TED Talks with Japanese transcript

オルガ・ユルコヴァ: フェイクニュース大国 ロシアとの戦いの中で

TED2018

オルガ・ユルコヴァ: フェイクニュース大国 ロシアとの戦いの中で
1,243,696 views

「事実が間違っていれば、判断も間違うことになる」と、編集者でありTEDフェローのオルガ・ユルコヴァは言います。フェイクニュースの氾濫を食い止めるため、彼女らジャーナリストはStopFake.orgを立ち上げました。そこでは、偏りのある報道や誤報を暴露し、私達が失ったジャーナリストや指導者、制度への信頼を取り戻そうとしています。誤った情報に対する戦いについて知るとともに、確実にフェイクニュースを読まされない(または拡散しない)ようにする2つの重要な方法について学んでください。

ローレン・ファー: コンドルがいかに犯罪捜査に役立つのか

TEDxLSU

ローレン・ファー: コンドルがいかに犯罪捜査に役立つのか
1,290,419 views

死のシンボルである鳥が、犯罪者を捕えるために、生きている人間に手を貸してくれるでしょうか?この勉強になる分かりやすいトークで、法人類学者のローレン・ファーはコンドルが犯罪現場にどう影響を与え、殺人事件を捜査する刑事に役立つ情報を提供するかを語ります。(このトークには残酷シーンがあります。)

ポピー・クラム: 人の感情を読むテクノロジー

TED2018

ポピー・クラム: 人の感情を読むテクノロジー
1,485,393 views

テクノロジーが私達のことを私達自身よりもよく知るようになったらどうなるでしょう? 感情が外面にどう現れるかを研究しているポピー・クラムは、ポーカーフェイスはもう終わりだと言います。新技術によって私達の感情を示す兆候が容易に検出できるようになっているためです。彼女は講演とデモを通し、「共感のテクノロジー」を使って、体温や呼気の成分といった肉体的な兆候から感情を読み取れることを示します。良くも悪くも、「技術によって共感能力者となることの効力を認めるなら、感情的、認知的な分断をテクノロジーで橋渡しできる可能性が生まれる」のだと彼女は言います。

ヤスミン・グリーン: テクノロジーは過激派やネット上の嫌がらせとどう闘えるのか

TED2018

ヤスミン・グリーン: テクノロジーは過激派やネット上の嫌がらせとどう闘えるのか
1,227,251 views

テクノロジーは、暴力的な過激派や、検閲、迫害といった脅威に対する安全性を高めることができるだろうか。一般人の急進化やネット上の嫌がらせに対抗するためにGoogleを含む企業同士が手を組んで設立された、Alphabet Inc.内の組織Jigsaw。ここで新開発されたプログラムを科学技術者ヤスミン・グリーンが詳しく紹介していく、示唆に富むスピーチです。中でも、コメントを投稿する際に他人がどのように受け取る可能性があるかを瞬時にフィードバックするプログラムを作るというプロジェクトは、会話の場を広げるという成果をすでに出しています。「人間の醜い側面から隔絶されたネット世界を作れるなどと私たちが一度でも考えたのであれば、それは間違いです」とグリーンは語ります。「問題点と同じくらい人間らしい解決策を作ることに全身全霊を捧げなければならないのです」

リード・ヘイスティングス: ネットフリックスがエンターテインメントを変え、目指す未来

TED2018

リード・ヘイスティングス: ネットフリックスがエンターテインメントを変え、目指す未来
1,754,391 views

ネットフリックスはエンターテイメントの世界を変えてきました。最初は郵送のDVDレンタル、それからストリーミングメディア、その次は『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』や『ストレンジャー・シングス』などのセンセーショナルなオリジナル番組へと。しかしいつも相応のリスクを取ってきたのです。 TEDキュレーターのクリス・アンダーソンとの対話で、ネットフリックスの共同創業者でCEOのリード・ヘイスティングスが、会社の思い切った社風やレコメンデーション機能を支える強力なアルゴリズム、今年の80億ドル規模のコンテンツへの投資、それから彼の革新的な教育支援への慈善事業などを語ります。

レベッカ・ワン: 自分の中にある多様性の力

TED2018

レベッカ・ワン: 自分の中にある多様性の力
1,588,021 views

レベッカ・ワンは自分のアイデンティティをうまく掛け持ちしながら、人生を送ってきました―韓国の血を受け継ぎ、アルゼンチンで育ち、アメリカで教育を受け―そして長い間、世界の中で祖国と呼べる場所を見つけるのに苦労していました。しかしそんな中で大事なことに気づきました。個人の持つ多様なバックグラウンドは今日のグローバル化する世界では、確かな武器になると。ワンはこのトークの中で自分の人生を振り返り、自身の複雑なアイデンティティを受け入ることの恩恵を数多く語っています。そして、アイデンティティが人々を隔てるのではなく、人々をつなげる世界を作りたいという思いを語ります。

ユヴァル・ノア・ハラリ: なぜファシズムは魅力的なのか — そして個人データがこれに力を貸す仕組みとは

TED2018

ユヴァル・ノア・ハラリ: なぜファシズムは魅力的なのか — そして個人データがこれに力を貸す仕組みとは
1,764,652 views

作家であり、歴史学者でもあるユヴァル・ノア・ハラリ氏が、テクノロジーと権力に関する奥深いトークの中で、ファシズムとナショナリズムの重要な違い ― そしてデータの集中が民主主義の未来にどう影響するのかを説明します。テル・アヴィヴからホログラムとなってリアルタイムで登場したハラリ氏が、自由民主主義が現在直面している最大の危機は、情報技術の革命によって独裁政権がこれまでになく効率的に権力を掌握し管理できることだと警告します。「敵は、恐れや憎しみ、虚栄心をハッキングし、この感情を利用して民主主義を二極化させ、破壊する」とハラリ氏は主張します。「私たちの責任において自分自身の弱みを知り、それを武器として使わせないようにしなければならない。」(トークの後にTEDのキュレーター、クリス・アンダーソンとの短い会話があります)

ヘレン・ジレット: 『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』

TEDWomen 2017

ヘレン・ジレット: 『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』
412,070 views

チェリストかつシンガーのヘレン・ジレットは、クラシックの素養をニューオーリンズに端を発するジャズや自由な即興技術と組み合わせて、様々な要素の混ざり合ったオリジナルの音楽を奏でます。力強くもメロディ豊かなパフォーマンスで、彼女は自作の曲『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』を演奏します。

エミリー・ナゴスキ: 不随意の性的興奮についての真実

TED2018

エミリー・ナゴスキ: 不随意の性的興奮についての真実
2,165,525 views

性教育者のエミリー・ナゴスキが、セックスに関する最も危険な通説の1つについて解説し、「興奮の不一致」の裏側にある科学的要因を教えてくれます。「興奮の不一致」とは、身体反応と快感や欲求との間に断絶がある場合のことを言います。こうした親密かつ個人的な事柄は、居心地が悪く話しにくいことかもしれません。しかし、この率直なトークを通じてナゴスキは、この非常に重要な情報を判事、弁護士、パートナー、子供たちなどに伝えるようにと強く促します。「勇気を持って対話を持つたびに、この世界をほんの少し住みやすい場所にすることができるのです」と、ナゴスキは言います。(このトークには成人向けの内容が含まれています)

イングリッド・フェテル・リー: 喜びはどこに隠れ、どう見付けるか

TED2018

イングリッド・フェテル・リー: 喜びはどこに隠れ、どう見付けるか
2,233,930 views

桜や虹やシャボン玉や動眼—ある種のものが普遍的な喜びを生み出すように見えるのは、なぜなのでしょう? この心を捉える講演で、イングリッド・フェテル・リーは驚くほど実際的な喜びの起原を明らかにし、どうすれば身の回りにもっと多くの喜びを見つけ、作り出せるのかを示します。

ロラ・ハラム: シリアの立て直しに従事する医師、看護師と援助活動家

TED2018

ロラ・ハラム: シリアの立て直しに従事する医師、看護師と援助活動家
1,119,134 views

「地元の人道支援家は戦争という暗闇の中に見える一筋の光です」こう語るのは人道支援の起業家でTEDフェローのロラ・ハラムです。彼女はシリアのように破壊されたコミュニティの現場で働く救援隊員を支援する活動をしています。そういう場所では医療制度の破壊が武器として使われています。彼女の支援キャンペーンの一つは世界初の快挙を成し遂げました。クラウドファンディングで病院を建てたのです。「Hope Hospital(希望病院)」というふさわしい名前を持つこの病院は、2017年に開院して以来、何千人もの子供達を治療しました。ハラムはこう言います。「地元の人道支援家には、困難に負けず根気よく続け、残骸のホコリを払い、命を賭して繰り返し人命救助にあたる勇気があります。彼らの勇気に応えるには、私たちも目をそらさず、背を向けないことです」

ケイト・ラワース: 健全な経済は成長ではなく繁栄を目指しデザインされるべき

TED2018

ケイト・ラワース: 健全な経済は成長ではなく繁栄を目指しデザインされるべき
1,542,634 views

持続可能、普遍的に有益な経済とはどのようなものでしょう?それは「ドーナツのようなものだ」とオックスフォード大の経済学者ケイト・ラワースは語ります。この傑出した開眼させるようなトークで、彼女は人々にとって最低限必要なものが不足している国々を危機から救い出し、この地球の環境的な限界の範囲で、再生的、分配的な経済を作り上げる方法について説明します。

アヌシュカ・ナイクナーレ: 十代の科学者が考えた、傷の治癒を促す発明

TEDWomen 2017

アヌシュカ・ナイクナーレ: 十代の科学者が考えた、傷の治癒を促す発明
1,424,223 views

家のガレージで作業しながら、アヌシュカ・ナイクナーレは創傷の治療過程を観察できるセンサーを作り上げ、グーグルサイエンスフェアの最年少優勝者(当時13歳)となりました。彼女の独創的な発明は、世界的に問題になっている慢性創傷の解決を目指しています。慢性創傷とは糖尿病などの持病よって傷が正常に治らなくなることで、毎年世界で何億ドルもの医療費が失われています。このトークを聞いて、彼女が発明した「スマート創傷被覆材」 がどのように機能するのかを知り、彼女が自分の物語を広めて他の人々に影響を与える姿をご覧ください。

シモーン・イェッツ: 役立たずなものを作る理由

TED2018

シモーン・イェッツ: 役立たずなものを作る理由
2,808,344 views

素晴らしく突飛な創作品が披露されるこの心温まる楽しい講演で、シモーン・イェッツは役立たずな装置を作ることについて語ります。彼女の発明品は、野菜切り機にせよ、散髪マシーンや口紅装置にせよ、上手くいくことは(あったとしても)めったにありませんが、そこにこそ意味があります。彼女は言います。「役立たずなものを作ることが素晴らしいのは、最善の答えが何か必ずしも分かっていないと認める点にあります。世界がどうなっているのか分かっているという頭の中の声を切るんです。歯磨きヘルメットは答えではないかもしれませんが、少なくとも疑問を呈してはいるのです」

フランセス・フライ: 信頼を構築(そして再構築)する方法

TED2018

フランセス・フライ: 信頼を構築(そして再構築)する方法
3,325,658 views

信頼はすべての行動の基礎になるものです。しかし、もしもこれが壊れてしまったら?目からウロコが落ちるようなトークを通して、ハーバード・ビジネススクールの教授であるフランセス・フライは、信頼に関する集中講義をします。どうやって信頼を築き、保ち、再構築するか―これは彼女が最近、Uberに勤めた間に取り組んだことです。「私たちがもっとお互いを信頼し合えるようになれば、人類は前例の無い進歩を遂げることができるのです」とフライは語ります。

スーザン・エメット: 簡単な検査が子供の聴力を取り戻す

TEDGlobal 2017

スーザン・エメット: 簡単な検査が子供の聴力を取り戻す
1,183,249 views

僻地に住む子供たちは医者にかかるのに苦難を伴うことがあります。ましてや、高額で検査が複雑な聴覚訓練士を訪ねることは更に少なくなります。その結果、耳内感染やその他の治療・予防が可能な原因から、あまりに多くの子供たちが聴力を失っています。そのため、耳科医師でありTEDフェローでもあるスーザン・エメットはアラスカ州の15の僻地コミュニティーで活動し、携帯電話しか必要としない簡単で低費用の検査法を考え出しました。彼女の活動と、それが聴覚医療を受けられない子供たちの生活をどの様に改善しうるかを学んでください。

フランス・ドゥ・ヴァール: アルファ雄の驚くべき科学

TEDMED 2017

フランス・ドゥ・ヴァール: アルファ雄の驚くべき科学
2,406,535 views

霊長類学者フランス・ドゥ・ヴァールが「アルファ雄」を奥深い視点から見ていきます。リーダー輩出方法における人間と霊長類の驚くべき類似点を指摘し、権力のメリットとデメリットについて解説します。自身の研究から、アルファ雄が持つ寛大さや共感力、さらに秩序を保つ力といった意外な能力について明かし、政治家たちの間に起こる権力闘争についても考察します。ヴァールに言わせれば、大きくて力が強く、周りを威嚇したり侮辱するような者が必ずしも「アルファ雄」であるというわけではないのです。

カースティ・ダンカン: 科学者は学び、発言し、挑戦する自由を持つべきである

TED2018

カースティ・ダンカン: 科学者は学び、発言し、挑戦する自由を持つべきである
1,198,689 views

「科学のように人類にとって極めて根源的かつ貴重なものをもてあそぶべきではありません」そう話すのは、カナダでは初めての科学大臣を務めるカースティ・ダンカン。科学の任務は限界を押し広げることだと、心から訴える感動的なトークで、研究者は都合の悪い事実であっても公表し、既存の見解に挑戦する自由を持つべきだと主張します。そして私たち全ての使命として、科学が外部からの干渉を受け、抑圧される様子を目撃したら、声を上げるべきだと言います。

スティーブン・ピンカー: データで見ると、世界は良くなっているのか、悪くなっているのか?

TED2018

スティーブン・ピンカー: データで見ると、世界は良くなっているのか、悪くなっているのか?
3,167,842 views

誰かがそう信じさせようとしているように、2017年は本当に「最悪の年」だったのでしょうか? 心理学者のスティーブン・ピンカーは、殺人、戦争、貧困、汚染その他に関する最近の統計データを分析することで、今の世の中は30年前に比べ、そのいずれにおいても改善していることを見出しました。しかし、進歩というのは必然的に起きるものではなく、また常にすべてがあらゆる人にとって良くなるわけではないと彼は言います。進歩とは問題解決であり、気候変動や核戦争といったものは待ち受けている終焉としてではなく、解決すべき問題と捉えるべきなのだと。「完全な世界というものは存在しないし、そんなものを求めることは危険でさえある。しかし人類の繁栄のために知識を応用し続ければ、我々に実現できる改善に限りはない」と彼は述べています。

ディラン・マロン: オンラインの嫌がらせコメントから、オフラインの建設的な対話を生む方法

TED2018

ディラン・マロン: オンラインの嫌がらせコメントから、オフラインの建設的な対話を生む方法
1,702,850 views

デジタル・クリエイターのディラン・マロンは『Every Single Word(すべての台詞)』や『Sitting in Bathrooms With Trans People(トランスの皆さんとトイレで座り込み)』といったプロジェクトで数百万の視聴回数を集めています。ところが、ネット上での成功の裏側には、嫌がらせがあることに気づきました。彼は次第に、予想外の対処法を身に付けていきます。つまり、彼に対して心無いコメントを残した人々に電話をかけ、「なぜそんな書き込みをしたのか?」とシンプルに質問をするのです。ネット上での人付き合いについて深く考えさせられるこのトークで、彼はこう説明します。「自分ができる最も革命的なことは、対立する相手と実際に対話することであって暴言を吐くことではない」と。

グウィン・ショットウェル: 30分で地球を半周するSpaceXの旅行プラン

TED2018

グウィン・ショットウェル: 30分で地球を半周するSpaceXの旅行プラン
2,370,833 views

SpaceXでは何をやっているのでしょう? エンジニアのグウィン・ショットウェル は、イーロン・マスクの先駆的航空宇宙会社の7番目の社員で、現在社長をしています。TEDのキュレーターであるクリス・アンダーソンとの対談で、彼女はSpaceXが取り組む有人ロケットの開発競争や、次の大プロジェクトBFR(それが何かは彼女の話を聞いてください)について語ります。人類を火星へと送るべく巨大ロケットが新たに設計されていますが、それには地球人向けの宇宙旅行という別の可能性もあります。

トレイシー・エリス・ロス: 1人の女性の怒りには何世代分もの知恵がある

TED2018

トレイシー・エリス・ロス: 1人の女性の怒りには何世代分もの知恵がある
1,437,213 views

世界中の女性たちが経験してきたことは、もはや無視できない状態まで達している、と役者であり活動家のトレイシー・エリス・ロスは言います。この率直で堂々としたトークで、彼女はより良い未来を構築しよう、と男性と女性の両方に呼びかけます。

ダイアン・ウォルク=ロジャーズ: パークランドの高校教師からみんなへの宿題

TED2018

ダイアン・ウォルク=ロジャーズ: パークランドの高校教師からみんなへの宿題
1,786,973 views

ダイアン・ウォルク=ロジャーズは、2018年のバレンタインの日に恐ろしい銃乱射事件が起きたフロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で歴史を教えています。あのような理不尽な暴力は、どうすれば終わらせることができるのでしょう? この強く心に訴える講演で、ウォルク=ロジャーズは、アメリカが銃についての安全と責任という面で前進するための3つの方法をを提示し、みんなにも自分の答えを考えるように勧めます。そして何よりも、彼女の学校の活動家であり、事件の生存者であり、その活動によって何百万という人々を行動へと動かしている生徒達に見習うようにと。ウォルク=ロジャーズは言います。「本当はあの子達が自分でしなきゃいけないことではないんです。あの子達が私たちみんなに加わるよう呼びかけています」

キャロライン・ハーパー: もし世界最古の病気の1つを撲滅することができるなら?

TED2018

キャロライン・ハーパー: もし世界最古の病気の1つを撲滅することができるなら?
1,271,355 views

数千年前、古代ヌビア人は古墳の壁に、瞼が巻き込まれ失明の原因となる恐ろしい病気の絵を描きました。このトラコーマという病気は、現在も世界の多くの場所で人々を苦しめています。しかしトラコーマは完全に予防可能な病だとキャロライン・ハーパーは言います。ハーパーが所属する団体サイトセーバーには、グローバル・マッピング・プロジェクトによるデータを武器にした計画があります。トラコーマ撲滅の障壁となる資金格差がある国々に焦点を当て、被害が最も深刻な国に対する取り組みを強化するのです。トラコーマを過去のものとしようとする彼らの目標について、そして皆さんが彼らをサポートする方法について学びましょう。 (この野心的な計画は、地球規模の変化を巻き起こすことを目的とするTEDの新たな取り組み「The Audacious Project」第一弾の1つです)

ジャロン・ラニアー: インターネットをどう作り変えるべきか

TED2018

ジャロン・ラニアー: インターネットをどう作り変えるべきか
2,469,610 views

ジャロン・ラニアーはデジタル・カルチャーの黎明期に人類が知恵を共有する空間としての、インターネットのビジョン作りに貢献しました。しかし、当時ですらこのビジョンにはそれがもたらし得る暗い影がつきまとっていました。パーソナル・デバイスが私たちの生活を支配し、データを監視し、刺激を与える—(思い当たりませんか?) この先見性あるトークで、ラニアーはGoogleやFacebookといった企業がデジタル・カルチャーの創成期に犯した「世界的規模で悲劇的、且つ驚くほど愚かしい間違い」を振り返り、その解決策を思索します。 「2人の人間がコミュニケーションを取りたいと思った時、彼らを意のままに操りたいと考える第三者の経済的支援無くしては、それが成り立たないような社会を許容するべきではないのです」と彼は語ります。

ヤシン・カカンデ: 難民を巡る世界的な議論に欠けているもの

TED2018

ヤシン・カカンデ: 難民を巡る世界的な議論に欠けているもの
1,075,714 views

今、難民を巡る議論には、国境規制を公約する政治家から、仕事を失うことを恐れる市民まで、あらゆる人が参加しています。しかし、当の移民たちは含まれていません。彼らはなぜやって来るのでしょうか?ジャーナリストでTEDフェローのヤシン・カカンデが、彼を含む多くの人々が祖国から逃れるのを余儀なくされた理由を説明し、より開かれた議論と新しい視点を求めます。なぜなら人類の物語とは、移住の物語だからです。彼はそのことを私たちに思い出させてくれます。「どんなに厳しい制限も、我々人類の歴史を作ってきた移住の波を止められはしないでしょう」と彼は言います。

クレメンタイン・ワーマリヤ: 戦争とその後に起こること

TEDWomen 2017

クレメンタイン・ワーマリヤ: 戦争とその後に起こること
1,018,869 views

クレメンタイン・ワーマリヤはルワンダ内戦が起きた時6歳で、故郷キガリを出て両親と離れ、姉と逃げることを余儀なくされました。このトークの中で彼女は自分がどのようにして難民になったのか、6年間で7つの国の難民キャンプを転々とした話を通して、戦争の後に起こることを伝えています。

トム・グリフィス: コンピューターのように考えることで良い決断をする3つの方法

TEDxSydney

トム・グリフィス: コンピューターのように考えることで良い決断をする3つの方法
3,040,788 views

何か決断に困ったときは、この講演が役立つでしょう。認知科学者であるトム・グリフィスは、人間の抱えるこんがらがった問題に対してコンピューターのロジックがどう適用できるか示し、家を見付けることから今晩行くレストランを選ぶことまで、あらゆることについてより良い決断をするための3つの実践的戦略を紹介します。

ニガット・ダッド: どうやってパキスタン女性の手にインターネットを取り戻したか

TEDGlobal 2017

ニガット・ダッド: どうやってパキスタン女性の手にインターネットを取り戻したか
1,110,874 views

TEDフェローのニガット・ダッドはオンラインハラスメントの研究をしています。特にそれが、彼女が生まれたパキスタンの小さな村でも見られるような家父長制の文化と関連があるからです。彼女はオンラインでの深刻な脅威に晒された女性に対する支援を行う、パキスタン初のサイバーハラスメント電話相談の立ち上げの経緯を、こう語っています。「インターネットへの安全なアクセスは知識へのアクセスであり、知識は抑圧からの解放を意味するのです。インターネットにおける女性の権利を求めて闘う事は平等のために闘う事なのです。」

エイミー・エドモンドソン: 他人同士の集まりをチームに変える方法

TED Salon Brightline Initiative

エイミー・エドモンドソン: 他人同士の集まりをチームに変える方法
1,785,557 views

ビジネススクールの教授であるエイミー・エドモンドソンは「チーミング」の研究をしています。チーミングとは前例のない緊急の、あるいは非日常的な問題を解決するために、(たいていは一時的に)人々が迅速に集まることです。エドモンドソンが、2010年にチリで地下800メートルに取り残された33名の鉱夫を見事に救出した事例といった即興的なチームワークの在り方を振り返りながら、他人同士の集まりを、速やかかつ的確に考えをまとめ、困難な課題に機敏に対応できるチームに変えるための要素を共有します。