English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

[email protected] Street Boston

David Grady: How to save the world (or at least yourself) from bad meetings

デイビッド・グラディ: ひどい会議から世界を(あるいは自分だけでも)救う方法

Filmed
Views 2,181,663

ひどくて、非効率で、人で溢れかえる会議が世界のビジネスに疫病を広げています―そして働く人々を悲劇的な状況に追い込んでいます。デイビッド・グラディは、これを食い止める方法をいくつか知っています。

- Information security manager
David Grady is on a crusade to help you take back your calendar. Full bio

Picture画像 this:
想像して下さい
00:13
It's Monday月曜 morning,
月曜日の朝
00:14
you're at the office事務所,
あなたはオフィスで
00:15
you're settling沈む in for the day at work,
席につきその日の仕事を
始めようとします
00:16
and this guy that you sortソート of
recognize認識する from down the hallホール,
すると廊下の先の方にいる
顔見知り程度の男性が
00:18
walksあるきます right into your cubicleキュービクル
あなたのブースに真っ直ぐに来て
00:21
and he steals盗む your chair椅子.
あなたの椅子を奪います
00:23
Doesn't say a wordワード
一言もなく―
00:24
just rollsロールズ away with it.
ただそれを転がして行きます
00:25
Doesn't give you any information情報
about why he took取った your chair椅子
周辺には他にも椅子があるなかで
00:27
out of all the other chairs椅子
that are out there.
なぜあなたの椅子なのか
教えてくれません
00:29
Doesn't acknowledge認める the fact事実
that you mightかもしれない need your chair椅子
今日の仕事をこなすために
00:31
to get some work done完了 today今日.
椅子が必要な事も 見て見ぬふりです
00:34
You wouldn'tしないだろう standスタンド for
it. You'dあなたは make a stink悪臭.
あなたは我慢できないでしょう
文句を言うでしょう
00:35
You'dあなたは followフォローする that guy
back to his cubicleキュービクル
その男を彼のブースまで追って行って
00:37
and you'dあなたは say, "Why my chair椅子?"
「なんで俺の椅子なんだ?」と
言うでしょう
00:39
Okay, so now it's Tuesday火曜日 morning
and you're at the office事務所,
OK 火曜日の朝 
あなたはオフィスにいます
00:43
and a meeting会議 invitation招待 popsポップス
up in your calendarカレンダー.
カレンダーに会議案内が
ポップアップします
00:47
(Laughter笑い)
(笑)
00:50
And it's from this woman女性 who you
kind種類 of know from down the hallホール,
それは廊下の先の方にいる
顔見知り程度の女性からで
00:51
and the subject主題 lineライン referencesリファレンス some
projectプロジェクト that you heard聞いた a little bitビット about.
件名は 少し聞いたことがある程度の
企画についてです
00:54
But there's no agenda議題.
しかし議題は書いてありません
00:58
There's no information情報 about why
you were invited招待された to the meeting会議.
なぜあなたがその会議に
招集されたのかも書かれていません
01:00
And yetまだ you accept受け入れる the
meeting会議 invitation招待, and you go.
それでもあなたはその案内に応じ
会議に出席します
01:03
And when this highly高く
unproductive非生産的 sessionセッション is over,
このすこぶる非生産的な
セッションが終わり
01:07
you go back to your desk,
自分のデスクに戻ったあなたは
01:10
and you standスタンド at your
desk and you say,
その傍に立ち こう言います
01:12
"Boy男の子, I wish望む I had those two hours時間 back,
「この2時間を返してほしいよ
01:14
like I wish望む I had my chair椅子 back."
椅子も返してほしいけどね」
01:16
(Laughter笑い)
(笑)
01:18
Everyすべて day, we allow許す our coworkers同僚,
毎日 我々は同僚に
01:20
who are otherwiseさもないと very,
very niceいい people,
何かを盗まれているのです
01:22
to stealスチール from us.
でなければ非常にいい人たちなのにね
01:24
And I'm talking話す about something far遠い
more valuable貴重な than office事務所 furniture家具.
そして私は今 オフィス家具よりも遥かに
価値のあるものについてお話ししています
01:26
I'm talking話す about time. Your time.
時間についてです あなたの時間ですよ
01:30
In fact事実, I believe that
実際 私はこう信じています
01:33
we are in the middle中間
of a globalグローバル epidemic流行
我々は世界規模の 恐ろしく新しい疫病の
只中にいる と
01:36
of a terribleひどい new新しい illness病気
known既知の as MASMAS:
この病気はMASとして知られています
(Mindless Accept Syndrome)
01:38
Mindless悲しい Accept同意する Syndrome症候群.
「無自覚性・出席・症候群」
01:43
(Laughter笑い)
(笑)
01:46
The primary一次 symptom症状 of
Mindless悲しい Accept同意する Syndrome症候群
この「無自覚性・出席・症候群」の
主症状は
01:48
is just accepting受け入れる a meeting会議 invitation招待
the minute it popsポップス up in your calendarカレンダー.
カレンダーに会議案内がポップアップすると
単純に出席を承諾してしまうことです
01:50
(Laughter笑い)
(笑)
01:54
It's an involuntary不随意の reflex反射的ding,
clickクリック, bingビング — it's in your calendarカレンダー,
それは不随意的反射です
カレンダーがチャラン、 クリック、 チャラン
01:55
"Gottaやらなければならない go, I'm already既に late遅く
for a meeting会議." (Laughter笑い)
「会議に行かなくちゃ もう遅刻じゃないか」
(笑)
01:59
Meetingsミーティング are important重要, right?
会議は重要ですよね?
02:02
And collaborationコラボレーション is keyキー to
the success成功 of any enterprise企業.
コラボレーションはどんな企業でも
成功の鍵です
02:05
And a well-runよく走る meeting会議 can yield産出
really positiveポジティブ, actionable実行可能な results結果.
上手な会議進行は非常にポジティブで
実行可能な結果につながります
02:08
But betweenの間に globalizationグローバリゼーション
しかしグローバル化と
02:11
and pervasive普及して information情報 technology技術,
情報技術の浸透の間で
02:13
the way that we work
我々の働き方は
02:15
has really changedかわった dramatically劇的に
over the last few少数 years.
ここ数年で実に劇的に変化しました
02:17
And we're miserable悲惨な. (Laughter笑い)
我々にとっては悲劇です (笑)
02:20
And we're miserable悲惨な not because the
other guy can't run走る a good meeting会議,
悲劇なのは会議をうまく
運営できない人のせいではなく
02:23
it's because of MASMAS, our
Mindless悲しい Accept同意する Syndrome症候群,
我々のMAS
「無自覚性・出席・症候群」のせいです
02:27
whichどの is a self-inflicted自殺した wound創傷.
これは自傷行為です
02:30
Actually実際に, I have evidence証拠 to prove証明する
that MASMAS is a globalグローバル epidemic流行.
実際 私はこのMASが世界規模の
疫病であるという証拠を握っています
02:33
Let me tell you why.
それは何故か お話しさせて下さい
02:39
A coupleカップル of years ago, I put a videoビデオ
on YoutubeYoutube, and in the videoビデオ,
数年前 私はYouTubeに ある動画を投稿し
そのなかで
02:40
I acted行動した out everyすべて terribleひどい
conference会議 call you've ever been on.
皆さんがこれまで経験したことのある
ひどい電話会議を演じました
02:45
It goes行く on for about five minutes,
その動画は5分間ほどのもので
02:48
and it has all the things that we
hate嫌い about really bad悪い meetings会議.
本当にひどい会議において
私たちが嫌う全ての行為を含んでいます
02:49
There's the moderatorモデレータ who has
no ideaアイディア how to run走る the meeting会議.
会議の進め方を全く考えていない
司会者や
02:53
There are the participants参加者 who
have no ideaアイディア why they're there.
何故自分が招集されたのか
全く知らない参加者がいます
02:56
The whole全体 thing kind種類 of collapses崩壊する
into this collaborative協力的 train列車 wreck難破.
種々の崩壊がコラボレーションを
散々なものにしてしまいます
02:58
And everybodyみんな leaves very angry怒っている.
そして皆を非常に怒らせます
03:02
It's kind種類 of funny面白い.
面白いです
03:05
(Laughter笑い)
(笑)
03:06
Let's take a quickクイック look.
ちょっとだけ見てみましょう
03:08
(Videoビデオ) Our goalゴール today今日 is to come to an
agreement契約 on a very important重要 proposal提案.
(動画)  我々の本日の目標は
非常に重要な企画について 合意に達することです
03:10
As a groupグループ, we need to decide決めます if —
以下の点につき グループとして意思決定を―
03:14
bloop流行 bloop流行
プルルル―
03:16
Hiこんにちは, who just joined参加した?
もしもし 来たのは誰だ?
03:19
Hiこんにちは, it's Joeジョー. I'm workingワーキング from home today今日.
ジョーです 今日は在宅勤務です
03:22
(Laughter笑い)
(笑)
03:25
Hiこんにちは, Joeジョー. Thanksありがとう for
joining接合 us today今日, great.
やあジョー 今日は来てくれてありがとう
素晴らしい
03:27
I was just saying言って, we have a lot of people
on the call we'd結婚した like to get throughを通して,
丁度説明していた最中だ
話を通したい人が大勢電話口にいる
03:30
so let's skipスキップ the rollロール call
点呼は飛ばして
03:33
and I'm gonna dive潜水 right in.
本題に入ろう
03:35
Our goalゴール today今日 is to come to an
agreement契約 on a very important重要 proposal提案.
我々の本日の目標は 非常に重要な企画について
合意に達することです
03:37
As a groupグループ, we need to decide決めます if —
以下の点につき グループとして意思決定を―
03:41
bloop流行 bloop流行
プルルル―
03:44
(Laughter笑い)
(笑)
03:45
Hiこんにちは, who just joined参加した?
誰が来たんだ?
03:47
No? I thought I heard聞いた a beepビープ. (Laughter笑い)
違う? 着信音が聞こえた気がしたけどな
(笑)
03:49
Sound familiar身近な?
よく見る光景ですか?
03:53
Yeah, it sounds familiar身近な
to me, too.
ええ 私にもなじみ深いものです
03:55
A coupleカップル of weeks after I put that onlineオンライン,
この動画をオンラインに投稿した後
数週間で
03:57
500,000 people in dozens数十 of countries,
何十か国の50万人が
03:59
I mean dozens数十 of countries,
何十か国です
04:02
watched見た this videoビデオ.
この動画を視聴しました
04:04
And three years later後で, it's still getting取得
thousands of views再生回数 everyすべて month.
そして3年後の今でも
毎月数千回 再生されています
04:05
It's close閉じる to about a million百万 right now.
今や100万に近づいています
04:08
And in fact事実, some of the biggest最大
companies企業 in the world世界,
実際 世界の大企業のいくつか
04:10
companies企業 that you've
heard聞いた of but I won't〜されません name,
名前は伏せますが
あなたもよく聞く会社が
04:12
have asked尋ねた for my permission許可 to use
this videoビデオ in their彼らの new-hire新採用 trainingトレーニング
新入社員研修でこの動画を使うための
許可を求めてきます
04:14
to teach教える their彼らの new新しい employees従業員 how
not to run走る a meeting会議 at their彼らの company会社.
彼らに会社でしてはいけない
会議のやり方を教えるためです
04:18
And if the numbers数字
もし証拠の数がー
04:22
there are a million百万 views再生回数 and it's
beingであること used by all these companies企業
再生回数100万回と
大企業で使用というだけでは―
04:24
aren'tない enough十分な proof証明 that we have
a globalグローバル problem問題 with meetings会議,
会議がグローバルな問題だとする
証拠には不足だと言うなら
04:26
there are the manyたくさんの, manyたくさんの thousands
この動画が公開された後
04:30
of commentsコメント posted投稿された onlineオンライン
オンライン上に投稿された
04:31
after the videoビデオ went行った up.
数千ものコメントがあります
04:33
Thousands何千もの of people wrote書きました things like,
何千もの人々が
04:35
"OMGああ、神様, that was my day today今日!"
「ああ これは今日の僕みたいだ!」
04:37
"That was my day everyすべて day!"
「僕は毎日こうだ」
04:39
"This is my life."
「これは僕の人生だ」
04:41
One guy wrote書きました,
ある男性は
04:42
"It's funny面白い because it's true真実.
「面白い! だってこれは真実だ
04:43
EerilyEerily, sadly悲しいことに, depressingly憂鬱な true真実.
不気味で 悲しく 抑うつ的なほど真実だ
04:45
It made me laugh笑い until〜まで I cried泣いた.
僕はこれを見て泣くまで笑った
04:46
And cried泣いた. And I cried泣いた some more."
泣いた 泣いた まだもっと」
04:48
(Laughter笑い)
(笑)
04:51
This poor貧しい guy said,
この哀れな男性は言いました
04:53
"My daily毎日 life until〜まで
retirement退職 or death, sigh一息."
「退職するか死ぬまで僕はこんな生活だ (ため息)」
04:54
These are realリアル quotes引用符
これらは実物からの引用です
04:59
and it's realリアル sad悲しい.
非常に悲しい
05:01
A common一般 themeテーマ runningランニング throughを通して
all of these commentsコメント onlineオンライン
これらのオンライン上のコメントに
一貫している点は
05:02
is this fundamental基本的な belief信念
that we are powerless力のない
我々は会議に行く他 なす術がなく
05:05
to do anything other
than go to meetings会議
我々は会議に行く他 なす術がなく
05:08
and suffer苦しむ throughを通して these
poorly不完全に run走る meetings会議
この下手な進行の会議に苦しめられ
05:10
and liveライブ to meet会う another別の day.
他の日もこの繰り返しだ との
根本的信念です
05:12
But the truth真実 is, we're
not powerless力のない at all.
しかし実際には 我々は
無力では全くありません
05:14
In fact事実, the cure治す for MASMAS
is right here in our hands.
実は MASの治療法は
我々の手中にあるのです
05:17
It's right at our fingertips指先, literally文字通り.
正確に言えば 「指先」にあります
05:20
It's something that I call ¡No MASMAS!
僕はこれを ¡No MAS! と呼んでいます
05:22
(Laughter笑い)
(笑)
05:26
Whichどの, if I remember思い出す my
high高い school学校 Spanishスペイン語,
これは高校で習った
スペイン語の記憶によれば
05:28
means手段 something like,
"Enough十分な already既に, make it stop!"
「もう十分だ やめさせろ」
といった意味です
05:30
Here'sここにいる how No MASMAS
works作品. It's very simple単純.
No MASの作用を見てみましょう
非常に単純です
05:33
First of all, the next time you
get a meeting会議 invitation招待
まず初めに あなたが次に
会議案内を受け取った時
05:36
that doesn't have a lot
of information情報 in it at all,
そこに説明があまり書かれていなければ
05:39
clickクリック the tentative暫定的 buttonボタン!
「仮出席」ボタンをクリックすること
05:42
It's okay, you're allowed許可された,
that's why it's there.
大丈夫 許されます
だからそのボタンがあるんです
05:44
It's right next to the accept受け入れる buttonボタン.
「出席」ボタンのすぐ隣です
05:46
Or the maybe buttonボタン, or whateverなんでも buttonボタン
is there for you not to accept受け入れる immediatelyすぐに.
または何でもいいですが
即出席ではない旨のボタンをクリックします
05:48
Then, get in touchタッチ with the person
who asked尋ねた you to the meeting会議.
そうして 会議の主催者に連絡をとり
05:51
Tell them you're very excited興奮した
to supportサポート their彼らの work,
あなたがこの案件を
手伝いたいと強く思っていると伝え
05:55
ask尋ねる them what the goalゴール
of the meeting会議 is,
そして この会議の目標は何かを尋ね
05:58
and tell them you're interested興味がある in learning学習
how you can help them achieve達成する their彼らの goalゴール.
その目標をあなたがどう手伝えるかを
知りたいんだと言いなさい
06:00
And if we do this oftenしばしば enough十分な,
我々がもしこれを何度も
06:03
and we do it respectfully敬意を,
敬意を払いつつ繰り返せば
06:05
people mightかもしれない start開始 to be
a little bitビット more thoughtful思慮深い
周囲の人は会議案内の送り方について
06:07
about the way they put together一緒に
meeting会議 invitations招待状.
少しは思慮深くなるかもしれません
06:09
And you can make more thoughtful思慮深い
decisions決定 about accepting受け入れる it.
そしてあなたも出席するか決める上で
もっと思慮深くなれます
06:11
People mightかもしれない actually実際に start開始
sending送信 out agendasアジェンダ. Imagine想像する!
議題が送られてくるようになるかもしれません
凄いことですね!
06:14
Or they mightかもしれない not have a conference会議 call
with 12 people to talk about a status状態
もしくは 簡単なメール1本で済むような用件で
06:17
when they could just do a quickクイック
emailEメール and get it done完了 with.
12人と接続して電話会議をすることも
なくなるかもしれません
06:21
People just mightかもしれない start開始 to change変化する their彼らの
behavior動作 because you changedかわった yoursあなたの.
あなたが自分の行動を変えれば
周囲も変わってくれるかもしれません
06:24
And they just mightかもしれない bring持参する
your chair椅子 back, too. (Laughter笑い)
あなたの椅子も返してもらえるかも(笑)
06:29
No MASMAS!
NO MAS!
06:33
Thank you.
ありがとうございました
06:34
(Applause拍手).
(拍手)
06:35
Translated by Naoko Fujii
Reviewed by Claire Ghyselen

▲Back to top

About the speaker:

David Grady - Information security manager
David Grady is on a crusade to help you take back your calendar.

Why you should listen

David Grady is an information security manager who believes that strong communication skills are
a necessity in today’s global economy. He has been a print journalist, a “PR guy” and a website producer, and has ghostwritten speeches and magazine articles for Fortune 500 company executives. A mid-life career change brought him into the world of information risk management, where every day he uses his communications experience to transform complex problems into understandable challenges.

More profile about the speaker
David Grady | Speaker | TED.com