ジェフ・ハンコック: 嘘つき達の未来

TEDxWinnipeg

ジェフ・ハンコック: 嘘つき達の未来

1,272,528 views

Readability: 3.3


メールで「今向かっているところです」と嘘をついたり、オンラインデートサイトのプロフィール欄をごまかしたりする人がたくさんいます。しかしジェフ・ハンコックは、インターネットの匿名性が嘘を蔓延させるとは考えません。それどころかインターネットの検索機能やオンライン上で記録される情報の永続性によって私たちは正直さを保っているのだと語ります。

ルドウィク・マリシェーン 「水いらずの風呂」

TED@Johannesburg

ルドウィク・マリシェーン 「水いらずの風呂」

1,651,872 views

Readability: 4


水差し1杯の水のために毎日1km以上も歩かなくてはいけない人は世界中に何百万人もいるわけですが、そうであればその貴重な水を入浴には使わないでしょう。若き起業家のルドウィク・マリシェーンは、安価で、清潔で、利便性もある解決策―世界初の入浴代替ローション「ドライバス」について、彼がどうやって発明したかを、笑いも含めた素晴らしいストーリーで語ってくれます。

ミュニル・ビラニ「私がハゲワシを慕うわけ」

TED@Nairobi

ミュニル・ビラニ「私がハゲワシを慕うわけ」

993,722 views

Readability: 4.8


自然界のゴミ収集を担うハゲワシは生態系に欠かせない存在です。では、なぜあれほど不人気なのでしょうか?なぜ多くのハゲワシは絶滅の危機に瀕しているのでしょう?猛禽類を専門とする生物学者のミュニル・ビラニは、ユニークな生物であり、また誤解されている生物でもあるハゲワシにもっと注目して、認識を改め、ハゲワシを救おうと語ります。

リー・ベッシュリー:電子回路を「スケッチ」する方法

TEDYouth 2011

リー・ベッシュリー:電子回路を「スケッチ」する方法

785,741 views

Readability: 3.9


リー・ベッシュリーとMITの彼女のチームが電子回路を紙と鉛筆のように扱う方法を開発するまで、電子回路の設計は手間と費用の掛かるものでした。このTED Youth 2011のステージで、ベッシュリーは紙にピアノを描いて弾く、といったような魅力的なデザインを多数紹介します。

ジェイク・ウッド: 被災地救助という退役軍人の為の新たなミッション

TEDxSanDiego

ジェイク・ウッド: 被災地救助という退役軍人の為の新たなミッション

522,477 views

Readability: 4


数か月、数年の海外での戦闘任務の後、92%ものアメリカの退役軍人は続けて社会貢献に携わりたいと言っています。一方で、次々と自然災害は世界に大惨事をもたらします。これらの二つの課題に共通していることとは何でしょうか? チーム・ルビコンの共同設立者であるジェイクウッド氏が「どのように退役軍人は効率的に災害救助対応に貢献できるか、そしてその過程でどのように目的を、居場所を、自尊心を再び得るのか」について感動的な話を贈ります。

マット・キリングワース「幸せになりたい?目の前のことに集中しましょう」

TEDxCambridge

マット・キリングワース「幸せになりたい?目の前のことに集中しましょう」

2,991,222 views

Readability: 4


人が最も幸福を感じるのはいつでしょうか?この問についてデータを収集するために、マット・キリングワースは幸福度追跡装置(Track Your Happiness)というアプリを開発し、被験者にリアルタイムの幸福度を報告してもらいました。驚きの結果がでました。幸福度が一番高かったのは目の前のことに没頭しているときでした。反対に気が散っている時は幸福度が低くなりました。(撮影: TEDxCambridge)

アダム・ガロー二「口ひげ生やして 男性の健康を考えよう」

TEDxToronto 2011

アダム・ガロー二「口ひげ生やして 男性の健康を考えよう」

728,550 views

Readability: 4.2


アダム・ガロー二氏の素晴らしい口ひげには、あるチャリティー目的があります。ガロー二氏はモーベンバーの創始者の一員であり、毎年11月に男性達に口ひげを生やしてもらうことで、男性の健康の知識を普及しようと活動しています。これは2003年にあるバーで誓った挑戦がきっかけで始まりました。モーベンバーは現在では世界レベルのキャンペーンで、去年だけで前立腺がんのために1億2600万ドルの募金を集めました。 (TEDxToronto)

エマ・ティーリング: コウモリゲノムに隠された秘密

TEDxDublin

エマ・ティーリング: コウモリゲノムに隠された秘密

512,563 views

Readability: 4


西洋社会ではコウモリは気味悪く、邪悪だとすら見なされています。動物学者エマ・ティーリングはコウモリに対する態度を見直すよう勧め、コウモリの独特かつ魅力的な生態により我々自身の遺伝情報に関する新たな知見が得られると説きます。(TEDxDublinにて録画)

ゲイリー・グリーンバーグ: 美しきナノの世界

TEDxMaui

ゲイリー・グリーンバーグ: 美しきナノの世界

1,072,747 views

Readability: 3.3


3D顕微鏡で撮影すると、砂の粒がカラフルなキャンディのように見えます。花の雄しべが遊園地にある幻想的な塔のように見えます。ゲイリー・グリーンバーグがスリリングなミクロの世界を紹介します。

ハナ・ブランチャー「他人に綴る愛のこもった手紙」

TED@New York

ハナ・ブランチャー「他人に綴る愛のこもった手紙」

2,063,744 views

Readability: 3.5


ハナ・ブランチャーは母からいつも手書きの手紙をもらっていました。大学を卒業して極度の鬱に陥ったハナは自然と行動にでていました。見知らぬ人に愛を伝える手紙を書いて、街中に置いていったのです。ここからThe World Needs More Lover Letters(世界にもっと愛の込められた手紙を)という世界規模の団体ができあがり、後押しが必要な人々のもとに手書きの手紙を届けています。

マルコ・テンペスト 「空前絶後のサイバー・カードマジック」

TEDGlobal 2012

マルコ・テンペスト 「空前絶後のサイバー・カードマジック」

2,018,270 views

Readability: 3.1


カードの種類や数字や色は,季節,月の周期,暦を表しています。マルコ・テンペストが拡張現実ゴーグルをつけて,詩的な語りとともに見たこともないようなカードマジックを披露します。(このバージョンは,当初のパフォーマンスで見られた技術上の問題を修正しています。それ以外はTEDGlobalで披露されたものと同一で,見事な拡張現実の効果もご覧いただけます。)

ジョルジェット・ムルヘア 「孤児院の悲劇」

TEDSalon London Spring 2012

ジョルジェット・ムルヘア 「孤児院の悲劇」

834,199 views

Readability: 4.7


孤児院は多大な費用がかかる上、子どもの心と体に取り返しのつかないダメージを与える可能性があります。にもかかわらず、なぜこれほど多く存在するのでしょうか?ジョルジェット・ムルヘアは孤児院での悲劇を語ることを通して、支援が必要な子どもたちを別の方法で救い、孤児院に頼ることをやめるよう強く訴えます。

フェイス・ジェゲディ 「自閉症の弟たちから学んだこと」

TED@London

フェイス・ジェゲディ 「自閉症の弟たちから学んだこと」

1,239,981 views

Readability: 3.7


フェイス・ジェゲディは、二人の弟と共に育ったという感動的で面白い話を語ります。どちらの弟も自閉症であり、そして非凡です。TED Talent Searchでのこのトークは、私たちに「普通」であることを超えた人生を追求する重要性を再認識させてくれます。

サンジャイ・プラハン: オープンデータは国際援助をどう変えるのか

TEDGlobal 2012

サンジャイ・プラハン: オープンデータは国際援助をどう変えるのか

502,533 views

Readability: 5.2


どうすれば経済開発や援助資金が実際にそれを最も必要としている人々に届いたことを証明できるでしょうか? 世界銀行のサンジャイ・プラハンは汚職防止に対し取り組みを容易にしつつインパクトを最大化する3つのガイドラインを提起します。一つの鍵は、壊れた国際援助の仕組みを変革しようとする人々と、彼らが必要なデータを結びつけることです。

ドリス・キム・サン:呼吸する金属

TEDxUSC

ドリス・キム・サン:呼吸する金属

1,221,303 views

Readability: 4.5


近代建築は床から天井までの窓で壮観な視界をもたらします。しかし、冷却に多大なエネルギーを必要とします。ドリス・キム・サンはサーモバイメタルという皮膚のように環境に応じて動くスマートマテリアルに取り組んでいます。これは日除けとなり自動的に換気してくれる素材なのです。

デイヴィッド・ピザロ: 嫌悪感による奇妙な政治学

TEDxEast

デイヴィッド・ピザロ: 嫌悪感による奇妙な政治学

729,334 views

Readability: 4.9


不快な画像はあなたが選挙でどう投票するかと関係があるのでしょうか?排泄物の画像や不快な臭い対する敏感さと、道徳的・政治的に保守的であることの相互関係を、心理学者のデイヴィッド・ピザロが調査や実験に基づいて明らかにします。(TEDxEast)

レム・シセイ: 政府保護下の子ども達

TEDxHousesOfParliament

レム・シセイ: 政府保護下の子ども達

833,908 views

Readability: 3.6


文学において、里子、養子、孤児となった子ども達は、長い間、格好のテーマとなってきました。モーゼからシンデレラ、オリバー・ツイストからハリーポッターまで。 では、なぜ親無しの子ども達が、自分達の過去を隠さなければならないのでしょうか?詩人で、脚本家のレム・シセイが、彼自身の体験をもとに、心を揺すぶられるような話を聞かせてくれます。

ローリー・スチュアート「民主主義はなぜ大事なのか」

TEDxHousesOfParliament

ローリー・スチュアート「民主主義はなぜ大事なのか」

903,126 views

Readability: 4.7


イギリスの国会議員であるローリー・スチュアートは「市民は民主主義への信頼を失いつつある」と主張します。イラクやアフガニスタンに出来た民主主義は機能しておらず、84%のイギリス国民は自国の政治は崩壊していると考えています。ローリー・スチュアートが目指すのは「手段」ではなく「理想」として民主主義を再建すること、そしてその重要性が市民に認識されることです。

ヘザー・ブルック: 政府の不正を暴く 私の闘争

TEDGlobal 2012

ヘザー・ブルック: 政府の不正を暴く 私の闘争

963,682 views

Readability: 4.1


我々のリーダーは説明責任を負うべきである、とジャーナリストのヘザー・ブルックは語る。2009年に英国議会の経費の用途を公にし、結果的に一大政治スキャンダルのきっかけとなったブルックが、我々は情報公開を要求する仕組みを利用して世界のリーダー達に疑問を投げかけるべきだと訴える。

パンカジ・ゲマワット 「本当は、フラット化していない世界」

TEDGlobal 2012

パンカジ・ゲマワット 「本当は、フラット化していない世界」

882,882 views

Readability: 4.5


我々はボーダレスの世界に生きていて、情報もモノも人も国境を越えて自由に行き来しているように見えます。パンカジ・ゲマワットは、実際はそうした世界には程遠いと言います。膨大なデータ(と、驚くべき調査結果)によって、グローバル化に対する人々の認識と現実は乖離していて、結局、世界はそれほどつながっていないと主張します。

メリッサ・マーシャル 「私に科学を熱く語って!」

TEDGlobal 2012

メリッサ・マーシャル 「私に科学を熱く語って!」

2,288,616 views

Readability: 4.4


メリッサ・マーシャルは、科学の門外漢として、全ての科学者にメッセージを送ります。「あんたたちのしていることに興味あるわ。だから語って聞かせてよ。ただしわかる言葉でお願い」。 マーシャルは、複雑な科学のアイデアを一般の人に紹介する時に有効となるコツを、たった4分で語り明かしてくれます。

ティム・リーバーレヒト 「自分のブランドの制御をうまく手放す3つの方法」

TEDGlobal 2012

ティム・リーバーレヒト 「自分のブランドの制御をうまく手放す3つの方法」

988,240 views

Readability: 5.2


人や企業やブランドがその評判をしっかり制御できた時代は(そのようなものがあったとして)終わりました。ネット上でのおしゃべりの拡散が意味するのは、それが価値あるものである限り、統制することのできない自由な対話が絶えず生じるということです。ティム・リーバーレヒトは、この制御の喪失を受け入れ、さらにはそれに向けてデザインをし、自らの価値に再び身を投じる力とするための、3つの大きなアイデアを提示しています。

マウリツィオ・セラチーニ: 絵画に秘められた生命

TEDGlobal 2012

マウリツィオ・セラチーニ: 絵画に秘められた生命

748,885 views

Readability: 4.5


美術史は不変ではありません。エンジニアのマウリツィオ・セラチーニが30年がかりで探しているものは、レオナルド・ダ・ヴィンチのフレスコ画『アンギアーリの戦い』です。またその過程で、多くの絵画の中に歴史が層となって隠されていることを発見しました。この歴史の層も、絵画を見るという体験に含めるべきなのでしょうか?

ボー・ロット&エイミー・オトゥール 「科学は万人のもの (子どもも含む)」

TEDGlobal 2012

ボー・ロット&エイミー・オトゥール 「科学は万人のもの (子どもも含む)」

1,385,760 views

Readability: 3.5


科学と遊びに共通するものは何でしょう? 神経科学者のボー・ロットは、(子どもも含む)すべての人が科学に取り組み、発見プロセスを通じて認識を変えるべきだと考えています。12歳のエイミー・オトゥールもこれには同意見です。彼女は25人のクラスメートと共にブラックオウトン・ミツバチ・プロジェクトを遂行し、学童による初の査読付き論文を生むことになりました。「昔々あるところに・・・」で始まる論文です。

ジェイソン・マッキュー: テロという悪いブランド

TEDGlobal 2012

ジェイソン・マッキュー: テロという悪いブランド

811,847 views

Readability: 4.1


この心を捉えるスピーチでは、テロと戦うために、テロという「ブランド」に対する「消費者」の信頼感を弱めてリクルートを妨害しよう、と弁護士ジェイソン・マッキューが論じます。この考え方に基づいて彼ら活動家たちがもたらした変化の実例を紹介します。

ジョン・ウィルバンクス: 医療記録をプールしよう

TEDGlobal 2012

ジョン・ウィルバンクス: 医療記録をプールしよう

564,529 views

Readability: 3.7


医療や検査を受けるときプライバシーは重要です。研究者は厳格な法律により、個人情報の収集を制限されています。しかし、仮説を検証しようとする人が誰でも、あなたの匿名化した医療記録を使えるとしたらどうなるでしょう。ジョン・ウィルバンクスは、プライバシー保護が研究を遅らせており、医療記録のオープン化がヘルスケアの革新の波を促しうるのではないかと考えています。

ルビー・ワックス「精神病の何がおかしいの?」

TEDGlobal 2012

ルビー・ワックス「精神病の何がおかしいの?」

2,605,780 views

Readability: 3.1


コメディアンのルービー・ワックスは言います「体の病気は同情を買う。脳の病気は例外ですが。」それはなぜか? 約10年前に臨床的鬱病を患った彼女は、溢れ出すエネルギーとユーモアで、精神病への偏見をなくすように語りました。

ビッキー・アロヨ「今こそ新時代の気候に対処するとき」

TEDGlobal 2012

ビッキー・アロヨ「今こそ新時代の気候に対処するとき」

1,110,850 views

Readability: 5.1


政治はさておき、近年の深刻な気候変動はデータにも表れています。ビッキー・アロヨが言うように、洪水や干ばつや不安定な気候等の気候変動への対策が必要なときが来たのです。地域的な話から世界中の都市の話まで、ビッキーが大胆な計画を語ります。

アリス・ヴェネティキディス: 分かりやすい地図のデザイン

TEDxDublin

アリス・ヴェネティキディス: 分かりやすい地図のデザイン

692,858 views

Readability: 4.4


グラフィックデザイナーのアリス・ヴェネティキディス氏は、経験によって人の記憶の中に作られる認知地図の可能性に注目しました。これは精密に描かれた市街地図とは異なり、むしろ回路図や配線図とよく似た、場所どうしの関係の抽象的な図なのです。 どうすればこの認知地図から学んだことを、実際の地図のデザインに生かせるのか?読みづらくて有名なダブリンのバス路線図を例に、分かりやすい地図のデザインについて話します 。 (TEDxダブリンにて収録)

ライアン・マークリー 「注釈やポップアップを付けリミックスできるオンラインビデオ」

TEDGlobal 2012

ライアン・マークリー 「注釈やポップアップを付けリミックスできるオンラインビデオ」

716,861 views

Readability: 3.9


MozillaファウンデーションのCOOであるライアン・マークリーは、ウェブ上のビデオはウェブ自体のように動作すべきだと言います。ダイナミックで、たくさんのリンクや地図や情報が付いていて、それをライブで編集しアップデートできるようにするのです。そして彼はTEDのステージで、簡単にビデオのリミックスが行える新しいウェブベースのツールPopcorn Makerを披露します。(Popcorn MakerでリミックスしたTEDTalkをご覧になり、自分でもリミックスしてみてください。)