English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2009

José Antonio Abreu: The El Sistema music revolution

ホセ・アントニオ・アブラウ:「音楽で変わった子どもたち」

Filmed:
999,752 views

ホセ・アントニオ・アブラウは、ベネズエラで何千人もの子どもの人生を変えたユースオーケストラシステムのカリスマ的な設立者です。ここで彼は驚くべき物語を披露し、アメリカ合衆国やそれ以外の国に大きな影響を与える可能性のあるTed Prize wishを公表します。

- Maestro
Jose Antonio Abreu founded El Sistema ("the system") in 1975 to help poor Venezuelan kids learn to play a musical instrument and be part of an orchestra. 30 years on, El Sistema has seeded 102 youth orchestras -- and many happy lives. Full bio

Chrisクリス Andersonアンダーソン: Let's now see the extraordinary特別な speechスピーチ
クリス・アンダーソン:さて、私たちが2週間前に収録した
00:18
that we captured捕獲 a coupleカップル weeks ago.
素晴らしいスピーチを観ましょう
00:21
(Music音楽)
(音楽)
00:23
Joseホセ Antonioアントニオ Abreuアブレウ: My dear親愛な friends友達, ladies女性 and gentlemen紳士,
ホセ・アントニオ・アブラウ(JA):親愛なる友人、紳士淑女の皆様、
00:32
I am overjoyed大喜び today今日
今日、私は、TED賞を受賞し
00:37
at beingであること awarded授与された the TEDTED Prize
喜びに堪えません
00:41
on behalf代わって of all
この受賞は
00:47
the distinguished著名な music音楽 teachers教師,
ベネズエラの全ての優秀な音楽教師、
00:49
artistsアーティスト and educators教育者 from Venezuelaベネズエラ
芸術家、そして教育者の皆さんのものです
00:51
who have selflessly無私 and loyally忠実に accompanied付随する me for 35 years
彼らは35年の間、自らを犠牲にし、忠実に私につき従い、
00:59
in founding創業, growing成長する and developing現像 in Venezuelaベネズエラ
ベネズエラの若者と子どものための
01:03
the Nationalナショナル Systemシステム of Youth若者 and Children's子供の Orchestrasオーケストラ and Choirs合唱団.
オーケストラと合唱団の国立のシステムの創立と育成を行いました
01:09
Since以来 I was a boy男の子,
私は子供の頃
01:13
in my early早い childhood子供時代,
小さな子供の頃から
01:15
I always wanted to be a musicianミュージシャン,
音楽家になりたいと思っていて
01:18
and, thank God, I made it.
神に感謝しますが、実際にそうなったのです
01:21
From my teachers教師, my family家族 and my communityコミュニティ,
私の先生、家族、社会から
01:25
I had all the necessary必要 supportサポート to become〜になる a musicianミュージシャン.
私は音楽家になるためのあらゆる支援を受けました
01:29
All my life I've dreamed夢見る
私は、一生を通じて
01:33
that all Venezuelanベネズエラ children子供
ベネズエラの全ての子供たちが
01:35
have the same同じ opportunity機会 that I had.
私と同じ機会を持つべきだと思っています
01:40
From that desire慾望 and from my heartハート
その心からの願いから、私は
01:43
stemmed抑えた the ideaアイディア to make music音楽
音楽を、この国の、深く普遍的な
01:49
a deep深い and globalグローバル reality現実 for my country.
現実にしたいと考えるようになりました
01:51
From the very first rehearsalリハーサル, I saw the bright明るい future未来 ahead前方に.
最初のリハーサルから、私には明るい未来が見えました
01:57
Because the rehearsalリハーサル meant意味した a great challengeチャレンジ to me.
リハーサルが私には巨大な挑戦に見えたからです
02:03
I had received受け取った a donation寄付 of 50 music音楽 standsスタンド
私は50個のスコアスタンドを
02:09
to be used by 100 boys男の子 in that rehearsalリハーサル.
100人の子どものリハーサルのために寄付されました
02:14
When I arrived到着した at the rehearsalリハーサル, only 11 kids子供たち had shown示された up,
リハーサルに来てみると、そこには11人しか子どもがいませんでした
02:19
and I said to myself私自身,
私は自分に言ったのです
02:24
"Do I close閉じる the programプログラム or multiplyかける these kids子供たち?"
この計画をやめるべきか、それとも子どもを増やすべきか?
02:26
I decided決定しました to face the challengeチャレンジ, and on that same同じ night,
私は挑戦に向かいあうことにして、その同じ夜に
02:32
I promised約束された those 11 children子供 I'd turn順番 our orchestraオーケストラ
その11人の子供たちに、このオーケストラを
02:37
into one of the leading先導 orchestrasオーケストラ in the world世界.
世界の先端を走るオーケストラにすると約束しました
02:41
Two months数ヶ月 ago, I remembered思い出した that promise約束する I made,
2ヶ月前に私はその約束を思い出しました
02:43
when a distinguished著名な English英語 critic評論家
その頃、ある著名な音楽評論家が
02:50
published出版された an article記事 in the Londonロンドン Timesタイムズ,
ロンドンタイムスに論文を載せ
02:52
asking尋ねる who could be the winner勝者 of the Orchestraオーケストラ World世界 Cupカップ.
オーケストラのワールドカップでは誰がチャンピオンかと聞いたのです
02:57
He mentioned言及した four4つの great world世界 orchestrasオーケストラ,
彼は世界的に偉大なオーケストラを4つ挙げ
03:02
and the fifth五番目 one was Venezuela'sベネズエラ Youth若者 Symphony交響曲 Orchestraオーケストラ.
5番目はベネズエラのユースシンフォニーオーケストラでした
03:04
Today今日 we can say
今日、私は宣言します:
03:11
that artアート in Latinラテン Americaアメリカ
ラテンアメリカの芸術は
03:13
is no longerより長いです a monopoly独占 of elitesエリート
もはやエリートの独占ではなく
03:17
and that it has become〜になる a socialソーシャル right,
社会的権利となり、
03:23
a right for all the people.
万人のものになったのだ、と
03:25
Child: There is no difference here betweenの間に classesクラス,
子ども:ここでは階級は関係ないし
03:28
norまた white or black, norまた if you have moneyお金 or not.
白人も黒人もないし、お金の有る無しも関係ないわ
03:33
Simply単に, if you are talented才能のある,
ただ、才能があって
03:35
if you have the vocation職業 and the will to be here,
素質とここに入りたいという意思があれば
03:39
you get in. You shareシェア with us and make music音楽.
ここでみんなと音楽が出来るのよ
03:43
JAJA: During the recent最近 tourツアー
最近のツアー、
03:45
by the Simonサイモン Bolivarボリバル Youth若者 Orchestraオーケストラ of Venezuelaベネズエラ
ベネズエラ・シモン・ボリバル・ユースオーケストラの
03:48
of U.S. and Europeヨーロッパ,
アメリカ・ヨーロッパ公演で
03:53
we saw how our music音楽 moved移動した young若い audiences観客
私たちの音楽がいかに若い聴衆を
03:55
to the bottom of their彼らの souls,
心の底から揺さぶったかを、
04:00
how children子供 and adolescents青年 rushed急いで up to the stageステージ
子どもたちや若者が、私たちの楽団員のジャケットを
04:05
to receive受け取る the jacketsジャケット from our musiciansミュージシャン,
もらいにステージへ駆けつけたかを、
04:10
how the standing立っている ovations, sometimes時々 30 minutes long,
スタンティングオベーションが30分以上、
04:13
seemed見えた to last forever永遠に,
永遠に続くように思えたかを、
04:21
and how the publicパブリック, after the concertコンサート was over,
演奏の後で、市民が街に出て
04:23
went行った out into the street通り to greet挨拶する our young若い people in triumph勝利.
意気揚々とした団員たちに敬意を表したかを見ました
04:26
This meant意味した not only an artistic芸術的 triumph勝利,
これは単に芸術の勝利ということだけでなく
04:31
but alsoまた、 a profound深遠な emotional感情の sympathy同情
世界で最も進歩した国の大衆と
04:37
betweenの間に the publicパブリック of the most最も advanced高度な nations of the world世界
ベネズエラのようなラテンアメリカの国の若い音楽家たちとの
04:41
and the musicalミュージカル youth若者 of Latinラテン Americaアメリカ,
深い、感情の共感を
04:47
as seen見た in Venezuelaベネズエラ,
意味しており
04:49
giving与える these audiences観客 a messageメッセージ of music音楽, vitality活力, energyエネルギー,
聴衆に音楽や、活気や、エネルギーや、
04:51
enthusiasm熱意 and strength.
熱意や力をもたらしています
05:00
In its essenceエッセンス, the orchestraオーケストラ and the choir合唱団
本質的に、オーケストラと合唱団は
05:02
are much more than artistic芸術的 structures構造.
芸術的な構造をはるかにしのぐものです
05:07
They are examples and schools学校 of socialソーシャル life,
それは社会生活の例であり学びの場です
05:11
because to sing歌う and to play遊びます together一緒に
なぜなら一緒に唄い、演奏することは
05:15
means手段 to intimately密接に coexist共存する
完成と洗練に向けて、互いに
05:17
toward〜に向かって perfection完璧 and excellence優秀,
親密に関わりあうことで、
05:22
following以下 a strict厳格な discipline規律 of organization組織 and coordination調整
組織化と協調行動のための厳密な規範に従いながら
05:27
in order注文 to seekシーク the harmonic高調波 interdependence相互依存
声と楽器の調和のとれた相互依存関係を
05:33
of voices and instruments楽器.
追い求めるからです
05:35
That's how they buildビルドする a spirit精神 of solidarity連帯
彼らはそうやって、お互いの団結と
05:37
and fraternity友愛 among them,
兄弟愛を作り上げ
05:40
develop開発する their彼らの self-esteem自尊心
自尊心を育て
05:42
and foster育てる the ethical倫理的な and aesthetical審美的 values
あらゆる意味での音楽に基づいた、倫理的および
05:45
related関連する to the music音楽 in all its senses感覚.
美的価値を養うのです
05:50
This is why music音楽 is immensely非常に important重要
これが、なぜ音楽が
05:54
in the awakening目を覚ます of sensibility感性, in the forging鍛造 of values
感性を目覚めさせ、価値を鍛え、
05:58
and in the trainingトレーニング of youngsters若者たち
若者が年少者を訓練するために
06:04
to teach教える other kids子供たち.
重要なのかの理由です
06:06
Child: After all this time here,
若者:ここでずっと過ごしてきて
06:08
music音楽 is life.
音楽が命なのです
06:10
Nothing elseelse.
他はあり得ない
06:12
Music音楽 is life.
音楽が命です
06:14
JAJA: Each teenagerティーンエイジャー and child in Elエル Sistema組織 has his own自分の storyストーリー,
JA:「エル・システマ」にいる全ての若者には、自分自身の物語があり
06:18
and they are all important重要 and of great significance意義 to me.
それら全てが、私にはとても重要です
06:23
Let me mention言及 the case場合 of Edicsonエディソン Ruizルイス.
エディクソン・ルイスの話をしましょう
06:30
He is a boy男の子 from a parish教区 in Caracasカラカス
彼はカラカスの行政区の出身で
06:36
who passionately情熱的に attended出席した to his doubleダブル bassベース lessonsレッスン
サンアグスティンのジュニアオーケストラの
06:41
at the Sanサン Agustin'sアグスティンズ Juniorジュニア Orchestraオーケストラ.
コントラバスのレッスンに熱心に通っていました
06:46
With his effort努力,
彼の努力と、
06:50
and the supportサポート of his mother, his family家族 and his communityコミュニティ,
彼の母親、家族、そしてコミュニティのサポートによって
06:52
he becameなりました a principal主要な memberメンバー
彼は、ベルリンフィルの
06:57
in the doubleダブル bassベース segmentセグメント of the Berlinベルリン Philharmonicフィルハーモニー Orchestraオーケストラ.
コントラバスセクションの主席メンバーになりました
06:59
We have another別の well-knownよく知られている case場合 -- Gustavoグスタボ Dudamelドゥダメル.
もうひとつ、有名な例ーグスターボ・ドゥダメルについて:
07:03
He started開始した as a boy男の子 memberメンバー of the children's子供たち orchestraオーケストラ
彼は地元バラキシメトの少年オーケストラの
07:08
in his hometown出身地, Barquisimetoバルキシメト.
少年団員としてスタートしました
07:12
There, he grew成長しました as a violinistバイオリニスト and as a conductor導体.
彼はそこでバイオリニストおよび指揮者として育ちました
07:14
He becameなりました the conductor導体 of Venezuela'sベネズエラ juniorジュニア orchestrasオーケストラ,
彼はベネズエラのジュニアオーケストラの指揮者となり
07:20
and today今日 conducts行動する the world's世界の greatest最大 orchestrasオーケストラ.
現在、世界で最も優れたオーケストラの指揮をしています
07:25
He is the musicalミュージカル directorディレクター of Losロス Angelesアンジェルス Philharmonicフィルハーモニー,
彼はロサンゼルスフィルハーモニッック交響楽団の音楽監督であり
07:29
and is still the overall全体 leaderリーダー of Venezuela'sベネズエラ juniorジュニア orchestrasオーケストラ.
現在もベネズエラジュニアオーケストラの総合指導者です
07:34
He was the conductor導体 of the Gothenburgイェーテボリ Symphony交響曲 Orchestraオーケストラ,
彼はかつてはグーテンベルグ交響楽団の指揮者で
07:38
and he's an unbeatable無敵 example
ラテンアメリカおよび世界の
07:40
for young若い musiciansミュージシャン in Latinラテン Americaアメリカ and the world世界.
若い音楽家達にとって一番のアイコンです
07:44
The structure構造 of Elエル Sistema組織
「エル・システマ」の構造は
07:48
is basedベース on a new新しい and flexibleフレキシブル managing管理します styleスタイル
新しく柔軟な運営手法に基づいており
07:50
adapted適合しました to the features特徴 of each communityコミュニティ and region領域,
それぞれのコミュニティや地方の特性に合わせられ
07:57
and today今日 attends出席する to 300,000 children子供 of the lower低い and middle中間 classクラス
今日ベネズエラ全体で30万人の、低所得あるいは中所得者階級の
08:03
all over Venezuelaベネズエラ.
子どもが在籍しています
08:09
It's a programプログラム of socialソーシャル rescueレスキュー
これはベネズエラ社会全体での
08:11
and deep深い cultural文化的 transformation変換
社会救済および深い文化変容の
08:15
designed設計 for the whole全体 Venezuelanベネズエラ society社会
プログラムで
08:19
with absolutely絶対に no distinctions区別 whatsoever何でも,
どのような区別もせず、
08:23
but emphasizing強調 the vulnerable脆弱な and endangered絶滅危惧種 socialソーシャル groupsグループ.
しかし社会的弱者と危機に瀕しているグループに力点を置いています
08:25
The effect効果 of Elエル Sistema組織 is feltフェルト in three fundamental基本的な circles:
「エル・システマ」の成功は三つの基本的な領域の中で感じられます―
08:32
in the personal個人的/socialソーシャル circleサークル,
個人および社会の領域、
08:37
in the family家族 circleサークル and in the communityコミュニティ.
家族の領域、そしてコミュニティの領域です
08:40
In the personal個人的/socialソーシャル circleサークル,
個人と社会の領域では
08:45
the children子供 in the orchestrasオーケストラ and choirs合唱団
オーケストラと合唱団の子どもたちは
08:47
develop開発する their彼らの intellectual知的 and emotional感情の side.
知能と感情を発達させています
08:52
The music音楽 becomes〜になる a sourceソース
音楽は、人間の
08:56
for developing現像 the dimensionsディメンション of the human人間 beingであること,
あらゆる側面の発達の源になり
08:58
thusしたがって elevating昇降する the spirit精神
魂を高揚させ
09:02
and leading先導 man to a full満員 development開発 of his personality.
人間の個性が最大限に発達するよう導きます
09:04
So, the emotional感情の and intellectual知的 profits利益 are huge巨大 --
感情と知性からくる利益は莫大です―
09:08
the acquisition取得 of leadershipリーダーシップ, teaching教える and trainingトレーニング principles原則,
リーダーシップや、教育と訓練の原理の獲得、
09:15
the senseセンス of commitmentコミットメント, responsibility責任,
傾注し、責任を持ち、
09:24
generosity寛大 and dedication献身 to othersその他,
他人に対して寛大になり、献身する感覚、
09:26
and the individual個人 contribution貢献 to achieve達成する great collective集団 goalsゴール.
大きな集団的なゴールの達成のための個人の貢献などです
09:30
All this leadsリード to the development開発 of self-esteem自尊心 and confidence信頼.
これら全てが自尊心と自信を発達させます
09:37
Mother Teresaテレサ of Calcuttaカルカッタ
カルカッタのマザー・テレサが
09:44
insisted主張した on something that always impressed感動した me:
私を常に印象づける言葉を主張しています:
09:49
the most最も miserable悲惨な and tragic悲劇的な thing about poverty貧困
「貧困の最も悲惨で悲劇的な点は
09:53
is not the lack欠如 of breadパン or roofルーフ,
食べ物や住むところがないことではなく
09:58
but the feeling感じ of beingであること no-one誰も --
自分が何者でもないこと
10:03
the feeling感じ of not beingであること anyone誰でも,
誰でもないこと
10:07
the lack欠如 of identification識別,
アイデンティティの喪失
10:09
the lack欠如 of publicパブリック esteem尊敬する.
公的な尊厳がないことである」と
10:14
That's why the child's子供の development開発
だからこそ、子どもが
10:20
in the orchestraオーケストラ and the choir合唱団
オーケストラや合唱団で育つことが
10:23
provides提供する him with a nobleノーブル identity身元
高潔なアイデンティティをその子にもたらし
10:26
and makes作る him a role役割 modelモデル for his family家族 and communityコミュニティ.
そして家族やコミュニティでのロールモデルとなるのです
10:28
It makes作る him a better student学生 at school学校
その子は、学校ではより良い生徒になります
10:34
because it inspiresインスピレーション in him a senseセンス of responsibility責任,
なぜならその子の中には、責任感や
10:39
perseverance忍耐力 and punctuality時間厳守 that will greatly大きく help him at school学校.
忍耐、そして几帳面さなど、学校で役に立つものが生まれるからです
10:41
Within以内 the family家族, the parents'親' supportサポート is unconditional無条件.
家族の中では、両親のサポートは無条件のものです
10:50
The child becomes〜になる a role役割 modelモデル for bothどちらも his parents,
子ども自身が両親へのロールモデルとなり
10:57
and this is very important重要 for a poor貧しい child.
そのことは貧しい子どもにはとても重要です
11:01
Once一度 the child discovers発見する he is important重要 to his family家族,
いったん自分自身が家族のために重要だと分かると
11:03
he begins始まる to seekシーク new新しい ways方法 of improving改善する himself彼自身
その子は自分を向上させる新しい道を探すようになり
11:09
and hopes希望 better for himself彼自身 and his communityコミュニティ.
彼自身とコミュニティに対してより良くなるよう希望するのです
11:13
Alsoまた、, he hopes希望 for socialソーシャル and economic経済的 improvements改善 for his own自分の family家族.
彼はまた、家族が社会的・経済的に向上するよう希望します
11:18
All this makes作る up a constructive建設的 and ascending上昇 socialソーシャル dynamic動的.
これら全てが、建設的で上昇志向の社会力学を形成するのです
11:25
The large majority多数 of our children子供 belong属する, as I already既に mentioned言及した,
子供たちの大半は、先に述べたように
11:32
to the most最も vulnerable脆弱な strata地層 of the Venezuelanベネズエラ population人口.
ベネズエラ社会の最も弱者の部分にいます
11:37
That encourages励ます them to embrace擁する new新しい dreams, new新しい goalsゴール,
そのことが、彼らに新しい夢や、新しいゴールを進んで選び取らせ
11:41
and progress進捗 in the various様々な opportunities機会
音楽が与えてくれる様々な
11:46
that music音楽 has to offer提供.
機会に向けて前進させるのです
11:50
Finally最後に, in the circleサークル of the communityコミュニティ,
最後に、コミュニティの領域の中では
11:52
the orchestrasオーケストラ prove証明する to be the creative創造的な spacesスペース of culture文化
オーケストラは文化の空間を作り
11:56
and sourcesソース of exchange交換 and new新しい meanings意味.
新しい意味の創生と交換の源となることが証明されています
12:01
The spontaneity自発性 music音楽 has
音楽の自発性が
12:03
excludes除外 it as a luxury贅沢 item項目 and makes作る it a patrimonyパトリモニー of society社会.
それ自身を贅沢品とせずに、社会の財産にしています
12:09
It's what makes作る a child play遊びます a violinバイオリン at home,
それは、父親が大工仕事をしている時に
12:16
while his fatherお父さん works作品 in his carpentry木工.
家で子どもがバイオリンを弾いていることです
12:21
It's what makes作る a little girl女の子 play遊びます the clarinetクラリネット at home,
母親が家事をしている時に、愛する娘が
12:25
while her mother does the housework家事.
家でクラリネットを吹いていることです
12:30
The ideaアイディア is that the families家族 join参加する with pride誇り and joy喜び
それは、彼らの子どもが所属する
12:34
in the activitiesアクティビティ of the orchestrasオーケストラ and the choirs合唱団
オーケーストラと合唱団の活動の中で
12:41
that their彼らの children子供 belong属する to.
家族が自負と喜びをもって一つになることなのです
12:43
The huge巨大 spiritualスピリチュアル world世界 that music音楽 produces生産する in itself自体,
音楽そのものが作り出す巨大な魂の世界が
12:45
whichどの alsoまた、 lies within以内 itself自体,
音楽自体の中にも宿り
12:50
ends終わり up overcoming克服する material材料 poverty貧困.
物質的貧困を克服するのです
12:53
From the minute a child's子供の taught教えた how to play遊びます an instrument計器,
楽器の演奏を教わった瞬間から
12:57
he's no longerより長いです poor貧しい.
その子はもう貧しくはありません
12:59
He becomes〜になる a child in progress進捗 heading見出し for a professional専門家 levelレベル,
その子はプロフェッショナルレベルへの道を歩み始めたのであり
13:01
who'll誰が later後で become〜になる a full満員 citizen市民.
後には全き市民となるのです
13:06
Needless不必要 to say that music音楽 is the number one prevention防止
言うまでもなく音楽は、売春や、暴力や、
13:08
againstに対して prostitution売春, violence暴力, bad悪い habits習慣,
子どもの人生を堕落させるあらゆるものからの
13:14
and everything degrading劣化する in the life of a child.
一番の防護壁となります
13:18
A few少数 years ago, historian歴史家 Arnoldアーノルド Toynbeeトインビー
数年前、歴史家アーノルド・トインビーは
13:23
said that the world世界 was suffering苦しみ a huge巨大 spiritualスピリチュアル crisis危機.
世界が精神的な危機に苦しんでいると言いました
13:29
Not an economic経済的 or socialソーシャル crisis危機, but a spiritualスピリチュアル one.
経済的や社会的ではなく、精神的な、です
13:35
I believe that to confront対峙する suchそのような a crisis危機,
私は、このような危機に立ち向かう時、
13:40
only artアート and religion宗教 can give proper適切な answers答え to humanity人類,
芸術と宗教だけが、人類の最も深い望みであり
13:46
to mankind's人類 deepest最も深い aspirations願望,
我々の時代の歴史的な要求である人間性への
13:55
and to the historic歴史的な demands要求 of our times.
適切な答えとなると信じます
13:57
Education教育 -- the synthesis合成 of wisdom知恵 and knowledge知識 --
教育は知恵と知識の融合であり
14:01
is the means手段 to strive努力する for a more perfect完璧な, more aware承知して,
より完全で、より覚醒した、
14:09
more nobleノーブル and more just society社会.
より高潔で正しい社会を達成する手段なのです
14:18
With passion情熱 and enthusiasm熱意 we pay支払う profound深遠な respects敬意 to TEDTED
情熱と熱意を持って、私たちはTEDの
14:20
for its outstanding傑出した humanismヒューマニズム, the scope範囲 of its principles原則,
傑出した人道主義、信念の幅広さ、
14:34
for its open開いた and generous寛大な promotionプロモーション of young若い values.
新しい価値を広く寛大に助成していることに深い敬意を表します
14:43
We hope希望 that TEDTED can contribute貢献する in a full満員 and fundamental基本的な way
私は、TEDが、深く根本的な方法で
14:51
to the building建物 of this new新しい era時代 in the teaching教える of music音楽,
新しい音楽教育の時代の建設に貢献し、
14:59
in whichどの the socialソーシャル, communal共同体, spiritualスピリチュアル and vindicatory弁別する aims目的
その中で、子どもと若者の社会的、共同体的、精神的目標、
15:03
of the child and the adolescent思春期の
そして名誉を守るための目標が
15:11
become〜になる a beaconビーコン and a goalゴール for a vast広大 socialソーシャル missionミッション.
幅広い社会的使命のための道標とゴールになることを期待します
15:13
No longerより長いです puttingパッティング society社会 at the serviceサービス of artアート,
もはや社会を、芸術への奉仕の手段に、しかも
15:18
and much lessもっと少なく at the servicesサービス of monopolies独占 of the eliteエリート,
エリートによる占有の手段にすることなく
15:24
but instead代わりに artアート at the serviceサービス of society社会,
芸術が社会に奉仕し、
15:28
at the serviceサービス of the weakest弱い, at the serviceサービス of the children子供,
弱者に奉仕し、子どもに奉仕し、
15:32
at the serviceサービス of the sick病気, at the serviceサービス of the vulnerable脆弱な,
病めるもの、弱きものに奉仕し、
15:36
and at the serviceサービス of all those who cry泣く for vindication弁護
正義のために声を挙げる者たちに奉仕しますように
15:41
throughを通して the spirit精神 of their彼らの human人間 condition調子
彼らのあり方の魂を通じて
15:46
and the raising募集 up of their彼らの dignity尊厳.
彼らの尊厳を高めることを通じて
15:50
(Music音楽)
(音楽)
15:52
(Applause拍手)
(拍手)
15:56
CACA: We are going liveライブ now to Caracasカラカス.
CA:これからカラカスへ中継します
15:57
We are going liveライブ to Caracasカラカス
カラカスに中継し
16:00
to hear聞く Maestroマエストロ Abreu'sアブレウズ TEDTED Prize wish望む.
マエストロ・アブラウのTED Prize wishへつなぎます
16:02
JAJA: Here is my TEDTED Prize wish望む:
JA:以下が私のTED Prize wishです:
16:06
I wish望む that you'llあなたは help to create作成する and document資料
私は、TEDが、
16:10
a special特別 trainingトレーニング programプログラム
50人の才能ある若い音楽家達、
16:15
for 50 gifted才能ある young若い musiciansミュージシャン,
芸術と社会正義に情熱をもつ彼ら、
16:19
passionate情熱的な about their彼らの artアート and socialソーシャル justice正義,
エル・システマを米国やその他の国に
16:22
and dedicated専用 to bringing持参 Elエル Sistema組織 to the Unitedユナイテッド States
もたらすことに情熱をもつ彼らのための特別訓練プログラムの
16:27
and other countries.
作成と記録を支援してくれることを望みます
16:33
Thank you very much.
どうもありがとう
16:35
(Applause拍手)
(拍手)
16:37
Translated by Masahiro Kyushima
Reviewed by Wataru Narita

▲Back to top

About the speaker:

Jose Antonio Abreu - Maestro
Jose Antonio Abreu founded El Sistema ("the system") in 1975 to help poor Venezuelan kids learn to play a musical instrument and be part of an orchestra. 30 years on, El Sistema has seeded 102 youth orchestras -- and many happy lives.

Why you should listen

The gulf between the rich and the poor in Venezuela is one of the worst in the world. Jose Antonio Abreu, an economist, musician, and reformer, founded El Sistema ("the system") in 1975 to help Venezuelan kids take part in classical music. After 30 years (and 10 political administrations), El Sistema is a nationwide organization of 102 youth orchestras, 55 children's orchestras, and 270 music centers -- and close to 250,000 young musicians.

El Sistema uses music education to help kids from impoverished circumstances achieve their full potential and learn values that favor their growth. The talented musicians have become a source of national pride. Several El Sistema students have gone on to major international careers, including Gustavo Dudamel, soon to be the music director of the Los Angeles Philharmonic, and the bassist Edicson Ruiz, who at 17 became the youngest musician ever to join the Berlin Philharmonic.

There is a simple concept behind Abreu's work: for him an orchestra is first and foremost about together­ness, a place where children learn to listen to each other and to respect one another.

More profile about the speaker
Jose Antonio Abreu | Speaker | TED.com