TED Talks with Japanese transcript

ニガット・ダッド: どうやってパキスタン女性の手にインターネットを取り戻したか

TEDGlobal 2017

ニガット・ダッド: どうやってパキスタン女性の手にインターネットを取り戻したか
1,060,078 views

TEDフェローのニガット・ダッドはオンラインハラスメントの研究をしています。特にそれが、彼女が生まれたパキスタンの小さな村でも見られるような家父長制の文化と関連があるからです。彼女はオンラインでの深刻な脅威に晒された女性に対する支援を行う、パキスタン初のサイバーハラスメント電話相談の立ち上げの経緯を、こう語っています。「インターネットへの安全なアクセスは知識へのアクセスであり、知識は抑圧からの解放を意味するのです。インターネットにおける女性の権利を求めて闘う事は平等のために闘う事なのです。」

エイミー・エドモンドソン: 他人同士の集まりをチームに変える方法

TED Salon Brightline Initiative

エイミー・エドモンドソン: 他人同士の集まりをチームに変える方法
1,680,224 views

ビジネススクールの教授であるエイミー・エドモンドソンは「チーミング」の研究をしています。チーミングとは前例のない緊急の、あるいは非日常的な問題を解決するために、(たいていは一時的に)人々が迅速に集まることです。エドモンドソンが、2010年にチリで地下800メートルに取り残された33名の鉱夫を見事に救出した事例といった即興的なチームワークの在り方を振り返りながら、他人同士の集まりを、速やかかつ的確に考えをまとめ、困難な課題に機敏に対応できるチームに変えるための要素を共有します。

サラ・マーレイ: 住宅危機に対する遊び心いっぱいの解決法

TED@Westpac

サラ・マーレイ: 住宅危機に対する遊び心いっぱいの解決法
1,073,451 views

住宅市場では自分で決められることが少ないと不満を感じていたサラ・マーレイは、コンピュータゲームを作りました。住宅を購入する人が家を設計し、モジュール式の部材として配送してもらい現地で組み立てるというものです。彼女の努力により、住宅を購入しようとする人が、どうやって生涯最大の買い物を思い通りにできるようになるのか、いかに費用を削減し、環境を保護し、必要な人に住宅を提供できるようになるのかを学びましょう。

エリック・バーリッジ: テクノロジー企業に人文系が必要な理由

TED@IBM

エリック・バーリッジ: テクノロジー企業に人文系が必要な理由
1,116,607 views

創造力に富む問題解決者のチームを作りたいなら、科学と同じくらい人文にも価値を置くべきだと、起業家のエリック・バーリッジは言います。テクノロジー企業は科学技術分野の人ばかり採用すべきではなく、芸術や人文分野の人がいかに技術系の職場に創造性やひらめきをもたらすかを説明します。

サラ・ドネリー: がん治療を仕事のお陰で乗り切れたこと

TED@Westpac

サラ・ドネリー: がん治療を仕事のお陰で乗り切れたこと
927,686 views

弁護士サラ・ドネリーは乳がんと診断されて友達や家族にサポートを求めましたが、彼女は仕事を続けることにも意義を見出し、集中できたうえに平穏を感じました。何故、そしてどのように仕事を続けたのかという個人的な話を通して、どのように職場が重い病気の治療を受ける人々へ配慮できるか、という洞察を共有します。それが双方にとって良いことだからです。

メナット・エル・ガリド: 菌類は侵す植物をいかに見付けるのか

TEDGlobal 2017

メナット・エル・ガリド: 菌類は侵す植物をいかに見付けるのか
1,100,433 views

植物にとって最も破壊的な病原体である菌類のため、毎年5億人を食べさせられるくらいの農作物が失われています。菌類学者でTEDフェローのメナット・エル・ガリドが、菌類が植物を攻撃するのに使う分子的なシグナルの理解が大きく進んだ経緯についてお話しします。

エリカ・ストーン: 公的資金による学術研究の成果を自由に見られないのはなぜか?

TEDxMileHighWomen

エリカ・ストーン: 公的資金による学術研究の成果を自由に見られないのはなぜか?
975,064 views

アメリカでは皆さんが納めた税金が、公立大学の研究費に使われています。それなのになぜ、その研究成果を読むのに営利的な雑誌に高いお金を払わなければならないのでしょうか?エリカ・ストーンは、オープンアクセスという大衆と学者の間の新しい関係を支持し、学者はもっと身近な媒体で研究成果を発表すべきだと主張しています。ストーンは言います。「民主主義が機能するには国民が良い教育を受け、情報を得られることが必要です。研究は有料サイトや煩雑なしくみの背後で行われるのではなく、みんなの目の前で展開されるほうが、良いとは思いませんか?」

ダニー・ヒリス: 太陽光を使った地球工学は進めるべきか?

TED2017

ダニー・ヒリス: 太陽光を使った地球工学は進めるべきか?
1,213,779 views

視点を変えるこのトークで、ダニー・ヒリスは、気候変動といった地球規模の問題に対して、創造的な科学的方法でアプローチするよう、私たちを促しています。太陽光を使ったジオエンジニアリング(地球工学)に賛同する立場から、ヒリスは柔軟な姿勢で、好奇心を持ちながら、賛否両論のある解決策に目を向けています。

レラ・ボロディツキー: 言語はいかに我々の考えを形作るのか

TEDWomen 2017

レラ・ボロディツキー: 言語はいかに我々の考えを形作るのか
6,908,259 views

世界では約7千の言語が使われており、それぞれに異なる音、語彙、構造を持っています。でも、言語は私たちの考え方に影響するのでしょうか? 認知科学者のレラ・ボロディツキーが、左右の代わりに方角を使うオーストラリアに住むアボリジニの言葉や、青を複数の語で言い分けるロシア語といった様々な事例を紹介し、この問いへの答えがイエスであることを示します。ボロディツキーは言います。「言語の多様性が素晴らしいのは、人の心がいかに巧みで柔軟かを明らかにするからです。人間の精神は認知的な宇宙を1つではなく、7千も生み出してきたのです」

ヴィクラム・シャーマ: 量子物理学はどのようにして暗号を強化するのか?

TED@Westpac

ヴィクラム・シャーマ: 量子物理学はどのようにして暗号を強化するのか?
1,106,471 views

量子コンピュータ技術が進歩すると、それに伴って、想像できないほどに計算能力が高まっていきます。すると、データを保護するためのシステム(そして民主的なプロセス)がさらに危険にさらされます。しかし、差し迫ったデータの大惨事への対応策を練る時間はまだあるのだと、暗号理論の専門家ヴィクラム・シャーマは語ります。量子を量子で迎え撃つ方法 ―つまり、最先端の攻撃から防御する、量子物理学の力を応用したセキュリティ装置やプログラムの設計について学びましょう。

サリー・コーン: 「憎しみ」の文化に対して私たちができること

TEDWomen 2017

サリー・コーン: 「憎しみ」の文化に対して私たちができること
1,288,145 views

誰でも人を憎むことに反対ですよね。みんな憎しみは問題だと思っています。もっとも、自分の問題ではなく、誰かの問題と思っていますが。でも、サリー・コーンが気づいた通り、私たちは誰でも、人を憎みます。表にはあらわさない人もいれば、あからさまな人もいますが。彼女は自分自身の苦い体験と向き合いながら、私たちが自分を取り巻く社会や自分自身の中に憎悪があることを認め、それに立ちむかい、解放される方法について提案してくれます。

ボブ・スタイン: 晩年への通過儀礼

TED Residency

ボブ・スタイン: 晩年への通過儀礼
1,143,737 views

私たちは、若い頃には誕生日や卒業式のようなお祝いの儀式をします。でも晩年になるとどうでしょう?過去と未来の両方を見つめるこの思索的なトークで、ボブ・スタインは年を取るとともに自分の所有物を人に譲る(そしてその背後にある物語を共有する)という新しい習わしを提案します。自分のそれまでの人生を振り返り、次に何が起きようともドアを開けて招き入れる儀礼です。

イヴ・エイブラムス: 大量投獄の背景にある人間の物語

TEDWomen 2017

イヴ・エイブラムス: 大量投獄の背景にある人間の物語
918,915 views

ドキュメンタリー作家のイヴ・エイブラムスは次のように語ります。アメリカは世界中のどの国よりも多くの人を収監しており、刑務所にいる約1%から4%の人々はおそらく無実です。すなわち8万7千人の兄弟や姉妹、母親や父親が不必要に家族から切り離され、夢や人生の邪魔をされています。そしてその大部分はアフリカ系アメリカ人です。イヴは、投獄された人々とその家族をインタビューした際の音声を使って、大量投獄の影響を受けた人々の感動的な話を共有します。彼女が求めるのは、私たち全員が立ち上がり、全ての人のために司法制度を確実に機能させることです。

ソフィー・アンドリュース: ただ耳を傾ける―大抵はそれが一番の手助け

TEDMED 2017

ソフィー・アンドリュース: ただ耳を傾ける―大抵はそれが一番の手助け
1,535,556 views

電話による救援要請に24時間対応している英国のヘルプライン「サマリタンズ」に助けられ、ソフィー・アンドリュースは虐待の被害者ではなく、生存者となりました。今では「ザ・シルバー・ライン」という、孤独で孤立した高齢者の支援を行うヘルプラインの創立者として、その恩返しをしています。自身の経験に基づいた力強いこのトークを通じて、アンドリュースは、(助言をするのでなく)ただ単に耳を傾けることが、多くの場合、救いを求める人に手を差し伸べる一番の方法であると教えてくれます。

アルヴィン・アービー: 子ども達が生涯の読書家になるために

TED Residency

アルヴィン・アービー: 子ども達が生涯の読書家になるために
1,232,865 views

アメリカの教育省によると、4年生の黒人男子のうち85パーセント以上に読む力が十分身に付いていません。全ての子ども達がよく読めるようになるにはどのような読書体験をさせればよいでしょうか?教育者であり著者であるアルヴィン・アービー氏はこのトークを通して、私たちに読み方の指導を考え直させ、多くの黒人の子ども達が直面する読書の課題を説明します。そして、全ての子ども達が読者としての意識を持てるように、文化的配慮のできる教育者が何をするかを教えてくれます。

マーク・バムティ・ジョゼフ: サッカーが自由について教えてくれること

TEDGlobal 2017

マーク・バムティ・ジョゼフ: サッカーが自由について教えてくれること
928,754 views

「サッカーは、この地球上で全員が一緒にやろうと同意できる唯一のものだ」と、舞台制作者であり、TEDフェローであるマーク・バムティ・ジョゼフは言います。パフォーマンス作品と「ムービング・アンド・パッシング」という参加型の取り組みを通じて、ジョゼフは音楽、ダンス、サッカーを組み合わせ、芸術とスポーツの親しみやすく楽しい結びつきを明らかにしています。彼がいかにサッカーという美しいスポーツを使って、コミュニティを育て、移民が直面する問題に光を当てているかを見てみましょう。

リズ・オグブ: ジェントリフィケーション(地域の高級化)が、住民の追い出しではなく癒しであったら?

TEDWomen 2017

リズ・オグブ: ジェントリフィケーション(地域の高級化)が、住民の追い出しではなく癒しであったら?
907,167 views

リズ・オグブは「空間の公正さ」の実現に取り組んでいる建築家です。「空間の公正さ」とは、公正の判断には地理的要素があり、資産やサービスを平等に配分するのは基本的人権であるという考え方を指します。彼女はサンフランシスコで、「ジェントリフィケーション(地域の高級化)」が原因で起こる、開発と発展により地域から貧しい人が追い出されるという、よくあリすぎる話に異議を唱えます。彼女はこう問いかけます。「何故 文化の抹消と経済的手段を喪失することは免れぬことされるのでしょう?」そして開発業者や建築家、政策立案者にこう訴えます。「人々がこの地域、自分の家やコミュニティーといった、自分らしさを感じる場所で暮らし続けられるように、全力で取り組んでほしい」と。

ヴィットリオ・ロレート: 新しいアイデアが必要?では既知の領域の境界から始めましょう

TED@BCG Milan

ヴィットリオ・ロレート: 新しいアイデアが必要?では既知の領域の境界から始めましょう
1,457,212 views

「素晴らしいアイデアはどこから来るのか?」この問いを胸にヴィットリオ・ロレートが、新しいものの誕生を数学的に説明しようとする探求の旅へと誘います。現実と可能なことが交わる「隣接可能領域」と、それを統べる数学を研究することで、私たちが新しいアイデアをどう作り出すのか説明できることを学びましょう。

イケ・ウデ: 肖像写真で見る、前衛的なアフリカの美

TEDGlobal 2017

イケ・ウデ: 肖像写真で見る、前衛的なアフリカの美
225,882 views

その華やかなキャリアと作品群を通じて、イケ・ウデは西洋のメディアに溢れているアフリカ人達のネガティヴなイメージを拒絶する創造的な方法を発見しました。ウデが、これまでの作品を振り返りながら、多くの文化に由来する衣装や小道具、ポーズを一堂に組み合わせ、アフリカの多様で複雑な美しさを表現した肖像写真を紹介します。

レイモンド・タン: 「謙虚であれ」およびその他の教訓—「水の哲学」からの教え

TED@Westpac

レイモンド・タン: 「謙虚であれ」およびその他の教訓—「水の哲学」からの教え
1,577,795 views

私達は常に変化を続ける世界の中で、どうやって達成感を見出すのでしょうか?レイモンド・タンは古代中国の哲学書『道徳経』に出会うまで、この疑問と格闘していました。この書の中で、彼は善を水に例えた漢詩を見つけ、現在その概念を自らの日常生活の中で応用しています。この魅力的なトークの中で、彼はこの「水の哲学」から、これまで学んだ3つの教訓の話をします。「水ならどうするだろうか?」タンはそう問います。「このシンプルで力強い問いは…私の人生をより良い方向へ変えてくれたのです。」

イベイー: 『Valé(ヴァレ)』/『River(リバー)』

TEDGlobal>NYC

イベイー: 『Valé(ヴァレ)』/『River(リバー)』
90,206 views
No Video

ヨルバの伝統文化とシャープで現代的な音楽を組み合わせるエレクトロソウル・デュオのイベイー。実の双子でもある2人が、『Valé(ヴァレ)』と『River(リバー)』の2曲から成る、時間を忘れさせてくれるようなセットリストを演奏します。