリフォルニア?
18
66764
2096
「起こさないかな?電話して大丈夫かな?」
ということでしょう
01:20
Will I wake目覚め them up? Is it OK to call?
19
68884
2595
01:23
So even if you're interacting相互作用する
with colleagues同僚 who are in Europeヨーロッパ,
20
71883
3351
ヨーロッパの同僚と仕事をするときも
01:27
you're immediatelyすぐに thinking考え about:
21
75258
2042
まず考えるのは
01:29
What does it take to coordinate調整する
communicationコミュニケーション when people are far遠い away?
22
77324
7000
遠くにいる人と連絡をうまく取るには
どうすべきかということでしょう
01:36
So we don't have people on Mars火星
right now, but we do have roversローバー.
23
84973
5584
現在 火星に人はいませんが
無人探査車は送っています
01:42
And actually実際に right now, on Curiosity好奇心,
it is 6:10 in the morning.
24
90581
5105
探査車「キュリオシティ」の時計によると
火星では 今
午前6時10分です
01:47
So, 6:10 in the morning on Mars火星.
25
95710
2771
米国は1990年代半ばから
01:50
We have four4つの roversローバー on Mars火星.
26
98876
2001
01:52
The Unitedユナイテッド States has put four4つの roversローバー
on Mars火星 since以来 the mid-中期的には、1990s,
27
100901
4007
火星に探査車4台を送りこみ
01:56
and I have been privileged特権 enough十分な
to work on three of them.
28
104932
3939
光栄なことに 私はそのうち
3台の運用に従事する機会を得ました
02:00
So, I am a spacecraft宇宙船 engineerエンジニア,
a spacecraft宇宙船 operationsオペレーション engineerエンジニア,
29
108895
4521
私は宇宙船エンジニアです
米航空宇宙局(NASA)に付属する
カリフォルニア州ロサンゼルスにある
ジェット推進研究所で働いています
02:05
at NASA'sNASAの Jetジェット Propulsion推進 Laboratory研究室
in Losロス Angelesアンジェルス, Californiaカリフォルニア.
30
113440
4847
02:10
And these roversローバー
are our roboticロボット emissaries使者.
31
118856
4161
無人探査車は
私たちのロボット使節です
02:15
So, they are our eyes and our ears,
and they see the planet惑星 for us
32
123041
6278
私たちの目や耳となって
人が到達する日まで
火星を観察してくれるのです
02:21
until〜まで we can send送信する people.
33
129343
1833
02:23
So we learn学ぶ how to operate操作する
on other planets惑星 throughを通して these roversローバー.
34
131200
5293
私たちは探査車を通して
ほかの惑星での活動の仕方を学んでいます
02:28
So before we send送信する people, we send送信する robotsロボット.
35
136517
4306
人を送る前に
ロボットを送っているわけです
さて
地球と火星の間に
02:33
So the reason理由 there's a time difference
on Mars火星 right now,
36
141326
3951
時差があるのは
02:37
from the time that we're at
37
145301
1302
火星の1日が
地球の1日よりも長いためです
02:38
is because the Martian火星 day
is longerより長いです than the Earth地球 day.
38
146627
3974
地球の1日は24時間です
02:42
Our Earth地球 day is 24 hours時間,
39
150954
2797
1日は地球が自転するのにー
02:45
because that's how long it takes
the Earth地球 to rotate回転する,
40
153775
3374
つまり地球が1回転するのに
かかる時間で
02:49
how long it takes to go around once一度.
41
157173
2001
02:51
So our day is 24 hours時間.
42
159198
1912
私たちの1日は
24時間です
02:53
It takes Mars火星 24 hours時間 and approximately
40 minutes to rotate回転する once一度.
43
161486
6820
火星が1回転するには
およそ24時間40分かかります
つまり 火星の1日は地球の1日より
40分長いということです
03:00
So that means手段 that the Martian火星 day
is 40 minutes longerより長いです than the Earth地球 day.
44
168330
6418
ご覧のように 私たち
火星上の探査車を操作するチームは
03:07
So teamsチーム of people who are operatingオペレーティング
the roversローバー on Mars火星, like this one,
45
175207
5155
03:12
what we are doing is we are living生活
on Earth地球, but workingワーキング on Mars火星.
46
180386
5412
地球で生活していますが
火星で仕事をしています
03:17
So we have to think as if we are actually実際に
on Mars火星 with the roverローバー.
47
185822
5465
つまり自分が火星にいて
探査車と一緒にいると考える必要があります
03:23
Our jobジョブ, the jobジョブ of this teamチーム,
of whichどの I'm a part of,
48
191654
3579
私たちチームの仕事は
探査車に次の日の仕事を
指示することです
03:27
is to send送信する commandsコマンド to the roverローバー
to tell it what to do the next day.
49
195257
5929
「移動しなさい」「穴を堀りなさい」などと
先に指示しておくのです
03:33
To tell it to driveドライブ or drillドリル
or tell her whateverなんでも she's supposed想定される to do.
50
201210
4029
03:37
So while she's sleeping睡眠 --
and the roverローバー does sleep睡眠 at night
51
205553
4466
そして 探査車が寝ている間―
探査車は夜になると眠るんです
03:42
because she needsニーズ
to recharge再充電する her batteries電池
52
210043
2370
バッテリーを充電するためと
03:44
and she needsニーズ to weather天気
the coldコールド Martian火星 night.
53
212437
3896
火星の寒い夜を避けるためです
そうして 探査車が寝ている間
03:48
And so she sleeps眠る.
54
216357
1362
03:49
So while she sleeps眠る, we work
on her programプログラム for the next day.
55
217743
4768
私たちが翌日のプログラムを用意します
03:54
So I work the Martian火星 night shiftシフト.
56
222857
2982
私は火星で夜勤しているわけです
03:57
(Laughter笑い)
57
225863
1591
(笑)
毎日 火星時間の同時刻に
地球で出勤するためには―
03:59
So in order注文 to come to work on the Earth地球
at the same同じ time everyすべて day on Mars火星 --
58
227478
6628
04:06
like, let's say I need to be
at work at 5:00 p.m.,
59
234130
2404
たとえば私たちのチームが毎日
04:08
this teamチーム needsニーズ to be at work
at 5:00 p.m. Mars火星 time everyすべて day,
60
236558
5569
火星時間で夕方5時に
出勤するとしましょう
04:14
then we have to come to work
on the Earth地球 40 minutes later後で everyすべて day,
61
242151
7000
火星に合わせるためには
地球時間では
毎日40分ずつ出勤時刻を
遅らせなければなりません
04:22
in order注文 to stay滞在 in sync同期 with Mars火星.
62
250142
2179
毎日 時間帯を移動している感じです
04:24
That's like moving動く a time zoneゾーン everyすべて day.
63
252345
2952
04:27
So one day you come in at 8:00,
the next day 40 minutes later後で at 8:40,
64
255321
5455
今日は8時に来ても
翌日は40分遅れて8時40分
04:32
the next day 40 minutes later後で at 9:20,
65
260800
3269
その翌日は40分遅れて9時20分
その翌日は10時といった具合です
04:36
the next day at 10:00.
66
264093
1589
04:37
So you keep moving動く 40 minutes everyすべて day,
67
265706
3578
毎日40分ずらしていくと
04:41
until〜まで soonすぐに you're coming到来 to work
in the middle中間 of the night --
68
269308
2989
すぐに真夜中に出勤することになります
地球の真夜中ということです
04:44
the middle中間 of the Earth地球 night.
69
272321
1817
04:46
Right? So you can imagine想像する
how confusing混乱する that is.
70
274162
3618
どんなに混乱するか
おわかりいただけると思います
04:49
Henceしたがって, the Mars火星 watch.
71
277804
2152
ですから 火星時計が必要です
04:51
(Laughter笑い)
72
279980
1001
(笑)
04:53
This weights重み in this watch
have been mechanically機械的に adjusted調整された
73
281005
3518
この時計は自動的に
04:56
so that it runs走る more slowlyゆっくり.
74
284547
2528
ゆっくり進む仕掛けになっています
04:59
Right? And we didn't start開始 out --
75
287099
1889
よくできているでしょう?
05:01
I got this watch in 2004
76
289012
2226
私はこの時計を2004年
05:03
when Spirit精神 and Opportunity機会,
the roversローバー back then.
77
291262
3304
探査車「スピリット」と
「オポチュニティ」のときに買いましたが
05:06
We didn't start開始 out thinking考え
78
294590
1606
私たちははじめ
火星時計が必要だとは思いませんでした
05:08
that we were going to need Mars火星 watches時計.
79
296220
2431
05:10
Right? We thought, OK,
we'll私たちは just have the time on our computersコンピュータ
80
298675
4431
コンピュータの時計と
管制室の画面上の時計で
05:15
and on the missionミッション controlコントロール screensスクリーン,
and that would be enough十分な.
81
303130
3648
十分だと思ったのです
ですが違いました
05:18
Yeah, not so much.
82
306802
1381
05:20
Because we weren'tなかった just
workingワーキング on Mars火星 time,
83
308207
2849
火星時間で仕事するだけでなく
05:23
we were actually実際に living生活 on Mars火星 time.
84
311080
3159
火星時間で生活することになったからです
05:26
And we got just instantaneously瞬時に confused混乱した
about what time it was.
85
314263
4283
そこですぐに時間について
混乱することになりました
05:30
So you really needed必要な something
on your wrist手首 to tell you:
86
318570
3793
腕についていて
地球時間で今何時か
05:34
What time is it on the Earth地球?
What time is it on Mars火星?
87
322387
3291
火星時間で今何時か
教えてくれるものが必要となったのです
05:38
And it wasn'tなかった just the time on Mars火星
that was confusing混乱する;
88
326107
5894
混乱を招くものは
時間だけではありませんでした
05:44
we alsoまた、 needed必要な to be ableできる
to talk to each other about it.
89
332025
4769
時間について話すための
新しい言葉が必要でした
火星の1日 ― 24時間40分ですが
これを「ソル」(sol)と言います
05:49
So a "solソル" is a Martian火星 day --
again, 24 hours時間 and 40 minutes.
90
337337
5627
05:54
So when we're talking話す about something
that's happeningハプニング on the Earth地球,
91
342988
3195
地球上で起きている
今日の出来事について話すときは
05:58
we will say, today今日.
92
346207
1309
「トゥデイ」と言いますが
06:00
So, for Mars火星, we say, "tosolトソル."
93
348228
2832
火星での今日は
「トゥソル」と言います
06:03
(Laughter笑い)
94
351084
1838
(笑)
06:05
Yesterday昨日 becameなりました "yestersolイエスタゾル" for Mars火星.
95
353992
4517
昨日 「イエスタデイ」は
火星では「イエスタソル」です
06:10
Again, we didn't start開始 out thinking考え,
"Oh, let's invent発明する a language言語."
96
358837
4507
これもはじめから新語が必要だと
思っていたわけではなく
単にとても混乱したからです
06:15
It was just very confusing混乱する.
97
363368
1290
06:16
I remember思い出す somebody誰か
walked歩いた up to me and said,
98
364682
2181
良く覚えていますが
「明日この仕事を探査機にさせたいんだけど」
とある人に言われて
06:18
"I would like to do this activityアクティビティ
on the vehicle車両 tomorrow明日, on the roverローバー."
99
366887
3433
06:22
And I said, "Tomorrow明日, tomorrow明日,
or Mars火星, tomorrow明日?"
100
370344
5111
「明日って明日? それとも火星の明日?」
と聞き返したんです
06:27
We started開始した this terminology用語 because
we needed必要な a way to talk to each other.
101
375987
5052
この新語は会話上の必要から
生まれたのです
06:33
(Laughter笑い)
102
381063
1128
(笑)
06:34
Tomorrow明日 becameなりました "nextersolネクステロール" or "solorrow明日."
103
382215
4276
明日 「トゥモロー」は
「翌ソル」か「ソルロー」です
好きな言い方は
人によって違うので
06:39
Because people have different異なる preferencesプリファレンス
for the words言葉 they use.
104
387216
3615
炭酸飲料を 「ソーダ」と言う人も
「ポップ」と言う人もいます
06:42
Some of you mightかもしれない say "sodaソーダ"
and some of you mightかもしれない say "popポップ."
105
390855
3376
それと同じで「翌ソル」と「ソルロー」
2つの言い方があります
06:46
So we have people who say
"nextersolネクステロール" or "solorrow明日."
106
394829
3206
06:50
And then something that I noticed気づいた after
a few少数 years of workingワーキング on these missionsミッション,
107
398562
4724
探査計画に加わって
しばらくして気づきましたが
06:55
was that the people who work
on the roversローバー, we say "tosolトソル."
108
403310
4652
探査車の作業をしている私たちは
「トゥソル」と言い
動き回らない作業に関わる人たちは
07:00
The people who work on the
landed着陸した missionsミッション that don't roveローブ around,
109
408426
3534
07:03
they say "tosoulトゥーソウル."
110
411984
1472
「トゥソール」と言います
07:05
So I could actually実際に tell what missionミッション
you worked働いた on from your Martian火星 accentアクセント.
111
413958
4719
探査計画のどの部門で仕事をしているか
「火星なまり」でわかるのです
07:10
(Laughter笑い)
112
418701
3250
(笑)
話の趣旨が見えてきましたか?
時計も言葉も
07:13
So we have the watches時計 and the language言語,
and you're detecting検出する a themeテーマ here, right?
113
421975
3860
07:17
So that we don't get confused混乱した.
114
425859
1996
混乱を避けるための発明でした
07:20
But even the Earth地球 daylight昼光
could confuse混乱させる us.
115
428419
3807
ですが地球の日光さえ
混乱の原因となります
考えてみてください
07:24
If you think that right now,
you've come to work
116
432669
2339
火星の真夜中の時間に
出勤するとき
07:27
and it's the middle中間 of the Martian火星 night
117
435032
2095
窓から日光がさしているのです
07:29
and there's light streamingストリーミング in
from the windows
118
437151
3298
07:32
that's going to be confusing混乱する as well.
119
440473
2148
これもまた混乱の元です
この管制室の写真でわかるように
07:35
So you can see from
this image画像 of the controlコントロール roomルーム
120
443081
2505
07:37
that all of the blindsブラインド are down.
121
445610
2269
ブラインドが全て降りています
07:39
So that there's no light to distract気をそらす us.
122
447903
3003
日光をさえぎるためです
07:42
The blindsブラインド went行った down all over the building建物
about a week週間 before landing着陸,
123
450930
4352
探査車が着陸する1週間前から
ビルのブラインド全てが降ろされ
07:47
and they didn't go up
until〜まで we went行った off Mars火星 time.
124
455306
3267
私たちが火星時間を離れるまで
降りたままでした
07:51
So this alsoまた、 works作品
for the house, for at home.
125
459027
3181
家庭でも この作戦をとります
私はこれまで3回
火星時間で生活しましたが
07:54
I've been on Mars火星 time three times,
and my husband is like,
126
462232
2773
夫は「よし 火星時間に備えよう」と言い
07:57
OK, we're getting取得 ready準備完了 for Mars火星 time.
127
465029
1815
07:58
And so he'll地獄 put foilホイル all over the windows
and darkダーク curtainsカーテン and shades陰影
128
466868
6202
窓を全てアルミホイルや
遮光カーテン、ブラインドでおおいます
08:05
because it alsoまた、 affects影響を与える your families家族.
129
473094
3147
家族の生活時間も変わるためです
08:08
And so here I was living生活 in kind種類 of
this darkened暗くなった environment環境, but so was he.
130
476265
4879
夫も 私といっしょに暗闇での生活ですが
慣れたものです
08:13
And he'd彼は gotten得た used to it.
131
481705
1296
08:15
But then I would get these plaintive素朴な
emailsメール from him when he was at work.
132
483025
3642
でもいつも仕事先から 不安げな
電子メールをよこし
「帰ってもいい?起きてる?」
08:19
Should I come home? Are you awake起きている?
133
487257
3292
08:22
What time is it on Mars火星?
134
490573
3130
「火星は今何時?」と聞くので
08:25
And I decided決定しました, OK,
so he needsニーズ a Mars火星 watch.
135
493727
2498
夫に火星時計を買おうと
決心しました
08:28
(Laughter笑い)
136
496249
1535
(笑)
08:29
But of courseコース, it's 2016,
so there's an appアプリ for that.
137
497808
4434
でも2016年の今は
もちろんアプリがあります
08:34
(Laughter笑い)
138
502266
1278
(笑)
08:35
So now instead代わりに of the watches時計,
we can alsoまた、 use our phones電話機.
139
503568
4614
ですから時計の代わりに携帯が使えます
でも家族への影響は
もっと広い範囲に及びます
08:40
But the impact影響 on families家族
was just across横断する the boardボード;
140
508600
4140
08:44
it wasn'tなかった just those of us
who were workingワーキング on the roversローバー
141
512764
3662
探査車の作業をしている
私たちだけでなく
その家族もまた影響を受けます
08:48
but our families家族 as well.
142
516450
2214
08:50
This is Davidデビッド Oh,
one of our flightフライト directors取締役,
143
518688
2479
これはフライトディレクターの
デイビッドで
08:53
and he's at the beachビーチ in Losロス Angelesアンジェルス
with his family家族 at 1:00 in the morning.
144
521191
4474
午前1時のロサンゼルスのビーチで
家族と撮った写真です
08:57
(Laughter笑い)
145
525689
1423
(笑)
08:59
So because we landed着陸した in August8月
146
527136
2980
8月に火星に着陸し
09:02
and his kids子供たち didn't have to go back
to school学校 until〜まで September9月,
147
530140
4446
子どもたちは9月まで夏休みなので
09:06
they actually実際に went行った on to Mars火星 time
with him for one month.
148
534610
4748
1ヶ月間 火星時間で暮らすことにしたのです
09:11
They got up 40 minutes later後で everyすべて day.
149
539382
4769
毎日40分ずつ起きる時間を遅らせ
09:16
And they were on dad'sお父さん work scheduleスケジュール.
150
544175
2183
父親の勤務時間に合わせました
09:18
So they lived住んでいました on Mars火星 time for a month
and had these great adventures冒険,
151
546382
3975
1ヶ月間
たくさん風変わりな経験をしました
09:22
like going bowlingボーリング
in the middle中間 of the night
152
550381
2097
真夜中にボウリングしたり
ビーチに行ったりしたのです
09:24
or going to the beachビーチ.
153
552502
1318
09:26
And one of the things
that we all discovered発見された
154
554149
3359
そこで素晴らしいことに気づきました
09:29
is you can get anywhereどこでも in Losロス Angelesアンジェルス
155
557532
3988
午前3時であれば
ロサンゼルスのどこだろうと
09:33
at 3:00 in the morning
when there's no trafficトラフィック.
156
561544
3553
がら空きの道路を飛ばして
行けるということです
09:37
(Laughter笑い)
157
565121
1474
(笑)
仕事が夜更けに終わり
09:38
So we would get off work,
158
566619
1192
09:39
and we didn't want to go home
and bother気にする our families家族,
159
567835
3115
帰宅したら家族に面倒をかけるからと
09:42
and we were hungry空腹, so instead代わりに of
going locallyローカルに to eat食べる something,
160
570974
3190
近くの食堂で空腹を満たして行こうとして
09:46
we'd結婚した go, "Wait, there's this great
all-night一晩中 deliデリ in Long Beachビーチ,
161
574188
3564
「待てよ ロングビーチのうまい食堂が
開いてるはずだ」
09:49
and we can get there in 10 minutes!"
162
577776
2242
「車でたった10分だ」となれば
09:52
So we would driveドライブ down --
it was like the 60s, no trafficトラフィック.
163
580042
2721
まるで60年代のように
がら空きの道路を飛ばします
09:54
We would driveドライブ down there,
and the restaurantレストラン owners所有者 would go,
164
582787
3755
レストランのご主人はまるで
09:58
"Who are you people?
165
586566
2162
「あんたたちは 何者かね」
10:01
And why are you at my restaurantレストラン
at 3:00 in the morning?"
166
589421
4173
「今は午前3時だよ!」と言わんばかりです
10:05
So they came来た to realize実現する
that there were these packsパック of Martians火星人,
167
593958
4890
そこで気付くわけです
火星人の群れが—
ロサンゼルスの高速道を
真夜中にうろついていることに
10:11
roamingローミング the LALA freeways高速道路,
in the middle中間 of the night --
168
599661
4665
地球の真夜中ですね
10:17
in the middle中間 of the Earth地球 night.
169
605288
2023
10:19
And we did actually実際に
start開始 calling呼び出し ourselves自分自身 Martians火星人.
170
607335
4797
そして私たちは自分たちのことを
「火星人」と呼びはじめました
10:24
So those of us who were on Mars火星 time
would refer参照する to ourselves自分自身 as Martians火星人,
171
612581
5606
火星時間で生活する人は火星人です
それ以外は「地球人」と呼んでいます
10:30
and everyoneみんな elseelse as Earthlingsアースリング.
172
618211
2853
10:33
(Laughter笑い)
173
621088
1300
(笑)
10:34
And that's because when you're moving動く
a time-zoneタイムゾーン everyすべて day,
174
622412
5695
時間帯を毎日変えていると
本当にほかの人たちとは切り離された
感覚になってきます
10:40
you start開始 to really feel separated分離された
from everyoneみんな elseelse.
175
628131
5813
10:45
You're literally文字通り in your own自分の world世界.
176
633968
3919
完全に自分たちだけの世界となるのです
10:50
So I have this buttonボタン on that says言う,
"I survived生き残った Mars火星 time. Solソル 0-90."
177
638704
6925
そこでこのバッジです
「火星時間0~90ソルからの生還者」
10:57
And there's a picture画像 of it
up on the screen画面.
178
645653
2745
と書いてあります
11:00
So the reason理由 we got these buttonsボタン
is because we work on Mars火星 time
179
648422
5629
このバッジがもらえるのは
火星時間で仕事をし
火星の探査車が最大限の
パフォーマンスを発揮できるよう
11:06
in order注文 to be as efficient効率的な as possible可能
with the roverローバー on Mars火星,
180
654075
5049
自分の時間をうまく
調整した人です
11:11
to make the bestベスト use of our time.
181
659148
2290
11:13
But we don't stay滞在 on Mars火星 time
for more than three to four4つの months数ヶ月.
182
661462
3886
でも火星時間で生活するのは
長くて3~4ヶ月です
11:17
Eventually最終的に, we'll私たちは move動く to a modified変更された Mars火星
time, whichどの is what we're workingワーキング now.
183
665372
4268
私たちは今では 火星時間を調整した
スケジュールに移行しています
火星時間は 体にも家族にも
大きな負担になるからです
11:22
And that's because it's hardハード on
your bodies, it's hardハード on your families家族.
184
670379
4657
11:27
In fact事実, there were sleep睡眠 researchers研究者
who actually実際に were studying勉強する us
185
675060
4882
実際に私たちを研究対象にする
睡眠の研究者もいました
11:31
because it was so unusual珍しい for humans人間
to try to extend拡張する their彼らの day.
186
679966
5037
1日を長くしようというのは
人間にとってすごく不自然なことですから
研究では私たちの中から
30人ほどを選んで
11:37
And they had about 30 of us
187
685327
1290
11:38
that they would do
sleep睡眠 deprivation剥奪 experiments実験 on.
188
686641
3626
睡眠不足についての
実験をしました
11:42
So I would come in and take the testテスト
and I fell落ちた asleep眠っている in each one.
189
690291
3563
ですから 私が参加したときはいつも
テストを受けてから寝ました
11:45
And that was because, again,
this eventually最終的に becomes〜になる hardハード on your body.
190
693878
6642
この生活は本当に
結局のところ 体に負担となるのです
11:52
Even thoughしかし it was a blast爆風.
191
700544
3315
たとえそれが すごく楽しく
11:55
It was a huge巨大 bondingボンディング experience経験
with the other membersメンバー on the teamチーム,
192
703883
4514
チームの絆がとても強まるにしても
12:00
but it is difficult難しい to sustainサスティーン.
193
708421
2840
長く続けることはできません
12:04
So these roverローバー missionsミッション are our first
stepsステップ out into the solar太陽 systemシステム.
194
712243
6185
火星探査車は 私たちの活動範囲を
太陽系に広げていく第一歩です
12:10
We are learning学習 how to liveライブ
on more than one planet惑星.
195
718452
5073
私たちはいくつもの星に
またがって生きる術を学んでいます
12:15
We are changing変化 our perspective視点
to become〜になる multi-planetary多惑星.
196
723549
5076
多星の文明になるための
考え方を学んでいるのです
今度 映画『スター・ウォーズ』を見ていて
12:20
So the next time you see
a Star Warsウォーズ movie映画,
197
728943
2795
12:23
and there are people going
from the Dagobahダゴバ systemシステム to Tatooineタトゥーヌ,
198
731762
3675
ダゴバ星系から
惑星タトゥイーンに行く人が出てきたら
12:27
think about what it really means手段 to have
people spread普及 out so far遠い.
199
735461
5490
人類がそれほど広く散らばって生きるとは
どういうことか考えてみてください
12:32
What it means手段 in terms条項
of the distances距離 betweenの間に them,
200
740975
3062
お互いの間にある物理的な距離
12:36
how they will start開始 to feel
separate別々の from each other
201
744061
3820
離ればなれになってしまったという感覚
12:39
and just the logisticsロジスティクス of the time.
202
747905
3224
時差について想像してください
12:43
We have not sent送られた people
to Mars火星 yetまだ, but we hope希望 to.
203
751937
4552
まだ火星に人は送っていませんが
送りたいと思っています
12:48
And betweenの間に companies企業 like SpaceXSpaceX and NASANASA
204
756513
3839
スペースXのような企業や NASA
12:52
and all of the international国際
spaceスペース agencies代理店 of the world世界,
205
760376
3489
世界中の宇宙開発機関で連携して
12:55
we hope希望 to do that
in the next few少数 decades数十年.
206
763889
3767
20~30年内には
実現したいと思っています
12:59
So soonすぐに we will have people on Mars火星,
and we truly真に will be multi-planetary多惑星.
207
767680
5825
ですからすぐに 火星に人が住む
多星文明の時代がやって来ます
13:06
And the young若い boy男の子 or the young若い girl女の子
208
774000
2412
今 この話を聞いている
男の子や女の子の中に
13:08
who will be going to Mars火星 could be
in this audience聴衆 or listening聞いている today今日.
209
776436
7000
将来 火星に行く人がいるかもしれません
13:16
I have wanted to work at JPLJPL
on these missionsミッション since以来 I was 14 years old古い
210
784201
5602
私は14歳のときからずっと
JPLの探査計画で働きたいと思っていました
13:21
and I am privileged特権 to be a part of it.
211
789827
2222
今 とても光栄に思っています
13:24
And this is a remarkable顕著 time
in the spaceスペース programプログラム,
212
792073
4054
今は宇宙開発計画にとって
またとない素晴らしい時代です
13:28
and we are all in this journey together一緒に.
213
796151
3174
私たちはみな この時代の担い手です
13:31
So the next time you think
you don't have enough十分な time in your day,
214
799349
5211
今度
「1日が短すぎる」と感じたら
13:36
just remember思い出す, it's all a matter問題
of your Earthly地上の perspective視点.
215
804584
4778
それは地球人の見方にすぎないことを
思い出してください
13:41
Thank you.
216
809386
1151
ありがとうございました
13:42
(Applause拍手)
217
810561
4114
(拍手)
Translated by Haruka N
Reviewed by Noriko Yasumoto

▲Back to top

ABOUT THE SPEAKER
Nagin Cox - Spacecraft operations engineer
Nagin Cox explores Mars as part of the team that operates NASA's rovers.

Why you should listen

Nagin Cox has been exploring since she decided as a teenager that she wanted to work at NASA's Jet Propulsion Laboratory. She was born in Bangalore, India, and grew up in Kansas City, Kansas, and Kuala Lumpur, Malaysia. Her experiences as a child in a Muslim household showed her how easily we separate ourselves based on gender, race or nationality, and it inspired her to do something that brings people together instead of dividing them. The Space Program helps the world "look up" and remember that we are one world. Thus, she has known from the time she was 14 years old that she wanted to work on missions of robotic space exploration.  

Cox realized her childhood dream and has been a spacecraft operations engineer at NASA/JPL for over 20 years. She has held leadership and system engineering positions on interplanetary robotic missions including the Galileo mission to Jupiter, the Mars Exploration Rovers, the Kepler exoplanet hunter, InSight and the Mars Curiosity Rover.

In 2015, Cox was honored as the namesake for Asteroid 14061 by its discovers. She has also received the NASA Exceptional Service Medal and two NASA Exceptional Achievement Medals. She is a U.S. Department of State STEM Speaker and has spoken to audiences around the world on the stories of the people behind the missions. She has also served on Cornell University’s President's Council for Cornell Women.

Before her time at JPL, Cox served for 6 years in the US Air Force including duty as a Space Operations Officer at NORAD/US Space Command. She holds engineering degrees from Cornell University and the Air Force Institute of Technology as well as a psychology degree from Cornell. (Sometimes she is not sure which one she uses more: the engineering degree or the psychology degree.)

Cox is currently a Tactical Mission Lead on the Curiosity Rover, and every day at NASA/JPL exploring space is as rewarding as the first. You can contact her at nagincox(at)outlook.com.

More profile about the speaker
Nagin Cox | Speaker | TED.com